727.地球上のすべての国や地域で癌が発症しているのか?

C5L6AA-VUAAEmyE.jpg
↑画像 2017・夏・海8 朝鮮民主主義人民共和国某所 金正恩 現在、拉致被害者の家族の情緒が大変安定しています。

(1)拉致被害者の家族の情緒が大変安定しています。

 今回の冒頭の写真は金正恩です。横田めぐみの息子である金正恩は、拉致被害者の家族です。ご覧の様に写真撮影時は、拉致被害者の家族の情緒が大変安定しています。

407.2014年12月8日、横田めぐみさんが朝鮮民主主義人民共和国の最高指導者である金正恩の母である事が発表されるのか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-577.html

26.金正恩は、横田めぐみの子供なのか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-37.html

 北朝鮮の体制は、金正日の兄2人と横田めぐみが実権を握って、金正恩朝鮮労働党委員長を守り、軍部がこれを支える「集団指導体制」だと言う。

 言葉を換えて言えば、金正恩朝鮮労働党委員長を支えているのは、畑中理の2人の息子と正恩の母横田めぐみの日系グループだと言う。 

 日本人成りすましの安倍晋三がピンチの際、適度にミサイルを発射してくれる構造がここにある。もっとも最近はミサイルを頻発している為、さすがに金がないのか、日本国内の愚民の皆様を騙す為に、北朝鮮脅威を煽るテレビCMを垂れ流すだけになっているが。


510.北朝鮮がBBC記者らを拘束し国外退去させた出来事は何を意味するのか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-726.html

678.日本を侵略するのに絶好の機会が到来した際、北朝鮮は攻めてきましたか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-911.html

★金正恩暗殺指令を出していたパク・クネ大統領(朝鮮戦争勃発67周年) 
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2039818.html

(2)巨大ガン利権の広告塔・小林麻央逝去

 「巨大ガン利権の広告塔」といわれた小林麻央が逝去しました。彼女の死のニュースは、日本記者クラブでの前川喜平前文科事務次官の記者会見を矮小化する役割をはたしました。

724.日本記者クラブでの前川喜平前文科事務次官の記者会見はなぜ2017年6月23日だったのか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-964.html

★広告塔逝く、前川氏会見スピンか
http://blog.goo.ne.jp/oribeizum/e/9d7634cf0dca5c0afcef85edd25af076

(3)地球上のすべての国や地域で癌が発症しているのか?

 地球上のすべての国や地域で癌が発症している。多くの人々は何となくそう思い込んでいる。マスコミも学校もその様な事はたぶん言っていないのに。

 実は地球上のすべての国や地域で癌が発症しているわけではない! 化学物質を使用していない国では癌は発症していない!!!

★新事実! 化学物質を使用していない国では癌は発症していない
http://ganstation.com/cancer/chemistry161028/

 各テレビ局は小林麻央の逝去をたっぷりと時間をかけて報道したが、「化学物質を使用していない国で癌は発症していない」という事実を報道した放送局はおそらく皆無だろう。報道すると日本のかなりの産業が打撃を受けるからだ。

(4)身の回りの化学物質の利用

Co01nlHVIAAna9e.jpg
↑画像 身の回りの化学物質の利用

(5)アメリカが「癌患者を激減させる」ために遂行した政策

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=317918&g=131107

 <転載開始>かつて、アメリカは「癌大国」でした。しかし、今では「癌患者を激減させる」ことに成功し、「癌大国」を返上しています。アメリカは、なぜ「癌患者を激減させる」ことに成功したのか‥。それは、アメリカがある政策を徹底して遂行したからです。そのアメリカが取った政策とは、簡潔には次の通りです。

法による「化学物質」の規制を強化「癌の根本原因」を排除する政策

肉製品などの動物性食品の過剰摂取を諫める〔「癌を生み出さない食生活」を取り入れる政策:肉製品・乳製品は「発癌」に関与しています 〕〔「癌の発生・増大・悪性化・転移を促進する原因」を排除する政策 〕

全粒穀物・豆類・野菜・果物などの植物性食品をたくさん摂取する〔「癌を生み出さない食生活」を取り入れる政策:上記の植物性食品には「抗がん作用」があります 〕〔「癌を改善する要素(栄養改善・代謝改善・免疫改善・抗酸化など)」を取り入れる政策 〕

 アメリカの癌学界の最高権威である「アメリカ・大統領がん諮問委員会」は「化学物質の脅威」を強調した200ページの報告書を提出し、「現状を直視し、化学物質にもっと厳しい規制をかけるべきである」と求めました。
 
 特に、妊娠中に「化学物質」に暴露<原文のまま 管理人注>しないことを強調しています。アメリカは「化学物質」に対する見方を変えて、「化学物質」への法の規制を強めて厳しくしましたが、これが、アメリカが「癌患者を激減させる」ための決定的な土台となったのです。<転載終了>

★米国カリフォルニア州 グリホサートを発がん性物質にリスト
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2039894.html

 日本の行政機関で発がん性物質をリストUPしてくれる良心的な行政機関はあるのだろうか?

 「600.医療マフィア利権に挑戦した安保徹先生は医療マフィア<医療殺人鬼>どもに殺害されたのか?」の「(3)欧米では癌がどんどん減っているのに 日本人の癌が増えているのはなぜか?」に次の様に書きました。

 <600より転載開始>実はアメリカでは、ガン患者の約4人に3人が抗がん剤や放射線といった従来からの治療ではなく、ヨガ、瞑想、食餌療法、睡眠療法、音楽療法などの代替治療を受けているのです! 

 日本人のがんの比率が高いのは、がんに罹患する危険因子が他国より多いからです!  がんで死ぬ人の多くは抗ガン剤の副作用で死んでいるのです!

 実はアメリカ政府は既に1990年に、「代替療法に比べて、抗がん剤、放射線、手術のがんの〝3大療法〟は無効かつ危険」と裁定を下したのです! しかし、日本の医学界はこの裁定を無視し続けているのです! 

 そうした中、この裁定を無視しなかったのが、逝去された安保徹先生だったのです! 実はこうした傾向はアメリカだけではありません! 1990年代から日本以外の先進国では代替医療が主流なのです!
<転載終了> 600はこちら。600は拍手といいねを合わせて1495の高い評価を頂いています。ありがとうございます。

次の記事に続きます。

↓動画 双眼鏡を覗く金正恩
金正恩
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts