fc2ブログ

8518.蚊は🦟毒(病気)を持っている人間を刺さない🤔



(1)蚊は🦟毒(病気)を持っている人間を刺さない🤔

 {6353.ゲイツの蚊、11カ国で放流へ🙋‍♂️}と{8517.ガザにほとんどハマスはいない}などの続きです。最近UPされた記事の多くがいいね0の状況です。拡散の為にご協力賜れれば幸いです。













(2)男女









>軍事訓練がお遊びに見えるなら、お前が軍に志願しろ。

 その通りです!

(3)地獄の徴兵制{「1899.地獄の徴兵制」から転載}

Heinrich McArthur‏ @Tokukaede 韓国人である私は現代奴隷制(徴兵制)の悲劇を誰よりも知ってる。韓国では未だ徴兵制をやっており若い男性全員が強制連行され軍隊内では拷問の様な体罰と訓練が日常化してる。この地獄な様な軍隊を避けようとすると兵役忌避とされ懲役刑務を食らう事になる。そして芸能人の劉承俊やMCモンの様に
https://twitter.com/Tokukaede/status/1129750464126439424

↑Heinrich McArthur‏ @Tokukaede 故意に抜歯をしたり米国籍を取得したりすると国民から大きな非難を受け非国民とされる。私はこの異常な国に絶望した。民主化が成功したと雖も国民精神は軍事政権時代と変わらなかった。抑、国家が国民に戦争参加や苦役を強制する国防の義務は間違ってる。国民の義務は遵法と納税だけで十分だ。
D62uEo0X4AI2npW.jpg
https://twitter.com/Tokukaede/status/1129750480953970688

↑Heinrich McArthur‏ @Tokukaede (徴兵制を実施してるロシア軍の写真) 国防は正当な対価を貰った軍人の義務である。義務とは個人の選択によって生じるものだ。例えば警察官は治安維持の義務、医者は治療の義務、教師は遵法精神や学問を教える義務があるのだ。未だ地獄の様な徴兵制で脱走、自殺、銃乱射、精神病が多発してる韓国を糾弾する。
D62uFpqXYAAMSa2.jpg
D62uGDSXYAE0rhw.jpg
https://twitter.com/Tokukaede/status/1129750504848994305

(4)暗黒の未来③:徴兵制が実施され、敗戦前の新兵と同様に、入隊した際に過酷なリンチ<いじめ><虐待>を受けるようになる!{「657.中学生に喉・胸を突く人殺しの訓練を強要していいのか?」から転載}

 敗戦前の配属将校は時として暴力を振るった! 軟弱な男子に対しては、首根っこを掴み「きっさまー、それでもニッポン男児かー!」と怒鳴り、叩きのめした! 

 それは将来入隊した際に受ける過酷なリンチ<いじめ><虐待>の予行演習であった。


 世界中の軍隊でリンチ<いじめ><虐待>が横行している! 人殺し訓練が心を荒廃させ、リンチ<いじめ>に至るのである。

 リンチ<いじめ><虐待>に耐えられなくて、自殺する兵士もたくさんいる。日本の自衛隊でもいじめに耐えられなくて自殺した隊員はかなりの数になる! 

 坊ちゃん育ちの安倍晋三も、リンチ<いじめ><虐待>を受けたら音を上げるだろう。そんな軟弱な男が徴兵制を実現しようとしているのだ!

 徴兵制実施でこうした悲劇は激増する! まさに暗黒の未来である! 暗黒の未来にしない為には、「徴兵制度の復活は私の歴史的使命」と語った安倍晋三の権力を打倒する事である!


http://himadesu.seesaa.net/article/89268313.html

いじめ
↑↓画像 世界中の軍隊でリンチ<いじめ><虐待>が横行している! 
いじめ 1

 こういう悲惨な画像をマスコミはほとんど流さない。ドラマや映画でも、上級軍人の史実を無視し美化されたシーンは、たくさん流すくせに、下級軍人が過酷なリンチ<いじめ><虐待>を受けたなんてシーンは、ほとんど出てこない。

 こういう悲惨な画像を多くの人々が見てしまうと、軍隊に入りたいと言う人が減るからでしょうね。このように軍隊とは、リンチ<いじめ><虐待>が横行し自殺したくなる地獄の様な世界なのです!


 (14)に書いた通り、「日本の学校は軍隊に似ている」、だから学校でいじめがあるのです。学校でのいじめを無くすには、学校の軍隊に似ている状況を改善すれば良い。残念ながら、現実は逆に進んでいる。

181.昨日<2012年12月14日>、自民党の安倍晋三総裁は、JR東海道線の普通列車で、本来は着席できたはずの初老の男性を立たせて、その男性が文句を言ったらキレた。このような有様の安倍晋三は、彼がやがてつくる国防軍にぶち込んで、根性を叩き直す必要があるのではないか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-239.html

(5)創価学会












↑頻繁なクリック、よろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト



Latest posts