606.2017年冒頭、米帝の中東支配は崩壊するのか?

有村架純 2017 晴れ着 3
↑画像:2017年正月・晴れ着<振り袖>特集 その1 有村架純

(1) 新年の挨拶

 新年あけましておめでとうございます。読者の皆様の2017年がブリリアントな1年になることを祈念しています。今年も<福田元昭の「桜の木になろう」>をよろしくお願い申し上げます。 この記事は2017年1月1日20時20分にUPされました。

(2)晩節を汚す

 2017年冒頭、シリアのアレッポは、テロリストのいない新年を迎えました。ロシアの巧みな外交戦略のお陰です。「605.2016年YEAR・END、世界平和に水を差したのは誰だ?」の(19)で紹介したトルコに続き、エジプトも米有志連合を離れ、シリア・ロシア・イランの反テロ連合に参加した。アジアでもフィリピンに続き、ベトナムが米国から離れ中国・ロシアに接近している。605はこちら

 そうした状況にオバマが怒ったからでしょうか、605に書いた通りシリアの停戦体制が2016年12月30日午前0時から発効したと言うのに、米軍機がモースル<モスル>を空爆し、アメリカによって造られたISISでなく、イラクの一般市民を殺害した。オバマ、晩節を汚している。と書いた所で、「晩節を汚す」とは、それまでの人生で高い評価を得てきたにも関わらず、後にそれまでの評価を覆すような振る舞いをし、名誉を失うことなので、表現が不適切である事に気づいた。少なくとも私はこれまでもオバマに高い評価を与えてなかったし。

(3)2017年冒頭、米帝の中東支配は崩壊するのか?

 2017年冒頭、米帝の中東支配が崩壊し、中東に平和が来訪する事を2017年の年頭に祈念致します。残念ながら、そうした私の願いに水を差す出来事が、日本時間の年明け後も起きています。

 イラクの首都バグダッド(Baghdad)中心部シネク(Al-Sinek)地区にある市場で現地時間の31日に起きた爆弾複数の爆発事件について、警察当局は同日、自爆攻撃2件によるもので、死者27人、負傷者も53人に上っていることを明らかにした。比較的平穏に新年を迎える準備を進めていた中での事件は同市に衝撃を与えた。

img_8dbd954ed6fa0e67d97d70428cd4defe255946.jpg
↑画像 イラクの首都バグダッド中心部シネク地区で、自爆攻撃2件が起きた市場(現地時間2016年12月31日撮影)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170101-00000000-jij_afp-int

 事件については、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」がIS系通信社アマック(Amaq)を通じて犯行声明を出した。ISがやったと言う事は、米帝の中東支配は残念ながら続いていると言う事ですね。

 一方、トルコの最大都市イスタンブール中心部で現地時間の1日未明(日本時間同日午前)、サンタクロースの服装で武装した何者かがナイトクラブを襲撃し、銃を乱射した。ソイル内相によると、少なくとも39人が死亡した。うち15人前後が外国人とみられるという。ほかに69人が負傷した。ロイター通信などが伝えた。

 襲撃犯は見つかっておらず、捜査当局が行方を追っている。当時、店内には新年を祝う客数百人がいて混雑していた。イスタンブールの知事は「テロ攻撃だ」と述べたが根拠は明らかにしていない。

 ロイター通信などによると、容疑者は店の外にいた警官と市民の計2人を銃殺し、その後、店内に入って銃を乱射した。知事は「新年を祝い、楽しむために集まった罪のない人々を(容疑者が)残忍な方法で銃撃した」と述べた。米国家安全保障会議(NSC)のプライス報道官は「恐ろしいテロ攻撃に対して強く非難する」との声明を出した。

 トルコでは2015年夏ごろから、治安当局と、過激派組織「イスラム国」(IS)やトルコからの分離独立を目指す武装組織クルド労働者党(PKK)との衝突が激化。2016年6月には、イスタンブールの国際空港で自爆攻撃などがあり、50人近くが死亡、200人以上が負傷した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170101-00000033-mai-m_est

548.トルコのクーデターは、エルドアン大統領の自作自演クーデターだったのか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-769.html

 それにしても、トルコの現地時間の2017年1月1日未明の出来事に比べると、イラクの現地時間の2016年12月31日の出来事の方が日本では報道頻度が低い。なぜだろう?

(4)2016年のレコ大も不正があったのではないか

 まず最初に最優秀新人賞に輝いた「iKON(アイコン)」について。多くの人々は、最優秀新人賞に輝いた「iKON(アイコン)」をご存知なかったようだ。私もレコ大が放送された2016年12月30日夜迄知らなかった。「iKON(アイコン)」が最優秀新人賞に輝いた直後からしばらくの間、「iKON(アイコン)」が検索ワードTOPだった。

 多くの人々が「iKON(アイコン)」をご存知なかった傍証と言えるのではないか。とは言え、iKONの「DUMB & DUMBER」は16/10/10付けのオリコン週間ランキングの1位に輝いている。あの頃、「最新のHIT・CHART」を書いていたら、もっと早くiKONを認識したかもしれない。。iKONの「DUMB & DUMBER」は、2016年度年間シングルランキングTOP100の93位にランクインしている。

丘田 英徳 ‏@okada014 2016年12月30日 こんな聞いたことも無い韓国人グループが新人賞だってさ。私は本気で驚いたね。芸能界の”半島汚染”はかなり深刻だ。◆日本レコード大賞、最優秀新人賞は韓国の男性グループ「iKON」に決定!
https://twitter.com/okada014/status/814810287996026880

ikon01.jpg
↑画像 iKON(アイコン) ジャニー喜多川が狙いそうなイケメン揃いです!

★日本レコード大賞の審査委員長・音楽評論家阿子島たけしさん変死事件
http://netpower1.blog14.fc2.com/blog-entry-57.html

 なお、2015年のレコ大汚職について補足しますと、疑惑の目を向けられているLDHは、2016年10月23日、当時47歳のHIROが社長を2016年中に退任し、新設されるグローバル組織「LDH WORLD」のクリエイティブ・リーダーになることを発表した。以上の様に文春の汚職報道が事実であると物語っているような有様なのです。

http://abekobe-geinou.com/6362.html

 2016年のレコ大の大賞も不正があったのではないだろうか。次の(5)の中で詳述する。

(5)2016年度オリコン年間シングルランキング<2016年 オリコン年間シングルヒットチャートTop40>

 オリコンが発表した2016年度年間シングルランキング<2016年 オリコン年間シングルヒットチャートTop40>の発表です。集計期間は、2015年12月14日~2016年12月11日です。

 40位は、KAT-TUNの「TRAGEDY」です。16/02/22付けNO1! 私としては、79/03/24-79/03/31の2週連続全米NO1に輝いたBee Geesの「TRAGEDY (哀愁のトラジディ)」の方が好きです。

https://youtu.be/MSVTOMkJdqs
↑動画 Bee Geesの「TRAGEDY (哀愁のトラジディ)」

 KAT-TUNの「Real Face」は、2006年度年間シングルランキングのNO1に輝いています。06/04/03-06/04/17の 3週連続第1位でした。

https://youtu.be/tl6OIz4zk6o
↑動画 KAT-TUNの「Real Face」

 「522.サミット会場に伊勢志摩を選んだのはなぜか?」で、KAT-TUNの中丸雄一がテレビ東京系の相内優香アナウンサーにふられた話を紹介しました。522はこちら

 Now back to the countdown. 年間39位は、モーニング娘。'15の「冷たい風と片思い/ENDLESS SKY/One and Only」でした。16/01/11付けNO1! 38位は、NEWSの「ヒカリノシズク/Touch」、16/02/01 付けNO1!

 年間37位は、「605.2016年YEAR・END、世界平和に水を差したのは誰だ?」で取り上げたレコ大汚職の三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「Welcome to TOKYO」でした。605はこちら

 605で取り上げた西野カナの2016年レコ大大賞受賞曲「あなたの好きなところ」は、年間TOP40CHARTに入っていません。2016年度年間シングルランキングTOP100にすら入っていません。つまり、前述の多くの人々の認知度がとても低い「iKON」よりも、ランキング的に下なのです! だから2016年のレコ大の大賞も不正があったのではないかと考えてしまう。

 1987年、近藤真彦が『愚か者』で大賞に輝いていますが、オリコン年間ランキングは35位。前年に『DESIRE -情熱-』、前々年に『ミ・アモーレ』と2年連続で受賞した中森明菜の両曲は、共に同2位。80年代の大賞獲得者で年間ベスト30に入っていない曲は『愚か者』だけで、ほとんどの大賞受賞曲は年間ベスト10以内です。

 近藤真彦の『愚か者』の年間シングルランキングにおける順位は、西野カナの「あなたの好きなところ」に比べればはるかに上なのですが、それでも当時、レコ大の大賞受賞に関して疑問符がついていたのです。ましてや年間100位以内に入っていない曲が大賞を受賞するなど絶対にあり得ない事だったのです。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12111-28300/

 沢田研二の『勝手にしやがれ』が大賞を受賞した1977年のレコ大の平均視聴率は、何と50.8%でした!

 Countdown goes on till we get the top. 年間36位は、NEWSの「恋を知らない君へ」、16/07/25付けNO1! 35位は、関ジャニ∞の「パノラマ」、16/10/24 付けNO1!

 34位は、AKB48の「唇にBe My Baby」、15/12/21付けと16/01/04の合計2週第1位でした。この曲は、「486.2016年は想像を絶する年となるのか? PART2」の(19)で紹介した通り、2015年度年間シングルランキングの第4位に輝いています。486はこちら

 この2015年度年間シングルランキングの第4位に輝いたAKB48の「唇にBe My Baby」のB面こそが、2016年レコ大の大賞受賞最有力候補と言われていた「365日の紙飛行機」なのです。つまり、「365日の紙飛行機」は、西野カナの「あなたの好きなところ」の売り上げに比べたら、比較にならないくらい上なのです! その差は天と地以上です! 天と地下マントルくらいの差なのです! それを考えれば、西野カナの「あなたの好きなところ」が大賞を受賞するなど、まさに青天の霹靂、あり得ない事だったのです。

 では、落ち着きを取り戻して。Now back to the countdown. 年間33位は、KinKi Kidsの「道は手ずから夢の花」、16/11/14 付けNO1! 32位は、星野源の「恋」。オリコン週間ランキング最高位2位ですが、Billboard Japan Hot 100総合シングルチャートでは通算5週にわたり週間1位を獲得しました。Japan Hot 100の2016年の年間チャートにおいて「恋」は、AKB48「翼はいらない」、RADWIMPS「前前前世」に続き、年間総合第3位を記録している。見事です!

https://youtu.be/jhOVibLEDhA
↑動画 星野 源 - 恋 【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】

 31位は、Sexy Zoneの「カラフル Eyes」、15/12/28付けNO1! 30位は、KinKi Kidsの「薔薇と太陽」、 16/08/01付けNO1! 薔薇族と太陽族? 違うでしょうね。薔薇族に関しては、「511.J-POPの中には、HAARPやケムトレイルを暗示しているHIT曲があるのではないか?」で綴りました。511はこちら。太陽族は、石原慎太郎の小説「太陽の季節」から生まれた流行語。既成の秩序を無視して、無軌道な行動をする1950年代の若者たちの事です。

 さて、30位迄発表したところで、再び、レコ大汚職の話。レコ大汚職でレコード大賞2連覇を果たしたと言われている三代目JSBですら、オリコン年間ランキングでは、『R.Y.U.S.E.I.』が2014年度年間30位、「486.2016年は想像を絶する年となるのか? PART2」の(19)で紹介した通り、『Unfair World』が2015年度年間31位と、西野カナの「あなたの好きなところ」に比べればはるかに上なのです! ますます西野カナの大賞受賞に疑問を感じてしまいます。486はこちら

 Now back to the countdown. 29位は、KAT-TUNの「UNLOCK」、16/03/14付けNO1! 28位は、BOY AND MENの「YAMATO☆Dancing」、オリコン週間ランキング最高位2位です。

https://youtu.be/Ihq66ZZ8UPk
↑動画 BOYS AND MEN - 「YAMATO☆Dancing (Dance ver.)」ミュージックビデオ

 Countdown is based on oricon chart.  年間27位は、Hi-STANDARDの「ANOTHER STARTING LINE」です。Hi-STANDARDの「ANOTHER STARTING LINE」は、16年半ぶりとなるシングル。事前告知一切無しで、発売日当日にいきなりCDショップの店頭に並ぶというゲリラ的な発売形式だった。16/10/17付けNO1! AKB48系とジャニーズ系以外で最上位となったのが、Hi-STANDARDのこの曲です。Which means ここから先の発表は、すべてAKB48系とジャニーズ系です。

https://youtu.be/W5zJQ5oG6Ug
↑動画 Hi-STANDARD- ANOTHER STARTING LINE- Full ver.(OFFICIAL VIDEO)  

 年間26位は、関ジャニ∞の「NOROSHI」、16/12/19 付けNO1! 「602.ローマ法王フランシスコ1世とエリザベス女王の予言通り、本日2016年12月24日が、人類最後の日になるのか?<トルーマンの呪縛から大多数の日本人が解放されるのはいつか?>」の(15)で紹介済み。602はこちら

 新春のひととき、「2016年 オリコン年間シングルヒットチャートTop40」をお送りしています。年間25位は、Kis-My-Ft2の「Gravity」、16/03/28付けNO1! 24位は、 Hey!Say!JUMPの「Fantastic Time」、16/11/07 付けNO1! 23位は、Kis-My-Ft2の「Sha la la☆Summer Time」、16/09/05付けNO1! 22位は、NMB48の「甘噛み姫」、16/05/09付けNO1! 511の(1)で紹介済み。511はこちら

 21位は、関ジャニ∞の「罪と夏」、16/07/18付けNO1! ロシアの文豪フョードル・ドストエフスキーの長編小説『罪と罰』は、1866年にリリースされました。20位 は、HKT48の「74億分の1の君へ」、16/04/25付けの1位に輝きました。「501.2016年の九州大地震も死者を増やす為の工夫がなされているのではないだろうか? 」の(14)で紹介済み。501はこちら

 年間19位は、Hey!Say!JUMPの「真剣SUNSHINE」、16/05/23 付けNO1! 18位は、SKE48「金の愛、銀の愛」、16/08/29付けNO1! 17位は、HKT48の「最高かよ」、16/09/19付けNO1! 16位は、NMB48の「僕はいない」、16/08/15付けNO1! 15位は、SKE48の「チキンLINE」、16/04/11付けNO1! 14位は、欅坂46の「サイレントマジョリティー」。{500.塙保己一が桜の木を選んだのはなぜか?<なぜ、「福田元昭の桜の木になろう」と言うブログ名なのか? PART2>}で紹介済み。500はこちら

 13位も欅坂46でした。13位の「世界には愛しかない」は、16/08/22 付けNO1! 12位も「世界」で始まるタイトルの曲です。グループ解散に伴うリエントリー曲です。03/03/17-03/03/31&03/04/14&04/01/12-04/01/19の合計6週オリコン週間ランキングNO1に輝き、2003年度年間シングルランキングの第1位に輝いたこの曲です。これ以降、6週オリコン週間ランキングNO1に輝いた曲はありません。

https://youtu.be/4i8R2NJH_N0
↑動画 HD『世界に一つだけの花』SMAP 2003年12月31日 NHK紅白歌合戦 消される可能性がある動画ですね

 『世界に一つだけの花』は、都立小金井北高等学校在職中、生徒達と東京都国分寺市にあるカラオケに行った際、生徒が『世界に一つだけの花』歌っているのを聴いて知りました。良い曲だと思いました。SMAPの曲ですが、女子生徒が歌っていました。今は何かと五月蠅い時代になってしまったので、生徒達とカラオケに行くなどあり得ない話かもしれません。あの頃、良い時代でしたね。

 11位は、欅坂46の「二人セゾン」、16/12/12 付けNO1! 602の(15)で紹介済み。602はこちら。10位は、嵐の「Power of the Paradise」、16/09/26 付けNO1! <576.嵐の「Power of the Paradise」のPVは、なぜ豊洲大橋で撮影されたのか?>で、動画リンク貼り付けなしですが、嵐の写真入りで紹介しています。576はこちら。9位も嵐です。「復活LOVE」、16/03/07付けの1位です。8位は、乃木坂46の「ハルジオンが咲く頃」、16/04/04付けNO1!

https://youtu.be/gyMRE6jijEI
↑動画 乃木坂46 『ハルジオンが咲く頃』Short Ver.

 Countdown doesn’t stop till we get the top. 年間7位は、嵐の「I seek/Daylight」、16/05/30-16/06/06の2週連続NO1に輝きました。2016年、合計2週1位はこの曲だけです。あとはすべてたった1週間だけのNO1です。

http://48pop.blog.fc2.com/blog-entry-1232.html
↑動画 嵐「I seek」ミュージックステーション 2016/05/13

 年間6位は、乃木坂46の「裸足でSummer」、16/08/08付けNO1!

https://youtu.be/cUQQN7POquU
↑動画 乃木坂46 『裸足でSummer』 乃木坂 46 OFFICIAL YouTube CHANNEL
 
 年間CHARTのTOP5の発表前に、明日17/01/02付けのオリコン週間ランキングのNO1の発表です。2017年最初の1位に輝いたのは、QUARTET NIGHTの「God's S.T.A.R.」です。

https://youtu.be/LPxFvmrmyl0
↑動画 「God's S.T.A.R.」/QUARTETNIGHT KING RECORDS

 この曲はQUARTET NIGHTの2枚目のシングルです。前作「エボリューション・イヴ」から1年半ぶりのシングルです。テレビアニメ『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター』の挿入歌として起用されました。

 Now back to the countdown. 年間5位は、乃木坂46の「サヨナラの意味」、16/11/21付けNO1! 「596.カニエ・ウエスト暗殺阻止!」の(2)で紹介済み。596はこちら

https://youtu.be/M3eGhMORIpY
↑動画 乃木坂46 『サヨナラの意味』 動画の中の握手のシーン、左側の女性の指がシェイプシフトしている感じがします。乃木坂46も全員レプなのでしょうか?

 乃木坂46の「サヨナラの意味」は、集計期間内のCD売上枚数は910,811枚ですが、その後、ミリオンシングルに認定されました。実に良い曲です。2016年のミリオンHITは、この年間CHARTのTOP5入りした5曲です。

 年間4位は、集計期間内のCD売上枚数が1,202,533枚のAKB48「ハイテンション」です。16/11/28付けの1位で、596の(2)で紹介済み。596はこちら。「ハイテンション」のPVは、バブル景気の頃をイメージした動画です。そして1位の動画は、学生運動が盛んだった頃をイメージした動画です。ぱるるがセンターの「ハイテンション」のPVになぜか田原総一朗が出てきます。

https://youtu.be/fj6iDHciEmA
↑動画 【MV full】ハイテンション / AKB48[公式]

 2016年年間CHARTのTOP3の発表です。TOP3はすべてAKB48です。年間3位は、集計期間内のCD売上枚数が1,213,660枚の AKB48「君はメロディー」、16/03/21付けNO1!

 「499.日本のテレビ局は、東京メトロの車掌のミスを針小棒大に扱う時間があるのなら、Panama Papers<パナマ文書>の事をもっと丁寧に報道すべきではないか!」の冒頭の写真に、「君はメロディー」のPVの写真を掲載しています。499はこちら

https://youtu.be/Q2E7TLotcko
↑動画 【MV full】 君はメロディー / AKB48[公式]

 2位は、集計期間内のCD売上枚数が1,294,962枚のAKB48「LOVE TRIP/しあわせを分けなさい」、16/09/12付けNO1!

https://youtu.be/RpggNE6agKo
↑動画 【MV full】 LOVE TRIP / AKB48[公式]

 それでは、2016年年間CHART、NO1の発表です。集計期間内のCD売上枚数が他の追随を許さない1,519,387枚、16/06/13付けNO1! 2016年の日本のドメスティックCHARTの頂点に輝いた曲は、「翼はいらない」 by AKB48

https://youtu.be/4Y29etPlxPY
↑動画 【MV full】 翼はいらない / AKB48[公式]

 21世紀に学生運動ごっこさせられたAKB48のPVです。AKB48が学生運動ごっこさせられた撮影現場は、私の実家がある東京都西多摩郡日の出町の隣にある東京都青梅市長淵にある明星大学青梅校 (青梅キャンパス)です。現在は廃校になっています。現実の明星大学は、学生運動が盛んだった時代に、それ程闘争が盛んではなかったかもしれません。

 「翼はいらない」が年間1位になった理由は、楽曲の良さもさる事ながら、AKB48の選抜総選挙投票券付きシングルだったからです。実は2015年の年間1位も、選抜総選挙投票券付シングルでした。今年2017年の年間1位も、選抜総選挙投票券付シングルがGETする可能性が高い。486で紹介した通り、「僕たちは戦わない」が2015年の年間1位でした。486はこちら

(6)「翼はいらない」は年間1位なのに、PVの再生回数<視聴回数>がAKB48としてはとても少ないのはなぜか?

 曲を聴かなくても、『翼はいらない』と言うタイトルを見れば、『翼をください』へのアンサーソングであることは一定の世代なら想像がつくだろう。『翼をください』は、教科書に載ったり、サッカー日本代表の応援歌になったりしたので、一定の世代以下でも想像がつくかもしれない。

 年間4位から年間1位迄のAKB48の2016年のHIT曲のPV<フルバージョン>の再生回数<視聴回数>を比較してみます。

 年間4位の「ハイテンション」の視聴回数は、6,271,929 回。年間3位の「君はメロディー」の視聴回数は、4,186,811 回。年間2位の「LOVE TRIP/しあわせを分けなさい」の視聴回数は、4,756,154 回。年間1位の「翼はいらない」は544,302 回。年間1位なのに、「翼はいらない」の視聴回数は、他の3曲より一桁少ない。

 544,302回って、無名の一市民の私が書いているこのブログの開設以来のアクセス数より少ないのです。極めて有名なAKB48ですよ。それに年間1位なのですよ。いったいどうしてこうなったのでしょう?

 PVの内容に原因があるのでしょうか? PVの舞台は1972年11月のどこかの大学のキャンパスです。闘う学生がたくさん出てきます。近頃は権力と闘う気概がある学生が1972年11月と比べると激減している。そういう気概がある頼もしい学生が一定程度いる法政大学は、拙ブログで以前書いた通り、大学当局がそう言う学生を弾圧する。

https://twitter.com/jinmin1991

 現在、このPVに出てくるような立て看板を認めていない大学が圧倒的多数だし、このPVに出てくるような立て看板を立てようとする学生がそもそも極めて少ない。そうした現状から、この動画に違和感を感じる人々が多くて、視聴回数が少ないのだろうか? もしそうなら残念な事です。

(7)1970年代にも日本に茶髪の方はいた!

 私はこの動画に親近感を感じた。見ていていろいろな思いが脳裏に浮かび、涙が出てきた。よく作られた動画だと思う。「学生運動のリーダー役の指原が茶髪なのはさすがにありえないと思ってしまった。」とWEB上に書いてらっしゃる方がいる。私と同じ50代の方である。

http://blog.goo.ne.jp/tedpapa/e/6a75123d8aa134f53e7c60dbb22331f2

 同じ50代でも、私は「学生運動のリーダー役の指原が茶髪なのはありえる」と断言する。1970年代にも日本に茶髪の方はいた。嘘だと思う方は下のリンク先をクリックしてWikipediaの「茶髪」の項目をよく読んで頂きたい。「白人と交易するようになって以後は、東北アジア人にはない茶髪や金髪に染めるという慣習や文化も広まった。」とはっきり書いてある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8C%B6%E9%AB%AA

 まだ、信じられないと言う方は、下のリンク先の記事をお読みになると良い。1970年代は、日本のヘアカラーの黎明期で、闇雲な茶髪が溢れた時代だったのです。

http://ameblo.jp/satobro-310/entry-10590457395.html

(8)忘却による誤った社会認識

 あの50代の方も含めて、多くの1972年に生きてらっしゃった方々は、当時、茶髪の日本人を見ているかもしれないのですが、失礼ながら多くの方々はそれを忘れているのですよ。

 以前、新聞には堂々と「人工地震」と言う文字が出ていて、それを読んだ多数の人々がいるのに、失礼ながら多くの方々はそれを忘れていて、「人工的に地震が起こせるわけないだろう」と言ったりする。

 以上の様に多くの人々は、忘却により誤った認識をしている場合が多いのです。特に日本人はね。だから今年も拙ブログを書くのです!

(9)洞察力を磨こう!

 あの50代の方ももっと洞察力を磨いた方が良い。自分の勝手な思い込みで、「学生運動のリーダー役の指原が茶髪なのはさすがにありえないと思ってしまった。」と書いてますが、AKB系の総合プロデューサーは、あなたと同じ50代の秋元康です。1972年に生きていてそれなりの知見がありました。

 そう洞察すれば、「ありえない」と言う自分の考えが単なる思い込みで間違っているのかもしれないと気づくでしょう。あの50代の方は熱心なAKBのファンのようですから、秋元康が自分と同じ50代だと言う事をおそらくご存知でしょう。おそらく秋元康は1972年当時、茶髪を見ていて、それを鮮明に覚えていたのでしょう。だから指原莉乃に茶髪の学生運動のリーダー役をやらせたのですよ。きっと。

(10)社会変革に憧れていた私
 
 私が小学生の頃、特に1968年から1969年にかけてが、大学闘争のピークだった。実家のオンボロ白黒テレビに、社会変革を目指す闘う大学生が映っていた。貧困家庭に育った私は、小学生の頃に社会矛盾に気づき、将来、あの大学生達みたいに、社会変革を目指し、権力と闘うのだと漠然と思った。

 「翼はいらない」のPVは1972年11月と言う設定になっているが、その頃は既に大学闘争はピークを過ぎていた。私が大学に入学した頃は、現在と違いあのPVにあるような立て看板は各大学に立っていたが、多数派の学生はノンポリになっていた。

(11)内ゲバ殺人事件

 大学在学中に私が通っていた大学で、活動家の学生が殺害された。真相究明集会が開かれた。私は参加した。参加者は極めて少なかった。多数の学生の無関心にあきれるばかりであった。私以外の参加者はすべてどこかのセクトに所属している感じだった。

 社青同解放派が殺害の犯行声明を出した。犯人が殺害後、逃走する可能性があるルートの一つに警察は張り付かなかったと言う話が真相究明集会で出た。つまり警察は犯人の逃走を容認したという事だ。

 権力側にとって本当に都合が悪い人物を、警察と癒着した偽左翼が殺害するという話は、当時よくあった。

 苦学生の私は、大学から奨学金を頂き、アルバイトしまくりだった。だから、私が入学した後も大学闘争のPOWERが継続していたとしても、大学闘争に参加できなかっただろう。

 年間1位の「翼はいらない」、PVも良いし曲自体が良い。いずれ紹介する予定の2016年ビルボード年間1位の曲とはえらい違いである。

↓2017年最初の動画 日本の未来 松井 玲奈(まつい れな) 松井 珠理奈(まつい じゅりな) 小嶋 陽菜(こじま はるな) *この動画は605の「2016年最後の動画 日本の現状」とタイアップしています。605はこちら
tumblr_oiyvhcQycm1tfbj8go5_500.gif
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts