571.伊雑宮(いざわのみや)のエネルギーレベルを落としているのは誰だ?

21 - 1
↑画像 三重県志摩市出身 SKE48 竹内舞

(1)アンセルムスの「神の存在証明」

 2016年8月25日、三重県志摩市にある志摩国一宮とされている伊雑宮(いざわのみや)に、気功をやっている仲間8名で行きました。8名の内4名は、プロとして気功や整体などを駆使して、病院で治らないような身体の不調を改善しています。他の4名も私を含め病院で治らないような身体の不調を改善する能力を持っています。ただ仕事としてやっていないので、その能力はプロとしてやっている4名より低いと思われます。

 8名全員が、気<エネルギー・POWER>を敏感に感じる事ができます。8名全員が「ヒーラー」と言えるかもしれません。少なくとも、私はどこの宗教団体にも所属していません。おそらく他の7名もそうだと思います。私は見えない存在<神>を信じていますが無宗教です。無宗教はしばしば無神論と混同されますが、それとは異なる概念です。

 プロとして活動している4名のうち2名は、神の声が聞こえます。アンセルムス(1033-1109)は「スコラ哲学の祖」とされ、「神の存在証明」で有名です。「教父」とされるアウグスティヌス(354-430)の思想を前提に始まったと言われるスコラ哲学の普遍論争は有名です。

 実在論の代表はイギリスのアンセルムス(1033-1109)です。普遍<神>は実在するという実在論の考え方は、プラトン主義の延長線上にあると言われています。それと対立したのが唯名論です。代表がフランスのアベラール(1079-1142)です。そしてこの論争に決着をつけたのがスコラ哲学の大成者といわれるトマス=アクィナス(1225-1274)でした。彼はアリストテレスの合理主義を導入して解決を図りました。かれの主著が『神学大全』です。

 トマス=アクィナスとほぼ同じ時期のイギリスでは、フランチェスコ会のロジャー=ベーコン(1214-1294)が活躍していました。「ベーコン」と言っても食べられません。彼は東方との文化的接触により刺激を受け、ギリシア古典のラテン語訳などを行いました。彼は「経験のみが真理発見の道」と主張しましたが、これは後の経験論哲学やルネサンスの精神や自然科学にも通ずるものでした。

 ロジャー=ベーコンを、ルネサンス期のフランシス=ベーコン(1561-1626)と混同しないようにしましょう。確かに同じイギリス人だし、実験・観察の重視といったことを主張しています。しかし時代がまったく違います。フランシス=ベーコンは「イギリス経験論」の祖とされています

 このような事を書いても、「神の存在」など信じないと言う方々もたくさんいらっしゃると拝察致します。所謂「無神論」ですね。日本国憲法第19条で「思想及び良心の自由」が保障されているので、人それぞれでOKなのです。現在、「思想及び良心の自由」を踏みにじろうとする勢力が力を強めつつあります。奴らに負けないようにしましょう!

BUBKA

(2)三重県志摩市
 
志摩市
↑地図 三重県志摩市

 三重県志摩市は、「520.ネットはテレビに勝てるか? その1」で取り上げました。三重県志摩市は、「520.ネットはテレビに勝てるか? その1」と「522.サミット会場に伊勢志摩を選んだのはなぜか?」で取り上げました。520はこちら。522はこちら

 2012年の人口が53,056 人の志摩市は、三重県の志摩半島南部に位置する市です。 2016年、第42回先進国首脳会議<サミット>が市内の賢島で開催されたことでも知られています。

背中脱毛

(3)志摩国は御食国(みけつくに)

 1582年以降の志摩国は、現在の三重県の鳥羽市・志摩市だけの地域に限定されたが、それ以前はもう少し広かった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%97%E6%91%A9%E5%9B%BD

 志摩国は御食国(みけつくに)でした。御食国は平安時代まで贄(にえ)の貢進国、すなわち皇室・朝廷に海水産物を中心とした御食料(穀類以外の副食物)を貢いだと推定される国を指す言葉です。律令制のもとで租・庸・調の税が各国に課せられましたが、これとは別に贄の納付が定められていたと考えられる国が御食国です。『万葉集』にある郷土礼讃の歌に散見され、『延喜式』の贄の貢進国の記述、平城京跡から出土した木簡の記述などから、若狭国・志摩国・淡路国などが、御食国だったと推定されています。

 贄の貢ぎが史料として現れるのは、日本書紀の大化の改新の詔の其の四のところで、「凡その調の副物の塩と贄(にえ)とは、亦(また)郷土(くに)の出せるに随へ」とあります。実際、藤原京・平城京の発掘調査から多数の木簡が出土していて、これらの木簡のほとんどは都に税として納められた物品を示す記述でした。

 御食国(みけつくに)の民衆が天皇に贄を奉じ天皇が贄を食べることで、贄の取れた土地を支配していることを天皇が誇示する意味がありました。贄は律令制下で税のように強制的な収奪に変化しました。これを右翼は「喜んで天皇陛下に差し出した」とかぬかしているのです。

 大宝律令と養老律令においては、贄の貢ぎに関する記載は見当たりません。しかし『延喜式』には、御食国の民衆が贄として貢ぐ内容が詳細に記述されています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%A1%E9%A3%9F%E5%9B%BD

 贄川宿(にえかわじゅく)は中山道33番目の宿場(中山道六十九次)で、現在の長野県塩尻市に該当します。古くは温泉があって「熱川」と書かれていました。温泉が枯れてからは現在の漢字を当てるようになりました。贄川駅(にえかわえき)は、長野県塩尻市大字贄川にある、東海旅客鉄道(JR東海)中央本線の駅です。

イクオス

(4)国家は暴力装置というむきだしの権力を有しています

 レーニンが『国家と革命』で論じたように、国家は暴力装置というむきだしの権力を有しています。贄を出さなければ暴力を振るわれたりするのですよ。誰が好きこのんで都迄天皇らの食い物を運びますか。運ぶ仕事を運脚と言い、運ぶ人を運脚夫と言います。都から遠い今の関東や東北に該当するエリアの運脚夫は、運脚の最中にかなり死にました。天皇らの食い物や衣類の原料などを運ぶ為に死んでいったのです!
 
 現在も国家が暴力装置というむきだしの権力を行使している事は、沖縄の高江などの現状を見れば明らかです。その暴力はもちろん日本国憲法第36条「公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。」に該当する可能性が高い。

378.辺野古沖 新基地建設断固阻止!
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-536.html

422.日本は主権国家か?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-601.html

423.安倍晋三は幼稚園児か?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-603.html

490.2016年2月7日に発射されたとされる北朝鮮の事実上の弾道ミサイルは、日本の自民党に対する援護射撃ではないか?http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-702.html

496.沖縄県名護市辺野古沖の埋め立て承認を巡り国が沖縄県を訴えた裁判で、沖縄県が先に裁判所の和解案受け入れを表明したのに、安倍政権が先に裁判所の和解案受け入れを表明したと誤解している人々が多いのはなぜか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-709.html

549.2016年7月21日の沖縄県国頭郡東村高江の警察官による市民ひき逃げ隠蔽阻止!
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-770.html

550.高江闘争で死者が出たらどうなるか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-771.html

569.撤去すべきはテントではなく原発ではないか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-791.html

★これが安倍政権 沖縄・高江で取材中の琉球新報、沖縄タイムス記者を警察が拘束!「報道の自由」侵す暴挙も中央マスコミは一切無視
http://blog.goo.ne.jp/zabuyamato/e/f937295ae8d351642dbd98f309df2dd6

妊活

(5)三重県志摩市 伊雑宮(いざわのみや)

 伊雑宮でも(今回、他にも所謂「エネルギースポット」「聖地」「パワースポット」をたくさん訪問しています。)心地良いエネルギーを感じる事ができました。しかし、時に伊雑宮のエネルギーレベルが落ちる事があると言う。なぜ落ちるのだろう? 誰かがエネルギーレベルを落としているのだろうか?

 近年、多くの人々が伊雑宮をブログで取り上げている為、以前より伊雑宮への訪問者が増えている。それが時に起きる伊雑宮のエネルギーレベルの低下に繋がると言う。だから、私は伊雑宮をブログで取り上げるのを躊躇った。しかし、伊雑宮のエネルギーレベルの低下を避ける為に綴る事にした。

 なお、私達は神と対話ができる仲間の指示で、聖地では写真を撮らない事にしています。ネットには伊雑宮の写真が溢れています。溢れている写真から下に1枚掲載します。

2015-09-18-10_18_30_R.jpg
↑画像 三重県志摩市 伊雑宮(いざわのみや)

ショップにこにこ

(6)伊雑宮と北京を結ぶ線

dbb628e692ffe4a68ee55bb5b4f917fa.jpg
↑地図 伊雑宮と北京を結ぶ線 出典 http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/30d0fed757fdf7342e816b8f1bac1ba2

 伊雑宮と中国の首都北京を直線ラインで結ぶと、ライン上に出雲大社と神戸の六甲山と三輪山がほぼ入る。

チャップアップシャンプー

(7)伊雑宮の歴史

 ブログ「伊勢ー白山 道」によれば、御米の守護神である伊雑宮が存在したのは、伊勢神宮内宮の2千数百年の歴史をはるかに超えると言う。現実的な遺跡発掘で、縄文時代にまで遡り証明する事が可能だと言う。伊雑宮の正式な神紋は、古来より篭目紋(かごめもん)です。ユダヤ教でも篭目紋を「 ダビデの星」として重視していますが、紋章を使用している歴史の古さでは伊雑宮が勝るそうです。

http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/f6b6c998654b5239fbbe81f0b16e2395/?st=0

 そして、「本当の伊勢神宮は伊雑宮である」と言う説があります。伊雑宮が伊勢神宮内宮の2千数百年の歴史をはるかに超えているとすれば、そちらの方が信憑性がありそうです。後述しますが、この説は弾圧され続けてきました。

http://www.millnm.net/cgi-bin/page.cgi?url=../qanda3/79ypt7QIrq2DQ75143.htm

 伊雑宮は伊勢神宮の内宮と外宮に匹敵する第3の伊勢神宮であるが、記紀を編纂した藤原不比等が、何らかの目的で伊雑宮を隠し、伊勢神宮を内宮と外宮の二宮にしたと言う。

http://www.millnm.net/cgi-bin/page.cgi?url=../qanda3/79ypt7QIrq2DQ75143.htm

酵素ドリンク「MREビオス」

(8)天照大御神 天照太御神

 伊雑宮の祭事を守る限り、他所では不作な年でも伊雑宮周辺では豊作に恵まれ、害虫被害にも遭わなかったと言う。これは、コメを神界より現実界に降ろした天照大御神(あまてらすおおみかみ)が鎮まる神社が在る御蔭だと言う。

http://blog.goo.ne.jp/isehakusandou/e/f6b6c998654b5239fbbe81f0b16e2395/?st=0

 黒住教を開いた幕末の神道家・黒住 宗忠(くろずみ むねただ)や「伊勢ー白山 道」は、「天照大御神」とは書かずに、「天照太御神」と書く事を主張している。

BIGLOBE

(9)中世の伊雑宮

 源平合戦の頃から戦国時代にかけて、伊勢の地はしばしば戦乱に巻き込まれていた。特に公式には伊勢別宮の一つとされていた伊雑宮は志摩の九鬼水軍から大規模な略奪を受け、再建もままならなかった。伊雑宮はたびたび幕府や朝廷に再建の願いを出したが、再建は実現しなかった。

http://blog.goo.ne.jp/luca401/e/3d84dbdd2871ffad179b01cd82863437

LAKUBI(ラクビ)

(10)中世の伊勢神宮

 中世の伊勢神宮は、朝廷の衰微に伴い皇室にとってのみの氏神から、日本全体の鎮守として武士たちから崇敬された。神仏習合の教説において神道側の最高神とされた。また、伊勢神宮外宮の度会家行が伊勢神道(度会神道)を唱えた。

 鎌倉時代末期に、それまでの両部神道や山王神道などの本地垂迹説とは逆に、反本地垂迹説(神本仏迹説)が勃興するようになり、その影響で、伊勢神宮の外宮の神官であった度会家行によって、伊勢神道が唱えられた。伊勢神道は、偽書とされる『神道五部書』を根本経典としている。また、儒教・道教思想の要素も含まれた最初の神道理論とされる。伊勢神道は、元寇により、日本を「神国」であると再認識し、唯一絶対の日本の宗教が神道であるとする勢力のよりどころとされて発展した。

 この「神国」思想が20世紀前半、日本の極悪軍国主義者どもに悪用され、たくさんの悲劇を生み出した。

 『神道五部書』は、外宮を内宮(祭神・天照大神)と同等以上の存在として格上げすることを目的に、外宮の祭神である豊受大神を天之御中主神および国之常立神と同一神とすることで、天照大神をしのぐ普遍的神格であることを主張するために執筆されたと推定されている

 中世、戦乱の激化により神宮領<荘園>は侵略され、経済的基盤を失った神宮は衰微して、式年遷宮は停止せざるを得なかった。神宮の信者を獲得し、各地の講を組織させる御師が台頭し始めた。

 「522.サミット会場に伊勢志摩を選んだのはなぜか?」で紹介した「NHK ブラタモリ #40 伊勢神宮」で、御師についての説明があった。522はこちら

カラートリートメント

(11)「本当の伊勢神宮は伊雑宮である」

 衰亡を畏れた伊雑宮の神人たちは所領回復のために、1658年、再建願いを出した。その上申状の主旨は、伊雑宮こそが日本最初の宮で、のちに内宮ができ、次いで外宮が鎮座したので、内宮、外宮は伊雑宮の分家であるという「伊勢三宮説」であった。

 添付された『伊雑宮旧記』『五十宮伝来秘記見聞集』などによれば、伊勢三宮それぞれが日月星を祭る宮で、伊雑宮こそが礒宮(いそのみや)で天照大神を祀る日神の宮、 外宮は月讀(ツキヨミ)を祀る月神の宮、そして肝心の内宮はというと、瓊々杵(ニニギ)を祀る星神の宮ということである。

 もともと十別宮のひとつである伊雑宮のことなど歯牙にもかけていなかった伊勢内宮としても、皇祖、天照大神鎮座社の地位を奪われかねない事態の発生を看過してはいられなくなった。
 
 1658年、内宮はその上申書に添えられた証拠の神書を偽作と訴えて反撃に出た。そして結局、朝廷によって、伊雑宮は内宮の別宮で、祭神は伊射波登美命と裁定された。その結果として、1662年、幕府は伊雑宮を内宮別宮の一つとして再建することにした。

 伊雑宮の神人(じにん)たちにとってそれは承伏できないことであった。江戸幕府四代将軍、家綱に直訴したところ、1663年、神官四十七人の神人が偽書提出によって、伊勢・志摩からの追放処分の憂き目にあった。

http://fumio.music.coocan.jp/tuki06.htm

 家綱に直訴したとされる人物として最も有名人は佐倉惣五郎である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E5%80%89%E6%83%A3%E4%BA%94%E9%83%8E

カンファレンスバナー

(12)『神代皇代大成経』

 1676年から1677年にかけて、当時、江戸の出版界では知られる存在だった戸嶋惣兵衛の店から、不思議な本が出版された。それは『神代皇代大成経』という総題が付された一連の神書であり、神儒仏一体の教えを説くものであった。序文によると、その 由来は聖徳太子と蘇我馬子が編纂し、さらに太子の没後、推古天皇が四天王寺、大三輪社(大神神社 おおみわじんじゃ)、伊勢神宮に秘蔵させたものだという。この『大成経』はたちまち話題を呼び、学者や神官の間で広く読まれることになった。

 ところが伊勢両宮の神官たちは、たちまち『大成経』が秘めている危険性に気付いた。『大成経』の神話は、伊雑宮を日神の社とし、外宮・内宮をそれぞれ月神・星神の宮とする伊雑宮の主張を裏付けるような内容になっていたのである。

 伊勢神宮が国家の宗廟であり、幕府もタテマエ上は朝廷の権威に支えられている以上、 その秩序を乱すような異説は厳しく取り締まられなければならない。内外両宮からの度重なる訴えにより、幕府は『大成経』刊行の背後を詮議した。

 1681年、幕府はついに『大成経』を偽書と断じ、禁書とした上で版木まで焼いてしまった。また、戸嶋惣平衛は追放、この本を版元に持ち込んだ神道家・永野采女と僧・潮音道海および偽作を依頼したとされる伊雑宮神官は流罪と関係者一同の刑も定まり、『大成経』事件は一応の終結を迎えた。

 幕府による弾圧の後、多くの学者たちが『大成経』の偽書たることを論じた。徳川光国をはじめとして、吉見幸和、多田義俊、伊勢貞丈、本居宣長、平田篤胤、橘守部・・・。だが、こうして学者たちが繰り返し、偽書たることを強調したというところに、かえっ て『大成経』事件の反響の大きさをうかがうことができよう。

 中には垂加神道を提唱した山崎闇斎(やまざきあんさい)のように、『大成経』が真正の古典たることを信じ、自説の例証に引用する学者さえあった。また、各地の神社の由緒書にも、しばしば『大成経』の影響を見ることができる。

http://blog.goo.ne.jp/luca401/e/3d84dbdd2871ffad179b01cd82863437

(13)もしかしたら、現在は江戸時代より民主主義が後退しているのかも。

 山崎闇斎が出てきましたので、南学の話をしましょう。20世紀末にその存在が疑問視された南村梅軒が、土佐で朱子学を講じたことを出発点とされてきた南学は、谷時中が大成したと言われてきました。現在では谷時中が、朱子学の一派である南学の祖とされています。谷時中の門下に野中兼山や山崎闇斎などがいます。

 野中兼山(1615年~1664年)は、江戸時代初期の土佐藩家老でした。多くの改革で藩を助けましたが、過酷な労働を強いたことから領民の不興を買い失脚しました。一族が絶えるまで家族全員幽閉されました。

 当時、選挙はありませんでしたが、この例が示すように民衆から嫌われた権力者は結構失脚しました。一方、現在は選挙はありますが、不正選挙が横行している為、公約を破り嘘をつきまくりの多くの民衆から批判されている権力者でも権力を維持できます。

 もしかしたら、現在は江戸時代より民主主義が後退しているのかもしれません。でも、多くの人々はそうは思っていません。多くの高校生は、「野中兼山」について、受験に必要な知識として、南学の流れの中に位置づけて学ぶだけです。


(14)幕末から明治初期にかけて、神道が台頭したのはなぜか?

 近世の前期までは、禅宗を中心とした仏教が、人間の自己中心性の克服という課題に最も深く切り結んでいました。

 江戸時代の僧侶達は「宗旨人別帳」という現在の戸籍制度や住民票につながる書類を管理していました。江戸幕府公認の仕事であり、すべての武士、町人、百姓もどこかのお寺の檀家になって、名簿に載らなければならなかったのです。

 江戸時代の僧は現在で言う戸籍と住民票を管理する「地方公務員」と漢文を読む「学者」を兼ねた特権階級でした。

 僧の管理する宗旨人別帳から削除されると、キリシタン扱いされ、犯罪者扱いになるので、庶民はどうしても彼らに頭を下げなければならなりませんでした。

 江戸時代中期になると、一部の僧侶たちは一部の民衆から嫌われ、神道を信仰の対象にする民衆が増えました。中でも伊勢神宮が民衆の崇拝の中心となりました。多くの神道の神官たちは約1千年間にわたって、僧侶たちから学問のできない低い人間扱いを受けてきたと言います。ある程度の神官たちはこの一部の民衆からの信仰を契機に、僧侶を排撃するようになりました。また、一部の権力者は仏教を弾圧しました。後の「廃仏毀釈」の先駆けです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BB%83%E4%BB%8F%E6%AF%80%E9%87%88

(15)江戸時代の僧侶攻撃論

 江戸時代初期の陽明学者である熊沢蕃山(1619-1691)は、著書「大学或問」で「今の僧は盗賊なりと言えり」と僧侶を酷評していた。古文辞学(蘐園学派)を確立した荻生徂徠も、著書「政談」で僧侶の浪費振りと搾取の有様を糾弾した。

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1041877/57

 有名な赤穂事件における赤穂浪士の処分裁定論議では、林鵞峰の次男だった林鳳岡<林信篤>をはじめ、金沢藩に仕え藩主・前田綱紀の命で京都の木下順庵の門下となった室鳩巣や、山崎闇斎の門下となった浅見絅斎<あさみけいさい>などが賛美助命論を展開したのに対し、荻生徂徠は義士切腹論を主張しました。

 <転載開始>排仏論を唱えたのは平田篤胤(1776-1843)のような国学者ばかりではなかったのだ。さらに名君と呼ばれた藩主までもが、かなり早い時期から、仏教の堕落を批判している。政治家であって真先に排仏論を唱えたのは、水戸光圀(1628-1701)だった。このほか、岡山の池田光政(1609-1682)、会津の保科正之(1611-1673)、さらに下って水戸の徳川斉昭(1800-1860)、当時名君といわれた藩主はみんな盛んに排仏をやっている。彼らの儒教的教養からみれば、仏教の堕落は、言語道断だったのであろう。こうした底流の下に、明治維新を迎えたのである。仏教が徹底的にやっつけられるのはやむを得ない形勢であったのだ。<転載終了>

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1041877/59

http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-339.html

 池田光政は、儒教を信奉し陽明学者・熊沢蕃山を招聘しました。1641年、全国初の藩校・花畠教場を開校しました。1670年には日本最古の庶民の学校として閑谷学校(備前市、講堂は現在・国宝)も開きました。教育の充実と質素倹約を旨とし「備前風」といわれる政治姿勢を確立しました。光政は水戸藩主・徳川光圀、会津藩主・保科正之と並び、江戸時代初期の三名君とされています。

(16)廃仏毀釈

 <転載開始>神道を盛んにするには、まず第一に、廃仏毀釈の必要あるということに、儒者、神学者、国学者、みな同心一致して、その実施の機会を待っていたら、ほどなく幕府の大政返上となり、ついで王政復古の大号令となり、新政施行機関として、先ず神祇官、太政官、諸省の設置となり、人材登用の趣意により、右三者の有志家は、それぞれ官省に出仕して、国政に参ずる地位を得た。これが近縁となり、ここに各自理想の廃仏毀釈を、事実上に施行せんと企んだ。時に新政府は、内外の政務混乱して、緒に就かざる機会に乗じて、陽に朝威を借り、陰に私意を含み、無智、無学に、しかも惰眠に耽る僧界に対し、迅雷一声思いのままに、廃仏毀釈の暴挙を実行するに至った。<転載終了>

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/983346/33

 <転載開始>明治初期においては政府の権力は脆弱で、神祇官事務局達や太政官達にはそれほど強い強制力はなかったようですが、全国各地に平田篤胤派の国学者が多数任官されていて、それに影響された神官が数多くいたという。それゆえ、維新政府が考えていた以上に破壊行為に走るケースが多く、実際に破壊行為に及んだのは地方の事務官や神官だったという。<転載終了>

http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-339.html

 明治初期の「廃仏毀釈」は、江戸時代の長年にわたる民衆の仏教に対する不満があったので、民衆も暴動に加わったと言う。なお、下記のリンク先には間違いがありますが、この記事を書くにあたり参考にしたので、一応貼り付けておきます。

http://blog.nihon-syakai.net/blog/2012/04/2223.html

 上の記事は、江戸時代中期のすべての民衆が、僧侶を嫌い仏教を捨て神道(神社)を信仰の対象にするようになったと解釈できる部分があります。江戸時代の寺子屋の隆盛を考えれば、それが間違いである事がご理解頂けるでしょう。他にも間違いがありますが、長くなりますので指摘しない事にします。

(17)近代の伊雑宮
 
 大正末期に伊雑宮近くにある大きな楠が伐採されて地面を掘ると、そこから石棺が出土して中から勾玉や鏡などの神器が出てきてしまい、これが倭姫命(やまとひめのみこと)の遺蹟ではないかと地元住民の間で大騒ぎとなったそうです。

 ところが、そこへ警察が駆けつけ、ここで見たもの、聞いたものはすべて口に出さないように指示し、住民を石棺に近づけず、中身の神器を持ち出して再び埋めてしまったそうです。この石棺のことを口に出した者は処刑されたそうです。

 伊雑宮の方が伊勢内宮より古くからアマテラスを祀っていたという言い伝えは、伊雑宮の周辺住民の間に世代を超えて伝えられた。宗教・思想を取り締まる特高警察は、国体に混乱を引き起こしかねないこの言い伝えを、不敬罪と治安維持法を使って徹底的に弾圧した。2016年8月25日、私達は伊雑宮の近くにお住まいの1933年生まれの森和夫さんから、その話を伺った。

(18)伊雑宮 御師の家 森和夫さん

https://youtu.be/P03nzO9L45Y
↑動画  伊雑宮 御師の家 森和夫さん

maxresdefault.jpg
↑画像  伊雑宮 御師の家 森和夫さん

 今から1500年以上も前、倭姫(やまとひめ)と呼ばれる人物が、ヤマト(奈良)の地を離れて各地を巡り、27番目の最後に祖神アマテラスを鎮座させたのが、この伊雑宮であり、ここで倭姫も最期を迎えたと森さんは伝えています。

 伊雑宮の隣接地に、神宮参拝者をもてなした御師(おし/おんし)の家を再現した施設「伊雑宮のおもてなし処・御師の家」があります。築100年の自宅を改修し、2012年10月25日に一般開放されました。中に入らせて頂くと、伊雑宮御田植祭(いざわのみやおたうえまつり)の写真などが飾られ、伊雑宮参拝のしおりや志摩市磯部町の観光案内のパンフレットなどが置かれています。

http://isenosimako.com/?eid=896

995dfc05.jpg
↑画像 森和夫さんから頂いた米と塩
 
 森和夫さんからご覧の米と塩を頂きました。寸志として100円を箱の中に入れてきました。2015年12月11日、東京ビッグサイトで第1回世界土壌微生物オリンピックの結果発表会とシンポジウムが開催されました。

 森和夫さんは、第一回世界微生物土壌オリンピック・水田部門で金賞を受賞されました。水田部門、畑部門etc.の金賞を受賞された方々のなかから更に、森和夫さんはグランプリも受賞されました。シンポジウムは、「TPPに打ち勝つ日本初『土壌微生物革命』シンポジウム」でした。

http://www.jacom.or.jp/saibai/news/2015/12/151222-28826.php

 下のリンク先の記事によれば、森和夫さんは視覚障害者のようです。

http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51939164.html

(19)伊雑宮とワールドメイト

http://wmdata.main.jp/sonota-6/isejingu.html

 <転載開始>宗教団体ワールドメイトでは「伊勢神業」と称し、年末年始にかけて伊勢神宮や伊雑宮で団体参拝したあと、別の場所に移動してワールドメイト独自の神事を開催している。

 最近の伊勢神事は、2007年に購入した志摩市磯部山田で行うのが定番となっている。山をくりぬく大がかりな工事をしているが、山中であることに変わりはない。

 ワールドメイトの2大神事の一つである伊勢神事には、会員に大量の人形・形代(ヒトガタカタシロ)を書かせて集金しており、近年は、目標の数字に達しないためか、神事期間が大幅に長引いており、年末年始で終了するはずの神事が一年近くに及ぶ長期開催となっている。

 ワールドメイトの社である大仁の神社(皇大神社)を使用せず、既存の有名神社を利用するのは、会員や新規会員に信用されやすく、神事に参加させやすいというのが理由のようである。

 ワールドメイトの教祖深見東州、またの名を戸渡阿見(ととあみ)こと半田晴久氏は、「伊勢とやってます」ということを他の神社にアピールして、箱根、鹿島と三つが味方になり、神社に挨拶を絶えずして徐々に味方の神社を増やしていけば、「少々あれ」をしても味方になってくれる。藤波孝生(伊勢市出身、1932年12月3日~20007年10月28日)の口利きのおかげで町内会になれることになった、お神楽もやっていただいたと、藤波氏にはお礼のお金を、伊勢神宮には玉串を持ってお礼に行くようにと幹部に指図しているテープ反訳がある。(1990年「マスコミ対策(応答の仕方)

 一方で、1999年の「月刊ワールドメイト」には、神主さんが偉いわけではないのに、伊勢神宮の神主さんの多くは高圧的で細かいことにつっけどんで、お役所仕事のような対応振り。全国の神主の中で、神主の質が一番悪いのは伊勢神宮というのが定評であると酷評している。<転載終了>
 
 転載した文中に出てくる志摩市磯部は伊雑宮がある地です。元創価系の営業マンでネットで有名なR・コシミズは、ワールドメイトという大本教系のカルト信者と言われている。

http://blog.goo.ne.jp/zabuyamato/e/20f4760c7e9bfa499d15ff759c1d97bd

 亀井静香や小沢一郎や「生活の党と山本太郎となかまたち」は、ワールドメイトの支援を受けていると言われている。ワールドメイト設立者・半田晴久=深見東州は安倍晋三を賛美している。つまり、与野党グルです。

 大本教と大本教系列と言われている生長の家とワールドメイトは、一水会を通して、塩見孝也の赤軍派や山本太郎を支持した中核派と仲良しと言われている。

 ワールドメイトの教祖である半田晴久は日本紅卍字会理事兼名誉会長であり、米国法人パシフィックフォーラム(CSIS)理事です。

 パシフィックフォーラム CSIS(Pacific Forum CSIS、パシフィック・フォーラム・シーエスアイエス)は、1975年に独立シンクタンク「パシフィック・フォーラム」として設立され、その後ワシントンD.C.にある戦略国際問題研究所(CSIS)のアジア太平洋部門となる。日本では公益財団法人東京財団が公開セッション等を共催しています。

 CSISは1975年に、武装紛争から脱却するための外交政策の研究部門として、リアアドミラル(英語版)・ロイドR. ジョー・ヴェイシーにより設立されました。

 CSISはホノルルを拠点とし、アジア太平洋地域の学術組織、政府組織、企業などのリーダーと協力して政策討論や分析を行っています。政治、安全保障、経済および海洋政策問題の協力的政策の活性化に重点をおいています。

 理事会共同議長は、リチャード・アーミテージとジョセフ・ナイ。理事長はラルフ・コッサ。日本在住の理事として、半田晴久、宮内義彦、大河原良雄が在籍しています。

 日本の団体では、羽生次郎が会長を務める笹川平和財団、半田晴久(深見東州)が会長を務める特定非営利活動法人世界開発協力機構(WSD)がフェローシップ・プログラムの提携を結んでいます。

597dc7f775c71b5dcd26d6b41f035fe5.jpg
↑図 CSIS相関図 出典 http://blog.goo.ne.jp/zabuyamato/e/0dffae11959a3b4a6a5e506ce9a24992

★宝島30「霊能者 深見青山の素顔は『歩く幼稚園』?」
http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RhPz4dD8JX2hQAAISJBtF7?p=%E5%AE%9D%E5%B3%B6%EF%BC%93%EF%BC%90%E3%80%8C%E9%9C%8A%E8%83%BD%E8%80%85%E3%80%80%E6%B7%B1%E8%A6%8B%E9%9D%92%E5%B1%B1%E3%81%AE%E7%B4%A0%E9%A1%94%E3%81%AF%E3%80%8E%E6%AD%A9%E3%81%8F%E5%B9%BC%E7%A8%9A%E5%9C%92%E3%80%8F%EF%BC%9F%E3%80%8D&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

(20)伊雑宮と伊勢白山道

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1341078203

 <転載開始>伊勢白山道信仰者は、伊雑宮ばかり参拝する傾向があり、その方が伊雑宮にお稲荷さんの分魂を落すから、いそべさんが邪気まみれになっている。霊的に敏感な人なら近づけない。ワールドメイトの教祖の深見東洲氏なんか、伊勢白山道が流行りだしてから一切伊雑宮に近づかなくなった。もう神域が荒廃しているとのことです。<転載終了>
 
>いそべさんが邪気まみれになっている  >神域が荒廃

 「いそべさん」とは伊雑宮の事です。「邪気まみれ」とは、エネルギーレベルが低下したと言う事です。だから、私達が浄化する必要があるのです。某有名ブログ管理人も、そうした浄化活動をしています。浄化活動は時に海外に及ぶ事があります。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11150373501

 <転載開始>伊勢白山道の対応にびっくりしてます。毎日読んできていたのでショックです。

 安保法案について、伊勢白山道は安倍氏を支持しています、憲法改正反対する人を頭の中がお花畑、と酷評しています。

 2015年9月15日のブログで、悪党に持ち物を取られかけた親子の、父親が持ち物すべてを与えようとして、逆に気持ち悪がられて悪党が逃げていく、という話が出ていたので、私は「中国に対して日本もこのようにできませんか?」と質問したら、不掲示にされました・・・。いつも楽しみにブログを読んでいたので、きちんと回答をいただけるのを期待していたのに、ショックを受けました。確かに書いたはずなのですが、そのあたりを探すと「いつも読んでます~この話大好きです」などという書き込みはUPされていて、私のは無視・・・。<転載終了>

 それにしても下らない邪悪な宗教にはまる人々が多いのに呆れかえるばかりです。物事を多角的に鋭く見抜く力を身に付け、マスコミや邪悪な宗教に騙されないようにしましょう!

★伊勢白山道の洗脳(?)を解きたいです
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1460554239

★伊勢白山道の正体は??リーマンって何!? | お役立ちトレンド.com
http://trend997.com/archives/81.html

★偽宗教家の時代「病人にする教え」?:「真理の逆」って、どっちが真理かで異なるよ!
http://quasimoto.exblog.jp/22343615/

(21)二見興玉(ふたみおきたま)神社

 今回のツアーは、「79.巨大地震が相次ぐインドネシアは、日本の未来の姿か?」の(5)で紹介した伊勢市二見町にある二見興玉(ふたみおきたま)神社にも行きました。79はこちら

(22)志摩国と丹後国

 古来、丹後の元伊勢と云われた「京都・天橋立にある籠神社」の裏側にある「真名井神社」の石碑に、キリストの聖地である「イスラエルの国旗」のシンボルマーク「六芒星(ダビテの紋章)」が、刻まれていると言う。

 さらに、この伊雑宮を、伊勢神宮の「内宮」・「外宮」と、丹後の元伊勢の「籠神社」と「天岩戸神社」などを、地図で真上から見下ろすと、レイライン上に一直線で結ぶことができ、この線を結んでいくと、ユダヤの象徴である「六芒星」の形になるとのことです。

http://伊勢神宮-御朱印.jinja-tera-gosyuin-meguri.com/jingu-%E2%97%86-%E9%81%99%E4%B9%8B%E5%AE%AE%EF%BC%88tonomiya%EF%BC%89/%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%88%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%A5%9E%E5%AE%AE-%E5%86%85%E5%AE%AE-%E5%88%A5%E5%AE%AE-%E4%BC%8A%E9%9B%91%E5%AE%AE%E3%81%84%E3%81%96%E3%82%8F/%E3%83%91%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%88%E4%BC%8A%E5%8B%A2%E7%A5%9E%E5%AE%AE-%E5%88%A5%E5%AE%AE-%E4%BC%8A%E9%9B%91%E5%AE%AE%E3%81%84%E3%81%96%E3%82%8F%E3%81%AE%E3%81%BF%E3%82%84/.html

 志摩地方には丹後地方を感じさせる地名があちこちにあるそうです。志摩地方にも丹後地方と同じように、浦島太郎や竜宮の伝説があるそうです。志摩地方の伊雑宮と丹後地方の籠神社はセットになっていると言う。

http://blogs.yahoo.co.jp/lostsheep019/39058660.html

(23)神社とは人間の子供達を人食い爬虫類エイリアン達に生贄として捧げる場所

 「神社、そこは誘拐拉致してきた人間の子供達を、人食い爬虫類エイリアン達に生贄として捧げている場所。神として祀られているは、ニビルやアルファ・ドラコニス、そしてオリオン座からの人食いエイリアン達。神聖な場所?とんでもない!血にまみれた呪われた場所だ。」と「宇宙への旅立ち」は主張している。

http://reptilianbuster.blogspot.jp/2016/04/blog-post_95.html

 「天孫降臨とは、人食い爬虫類エイリアン達が、彼等のUFOに乗って現れる事を言う。」と「宇宙への旅立ち」は主張している。

(24)神社や寺は願い事をする場所ではない

 神社や寺は願い事をする場所ではなく感謝を捧げる場所と言われている。例外として、岡山県津山市にあるサムハラ神社は願い事をしてよいと言われている。拡大解釈すれば、大阪府大阪市西区立売堀にあるサムハラ神社も、願い事をしてよいと言えるのかもしれない。

 大多数の人々は神社や寺を願い事をする場所だと考えている。その為、我欲にまみれた人々が多数、神社仏閣を訪れる。それが、神社仏閣のエネルギーレベルを下げてしまう。多くの人々の我欲が集中する拝殿は、邪気まみれになっている場合が多い。伊雑宮を邪気まみれにしたのは伊勢白山道と伊勢白山道信仰者だけではない。

 我欲とは自分一人の利益・満足だけを求める気持ちの事です。サムハラ神社は遠くて行けない。そもそもこのような理屈はサムハラ神社を利するだけではないかとお考えの方がいらっしゃるかもしれません。別に私はサムハラ神社に行った事もありませんし、サムハラ神社の宣伝マンでもありません。ただ、神社通の間で「サムハラ神社のみ願い事OK」と言われていると紹介しただけです。

 内心に立ち入る事はできませんので、このような文章を読んでも、サムハラ神社以外の神社仏閣で願い事をする方はいらっしゃると拝察致します。百歩譲ってそれを容認するとして、願い事をする際、わずかで結構ですから、日頃の感謝と他人<あなた以外の約73億人の地球人>の幸福を願って頂けないでしょうか。神社仏閣を訪れる多くの人々が、そのような気持ちを持てば、神社仏閣のエネルギーレベルの低下もある程度防げるような気がします。

★現在の世界の人口
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/sp/7billion/

(25)サムハラ神社

http://www.e-tsuyama.com/report/2015/09/post-974.html

 <転載開始>織田信長の安土城が出来た年である1581年、今の津山市加茂町中原にある日詰山に築かれた落合城に羽柴秀吉の家臣木下備中守宮部善祥が駐留していました。

 落合城にサムハラと神字で書かれた石碑がありました。その石碑を拝み、その神字を紙などに写して身に付けた武者は矢や鉄砲の弾が当たらないということで熱心に拝まれており、さらには災厄除けとして拝まれていました。
 
 その後本能寺の変で織田信長は世を去り、羽柴秀吉は豊臣秀吉となり太閤となり、さらには関ヶ原の戦いで徳川の天下となり江戸時代が1868年まで続きます。その約300年間もサムハラの護符は地元の人々に信奉されていました。

 そして江戸時代が終わった1868年、サムハラの石碑の地元に田中富三郎が生まれます。田中少年は地元の他の子どもと同じくサムハラを信奉していました。そして青年となり徴兵で日清日露戦争に出征。特に日露戦争ではロシア軍のトーチカでの機関銃攻撃による激戦で多くの犠牲者がある中、田中富三郎青年は無事に生還。田中氏はこれは郷里で子供時代から信奉していたサムハラの護符を身に着けていたお陰だと信じました。
  
 その後田中氏は大阪に出て事業で成功。自分を育ててくれた郷里に恩を感じ郷里にある小学校の加茂西小学校に毎年のように寄付を行い、加茂西小学校には豊かな設備と蔵書が整うようになりました。

 一方田中氏は自分がこのように事業で成功できたのもサムハラの護符のお陰で生き残れたからだと考えます。そして1935年、彼の郷里の日詰山の金比羅神社近くにあって荒れていたサムハラの祠を復興。さらに大阪市立売堀にサムハラ神社を建立します。そして復興した郷里の祠は奥の院として大阪にある神社の発祥とします。当時の日本は満州事変や日華事変に巻き込まれる中にあり、徴兵後に戦地に出征する若者が多くいました。その若者たちは千人針という多くの女性が一枚の布に糸を縫い付けて結び目を作る祈念した弾が当たらないというおまじないの布を持って出征しました。そういう時代の中で、織田信長の時代から矢よけ弾よけのサムハラの護符であるサムハラ神社のお守りも多くの出征兵士が身につけました。

 サムハラの護符は戦争が終わっても事故除け災難よけとして珍重されました。そして田中富三郎氏は富三郎爺といわれる年になっても毎日大坂のサムハラ神社に出向き、郷里の加茂西小学校に寄付を続けました。そして1967年に数えの100歳で世を去りました。

 その後も大阪のサムハラ神社は事故除け災難よけとして信奉者を集めていました。そして2011年3月11日に東日本大震災が発生。津波によって北関東から東北で潰滅的被害を受けます。1000年に一度という未曾有の大災害。科学技術では世界一の先進国といわれる日本であるのに2万人以上の行方不明者という現実。これによって日本人も大自然の力を前に謙虚にならざるを得ませんでした。またそういう大津波の被害がある中でも、被災地域にあるにもかかわらず古来からある神社には津波が及ばなかった、また古来の神社は津波が及ぶぎりぎり外側の場所に建てられ津波被害の境目の目印のようになっていたことも明らかにされてゆきました。日本が被災地復興に一丸となる中で、そういった昔の人々の経験に培われた叡知が神社建立に込められていたことを多くの日本人が意識するようになりました。

 そのような背景でサムハラ護符とサムハラ神社も脚光を浴び、特にインターネットユーザーでサムハラ護符とサムハラ神社について詳細に調べて公開する人が増えました。そして大阪のサムハラ神社だけではなく、その創始者である田中富三郎氏とその故郷にあるサムハラ神社奥の院も注目され、さらにはサムハラの起源について研究する人も少なからず出てきています。こうして岡山県津山市加茂町中原の日詰山の金比羅神社近くのサムハラ神社奥の院にも、わざわざ何百キロも離れた京阪神や九州からお参りに来られる方々が来られるようになり、今に至っています。<転載終了>

>古来からある神社には津波が及ばなかった、また古来の神社は津波が及ぶぎりぎり外側の場所に建てられ津波被害の境目の目印のようになっていた

388.神社が災害に遭う確率が低いのはなぜか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-547.html

>日本は満州事変や日華事変に巻き込まれる中にあり

 巻き込まれたのではなく、日本が侵略戦争を引き起こしたんだろうがー! 嘘つくんじゃねーよ! 少なくとも2000万人以上の他国の人々を殺したくせに!

 「巻き込まれる」って何だよ! 台風じゃないんだよ! 日本が侵略戦争を引き起こして、中国を巻き込んだんだよ!

 日本が過去の侵略戦争をきちんと反省しそれを表明する事が、良好な外交関係を構築し、安全保障にも寄与し、日本の国益を増進すると考えます。

 引用したこの部分は実に問題であり、日本の侵略を受けた国々の人々がこの部分を読んだら、私と同様に怒りを感じるだろう。

(26)サムハラ神社と津山事件

 岡山のサムハラ神社の元々あったお社<おやしろ>は、旧日本軍の帝国陸軍が、無許可神社だからけしからんと主張し解体を命じて焼き払ったと言う。それで津山事件という祟りが起きたといわれています。

http://www.fuun-sha.co.jp/fuunsai/%E9%A2%A8%E9%9B%B2%E6%96%8E%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%81%94%E3%81%A8-no-55%EF%BC%882015-4-26%EF%BC%89/

 津山事件は津久井やまゆり園殺傷事件<相模原殺傷事件>との関連で、「553.津久井やまゆり園殺傷事件は本当に起きたのか?」と「560.津久井やまゆり園殺傷事件<相模原殺傷事件>は、八咫烏・ 裏天皇・クロカモ系による自作自演テロ<偽旗テロ>の可能性が高いのではないか?」で取り上げました。553はこちら。560はこちら

↓動画 乃木坂46 生田 絵梨花(いくた えりか)
tumblr_obxqo0yQHG1rt53klo3_r1_500.gif
スポンサーサイト

Comment

明日香 #-

中国を巻き起こんだ→
巻き込んだ(^^;;
まぁ、冷静に‼︎

2016/08/29 (Mon) 14:46 | URL | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: タイトルなし

明日香さん

ミスのご指摘、ありがとうございます。
修正しました。

2016/08/29 (Mon) 15:20 | URL | 編集 | 返信
 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/09/02 (Fri) 08:08 |  | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: タイトルなし

●●●様、コメントを頂きありがとうございます。

メール不通で申し訳ありません。

詳しい話はメール開通後、メールにて書かせて頂きます。

2016/09/03 (Sat) 02:37 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts