566.トロンの技術者が123便に搭乗する事になってしまったのはなぜか?

o0800110613423241362.jpg
↑画像 祝!新・国民の祝日『山の日』制定! 松井玲奈

(1)口封じの歴史・高天原山事変編61 高天原では、頭、胴体、血、が3つに分けてばら撒かれるということが繰り返されている。

「564.JAL123便を米軍が撃墜したと言う説は真実か?」の「(4)口封じの歴史・高天原山事変編49 520体の石仏」で、国常立尊(くにとこたちのみこと)について書きました。564はこちら
 
 国常立尊の話は神話ですが、何らかの史実を反映しているのではないかとも言われています。仮にそうだとすれば、1985年の日本航空123便墜落事故<高天原山事変>の発生によって、「高天原では、頭、胴体、血、が3つに分けてばら撒かれるということが繰り返されている。」と言う話になります。

 「563.長崎原爆を地上起爆させたのは江本文政か松永安左江門か?」の(12)のタイトルの通り、「History repeats itself」である。563はこちら

BUBKA

(2)口封じの歴史・高天原山事変編62 トロンの技術者殺害

 TRONプロジェクトとは、コンピュータアーキテクチャの仕様を策定するプロジェクト。また、そのサブプロジェクトで開発されているOSをトロンと呼ぶ場合もある。

 そのトロンの技術者が123便に搭乗した事を根拠として、JAL123便を米軍が撃墜したと主張なさっている方々が多い。トロンの技術者が123便で殺されたから、OSの国際標準がアメリカのWindowsになったのだ。だから、JAL123便を米軍が撃墜したのだと主張なさっている。

 私もトロンの技術者が123便で殺されたと考えていますよ。ただ、皆様方と違い、ソ連と日本国内のソ連と結びついた勢力によって嵌められて、123便に搭乗させられ、殺害されたと考えています!

背中脱毛

(3)口封じの歴史・高天原山事変編63 自分達に都合が悪い事実は無視する人々

 JAL123便を米軍が撃墜したと主張なさっている方々の多くは、564で私が指摘したソ連軍機の存在やアントヌッチ証言を無視する傾向にあります。564はこちら。無視しないと自分達の主張が弱くなるからです。

 日本航空123便墜落事故<高天原山事変>が起きたのは米ソ冷戦時代です。日米安全保障条約を結んでいるのですよ。ソ連は仮想敵国ですよ。それを考えれば、564で私が主張したように、日本航空123便墜落事故<高天原山事変>において、アメリカは123便を助けようとした。一方、ソ連と日本国内のソ連と結びついた勢力が123便を攻撃した。この方が話が通ります。

イクオス

(4)反ユダヤ反米一本槍で真相究明をすると、真実に到達しない事がある。

 良い意味の陰謀論に立つ人々の多くが、反ユダヤで反米です。もちろん、そうした見方が正しい例もたくさんあります。しかし、反ユダヤ反米一本槍で真相究明をすると、真実に到達しない事がある。

ショップにこにこ

(5)口封じの歴史・高天原山事変編64 「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と言われた時代

 『ジャパン・アズ・ナンバーワン』“Japan As No.1”。これは黄金の80年代を迎えるその前年、1979年にアメリカの社会学者でハーバード大学教授のエズラ・ヴォーゲル氏が日本について評価した著書で、日本型経営によって高度成長がもたらされたことなどを賞賛し、日本の時代が訪れると予言した書として知られています。その中では、終身雇用、年功序列賃金、労使協調による賃金格差の小ささ、そして長期的な利益の重視など日本企業の特徴について紹介していました。

 輝かしい80年代を占うような著書に象徴されるように、この時期はものづくりの力によって、「メード・イン・ジャパン」が世界的に評価され、“世界一”へと昇りつめようとしていた。

 ミスター・ロボット<Mr Roboto>は、アメリカのロック・バンドのスティクスのHIT曲です。アルバム「キルロイ・ワズ・ヒア」(1983年)からのシングルで、全米第3位を記録しました。メンバーのデニス・デ・ヤングによる曲で、歌詞に「ドモアリガト(どうもありがとう)」という日本語が入っています。まさに、“Japan As No.1”を象徴する全米 HIT曲です。

https://youtu.be/omqgD33kwyI
↑動画 Styx - Mr.Roboto♪

 日本航空123便墜落事故<高天原山事変>が起きたのは、「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と言われた時代です。そして、日米安保体制の時代です。ですから、日本の技術力向上はアメリカの国益です。当時、米軍のステルス機の電波吸収塗料(ラバー材)すら、日本企業に開発を委託していました。米軍は最先端技術を日本に依存していたのです!

妊活

(6)口封じの歴史・高天原山事変編65 トロンの技術者が123便に搭乗する事になってしまったのはなぜか?

 ソ連の権力者は考えました。軽いOSが日米同盟で開発されたら、米軍機の機体姿勢処理能力は一段とアップし、ソ連軍機がばんばん落とされてしまう!

 当時のソ連は全盛期を過ぎていました。様々な問題が噴出していました。だから、564の「(2)口封じの歴史・高天原山事変編47 高天原山事変は、ソ連と日本国内のソ連と結びついた勢力による日本攻撃!」に書いた通り、1985年11日、ミハイル・ゴルバチョフがソ連共産党の書記長に就任したのですよ。ペレストロイカを推進する為に。564はこちら

 全盛期を過ぎた当時のソ連は技術力も人材も枯渇し、“Japan As No.1”の日本の技術力が脅威でした。トロンの開発者ごと死亡させ、日米同盟の足を引っ張りたいとソ連の権力者は考えた。親米を装いながら本当は親ソの中曽根康弘をそそのかして、JAL123便に松下電器の優秀なトロンの技術者を複数搭乗させ、飛行機ごと葬り去ろうとソ連の権力者は考えた。もし中曽根康弘が渋ったら、瀬島龍三か裏天皇を使おうとソ連の権力者は考えた。

チャップアップシャンプー

↓動画 HKT48 AKB48 宮脇咲良<みやわきさくら>
-miyawaki-sakura-39711689-120-99.gif
スポンサーサイト

Comment

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/14 (Sun) 08:35 |  | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: No title

●●さん コメント ありがとうございます

>その先生が一学期の最後のほうで「日本の技術は世界で一番になっている。時計とか、精密機器を作らせたらどんどん改良を続けて、凄く便利なものが増えている。このまま行ったら、10年後、本当にアトムやドラえもんの世界のように凄いコンピューターが出てくるのも夢じゃないかもしれない。」と言っていました。ですが、彼の予測に反して日本はバブルを経て後退気味になってしまいました。そういった意味では、飛行機事故を見せかけて暗殺もありえますね・・・。

「失われた30年」の原点は、日本航空123便墜落事故<高天原山事変>にあると言えるかもしれません。

2016/08/16 (Tue) 21:02 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts