495.「夫婦別姓は左翼的かつ共産主義のドグマ」なのか?

dreamavenuescarlet-img600x337-1427451530s42szc19459.jpg
↑画像:大河ドラマ「花の乱」テレカ 足利義政=市川團十郎&日野富子=三田佳子

(1)2010年、野党時代の安倍晋三氏は、夫婦別姓を“糾弾”していた!

 安倍晋三氏said「夫婦別姓は家族の解体を意味します。家族の解体が最終目標であって、家族から解放されなければ人間として自由になれないという、左翼的かつ共産主義のドグマ(教義)。これは日教組が教育現場で実行していることです」(ワック「WiLL」2010年7月号)

(2)2015年12月 最高裁 夫婦別姓禁止「合憲」判断!

 2015年12月、女性の離婚後6カ月の再婚禁止期間と夫婦別姓禁止についての民法規定が憲法に反するという裁判で、最高裁大法廷は再婚禁止期間を「100日を超える部分については違憲」とはじめて違憲と判断。一方、夫婦別姓禁止については「合憲」とし、訴えが退けられた。

 この不当な最高裁判決は、安倍首相が選択的夫婦別姓制度の導入に反対する“急先鋒”である事に起因しているのではないかと指摘されている。

(3)安倍内閣の閣僚のそのほとんどが夫婦別姓反対の立場!

 問題発言のデパート・高市早苗総務相や「反放射能の人がワーワー騒いだ」などの失言のデパート・丸川珠代環境相、歯舞が読めなかった島尻安伊子沖縄北方担当相、以上女性三閣僚は全員が別姓に反対している。

(4)日本では、多くの家族がとうの昔に解体しているのではないか?

 選択的夫婦別姓を望んできた女性にとっては、仕事上で不便などシンプルな理由から制度化を希望してきた。しかし、安倍首相はそうした人々の声を「家族の解体が最終目標」と罵り、「夫婦別姓は左翼的かつ共産主義のドグマ」と決めつける。

 諸外国で、「過労死」が、「寿司」や「相撲」と同様に、日本語のまま結構通用してしまう現実。

 日本の労働者の長時間過密労働は、世界的に有名なのだ。こうした現実は、資本家寄りの自民党ETCの政権の帰結である。

 その現実は、安倍首相が言っている「家族の解体」を既に多くの家庭で生み出している。

 つまり、「一家揃って夕食」とか「家族団らん」なる言葉が死後となっている、あるいは、画餅になっている家庭が多いのだ!

 その事が、金持ちの馬鹿息子だった安倍馬鹿麻呂<あべのばかまろ>には解らないのだ!

 はっきり書こう。現在、私が勤務している所謂「進学校」の対極にある高校は、既に「家族の解体」が完了している家庭環境の生徒が多く通っているのだ! 

 そのような高校では、遠い昔の私と同様にアルバイトをせざるを得ない生徒が、実にたくさんいるのだ!

 そのような高校では、片親家庭の生徒が、所謂「進学校」の倍くらいいる!

(5)2016年2月29日 民主党の岡田克也代表 安倍首相の選択的夫婦別姓に関する発言を追及!

http://www.sankei.com/politics/news/160229/plt1602290013-n1.html

(6)夫婦別姓こそ日本の伝統!

 「夫婦別姓こそ日本の伝統!」、これが歴史の真実である!

 ある日本史のTESTで私が出題した問題「男女別姓は日本の伝統だった。それを証明する歴史上有名なカップルを男女フルネームで漢字で答えよ。」

 多くの生徒が「源頼朝 北条政子」と書いて正解です!

 今回の記事の冒頭の写真で紹介した「足利義政 日野富子」と書いて正解となった生徒もいます。

 偏向教育ではありません。両カップルとも文科省検定済み教科書に「別姓」で載っているのですから。

 文科省検定済み教科書の古代史の記述では、妻問婚(つまどいこん)の説明とともに、結婚後も「別姓」<古代の上流階級の場合、別な「氏」(うじ)。>である事が、シェアが高い教科書にはっきりと書いてあります。

 私は基本的には、文科省検定済み教科書を使用し、学習指導要領に沿って授業をしています。安倍首相の批判なんかしません。

 でも、「夫婦別姓は左翼的かつ共産主義のドグマ」と安倍首相が主張している事を知っている生徒は、安倍首相の無知に気づく事でしょう。

 そして、そのような無知な人物が日本の首相である事に愕然とするでしょう。

(7)野党は、自民党の山田賢司議員の悪行を告発した野田哲範氏の不審死を国会で取り上げ、自民党を追いつめるべきである!

 安倍首相の選択的夫婦別姓に関する発言を追及するのも悪くはないが、今、追及すべきは、自民党の山田賢司議員の悪行を告発した野田哲範氏の不審死である。

492.自民党の山田賢司議員の悪行を告発した野田哲範氏は、口封じの為に殺害されたのではないだろうか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-704.html

 拙ブログで取り上げた後、一部の週刊誌が取り上げたようですが、まだまだ、多くの人々は知りません。

 微力ながら拡散する事が、野田哲範氏に対する供養になると考え、取り上げました。拙ブログの記事は、「タマちゃんの暇つぶし」や「安保多稼士氏のサイト」<よく朝一に取り上げて下さり感激しています。>がよく取り上げて下さるのですが、まだまだ力不足でアクセス数が少ない<無名の一市民のブログとしては多いのでしょうけど>ので、どのくらいの皆様に拡散できているか判りませんが。

★「タマちゃんの暇つぶし」
http://1tamachan.blog31.fc2.com/

★「安保多稼士氏のサイト」
https://twitter.com/ambotakashi

 でも、野党は野田哲範氏の不審死を取り上げないでしょうね。所詮、「与野党グル」だから。

↓動画 鞘師里保
tumblr_mdqkbsGUka1qhfzm4o7_r1_250.gif
スポンサーサイト

Comment

あ #-

No title

前近代における女性の名前は基本的に不明な点が多く、北条政子も北条時「政」の女(むすめ)程度の意味合いです。また、女性が文書などに登場する際は基本的に姓のみであり、平氏や橘氏といった表記がほとんどです。そして姓が変わらないのは夫の家ではなく、自らの出生した家に所属しているという事の強い表れであり、夫でなく自らの一族の一員ということです。ですから、夫婦別姓の問題で前近代の話題を持ち出すのはいささか不都合でしょう。夫でなく出生一族に隷属している証ともいえますので。
また日本列島に住むほとんどの人は前近代以前に姓や名字を持たなかったのですから、日本人の多くの人々の名字という歴史は明治以降です。
夫婦同姓、別姓の選択制には大いに賛成なのですが、背景にある姓、苗字、名字の差異と歴史について、議論される場に於いて等閑にされることが多くもっと知られるべき事柄であると思います。

2016/03/11 (Fri) 20:40 | URL | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: No title

あ様、貴重なご意見を頂きありがとうございます。

2016/03/21 (Mon) 00:35 | URL | 編集 | 返信
匿名希望 #-

新しい第一歩ですね。

 福田様、先生のお仕事を一区切りなさるようで、本当に長い間お疲れ様でした。お母様とのお時間を大切になさったご様子で、素敵な時間を過ごせることを、祈っております。

 私は、母親として子どもと付き合ってきていますが、子供の人格形成に先生が果たす役割も、“なかなかの比率かな”と思っています。教育委員会や管理職の先生の中には、「到底 許せないな!」と思うのもいるにはいるのですが、でもほとんどの先生には、私の子育てを助けていただいていると思って感謝の気持ちが強いです。

 みんな、パワハラでイヤイヤ命令に従っている善良な人も、先生には多いかな、でも社会システム上は反旗を翻せない(マスコミも同じ状況かなと思うのですが、)のが現実ではないかなと。
 
 そう思って、善良な先生の立場になって考えると苦しい気持ちがしてきます。福田さんが、非常勤の形で先生を続けられるとのことで、そういう先生方の拠り所がなくならないので、嬉しく思っています。

 私も主婦として、家族が崩壊している現状をよく見かけます。子供は、年が低ければ低いほど、本当に親の窮状をよく理解し、助けようとしています。でも、意外と親は気づかない、何故なら、自分軸が強すぎるから。なので子供たちを見ていると切ないです。きっと、大人になったら、親が自分の気持ちに背を向けたと思って、不審・憎しみ・自己愛欠如になってしまうよなって。
 片親の問題も、底辺の社会では男性が放棄というケースが多いように思います。男性が悪いというわけではないのですよ。両者が悪いに決まっています。でも、子供抱えて、女性だけで生きて行くには、現状は辛すぎるんです。まあ、一番の問題は、富の偏りなのですが。

 こんな地球で、支配者が作った社会システムの崩壊がすぐに起こるとも思えないですが、ちょっとずつ骨を抜いている段階が最終に来たのかもしれないです。私の1年と、光の人たちの1年は違うので、辛いところですが、きっと自分も生きて地球にいて、この世界の一員なのですから、「マンネリ化するだけだし」と諦めずに小さな善を積み重ねていくしかないかなって感じています。

 社会システムに真剣に向き合う福田さんの、新しい門出をお祝いしようと思い、コメント欄に入れさせてもらいました。長くなってしまいました。送別会や職場の整理でお忙しいと思いますが、お身体をご自愛ください。

 (追伸)コメントは、福田さんへのコメントですので、掲載は福田さんの方で判断なさってください。よろしくお願いします。

2016/03/24 (Thu) 10:41 | URL | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: 新しい第一歩ですね。

匿名希望様

 心温まる祝福のメッセージを頂きありがとうございます。

 最近、まさかの出来事があり、SHOCKで落ち込んでいました。いずれ、拙ブログで報告させて頂きます。多忙とSHOCKで、拙ブログをしばらく放置していました。その為、コメントの返事が遅れてしまいました。申し訳ありません。

 拙ブログのコメント欄は、管理人の承認制ではありません。ですから、コメントを投稿すると、すぐにブログのコメント欄に掲載されます。

 ところで、下さったコメント欄に記載されている「光の人たち」って何ですか? ブログ「宇宙への旅立ち」でよく話題になっている「光の銀河連邦」の人たちの事ですか?

 「一番の問題は、富の偏り」とのご指摘、全く同感です! 富の偏りを無くす為、引き続き権力に反旗を翻し続けていきたいと思っています。拙ブログは、富の偏りを無くす為の反権力ブログです。その観点で言えば、アメリカの大統領選挙はサンダース氏を応援しています。サンダース氏にはまだ勝機があります。

http://jp.reuters.com/article/column-sanders-idJPKCN0WY45E?pageNumber=1

 元気を出して、ブログを書きまくろうと思います。ぜひ、お読み下さい!

2016/04/06 (Wed) 04:04 | URL | 編集 | 返信
 #-

お忙しいのですね。

 福田さん、お忙しいのですね。SHOCKな件も含めて、時間に飲まれていく感じは、私も同じです。
 “光の人たち”は、宇宙への旅立ちでいう所の銀河連邦で良いと思います。実際の名前は、よくわからないのです。

 自分の勤めってものがあって、でもそればかりにフォーカスを合わせると、それが上手く展開しない時は、通常の生活(土台)も同時に苦しくなるっていう経験をしたことがありませんか?

 私は2年前の夏に経験したんです。当時の心境はこんな感じです。

「もう、自分の勤めは捨ててしまおうかな、みんな権力に媚びを売って自分が可愛いってスタンスで、公費で海外に行ったり、自腹だとしても、現地でおいしいもの食べてるじゃん。そんな連中は、始めっからそうでなかったにせよ、現在はもう悪党連中の虜だよ。さらにその連中ときたら寝言みたいなことばかり言って人を惑わせてばかりだし。」
 と思い始めたある日、デスクでうたた寝をしていたんです。そうしたら、夢で銀河連邦の人(私はよく知っています。)が、出てきて、

 「やるのか?やらないのか?決めていいんですよ。あなた以外に、これに関する適任者がいないのですから、私たちはあなたに続けて欲しいけれど、あなたがそんなに苦しいのも、自分たちは辛いんです。」

 と言われたんです。

 「でも、家事・育児、が忙しいし、私のぶつかった問題が大きくてもう自信がないんですよね。もう、無理って感じなんです。」
 と答えると、

「あなたが、やると決めれば、私たちがあなたの問題の勤めを手伝います。やらないと決めたら、それに関与することはやめます。」
 と答えてくれたんです。

 私の実家はあまり裕福ではなく、結構、生活が苦しかったんです。でも、結婚で普通の生活が手に入ったので、正直言って、家事を怠るわけにはいかないんです。でも、ある程度、経済的に安定して、時間が取れるような環境においてくれている縁を運んでくれたのも、光の存在なのかな?って思ったら、私がこの勤めを果たすために、良い恩師を運んでくれた高校時代から計画があったのかな!って感じたんです。でも、きっと、もっと前からだと思います。

 「やります。夏休みで、今は核心には挑めないけれど、外堀を徐々に考えて、夏休み明けには、核心に挑みます。」
 って答えたら、その方が笑顔で握手して、私の背中を叩いて消えました。

 これ見よがしなことをしないのが、光の作法なんです。だから、悪党よりも検出しにくいんです。光に心を沿わせないと到底感知できない感じです。
 福田さんの現状を作るのに計画された時間は長いんだと思います。

 お恥ずかしい話なのですが、私は社会情勢が苦手でして、特に政治となると。なので、根拠はありません、感覚ですが、ヒラリーさんとプーチンさんは、光のウォークインと感じています。この二人、昔は酷かった…。オバマさんは悪いと感じたことがないんです。
 サンダースさんは、言っていることが素晴らしいですよね。新聞やテレビがこぞって報道するところを見ると、グレーゾーンです。オバマさんもこんな感じで出てきましたから、よくわからないんです。この方、ユダヤ人ですね、ヤタニエフの子分だったらどうするかな?なんて考えています。悪党は、美辞麗句、キレイごとは得意分野ですからね。ヘレンケラー、ナイチンゲール、デビル(いや、マザーでしたか)テレサ、みんな悪党ですよ!!!

 ただ、アメリカ人が決めた大統領になるのでしょうから、私の力の及ばない問題なので、気にしないように努力しています。

2016/04/07 (Thu) 10:18 | URL | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: お忙しいのですね。

 匿名希望様、コメントを頂きありがとうございます。

コメントの下から8行目<拙ブログのPC用画面の場合>の「ヤタニエフ」は、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相の事ですよね?

仕事が上手く展開しない時に、通常の生活(土台)も同時に苦しくなるっていう経験はお陰様でないですね。

より良い社会を築く為、より良い人生を築く為、私も光の銀河連邦のご加護が得られたらいいなと思います。

 拙ブログ、次の更新でちょうど500回です!

心機一転、世直しブログを更に充実させていきたいと考えています。引き続き、お読み頂きますようよろしくお願い申し上げます。

2016/04/14 (Thu) 02:07 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts