fc2ブログ

5882.約20年ぶりの円安水準である本当の理由は、日本政府の殺人ワクチンによる大量虐殺ではないか?

(1)1ドル=132円台に 約20年ぶりの円安水準を更新 テレビ朝日 6/7(火) 10:34配信

 {5881.豪ドルの売越幅が9週ぶりの高水準である本当の理由は、オーストラリアの殺人ワクチンによる大量虐殺ではないか?}などの続きです。最近UPされた記事の多くがいいね0の状況です。拡散の為にご協力賜れれば幸いです。よろしくお願い申し上げます。

https://news.yahoo.co.jp/articles/35c6d33548f07d826c92281307ea039d661432c9

 外国為替市場では、日本とアメリカの金利差が広がるとの見方からドルを買い円を売る動きが進んで1ドル=132円台をつけ、およそ20年ぶりの円安水準を更新しました。

 6日のニューヨーク市場では、インフレ懸念が再び高まり金融引き締めが加速するとの見方から長期金利が上昇しました。

 これを受けて、7日朝の外国為替市場では金利が高いドルを買って円を売る動きが進み、1ドル=132円台後半まで円安が進みました。

 2002年4月以来、およそ20年ぶりの円安水準です。

 6日、日銀の黒田総裁は大規模な金融緩和を続ける姿勢を改めて示しました。

 ヨーロッパも利上げするという観測から円はユーロに対しても下落し7年半ぶりの安値となっています

(2)約20年ぶりの円安水準である本当の理由は、日本政府の殺人ワクチンによる大量虐殺ではないか?

 テレビ朝日は約20年ぶりの円安水準である理由を、日本とアメリカの金利差が広がるとの見方としている。

 私は約20年ぶりの円安水準である本当の理由は、日本政府の殺人ワクチンによる大量虐殺だと考えています。たくさんの人々が死んでいる様な国の主要通貨を買いたいという人は少ないでしょう。


(3)「少し考えて調べればコロナ騒動なんて嘘だらけだし、感染対策なんて殆ど無意味だと分かるのに、周りの人には本当に話が通じない。











(4)決して難しい話じゃないんだけどなぁ〜











(5)なにか、同じ人間でも、感知しているところが違うというか、それがある人とない人がいるように思います。


















↑頻繁なクリック、よろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト



Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts