fc2ブログ

5392.高架橋の橋脚破壊による脱線転落が意図された可能性が高い東北新幹線が高架橋から落下しなかった理由!

FOHaURTakAEzsWu.jpg
↑画像 2022年公共交通機関利用促進キャンペーン・鉄道34 2022海16 “#HKT48 の大好きな九州手帖” 島原鉄道編本日18日公開👏👏 出典はこちら

(1)狙われた東北新幹線

 {5391.人工地震を起こす為にたくさん電力が必要とは言え、なぜ震源地から遠く離れた首都圏などが停電したのか?}などの続きです。最近UPされた記事の多くがいいね0の状況です。拡散の為にご協力賜れれば幸いです。よろしくお願い申し上げます。

★岩手県 東北新幹線の全面再開「3月中難しい」 JRが見通し 最終更新:3/18(金) 19:40 テレビ岩手ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/16337a35d25e06911881e447f6a7bc92dfb545cc

 あの東北新幹線は狙われたのではないか。多くの皆様は走行中の脱線だと思ってらっしゃいますが違います。確実に止まってからからの脱線なのですよ。乗客の方が撮影なさった動画をご覧下さい。

https://youtu.be/VbRGPXaKuE8
↑動画 宮城・福島で震度6強 脱線した瞬間の新幹線車内 687,097 回視聴 2022/03/17

 高架橋の橋脚破壊による脱線転落が意図された可能性が高い。
 
(2)停止してからの爆音!









(3)2011年温州市鉄道衝突脱線事故

 2011年温州市鉄道衝突脱線事故は、中華人民共和国浙江省温州市の甬台温線(杭福深旅客専用線の一部)で、2011年7月23日20時34分頃(中国標準時)に発生した中国高速鉄道の列車衝突・脱線事故。温州市政府の発表によると死者は40人とされる。

 2011年7月23日午後8時34分頃(現地時間=UTC+8)、浙江省杭州市杭州駅発福建省福州市福州南駅行きの高速鉄道D3115列車(CRH1B、編成番号:CRH1-046B。乗客1072名。定員は1299名)が、事故現場から32km南で落雷を受け動力を失い(現段階で断定はできない)、事故現場となる温州市双嶼近くの高架橋上のトンネル手前で停車していたところに、現場北方から走行して来た北京市北京南駅発の福州駅行きのD301列車(CRH2E、編成番号:CRH2-139E。乗客558名。定員は630名)が追突した。

 D301列車の先頭4両(最後尾のみ二等座車・その他は軟臥車)とD3115列車の15両目(一等座車)および16両目(一等座車・先頭車)が脱線、D301列車の先頭4両は、高さ20数メートルの高架から落下し、その内のD301列車第4号車は高架脇から垂直に宙づりになった。

 事故後の調査にてLKD2-T1型制御システムに大きな欠陥があり、故障が発生したあと輸送指令の処理にミスがあったことが原因だったと判明した。当日、制御システムが落雷で故障し進行信号のまま区間が閉塞された。そのため、20時21分、D3115が緊急ブレーキで停車。また、制御システムのミスで、目視走行モード(20km/h以下での徐行)にすることが出来なく、立ち往生したにもかかわらず、後方では進行信号が表示されていた。また、落雷による故障で輸送指令とD3115の連絡が途切れ、現場の状況を把握できなかった。20時24分、指令がD301を出発させ、20時26分閉塞区間に入ると目視走行するよう指示する。停車から7分40秒経過した20時29分、D3115がようやく目視走行で動き出したが、その直後にD301がD3115に追突。 また当時(8時頃)、福建省廈門市廈門駅発杭州駅行きの高速鉄道D3212列車に落雷し電気系統が故障して、D3212列車は事故現場から約5kmの場所で停車中であった。

 温家宝首相(当時)は原因究明を図る必要性を強調している。しかし、現地では既に事故車両の解体と埋め立てが進んでおり、事故の重要情報は失われつつある。事故発生から2日後の25日午前8時、運行を再開させた。

 事故発生から数日後、中国政府は事故の犠牲者1人の遺族に対し50万元の賠償金の支払いを決定。また、中国中央テレビ(CCTV)では、政府は賠償手続きに合意すれば「数万元の奨励金の追加」も行うと発表し、一部遺族は既に手続きを済ませて賠償金を受け取ったと報じた。これに対し、遺族や中国のインターネット内では「安い」「高い」の双方で激しい批判が出ている。

 また、事故に遭った車両は、7月27日時点で事故現場の高架下にすべて埋められ、残りの車両は中国鉄路の車両基地に搬送された。しかし、鉄道省の事故原因の報告以降、事故原因の究明は一切されていない[要出典]。埋め立て作業開始となる生存者捜索打ち切り時に救助隊員の1人が反対し、1人で捜索を行い、事故から20時間後に2歳の女の子が救出されたと報じられたため、「埋め立ては早すぎる」「他に生存者がいるはずだ」「現代の焚書坑儒」という各方面からの批判が寄せられたが、結局捜索は打ち切られ、埋め立て作業に入ってしまった。

 なおこの時、鉄道部は記者会見で「埋め立て処理した原因は、救助現場となっている高架橋の下が泥沼で、複雑な環境であり、救助をより良く行うためであって、あなた方が信じるか信じないかは勝手だが、私はこの説明を信じている」「このような大事故が世界中に知られた以上、鉄道事故そのものを隠蔽できるわけがない」と述べた。

 埋め立て作業が完了した後に立ち入り禁止が解除され、直後に地元の警察や遺族、事故現場付近の住民らが現場跡に向かった。その後、遺族らは政府や鉄道省に対して刑事訴訟を起こす構えを見せている。

 しかし、2011年7月26日には一度埋められた車両が再び掘り出され搬送された。これは当局が証拠隠滅と非難されたために行ったことであり、一部のメディアや評論家は「国内外の批難を速やかに収束させたいからおこなったのでは?」と評した。

 2011年7月28日には、温家宝国務院総理が自ら事故現場を視察すると共に、病院で負傷者の見舞いを行った。温家宝首相は事故現場で記者会見を行い、「断固とした事故原因の真相究明」を約束した上で、「安全こそが第一に優先される」と安全問題に真摯に取り組むことを表明した。同月25日、遺族約40人が温州市政府庁舎前で抗議活動を行った。2011年12月28日、国務院は事故調査報告書を公表、関係者の処分を決めた。

EqdlxRtU0AEu3tU.jpg
↑画像 2011年温州市鉄道衝突脱線事故 出典はこちら

 可能性は低いかもしれませんが、今回の東北新幹線の場合も、高架橋から車両が落下する可能性がありました。なぜ車両は落下しなかったのか? 123さんのコメントに解答があります。

(4)「4558.2機目の123便」への123氏のコメント

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-5164.html#comment7454

123 #mbrkiaZY

★その他情報 新幹線もワープによる座標コントローラで走っているので高架橋から落ちない

 新幹線もステッピングモータの座標コントローラにて走行しているためスラブ軌道から落ちても高架橋から落下しない。なお、原子力電池の電力で走行しており発電所の役割を担っている。新幹線もだが、なるべく加速した方が回生電力が増えるため省エネと言える。また、本数を増やした方が発電所が増えるのと同じである

2022/03/17 (Thu) 10:33 | URL | 編集 | 返信

(5)原子力電池

 {1591.米ソの宇宙開発ニュースがフェイクニュースなら米ソ冷戦も茶番}の(3)に、「鉄道会社は原子力電池の使用を中止しました。」と書いてありますが、その後、使用を再開した様です。

1740.雲泥の差<1733の所沢市の写真は、地上小型原発です。>
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-2131.html

1712.2018年12月23日 人工地震の危険日
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-2099.html

1682.2018年12月9日の北陸新幹線の不通の原因は、軽井沢駅地下原発の不具合と原子力電池の不具合ではないか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-2065.html

1591.米ソの宇宙開発ニュースがフェイクニュースなら米ソ冷戦も茶番
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-1957.html

1215.大桃珠生さんと桃色ラインの電車と桃色の傘 PART2
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-1526.html

1209.2018年5月11日、東京の気が急上昇! PART3
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-1517.html

1193.爬虫類人<レプティリアン>は放射能に強いのか?{拍手+いいね=41}
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-1498.html

1151.2018年4月14日の首都圏テロが実行されていた場合、誰の仕業に仕立て上げる気だったのか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-1453.html


↑頻繁なクリック、よろしくお願い申し上げます。

↓動画 有村架純
5c6f6d95.gif
スポンサーサイト



Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts