41.311直後、東電社員にヨウ素剤が配布されたのに、多くの一般住民にはヨウ素剤の手配がなかったのはなぜか?

(1)朝日新聞2012年3月3日

b0242956_15141495.jpg

(2)東電社員だけが飲んだ ヨウ素剤 証拠写真見つけた。#genpatsu 

一部修正・補足の上、転載開始

 福島県大熊町のオフサイトセンターの内部が2日初めて報道陣に公開された。

 放射線班の赤い三角柱の班表示があるデスク。

 写真の手前側に黄色のトレー内にやはりオレンジぽい黄色箱がある。

 「ヨウ化カリウム」とはっきり読み取れる。

 記事にも、写真の説明にも「箱に入ったヨウ素剤や***置かれていた。」とある。
トレーの中にある事から、未使用のヨウ素剤なのだろう。

 なぜ、東電社員だけが、ヨウ素剤を飲んで、近隣住民への投与はなかったのか。

 写真を見て、怒りが湧いた。

 放射線班のデスクの上に置かれたヨウ素剤。放射線防護、管理の要の班。現場最前線を取り仕切る班だ。

 先月までは、報道される事はなかった。

 政府、東電、マスコミからもヨウ素剤服用の指示は流れなかった。

 2012.2.7付の「時事ドットコム」で、「東電社員が(ヨウ素剤を)直ちに服用して、2000人。大きな副作用がなかった。」と報道された。

 怒り心頭である。なぜ住民にヨウ素剤は行き渡らなかったのか?

 チェリノブイリから東電のみがヨウ素剤の緊急投与の重要性を学んでいたということ。
 ヨウ素剤を近隣住民に届ける手配は東電に望むべくもなかった。

 ヨウ素剤の件だけでも東電は倒産させるべきだ。

 甲状腺がんの発症は、10年前後先だと言われている。

 10年もたてば原発事故との因果関係も立証出来ないだろうと危惧している。

 特に若い人たちの将来が心配だ。

 事故当時、「ヨードチンキ薄めて飲めば」「イソジンのめ」(誤り)とまでtwitter上を飛びかっていたのにだ。

 保安院、東電が連日記者会見をしていたが、誰一人ヨウ素剤の服用は東電で行われたのか質問したガッツある記者はいなかった様だ。

 東電、保安院、お上皆自分たちの保身ばかり。

 今は何をお上が言っても信じられない。お上と民の信頼関係は最悪だ。

 今日のニュースでも、メルトダウンを事故から1週間後には分析していたと言うから、なおさらだ。(twitterではすぐに「メルトダウンだ」と飛びかった)

 まだまだ、隠し事だらけだろうから、私の怒りも当分収まりそうにない。

転載終了

(3)国の指示を待たずに住民に安定ヨウ素剤を配布した良心的な地方自治体

富岡町/いわき市/三春町//

スポンサーサイト

Comment

123 #mbrkiaZY

日航ジャンボ123便 天皇陛下の手術を「順天堂大学の医師」が執刀したのは、JAL123便事件からの陛下と東大の確執が原因

日航ジャンボ123便 天皇陛下の手術を「順天堂大学の医師」が執刀したのは、JAL123便事件からの陛下と東大の確執が原因
http://www.asyura.com/11/lunchbreak51/msg/902.html

今回の東大での天皇陛下の手術は、東大の医師はアシスタントで、
順天堂の医師が執刀した。

理由は、JAL123便である。
文部省宇宙科学研究所(実質、東京大学宇宙航空研究所)の、
国産巡航電磁パルス核ミサイルが、JAL123便を破壊し、
伊豆下田須崎御用邸も皇居も核汚染した。

日本の裏政府八咫烏(旧日本軍部自衛隊)とソ連でJAL123便に攻め込んだ訳だが、
天皇陛下の誕生日は12月23日で「123」であり、
国家君が代告示日の8月12日に決行されている。
要は、JAL123便は、天皇陛下への脅しクーデターだったわけである。

1985年8月12日のJAL123便の件を、
天皇陛下は当然ながら、快くは思っていない。
東大は信用ならんというご意思である。
未だ確執があるのだ。

それで、
今回の手術は、わざわざ順天堂大学から天野教授を迎え、
順天堂大学天野教授が陛下の手術を執刀した訳である。

陛下へのクーデターの中心的役割の一端を担った東大は、お嫌いであるというご意思は、心から同感致すところであります。



<参考>
日航ジャンボ123便 文部省宇宙科学研究所のロケットをベースにした国産巡航ミサイル。写真「7枚目」下田「須崎御用邸」付近
http://www.asyura.com/11/lunchbreak51/msg/900.html
(回答先: 日航ジャンボ123便 車窓写真「7枚目」は、伊豆静岡県下田市「須崎御用邸」付近を南下。乗客小川様が右側を撮影。飛行物体も )
日航ジャンボ123便 下田港付近でM3.0Cuの対流性エコー発生か。自衛隊国産電磁パルス核きのこ雲。報告書掲載気象レーダ
http://www.asyura.com/11/lunchbreak51/msg/899.html

2012/03/07 (Wed) 13:27 | URL | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: 日航ジャンボ123便 天皇陛下の手術を「順天堂大学の医師」が執刀したのは、JAL123便事件からの陛下と東大の確執が原因

 123様、貴重なコメントをありがとうございます。

本日(3月7日)は、たまたま私の授業がまったく入ってなかったので、かなり余っている年休を取得し(3月31日でその余っている有給休暇のうち、20日を超える分は取得する権利が消滅する。所謂「パー」になってしまう。)、自宅でたまった雑事を片付けている。

次の土日は、卒業式(土)と部活動(日)の為出勤なので、今日は貴重な1日である。

私は、123様の各方面への投稿をかなり拝読しています。例えば、「~ この世・あの世を知る ~」「飄(つむじ風)」「BenjaminFulford」「阿修羅掲示板」「純日本人会」「中韓を知りすぎた男」などで拝読しました。

 したがいまして、今回、拙ブログにお寄せ頂いた内容も既にどこかで拝読しました。

とは言え、拙ブログにいらっしゃる方で、その内容をご存知ない方が多数いらっしゃると推測されますので、123様がこうしてたまにコメントをお寄せ下さることは、実に有意義なことです。

「~ この世・あの世を知る ~」のコメント欄によれば、阿修羅掲示板で、123様の投稿の記事を権力側が削除しようとしていたとのこと、実にけしからん話です。

ところで、今日(3月7日)の午後、阿修羅の各記事にアクセスできないのですが、私だけでしょうか?

2012/03/07 (Wed) 17:28 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts