397.イスラム国は本当に残忍なのか?

10635734_669951116433735_5557836125719746341_n.jpg
↑画像:福島県知事選に立候補を表明した井戸川かつたか氏

(1)井戸川かつたか氏

 拙ブログでは、過去何回か井戸川かつたか氏を取り上げてきました。例えば、「342.2014年4月27日に放送されたNHKスペシャル「調査報告 女性たちの貧困~"新たな連鎖"の衝撃~」に出演した宮本太郎中央大学教授のコメントをあの世で聞いた父親の宮本顕治は息子に失望したのではないか?」では、次の写真とともに紹介しました。342はこちら

20140429003045idogawa04.jpg
↑画像:「東電の従業員も亡くなっています。しかし、誰もがそのことに関して口を閉ざしているのです。」元福島県双葉町長井戸川かつたか氏SAID

「282.拙ブログの更新が滞っているのはなぜか?」でも取り上げました。282はこちら。282の中の「(9)政府は311の発生を2011年3月3日には知っていた!!!」で取り上げました。ここでは、昨年<2013年>夏の東京・新宿での福島県双葉町の元町長・井戸川克隆 さんの街頭演説動画を挿入しました。「政府は311の発生を2011年3月3日には知っていた」と井戸川克隆さんは語りました。

(2)井戸川かつたか氏 福島県知事選に立候補を表明!

10636228_288309651363802_7890206496894331917_n.jpg
↑画像:県知事の仕事

10599283_288309648030469_4291968517589410729_n.jpg
↑画像:史上最大の避難作戦をやる

10606069_288309654697135_5665087304672671693_n.jpg
↑画像:福島県民はモルモットでない

ぜひ、井戸川さんに、今度の知事選挙に勝利してほしいです!

(3)北朝鮮政変 続報

http://www.nikaidou.com/archives/49446 

二階堂ドットコムによれば、北朝鮮国境に中国軍が集結しているとの事である。また、4日の北朝鮮トップ3人の緊急訪韓は、正恩氏の動静に関して協議とされているとの情報がある。一部に正恩氏が毒殺されたとする説あり。

(4)【金沢市長選挙】アベノミクス効果で自民・公明推薦候補が大敗

http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/poverty/1412507234/l50

金沢市長選挙は5日に投票が行われ、みずから辞職し改めて立候補した前の市長の山野之義氏が、各党が推薦する新人3人を抑えて2回目の当選を確実にしました。

「367.「国家権力」が「暴力」で「民衆」を蹴散らす時代が再びやってきているのではないか?」で紹介した2014年7月の滋賀県知事選に引き続き、不正選挙が出来なかったと言うことでしょう。367はこちら

(5)ロシアTVで「9.11テロは国家による内部犯行」と結論づけた番組が放送された!



↑動画:Russia Today Declares 9/11 Was An Inside Job!

(6)イスラム国に加わろうと…警視庁が学生聴取 日本テレビ系(NNN) 10月6日(月)21時54分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20141006-00000158-nnn-soci

西側マスコミによってイスラム過激派とレッテルが貼られている「イスラム国」に戦闘員として加わろうとしたとして、警視庁公安部は、20代の日本人学生らから事情を聴くとともに関係先を捜索した。

 警視庁公安部は6日、国立大学を休学中の20代の男子大学生らが、「イスラム国」に戦闘員として加わろうとしたとして、刑法の「私戦予備および陰謀」の疑いで事情を聴くとともに、都内の関係先など数か所を家宅捜索した。

 公安部の任意の事情聴取に対し、男子大学生は「シリアに入ってイスラム国に加わり戦闘員として働こうと思った」と話しているという。


↑動画:複数の日本人 「イスラム国」に参加計画!戦闘希望 2014/10/06 に公開

(7)イスラム国は本当に残忍なのか?

 多くの人々は西側マスコミの報道によりイスラム国は残忍で極悪非道なとんでもない組織だと思っているようだ。そのように思っている多数派は、「イスラム国」に戦闘員として加わろうとした若者の行動が理解できないだろう。多数派の中の極一部が、待てよ、こうした若者が出るって事は、イスラム国は本当にマスコミが報道している通り残忍な組織なのだろうかと疑問を感じるかもしれない。

(8)ISIS(イスラム国)の斬首映像に捏造疑惑!?

多くの人々がイスラム国を残忍な組織と思う事に拍車をかけたのが、あの 「イスラム国」系とみられるアルジェリアの武装集団「カリフの兵士」が2014年9月22日、同国内で拘束したフランス人男性の首を切断して殺害する映像をインターネット上に公開した出来事であった。

 多くのネットユーザーは既にご存知の通り、あのシーンは捏造であった。内部関係者が、捏造作業を盗撮して流出させたので捏造が発覚した。

http://matome.naver.jp/odai/2141080628785830001

(9)テロリストはアメリカ  イスラム国に関する大嘘

http://www.dcsociety.org/2012/info2012/140927_2.pdf#search='%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%A0%E5%9B%BD%E5%A0%B1%E9%81%93%E3%81%AE%E5%98%98'

By Prof. Michel Chossudovsky
Global Research, September 26, 2014

 オバマ大統領を議長とする会議において、国連安保理の後援を得て、アメリカは国際社会に向かって、国家および国際レベルで、イスラム国の兵士を募ることを抑止する強硬な措置を取るように呼びかけた。

 メディア報道が触れないのは、アメリカの反イスラム国キャンペーンを支持している国家や政府の首脳は、それぞれの秘密機関の忠告によって、アメリカ情報部こそがイスラム国を作ったという口にされない事実を知っており、それは、アメリカの援助による“ジハーディスト”(聖戦士)テロリストの広大なネットワークの一部であることを、十分に承知しているということである。諸国家は、アメリカ主導の決議を支持するように強要されているか、アメリカのテロ計画の一味であるか、どちらかである。

saudi-isil-cartoon1.jpg

 忘れないでおこう――サウディ・アラビアとカタールは、アメリカの代理としてISILテロリストの財政支援と訓練を行ってきた。イスラエルは、ゴラン高原でイスラム国(ISIL)を庇護しており、NATOは2011年3月以来、トルコの最高司令部と組んで、シリアへ送るジハーディスト兵士の募兵の指揮を執ってきた。更には、シリアとイラクのISIL部隊は、西側の特別軍と軍アドバイザーによって統合されたものである。

 こうしたことは、すべて知られ記録された事実であるにもかかわらず、国家や政府首脳の誰一人として、9月24日に満場一致で採択された、米スポンサーによる国連安保理決議の馬鹿ばかしさを指摘する勇気をもたなかった。 「馬鹿ばかしさ」とは控えめな言い方である。我々が目撃しているのは、国連の支援を受けた犯罪計画である。

 国家同士の外交はしばしば欺瞞に基づくことがあるとはいえ、アメリカの外交政策のウソはもはや限度を超えている。我々が目撃しているのは、確立された外交的習慣の完全な崩壊である。この“禁じられた真理”とは、イスラム国がワシントンの道具、アメリカ情報部の秘蔵物だということである。ISILは独立した実体でもなく、西側メディアが伝えるような、地球の安全を脅かす“外なる敵”でもない。誰もがそれを知っているのだが、この大きなウソがまかり通っている。ウソが真理になって一味であるか、どちらかである。<これ以降略>

Ban+Ki+moon+Obama+Chairs+UN+Security+Council+Wj_wxQq1jcfl.jpg
↑画像:オバマ大統領を議長とする2014年9月24日の国連安保理会議

tumblr_murpiwMG3Y1rwfwygo1_250.gif
↑動画:℃-uteのリーダー・矢島舞美
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts