fc2ブログ

4873.トラトラトラ<神田沙也加さんは悪魔儀式の生け贄として殺害されたのではないか? PART21>

FHSAiCzagAUuqWA.jpg
↑画像 乃木坂46 賀喜遥香 出典はこちら

(1){4864.神田沙也加さんは悪魔儀式の生け贄として殺害されたのではないか? PART12}へのコメント

 {4872.神田沙也加さんが語り始めたワクチンの害に口封じ?<神田沙也加さんは悪魔儀式の生け贄として殺害されたのではないか? PART20>}などの続きです。最近UPされた記事の多くがいいね0の状況です。拡散の為にご協力賜れれば幸いです。よろしくお願い申し上げます。

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-5490.html#comment7351

猫山 #-

以下Yahooニュースコピー
https://news.yahoo.co.jp/articles/4d209760d9c58eb5fba0917a34a6c2fa6e63f648

 1986年4月8日。東京・青山のチェリーアイランドスタジオ。中森明菜のレコーディングでは必ず使用されるスタジオだった。

【写真】初々しいビキニ姿の中森明菜

「小さなスタジオでしたが〝音入れ〟としては使いやすく、明菜もお気に入りでしたね」

 ワーナー・パイオニア(現ワーナーミュージック・ジャパン)で担当ディレクターだった藤倉克己はそう振り返る。

 この日は15枚目のシングル「ジプシー・クイーン」のレコーディングの追い込みに入っていた。発売日まですでに50日を切っていた。しかし過密なスケジュールを縫ってのレコーディングは藤倉にとって頭が痛かった。

「当時はテレビやラジオの音楽番組も多く、それ以上に雑誌の取材もありましたからね。明菜はトップ・アーティストだったのでスケジュール調整は至難の業だったのでしょう。しかも体力的にも弱い部分があったようですからね。そんな中でもレコーディングは最優先に近かったとは思いますが、それでも時間との戦いだったはずです」(当時を知る芸能記者)

 この日のレコーディングは13時から予定されていた。

「明菜が着いたら、多少の打ち合わせをしてすぐに始めたい」

 藤倉以下、制作スタッフは準備も完了し明菜の入りを待ち構えていた。

「今日は来るのが遅いなぁ…」

 いつもなら30分前にはスタジオに入るはずの明菜が、この日はスタジオに入ってこなかった。フッと藤倉の頭に不安がよぎった。

 「確か12時45分ぐらいになってからだと思うが、マネジャーが青ざめてきたんです。『今日はレコーディングはちょっと無理かもしれません』って。何があったのかと慌てて、明菜の元に駆けつけると、とにかく泣きじゃくってどうにもならない。レコーディングどころではないような状態でした」

 一体、何が起きたのか? レコーディングのため、車でスタジオに向かう途中のことだった。カーラジオの臨時ニュースで人気アイドルだった岡田有希子さんの自殺が報じられたのだ。

「ラジオのニュースを聞いた途端、表情が一変し、その後は泣きじゃくって過呼吸状態に陥っていたようです。もちろんラジオの一報ですから、状況は分からなかったはずですが、明菜にとって岡田さんの自殺のニュースは衝撃でした。スタジオに着いたときは、とにかく『ユッコが、ユッコが…』と言うだけでしたから。この時点でレコーディングどころではありませんでした」(藤倉)

 岡田さんは明菜と同じ日本テレビ「スター誕生!」の出身だった。

 当時を知る音楽関係者は「岡田さんは親の反対を押し切って83年3月に行われた決戦大会に出場しました。そこで歌ったのが明菜のデビュー曲『スローモーション』だったのです。結果は後日発表でしたが、岡田さんの獲得に動いた芸能事務所はサンミュージックと明菜の所属する研音でした。一方、レコード会社はキャニオンレコード(現ポニーキャニオン)と日本テレビ系のバップが手を上げ、結果的にサンミュージックとキャニオンで決まりました。明菜にとっては同じ番組のオーディションで、しかも決勝戦で自分の曲を歌った岡田さんには親しみを感じていたようです。岡田さんのデビューは84年で2年後輩でしたが妹のように接していたそうです」と振り返るが、その部分は藤倉も認める。

「事件が起きるまで、意識はしていませんでしたが、思い返すと確かに岡田さんのことは後輩歌手の中でも気にかけて、かわいがっていたそうです。とにかく明菜は心根の優しい一方、人一倍感受性の強い子ですから、岡田さんのニュースは精神的にショックが大きかったと思います。心を落ち着かせるまでに、やや時間は要しましたが、いろいろと調整し何とか発売日に間に合うようにレコーディングもできました」

 ところが、そんな中で制作された「ジプシー・クイーン」は業界内でも「いわくつきの作品」として注目された。 =敬称略 (芸能ジャーナリスト)

■中森明菜(なかもり・あきな) 1965年7月13日生まれ、東京都出身。81年、日本テレビ系のオーディション番組『スター誕生!』で合格し、82年5月1日、シングル『スローモーション』でデビュー。『少女A』『禁区』『北ウイング』『飾りじゃないのよ涙は』『DESIRE―情熱―』などヒット曲多数。NHK紅白歌合戦には8回出場。85、86年には2年連続で日本レコード大賞を受賞している。

***************コピーここまで*************

 神田沙也加さんは、既に生まれる前から命を狙われていたのか?と思ってしまいました。

 岡田有希子さんの死の前日、松田聖子さんが妊娠を発表。

 何の因果か、岡田有希子さんと同じ飛び降り自殺とされてしまった。

 そして、中森明菜さんのジプシークイーン。これは昔、フラれた女性がアスファルトにダイブしたと喩えられ、岡田有希子さんの自殺を歌ったものだと言われておりました。

 あの手、この手を使って神田沙也加さんを自殺に見せかけたいのかもしれません。


2021/12/22 (Wed) 17:58 | URL | 編集 | 返信

(2){4870.神田正輝さん、松田聖子さんが追及しないのはクロカモから何も言うなと脅されたからでしょう。<神田沙也加さんは悪魔儀式の生け贄として殺害されたのではないか? PART18>}へのコメントすべて

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-5497.html#comment7352

猫山 #-

★トラトラトラ

https://mobile.twitter.com/yumiarufa/status/1473523696954654721?s=19

拡散仲間から頂いた情報です。

2021/12/22 (Wed) 23:11 | URL | 編集 | 返信

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-5497.html#comment7353

猫山 #-

以下Wikipediaコピー

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%88%E3%83%A9_(%E6%9B%96%E6%98%A7%E3%81%95%E5%9B%9E%E9%81%BF)

コピーここまで

トラトラトラは1986年にシブがき隊が楽曲を出しておりました。

2021/12/22 (Wed) 23:34 | URL | 編集 | 返信

(3)トラトラトラ











(4)ひふみ祝詞









(5)まるで証拠隠滅でもするかのような超特急で火葬






↑頻繁なクリック、よろしくお願い申し上げます。

↓動画 りさねる

via GIFMAGAZINE

スポンサーサイト



Latest posts