370.理化学研究所の笹井芳樹発生・再生科学総合研究センター(CDB)副センター長の死因は、本当に自殺なのか?

2e0a05f949cfb0cf16c79bd767c20cb2.jpg
↑画像:理化学研究所の笹井芳樹発生・再生科学総合研究センター(CDB)副センター長

(1)状況分析

 5日午前8時40分ごろ、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市、CDB)の笹井芳樹副センター長(52)がCDBに隣接する先端医療センター内で首をつっているのを関係者が見つけ、110番した。兵庫県警によると、笹井氏は病院に搬送されたが、午前11時すぎに死亡が確認された。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG0500R_V00C14A8CC0000/?dg=1

県警によると、笹井氏は先端医療センターの研究棟の4~5階の非常階段踊り場の手すりにひも状のものをかけて首をつっていた。捜査関係者によると、笹井氏が首をつっていた現場付近で関係者に宛てた遺書が複数見つかった。

*******************************

佐世保の場合と同じように、マスコミは昨日<5日>の例も警察発表を鵜呑みにして無批判にそれをそのまま報道していますね

 例に挙げた日経は「遺書」と断定的に表現していますが、当初の報道の多くは、「遺書のようなもの」と表現してたようですね。

その遺書がTV画面に出てこない限り、「遺書が複数見つかった」と言う報道が真実かどうかは判らない。仮に遺書と称する紙がTV画面に出てもねつ造の可能性はある。

日経は「遺書」が「笹井氏が首をつっていた現場付近」で発見されたと記している。
別な報道機関は、「笹井氏の秘書の机の上」から発見されたと記している。「笹井氏の秘書の机の上」は、「笹井氏が首をつっていた現場付近」なのか?

疑問を感じて更に調べると、次のニュースを発見した。

理研広報室の加賀屋悟室長は5日午後、文部科学省で記者会見し、「遺書のようなものは笹井氏の秘書の机の上に1通、(自殺した)現場付近に3通あった」と話した。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG05H11_V00C14A8000000/

そもそも、先端医療センターの研究棟の4~5階の非常階段踊り場の手すりにひも状のものをかけて首をつって死ぬ事は、本当に可能なのか?

現場をゆっくりとTV画面から流して頂きたい。その上で、自殺が可能かどうかを視聴者に判断させてほしい。警察発表が真実かどうかを判断させてほしい。

仮に、自殺が真実だとしたら、理由はどこにあるのだろうか?

(2)笹井氏自殺は「NHKと文春のせい」は本当か?

http://biz-journal.jp/2014/08/post_5629.html?utm_source=rss20&utm_medium=rss

img_c49607e052848aea8e9b4015cefae659622806.jpg
↑画像:「週刊文春」2014年6月19日号 車内広告

nhkstap_01_140805.jpg
↑画像:NHKスペシャル番組サイト『調査報告 STAP細胞 不正の深層』

 「文春」はSTAP細胞捏造疑惑の発覚以来、毎号のように、2人が男女の仲だったことをにおわすような記事を掲載していた。

 「ある職員が『2人がホテルから出てくるところを見た』というのです」「阪急三宮駅近くの三角公園で待ち合わせ、食事に行く姿をラボの仲間数人が目撃しています」「頻繁にタクシーに同乗していました」などの証言で、「女性に免疫がない笹井が自分を崇拝する小保方に部下以上の感情を持っていたのでは」と男女の関係を臭わせたのだ。そして笹井氏の小保方氏に対する恋愛、情実感情が、研究や論文に対しての甘さを生み、捏造問題を生んだとまで指摘されたのだ。

 さらに、4月17日号では、笹井氏の学生時代の恋愛問題を引っ張り出し、「ノーベル賞を受賞した山中伸弥教授との恋愛バトルに負けたことがトラウマになっている」と揶揄している。

 また、先の『NHKスペシャル』では、二人がやりとりしたメールを男女のナレーション付きで情感たっぷりに紹介していた

 リンク先の記事は、笹井氏自殺は「NHKと文春のせいではない」と結論づけている

★理研・笹井副センター長「自殺」 NHK検証番組が決定打か 日刊ゲンダイ  
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/152368/4

(3)「STAP細胞の実在」

「STAP細胞の実在」を主張しているのは、小保方晴子氏だけではない。胚性幹細胞(ES細胞)の研究と技能では日本の第一人者だと言われる丹羽仁史氏は、「目の前でSTAP細胞が出来たことを確認した!」「STAP細胞が出来たという根幹は揺るがない!」と主張した。

flow22.jpg
↑画像:丹羽仁史氏 目の前でちゃんとできるということを確認した!

http://grnba.com/iiyama/more58.html#ii04221

そして、昨日<5日>逝去された笹井芳樹博士も最後までSTAP細胞の実在を否定しなかった。

(4)STAP論文問題について多くのメディアが触れない「不可解なカネの動き」

http://www.yomuradio.com/archives/849?utm_content=buffer90163

 STAP論文のねつ造問題は、既に、多くのメディアが報じています。ただ、その多くのメディアが報じていないのが、背後にひそむ、おカネの不可解な流れ

 この問題について、いち早く迫ったのが「新潮45」で、このお金の流れをみると、全く違った問題点が浮かび上がります。

 今回は特別企画『月刊ニュースレビュー』、「STAP問題とカネ」「新潮45」の三重博一編集長、と考えました。

(5)小保方さんのグループの背後のお金

172f1b3917436676943ef6f8c3bdbcd5_685.jpg
↑画像:小保方晴子氏

 共著者で女子医大教授の大和さんが関わったバイオベンチャーのセルシード社に大きな金の流れがあり、インサイダーの疑いもある。

・2012年、セルシード社の資金繰りが苦しくなり倒産リスクが顕在化

・2013年3月、STAP論文投稿、翌月理研、ハーバード、女子医大がSTAPの国際特許申請、

・2013年8月、倒産リスクが顕在化していたセルシード社に34億円もの融資が行われる。倒産が危険視されていた企業になぜ融資されたのか? 大和さんはセルシード社の研究にかかわっていて、大和さんの上司の岡野さんはセルシードの創設者。

・2014年1月、STAP論文が公開されるとセルシード社の株価があがった。セルシード社に融資した企業は、新株予約権を行使し数億円の利益を得た。エコノミスト誌もインサイダー疑惑があると報道している。

★人的つながりをみていくと、不思議な構造がみえてくる。IPSのベンチャー企業ヘリオス、東京女子医大教授岡野光夫さん、アベノミクス成長戦略との繋がり etc

 セルシード社のインサイダー取引疑惑が報じられた数日後の逝去ですので、この話も、自殺説が正しいとすれば、原因の一つになるかもしれません。

(6)笹井芳樹氏は、自殺に見せかけて殺されたのか?

 飯山一郎氏も指摘している通り、笹井氏が先端医療センターの研究棟の4~5階の非常階段踊り場の手すりにひも状のものをかけて首をつっていたというのは、不自然である。

http://grnba.com/iiyama/index.html#TOP

 だいたい、首つり自殺とされる不審死の多くは、本当に自殺なのだろうかと疑問を感じる場合が多い。

2010年8月のNHKの影山日出夫解説委員の逝去もその一例である。

http://www.asyura2.com/10/senkyo92/msg/282.html

最近、支配層・裏社会から妨害されているのか、動きがとても遅くなった「rapt」と言うブログは、「これまた金融ユダヤの暗殺の疑いが濃厚です。」と綴った。

http://rapt.sub.jp/?p=14120

<「rapt」から転載>

とにかく悪魔崇拝者である金融ユダヤの暴走がひどいです。一体誰が、この笹井氏の自殺のニュースを信じるというのでしょう。

 ネットでは早くも暗殺説が浮上していますし、私もこのニュースを一目見ただけで「暗殺」という言葉が頭に浮かびました。

 とにかくSTAP細胞が再現されてしまったら、ガン利権が困ります。彼らの食い扶持がなくなります。彼らはガンが治ってほしくないのです。不治の病のままであってほしいのです。

 ガン利権とはすなわち抗ガン剤やガン保険で儲けている人や企業のこと。詳しくは過去に記事を書いていますので、以下のリンクをご参照ください。

○ガン利権によるSTAP細胞つぶし。金融ユダヤ人こそこの世のガンだ。

○テリー伊藤はB層騙しのための金融ユダヤの在日工作員。その証拠もあります。

 首をくくっていたという自殺の方法も、私がついこの間指摘したフリーメーソンの報復殺人の手口の一つです。彼らは裏切り者の喉を切って殺しますが、実際に喉を切らずに、ロープで喉を絞めるという方法をとることもあります。

○佐世保女子高生殺人事件は紛れもない冤罪です。悪魔崇拝者による報復殺人でした。

(7)魔性の爬虫類女 小保方晴子の毒牙にかかり自殺してしまった理研笹井副センター長 宇宙への旅立ち 2014年8月5日火曜日

http://reptilianisreal.blogspot.jp/



 理研の笹井副センター長は、小保方さんの事を女性として、とても気に入っていた。「僕は小保方さんの好きな理研のケビン・コスナーになるんだ」と同僚に嬉しそうに語っていたという。可愛い爬虫類女の小保方さんに、とても惚れ込んでいたのは確かだ。

 その理研の笹井副センター長が首吊り自殺をしたという。もちろん、STAP細胞のゴタゴタも理由のひとつだろう。STAP細胞研究は、本来、ユダヤ勢力が日本政府から巨大な研究費を毟り取るための捏造研究だった。この計画はうまくいくはずだった。そして、ユダヤ勢力と一緒に、小保方さんと理研の笹井副センター長は、STAP細胞巨額研究費略奪の成功をユダヤ勢力と一緒に祝杯をあげるはずだった。

 ところがどっこい、困った事に、日本の真の研究者達が「その論文は捏造した物だ」と騒ぎ始めた。論文に載せた写真も捏造。論文が引用なしでコピペされていたという様な、ずさんな論文だった。

 一旦、STAP細胞研究がデタラメで、日本政府から巨額な研究費が取れないと分かると、今までチヤホヤしていてくれたユダヤ勢力は、小保方さんと理研の笹井副センター長を捨てた。そして、責任はすべて小保方さんと理研の笹井副センター長に押し付けられた。

 しかし、笹井副センター長が落胆したのは、STAP細胞の研究費詐欺に失敗しただけでなく、小保方さんにもフラレテしまった事だろう。あれほど「僕は小保方さんの好きな理研のケビン・コスナーになるんだ」「僕はプリンセス小保方さんの王子様になるんだ」と嬉しそうに同僚に語っていたのに、当の小保方さんは、事件の後、ボストンに居るユダヤ人のチャールズ・バカンティ教授のもとに行ってしまった。

(8)心療内科の件

理研の同僚によると、笹井氏はSTAP細胞の論文が問題とされてから心療内科を受診し、最近は薬の副作用ではっきりと会話することが難しかったという。

本当だろうか? STAP細胞の論文が問題とされてからの彼の公の場での発言を聞いていると、そのようには思えないのですが。

 文春やNHKなどのマスメディアに叩かれ、心療内科・向精神薬で自殺に至ったと言うSTORYにしたいのでしょう。他殺説が正しいとすれば、NHKも殺人鬼どもとグルなのかもしれません。あの偏向番組の取材の際、パパラッチみたいな事をNHKはやっていましたね。

http://gohoo.org/column/140728/

末筆ながら、笹井氏のご冥福をお祈りします。また、「小保方さん 負けるな!」と応援の言葉をかけたいと思います。

 小保方さんは今のうちに会見を開いて「私が自殺することはありえません、事故で死んだとしてもそれは殺されたと思ってください」と言っておいたほうがいいかもしれない。

(9)今朝<8月6日>の地震の件

今朝<8月6日>午前1時17分頃、近畿地方で震度4をマークした地震が発生した。「午前1時17分」って、阪神大震災の1月17日を彷彿とさせます。場所が場所だけに。人工地震でしょうか。ちなみに、笹井氏が不審死した場所は兵庫県神戸市です。

http://www.chunichi.co.jp/bosai/sokuho/2014080602000016.html

↓画像:黄金の金玉を知らないか?より http://golden-tamatama.com/
ranking_2014_banner_funassy1.png
スポンサーサイト

Comment

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/08/06 (Wed) 16:52 |  | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: no subject

> 暑中お見舞い申し上げます。
>
> >↓画像:黄金の金玉を知らないか?より http://golden-tamatama.com/
> ・これをクリックしましたが、ブログランキングには反映されていませんね。ドモです。

 暑中お見舞い申し上げます。

申し訳ありません。ふなっしーの下の拍手をクリックして頂けば、拍手の数値は増えるのですが(次にそこを開いた際に数値が増えている)、ふなっしーの絵そのものをクリックしても、拙ブログの場合、ふなっしーの絵が左上に出る別画面が出てくるだけですね。

これが、「黄金の金玉を知らないか?」だと、ふなっしーの絵そのものをクリックすると、「人気ブログランキング」のページに飛ぶんですね。そう、拙ブログは、まだ、「人気ブログランキング」には参加していないのです。

頻繁に拙ブログの記事を転載して頂きありがとうございます。

2014/08/06 (Wed) 23:53 | URL | 編集 | 返信
青空の星 #-

no subject

暑中お見舞い申し上げます。
梅雨明け以降本格的な猛暑が続きますが
いかがお過ごしですか?

直接ではなくネットを挟む事を、お許し下さい。
夏休みが明けたら直接、声を掛けに行くつもりです。


福田先生が自己紹介で「桜の木になろう」のブログを紹介したプリントを配った事で校長先生から回収する様に言われたと耳にしましたが、それにも関わらず
学校で配布される先生達の好き本などが記入されてるプリントなどで、わざわざ「桜の木になろう」と言うワードを掲載するので時々見てます。何故『ブログ』じゃなくてわわざわざ名前まで掲載するかは目に見えてますが…


福田先生はブログではニュースなどを題材に知的的な記事をお書きですが実際は感情的で言葉遣いの悪い生徒に対して言葉で説得などをせず机を蹴ったり手をあげてしまいそうになったりしたとお聞きしましたが事実なのでしょうか?

それと

もし誤解であれば失礼なのですが
それを踏まえてお聞きしたい事があります。

福田先生のブログの記事は
とても左翼寄りの記事が多く感じられますが
学校で国歌を歌わない事をどう思われていますか?

それともう二つ

福田先生は、どの様な日本にしたいのですか?

最後に

政治や総理大臣に対して不満がある様な記事が多く感じられますが改善の為に何か行動している事はあるのですか?不満や疑問などを書くだけのブログですか?


以上です。
長くなりましたが、ここまで読んで頂きありがとうございます。

際どい内容なので公開させて頂けるかわかりませんが。
返答願います。

では
明日も良い一日になるよう願っております。


じゃ〜な〜福田!宗教に飲まれないように誠実に生きろよ
おやすみ〜!

2014/08/08 (Fri) 00:55 | URL | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: no subject

青空の星様、残暑、お見舞い申し上げます。

コメントありがとうございます。お蔭様で、睡眠不足が続いていますが、基本的には元気で過ごしています。

時々、拙ブログにお立ち寄り頂いているとの事、感謝申し上げます。

1学期、ご指摘のような状況が3-5でありました。大人げなかったと反省しています。

「左翼寄りの記事が多い」とのご指摘ですが、そう見えてしまうかもしれませんね。現代社会への批判を多く書いていますので、一般的には左翼と見られてしまうかもしれませんね。

 ただ、私のスタンスは、世の中、余りにも不条理な事が多いので、左翼とか右翼と言うより、正義がまかり通る真の民主主義の世の中を実現したいと言う事なのです。ブログもそう言う思いから書き始めました。

 もう一つブログを書き始めた動機は、マスコミが重要な事を伝えていない、あるいは、事実を捏造して報道しているのではないかと思えるような事がかなりありますので、マスコミが隠蔽する話題や捏造していると思えるような話題を中心に様々なジャンルの話題を綴っていきたいと言う思いです。

 ですから、最近迄、福田元昭の「桜の木になろう」と言うブログ名の後に書いてあるブログの紹介文は、「マスコミが隠蔽する話題を中心に様々なジャンルの話題を綴っていきたい。」と記載されていました。

 拙ブログ340番の記事に書いた通り、私は右翼でも中川昭一氏のような真の愛国者は尊敬している。

340.民主主義を否定する千葉県白井市長を徹底的に糾弾し辞任に追い込もう!
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-475.html

私は、右翼の鈴木邦男も好きですね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E9%82%A6%E7%94%B7

右翼って言えば、最近、あるネット右翼と思われる方が、ある掲示板に「福田元昭の桜の木になろうとか言うきちがいブログ」ってカキッコしたんですよ。その書き方からして、私のブログを余り快く思わない方がカキッコしたように思えるんですが、私はそのネット右翼と思われる方に感謝してるんですよ。なぜって、その書き込みがあった日は、いつもより拙ブログへの新規来訪者が100名様程多かったんですよ。

 さて、現在の国家とされている「君が代」は、一般的な解釈では、天皇制の永続を歌っている。現在の日本国憲法では、天皇制は「国民の総意に基づく」とされている。したがって、国民の総意がなくなれば、消滅してしまう。

大日本帝国憲法では「天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス」とあり、天皇制フォーエバーだった。だが、現行憲法では前述の通りそうではない。そうではないのに、「天皇制フォーエバー」を強要するような内容の歌詞なので、「君が代」は違憲とも言える。

20世紀前半の一連の侵略戦争と絡めて、「日の丸」「君が代」に嫌悪感を持つ人々はかなりいる。だから、1999年、「国旗及び国歌に関する法律」(「国旗・国歌法」)案の国会審議の際、当時の小渕恵三政権は国民に強制しないと言う内容の答弁をしている。

ですから、スクールセレモニーで、それらが強制されている東京都などの現実は、答弁違反と言えます。更に言えば、日本国憲法違反と言えます。「学校で国歌を歌わない事をどう思われていますか?」と言う質問ですが、日本国憲法の理念と1999年の政府答弁からすれば、歌わない自由があると言えます。

 ですが、現実に都立高校の教師が歌わないと、都教委から処分されてしまいます。その処分は経済的損失<減給>を伴ったりします。ですから、少なくとも、都立高校の教師は事実上強制されていると言えます。

 その事を私の知人の東京学芸大特任教授・加藤公明らは実教出版の「日本史」の教科書に記載し、文部科学省の教科書検定もパスしました。その国が認めた教科書を都立高校では都教委が弾圧して使用できない状況になっています。不条理この上ないです。

加藤公明は、2013年07月11日付け朝日新聞で、その不条理さを語っている。その記事は、朝日新聞のウェブサイトから削除されてしまいましたが、拙ブログ「282.拙ブログの更新が滞っているのはなぜか?」の(17)で、現在も読む事が可能です。

そう、新聞のウェブサイトから削除されてしまったような記事も、ブログに転載しておけば、ブログのプロバイダー<拙ブログで言えば「FC2ブログ」>が消さない限り、ずっと読む事ができるのです。こういう所にも、ブログの存在意義があります。

282.拙ブログの更新が滞っているのはなぜか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-391.html

米長邦雄は東京都教育委員会委員だった2004年秋の園遊会に招待された際、天皇に対し「日本中の学校において国旗を掲げ国歌を斉唱させることが、私の仕事でございます」と発言した。米長のこの発言に対し、天皇は「やはり、強制になるということでないことが望ましいですね」と述べた。

つまり、東京都などで進行している日の丸や君が代を強制する動きに、天皇は否定的な考えを持っていると言う事になります。

日本国憲法第九十九条に「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。」とありますから、天皇のその発言は日本国憲法の精神に見事に合致したすばらしい発言と言えます。


「どの様な日本にしたいのですか?」とのご質問ですが、繰り返しになりますが、正義がまかり通る真の民主主義の世の中を実現したいと言う事ですね。日本人一人一人の努力がきちんと報いられる日本にしたいですね。「日本」と言う事で言えば、日本の国益を損なうような売国奴の力をそぎ落としたいと言う強い思いがあります。

 前述の中川昭一氏は、日本の国益を考え、ある発言をしたら嵌められ死んでしまいました。口封じですね。370番で綴った笹井芳樹氏も、口封じの為に自殺に見せかけて暗殺された可能性が高いですね。そこで、次の拙ブログの記事は、「371.笹井芳樹氏を殺害した殺人鬼は誰だ?」にしようと考えています。

「改善の為に何か行動している事はあるのですか?」とのご質問ですが、こうしたブログを書くこともささやかですが、改善の為の行動だと考えています。だって、不満や疑問を個人の日記やmailで個人的に綴っているのとは違って、実名で世直しの為にマスコミが報道しない情報や自分の考えを発信しているんですよ。それは不特定多数の人々に、ささやですが影響を与える可能性がある一方、笹井芳樹氏のように、口封じの為に自殺に見せかけて暗殺される可能性もあると言う事になります。

つまり、実名でブログを書くと言う行為は、ただ不満を愚痴ると言う事ではなくて、インパクトとリスクを伴う世直しの為の行動なのです。

ブログ以外の行動としては、たまに集会やデモ行進に参加したりしています。と書きたいが、最近は多忙で余り参加できない。

ところで、あなたはいったい誰なのでしょうか? 3年生のある女子のような気がする一方、今回のコメントの最後を見ると、「福田!」と呼び捨てで書いてあるので、私が担任をしている2-5の生徒のような気もします。

2-5の生徒の一部は、平気で「おい、福田!」と呼び捨てで声をかけてきます。ほとんどが男子ですが、女子でもわずかにいます。「先生」とは敬語なので、私に敬語を使いなさいとも言いにくくてね。

もし、あなたが3年生で、私が推測した人物なら、あなたは今通っている高校から程近い位置にある比較的偏差値が高いとされる大学を受験するわけですから、拙ブログを読むのは受験勉強に疲れた息抜きTIMEに限定するなどして、受験勉強に集中した方が良いと思います。あなたの夢が実現するように祈っています。

もし、2-5の生徒なら、文化祭のCLASSの準備がまったく進んでいないので、ぜひあなたがリーダーの一人になって、準備を進めて良い作品を完成させ充実感を味わって下さい。

長くなりましたが、ここまで読んで頂きありがとうございます。また、拙ブログにお立ち寄り下さい。

2014/08/08 (Fri) 04:22 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts