368.日本はボリビアを見習うべきではないか?

Bs0QaTNCQAALw-h.jpg
↑画像:パレスチナの日常<悪辣きわまりないイスラエル兵によるパレスティナ人への蛮行>

(1)ガザの人々は東日本大震災後の放射能まみれの日本を憂えている、事態収拾を祈っている、なのに日本人は・・・・。

BsMAyOcCIAANuV3.jpg
↑画像:2014年3月11日 パレスチナ・ガザ地区で行われた東日本大震災3周年イベントにて

上の写真は、2014年3月11日、パレスチナ・ガザ地区で行われた東日本大震災3周年イベントにて撮影された。

 ガザの人々は東日本大震災後の放射能まみれの日本を憂えている、事態収拾を祈っている。それに対して、ガザの現状を憂えている日本人はどのくらいいるのだろう。

日本でガザの現状がまったく報道されていないわけではない。ただ、その報道の仕方は問題が多い。たまにガザの現状をTOPに置くニュースもあるが、多くのニュースSHOWのTOPは猛暑の話題だったり、警察発表を何の疑問も持たずにそのまま垂れ流ししている長崎県佐世保市の女子高生によるとされる殺人事件だったりする。

 地球人全体の視点で考えれば、ガザでのイスラエル兵による大量殺戮の方が余程重要だと思うが、日本の多くのニュースSHOWは、そうした視点に立っていないように思える。

また、日本の多くのニュースSHOWは、このブログの冒頭の写真のようなシーンをほとんど流さない。比較的怪我の程度が軽い人々の映像だけを流している

イラン・プレステレビは、「イスラエルによるガザ空襲で負傷した血まみれの乳児や幼児たちに懸命の治療を施している凄惨きわまりない修羅場」をきちんと流している。


↑イラン・プレステレビ動画「ガザは路上に複数の死体がころがっている惨状」 動画3分55秒くらいから凄惨な映像 ☆Rolling coverage of current situation in Gaza - 15:30 GMT (P.1)

 日本の多くのニュースSHOW<特にNHK>は、「イスラム原理主義組織ハマス」との枕言葉を多用し、喧嘩両成敗的な報道をしている。これも問題である。歴史的に見れば、後からユダヤ教徒になった人々<ハザール人>がイスラエルを建国し、パレスチナ人を追い出した事が諸悪の根源であるのに。

さて、以上のような日本の報道姿勢が、日本の悲惨な現状を心配してくれるパレスチナ人に対して恩知らずな日本人を大量生産している。

(2)イェニチェリ

実は、ガザに侵攻したイスラエル兵のほとんどが、「イスラエル国籍を取得」する条件として「ユダヤ教徒に改宗した」ヨルダン川西岸に住んでいた「元パレスチナ人」で、イェニチェリなどと呼ばれています。

 トルコがイスラエルの地上軍侵攻に反発している理由の一つには、「イェニチェリ」というあだ名のつけかたに対する「反発」があります。

「イェニチェリ」は、高校生が使用している「世界史」の教科書に出ているのですが、14世紀から19世紀の初頭まで存在したオスマン帝国の常備歩兵軍団です。オスマン帝国は、現在のトルコ共和国が成立する前に存在していたトルコを中心にした国家で、ピーク時はアジア・アフリカ・ヨーロッパに跨がる広大な国家でした。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%A7%E3%83%8B%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AA

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3%E5%B8%9D%E5%9B%BD

(3)罰当たりな首相・安倍晋三

安倍晋三は、(1)で掲載した「WE LOVE JAPAN」を着て日本を応援してくれた思いやりのある女の子たちをはじめとする放射能まみれの日本を憂えているパレスチナ人を虐殺するために、日本からイスラエルへ武器・弾薬の輸出を許可した。何と罰当たりな首相だろうか。

そんな安倍晋三は、ラテンアメリカを訪問している。

(4)日本はボリビアを見習うべきではないか?

そんなラテンアメリカにボリビアと言う国がある。何と、ボリビアはイスラエルをテロ国家として、外交関係を停止した。その事を日本のマスコミはほとんど報道しない。

Bolivia declares Israel a terrorist state

http://news.yahoo.com/bolivia-declares-israel-terrorist-state-184920411.html?soc_src=mediacontentsharebuttons

西側各国は、例のマレーシアの飛行機の件で、「ロシアに対して制裁を!」などと主張していたが、「イスラエルに対して制裁を!」と主張すべきではないか。そうした点から考えると、ボリビアの外交姿勢は実にあっぱれである!

(5)アメリカで大変な規模のテロ攻撃が開始される可能性がある!

http://beforeitsnews.com/alternative/2014/07/urgent-warning-israel-radio-danger-for-one-hundred-u-s-malls-video-terror-alert-3002440.html

http://quasimoto.exblog.jp/22247505/

「政治の世界では、何事も偶然に起こるということはない。もし何かが起こったならば、それは前もって、そうなるように謀られていたのだ。」フランクリン・D・ルーズベルト第32代米国大統領 SAID

 ノーベル賞候補者、米諜報機関の元エージェントのジム・ガロウ氏がある情報筋から入手した情報によると、アメリカで大変な規模のテロ攻撃が開始される可能性があるとのことです。

 イスラム過激派はアメリカ国内でテロ攻撃を行うために既にアメリカ国内に侵入しました。彼らは南部の国境沿いからアメリカに入国した不法入国者や飛行機に乗って堂々とアメリカに入国した犯罪者らから支援を受けています。警告します。彼らは本気です。

 彼らはショッピングモールを狙っています。ショッピングモールを爆破し、できるだけ多くの人々を死傷させようとしています。これはテロの中でも最も低いレベルの攻撃方法です。しかし彼らの目的は、人々がくつろいでショッピングをしているショッピングモールのど真ん中でテロ攻撃を行い、人々に恐怖を与えることです。

 テロ攻撃は、イスラム教徒にとって重要な日に決行されるでしょう。しかもアメリカ全土の100ヶ所のショッピングモールで、同時多発的に爆破テロが起きることになります。

 全米の警察、DHS、セキュリティサービスは警戒すべきであり適切な対応を取る必要があります。

(6)AMERICAN TOP 40 を聴いた事がありますか?

(5)の転載記事、911の真相を考えれば、また、ムスリムに罪をなすりつける事件を戦争屋が企んでいるのかなと言う気もします。何も起きない事を祈ります。 

 さて、「アメリカ」と言えば、「AMERICAN TOP 40」と言うラジオ番組をお聴きになった事がありますか?

 2004年1月以降現在に至る迄の番組ホストは、「Americam Idol」のホストとして知られるRyan Seacrest(ライアン・シークレスト)です。

 1970年7月~1988年8月&1998年3月~2004年1月のホストが、Casey Kasem (ケーシー・ケイスン)です。2014年6月15日、逝去しました。日本のラジオでも放送されていたので、馴染み深いと言う方も多いかもしれません。

馴染み深いと言う方、当時のTHEME MUSICやJINGLEをお聴き下さい。









↑各動画:AMERICAN TOP 40 THEME MUSIC&JINGLE etc

↓動画:℃-uteのリーダー矢島舞美
tumblr_n8mm1sXexB1t3c06qo1_400.gif

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts