35.ハワイで拘束され麻薬を所持していたとされ、日本時間の明日(2月25日)あたり麻薬取締法<麻薬及び向精神薬取締法>違反で逮捕されることになるNHKディレクター(46歳)は、どのような海外ドキュメンタリーの日本語版制作を行っていたのか?

(1)日本国憲法が保障する思想・良心の自由を踏みにじられた事に抵抗する教師は、公務員を辞めろと言われ

大阪府教育委員会は本日(2月24日)、同日午前に府立高校32校で実施した卒業式で、6校の教職員8人が君が代斉唱時に起立しなかったと発表した

 昨年6月、当時の橋下徹知事(現大阪市長)の主導で成立した府の「君が代起立条例」は、学校行事での起立斉唱を府内の公立学校の教職員に義務付けている。条例に罰則規定はないが、中西正人教育長は1月、府立校の全教職員に起立斉唱を求める職務命令を通達済みで、8人は命令違反で懲戒処分の対象となる可能性が高い。

 府教委によると、6校から事前の相談はなく、状況確認のための職員も派遣しなかった。卒業式で大きな混乱はなかったという。

 橋下市長は「直ちに辞めてもらいたい。公務員の身分を外して自由にやれと言いたい」と述べた。松井一郎府知事も「府教育長の職務命令を堂々と無視する確信犯だ」と8人を批判した。

 同条例は橋下氏率いる大阪維新の会が府議会に提案し、ほぼ単独で可決。2月の府・大阪市議会で審議される「教育基本条例案」には君が代問題を念頭に「同一の職務命令に3度違反すれば分限免職の対象」という規定が盛り込まれている。

 支援学校も含む府立学校の卒業式は計163校で、3月16日まで行われる予定。今後、起立を求める校長の説得に応じない教職員には、校長名での職務命令を重ねて通達することも検討する。

 府教委によると、過去3年で起立斉唱の指導に従わなかった教職員は25人おり、6人が戒告処分を受けた。

(2)公務員の「憲法尊重擁護義務」を守らぬ石原慎太郎は何のお咎めもなし

 東京都の石原知事は、本日(2月24日)の会見で、憲法についての考え方と新党が結成された場合の姿勢について話し、「占領のために作られた憲法と称する法律体系を続けることは、歴史的にも例がなく正当性がない。時の政府が破棄して新しい憲法を即座に作ったらいい。改正なんて手間取る」と述べ、みずからが参加して保守勢力を結集した新党が結成された場合、憲法の破棄に取り組みたいという考えを示しました。

憲法99条は、「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」と定めています。

 公務にたずさわる人のすべてが、国に法秩序の最高規範である憲法のしめすところにしたがって、偏りや誤りのないように政治や行政を遂行する義務を、主権者である国民にたいして負っていることをあらためて確認している規定です。

 この規定には国務大臣や国会議員などが特別に明示されています。ですから、仮に改憲の立場に立つ政治家であっても、行政や立法にたずさわるときには「憲法尊重擁護義務」が重くあるということです。

 もちろん一般の公務員は、就任にさいして、憲法を尊重擁護するとの趣旨をふくんだ宣誓をおこなうものとされており、行政にたずさわるにあたって、この立場を厳守する義務があることはいうまでもありません。

(3)現行憲法は、占領軍の押しつけた押しつけ憲法なのか?

転載START

「焼け跡から生まれた憲法草案」のディレクターが逮捕さる!NHKディレクターを逮捕=電車内で女性にほおずり2007.6.5 時事通信

 電車内で女性にほおずりをしたとして、警視庁成城署は5日までに、東京都迷惑防止条例違反の現行犯で、東京都調布市国領町、NHK制作局の山口智也ディレクター(42)を逮捕した。
 同ディレクターは「記憶がない」とした上で、「もし事実ならば、罪を償う」と話している。逃走の恐れがないとして、釈放された。
 調べによると、山口ディレクターは1日午後11時40分ごろ、京王線の明大前~桜上水間を走行中の通勤快速車内で、隣りに立っていた都内在住の女性(33)にほおずりをした。
 都内在住の男性会社員(46)が気付いて同ディレクターを取り押さえ、桜上水駅で駅員に突き出した。
 山口ディレクターは帰宅途中で、酒を飲んでいたという。

この山口智也氏は、あの「ETV特集・焼け跡から生まれた憲法草案」のディレクターだ。 

多くのブロガーも取り上げた、あの番組。
日本国憲法が、実は日本人による草案を元にしていた、という、安倍晋三らの押しつけ憲法論を論破する、あの番組のディレクターが、「立ったまま2分間、女性に頬ずりした」という容疑で、逮捕された。

誰しも、植草氏のデッチあげ事件を思い起こすだろう。

だいたい、2分間も頬ずりされて、そのままにしている被害者がいるのか??

午後11時40分の京王線は、身動きもできないほど満員なのか。

仮にそうであったとすれば、泥酔して隣の女性の顔にくっついてしまうというのは、込んだ車内ではあることではないのか。
座っている場合ならば、しょっちゅう見かける光景だ。

これが逮捕されて、書類送検までされている。

どう考えてもハメられたとしか思えない。
少なくとも、尾行がついていて、居眠りしてもたれかかったところを、これ幸いにデッチあげたということだろう。

転載終了

(4)NHKディレクター麻薬所持で逮捕へ=ハワイで拘束、捜査員派遣―警視庁

2012年02月24日21時57分 提供:時事通信社

 NHK編成局のディレクターの男(46歳)の東京都内にある自宅から麻薬が見つかり、警視庁渋谷署が押収していたことが24日、同署への取材で分かった。

 男はハワイに渡っており、違法薬物を所持していたとして現地当局に拘束された。同署は同日、捜査員を派遣、身柄の引き渡しを受け、帰国後に麻薬取締法違反(所持)容疑で逮捕する方針。

 同署などによると、NHK側から「連絡の取れない職員がいる」と相談があり、今月15日、署員らが自宅マンションを訪問。その際、室内から麻薬が見つかったという。

 NHK広報部によると、男は1989年に入局。編成局ソフト開発センターで海外ドキュメンタリーの日本語版制作などを担当していたが、今月10日を最後に欠勤していたという。

 NHKは「職員が薬物事件で拘束されたのは誠に遺憾。事実関係を確認し厳正に対処する」としている。 

「推定無罪の原則」を無視し暴走する権力側と報道メディアの醜悪極まりない状況が跳梁跋扈する中で、この件も冷静に見つめていく必要がある。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts