363.海外でも大きく報道された昨日<6月29日>の「新宿焼身自殺事件」を、なぜ日本のマスコミの多くは報道しないのか?

BrRsmvRCYAA_Fw2.jpg
↑画像:「新宿焼身自殺事件」

(1)2014年6月29日、東京・新宿で、集団的自衛権の行使容認に抗議し男性が焼身自殺を図る!



 29日午後1時すぎ、東京都新宿区のJR新宿駅南口付近で「男性が鉄骨の上によじ登っている。ガソリンのにおいがする」と110番通報があった。駅南口と新宿高島屋とを結ぶ横断橋の上にいた男性は午後2時すぎ、自分の体に火を付け、顔などにやけどを負って病院に搬送された。

 警視庁によると、男性は集団的自衛権の行使容認や安倍政権に抗議する主張を繰り返していたという

新宿署によると、男性は50~60代くらいで背広姿。午後1時ごろから、横断橋の上で拡声機を使って1人で演説をしていた。その後、2本のペットボトルに入ったガソリンとみられる液体をかぶり、火を付けたという。消防のレスキュー隊員らによって火は消し止められ、男性の他にけが人はいなかった。

(2)日本の各TV局の対応

多くのTV局が、この件について沈黙を守る中、この件をきちんと報道したテレビ朝日のニュース動画をご覧下さい。



NHK総合29日20:45の全国ニュース、集団的自衛権に反対する焼身自殺の事件はでなかった。その後の55分の関東のニュースにも出なかった。 長々と報道されたのは埼玉の〝とうもろこし早食い〟だった。ああ、この国の報道の現状に涙が出てきそうです!

その後、6月30日午前4時10分頃、BS日テレが「新宿焼身自殺事件」を伝えた。「集団的自衛権の行使容認に抗議」と言う事もきちんと伝えていた。

6月30日午前5時36分頃、TBSのニュースで、「新宿焼身自殺事件」を伝えた。海外での反響の大きさもきちんと伝えていた。

(3)Japanese man sets self on fire over military rule change イギリスBBCの「新宿焼身自殺事件」の報道

http://www.bbc.com/news/world-asia-28077429

_75919767_75919766.jpg
↑The incident took place on a bridge at the busy Shinjuku station in central Tokyo

A man set himself on fire in central Tokyo in protest at a proposed law which could allow Japan to deploy its military overseas. ~これ以降、略。~



南アフリカのニュース専門局「eNCA」電子版も、AFP電を引用し「日本の男性が平和主義放棄に抗議して焼身自殺未遂」と報道した。 

http://www.enca.com/tokyo-man-sets-himself-fire-protest-against-pm-shinzo-abe

(4)世界の多くの国々で「新宿焼身自殺事件」を報道!

カタール・ドーハにある有名なアルジャジーラでも、「新宿焼身自殺事件」を「Tokyo man sets self afire in apparent protest」と言う見出しで報道した。

http://www.aljazeera.com/news/asia-pacific/2014/06/tokya-man-sets-self-afire-apparent-protest-2014629103016106826.html

ワシントン・ポストの記事はこちら。「ロシア・トゥディ」の記事はこちら

南アフリカのニュース専門局「eNCA」電子版も、AFP電を引用し「日本の男性が平和主義放棄に抗議して焼身自殺未遂」と報道した。 

http://www.enca.com/tokyo-man-sets-himself-fire-protest-against-pm-shinzo-abe

 新宿の焼身自殺未遂について多くの海外メディアは「日本政府が集団的自衛権の行使容認を閣議決定することに抗議して」と報じているが、アルジャジーラなどの骨のある海外メディアは「平和憲法を変更して日本の軍隊の海外での軍事行動を可能にしようとしている安倍晋三首相に抗議して」と報じている。

(5)日本の新聞報道

読売新聞はここ。産経新聞はここ

 私が商業新聞<所謂「ブルジョワ新聞」>で評価しているのは東京新聞<中日新聞>と日刊ゲンダイである。

 中日新聞には、他紙にはない特筆すべき事が書いてある。もしかしたら、他紙は知った上で隠蔽しているのかもしれない。では、中日新聞からの引用です。

近くにいた大学生新開鴻起さん(21)によると、男性は鉄枠の上にあぐらをかいて座り「70年間平和だった」「戦争しない」「政教分離」などと話していた。「君死にたもうことなかれ」と、与謝野晶子の詩の一節を口にした後、火を付けたという。

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014062990201443.html

(6)公明の正体見たり 三要件 すべてが「三文芝居」、「猿芝居」、「出来レース」  六道輪廻サバイバル日記 2014-06-27
<転載記事>

http://ameblo.jp/souldenight/entry-11885130942.html

http://www.asyura2.com/14/senkyo167/msg/502.html

投稿者 笑坊 日時 2014 年 6 月 26 日 17:39:34: EaaOcpw/cGfrA

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-54a2.html

 公明党の支持母体である創価学会は、集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈変更問題について、次のコメント発表している。「私どもの集団的自衛権に関する基本的な考え方は、これまで積み上げられてきた憲法第9条についての政府見解を支持しております。したがって、集団的自衛権を限定的にせよ行使するという場合には、本来、憲法改正手続きを経るべきであると思っております。 集団的自衛権の問題に関しては、今後の協議を見守っておりますが、国民を交えた、慎重の上にも慎重を期した議論によって、歴史の評価に耐えうる賢明な結論を出されることを望みます。」

 憲法は国の基本法。政治権力が暴走することを防ぐために存在する。国家の基本路線を定め、基本的人権を守り、民主主義を守るために存在する。政治権力の暴走を許さない。その歯止め、砦が憲法である。だから、憲法に第99条の条文が置かれている。

第九十九条  天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。

 日本国憲法は、「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員」に憲法尊重・擁護義務を課している。憲法があり、集団的自衛権の問題について、政府が正式に見解を示してきた。これが、憲法の内容そのものである。その解釈を変えるというなら、憲法そのものの規定を変える必要がある。

 創価学会が示したコメントは、このことを示している。あたりまえのことだ。憲法改正を主張する憲法学者でさえ、解釈を変えての「なし崩し改憲」には強い反対の考えを表明している。

 憲法が国の基本法であり、あらゆる法律のなかで、もっとも大切なものであるから、いい加減な対応は許されない。まともな判断能力を持つ人は、例外なく、こう考える。「なし崩し改憲」を許してはならない、との世論が強まるなかで、安倍晋三首相は、強引に憲法解釈を変える考えを示してきた。

 しかし、連立与党の公明党を支える創価学会が、「なし崩し改憲」に反対の見解を表明して、安倍政権の暴走にブレーキをかける気配を示した。公明党は「平和と福祉」の看板を掲げているから、さすがに、米国が創作する戦争に加担する道を開く、集団的自衛権行使容認の憲法解釈変更には、体を張って抵抗すると期待する人は少なくなかった。

 恐らく、公明党支持者自身が、そう考えていることだろう。安倍政権が、どうしてもなし崩し改憲に突き進むというなら、連立与党からの離脱も辞さない。ここまで公明党は腹を括るべきだと考える公明党支持者も少なくはないだろう。

 ところが、現実はまったく違ったようだ。集団的自衛権の行使を容認する「三要件」が、実は公明党の側から自民党に提示されていたとの情報がスクープされた。

 旧聞に属するかも知れないが、西日本新聞のスクープである。 本来なら、このスクープが駆け巡り、安倍政権の「なし崩し改憲閣議決定」が空中分解するところである

 ところが、他のメディアがこの問題を拡散しようとしない。御用放送局に堕してしまっているNHKなどは、ほとんど大本営の様相を示す。

 西日本新聞記事をもとに、その概要を紹介する。6月13日の与党協議会で自民党の高村正彦副総裁がA4サイズの紙を配った。「集団的自衛権の行使はできない」と結論付けた1972年の政府見解の一部を引用し、行使を認める逆の結論を導き出す私案だった。

 公明党のなかで、なし崩し改憲にもっとも強い反対の意向を示しているように見えるのが山口那津男代表である。その山口氏が「憲法解釈の一番のベースになっている」と尊重してきた72年見解を援用する形で、限定容認と読み取れる原案を、公明党の北側一雄副代表が、内閣法制局に作成させたと、西日本新聞は伝えている。

 これが、自民党の高村副総裁が、6月13日の与党協議会で提示した、自衛権行使の「新3要件案」なのだという。山口代表の真意がどこにあるのかを断定することは難しいが、全体としては、すべてが「三文芝居」、「猿芝居」、「出来レース」である疑いが強まっているのである。

 政権与党にとどまり、大臣ポストの配分を受け、公共事業利権の配分権を獲得する「実益」は実に大きいのだろう。また、公明党が野党に転落すると、創価学会の課税問題度が、一気にかまびすしく論じられる可能性もある。

 だから、公明党はしょせん「下駄の雪」なのだとの見方もあった。少なくとも、現在までの経緯を見る限り、「出来レース」説を否定することは難しい。「花より団子」ではないが、「思想より実益」で政治が動かされれば、国家は、再び道を誤ることになるだろう。

★阿修羅♪ コメント欄抜粋

01. 2014年6月26日 18:45:45 : CF5XVAzKk6

 学会がカルトなのか宗教なのかハッキリする。平和の党が戦争推進なら明確にカルトだと断定される。そうなると、このたぐいの宗教は必ず分裂の阿鼻叫喚を演じることになる。分裂騒動が近いと言える。

07. 2014年6月26日 22:33:26 : 2ff1MbZKZY

 所詮、邪教創価学会の産み出した下劣な政党だ。どちらにも命かけて守るべき主義も信念も無い。ただ、権力に媚を売って利権を得ることしか考えない、およそ宗教とは無縁の欲望の固まりでしかないのであろう。

09. 増税反対 2014年6月26日 23:01:49 : ehcoR2LmdzYII : ScYqcWbqvA

 それでもそれでも公明党を支持し続ける学会員って、もはや人間じゃなくてロボットか操り人形のような存在だな。知り合いの学会員は集団的自衛権だけは、公明党は認めることはしないと胸を張っていた。

 はたして学会員はどのような理屈をつけて、公明党の裏切りを心に受け止めるのだろうか・・・いつものように「自民党のブレーキ役」になったと自慢するのかもしれないな。

10. 2014年6月27日 00:06:54 : MqFYtvXhag

 文字色公明党は今の安倍政権で与党をやっているのだから話にならない。集団的自衛権だけでなく特定秘密保護法案、消費税増税、法人税減税、防衛費増大、原発再稼働にまい進。戦争神社に参拝。どこが庶民の党か。

 繰り返す、話にならない。こんな政党に存在の必要性はない。さらに言えば支持者は自分で考える力が極端に不足している。

13. 2014年6月27日 05:49:36 : YxpFguEt7k

 植草氏の悪い予感が的中しそうですね。公明党・創価学会にはガッカリです。それにしても西日本新聞のスクープは見事でした。

 山口那津男氏も弁護士出身とのこと…山口氏が「俺が辞めればいいんだろ」と漏らす場面もあったという党関係者の一人は言う。「代表辞任は許されない。辞めれば党が『筋を曲げた』と認めることになる。ますます党員や支持者に説明がつかなくなる」

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/politics/article/96159

 山口氏が辞めればよかったのです。そうすれば『平和の党』の看板は守られました。ご自身も優れた順法精神の持ち主であることが証明されたはず。それももう手遅れですね。

 植草氏、がんばってください。応援しております。

14. 2014年6月27日 09:54:00 : 7a485pUwzQ

>>国家は、再び道を誤ることになるだろう。国家は国民の総意であるから、正確に云えば・・「国民は、再び道を誤ることになるだろう」となる。

 創価学会も血脈の筋を替え、公明党も憲法の筋を替えたとなると、道を誤らせた勢力としての烙印は覚悟しておくべきである。仏法を愛する者として、誠に残念至極である。・・より、一からやり直せとのことです。

15. 2014年6月27日 10:49:20 : rrhrFN6JLd

 端から平和の党なんかでは無く利権の在日党だったんだろ。

16. 2014年6月27日 11:38:26 : 22ZLzGfoYs

 米国から「カルトに指摘するぞ」と脅され 、縮み上がった。魂を売り、「信仰」を売り、国を売る売国教団、売国政党。おぞましい輩だ。鬼畜と言ってよかろう。

18. 2014年6月27日 14:00:07 : Y2bkRRrsZQ

 自民はまさに戦前のナチスへと回帰したわけだ。よりによって、平和と人権を主張してきた宗教が、ナチスのお先棒を担ぐことになった

22. 2014年6月27日 18:35:36 : r3pqrbifJo

 創価学会はフランスでは「カルト」と認定されている。アメリカも「カルト」認定される恐れがある。また日本での実態が「政教一致」と認定される恐 れも十分ある。また宗教団体?への課税と言う今後の問題もある。

 これらの弱点を狙われては「平和の党」だのとのんきに構える余裕は無い。震え上がり「上様 「自民党のこと」の仰せごもつともでござりまする。上様の解釈改憲での「戦争容認」に謹んで賛成いたしまする、。」と平身低頭で白旗を掲げ投降する以外に 道は無いように思う。

23. 2014年6月27日 18:38:10 : ZJjjXs7Jfk

 創価学会と公明党はマスゴミの口封じに巧妙な手口を使っている。邪教新聞の印刷を各地の新聞社に印刷の下請けをやらせている。これにより、スポンサーには口出しできないようにしているのだ。この、ずるいエセ宗教団体と公明党は、社会の「ガン」である。

25. 次郎 2014年6月27日 19:32:03 : FV0BoL10KVXeM : cpSu9MQbew

 創価学会の信者の皆さん、恥ずかしくないですか。平和と福祉の党だという公明党はいつもの通りですがそれを支持し操作する幹部を無条件に信じているあなたは生きる価値があると思いますか。宗教って何?。他人を騙す教え?

26. 2014年6月27日 20:19:59 : 5hUUI5mUwM

 選挙をやると功徳が出るという創価学会、もう一つ、戦争をやると功徳が出るが増えました。池田会長の教義である天下取りは、夢のまた夢になります。

27. 2014年6月27日 21:14:34 : cYmWYh7b7A

 学会員なんぞ生活保護の不正受給のために入信してるだけだろ、しかも不正受給金からお布施な税金泥棒することが目的のセクトと人間やめたゾンビの組み合わせ

(7)NHKは中国の報道姿勢を批判できるのか!

 日本のマスコミは、よく中国の閉鎖的な報道姿勢を批判する。しかし、新宿の焼身自殺未遂を報道しないNHKをはじめとするマスコミは、中国の閉鎖的な報道姿勢を批判する資格はない!

(8)★阿修羅♪からの転載記事 「新宿で男が焼身自殺。その前に拡声器で「集団的自衛権反対」を叫ぶ:兵頭正俊氏」(晴耕雨読) 投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 6 月 29 日 23:15:45

http://www.asyura2.com/14/senkyo167/msg/642.html

27953.jpg

「新宿で男が焼身自殺。その前に拡声器で「集団的自衛権反対」を叫ぶ:兵頭正俊氏」
http://sun.ap.teacup.com/souun/14577.html 2014/6/30 晴耕雨読

https://twitter.com/hyodo_masatoshi

 焼身自殺。集団的自衛権に抗議して。最初は、デマかと思ったが、動画がある。犬HKはどうやって報道するか。権力の犬なので、報道しないか。

 公明党の山口那津男の見解が聞きたい。逃げて、出てこないか。仏教はもうヤメか。すでに公明党の賛成が人を死に追いやっている。

> 新宿での抗議の上での焼身自殺未遂事件)この事件の悲惨な写真をツィッターで広めるな!という声が多い。しかし、命を賭けて発信しようとしたメッセージとともに広めることは、この人の意に沿うことだと言う意見もある。私は後者である。その千倍の悲惨になる集団的自衛権に口をつぐんではならない。

> 夕方のTVニュースを見たが、民放も朝日の20秒程度の放送だけで、他局はNHK同様、全く報じなかった。恐ろしい国になってしまったのか、突然の事件に自民党広報室が、どのように報道規制すべきか混乱したのかもしれない。

 これが中国の政府批判の焼身自殺だったら、犬HKを先頭に各社報道する。自国の政府批判につながることは報道しない。ほんとうにメディアがダメになった。国を不幸にする元凶は、メディアである。外国の政府批判は報道するが、自国は隠蔽する。

 山口那津男は見解を出すべきだ。

> #Japan: Anti-war protester sets himself ablaze after blasting PM Abe新宿で男が焼身自殺 拡声器で「集団的自衛権反対」叫び http://t.asahi.com/f54f

 新宿で男が焼身自殺。その前に拡声器で「集団的自衛権反対」を叫ぶ。公明党の山口那津男は、逃げないで見解を出すべきだ。山口の仏教では、こういうのをどのように説明するのか。ぜひとも聞かせてほしい。

 いずれ何十、何百の死体が帰国する。それをどうやって迎えるのか。これはその前段だ。「男性は鉄枠の上にあぐらをかいて座り「70年間平和だった」「戦争しない」「政教分離」などと話していた。「君死にたもうことなかれ」と、与謝野晶子の詩の一節を口にした後、火を付けた」(『中日新聞』) http://bit.ly/UXkJq8

> 南アフリカのニュース専門局「eNCA」電子版もAFP電を引用し「日本の男性が平和主義放棄に抗議して焼身自殺未遂」 http://t.co/nsbmmzYkt4

> NHK総合、20:45のニュース。集団的自衛権に反対する焼身自殺の事件は、全国のニュースにも、関東のニュースにも出なかった。 長々と報道されたのは埼玉の〝とうもろこし早食い〟だった。

 日本はほんとうに西側の国なのか、という疑惑が欧米に広がっている。今回の焼身自殺への報道姿勢は、さらにそれを強めるだろう。

 江戸時代でも瓦版に人が群がるほどの事件だ。政府批判につながる事件は、国民に知らせないのである。それでも外国が猛烈に報道しているので、どこまで隠せるか。

> 「集団的自衛権を力づくで押し通す安倍政権に対する抗議の焼身自殺未遂事件」、この極めて痛ましいショッキングな事件、海外メディアは続々と報じているにも関わらず、日本メディアの反応はすこぶる鈍い。むしろ白昼の繁華街で「危険行為」を行った「異常者」として「処理」しようという意図すら臭う。

> 新宿の焼身自殺未遂について多くの海外メディアは「日本政府が集団的自衛権の行使容認を閣議決定することに抗議して」と報じているが、アルジャジーラなどの骨のある海外メディアは「平和憲法を変更して日本の軍隊の海外での軍事行動を可能にしようとしている安倍晋三首相に抗議して」と報じている。

> NHKはもちろんだが、Yahoo!ニュースでも取り扱う気配ナシ 

 アフガニスタン戦争での死者数(2014年6月25日現在)を、米国を除く上位5か国だけ挙げる。英国が453人、カナダが158人、フランスが86人、ドイツが54人、イタリアが48人である。いずれこのどこかに日本が入れられることになる。

 小さく生んで大きく育てるのが集団的自衛権。

> ロシア国際放送「日本の男性が軍国主義化に抗議して焼身自殺未遂」http://t.co/mScS2LQsw5

> BBCニュース「日本の政府が次の火曜日に平和憲法を変更して海外でも軍隊が活動できるようにするための承認を行なうため、1人の男性が東京の中心部で自らの体に火をつけて抗議行動を行なった」→ http://t.co/6fSKQjFBYL

 ベトナム戦争では、戦争に抗議して僧侶(仏教)が抗議の焼身自殺を図ったものだ。平成の日本では、仏教の政党(公明党)が戦争の政策に賛成して、一般の国民が抗議の焼身自殺を図る。逆転している。いかに公明党が堕落しているかを物語っている。山口那津男は、見解を出すべきだ。

> ニューズウィークを始め大半の海外メディアが新宿の焼身自殺未遂を大きく報じてるのに、ニューズウィークの日本版を始め海外メディアの日本語サイトは揃ってスルーしてる。北朝鮮のミサイルは海外メディアの日本語サイトでも軒並み大きく報じてるのに。「ザ・あからさま」って感じ。

↓動画:矢島舞美
maimikonomachigifbs.gif
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts