361.マイケル・ジャクソンのネバーランドは、レプタリアン(爬虫類人)に食べられそうになった子供たちの救護所だったのか?

Paris20Jackson.jpg
↑画像:あのマイケルジャクソンの娘とされるパリス・ジャクソン(Paris Jackson)

(1)国境なき医師団

国境なき医師団(こっきょうなきいしだん、仏:Médecins Sans Frontières、略称:MSF)は、1971年にフランスの医師のグループによって作られたNPOである。国際援助分野における功績によって、1999年にノーベル平和賞を受賞した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%A2%83%E3%81%AA%E3%81%8D%E5%8C%BB%E5%B8%AB%E5%9B%A3

「358.資本家・リチャード・ロックフェラーは、13日の金曜日、父親のデービッド・ロックフェラーに殺害され食べられてしまったのか?」で紹介したリチャード・ロックフェラーは、約20年間にわたって「国境なき医師団」の米諮問委員会会長を務めていた。358番の記事をお読みになりたい方はこちら

(2)マイケル・ジャクソンのネバーランドは、レプタリアン(爬虫類人)に食べられそうになった子供たちの救護所だったのか?

358番の記事の(5)に「レプタリアン」と言う言葉を補足をします。リチャード・ロックフェラーは、父親のデービッド・ロックフェラーに会い、イルミナティ一族やロックフェラーの秘密を暴露した本を出版すると父親を脅迫した。その直後に、飛行機事故で死亡したように見せかけて殺害され、13日の金曜日の満月の夜、人肉を喰らうレプタリアン(爬虫類人)の生贄儀式に捧げられてしまった。これが358番の(5)のPOINTです。

この説が正しいとすれば、イルミナティに反逆して殺害されたとも言われているマイケル・ジャクソンと同じと言う事になる。

http://two-wave.at.webry.info/201209/article_1.html

145.マイケル・ジャクソンは、CIA<イルミナティー>に暗殺されたのか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-191.html

2014年6月25日は、マイケル・ジャクソン五回忌でした。ブログ「rapt」の管理人は、悪魔崇拝の生贄になりそうだった子供たちを何らかのルートで救出し、ネバーランドに匿ったのではないかと推理する。

http://rapt.sub.jp/?p=12068

 この推理、表現を変えれば、レプタリアン(爬虫類人)に食べられそうになった子供たちを、マイケル・ジャクソンは、ネバーランドに匿ったと言う事になるのあろうか。

(3)パリス・ジャクソン

2013年、パリス・ジャクソンは自殺未遂を起こした。彼女の実の父親がマイケル・ジャクソンではないという噂が真実味を帯びてきたことが報じられた。

http://news.mynavi.jp/news/2013/06/17/240/

自殺未遂の後、パリス・ジャクソンは、体の傷が癒えるなり全寮制の学校に編入した。

http://news.livedoor.com/article/detail/8403508/

その自殺未遂の約半年前の次の記事は、マイケル・ジャクソンへのB層の偏見を継続させようとするイルミナティの悪意が感じられる記事である。

題して、「マイケル・ジャクソンの“まともすぎる”娘パリスちゃん(14)の現在とその野望とは?」。マイケル・ジャクソンがまともではなかったと未だに信じ続けているB層に向けての記事だろう。それにしても悪意に満ちている。

http://www.elle.co.jp/culture/celebgossip/Michael-Jackson-s-daughter-Paris-fends-off-greedy-relatives-and-plots-13_0108

(4)2014年6月19日 これでいいのか日本 憲政記念館



tumblr_mz72amkpP81r31n4zo1_250.gif
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts