30.Whitney Houston が急死したのはなぜか?

(1)歌姫ホイットニー・ヒューストン急死!全米悲嘆

米国の歌姫ホイットニー・ヒューストン(48歳)が11日(米時間)(日本時間では、12日午前)死去したことを広報担当者が明かした。全米が騒然とし、CNNやAP通信などが一斉に伝えている。報道によると、死亡したのは米ロサンゼルスにある「ビバリーヒルトンホテル」の4階客室。当局によると午後3時22分(米時間)通報があり、蘇生措置がとられたが3時55分(米時間)に死亡が確認された。死因は明らかになっていないが、ホイットニーは薬物治療の過去があり、関連性も指摘されている。

Whitney Houston dead

 ホイットニーは、アメリカだけで400万枚を売り上げた「オールウェイズ・ラブ・ユー」や「オール・アット・ワンス」など数々のヒット曲で知られ、グラミー賞に通算6度輝いた。また、映画「ボディーガード」に主演し見事な演技を見せるなど、1980年代からこれまで一世を風靡したディーバだった。くしくも常連だったグラミー賞前日の訃報だった。

日本の多くの人々は、このニュースを午前10時台から午前11時台にかけてのニュースで知りました。

Whitney Houston

死因など詳しい状況はまだ明らかにされていませんが、ホイットニーは今週初めにLAで行われたKelly Price & Friends Unplugged: For The Love Of R&B Grammy Partyに姿を見せており、そのときのパパラッチ画像を見る限り、特に具合が悪そうには見えない。

 一体、彼女になにがあったのでしょうか?

(2)ホイットニー・ヒューストンの全米NO1HIT

では、彼女の冥福を祈りつつ、彼女の全米NO1HIT(Billboard Hot 100のNO1)をCHECKしましょう。

85/10/26.........[ 1]SAVING ALL MY LOVE FOR YOU _ Whitney Houston (すべてをあなたに)

86/02/15-86/02/22[ 2]HOW WILL I KNOW _ Whitney Houston (恋は手さぐり)

86/05/17-86/05/31[ 3]GREATEST LOVE OF ALL _ Whitney Houston

87/06/27-87/07/04[ 2]I WANNA DANCE WITH SOMEBODY _ Whitney Houston (すてきなSOMEBODY)

87/09/26-87/10/03[ 2]DIDN'T WE ALMOST HAVE IT ALL _ Whitney Houston (恋のアドバイス)

88/01/09.........[ 1]SO EMOTIONAL _ Whitney Houston (やさしくエモーション)

88/04/23-88/04/30[ 2]WHERE DO BROKEN HEARTS GO _ Whitney Houston (ブロークン・ハーツ)

90/12/01.........[ 1]I'M YOUR BABY TONIGHT _ Whitney Houston

91/02/23-91/03/02[ 2]ALL THE MAN THAT I NEED _ Whitney Houston (この愛にかけて)

92/11/28-93/02/27[14]I WILL ALWAYS LOVE YOU _ Whitney Houston (オールウェイズ・ラブ・ユー)

 「I WILL ALWAYS LOVE YOU」:14週連続全米1位で400万枚突破のメガヒット。この曲の入った映画「ボディガード(The Bodyguard)」のサントラもアメリカだけで1600万枚売り上げてトータル20週アルバムチャートの1位となり、年間チャートの1位(シングルも同様)となっている。

この「I WILL ALWAYS LOVE YOU」はカバー曲である。オリジナルは、「Jolene」(1973年全米60位。日本では、オリビア・ニュートンジョンのカバーで有名、とは言え30代・20代・10代の皆様は、ご存じないかと思います。)、「Here You Come Again」(1978年全米3位)、「9 To 5」(1981年全米1位)、「Islands in the Stream」(1983年全米1位。ケニーロジャースとのデュエット)などのヒットを持つカントリー界の大御所ドリー・パートンのHITであった。

この「I WILL ALWAYS LOVE YOU」は映画主題歌である。映画はケヴィン・コスナーとホイットニー・ヒューストンの共演で話題を呼んだ。尚、1991年のBillboard Hot 100の年間1位もケヴィン・コスナー主演の映画『ロビン・フッド Robin Hood: Prince of Thieves』の主題歌のブライアン・アダムス「(Everything I Do) I Do It for You」だった。

 「I WILL ALWAYS LOVE YOU」:14週連続全米1位

95/11/25.........[ 1]EXHALE(SHOOP SHOOP) _ Whitney Houston (ため息つかせて)

 ちなみに、最新の2012年2月18日(次の土曜日)付けのBillboard Hot 100のNO1は、「Stronger」by Kelly Clarkson です。

「Stronger」は、アメリカン・アイドル初代チャンピオン、ケリー・クラークソンの3曲目の全米1位となりました。彼女には、他に2002年の「Before Your Love / A Moment Like This」と2009年の「My Life Would Suck Without You」という全米1位があります。

彼女のHIT曲の中で私が1番気に入っているのは、"Breakaway"(全米最高位6位)です。

"Breakaway" PV

 2012年2月18日付けのBillboardアルバムCHARTのNO1は、昨年11月に喉の手術をしたアデルの大ヒットアルバム「21」。このALBUMは、TOTAL19週目の全米アルバムチャート1位。最初に1位になったのが昨年の東日本大震災の翌日3月12日付けだというから、いかに息の長いロングセラーALBUMであるかが判る。

(3)福島第一2号機原子炉の温度上昇、78℃超

福島第一原子力発電所2号機で原子炉の温度が再び上昇し、78℃を超えた。去年12月に政府と「東京電力」が「冷温停止状態」を宣言した以降としては、最も高い温度になっている。

 福島第一原発2号機は、今月に入ってから圧力容器の一部で温度の高い状態が続いている。これを受け、東京電力は先週、注水量を増やし、「70℃前後で安定した状態になった」と説明していた。しかし、温度は11日夜から再び上昇し、注水量をさらに増やしても下がらず、12日午前10時には78.3℃を記録した。ただ、同じ高さにある別の2つの温度計は35℃程度で、変化は見られないという。

 東京電力は、原子炉内の気体を調べた結果、核分裂反応が連続して起きる「臨界」は起きていないと分析しているが、12日のうちにさらに注水量を増やし、温度の変化を観察したいとしている。

TBS系(JNN) 2月12日(日)12時45分配信

(4)ホイットニー・ヒューストン死亡(死去)(逝去)、米警察「刑事事件の可能性なし」

 【ニューヨーク=黒沢潤】11日に死亡が確認された米人気歌手、ホイットニー・ヒューストンさんの死因をめぐり、米カリフォルニア州ビバリーヒルズ地区の警察幹部は「現時点で刑事事件であることを示す明確な証拠はない」と述べ、他殺の可能性を否定した。AP通信が伝えた。

 ヒューストンさんの遺体は同日、ホテル「ビバリーヒルトン」の4階の部屋で見つかっていた。広報担当者によれば、ヒューストンさんのボディーガードが遺体を発見、救急隊に通報したという。

<転載終了>

彼女自らが主演した映画は、「ボディガード」でしたが、彼女の遺体を発見したのは、ボディーガードだったんですね。

(5)グラミー賞授賞式 coming up soon!!

 前述のアデル(Adele)の「21」は、現在までに世界中で1600万枚以上を売り上げ、21世紀を代表するスーパーヒットアルバムとなった。

 グラミー賞では、主要3部門を含め全6部門にノミネートされ、全米の各メディアでは今年のグラミー賞は軒並み“アデルの年”になるだろうと報道している。以下、抜粋してみよう。

「グラミー賞の注目はアデルに注がれている」(ロイター通信)、「アデルがグラミーでローリング旋風を巻き起こす」(USAトゥデイ)、「アデルのためのグラミーが用意された」(CNN)、「グラミー賞:アデルに勝てるアーティストはいるのか?」(NYタイムズ)

 この盛り上がりの中、アデル本人は以下のようにグラミー賞への思いを語っている。「もし『21』でグラミー賞を受賞できたとしたら、それはもう信じられないほど素晴らしいことだとは思うわ。でも、今まで起こったことだけで私は満足よ。だから、後は授賞式で良いパフォーマンスをして、自分の音楽が認めてもらえたことを素直に喜ぼうと思ってる。もしも受賞したら、忘れられない経験になるだろうし、もしも受賞しなかったとしても、この一年は私の人生のうちで最高の一年だったことには変わりないわ」。

Adele1.jpg

 グラミー賞授賞式でのパフォーマンスも決定しているアデル。世界中の注目が集まるグラミー賞授賞式は日本時間2月13日(月)午前に開催される。大いに期待したい。

もちろん、明日、私は仕事である。

 なお、アデルの「21」は、全米1位、全英1位をはじめその他全世界約20カ国で1位を獲得した。

グラミー賞では、シングル「Rolling in the Deep」(11/05/21-11/07/02の7週連続Billboard Hot 100のNO1)が最優秀レコード賞・最優秀楽曲賞・最優秀短編音楽ビデオの3部門ににノミネートされ、同じくシングル「Someone Like You」(11/09/17と11/10/15-11/11/05の計5週Billboard Hot 100のNO1)が最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンスの1部門にてノミネートされている。

年明け後に、同じALBUMから「SET FIRE TO THE RAIN」が、12/02/04-12/02/11(要は昨日付け)付けで2週連続Billboard Hot 100のNO1となった。

(6)ニーチェとケリー・クラークソン

前述のKelly Clarksonの「Stronger」は、この曲にとってかわり、18日付けのBillboard Hot 100のNO1となる。

 Kelly Clarksonの「Stronger」は、全米でトヨタ自動車のテレビCMに起用されました。

 この曲のメッセージは、拙ブログの「18 ダルビッシュ有は、米大リーグで「I WILL SURVIVE」できるのか?」で紹介した79/03/10と79/03/17 と79/04/07の計3週間Billboard Hot 100でNO1に輝いた「I Will Survive」とほぼ同じである。

 Kelly Clarksonの「Stronger」は、ファシズムに利用された19世紀のドイツの哲学者ニーチェの名言にインスパイアされてできた曲です。

ドイツの哲学者ニーチェ(Friedrich Nietzsche)の哲学書『Twilight of the Idols』(邦題:偶像の黄昏)の章「Maxims and Arrows」に登場する有名な名言”Out of life’s school of war: what does not destroy me, makes me stronger.”を英訳したのが、この曲のサビになっている。そのサビの一部がサブタイトルになっている。

サブタイトルは、「What Doesn't Kill You」である。

 この曲のテーマは、失恋後のエンパワーメント(能力向上、成長)です。

 サビの"What doesn't kill you makes you stronger"は、Kelly Clarksonはdivaですから、「死ぬほど辛いことが人をずっと強くするの」と訳しましょう。

男性である私が歌ったら、「人は傷つくと強くなるものなのさ」と訳しましょうか。

失恋に限らず、つらい思いをしている人々が多いのかもしれません。

これまた、拙ブログの「18 ダルビッシュ有は、米大リーグで「I WILL SURVIVE」できるのか?」で紹介したRihanna featuring Calvin Harrisの「WE FOUND LOVE」が、11/11/12-11/12/31付けと12/01/21-12/01/28付けで計10週もBillboard Hot 100でNO1に輝いたところからも、それが感じられます。

この曲のサビの「We found love in a hopeless place 」は、「絶望の淵で、私達は愛に出会ったの。」と訳しましょう。

(7)お礼

 おおよそ今から24時間前の2月11日(土)22:43頃、「2012年1月9日0:30~ 訪問者数 Wカウントなし」が、ついに1000名様を超えた。

あれから24時間以内に、新規来訪者が更に50名様上積みされ、21:57現在、1050名様となりました。

 ありがとうございました。

 よろしかったら、各記事の拍手をクリックして頂けたら幸いです。

(8)Whitney Houston と Adele <ホイットニー・ヒューストンとアデル>

逝去された方をむち打つつもりはありませんが、このタイトルで更に綴らせて頂きます。

グラミー賞受賞が確実視されているAdeleと比べると、6度のグラミー賞に輝き、2億枚近いアルバムセールスを誇ったR&B界の人気歌姫・Whitney Houstonも、最近はやや陰りが見えていた。

 元夫であるボビー・ブラウンとのトラブル続きのプライベート・ライフ、離婚後には17歳も年下のラッパー、レイ・ジェイとついたり離れたり。ヒューストンはストレス回避を理由に、アルコールとドラッグへの依存を加速的に深めていったと言われているが、ブラウンとの間の一人娘、ボビ・クリスティーナちゃんのコカイン吸引(当時まだ17歳)が報じられたこともあり、ドラッグ問題の親子連鎖に人々は心を痛めたものである。

 日航機墜落事故があった1985年のデビューアルバム『Whitney Houston』に代表される、あの“天使の歌声”をすっかり失ってしまったヒューストンは、それでも2009年にはアルバム『I Look to You』を発表し、たくさんのファンに迎えられてステージに復帰した。だが残念ながら評価はボロボロ。歌手としての自信を失ったばかりか、最近ではホームレスさながらの暮らしぶりまで伝えられていた。

2012年01月には、ホイットニー・ヒューストンが全財産を浪費し、次のアルバムのギャラを前払いしてもらって生活をしていると報じられていた。

 コカイン中毒を乗り越えたホイットニーは、契約しているレーベル会社アリスタの好意で支えてもらっていると、ある関係者はレーダー・オンラインにコメントした。
「ホイットニーの財産はもうありません。音楽業界の大御所と彼女のレーベルが次のアルバムのギャラを前払いしてサポートしています。でも、そのアルバムがいつ出るのかは未定。周囲の助けがなければホームレスですよ」と言っている。

 金銭的にはかなり厳しいらしく、わずかなお金さえも友達から借りている状態らしい。「誰かに電話をして100ドル(約7,600円)を借りたと聞いています。哀れです。マライア・キャリーなみの金を持っていてもおかしくないのに、完全に破産状態です」とのこと。

 ホイットニーは2001年8月に、6枚のアルバムで1億ドル(約76億円)という音楽史上最高額の契約をアリスタと結んだことで有名だが、この金もすべて使ってしまったようだ。

つまり、ホイットニーは、SKE48の "バンザイVENUS" の歌詞の一節にある「失うもの なんかねえ」状態、教科書用語で言う「無産者」「プロレタリアート」になってしまったと言うことなのでしょうか。

破産申請間近と言う噂について、代理人は「新しく映画出演の話がある。破産というようなことは決してない」と否定したばかり。関係者らもヒューストンの急逝にかなりのショックを受けているものと思われる。

 ごく最近の彼女について、手首を切ってポタポタと血が流れる様子を目撃されたと伝えているメディアもある。さらなる情報を待ちたいと思う。

 9日の夜には、ハリウッドのナイトクラブ「Tru」からひどく顔色を悪くして出てきた姿も目撃され、話題になっていた。

10日夜は、ヘヴィーなパーティを楽しんでいたようだ。

 自殺の可能性もあると言う。

たくさんのすてきな曲を届けて頂きありがとうございました。

やすらかに、お休み下さい。


スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts