319.小保方晴子さんはペテン師なのか?

uid000002_201402031611022cbbb561.jpg
↑画像:若山照彦教授&小保方晴子さんの仲良し写真

(1)STAP細胞の作製に本学若山照彦教授が貢献-理化学研究所 小保方晴子研究ユニットリーダーらとともに- 山梨大学のHPから

http://www.yamanashi.ac.jp/modules/ynsprofile/index.php?content_id=309

山梨大学生命環境学部生命工学科の若山照彦教授が理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーらと共同で研究を行い、その成果を論文2篇にまとめ、1月30日発行の科学雑誌Natureに2篇同時に発表しました。

 同研究では、分化した体の細胞を、従来のクローン技術(核移植)やiPS細胞作成技術(遺伝子導入)といった人為的な処理を行わず、より自然に近い簡単な方法で初期化することに成功しました。初期化された細胞は、ES細胞やiPS細胞と同じ多能性(体のすべての細胞へ分化できる能力)を有していることが証明され、STAP細胞 (stimulus-triggered acquisition of pluripotency)と名付けられました。

 続きは、こちらをご覧ください。

(2)爬虫類人レプタリアン・小保方晴子さん

小保方晴子さんの研究成果が掲載されたNatureが発行された翌日から、ブログ「宇宙への旅立ち」は、小保方晴子さんを叩きまくっている。

 2014年1月31日金曜日付けでは、「万能「STAP細胞」30歳 小保方晴子さんの素顔は・・・爬虫類人だった!」と言うタイトルだった。

http://reptilianisreal.blogspot.jp/2014/01/stap30.html

まだ、バッシングが始まらない段階で、彼女を叩いている。慧眼と言う他ない。とは言え、爬虫類人だと指摘した上で、下ネタで叩いているだけとも言えるが。

smap 4
smap 6
rika 5
smap 15
smap 16

次に小保方さんが登場したのは、2014年2月2日月曜日付けの「小保方晴子さんは若い頃から悪魔組織フリーメーソンに利用されているのか?」 だった。ここでは、「彼女は本物の科学者ではなく、フリーメーソンに属する小さい頃からの爬虫類女SEックス部員であり、ただ単に、科学者の振りをして、このニュースに登場した。」と断じた。

http://reptilianisreal.blogspot.jp/2014/02/blog-post_2.html

まだ、この頃、小保方バッシングがSTARTしていない。なので、richardkoshimizu's blogのコメント欄には、こんなコメントがあったりする。

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201402/article_8.html

小保方さん、子供のように、とても目が澄んでいて、いいですね! リチャードさんの言うとおり、この様な日本の心をもった女性がいる事に感動しました。(男性は、小保方さんをみて、嫁さんにしたいと思う方が多いのでは! 笑) 原 2014/02/02 10:35

上のコメントからお解りの通り、richardkoshimizu氏も小保方晴子さんを絶賛していたのです。

次に小保方さんが「宇宙への旅立ち」に登場したのは、2014年2月3日月曜日付けの「爬虫類女小保方晴子さんを有名にした科学雑誌ネーチャーはフィクション雑誌だった!」であった。「科学雑誌ネーチャーは、ダーウィンの進化論という嘘そしてフィクションを宣伝するプロパガンダ雑誌である。」と主張した。

http://reptilianisreal.blogspot.jp/2014/02/blog-post_3.html

(3)インターネット上で「不自然な画像データが使われている」との指摘

 その後、ネット上のさまざまなサイトで、▽論文の画像データの一部が過去の論文の画像を流用した可能性がある ▽STAP細胞から作ったとする胎盤の写真が使い回しされている??などと指摘された。

 このため、理研は複数の専門家による調査を13日に開始した。

(4)安倍総理面会を、小保方晴子さんがドタキャン

14日夕の政府の総合科学技術会議(議長・安倍晋三首相)に出席する予定だった理化学研究所の小保方晴子さんが出席を見送った。政府関係者によると報道の過熱が予想されるため。万能細胞「STAP幹細胞」の作製に成功した小保方さんを、会議側が招待していた。

http://ch.i.cmaas.net/news/scienceplus/1392435186/

2014年2月20日 発売 「週刊文春2014年2月27日号」安倍総理面会もドタキャン STAP細胞 小保方晴子を襲った捏造疑惑

http://shukan.bunshun.jp/articles/-/3669

(5)STAP論文の画像は「単純ミス」 共著者の山梨大教授

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140218-00000036-asahi-sci

 STAP細胞の論文で、小保方ユニットリーダーの共著者の若山照彦山梨大教授は18日、2枚のマウス胎盤写真が酷似していると指摘された点について、朝日新聞の取材に「同じマウスで角度が違う写真を2回使ってしまい、一方の削除を忘れた単純ミス」と説明した。

 若山教授はSTAP細胞を使いマウスを作製し撮影した。一つの胎児に対し向きを変えたりひっくり返したりして何枚も撮影。複数の胎児で計数百枚撮ったという。その結果、小保方さんが勘違いし同じ胎児の写真を使ってしまった。1人で追加実験をしながら図を作製するなど、忙しすぎたことも勘違いの要因の一つという。

 加えて「論文を何度も書き直し、最終的に2枚目の写真は本文と関係がなくなっているが、削除を忘れた」と話している。(中村通子)

■早稲田大も調査開始

 小保方さんに学位を与えた早稲田大も18日、調査を始めた。博士論文には米ハーバード大留学時の2011年に発表した自身の論文が引用されており、ブログは、引用元の論文に「画像の使い回しがあるのではないか」という疑問を指摘している。この画像は博士論文でも使われている。

 画像は、どんな遺伝子が働いているかを調べた結果で、別の種類の遺伝子なのに酷似した画像が数カ所あった。指導したチャールズ・バカンティ教授はネイチャー誌に「悪意のないミスのようだ」と説明。先週、これらの画像の削除を掲載誌に求めた。早大広報室は「仮に問題の画像が取り消されたとしても、博士論文の趣旨に影響しないと考えている」としている。(阿部彰芳)

(6)小保方晴子疑惑 「宇宙への旅立ち」と「真実を探すブログ」のスタンスの違い



2014年2月19日水曜日付けの「宇宙への旅立ち」は、「爬虫類女 小保方晴子さん 論文捏造で大ピンチ!」と言うタイトルで、2014年1月31日金曜日付けの記事と同じパターンで、小保方晴子さんを叩いた。

http://reptilianisreal.blogspot.jp/2014/02/blog-post_965.html

一方、ほぼ同じ頃の「真実を探すブログ」は、「理化学研究所のトップページからSTAP細胞の記事が消える!安倍総理も面会をドタキャン!画像疑惑で小保方氏を否定する声も!」と言うタイトルの記事を載せた。

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1855.html

 まず「安倍総理も面会をドタキャン!」と言う表現は正しくないだろう。これでは安倍総理が面会をドタキャンした事になり、安倍総理がかわいそうである。「真実を探すブログ」と言うからには、「真実に沿ったタイトル」にする必要がある。

 似たような表現だが、(4)で紹介した「週刊文春」のタイトルは問題ない。このブログは安倍総理を批判する記事が多い。だから、このような不適切なタイトルを付けると、ネット右翼につけいる隙を与えてしまう。

安倍総理は、旬な若いきれいな女性が大好きですから、安倍総理の方からキャンセルする事は可能性が低いのではないでしょうか。

PN2013123001001920_-_-_CI0003.jpg

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-409.html

 さて、「真実を探すブログ」の内容ですが、「宇宙への旅立ち」とは逆のスタンスに立っています。「今回のバッシングは彼女の研究成果を潰そうとしている連中が起こしているものだと推測されます。」と主張しています。

つまり、小保方捏造説には立っていないのです。それに対しては当該記事のコメント欄に次のコメントが寄せられました。

「ここの記事は真実に近いことが多く書かれていて良かったのだけど,オボカタ騒動に関しては完全に間違っているなあ.完全にあの一味は捏造常習集団です.他の勢力からの吊し上げでも何でもなく,今回は自業自得,自滅です.」

「宇宙への旅立ち」の当該記事のコメント欄には次のコメントが寄せられました。

「真実を探すと言いつつ、なんと小保方という人が素晴らしい発見をしたからこそ、イルミに潰されようとしているかのような話が上がっています。
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1855.html
ここの管理人を説得できるような素晴らしい内容をお待ちします。」

小保方さんが「詐欺師」「ペテン師」でないのなら、これだけ疑惑が広がっているのだから、説明責任を果たすべきではないでしょうか。

 それができないという事は、「真実を探すブログ」が主張するような「素晴らしい発見」ではなくて、「小保方晴子さんはペテン師」と考えた方がよろしいのではないでしょうか。つまり佐村河内守と同じである。

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-430.html

「真実を探すブログ」は、1日に何本も記事をUPし、私たちに貴重な情報をたくさん提供して下さいます。ですが、時々、真実を見抜く力がやや弱いなあと感じる時がありますなーんて、偉そうに言える程のシャープさを私が持っているわけではありませんが。「真実を探すブログ」の管理人さん、失礼しました。

(7)阿修羅 疑惑深まるSTAP細胞 免疫細胞の専門家が小保方論文の決定的な矛盾点を指摘 難波紘二 広島大学名誉教授 

http://www.asyura2.com/13/nature5/msg/210.html

コメント欄にかなりの数のコメントが寄せられています。関心の高さが感じられます。

(8)「世紀の大発見」に更に新たな疑惑

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1393684639/l50

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1393686954/

「世紀の大発見」に新たな疑惑だ。理化学研究所研究ユニットリーダーの小保方晴子博士(30)らが執筆した「STAP細胞」論文>。「画像の誤掲載」や「不自然なデータ加工」といった指摘が相次いでいたが、今度はナント、他の論文の一部を引用元を明らかにせずに“コピペ”していた疑いが浮上した。

 疑惑が指摘されているのは、英科学誌ネイチャーに掲載された論文のうち、核型分析の方法をめぐる記述だ。英文で約900字、10行ほどの論文が、ドイツの研究者J・Guoらが05年に国際的な科学誌に発表した「マウス胎児性幹細胞のマルチカラー核型分析」の論文の一部の「丸写しではないか」と指摘されているのだ

「他の論文を使った場合、引用元を記さなければならないのは常識です。そうでなければ『パクリ』になってしまう。奇妙なのは、小保方論文には『Kc1』と意味不明な記述が出てくること。ドイツの研究者の論文に出てくる『Kcl』(塩化カリウム)という単語の小文字の『l』の文字が数字の『1』に誤認識されたかのようにもみえるのです。

 実際に執筆していれば誤表記に気づくはずで、そのため『コピーしたのではないか』と疑う声が出ています」

 論文には小保方さん以外にも複数の研究者が関わっている。実際に執筆したのが彼女ではない可能性はあるものの、研究リーダーとしての責任はある。しかも、学術論文の「パクリ」については、01年にノーベル化学賞を受賞した理研の野依良治理事長が昨年1月、海外の科学誌で見解を公表。〈参考にした文献を故意に引用しない〉〈他の著者の論文から表現の一部を借りながら自分のものとして発表する〉行為などに対し、〈許されることではない〉と厳しく指摘している。

■「すべて分かっているのは本人だけ」

 数々の疑惑について、理研は今も「調査中」(広報室)と説明するだけだが、これも妙な話だ。一般的に研究者は実験を行うと、「ログ・ブック」と呼ばれるノートに実験手順や結果を細かく記し、不審な点があればすぐにチェックできる仕組みになっているという。「画像の誤掲載」といった単純ミスなら、原因はすぐに分かるはずだからだ。

 東大医科学研究所の上昌広特任教授はこう言う。
「これだけ次々に疑惑が出てくれば、論文のクオリティーや信頼性にも疑問符が付くのは当然です。すべて分かっているのは、本人(小保方さん)だけ。早くきちんと説明した方がいいでしょう

 騒動が長引くほど、疑惑や臆測が噴出する。これまでの研究の苦労や成果を大事にするのであれば、当事者が早く疑惑解明のための会見を開くべきだ。

http://gendai.net/articles/view/newsx/148342

tumblr_mz4edw8z2q1r31n4zo4_250.gif
スポンサーサイト

Comment

たまWEB #-

no subject

”アメリカ、STAP細胞利権を狙う、おぼかたつぶし・・・・”というのも、いやぁぁ真相はいずこに??
http://blog.goo.ne.jp/youkaiou/e/758bf4454763943a04842c7fdf7abc14    山口敏太郎の・・・・

2014/03/12 (Wed) 02:58 | URL | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: Re: no subject

> たまWEB様、拙ブログにコメントを頂きありがとうございます。返事が遅れて申し訳ありません。
>
> リンク先の山口敏太郎の妖怪・都市伝説・UMAワールド「ブログ妖怪王」 2014年03月11日付けの記事「アメリカがSTAP細胞の利権を狙う!! 日本の小保方をつぶし論文出し直しの隙に利権を固める!!」を拝読しました。
>
>  拙ブログでも、この「319.小保方晴子さんはペテン師なのか?」の後、
>
> 336.小保方氏が主張する「大きな力」とは何か? PART1
> http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-468.html
>
> 337.小保方氏が主張する「大きな力」とは何か? PART2
> http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-470.html
>
> 338.小保方氏が主張する「大きな力」とは何か? PART3
> http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-471.html
>
> 339.小保方氏が主張する「大きな力」とは何か? PART4
> http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-473.html
>
> をUPしました。よかったらお読み下さい。更に、近日中にそのPART5をUPする予定です。
>
> たまWEB様の「より一層の知識と光を求めて・・・」も拝読致しました。素晴らしいブログですね。

2014/05/11 (Sun) 02:53 | URL | 編集 | 返信
 #-

no subject

こんだけ長々書いて、結局最後は『本人だけがわかっている』とか意味わかんねー

読むだけ時間の無駄だったわw
あー損した

2014/12/10 (Wed) 20:14 | URL | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: no subject

> こんだけ長々書いて、結局最後は『本人だけがわかっている』とか意味わかんねー
>
> 読むだけ時間の無駄だったわw
> あー損した

 コメントを頂きありがとうございます。返事が遅れて申し訳ありません。

まあ、そうおっしゃらずにぜひまたお立ち寄りください。

2015/03/08 (Sun) 15:23 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts