318.日本は本当に法治国家なのか?

長澤まさみ D
↑画像:ついにヌードになるかもしれない長澤まさみ

(1)長澤まさみ「Fカップ美巨乳ヌード」 衝撃情報の“真偽”

http://gendai.net/articles/view/geinox/148212

長澤まさみ(26)がついにヌードになる――。

 こんな衝撃情報が業界を駆け巡っている。発売中の週刊ポストが報じたもので、来年正月公開の香港映画「太平輪」に出演し、推定Fカップの美巨乳と美脚をスクリーンにさらすというのだ。

 しかも、監督は巨匠ジョン・ウー。長澤と濡れ場を演じる相手役は金城武など、かなり情報は詳しい。これはもう噂レベルではないような……。

「長澤はヌードになることで大きくイメージチェンジを図りたいのでしょう。11年公開の映画『モテキ』以降はヒット作もなく、話題になるのは元交際相手が“半グレ”と呼ばれる関東連合の関係者だったことや、12年秋から交際していた伊勢谷友介と破局したなどプライベートばかり。女優として次のステージを目指すなら、今しかないタイミングといえます」(芸能ライター)

 決意のヌード挑戦で新境地開拓なら大歓迎だが。

(2)抗 議 声 明

http://qc.sanpal.co.jp/info/1677/

2月20日(金)、警視庁・神田警察署は、救援連絡センター運営委員である三角忠さんをJR水道橋駅の職員とのささいなトラブル(全治3日間)を口実にして、傷害容疑で不当にも令状逮捕した。全治3日間という診断書は、医学上は何らの支障はないももの、「被害者」なる者があくまでも「痛い」と主張することに際しての、記載である。

 昨年(2013年)、11月15日、三角さんはJR水道橋駅の改札口を出る際、職員に「キセル乗車だ」と怒鳴られ、呼び止められた。三角さんは、常に公安警察から弾圧の対象にされているのであり、そんなことはあり得ないことだ。三角さんは、JR水道橋駅の改札で、冷静に職員の言いがかりに対応し、説明を行ったが、職員は一人興奮し、「キセルだ、キセルだ」と何回も怒鳴りながら、三角さんを力ずくで、事務室にひきずり込もうとした。三角さんは、特に抗うこともせず「落ち着きなさい」といいながら、職員とともに事務室に入った。

 しかし、その後も職員の興奮は収まることなく、三角さんの胸を掴んだので、「止めなさい」と言いながら、職員の手を外そうとした。すると突然職員は自分から倒れ「突き飛ばされた。110番してくれ」と言いだした。呆れた三角さんが何度も起きあがるように言ったが、倒れたまま「痛い痛い」と言うだけで、立ちあがろうとしなかった。

 その後、神田警察署の私服警察官や近くの交番の制服警察官が多数、JR水道橋駅の事務室に詰めかけた。三角さんは、職員を突き飛ばしていないことを告げるとともに、名刺を渡して勤務先、連絡先を明らかにした。そして三角さんは、警察官も含め何人にも咎められることなく、事務室から退室したのである

 しかし、その後も神田警察署は任意出頭の攻撃を三角さんにかけ続け、家族のもとにも押しかけている。三角さんは、こうした攻撃に対して、毅然として対峙し続け、全て拒否した。こうした三角さんの闘志溢れる姿勢に恐怖した警視庁・神田警察署は、三角さんの活動を物理的に阻止すべく逮捕に踏みきったのだ。絶対に許せない。

 三角さんは、常に反弾圧・救援運動を担ってきた。救援連絡センターの運営委員でもある。また、労働運動、反戦運動、原発反対運動など多岐にわたる反権力闘争の最前線で闘い続けている。こうした三角さんの闘いに恐怖した警視庁公安部は、弾圧の機会をうかがっていた。現に、昨年11月22日に行われた秘密保護法反対集会の防衛行動に決起した三角さんに対し、警視庁公安部公安一課の私服警察官は、水道橋駅の件を持ち出し、「俺らならパクっていた」と威圧していたのだ。

 2月22日、東京地検は三角さんには「逃亡の恐れ」「証拠隠滅の恐れ」が全くないことを百も承知の上で、勾留請求を出した。翌23日、東京地裁は、弁護士の「勾留請求は却下すべき」との要求を無視して勾留を認めた救援連絡センターは、警視庁・神田警察署、東京地検、東京地裁を徹底弾劾する。一刻も早い三角さんの解放をかちとるために、全力を尽くして闘い抜く。

2014年2月24日

救援連絡センター

(3)「転び公妨」

 ここ2日程、少数ではなく多数となった読者の皆様の多くは、権力と闘った経験をお持ちではないでしょうから、「転び公妨」なる言葉をご存知ないかもしれませんね。

転び公妨(ころびこうぼう)とは、警察官などの捜査官が被疑者に公務執行妨害罪(公妨)や傷害罪などを巧みに適用して現行犯逮捕する行為。「当たり公妨」とも呼ばれる。別件逮捕の口実とされることが多い。
 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%A2%E3%81%B3%E5%85%AC%E5%A6%A8



実は、「転び公妨」は、権力に逆らっていない皆様も無縁ではなかったりします。

男「職質だと? 横柄なんだよコラ!」→警察「必殺・転び公妨!」→131日拘留、罰金40万http://jacklog.doorblog.jp/archives/32210862.html

(1)の事例は、その「転び公妨」をJR職員がやったのではないかと言う話です。常に公安警察から弾圧の対象にされている救援連絡センター運営委員が、JR職員に「キセル乗車だ」と怒鳴られJR職員が胸を掴んだので、「止めなさい」と職員の手を外そうとしたら、突然職員は自分から倒れた。…任意出頭を拒否し続けたら、逮捕されちゃったと言う憤怒の炎の話です。

警察も検察も裁判所も腐りきっています!

(4)「絶望の裁判所」 元判事が司法の腐敗を告発する 『田中龍作ジャーナル』2014年2月27日 19:42UP

http://tanakaryusaku.jp/2014/02/0008840

aa12b9227e25f380c451fb08927092ff.jpg
瀬木比呂志・元判事。「私の場合(退官して)学者になったので裁判所を批判できるが、弁護士になっている人は口をつぐむ。判決で報復されるから」。=27日、日本外国特派員協会 写真:筆者=

 やはり日本は法治国家ではなかった元判事が実際のケースと実名をあげて司法の腐敗を告発した「絶望の裁判所」が20日、刊行された。著者の瀬木比呂志・元判事がきょう、日本外国特派員協会で記者会見した。

 瀬木氏は判事を30年余り務め、最高裁事務総局に2度に渡って勤務した。裁判所の裏の裏まで知る人物と言えよう。

 司法の実態を知り尽くした元判事は日本の裁判所を「旧ソ連の全体主義」に たとえる。「裁判官たちは収容所に閉じ込められている」と話す。収容所とは徹底したヒエラルキーに支えられた官僚体制のことだ。瀬木氏によれば、ピラミッドの頂点にいるのは最高裁事務総局だという。

 事務総局が人事を支配しているため、裁判官たちは事務総局にニラまれる判決を書かなくなる。瀬木氏はこうした裁判官をヒラメ(上ばかりを見ている)と揶揄する。

 問題を深刻化させているのはヒラメ(裁判官)の質の劣化だ。瀬木氏は具体例をあげながら「裁判官の性的非行は裁判所の腐敗のあらわれ」と述べた。

 最高裁事務総局は国の政策に異論を唱えるような判決を嫌う。劣化し上ばかりを見ている「ヒラメ裁判官」は盲目的に最高裁の判例に沿った判決を出す。個別の事情を考慮することなく、だ。その結果「これが国家賠償請求でなくて一体何が国家賠償請求になるというのか?」といった訴えまで棄却するケースもあった。

57fac975ce780ce3ea41de0e67f8e24c.jpg
東京地裁、高裁などが入る高層ビル。裁判所は国民の財産と正義を守るものではなくなりつつある。手前の赤レンガは法務省。=写真:筆者=

 筆者は小沢一郎・民主党代表(当時)を政治資金規正法違反で強制起訴した「第5検察審査会」について質問した。瀬木氏は米軍基地をめぐる裁判で米国大使館の大使・公使に情報を流していた最高裁判事の実名をあげ、「日本の司法は裏側で不透明なことをしている」と明言した。

 原発の運転差し止め訴訟は原告の連敗続きだが、下級審で2件だけ勝訴している。これについて瀬木氏は「勝訴の判決文を書くのは相当な勇気と覚悟がいることは間違いない」と話した。人事で不遇の扱いを受けることが明白なため、どの裁判官も自分の将来を考えて原告勝訴の判決は書かないのだ。(記者会見後、筆者とのやりとりで)

 「日本の裁判官の社会は目に見えないルールの支配が強固。それを破った場合の罰は厳しい」と瀬木氏。国民のためではなくひたすら身内の論理で判決が左右されているのである。まさに「絶望の裁判所」である。

 「日本の司法はリフォームされなければいけない。さもなくば人々は訴訟を起こさなくなる」。瀬木氏は記者会見の最後をこう締めくくった。 “ このまま放置しておくと日本は暗黒社会になる”こう警告しているようでならなかった。

◇本稿は日本外国特派員協会での会見と瀬木氏の著書「絶望の裁判所」をコンパイルしています。

(4)「なぜ靴投げAさんは未だに閉じ込められているのか~『秘密法弾圧』救援大集会」

http://qc.sanpal.co.jp/info/1671/

拙ブログ<315.「アドルフ・ヒトラー生誕125周年記念パーティ」に誰が出席するのか?>で紹介した特定秘密保護法案強行採決に対して、自らの靴を投げて抗議した立派な方を紹介しました。

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-431.html

その極めて立派な方をみんなで団結して救おうと言う集会のお知らせです。筆者は当日、学年末TESTの作成に追われる事になりますので参加できませんが、ぜひ、多くの皆様、参加して下さい!

↓動画:長澤まさみ
動画 黄色のビキニ 長澤まさみ
スポンサーサイト

Comment

カルトハンター #-

こんにちは。

日本は法治国家と言うよりも、放置国家又はインチキ国家と表現した方が適切かと思います。

おとなしい国民性を逆手にとりやりほうだいって感じでしょうか。

2014/03/25 (Tue) 15:00 | URL | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: こんにちは。

カルトハンター様、拙ブログにコメントを頂きありがとうございます。返事が遅れて申し訳ありません。

 カルトハンター様のこのコメントは、「341.爬虫類人レプタリアンは本当に存在するのか?」に掲載させて頂きました。

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-477.html

引き続きご愛読賜りますようお願い申し上げます。

2014/05/11 (Sun) 04:13 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts