313.本日、2014年2月22日で、世界は終了なのか?

1904184_224457437741918_860245535_n.jpg
↑画像:次の大地震まで、タイムリミットが刻一刻と迫っている。 藤波心

(1)2月22日 次の大地震は今日起きるかもしれない!

 上記の画像の文字をじっくりお読み頂きたい。実は、いろいろな兆候から、「2」が三つ重なった今日がタイムリミットかもしれない

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1854.html

http://inagist.com/all/436471818283536385/

(2)ラグナレクの日<世界の終わり>は2014年2月22日

世界の終わりに関しては、ノストラダムスの大予言の1999年7の月と言う説や、マヤ暦の最終日の2012年12月21日から12月23日頃と言う説がありました。幸い、どちらも外れました。

 実は、日本では余り騒がれていませんが、北欧神話ではもう一つの『世界の終り』の日が古くから言い伝えられている。

 北欧ヴァイキングの神話のラグナレクの日<世界の終わり>は、2014年2月22日、つまり今日なのです!

http://japanese.ruvr.ru/2013_11_17/124548783/

 「三度目の正直」と言う言葉があります。今日こそ、血湧き肉躍る「地球最後の日」となってしまうのでしょうか。

 なお、ラグナレクとは、『神々の運命』<神々(ragna) 運命(røk)>の意味で、北欧神話で世界の終末。とくに神々の滅亡を表します。

(3) 真央を狙う東洋人カメラマン このカメラが怪しい 2分16秒あたりから

https://twitter.com/tokaiama/status/436711272944386048/photo/1



(4)はだしのゲン 都内で撤去請願 教委・議会に14件

Bg9GpIRCUAAixmR

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014022190070518.html

2014022199113007.jpg

原爆投下後の広島を描いた漫画「はだしのゲン」を教育現場から撤去するよう求める請願や陳情が昨年九月以降、東京都と都内の区市の教育委員会・議会に計十四件提出されたことが、東京新聞の調査で分かった。松江市の小中学校で閲覧制限問題が発覚して以降、作品を子どもたちから遠ざけようという動きが浮かび上がる。全国の道府県教委も調べたところ、都以外では請願は出されていない。東京での議論が全国の平和教育のありように影響を与える可能性もある。 (飯田孝幸、樋口薫、大平樹)

 一月から二月にかけ都と島しょ部を除く都内五十三市区町村を調査した。十四件の内訳は都教委が三件、練馬区が三件、千代田区が二件、港、新宿、大田、中野、足立区と西東京市が一件。

 請願は「旧日本軍の残虐行為を捏造(ねつぞう)している」「天皇に対する侮辱や国歌の否定が含まれる」として、学校図書館などからの撤去を求めている。練馬区教委などに請願を出した「教育問題懇話会」の代表者は「史実をねじ曲げた思想宣伝の教材になっている。親や教員の指導がないまま、子どもに読ませるには毒が強すぎる」と話した。一方、対抗する形で、都や練馬区などには、自由に閲覧できるよう求める請願も出された。

 都教委は一月「幅広い知識を身に付けさせるため、さまざまな資料が必要」として、いずれの請願にも応じないことを決めた。一方で「一部に教育上の配慮が必要な暴力的表現がある」とも指摘。校長や教委関係者の会議で、適切な読書指導を行うよう周知した。

 六の市や区では「海外からも評価を得た作品」(港区教委)として現状のままとしたり、校長が判断すべきこととして「一律の撤去には応じられない」(千代田区教委など)としたりした。足立区議会では「誤った歴史が事実かのように描かれている」とする議員と、「原爆や戦争の悲惨さを伝えている」とする議員の意見が対立。約半年にわたり継続審査となっている。中野区教委は今後審議に入る。

(東京新聞)

tumblr_mz6bkyXIzg1r31n4zo1_400.gif
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts