310.対応の遅れで死者の拡大を招いた安倍晋三政権を打倒しよう!

BgirwxSCMAEr3WS.jpg
↑画像:この売国奴はなにをほざいている! 大雪たいした問題ではない?はぁ?舛添!
https://twitter.com/narito777/status/434786218388107264/photo/1

(1)政府 孤立や立往生解消に全力

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140216/k10015282951000.html

記録的な大雪の被害を受けて、政府は16日、関係省庁の担当者を集めた会議を開き、雪による集落の孤立や車の立往生の解消に全力を尽くし、相次ぐ屋根の崩落について緊急に調査することなどを確認しました。

 16日午後、都内で開かれた会議には、内閣府のほか18の省庁からおよそ50人が集まり、はじめに古屋防災担当大臣が大雪の被害が出ている山梨県の横内知事とテレビ会議システムを通じて会談しました。

 この中で横内知事は「主要な道路の復旧に全力を挙げるつもりだが、路上に止まったままの車が除雪の妨げとなっている。人員や機材などの支援をさらにお願いしたい」と述べ、古屋大臣は職員の派遣を検討すると答えました。

 このあと古屋大臣は「国民の皆様は雪崩などに十分注意し、屋根などが崩落する危険性がある場所には近づかないでほしい。関係省庁は情報を共有して、必要な支援や対策に万全を期してほしい」と呼びかけました。

 会議では、迅速に除雪を進めて集落の孤立や車の立往生の解消に全力を尽くすことや、自治体などと連携して被災した地域に支援物資を提供すること、さらに、体育館やアーケードなどで屋根の崩落が相次いでいることから、実態や対策を緊急に調査することなどを確認しました。

(2)余りにも遅い政府の対応

余りにも遅い政府の対応である。もっと早くにきちんとした対応をしていれば、ここまで犠牲者は拡大しなかった。大雪発生から何と3日目の対応です。まさに、体たらくの極みです。

1995年の阪神淡路大震災の際、村山内閣の対応が遅いと批判した皆さん、今回の安倍内閣の対応も遅いと批判しましょうね。村山内閣の対応よりも、安倍内閣の対応の方がずーっと遅いのですからね。

 そもそも一連の大雪は、気象兵器使用による人災の可能性があるのですが、仮に完全な自然災害<天災>だったとしても、対応が余りにも遅かった為に、お亡くなりになった方の場合は、明らかに人災となります。 

 ようやく政府の対応が立ち上がった昨日<16日>、安倍首相はオリンピックを見たり、数万円の天ぷらを食べたりで、休日をエンジョイです<一つ前の記事の(6)をご覧下さい>。 

まともな首相なら、記録的な大雪って言ってるんだから、休日返上で対応するでしょう。つまり、この男は、まともじゃないんですよ! まさに、人間の屑なんですよ!

 何で、マスコミはこの男を批判しないんですか? 何で、マスコミはこの男を甘やかすんですか? こんな体たらくの男を甘やかしちゃーいけないんです! 甘やかすからつけあがり、憲法を無視した独裁者のような発言をするんです!

 こんな男は、こてんぱんに叩きのめすべきなんです! 完膚無き迄に叩きのめすべきなんです! もちろん、言論でね。

 そうしないと大雪で凍死した方が浮かばれません!


(3)山梨県 阿鼻叫喚の地獄絵図

 一つ前の記事のタイトルは、「309.東日本各地で放射線量が急激に上昇し、山梨・群馬・長野・埼玉などで孤立・立ち往生してしまった人々が凍死・餓死するかもしれない状況なのに、安倍晋三は東京・赤坂の天ぷら料理店で支援者らと会食しているという有様、これを許しいいのか?」だった。

 私が心配した凍死者が出てしまった。政府が素早い対応、きちんとした対応をしていれば、凍死しなくてすんだかもしれない。山梨県北杜市で、昨日<2月16日>の夜、動けなくなった車の中で、男性が凍死しているのが発見された。これで大雪による死者は14人目となった。

http://www.47news.jp/FN/201402/FN2014021601002198.html

 山梨県内のほぼ全ての国道は雪で塞がれている状態です。数えきれない程の車両が孤立無援の状態に置かれています。中央線では約900人の乗客が14日から取り残された。体調不良で倒れる人も多数発生している。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140216/k10015286311000.html

途方も無い人数の死傷者が発生してしまう可能性があります。大雪による山梨県の被災者は数十万人規模になるとの見通しがある。

(4)16日も続いた各地の混乱

616cc311.jpg

(5)フジテレビ「Mr.サンデー」2月9日

http://inagist.com/all/435111503683792896/

宮根誠司氏「東京にとっても今回の大雪は災害だと思うんですけど」

舛添要一氏「う~ん、だけど40何年かぶりなんで、雪国から見ると(東京の雪なんて)笑っちゃうくらいのことなんです。(雪なんて)一日で終わる話ですから」(フジテレビ「Mr.サンデー」2月9日)

(6)東国原英夫氏、舛添要一氏の発言に疑問 「こういう認識で大丈夫なのか」

http://blogs.yahoo.co.jp/aki_setura2003/31552533.html

前衆議院議員の東国原英夫氏が、東京都知事に当選を決めた舛添要一氏の発言に対し、Twitter上で異論を唱えている。

 9日に行われた東京都知事選で舛添氏は、211万2979票を獲得。次点の宇都宮健児氏の98万2594票に大差をつけて勝利している。舛添氏は午後8時の開票後まもなく当選確実を決め、複数の報道番組に登場して意気込みを語っていた。

 東国原氏が触れたのは、フジテレビ系情報番組「Mr.サンデー」に電話出演した際の舛添氏の発言。同番組で舛添氏は、今後の都政の方針について「まず防災が第一でしょう」「直下型地震も来る危険性があるんで。防災でも世界一をやる」などと語っていた。すると、司会の宮根誠司が「東京にとっても、今回の大雪っていうのは、災害だと思うんですけど」と質問。舛添氏はこれに「んー、まあ、だけど、要するにその40何年かぶりなんで、雪国から見ると笑っちゃうくらいのことなんですけど」「(大雪は)一日で終わる話ですから。直下型地震とか、集中豪雨とかそっちのほうが大きいと思いますね」と答えていた。

 東国原氏はこの放送を観て、舛添氏の「防災」への認識に違和感を持ったようだ。同日にTwitterで、舛添氏と宮根のやりとりを引用した上で「おいおい。今回の大雪、東京都を始め全国的に甚大な被害(事故・停電・転倒等)と混乱を齎(もたら)した。死者や負傷者も多数出ている。こういう認識で大丈夫なのか」と付け加え、舛添氏の発言に疑問を呈した。

東国原英夫氏の舛添氏に対する疑問を呈したツイート

img_807233_31552533_0.jpg

2_on.gif
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts