300.都知事選におけるマスゴミの報道統制を、満腔の怒りをもって糾弾しよう!

mag20140121-1.jpg
↑画像:福島の子どもたちをこうした状況に追い込んだ悪党どもを、満腔の怒りをもって糾弾しよう!

(1)【暴露】マスコミの内部文章らしきものが流出!「舛添候補の政党交付金問題については報道するな」

 前の299番の記事の(4)の「しんぶん赤旗」の記事を受けての内容になります。ですから299番の記事の(4)をお読みになった後、こちらをお読みになるのがよろしいかと思います。

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-413.html

では、「真実を探すブログ」2014年1月26日付けの記事からの転載です。

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1656.html

先日に赤旗などの一部のメディアが「舛添氏は政党助成金や政党交付金を私的に利用している」と報道しましたが、その件について書かれたマスコミの内部文章らしきものがネット上に流出していたのでご紹介します。

 流出した内部文章には、「舛添候補の政党交付金問題については、『赤旗』による報道が告示後であることを考慮し、疑惑として提起されることがないようきわめて慎重を期すこと。事務所費問題についても、同様に慎重に扱うこと」と書いてあり、これが事実だとするのならば、マスコミが舛添氏に肩入れしていることを証明する重要な証拠だと言えるでしょう。

 現時点ではこれが嘘の文章である可能性も捨て切れませんが、公示された後も舛添氏の政党交付金問題や税金の私的利用に関する報道が一切見当たらない事から、私は本物である可能性が高いと見ています。いずれにせよ、マスコミが舛添氏の黒い部分を全く報道していないのは紛れも無い事実です。

☆なりとhttps://twitter.com/narito777/status/426680729217400832/photo/1">@narito777
URL https://twitter.com/narito777/status/426680729217400832/photo/1

引用:
こんなの回ってきました。マスコミ内で舛添の汚職報道を禁止する圧力があります。 証拠です。 pic.twitter.com/gSWjl4XC5d

Bevf3NHCAAAL4eTmasukomibunnasyou.jpg

:引用終了

上記の画像から抜粋

都知事選に関する留意点について

公職選挙の報道を一層、中立公平なものとするため、都知事選に関する記事を執筆するにあたっては以下の留意点を考慮してくださるよう、よろしくお願い申し上げます。

1.舛添候補の政党交付金問題については、『赤旗』による報道が告示後であることを考慮し、疑惑として提起されることがないようきわめて慎重を期すこと。

2.事務所費問題についても、同様に慎重に扱うこと

3.細川候補、宇都宮候補らについては、問題発覚が告示前であることに鑑み、報道姿勢の変更は必要ないこと

☆舛添氏 政党支部 自宅に事務所費800万円 政党助成金を懐に 10~12年 ファミリー企業に支出

URL http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-23/2014012301_04_1.html

2014012301_04_1b.jpg

 東京都知事選に立候補を表明した舛添要一元厚生労働相の政党支部が、舛添氏の自宅に事務所を置き、「家賃」名目で、2010年~12年の3年間で、ファミリー企業に約800万円を支出していたことが本紙の調べでわかりました。原資は政党助成金で、国民の税金が舛添氏側に還流していたことになります。

 このファミリー企業は、株式会社「舛添政治経済研究所」。舛添氏が全株を所有し、妻が代表取締役を務めています。所在地は、東京都世田谷区代田の閑静な住宅街にある舛添氏の自宅です。

 政治資金収支報告書と政党交付金使途等報告書によると、舛添氏が自民党を離党し、「新党改革」を結成した10年4月から、12年12月まで、舛添氏が支部長の「新党改革比例区第四支部」は、舛添政治経済研究所に総額801万2500円の「家賃」を支出しています。この原資は、すべて新党改革から交付を受けた政党助成金=税金です。

:引用終了

関連過去記事

☆【都知事選】舛添氏の新党改革、政党助成金で借金を返済していた模様!政党助成法違反の可能性も!

URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-1627.html

(2)NHK-FM、TOKYO FM、お前たちもか!

http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2588.html

「原発に触れないで」と、二つのラジオ放送局がピーター・バラカン氏に要請したそうです。(J-CASTニュース 2014年1月21日)

 ピーター・バラカン氏(62)が2014年1月20日放送のラジオ番組内で、都知事選終了まで原発の話題に触れないよう複数の放送局から告げられたと打ち明けた

 23日に告示される今回の東京都知事選は「脱原発」が大きな争点の一つになるとされている。

 そうした中、ピーター氏がDJを担当するFMラジオ番組 「Barakan Morning」(InterFM)内で、「まだ告示もされていないのに、東京都知事選が終わるまでは原発に触れないよう、他の2つの放送局で言われました」と「暴露」した。

 番組内では局名を明かすことはなかったものの、ピーター氏は「InterFM」以外にも、NHK-FM(「ウィークエンド サンシャイン」)、TOKYO FM(「Tokyo Midtown presents The Life MUSEUM」)でレギュラー番組を持つ。

 そして「お達し」の理由についてはリスナーの想像に委ねた。

 原発の話題ごと封じるのはメディアによる自主規制や圧力だとして「ラジオでさえ、こうか。」「世論って、こうやって操作されるんだな。怖い」「日本はどうなっているのかしら。」といった批判の声が上がる。

 小心者揃いのメディアの世界にあって、ピーター・バラカン氏の暴露には敬意を表す、と言わなければならないこの国の情けなさがある。当たり前のことなのに。

 しかし、ラジオまで、自民党・安倍の圧力が加わってきたことは尋常でないことが起きている証拠です。それは中国。

 今まで、(一時はクライアントとして)、いろいろなメディアの世界の人に会ってきましたが、私が一番嫌いなのがテレビ局の人間たちです。

 これほど無教養で軽薄、薄汚れた人々を見たことがない。アナウンサーも、しかり。教養と教育が逆比例することを、まざまざと見せつけられる世界です。

 読売、産経、日経といったCIAやアメリカの資金が育成してきた日本のメディア・コングロマリットは言うに及ばす、大方の大メディアの汚染は絶望的です。彼らは、もはや反国民的なメディアと言わざるを得ません。

 東京都知事選の候補、細川護熙、舛添要一、宇都宮健児、田母神俊雄、ドクター・中松、中川智晴、五十嵐 政一、鈴木達夫……。

 しかし、私はこの中の一人でも、「子供の健康を守ることを公約に掲げる」候補がいないことの方を問題視しています。

 それを取り上げて世論を喚起できない候補が、いくら脱原発を叫んだところで、虚しく響くばかりでしょう。

 これらの候補者は信用に値しない。

 私が、おかしいのか、それとも、あなたが、おかしいのか、どちらだろう。

 しかし、お調子者のドクター・中松が、放射能を消す技術を発明をした、と嘘でもいえば応援するかもしれません。

(3)福田元昭の思い

NHK-FMとTOKYO FMは、体たらくの極みですが、J-WAVE( 81.3FM)は少しはましな感じがします

 「貧困大国アメリカ」Ⅰ&Ⅱや「政府は必ず嘘をつく」などの著書で有名な堤未果などそこそこ骨のあるジャーナリストを起用して、TVがふれないような話題も取り上げたりしています。

ドクター・中松と言えば、昨夜<2014年1月26日>19:00からのNHK総合のニュースは、ドクター・中松を泡沫候補扱いせず、所謂「主要候補」と同格で取り上げていました。

家入一真も同格で取り上げていました。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20140125/plt1401251449006-n1.htm

それにしても、昨日<2014年1月26日>の拙ブログのアクセス数の伸びの原因はいったい何だったのでしょう?

 因みに、昨日<2014年1月26日>、私は都立高校の推薦入試で出勤でした。そして、本日も推薦入試です。

 お陰様で、この記事で300回となりました。読者の皆様のお陰で300回を迎えられました。引き続きご愛読を賜りますようお願い申し上げます。
2_on.gif
 
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts