290.2013年12月6日が、戦争への転換点となってしまうのか?

7619133f.jpg
↑画像:ベトナム戦争の真実 1

(1)秘密保全法案

えっ、(1)のタイトル間違ってないかって? 間違ってません。ここで紹介するのは、本日、参議院を通過し成立してしまいそうな「稀代の悪法・特別秘密保護法案」ではなくて、「秘密保全法案」です。

そもそも、特別秘密保護法案も、つい最近迄、秘密保全法案と言われていました。

http://tanakaryusaku.jp/tag/%E7%A7%98%E5%AF%86%E4%BF%9D%E5%85%A8%E6%B3%95

上記のリンク先『田中龍作ジャーナル』を読むと、「秘密保全法(特定秘密保護法)案」などと記述されている。そして、この各記事を日付を改めて見ると、「稀代の悪法・特別秘密保護法案」がいかに拙速に成立させられようとしているかがよく解る

 次に、2013.8.27 22:42の産経ニュース「秘密保全法案の概要判明 公務員に最高懲役10年」

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130827/plc13082722430021-n1.htm

そう、当初、ターゲットは「公務員だけ」って話だったんですね

そもそも、「秘密保全法案」って、民主党政権でも話が出てきたんですね

http://ceron.jp/url/sankei.jp.msn.com/politics/news/120601/plc12060117440010-n1.htm

それを考えると、昨日<2013年12月5日>、民主党の福山議員が、与党の強行採決に怒っていたが<怒って当然なのですが>、茶番に見えてしまう

さて、更に遡れば、その前の自民党政権時代から何度も「秘密保全法」の法案成立が謀られてきたが、その都度、反対派議員を中心とした良識ある判断・行動により、何とか阻止されてきた。

拙ブログでは、「247.地球人約70億人の真の敵は、ハザール王国の子孫の人々ではないだろうか?」で、秘密保全法について記述している。

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-332.html

そこの部分だけ再録します。

 ジェラルド・セレンテは、連中が自らもたらしている憎悪と怒りを、エリートは生き延びられまい、と予言している。彼は正しいと私は思う。日本の中流階級は破壊されつつある労働者階級はプロレタリアートになってしまい雇用を海外発注したことによる税収の喪失、宗主国の戦費、沖縄と日本全土の軍事基地や金融機関救済によって引き起こされている財政赤字を減らすため、社会福祉制度は破壊されつつある。そしてTPPで、宗主国大企業が日本を征服し、搾取する。エリート連中が自分達の企みをやり続けられるようにすべく、日本国民は苦難をしいられているのだ。

 日本のエリートは将来何が起きるか知っている。それこそが、連中が日本国民の権利を無力化する為、軍事予算を増強し、国民から主権を奪う憲法制定と、戒厳令導入、秘密保全法導入を狙っている理由だ。<再録終了>

なお、この記事は、「マスコミに載らない海外記事 2013年3月21日 (木)付け」から転載した記事です。

(2)菅直人のブログによれば、「稀代の悪法・特別秘密保護法案」に「自民党内にも反対や慎重意見は多い」との事

拙ブログでは何回か菅直人について綴ってきた。2002年の石井紘基暗殺事件について、石井議員は特別会計〈埋蔵金〉の闇を国会で質問しようとして、菅直人に相談したら翌朝刺殺されたと言う話は、「133.東京電力の清水正孝前社長は、菅直人前首相を批判できる立場か?」で綴った。

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-177.html

「157.ロンドンオリンピック開会式で、日本選手団だけが強制退場させられたのはなぜか?」では、「虚言癖ウィルスが細胞の一個一個に取り付いている枝野、菅直人」と言う表現が出てくる。

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-206.html

「48.菅直人は、福島原発事故拡大の張本人なのか?」と言う記事を綴った後、「49.菅直人は立派な首相だったのではないか?」と言う記事を綴ったりもした。

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-65.html

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-66.html

「63.311は、これから日本が遭遇するかもしれない困難の前兆に過ぎないのか?」では、ドイツZDFのTV番組「フクシマのうそ」を取り上げた。その中で菅直人の次の言葉を紹介した。 

「ここ10~20年の間、ことに原子力の危険を訴える人間に対するあらゆる形での圧力が非常に増えています。」

日本のTVではほとんど聞く事ができない発言である。

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-83.html

 「179.自民党圧勝で日本社会はどうなってしまうのか?」では、2012年12月13日に菅直人が乗った選挙カーが交通事故を起こした事を伝えた。この件も陰謀論に立てば、反原発を鮮明に主張するようになった菅直人を陥れる為の謀略が働いたと見る事ができるかもしれない。

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-235.html

「282.拙ブログの更新が滞っているのはなぜか?」では、「菅直人は、反原発を旗幟鮮明にしてから現在に至る迄、やたらに虐められています。」と綴った。そんな菅直人は、昨年12月頃、逮捕されるかもしれないとの噂が立っていた。

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-391.html

「6.2012年は、どのような1年になるのか?  PART2」と「261.織田信長はなぜ暗殺されたのか?」では、 「菅直人は事前に311を知っていた人物の一人」との説を紹介した。

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-359.html

この説、福島核テロも含めて事前に知っていたと言う事なのでしょうか。

「282.拙ブログの更新が滞っているのはなぜか?」で綴った「311地震発生後10分で日テレは女川原発から中継を開始した」と言う話が事実なら、福島核テロも事前に知っていたと言う事になるかもしれません

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-391.html

安倍晋三が首相になれたのも不正選挙のお陰と言えるのかもしれないが、菅直人が首相になれたのも不正選挙のお陰かもしれない。

 菅直人が民主党代表になれた民主党代表選の流れを決めたのは、党員サポーター投票における菅直人氏の圧勝だが、この選挙集計が改ざんされたものであるとの疑いが濃厚に存在する。民主党代表選を一括受注したのは、あの株式会社ムサシである。
 
さて、そのような菅直人のブログ2013年11月28日付けの記事「大政翼賛的国会運営」で気になる記述がある。「自民党内にも反対や慎重意見は多い」と言う記述である。

http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-11713755660.html

 この記述が正しいとすると、なぜ自民党は悪法成立を急ぐのだろうか?

 この記事では、「今回の秘密保護法は官僚統制国家を可能とする悪法だ。安倍総理は政党政治を破壊し、大政翼賛政治体制を作ろうとしている。」と記述している。まったく同感である

(3)田原「公明党は来るはずだったのに逃げた、 逃げたと言われて文句があるなら言ってこい」

 2013年11月30日に放送された「朝生」で司会の田原は、「公明党は来るはずだったのに逃げた、逃げたと言われて文句があるなら言ってこい」 と怒った。

http://inagist.com/all/406460996992004096/

本澤二郎の「日本の風景」(1476)では、<極右政権に寄り添う狂った山口・公明党?>と記述している。

http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52055096.html

その翌日の記事では、「支持者の創価学会員の多くは何も気付いていない。子羊のように信濃町の指令に従っているだけだ。」と記している。

http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52055186.html

RKブログでもよく指摘されているが、創価学会員の多くは所謂「B層」だろう。そもそも目覚めて、晴れて「B層」を卒業した学会を脱会するかもしれない。だから、学会はネット情報に「B層」学会員を誘導しない為にあの手この手を使う。創価学会のCMで読書の重要性を説くような内容のCMがあるが、あれも考えようによっては、ネット情報に近づけさせない為の策略かもしれない。

(4)2013年12月6日 ”暗黒法案”成立

今朝<2013年12月6日>の朝日新聞の天声人語に次の一節がある。

▼東大教授の岡崎哲二さんによれば、金属・機械・化学各工業の統計が日米開戦の2年前から「秘」扱いになった。つまり国力の基本的な情報を一般国民には秘したまま、開戦は決断されたのだという▼工業統計だけでなく、様々に目隠しをされたまま国策が決まった時代。どこへ連れて行かれるのか分からない人々の不安は想像できる。結局、相手の物量に対抗するためにおびただしい人命を注ぎ込んで、戦争は終わった

http://www.asahi.com/paper/column.html?ref=com_top_tenjin

 この法案は、敗戦前の軍機保護法、国防保安法、治安維持法を合体させたような稀代の悪法です。

 本法案の概要が、9月3日に発表され、15日間の限られた期間に、政府のパブリックコメントに九万件の意見が寄せられ、その八割が反対の意見でした。

 日本人はまた”地獄”を経験にするかもしれない。そしてまた、他国の人々にもた”地獄”を経験させるのかもしれない。

2_on.gif
スポンサーサイト

Comment

123 #mbrkiaZY

天皇家血統による放射能汚染の低減

天皇家血統による放射能汚染の低減

天皇家がなぜ有難いかということであるが、魔界の元凶である放射能による悪影響を改善できるからである。
孝明天皇が避難した宇都宮近郊の直系家系にて実験を行った。
超小規模で公式データに大きく反映されている。小型装置で栃木規模の汚染改善、大型装置で福島規模の汚染改善が可能である。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/18377.jpg
放射線計測数値が一旦高くなるのは、放射性物質の放射能としての性質を絞りとっているためである。(放射性物質はそのままで電子スピンの回転を活性化する。)
この汚染低減法は、放射性物質及び放射化された物質はそのままに、電子スピンを活性化することで、汚染数値及び、人体への悪影響を低減できる。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/18377.jpg
1985年8月12日の日航ジャンボ123便ソ連自衛隊核攻撃参事では、関東甲信越の水源地が高度に核汚染されるとい事態が発生した。
昭和60年当時から様々な除染の取り組み及び研究が行われてきたが、その中で、最も有効だった方法は、この天皇家の血統による汚染低減であった。

2013/12/07 (Sat) 12:02 | URL | 編集 | 返信
123 #mbrkiaZY

物語山と123便

http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/18388.jpg
物語山とマナ板岩です。

2013/12/08 (Sun) 03:49 | URL | 編集 | 返信
123 #mbrkiaZY

宇宙技術と放射能の影響低減

群馬長野県境界隈に来た、3つの宇宙文明について述べさせていただきます。

物語山周辺に来たUFOの宇宙技術は、音波による重力低減です。音響で各分子内の回転速度を上げて浮上させます。竹トンボのような技術で、宇宙ではローテクの部類です。地域の人間を奴隷として酷使しており、群馬の鬼というのは、この宇宙勢力を示唆する言い伝えです。

次に、御巣鷹に来た宇宙文明ですが、フッ化物原子炉を用いた宇宙船を使用していました。イランが、この技術を導入して原発を推進しようとしていたのがJAL123便惨事とも大きく関係があります。

そして、高天原の宇宙文明ですが、UUPを使用した高度な文明です。これは、超元素になりますので、ウランやプルトニウムといった有害な放射能の影響をキャンセルできます。高天原に残るこの文明の岩船燃料を使うと、ウランやプルトニウムによる放射能の影響を低減できます。この高度な宇宙文明を使えるのが「天皇家」となります。それで天皇家は、すごいのです。

2013/12/12 (Thu) 21:48 | URL | 編集 | 返信
123 #mbrkiaZY

高天原の岩船燃料

岩船燃料だけでもウランプルトニウムといった放射能に対しては効果絶大です。佐久地域の平均寿命が長いのは、この岩船燃料が相木川に流れ出しているからです。岩船燃料の性質ですが、粒子線を発するタイプの超元素になります。これを、例えば佐久界隈の伏流水で製造された酒等を用いて体内に取り入れることにより、体内のストロンチウム等の放射性物質と入れ替わり、ウランプルトニウムストロンチウムセシウムといった人間に悪い放射能は排出されます。高天原の古代文明では200年程度が普通の寿命でした。菌類を用いて放射能対策を行うことも有効ですが、超元素によりウランプルトニウムを叩くのが高天原の古代文明の考え方です。

2013/12/13 (Fri) 21:33 | URL | 編集 | 返信
福田元昭 #-

貴重な4連続投稿ありがとうございます!

 不勉強で解らない事が多いのですが、一つ目の投稿で「孝明天皇が避難」とありますが、これは孝明天皇が宇都宮藩家老戸田忠至を山陵奉行に任命し、100以上の天皇陵の修復事業(文久の山陵修復)を行わせた事と関係があるのでしょうか?

一つ目の投稿の「電子スピンの回転の活性化」や「天皇家の血統による汚染低減」が、よく理解できないので、更に解りやすくご説明頂ければ幸いです。

 三つ目の投稿にある「イランの原発推進とJAL123便惨事の関連性」をもっと具体的に解説して頂ければ幸いです。

 先月、「日本はイランへも原発輸出か」などと言われました。また、311の背景として、福島原発の核物質をイランに横流しした為の攻撃との説もあります。そうした近年の状況とこの話は関連があるのでしょうか。ご教示頂ければ幸いです。

 なぜ天皇家は高度な宇宙文明を使えるのですか?

四つ目の投稿を拝読して、数年前、123様に群馬県上野村のヤーコン焼酎を買ってきて頂いた思い出が蘇ってきました。

 佐久地域の伏流水で製造されたヤーコン焼酎を飲めば、体内のストロンチウム等の放射性物質を除去できると言う理解でよろしいのでしょうか?

 以上、ご指導よろしくお願い申し上げます。

2013/12/14 (Sat) 02:45 | URL | 編集 | 返信
123 #mbrkiaZY

佐久の焼酎は伏流水に岩船燃料が入っているので特効です。

以前ご紹介させていただきました上野村等のヤーコン焼酎は、体内のストロンチウム出しには特に特効ですので、三沢の米軍基地近くでも数か所で販売されています。佐久界隈で製造されているということが重要です。
米空軍横田空域の真ん中が御巣鷹だということの理由は、この岩船燃料が超元素で超重要でありまして、いわゆる天皇家の宝だということです。

米国が日本に技術供与した原子力発電所は全て停止させていますが、御巣鷹原発等、日本イラン勢力の原発については依然として稼働中であります。

とりあえず以下の方に情報提供はさせていただいています。
http://ameblo.jp/worldforumnet/entry-11726439985.html
万有引力の法則の中でも、竹トンボやコマのように回転していると落下をゆるやかにすることが可能です。これを分子レベルで行うと、物体は浮上すら可能なのです。「天皇家の血統」というのは、著しくこの現象を使える家系ということになります。

なお、民主党時代にも秘密保護法のような法案が提出されておりまして、バックには日本の内閣調査室公安組織(検察官僚組織で基本的にはイラン)がいます。日本というのは、実はイランが弾圧支配しているのです。
http://ja8119.iza.ne.jp/images/user/20130509/2152544.jpg
地球号の設備を見ていただきたいのですが、日本の船のはずなのに、日本の電子機器や西側世界の通信機器が見辺りません。(昨今では中国国内が巨大なガス室と化しておりましてこれも中央アジアが日本同様に行っているファシズムです。)

昭和60年にもスパイ防止法なる法律の提出と共に、日米勢力天皇が攻撃を受け敗退したJAL123便ソ連自衛隊核攻撃参事が発生しました。

2013/12/14 (Sat) 22:59 | URL | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: 佐久の焼酎は伏流水に岩船燃料が入っているので特効です。

 123様、早速のご回答、誠にありがとうございます。

 余りにも多忙で、お礼が遅れてしまいました。申し訳ありません。

御巣鷹原発などを話題をやがて拙ブログの本文に掲載したいと思います。

 その節は、123様にMAILにてご指導を賜るかもしれません。

 よろしくお願い申し上げます。

2013/12/19 (Thu) 00:16 | URL | 編集 | 返信
123 #mbrkiaZY

小川原湖のシジミでも同様の効果です

長野県の北相木村と青森県の小川原湖は形状が同じです。要は、岩船として北相木に出港した跡が小川原湖なのです。キリストとイスキリの墓が小川原湖から30~40分程度の場所にあるのも大いに関係があります。キリストが「病治し」を容易にできたのは、この岩船物質があったからです。小川原湖(高瀬川)産のシジミでも小海佐久のヤーコン酒と同様の薬効が得られます。(冷凍シジミもあります。)

メール等いただければ、岩船物質は無償で頒布させていただくことが可能です。通常は入浴剤と一緒に風呂でご使用いただき、核戦争の緊急時には服用すると核ミサイルでも生き残り可能です。ダイヤモンドやすり(¥298~¥1500程度)で削って使う使用法になります。

2013/12/19 (Thu) 23:03 | URL | 編集 | 返信
123 #mbrkiaZY

日航ジャンボ123便の「酸素マスク」も口封じです。

JAL123便の機内ですが、酸素マスク
http://www.goennet.ne.jp/~hohri/n-ochiai1.jpg
というのも、要は、「口封じ」な訳です。
「口封じの歴史」を出版されるのでしたら、表紙はぜひとも
http://www.goennet.ne.jp/~hohri/n-ochiai1.jpg
にしていただきたいものです。

2013/12/19 (Thu) 23:29 | URL | 編集 | 返信
遠藤 Jr. #-

くたばれ

根拠がなさすぎるし
まさに極悪非道。

それと、授業中、僕だけを叱るのはやめてください。

2013/12/20 (Fri) 12:13 | URL | 編集 | 返信
123 #mbrkiaZY

第2原則:核心を衝く情報については即座に否定する

情報統制の4原則そのまんまです。
http://intec-j.seesaa.net/article/56045113.html

2013/12/23 (Mon) 22:17 | URL | 編集 | 返信
123 #mbrkiaZY

no subject

「天皇家」というのは世の初めから存在する特殊機能が備わった超人類です。それで性質が違うのです。

現代科学で放射能対策をするには、53hz電子治療器が良いです。
http://golden-tamatama.com/blog-entry-188.html
等で紹介されている市価1000万円程度で販売されている電子照射機ですが、放射能対策用として53Hz専用で作成すれば300円~4000円程度でも自作可能です。

電子びっくり箱の電源部に、53Hzのスイッチング回路を噛ましてやれば良いです。

<例1>ST26等を使った場合
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/18862.jpg


<例2>12F683等を使った場合
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/18863.jpg

その他、チョークコイルで昇圧スイッチングする方法ですと最安値で作成可能です。

USB電気毛布を53Hzで駆動するのも簡単で効果的です。USB電源を53Hzでスイッチングするアダプタ回路を途中に挟めば良いだけです。

2013/12/23 (Mon) 22:23 | URL | 編集 | 返信
123 #mbrkiaZY

ブラックシリカソルト

< 簡単な放射能対策方法 ~ブラックシリカソルト~ >

元来、ユダヤ人シオニストは弾圧される歴史をたどって来ました。JAL123便ソ連自衛隊核攻撃参事もご多分に漏れず、天皇陛下ユダヤ勢力が、攻撃虐殺されるという典型的な事象でした。しかも、関東地方相模湾千葉静岡及び、その水源地である御巣鷹が多大に核攻撃汚染され、極めて憂慮すべき事態となりました。四半世紀にわたり、様々な対策が試みられてきました。

放射能は体内で自由電子を略奪してしまうため、ソマチットの活性度が落ちてしまうのが「放射線症」の原因です。対策としては体内に多量の自由電子を供給してあげれば体内のソマチットは元気であり、健康が保てます。一番簡単で効果のある方法はブラックシリカに塩を加え、高濃度な状態で足湯ドロパック(手等でも可)を行うことです。

具体的には、

ブラックシリカ(黒い日銀)を粉末にして、塩を混ぜ、高濃度の「泥」を作成します。このドロを使用します。

バケツにブラックシリカソルトのドロを入れておき足湯として使用します。

できれば、ブラックシリカ+塩に、岩船燃料を添加すると効能は抜群です。濃い色の靴下の足裏に少量使用しても良いです。

2013/12/23 (Mon) 22:34 | URL | 編集 | 返信
123 #mbrkiaZY

●情報統制の4原則というものがある(EJ第1075号)

http://intec-j.seesaa.net/article/56045113.html
 EJ1063号において、池田昌昭氏の説として自衛隊機によって御巣鷹山方向に誘
導されたJAL123便は、自衛隊機の発射したミサイルによって撃墜されたと書きま
した。恐ろしい仮説です。
 その痕跡を隠すため自衛隊---というより日本という国家がとっくに墜落場所が判
明しているのにもかかわらず、「捜索中」ということにして、一晩時間を稼ぎ、その間
に現場に特殊部隊を投入して都合の悪いものをすべて持ち去ったのです。墜落後数時
間は、多くの生存者がいたとされているのに・・・です。
 このようにいったら「そんな馬鹿な!いくら何でもそんなことはあり得ない!」と多
くの人はいうでしょう。当然のことです。私も当初はそう考えました。しかし、いろい
ろな資料を調べてみると、「そういうことがあってもおかしくない」と考えざるを得な
いことが判明してきたのです。
 少し状況は違うとはいえ、もく星号の墜落事故についてはどうでしょうか。これは米
軍側にあってはならない明白なミスがありおそらく後から事情を知った日本政府は、そ
のままだんまりを決め込まざるを得なかったのではないでしょうか。
 当時は、米軍の進駐中のことでもあり、朝鮮戦争の真っ最中でもあったので、力関係
からいっても日本は米国(GHQ)に対して、何かをいえる立場になかったことは確か
です。そのため、米軍と日本政府は、機長による操縦ミスということにして事件を闇に
葬ったのです。
 JAL123便の場合、日本の自衛隊と米軍は、巡航ミサイルの共同開発を進め、こ
ともあろうに、日本の上空でその飛行テストをしていたところ、その飛行物体(火薬の
入っていないミサイル)が垂直尾翼に衝突してしまったと考えられるのです。
 それが原因でJAL123便の機体は大きなダッチロールをしながらも、機長は何と
か機体を立て直し、横田基地へ着陸態勢を整えたのです。もし、このまま横田基地に着
陸して垂直尾翼の破損の原因がわかってしまったら、自衛隊は大ダメージを受け、内閣
は確実に吹き飛んでしまったでしょう。
 そういうとき国家が何をやるかについては、JAL123便墜落事故以降の17年間
にわたる日本国としてのさまざまな対応を見れば、われわれはよくわかっているはずで
す。北朝鮮に拉致された日本人が大勢いるのに、長い間に何もしなかった外務省、責任
をとることを恐れるあまり、たとえ国益を損なっても、ひたすら省益を守るために汲々
としている官僚たち――そういう国家の対応を見ていれば、民間機JAL123便に対
して行ってしまった大きなミスを何が何でも隠蔽しようとすることは、残念ながら、火
を見るよりも明らかです。
 国家の情報統制には、次の4原則があります。
---------------------------------------
        第1原則:けっして分からないように巧妙に行うこと
        第2原則:核心を衝く情報については即座に否定する
        第3原則:本当に近い情報に対しては徹底無視をする
        第4原則:マスメディアを違った方向に誘導すること
---------------------------------------
 第1原則は、当然のことですが、けっして証拠を残さないということです。状況証拠
でいくらいっても決め手にはならないからです。そして、人から人へと「意図的」情報
を、「意図的」であるとわからないかたちでひそかに流し、状況証拠を否定するよう務
めることです。
 第2原則は、核心を衝く情報が出てきたときには即座に否定しま「そんなバカな!」
とか「イイエ、ソンナことは絶対にあり得ない」と即座に一蹴することです。そして、
情報源に対して手が打てる場合はひそかに手を打つ努力をするのです。
 第3原則は、第2原則を実施しながらも真相に近い情報が出てきたときは、徹底的に
無視して、そのウワサが収まるのを待つということです。「人の噂は75日」を決め込
むのです。けっしてまともに取り上げないのです。
 第4原則は、事前に練りに練って作り上げておいたシナリオにしたがって、虚偽情報
が節目、節目で登場するように情報操作を行うことです。そして、何種類かのダミー文
書を流し、マス・メディアが「違った」ことをするように仕向け、ことを真相から遠ざ
けるようにするのです。
 JAL123便墜落事故に関する情報を分析すると、これらの4原則にぴったりと当
てはまるのです。まず、矛盾が多くある事故調査委員会の圧力隔壁破損説の押し付けが
あります。そして、一部報道機関の事故原因に関する報道の圧縮があり、また池田昌昭
氏をはじめとする、自衛隊関与説に関する主張への徹底的な無視の姿勢も第3原則に沿
っています。事件が風化されることをひたすら待っているという姿勢が読み取れます。
 また、生存者の事故当時の機内状況についての情報の少なさです。大勢の人が亡くな
っているのですから、当時の機内の状況を知る生存者の声がもっと伝えられていいはず
なのに、最小必要限の情報しか伝わってきていないのです。これなども生存者に対して
その筋から何らかの情報抑制が加わっている――というのは考え過ぎでしょうか。
 事故の翌日のことです。8月13日付朝日新聞に、「積荷に放射性物質」という記事
が出ていたのです。事故翌日の朝刊のメーン記事は、事故現場特定の確認記事です。読
者の一番知りたいのは日の暮れかかった山間部にJAL123便がなぜ行ったのかとい
う解明なのに、どの新聞もふれていないのです。
 なぜ「積荷に放射性物質」なのでしょうか。記事の結論は、「人体への影響はない」
と締められているのですが、あたかも、事故現場への早期立ち入りができなかったこと
への言い訳を代弁しているようにも読み取れるのです。
・・・ [御巣鷹山事故の謎/22]

2013/12/23 (Mon) 23:06 | URL | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: くたばれ

> 根拠がなさすぎるし
> まさに極悪非道。
>
> それと、授業中、僕だけを叱るのはやめてください。

このコメントの返事を長々と書いたのですが、何回投稿しても、
「不正な投稿だと判断されました」と出てしまいます。
 ですから、近い内に本文でこのコメントの返事に該当する文章を書きます。

2014/01/13 (Mon) 23:08 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts