FC2ブログ

2839.3機目の123便出現せず

EMUPgoOU4AA068f.jpg
↑画像 2020海27 2020水着シリーズ26 King & Prince 髙橋海人 出典はこちら

(1)インターネットエクスプローラとGoogle Chrome

 「2811.2020年7月30日の関西の極端な落雷は3機目の123便出現阻止の予行演習ではないか?」などの続きです。2811をGoogle Chromeでご覧になっている方は、最後の動画の部分がタレント名と違う動画になっているかと思います。何かの不具合なのですが修正できません。

 インターネットエクスプローラで 拙ブログをご覧になっている方は、最後の動画の部分がタレント名と一致していると思います。なぜこうした違いが生じるのかはよく判りません。拙ブログの作成はインターネットエクスプローラで行っています。

 インターネットエクスプローラでTwitterが見られなくなった後、Google Chromeで拙ブログの作成をする様になったのですが、最後のGIF動画をUPする際、同じGIF動画なのに、インターネットエクスプローラではUPできるのに、Google ChromeではUPできない事が何回かあったので、またインターネットエクスプローラで作成する様になったのです。

(2)口封じの歴史・高天原山事変388 3機目の123便出現せず

 2020年8月12日が過ぎました。日本時間だけではなく。イラン時間でもロシア時間でもアメリカ時間でも過ぎました。

 3機目の123便は、静岡県沼津市にあるらららサンビーチにも、大阪府豊中市、同池田市兵庫県伊丹市にまたがる大阪国際空港<伊丹空港>にも出現しませんでした。この結果をある有識者は次の様に分析しています。3機目の123便が出現したかった結果は、次の三つの可能性を示していると言う。

(3)口封じの歴史・高天原山事変389 3機目の123便は密かに破壊された

 昨日<2020年8月12日>、3機目の123便はらららサンビーチか大阪空港に出現しようとしたが、出現直前にクロカモによって破壊されてしまった。これが一つ目の可能性です。

 「2018.沼津市を再び被爆地にない為に<創価学会は本当に危険な団体 PART13>」の(3)に書いた通り、1985年8月12日、123便を攻撃する為に、沼津市上空で「核兵器」が使用された可能性があります。

 また、1985年8月12日18:30頃、沼津市上空の「ドーン」という音を地上で聞いた方がいます。それこそがJAL123便に対する自衛隊の核攻撃だったといわれています。そうです、沼津市上空は「スカイ・ゼロ」(造語です)なのです!

 昨日<2020年8月12日>に向けて、らららサンビーチ近くにはクロカモが在住していた可能性が高い。もちろん、3機目の123便をらららサンビーチに出現させない為に。あるいは、出現したらそれを破壊する為に。そして現在も住んでいる可能性が高い。

 沼津市の淡島と沼津御用邸は、らららサンビーチで昨日<2020年8月12日>決行されてしまったかもしれない第3の123便に対しての核地上起爆に関連している場所かもしれない。


(4)口封じの歴史・高天原山事変390 3機目の123便はまだ異空間に滞在している

 3機目の123便はまだ異空間に滞在している。これが二つ目の可能性です。この説が正しいとすれば、3機目の123便はいつ出現するのかに関心が向かいます。

 永遠にこの世には出現せずに異空間に留まる。2045年に出現する。2085年に出現する。いつ出現してもおかしくない。以上の四つの説があると言う。

 シンギュラリティがに起こると予測されている2045年は、日本の自作自演原爆起爆と敗戦100周年です。シンギュラリティとは技術的特異点とも言い、AIなどの技術が自ら人間より賢い知能を生み出すことが可能になるという意味です。3機目の123便が出現するのにふさわしい年ですね。2085年は123便事件・高天原山事変100周年です。

(5)口封じの歴史・高天原山事変391 3機目の123便は出現したが表沙汰になっていない

 実は昨日<2020年8月12日>、3機目の123便はどこかに出現したが表沙汰になっていない。これが三つ目の可能性です。出現場所に目撃者がいた場合、表沙汰にしたくない勢力は、口封じの為に目撃者を殺害する必要があります。また3機目の123便の乗客・乗員を殺害するか、地下空間に連行する必要があります。


↑頻繁なクリック、よろしくお願い申し上げます。

↓動画 King & Prince 髙橋海人 
X0QqqkzM.gif
スポンサーサイト



Comment

猫山 #-

ラブライブサンシャインのファンの友人が、しばらく前から頻りと言っておりました。
「コロナの件から、沼津に聖地巡礼に行く方が凄く減った。」そうです。

その友人は昨日、こんな事を言い始めました。
「なんか不思議なんだよね。昨年12月
半ばに外伝虹ケ咲学園のファーストコンサートをやってから、ラブライブとラブライブサンシャインのファンの大多数が右向け右状態で一斉に虹ケ咲に鞍替えをした。
それから、今年1月18日と19日のラブライブ9周年記念ライブの後から、ますます虹ケ咲のファンが増えた。
ゆえに、今まで沼津で聖地巡礼をしていたラブライブサンシャインのファンは、段々とお台場に行くようになった。
何が不思議って絶妙なタイミング過ぎる気もする。
コロナが日本に上陸する半月前に、虹ケ咲学園のコンサートでファンが増えた。
9周年祭の後でコロナが猛威を振るい出した。
で、このコロナ騒動の中でラブライブサンシャインの活動は有耶無耶になりファンはどんどん虹ケ咲に鞍替え。
沼津は自粛と虹ケ咲への鞍替えで聖地巡礼者は激減。
沼津に行きにくくなった気がする。」
と。

私も前に似たような事を考えました。
もしかしたら、2020年8月12日に起きる事をある程度予測した上で、虹ケ咲学園にファンを引っ張り沼津から目をそらさせた?
と。
虹ケ咲学園は、レギュラーメンバーが10人でコンサートなどは基本的に10人で行うそうですが、普段はソロ活動の設定だそうです。
ゆえにアフレコは少数人数で出来るそうです。
だから、濃厚接触が云々言われるこの時世に来年の初旬にアニメ化が叶うそうなのです。

しかも9周年祭のコンサートの後から、突然「虹ケ咲学園は外伝扱い。」と設定を変えた事をファンサイトで発表をしたとも聞いています。
しかも、外伝だからサンライ○による製作ではないそうです。別のアニメ会社が製作をするとのことです。

本当ならばラブライブサンシャインの活動は、2015年から2020年6月くらいまでと言われていました。
しかし、コロナの件で予定していたドームコンサートが開催出来るかも危うくなり、その後に予定していたファイナルコンサートも未定の状態だそうです。
ラブライブサンシャインのファンの友人が言うには、「ラブライブサンシャインの声優さん達は、ファイナルが出来なければ解散扱いにならないかもしれない。だから、実質的な活動が無くても、解散するまで生きた聖地扱いになる可能性が高い。」そうです。

私は、そこまでして沼津をラブライブサンシャインの生きた聖地にしておく本当の理由があるのではないか?と憶測をしています。
恐らく三機目の123便との関係性ではないか?と。
ラブライブサンシャインは、三機目の123便がこちらの時空間に出てくることを阻害する為の呪詛装置ではないかと思っております。
だから、聖地巡礼で来られたくはないけれど、聖地にしておく必要があるのかもしれないと考えました。

2020/08/14 (Fri) 01:49 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts