FC2ブログ

2762.PCR検査を発明しノーベル化学賞受賞したキャリー・マリス博士は口封じの為に殺害されたのではないか?

2020060100048_1.jpg
↑画像 引退が発表された渡辺麻友さん 出典はこちら

(1)渡辺麻友が芸能界引退!健康上の理由 AKB神7初 最終更新:6/1(月) 23:21 日刊スポーツ

 {2761.「新型コロナウイルスは存在しない」大橋眞徳島大学名誉教授said }などの続きです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/22e6f18c8e36adaab68d1263a92c9e67b3514c8a 

202006010000261-w1300_0.jpg
↑画像 第6回AKB48選抜総選挙開票イベント トロフィーを手に喜ぶ渡辺麻友(2014年6月7日撮影)

 元AKB48で女優の渡辺麻友(26)が、芸能界を引退することが1日、分かった。所属事務所の「プロダクション尾木」が発表した。

【写真】2009年、まだあどけないAKB48時代の渡辺麻友。右は指原莉乃

 発表によると先月末で同社を退社したといい、「この度、渡辺麻友より『健康上の理由で芸能活動を続けていくことが難しい』という申し入れがございました。数年に渡り体調が優れず、これまで協議を重ねて参りましたが、健康上の理由でしたので体のことを最優先に考え、本人の意思を尊重し契約を終了し、芸能活動にも終止符を打たせていただくこととなりました」と報告した。前田敦子、大島優子らとAKB48の元祖「神7(セブン)」の1人だが、神7で芸能界を引退するメンバーは初めてとなる。

 さらに同社は「今後の渡辺麻友についてですが、芸能活動を終え、心身の回復を計り普通の生活に戻れるよう健康面を最優先にさせていただきたいので、本人への取材や憶測でのSNS投稿、記事掲載などお控えいただきますよう伏してお願い申し上げます」と呼びかけた。

 渡辺は06年12月にAKB48の3期生として、当時中1で加入。「まゆゆ」の愛称で親しまれ、14年の選抜総選挙で1位に輝くなど中心メンバーとして活躍した。09年には「渡り廊下走り隊」としてユニットデビューし、12年には「シンクロときめき」でソロ歌手デビューした。

 また女優としてもテレビ東京系「さばドル」(12年)、フジテレビ系「戦う!書店ガール」(15年)、テレビ朝日系「サヨナラ、えなりくん」(17年)などに主演。AKB48卒業後も、18年5月にミュージカル「アメリ」で舞台初主演を務めたほか、昨年放送のNHK連続テレビ小説「なつぞら」では、ヒロインが勤めるアニメ制作会社の同僚役を好演していた。

(2)豊田真由子と渡辺麻友

 豊田真由子が表舞台に返り咲きしつつある2020年6月1日、渡辺麻友の引退が発表された。これは何かの意味・暗号を含んでいるのかも。

1034.豊田真由子さんは嵌められたのか? PART3
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-1322.html

1033.豊田真由子さんは嵌められたのか? PART2 
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-1321.html

1032.豊田真由子さんは嵌められたのか? PART1
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-1320.html

722.豊田真由子のニュース報道の際にテレビ画面に出てきた「自民党衆院当選2回議員主な不祥事」LISTに山田賢司議員を入れてないのはなぜか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-962.html

(3)〈独占告白〉「このハゲ~!」騒動から3年・豊田真由子「意識のあるときは、死ぬことばかり考えていた」 最終更新:6/1(月) 18:45 婦人公論.jp

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e775885c15d71249150b43c6779799ca964e881

占告白〉「この
↑画像 「戸惑う私の背中を押してくれたのは、「多くの人の命がかかっているときよ。不安な気持ちはわかるけど、あなたの知識をもっと広く伝えるべきだと思う」という友人の言葉でした」(撮影:大河内禎)

 2017年、週刊誌の報道で秘書への暴言が明るみに出て、世間から大バッシングを受けた豊田真由子さん。順風満帆だった人生が一変しました。当時のことは「パニック状態で記憶が定かではない」というものの、沈黙を貫いてきた3年をどう過ごしてきたのでしょうか。現在発売中の『婦人公論』6月9日号に掲載された、ロングインタビューを配信します。(構成=丸山あかね 撮影=大河内禎)

【写真】豊田真由子が、なんとか踏みとどまれた理由は

* * * * * * *

◆情報番組の出演依頼を受けた理由

 現在、新型コロナウイルスにどう立ち向かうか、テレビで解説する機会をいただいていますが、出演オファーをお引き受けするまでは、ずいぶん悩みました。「あいつの顔など見たくない」といった視聴者からの抗議が殺到したらどうしようと、不安だったからです。

 最初の出演は3月9日。当日の放送までどなたにも言っていませんでしたが、ずっと支え続けてくださった方々から、「うれしくて泣きながら観たよ!」というメッセージをいただきました。また一般の方々からも、思いがけず好意的なお言葉をたくさんいただき、少しホッとしたところです。一方で、私の出演を疑問視する声も聞こえてきます。当然ですよね。たとえどんな事情があろうと、私は決してしてはならない言動をしてしまいました。申し訳なく、いたたまれない思いは、今もずっと続いています。

 あの騒動以降、私は人目を避け、隠れるように暮らしてきました。いろいろなメディアからのオファーも頑なにお断りしてきたのに、なぜ今回はお受けすることにしたのか。話は、新型コロナウイルスに関する第一報が流れた1月初旬に遡ります。

 「中国の武漢で原因不明のウイルス性肺炎が流行」と報じられた頃はまだ、おそらく多くの方が対岸の火事を眺めるような気持ちでいらしたのではないでしょうか。でも私はすぐに、「これはマズいことになりそうだ」と察しました。「かなり情報統制をしている中国で、これだけ情報が出てくるということは、実際はもっと被害が出ているはず。日本も、適切な対応を取らなければ大変なことになる」と考えたのは、過去の経験によるものです。

 私は、厚生省(現・厚生労働省)に在職中の2000年に国費留学生として、ハーバード大学大学院で公衆衛生学を学びました。そして、WHOからパンデミック宣言が出された09年の新型インフルエンザの世界的流行の折には、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部で、外交官としてWHOや各国代表とともに最前線で対処にあたりましたので、感染症対策への知見と経験があったのです。

 とはいえ、もはや官僚でも政治家でもない私にはできることがありません。せめて現在の職場である社会福祉法人では、新型コロナウイルスに関する正しい知識を持ったうえで高齢者や園児に接してもらいたいと考え、職員向けに対処法を書きました。

 同じものを、親しい友人が経営する会社内でも使ってもらえたらと思いメールで送ったところ、「これ、わかりやすい!」と周囲の方に広めてくれて、それがたまたま情報番組のプロデューサーの目に留まり、番組からの出演依頼となったのです。

 戸惑う私の背中を押してくれたのは、「多くの人の命がかかっているときよ。不安な気持ちはわかるけど、あなたの知識をもっと広く伝えるべきだと思う」という友人の言葉でした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e775885c15d71249150b43c6779799ca964e881?page=2

20200601-00002072-fujinjp-001-2-view.jpg
↑画像 現在発売中の『婦人公論』6月9日号に、豊田真由子さんのインタビューは掲載されている

◆大切な人の葬儀に出ることもできず

 もう一つ、番組出演を決意した理由があります。テレビの依頼を受ける少し前のこと。議員になる前からずっと応援してくださっていた地元の方が亡くなられました。騒動を機に、私の周りからは多くの人が離れていきましたが、その方は私を見捨てることなく、「異国の丘」という歌の歌詞と「人生はいろいろなことがあるが、必ず朝がきます」と綴ったお手紙をくださいました。以来、心が折れそうなとき、何度も何度も読み返しています。その言葉にどれほど救われたかしれません。

 訃報を聞き、すぐに駆けつけたい思いでしたが、私が伺うと、きっとご迷惑をかけることになる。ご家族は気にすることはないと言ってくださいましたが、どうしてもそうは思えず……。結局、ご家族のご厚意でお通夜の始まる前に、ひっそりと、最後のお別れに伺いました。そのとき痛感したのです。大事な方の葬儀に出ることすらできなくなった自分の人生って何なのだろう? 故人のご恩に報いるために、自分にできることはあるだろうか、と。

 その結果、一人でも多くの方に、新型コロナウイルスの何がこわいのか、どうすれば感染を防ぐことができるのか、この先、世界はどうなっていくのかといったことについて、「できるだけ正確な知識をもとに、前向きに正しく恐れましょう」とお伝えすることが、自分の役割なのではないかと思うに至ったのです。

◆行ったこともなく、知り合いもいない選挙区で

 私は、子どもの頃から自己肯定感が低く、それもあって人の役に立つ仕事に就きたいと思い続けてきました。学生時代に、児童養護施設や障がいのある子どもが通うデイサービスのボランティアをしたことで、より具体的に、医療や福祉、介護などの社会保障を良くするために働きたいと思うようになり、厚生省に入省したのです。

 世間では、官僚は利権に汲々としていると思われているかもしれませんが、それは大きな誤解です。ほとんどの職員は、ただただ国民の役に立つことができればと、精一杯働いています。私もそうした思いで、入省後は懸命に働きました。

 28歳で結婚し、07年に在ジュネーブ国際機関日本政府代表部に赴任。続いて、夫もパリ赴任となったので、2人の子どもは海外で出産することになりました。ところが、11年に帰国し厚労省に戻ったとき、雰囲気がずいぶん変わっていることに大きな衝撃を受けたのです。

 というのも、09年の政権交代から省内では物事がうまく回っていなかった。東日本大震災の後、私は高齢者福祉を担当する部局におり、被災地の高齢者の姿に焦る日々でしたが、そうした危機的状況においても、政治が行政を信用せず復興が進まない。

 だったら、私が政治側に行って、問題を解決します! と思ったのです。厚労省の仕事はやりがいも、同僚との絆も深かったので、辞めたいと思ったことは一度もありません。けれど、「なんとかしなくちゃ」という一心で、政治の世界へ飛び込みました。

 一念発起し、たまたま自民党のHPで見つけた埼玉第4区の公募に応募。けれど、住んだこともなく、知り合いもいない選挙区だったうえに、長年、自民党が非常に弱く、それゆえ候補者が決まっていない地域だったのです。とにかく、地域の方を訪ね、直接会ってお話を伺い、自分は何ができるかを考える。その積み重ねで、だんだんと応援してくださる方が増えていきました。

 議員となって以降も、早朝の駅に立ってから、電車に乗って国会へ。国会で質問をして、党の政策会合で議論を重ね、夜は毎日地元に戻る。いくつも会合を掛け持ちして、出席者全員にお酌をして回り、じっくりお話を伺いました。夜中に家に帰って、翌日の資料を読み込む。毎日2、3時間の睡眠でしたが、自分はそうやって認めていってもらうしかないのだと、思っていました。

 ただ、今思うと当時は身体も心も疲弊し、もはや限界だったのだろうと思います。とことんまでやり遂げないと気が済まない、少しも手を抜くことができない私の未熟さが、自分も周りの人たちをも追い詰めることになっていたのかもしれません。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e775885c15d71249150b43c6779799ca964e881?page=3

◆意識のあるときは、死ぬことばかり考えていた

 17年6月、元秘書が豊田さんを週刊誌で告発し、「このハゲ~!」という衝撃的な音声が連日テレビで放送された。豊田さんはその後、唯一答えた雑誌のインタビューで、事件当時は、数日の間に秘書が次々と「ミス」を重ねたために、地元支援者の信頼を損なう事態が相次いだと告白している。

 必死で積み重ねてきた地元の方々との信頼関係がことごとく壊されていくという恐怖から、パニック状態に陥っていたのだと思います。報道された録音を聞くと確かに自分の声なのですが、あんなことを言ってしまっていたとは……。何を言っても遅いのですが、本当に申し訳ないことをしたと、ただ猛省しています。

 最初の報道で私はショックを受け、精神科に入院。体重は12キロ減って、意識のあるときは、ずっと死ぬことばかり考えていました。なんとか踏みとどまれたのは、子どもたちに「自分の存在が、母を生につなぎとめるほどの価値を持たなかったのだ」という痛みを一生抱えさせるわけにはいかない、その一心からだったと思います。

 ありがたかったのは、それでも応援してくださる方々がいたこと。友人たちが励まし続けてくれたこと。両親が私を信じ、そっとしておいてくれたこと。そして何より、家族が味方でいてくれたことです。夫にはたくさん迷惑をかけましたが、それでも私に寄り添い続けてくれました。別居したと報じられたこともありましたが、そんな事実はありません。

 ただ私のせいで、何よりも大切で守ってやらねばならないはずの子どもたちをひどく傷つけてしまった。それは申し訳ないとか、可哀想なことをしたといった言葉では片付けられないことでした。

 それでも子どもたちは、私の入院先に面会に来ては明るく振る舞い、つらい思いをしていることは、おくびにも出しませんでした。当時の記憶はあまりないのですが、なぜだか病室に家族が集まってピザを食べたこと、窓から遠くに小さく見える打ち上げ花火を子どもをひざに抱っこして観たことは覚えています。

 騒動後も変わらず応援してくださった支援者の方々に報いたくて選挙に出ましたが、及びませんでした。その後は何をする気力もなく、子どもたちを学校に送り出した後は、ほぼ臥せっている生活。気持ちの整理がつかず、後悔や絶望で死にたいという思いにとらわれていました。もう顔を上げて歩けない、これまでの人生は全部壊れ、自分にはもう何もできることがないと、毎日悲嘆に暮れていたのです。子どもたちの授業参観にも行けず、運動会は変装してこっそり観に行き、人との付き合いもほとんどしない状態で……。

 そうしたなか、ある支援者の方に「行政と政治の世界で仕事をしてきた経験があるのだから、これからは福祉の現場を知りなさい。そして、皆さんの役に立ちなさい」と声を掛けていただき、介護と保育を手掛ける社会福祉法人で仕事をするようになりました。今は、高齢者や園児のみなさんに接し、現場の職員さんたちの苦労や熱い思いにふれ、多くのことを学んでいます。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e775885c15d71249150b43c6779799ca964e881?page=4

◆政界に戻る気などまったくありません

 今でもインターホンが鳴ると、連日メディアにマンションを取り囲まれた恐怖がフラッシュバックし、家族一同、一瞬ビクッと固まってしまうのですが、事件当時に比べれば、平穏な暮らしを取り戻しつつあります。

 議員だった頃は国会と地元に張り付いていて、子どもたちとふれ合える時間が本当に限られていました。今はとにかく子どもの話をゆっくり聞き、たくさんスキンシップをして、ようやく母親らしいことができるようになったと実感しています。最近はママ友ともよくお話しできるようになり、先日娘の友達を家にお招きできました。

 復活を目指していると囁かれることもあるようなのですが、私にはもはや何の欲もないですし、もちろん政界に戻る気などまったくありません。

 なんとか人の役に立ちたいと、小さい頃から走り続けてきましたが、結果として、大事なことをなおざりにしていたことにも気づかされました。地元でずっと「お母さん」と呼んでお慕いしている方が、「あなたは今も生かされています。これからは、ご家族のため、歯を食いしばって強く生きてください。料理洗濯掃除など、つまらないように見えてもとても大事なことです。心を込めて打ち込んでください」とメッセージをくださいました。今は、その意味がよくわかります。

 私の母は、どんなことがあっても、どれほど体がつらくても、一日も欠かさず、朝早く起きてお弁当を作ってくれました。愛情表現が下手な母ですが、私たち姉妹は母の愛を疑ったことがありません。父はすごく厳しい人で、話をするときは今も緊張しますが、寝相のわるい私を心配して、いつも夜中に布団をかけ直しにきてくれていたことを、子どもの私はちゃんと知っていて、うれしかったものです。

 自分の子どもには、「努力は報われる」と伝えたかったのですが、私は日本中から全否定された人間です。「たとえ一所懸命頑張ったところで、こんなふうに全部崩れてしまうのだったら、努力する意味なんてないじゃないか」と、子どもは心のどこかで思っているのではないか、と悩んでいました。

 それが今回、大きな失敗をしてどん底でとことん反省し、自らを見直したうえで、新型コロナウイルス対策について発信する役割をいただいたことで、「努力は無駄にならないから、頑張ろうね」と、今一度、子どもに言える気がします。

 私は、3年前、多くのものを失いました。けれど、私という人間と付き合ってくれていた人たちは、決して失いませんでした。そうした人たちに励まされて、どん底の日々を、どうにか生きてこられました。だから私も、必要とされ役に立つ存在でありたいと強く願っています。

(構成=丸山あかね、撮影=大河内禎)

(4)自粛と新生活社会はワクチンへの道

https://youtu.be/4bSZSaa3ngY
↑動画 自粛と新生活社会はワクチンへの道 2020/05/26 に公開 2,361 回視聴

 自粛のあとは、新生活社会への誘導が行われています。その影響で、学校教育でのマスク着用や、公共施設でのビニールフェンスの徹底や施設使用の制限、イベント開催制限等、不自然な生活を余儀なくされています

 その一方で、短期間で開発したワクチンへの過剰な期待が、マスコミにより報道されています。ゲイツの発言にも、これまでの日常生活に戻るには全員のワクチン接種が必要というのがあります。このために、自粛や新生活社会の次にはワクチン接種の強制化というのが想定されます

 一般にワクチンの開発には、条件が揃っていたとしても数年かかります。今回のように1年程度で実用化するというワクチンには、効果の点だけでなく、副作用の問題が残されたまま、全学童への接種という前例のない危険性があることを留意する必要があります。特にDNAワクチンや、mRNAワクチンのように新しい形体のワクチンは要注意です。

■この動画のコメント欄から

*Cal Cal5 日前

偽善者ビル・ゲイツの野望を打ち砕くべき、論理にかなった解説、痛快です。大橋先生、ありがとうございます。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58695890R00C20A5XB0000/
https://news.livedoor.com/article/detail/18228052/

(5)PCR検査を発明しノーベル化学賞受賞したキャリー・マリス博士は口封じの為に殺害されたのではないか?

TweetTVJP‏ @TweetTVJP · 5月29日
PCR検査を発明しノーベル化学賞受賞したキャリー・マリス博士「PCR検査は感染症検査の目的に使用しては いけない」と言う意味がわかったような気がする!そう警告した後、去年8月死亡し、全世界で大量に使われ始めた!
【悪口の解剖学…
https://blog.goo.ne.jp/apisceran/e/1725c670030241ab13efcbe3e52255e2
前のツイート
https://twitter.com/TweetTVJP/status/1263265852633169921
EZLbi9KU8AAOKIi.jpg
EZLbmE2U4AELqv_.jpg
EZLbnMOUwAEQE0t.png
EZLboobVAAQ0kR9.jpg
https://twitter.com/TweetTVJP/status/1266316494004088835

 日経新聞によれば、キャリー・マリス博士の死因は不明とされている。これだけの有名人の死因が不明とは実に不思議だ。キャリー・マリス博士は口封じの為に殺害されたのではないか?

(6)キャリー・マリス氏死去 米ノーベル賞生化学者 2019/8/13 14:56

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48498500T10C19A8000000/

 キャリー・マリス氏(ノーベル化学賞を受賞した米生化学者)米紙サンフランシスコ・クロニクル電子版によると8月7日、米ロサンゼルス郊外の自宅で死去、74歳。死因は不明

 1983年、遺伝子の本体であるDNAを短時間で大量にコピーする合成酵素連鎖反応(PCR)法を開発。93年、ノーベル化学賞を共同受賞した。エイズの原因ウイルスがHIVであることを疑問視するなど独特の考え方を提唱した。(ニューヨーク=共同)


↑頻繁なクリック、よろしくお願い申し上げます。

↓動画 AKB48(撮影当時) 渡辺麻友
不足のあなたへ
スポンサーサイト



Comment

 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/06/05 (Fri) 06:00 |  | 編集 | 返信
コーディ #-

横田滋 逝去の報 横田めぐみ 拉致が事実なら あってはなら無いことですし 自作自演なら 裏の意図は何か? 

2020/06/05 (Fri) 22:21 | URL | 編集 | 返信
 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2020/06/08 (Mon) 05:44 |  | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts