FC2ブログ

2564.新型コロナウイルスの実態は5Gの電磁波! PART2

日向坂46小坂菜緒が着る卒業袴の新ブランド 2020 春の風景 1 済み
↑画像 2020春の風景7 日向坂46小坂菜緒が着る卒業袴の新ブランド 

(1)人間のクズ、ゴキブリ以下の品性。

 「2563.新型コロナウイルスの実態は5Gの電磁波! PART1」の続きです。

安保 隆II‏ @AmboTakashi2
国民の命を守ることなどにまったく興味なしの人間のクズ、ゴキブリ以下の品性を改めて露呈した、コロナウィルス関係での会見、事前質問への官僚用意のルビ付き文書をプロンプター見て読むだけのロボット朗読会でしかなかったが 
https://twitter.com/AmboTakashi2/status/1234279060903100416

川本耕次‏ @shadowcity
地獄の安倍政権
http://my.shadowcity.jp/2020/03/post-17786.html知恵遅れというか知恵足らず愚鈍のアベシンゾーが余計な記者会見するから、すっかり日本中がパニック。そりゃ、あの顔見たらスーパーに走って買い〆したくなるわw 不景気ヅラしやがって。あの記者会見は完全に逆効果だった。追い詰められているのに何もせ・・
https://twitter.com/shadowcity/status/1234133057264766976

川本耕次‏ @shadowcity
安倍はいつ逮捕されるのかな?
http://my.shadowcity.jp/2020/03/post-17789.htmlやっと、アベシンゾー処刑論が巷に流布されるようになって、世間もいよいよ目が醒めたで目出度い。ギロチンとか重機関銃で銃殺とか意見はあるんだが、ここはいち早く処刑を主張したおいらの主張で、「テルテル坊主」を採用したい。皇居前広場・・
https://twitter.com/shadowcity/status/1234169291466895361

川本耕次‏ @shadowcity
ESCYHtdU4AAohtc.jpg
https://twitter.com/shadowcity/status/1234153574185099265

(2)「2552.人肉解体工場 PART3 」への猫山さんのコメント

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-3056.html#comment5902

猫山 #-

 小林さんへ。お返事を下さりありがとうございます。

 ケムトレイルでのばら撒きはあるかもしれません。クルーズ船のダイヤモンドプリンセスでの感染者・来日した中国人の方々や中国から帰国した日本人の保菌者の報道の陰でケムトレイルで菌を拡散している可能性は高いかも…です。

 知人から聞いたのですけど、来週は花粉症がピークになる予測が出ているそうです。福田さんのブログにもありましたが、花粉症もケムトレイルが関わっているそうです。世は、急な休校騒動・テーマパークなどの娯楽施設の閉鎖・諸々のコロナウイルスに纏わる報道などで混乱をしています。更にケムトレイルで花粉症のピークを仕立てあげる…。

 こうした混乱を起こしておいて、安倍政権の悪事から国民の目を逸らさせている可能性が高いように感じております。人口削減や改悪法案など国民に知られたくない事を水面下で起こしているのだと思います。

 小林さんが書いておられた5Gも、どさくさにまぎれて推進もあるように思います。あれも人口削減兵器の一つのようです。

2020/02/29 (Sat) 12:02 | URL | 編集 | 返信

(3)コメントを拝読して

>ケムトレイル 5G

2234.CO2ばかり気にして、ケムトレイル、5G電磁波、放射線を無視するのは、本末転倒です。
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-2699.html

>来週は花粉症がピークになる予測が出ているそうです。

2508.花粉症は本当に花粉が原因なのか? PART6
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-3008.html

2507.花粉症は本当に花粉が原因なのか? PART5
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-3007.html

2506.花粉症は本当に花粉が原因なのか? PART4
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-3006.html

2505.花粉症は本当に花粉が原因なのか? PART3
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-3005.html

2504.花粉症は本当に花粉が原因なのか? PART2
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-3004.html

2503.花粉症は本当に花粉が原因なのか?<花粉症は温暖化詐欺と連動している!>
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-3003.html

>急な休校騒動

2556.富山化学のアビガン錠を日本政府は事前に購入していた‼️<安倍晋三は突如、不要な学校の春休み前倒しを決定、逆に余計に感染のリスクが高まるのでは? PART3>
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-3060.html

2555.安倍晋三は突如、不要な学校の春休み前倒しを決定、逆に余計に感染のリスクが高まるのでは? PART2
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-3059.html

2554.安倍晋三は突如、不要な学校の春休み前倒しを決定、逆に余計に感染のリスクが高まるのでは?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-3058.html

(4)★超重要:武漢新型コロナウイルスは5G、ケムトレイル、ワクチンがセットになった超生物兵器! タマちゃんの暇つぶし

https://1tamachan.blog.fc2.com/blog-entry-19926.html

 武漢新型コロナウイルスは「次世代通信規格5G」と「ケムトレイル」と「ワクチン接種」がセットになった「キングオブバイオエンジニアリングウイルス」で、これは、人類がこれまでに経験したことのない超生物兵器です。

 Tさんから頂いた貴重な「ヘンリー・メイコウ氏」情報です

Walk in the Spiritさん:2020年02月25日最強タッグ、5Gとコロナ(インフルエンザ) (1)より転載します。

貼り付け開始
https://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/202002250000/

コロナの背景を押さえておくの続きで、)​

先ほどアンソニーを聞いていたら、
"Edge Computing And Brain-Computer Interfaces" ​

良くまとまっていると紹介していた記事、​​

​CORONAVIRUS BIOWEAPON MYSTERY SOLVED :それはすべて名前にあります! 
2020年2月24日 State of the Nation Google訳で、

コロナウイルスの定義

英語の原文テキスト: Coronavirus : A highly contagious and deadly virus that is put on super-steroids whenever and wherever they flip the switch on 5G … while amping up the flu vaccination programs … and chemtrailing overhead with toxin-laden aerosols that further trigger influenza symptoms.
5Gのスイッチを入れると、いつでもどこでもスーパーステロイドになる、またインフルエンザワクチン接種プログラムを増強させる、さらに毒素を含んだエアロゾルのケムトレイリングで、インフルエンザの症状を拡大/悪化させる非常に伝染性で致命的なウイルス、

最後のところから抜粋、​

著者注
この公開からの重要なポイントはこれです:コロナウイルスは、生体内で非常にユニークでとらえどころのない方法で変形および突然変異するだけでなく、ウイルス症状を著しく悪化させるトリガーとなる複雑な生物兵器としてバイオエンジニアリングされたということです

(i)5G電力網から発信される特定の電磁周波数とマイクロ波放射、
(ii)特定のケムトレイルエアロゾル製剤の噴霧、および
(iii)インフルエンザワクチン接種後の特定のワクチン成分。

武漢のユニークなケースでは、大都市圏で有名な特定のタイプの有毒な産業汚染を放出する追加のトリガー技術もありました。
要するに、コロナウイルスは「キングオブバイオエンジニアリングウイルス」です。これは、人類がこれまでに経験したことのない超生物兵器です。

世界中の視聴者へのベストアドバイス
あなたとあなたの家族の近くでコロナウイルスの発生に対処するための唯一の最良の方法は、それを入手(感染)しないことです。ここに記載されている優れたガイダンスに従って、免疫システムを強化し、身体を強化することで自分を守りましょう 。 ​

​State of the Nationサイト記事は注目、

(5)コロナと5Gとの関係はここ2-3週間Googleの検索規制がかかっている

 新型コロナウイルスと5Gとの関係は、ここ2-3週間Googleの検索規制がかかっているという。試しに「コロナ 5G」でググってみましょう。その結果1頁で骨のある記事はこれだけです。(6)に転載させて頂きます。 

(6)新型コロナウイルスによる死者の増加は、「5G」の所為なのか?

https://note.com/nogi1111/n/n43112ecc6bb1

rectangle_large_type_2_ea5c5210dbe3a8e5ed566dbb5fe4b699.jpg

COBRAの2020年2月28日の記事「Endtime Madness Continues」で紹介された記事「Did the 5G rollout in Wuhan damage the innate cellular defense cells of the population, putting the people at risk of complications and death from coronavirus?」を翻訳しました。

※記事がお気に召しましたら、記事下部からサポートをご検討ください。

"5G網が免疫系をひどく損なうとの証拠が更にでてきています

武漢での致死率が4%にも達しているのも主にそれが原因です。

02/26/2020 / By Lance D Johnson

 第5世代ワイヤレス技術の危険性について、一部の科学者たちは警鐘を鳴らし続けている。電磁波や電磁波の有害な影響に関する警告に留意している国々もある。中国に関しては、あらゆる警告を完全に無視し、他のどの国よりも早く5Gを導入した。

 こうして2019年10月ですでに武漢省で5Gを導入したが、そのわずか二か月後、CoVid-19という新型コロナウイルスが蔓延することになった。以前は無害と言われていたこのウイルスが、なぜこんなに短期間でこれほどの脅威になったのだろうか?5Gとウイルス発生地の死亡率が高いことに、関連性があるのだろうか?

武漢に住む人たちに大量免疫不全を引き起こしたのは、5Gの仕業!?

 なぜその都市の人口だけが突然、非常に虚弱体質になったというのだろうか?5Gによって、武漢の人々の自然免疫系の中の、監視役蛋白質を酸化させられたのだろうか?

 それとも、5Gによって重度の炎症が引き起こされ、自然免疫系全体が損傷を受けたのだろうか?


https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0966327414000628

 科学者が証明したように、5GによってDNAが切断されたのだろうか?DNAが切断されると、「マンノース結合レクチン(MBL)」のような自然免疫分子に影響を及ぼす可能性があるのだろうか?MBLは主に蛋白質AおよびDなどの 「肺表面活性物質」として存在している。

 人体におけるMBLは強力な防御分子として働き、複製初期のコロナウイルスを標的とし、ウイルスの感染を防止することが実験で確認されている。

 MBLが酸化することでその機能が損なわれると、ウイルスが呼吸器系に容易に入り込むことができる。
MBLの欠損は、MBL-2遺伝子のエクソン1に3点突然変異がある場合にも発生する。

 感染性因子が合併症や死亡を引き起こすということは、患者の免疫系が損なわれているということだ。中国の武漢における5Gは、致命的な生物兵器となって人々に脅威を与えているのではないだろうか?

 このMBLは体内における分子レベルの世界で、異物の生物学的認識と監視をする、自然防御システムである。MBLは糖と結合することで、タンパク質が多種類のウイルスや、細菌、酵母、真菌などの糖で覆われた原生動物と相互作用する。

 微生物の表面に結合し、抗体中の補体系を活性化することができるという点で、MBLは独特であると言える。MBLはエボラウイルス、SARS、MERSなどの糖タンパク質の殻を破壊できる、唯一の抗ウイルス機構の1つなのだ。

 そして、マンノース結合レクチンの欠乏は、慢性閉塞性肺疾患、新生児敗血症、RSウイルス(RSV)などの合併症や呼吸器疾患とも関連している。

 科学者の推定によると、人口の10%~30%はMBLが不足しているようだ。これは、あらゆる呼吸器感染症の合併症への深刻なリスクにさらされているという意味だ。現在のコロナウイルス流行の、最も深刻な原因でもある。

 人口の最大30%が生物兵器としてのウイルスに対して防御が不可能な状態になっているかもしれないのだ。5Gワイヤレスは免疫力をさらに低下させている。5Gの悪影響について文書化されている症状として、「インフルエンザに似た症状」という報告がある。

https://www.jrseco.com/wp-content/uploads/2017-09-13-Scientist-Appeal-5G-Moratorium.pdf

 しかし、なぜインフルエンザと違って、病気の発生地に近いほどより高い死亡率なのだろうか?

 5Gワイヤレスの開始によって、武漢の人々のマンノース結合レクチンなどの自然免疫分子が酸化し、損傷してしまったということだろうか?遺伝子レベルでの突然変異が5Gによって引き起こされたのではないだろうか?

 5Gによる酸化作用については科学的にも証明されている。これによって、呼吸器系を保護するために免疫系が必要とする分子だけを狙い、酸化させることによって、集団の自然免疫系に悪影響を与えたのではないだろうか?5Gによって体内の肺細胞における重要な細胞監視機構を弱めることで、コロナウイルスの毒性を促進した可能性は十分にあるのだ。


↑頻繁なクリック、よろしくお願い申し上げます。

↓動画 NEWS 小山慶一郎
o0592039814111558934.gif
スポンサーサイト



Comment

小林 #-

1973年オイルショックの時(私の生まれる遥か以前)トイレットペーパーが不足した時 実際には某倉庫に大量にトイレットペーパーが保管されていました 要は 今回の品切れも 意図的に偽情報を流して ぼろもうけを企む輩の仕業

2020/03/03 (Tue) 17:31 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts