226.2011年3月と同じ動きを観測!HAARPデータと地場データで記録的な数値! 巨大地震発生が近い?

東日本の放射能汚染モニタリング地図
↑画像:東日本の放射能汚染モニタリング地図

(1)ここ最近の状況が東日本大震災前と非常に似ているように感じます・・・。

昨日<3月2日>からHAARPデータと地場データで記録的な数値を観測しています。不気味なことに、東日本大震災前も3月1日前後から非常に高い数値を観測しており、今回観測している数値は東日本大震災に匹敵する数値となっています。
*原因は600km/秒を超える高速の太陽風(この速度は昨年の8月27日以来)

http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi">☆HAARP電離層デーURL http://www.haarp.alaska.edu/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi

↓2011年3月1日前後のデータです。最大値は約650nt。
↓2011年3月1日前後のデータです。最大値は約650nt。

↓2013年3月1日前後のデータです。最大値は約750nt。
↓2013年3月1日前後のデータです。最大値は約750nt。

http://seesproxy.tksc.jaxa.jp/fw/dfw/SEES/Japanese/Data/docs_ja/ETS8/ETS8_DataGraph.htm">☆地球磁場リアルタイムデータURL http://seesproxy.tksc.jaxa.jp/fw/dfw/SEES/Japanese/Data/docs_ja/ETS8/ETS8_DataGraph.htm

↓2011年3月の地場データ
↓2011年3月の地場データ

↓2013年3月の地場データ
↓2013年3月の地場データ

 ただし、東日本大震災の時は3月1日前後と3月10日前後の2回に分けて高い数値を観測しているため、現時点では「東日本大震災に匹敵する地震が来る」とは断言できない状況です。今のところは大きく見てもマグニチュード7後半くらいだと予測されます。

↓2011年3月10日前後のデータ
↓2011年3月10日前後のデータ
↓2011年3月10日前後のデータ 1

 ですので、当面は来週の後半辺りに注目しましょう。もしも、来週の後半に再度高い数値を観測した場合は、東日本大震災並の地震が発生しても不思議ではないと私は考えています。

 先週も南米でクジラの打ち上げ報告がありましたし、どうにも、ここ最近の状況が東日本大震災前と非常に似ているように感じます・・・。

(2)日本に不気味な前兆 ソロモン沖M8 昭和に前例…4年連続で大地震

日本に不気味な前兆 ソロモン沖M8 昭和に前例…4年連続で大地震

ソロモン諸島の活動後に日本で大地震が連発している!

(3)2013年3月前半 人工地震説

来週の3月7日から、NHKの津波報道が「また」変わります。それも更に激烈に。

来週の3月7日から、NHKの津波報道が「また」変わります。それも更に激烈に。

 2012年も同じような変更をしています。それから海外ではどれだけ大きな海域地震が来ても、津波はわずか数センチ~数十センチレベル・・・にもかかわらず、NHKは、最初から「巨大」と表現する。

http://www3.nhk.or.jp/news/0307newkeihou/

 311の教訓とは言うが、実質的にこれは、「また人工地震やるけど、もっと大変だからねー」という、いつもの脅しにしか聞こえないのです。去年だったか、佐渡島の西側で大きな地震があったときには、NHKのアナウンサーは、「本当に津波は来ていませんか!?」的な、まるで事前にそういう地震があることを知っていた、でも津波来ない、そんなはずはないという雰囲気があったのです。

 思い出せば311の時にも、NHKはむちゃくちゃ手際よく、ベストショットが撮れる位置にビデオカメラを何台も配置していましたよね。あれ見た時に、こりゃヤラセだと思いました。

 そして今年、東日本大震災の2周忌が来る直前に、津波報道の変更です。それは、また311前後に人工地震やるよという事前通告なんです。

 この2月6日には、南太平洋のソロモン諸島で、マグニチュード8の大きな地震がありました。(2)の記事にある通り、1934年と1939年に、同じくソロモン諸島で同じM8の地震が相次いだあと、1943年・44年・45年・46年と、日本では鳥取地震・東南海地震・三河地震・南海地震と、日本を降伏させるための地震兵器による人工地震としか思えない4年連続地震が発生しています。

 ソロモン諸島は実験場であり、本番を日本に対してやっていたと考えるのが妥当でしょう。ということは、この2月6日にまたソロモンで実験をして、続いてまた日本近海でもやるぞという意味だと思いますよ。だからNHKは巨大津波とか最初から言うように命令されている。実にわかりやすい構図です。

 なので、まだまだ日本は人工地震・巨大津波で狙われています。

(4)「ローマ法王とエリザベス女王に対し懲役25年の有罪判決」と言う話への疑問

拙ブログも含めネット上にこの話があふれかえっている。そうした状況なので、この「ローマ法王とエリザベス女王に対し懲役25年の有罪判決」という表現で検索しても、拙ブログなどこれっぽっちも引っかからないと言う感じである。

これだけあふれていると、いかにも明日<3月4日>に逮捕され、それを報道させない為の人工地震が起きそうな感じがする。

だけどよくCHECKするとこの話に私は疑問を感じる。この話を取り上げているブログなどに出てくる「国際慣習法裁判所」という組織を調べても存在が確認できません。

2013-02-27付け飄(つむじ風)は、「ブリュッセルにある国際司法裁判所」と表現している。

国際司法裁判所って、オランダのハーグにありますが、ブリュッセルにはないような気がするのですが。

 国際司法裁判所に訴えを提起できるのは、個人ではなく、国家だけです。いったいどこの国があの人たちを訴えたのでしょう?

飄(つむじ風)をありがたがっているネットユーザーは多い。私は昨年の拙ブログのどこかに書いたが、現在も不敬罪が存在するような書き方をしている 飄(つむじ風)を完全には信用していない。

tumblr_m7x7qi6pJL1qikn9ko1_400.gif
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts