220.最近、日本共産党が地方選挙で堅調なのはなぜか?

黒い津波
↑東日本大震災から間もなく2年 画像9

(1)民主主義の勝利! 東電、赤旗排除を撤回!

少数の読者の皆様、お早うございます。この写真を見ますと、約1年前から拙ブログに書こうと思いながら、未だに書けない「黒い津波」について書けないもどかしさを感じてしまいます。

未だに福島第一原発2号機では温度上昇が続いています。一時期よりは温度がやや低下したとはいえ、現在も圧力容器下部では260℃、圧力容器上部では170℃という非常に高い温度を観測しています。

 さて、「216.反原発派の皆様、しんぶん赤旗の福島第1原発取材申し込みを拒否した東電を徹底糾弾しよう!」で紹介した件の続報です。

 紹介した件とは、2013年3月1日の福島第一原発内部公開にしんぶん赤旗が取材を申し込んだところ拒否されたと言う件です。

多くのブログがこの件を糾弾しました。こんな感じで検索すると拙ブログの当該記事が何と3番目にHITしたりします。

この件については、日本共産党の支持者ではない人々も民主主義の危機だと感じ、多くの人々が声を上げた。また、反原発の立場から声を上げた人々も多かった。両方の立場が重なる人々も多かっただろう。

この件については、東電が赤旗取材拒否を打ち出した場で、一般の記者からも「『赤旗』にも取材のチャンスを保障しないと理不尽ではないか」という意見が出ました。

 また、この問題では、「東電に抗議した」という電話が赤旗編集局に相次ぎました。

そうした流れを受けて、東京電力は22日、福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)を報道関係者向けに公開するに当たって、「しんぶん赤旗」の取材を認めないとしていた問題で、「『赤旗』を排除する考えは全くない」「今後、取材できる機会を検討したい」との考えを明らかにしました。

(2)その22日付けの「しんぶん赤旗」によれば、最近、日本共産党が地方選挙で堅調!

とのことです。その記事を読んだ方が、拙ブログの「218.日本は左翼が壊滅状態 LATIN AMERICA は左翼がすこぶる元気 この差はどこから来るのか?」をお読みになったら、「壊滅状態とは何だ!」と怒りを感じるかもしれませんね。

22日付けの「しんぶん赤旗」によれば、各地の党員の努力が実を結び、日本共産党が地方選挙で伸びていると言う論調でした。

もちろん、その論調を否定するつもりはありません。ただ、私にはそれだけが理由ではない気がします。

私をはじめ多くの人々が不正選挙を糾弾しているので、不正選挙がしにくくなっているような気がするのです。

その推理が正しければ、不正選挙がなくなり、各地の共産党員の努力が正当に選挙結果に現れるようになったと見ることもできるのではないでしょうか。

参院選迄、もっと多くの人々が不正選挙を糾弾し、「ムサシ」なる悪辣極まりない企業を完膚無き迄に叩きのめし、選挙事務から放逐し、正しい選挙を実施させよう!

(3)埼玉県所沢市 定食屋・くるま

「しんぶん赤旗」と言えば、埼玉県所沢市の「定食屋・くるま」には、「しんぶん赤旗」がさりげなく置いてある。もちろん、所謂「ブルジョワ新聞」もスポーツ新聞も含めて置いてある。

「しんぶん赤旗」が置いてあったら、集客面でマイナスではとお考えの方、それは正しくはありません。この店、たいてい混んでいます。

確か今世紀に入ってから、かなりの期間店を閉めてリニューアルしたのに、客の入りが激しい為、もう椅子が損傷を受けている部分がある。リニューアル前は違う店の名前だったのですが、もう名前を忘れてしまいました。リニューアル前も、「しんぶん赤旗」は置いてありました。

圧倒的多数の客は、「しんぶん赤旗」が置いてあろうがなかろうが関係なしにこの店の価格の安さと味に惹かれやってきます。

もしかしたら、一部の創価学会員が毛嫌いして立ち寄っていないかもしれません。昔、創共協定を結んだ仲なのに。相模原市には創価学会員に生卵を投げつけられた経験をもつ日本共産党員がいます。

日替わりSETは夜も食べられます。22日のAセットは、オムレツの定食。もちろん、小鉢や味噌汁が付きます。Aセットは580円です。

 特筆すべきはCセットです。Cセットはの基本は、丼物と麺類のSETです。麺類はある程度の選択肢があります。何と、外食では珍しく「そうめん」も選べます。この時期HOTのそうめんもOKです。私はたいていそうめんを選びます。

22日の場合、カレー丼に烏賊の煮物・味噌汁・ミニサラダ(も付いていたかな?)に選べる麺が付いて何と700円です。

夜は飲み屋として利用する客も多いです。プロペ通りの少し引っ込んだ所にあります。

 思い出しました。リニューアル前の名前、定食ポニーでした。

map.gif
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts