FC2ブログ

2391.東京初の民間放送局なのに全国で6番目の開局

EL1ErtNUUAAWqQl.jpg
↑画像 2019クリスマスシリーズ19 西野七瀬 出典はこちら

(1)アジア太平洋戦争開戦直前に出された地図

 「2390.TBSの所有地の歴史」の続きです。2390の「(2)TBSの所有地 19世紀後半~20世紀前半」に掲載した「東京時層地図のアプリの大正5~10年の陸地測量部の地図 近衛歩兵第三聯隊の敷地 後のTBSの敷地」には、後にTBSの所有地になる土地に、近衛歩兵第三聯隊が存在していた事がきちんと明記されている。ところが1941年の日本時間12月8日始まったアジア太平洋戦争開戦直前に出された地図にはそれが明記されていません。赤坂一ツ木町の表記があるだけです

 戦前の国内地図のデータは参謀本部内の陸地測量部が調査したものです。敗戦後、陸地測量部を引き継いだのが国土地理院です。

(2)TBS開局

 TBSは1951年12月25日に全国で6番目東日本初の民間放送局として開局しました。開局後の数年間はラジオだけでした。TBSラジオではなくて、ラジオ東京という名称でした。開局前日の12月24日、開局式典を挙行しました。また、新橋演舞場より開局前夜祭を挙行し、生中継で放送しました。

東京初の民間放送「ラジオ東京」の開局の告知
↑画像 東京初の民間放送「ラジオ東京」の開局の告知 出典はこちら

 東京初の民間放送局なのに、全国で6番目、東日本初の民間放送局なのですね。東京が戦争でかなりひどい状況だった事が解ります。

 1951年12月25日6時30分、東京都千代田区有楽町1丁目(現在「新有楽町ビルヂング」がある位置)の毎日新聞東京本社新館内のスタジオより全国6番目、東日本で初の民間中波ラジオ放送の本放送が開始された。

(3)日本初の深夜放送

 1952年4月1日23時、日本初の深夜放送とされる占領軍将兵及びその家族のための英語番組『イングリッシュ・アワー』が、ラジオ東京で開始された。

(4)浪曲天狗道場

 浪曲天狗道場(ろうきょくてんぐどうじょう)は、 民放ラジオ開局直後のラジオ浪曲の全盛期、昭和30年代にラジオ東京(現在のTBSラジオ)で一世を風靡した浪曲のど自慢の素人参加番組です。

1024px-Rokyoku_Tengu_Dojo_the_Radio_Tokyo_age.jpg
↑画像 ラジオ東京「浪曲天狗道場」。左の審査員席、左から隅田梅若、相模太郎、中央のテーブルが出場者、その後ろが司会アナの池谷三郎、右の三味線が高野東海。日本のラジオ番組『浪曲天狗道場』(1954年 - 1965年、ラジオ東京→東京放送=東京ラジオ→TBSラジオで放送)の公開収録風景(写真はラジオ東京時代=1960年までの間に撮影)。from:『TBS50年史』(2002年1月、東京放送編・発行) 直接の出典はwiki

■放送時間の変遷
放送開始:1954年10月26日 目白製薬 火曜21:10 - 21:40
放送終了:1965年6月28日 大正製薬 月曜20:00 - 20:30

■出演者
玄関番(司会者):池谷三郎(ラジオ東京アナウンサー)
指南役:前田勝之助→隅田梅若
審判:2代目木村重松初代相模太郎
曲師:高野東海

■スタッフ
制作:池田正男

■概要

 戦前から引き続き、ラジオの浪曲が大人気を持つ中、1954年4月7日に正岡容東家楽浦三門博小島貞二を審査員に司会はアナウンサーの芥川隆行で始まった「素人浪曲のどくらべ」を前身番組として、同年10月26日に始まり強烈な個性で人気を集めたのが聴取者参加の浪曲物まね「浪曲天狗道場」だった。

 先行した日本文化放送(現在の文化放送)の「浪曲学校」を、スポンサーごと引き取り放送することに一度は決まるが、日本文化放送が巻き返し、互いに譲らず2局が同企画で競合することになった。スポンサーの大正製薬は板ばさみとなり、系列会社の目白製薬にラジオ東京のほうを引き受けさせて落着したが、別の出演者で後を追った「浪曲天狗道場」が本家のお株を奪い、圧倒的な人気番組にのしあがった。

 新聞はこのいきさつを「民放、スポンサー獲得に大童“浪曲学校”にKRと文化で一波乱」と報じた。その人気は、1回分の出場者6名に対し、応募者が週に500名を超えたほどであった。背景には、大衆の演芸として浪曲自体が大いに親しまれていたことと、思わず真似をして一節うなりたくなる心理を巧みに衝いた企画であった、という事がある。

 指南役と審判に一流の浪曲師を配し、参加出場者は、まず入門の試験に合格してから、初段から九段まで進む形式で、賞金も次第に高額になった。番組の成功は審判役相模太郎の個性(「ちょいと待ったぁ」という掛け声等)に負うところが大きいが、「頼もーう」に続く玄関番の「どーれ」(アナウンサーの池谷三郎)のかけ声や、入門や昇段試験合格の太鼓の音(木暮金三郎)は、聴取者に強い記憶を残した。

■「関東全地域・夏期 民放在京3局 高聴取率番組 1957年(昭和32年)」

順位 放送された曜日 番組名 放送局 聴取率 
1位 火 浪曲天狗道場 ラジオ東京 23.8%
2位 木 浪曲学校 文化放送 12.8%
3位 月 浪曲十八番集 ラジオ東京 11.4%
4位 火 歌のパラダイス ラジオ東京 10.3%
5位 木 歌謡ベストテン 文化放送 10.0%
6位 土 浪曲次郎長伝 ラジオ東京 9.8%
7位 木 私と貴方の三つの歌 文化放送 9.6%
8位 火 歌の風車 ラジオ東京 9.4%
9位 日 浪曲歌合戦 文化放送 9.2%

 1956年には在京ラジオ各局で同様の趣向の番組が続々と現れ、NHK(「素人即席演芸会」から「なかよし演芸会」を経て)「なかよし浪曲会」、ニッポン放送「のど比べなんでも大学」、日本文化放送「浪曲歌合戦」と最大5番組が同時期に鎬を削ることになった。また、大阪では1956年1月、新日本放送(後の毎日放送)の「浪花節天狗道場」も始まり、東京ではニッポン放送が放送した。

 番組中期以降、「浮世風呂」と称して銭湯を会場にしたり、年始に放送する年男・年女大会で政治家大野伴睦力道山飯田蝶子寺内大吉横山道代らに浪曲をうならせ、話題づくりにも努力した。

■約10年間のテレビ&ラジオの普及率

西暦 民放R局数 ラジオ普及率 民放T局数 テレビ普及率
1951  9  58.6% - -
1952  21 63.6% - -
1953 45 70.4% 1 0.1%
1954 59  75.2% 1 0.3%
1955 62 73.8% 2 0.9%
1956 80 77.8% 4 2.3%
1957 88 81.2% 6 5.1%
1958 100 81.3% 27 11.0%
1959 104 74.7% 47 23.1%
1960 115 57.2% 61 33.2%
1961 124 45.8% 82 49.5%

 ラジオ普及率が80%を上回る数値に達する中、ピークの1957年には、この番組「浪曲天狗道場」の聴取率は23.8%に達した(NHK調べ)。その後も20%前後を推移し、6年間にわたり、民放の首位であった。

 神奈川県横浜市にある放送ライブラリーには、1964年6月1日放送分が聴取可能である。

■ネット

 朝日放送で関西にネット(58年12月3日~59年8月26日.水曜15:00~15:30)「大正アワー」とタイトル冒頭明記あり。同時期同一時間帯月ー日に大正製薬提供の時間が占拠した。「演芸廻り舞台」月(大阪漫才、落語)火曜(東京落語、漫才)等。

■映画化・テレビ化

 この番組は大映により映画化された(1955年1月22日公開。アナウンサーの池谷三郎と前田勝之助も出演)。また、発足直後のテレビ部門でテレビ番組化された。映画化されたラジオ番組はドラマを中心に数多くあるが、素人参加番組の映画化は異例のことである。

■他の影響

 既に浪曲はレコード・映画・大会による鑑賞が主となり、中心となる寄席定席は東京から消えていたが、1955年8月13日、東京・南千住コツ通りに既にあった漫才中心の色物席「栗友亭」が浪曲定席に衣替えし、興行の合間、舞台を一定時間浪曲ファンに開放した。浪曲天狗道場と同じ形式で唸ることができたわけである。

■番組の終焉

 長く聴取率トップ番組であったが、ラジオ離れで1961年から下位に落ち、戦後も引き続き絶頂期であった浪曲の退潮をも象徴することとなった。プロ野球ナイター中継がレギュラー化(1963年4月8日から 火曜ー木曜、土日)するなどしたが、結局同様の番組では最も長寿番組となった。

(5)私が話をした有名人FILE25 元ラジオ東京アナウンサー 池谷三郎

 「2325.安倍に何かあると、誰か結婚しよる。捕まる。災害起きる。ミサイル飛ぶ。<二宮和也結婚発表は桜を見る会のスピン 桜を見る会糾弾は日米FTAのスピン PART4>」の「(5)私が話をした有名人FILE24 元千葉大学教育学部教授・宮原武夫」以来の「私が話をした有名人FILE」です。

 私にとっては恩師なので、池谷三郎先生と書かせて頂きます。池谷三郎先生は宮原武夫先生よりちょうど10歳年上です。池谷三郎先生は「2383.第二次世界大戦戦死者ランキング(習志野高校物語 PART4)」の(4)に書いた「1922年~1925年生まれの男性」に該当します。

 池谷三郎先生は「2384.1851年生まれと1852年生まれの大きな差」の」「(2)アンラッキーな世代」に該当します。先生は戦争で大変な苦労をなさったとは言え、アンラッキーな世代の中ではラッキーな人生を歩まれたと思います。

 私が先生から教えを受けた際、先生は50代後半でした。50代後半の先生のお顔をネット上で見つける事ができません。お若い頃のお顔を掲載させて頂きます。

どう即‏ @pc_unko 東宝特撮でお馴染みの「いつのもアナウンサー=池谷三郎氏」がいるじゃないですか。どんな映画でも彼が画面に出るだけでニンマリするんですが、私的には「ゴラス」の彼が一番好き。いつも淡々とニュースを伝えるだけなのに、本作では感情をこめて「大成功です!」と言う(カメラも寄る!)のがイイのよ
DzumGwhUcAAHRhb.jpg
https://twitter.com/pc_unko/status/1097655328399810560?lang=fi

二ブログ
沢アナウンサー
こういう人に
↑画像 池谷三郎先生 出典はこちら

 ではwikiの記事の間違いを訂正した上で、基本的にはwikiの記事を掲載します。

 池谷 三郎(いけたに さぶろう、1923年8月19日 - 2002年10月19日)は、日本のアナウンサー、俳優。

■略歴・人物

 東京都中央区日本橋出身。慶應義塾大学卒業。1951年10月、開局を控えたラジオ東京(KRT。後のTBS)にアナウンサー第1期生として入社。入社1年目に駅伝中継を担当。

 『浪曲天狗道場』では1954年10月の第1回から司会を担当。ラジオ番組においてトップレベルの聴収率を上げる功績を残す。池谷も『浪曲天狗道場』を始めるまでは、浪曲のことは全く何も知らず、「広沢虎造の『次郎長伝』といっても、大政も知らなければ小政も知らなかった。」というのだから嘘のような話である。

 1966年1月、ラジオ局放送部兼テレビ編成局アナウンス部。1967年11月15日、アナウンサー研修室設置に伴い幹事へ就任。1970年1月、教育事業本部計画室。1971年5月、教育事業本部教育部兼管理部。1972年2月、東京アナウンス学院へ出向。1974年4月、TBSに戻り、人事室開発センター。1975年9月、人事室。1977年7月、テレビ本部放送業務局。1977年8月、放送業務局視聴者センターにそれぞれ在籍、1978年8月、TBSを定年退職。その後は東京アナウンス学院の校長などを務める。

 俳優としては、TBS在職中に『ゴジラ』(1954年)よりアナウンサー役として毎回画面に登場以降、東宝特撮映画等にも出演するが、ノンクレジットが多いため、特撮映画ファンの間からは「いつものアナウンサー」という通称で呼ばれていた。

 1991年、『ゴジラvsキングギドラ』公開直前に放送されたNHKの特番に堺左千夫橘正晃とともに出演し、インタビューに答えていた。

 2002年10月19日、間質性肺炎のため神奈川県鎌倉市の病院で死去。79歳没。

https://youtu.be/wJpn5v-y8L0
↑動画 池谷三郎さんインタビュー NothingIsReal1986 502 回視聴 2014/07/29 に公開 2001.12.23「伊集院光 日曜日の秘密基地」 ゴジラほか東宝特撮でお馴染みのアナウンサー、池谷三郎さんのインタビューです。(特撮作品に関する言及はありません)

>1978年8月、TBSを定年退職。

 当時は55歳定年制だった事が解ります。現在は安倍晋三の失政の為に多くの労働者が死ぬ迄働かされそうです。

>その後は東京アナウンス学院の校長などを務める。

 私は奨学金を大学から給付されている上にアルバイトしまくりだったという話を時々しています。そのアルバイトで得た賃金の一部は東京アナウンス学院の学費になりました。局アナを目指す大学生が所謂「ダブルスクール」として東京アナウンス学院に通っていたのです。

 「1168.邪気まみれの寺社が多い!」<拍手+いいね=48>の「(5)私が話をした有名人FILE13 中村 尚登(なかむら ひさと)」に登場した中村尚登も池谷三郎先生の教え子の一人です。「384.湯川遥菜さんはオカマなのか?」の「(17)私が話をした有名人FILE6 迫文代」に登場した迫文代もそうです。「520.ネットはテレビに勝てるか? その1」の「(4)私が話をした有名人FILE9 清水圭子<杉浦圭子>」に登場した清水圭子<杉浦圭子>もそうです。

 1981年3月に鎌倉逗子を中村尚登らの仲間と散策した後、神奈川県逗子市の高台にある先生のご自宅に皆で訪問させて頂きました。たくさんのおいしい料理とお酒をご馳走して頂きました。

 私は中村尚登と違い局アナにはなれませんでしたが、先生から教えて頂いたた事は長年にわたる教職に活かされています。昔と違い最近の教師は生徒から評価されます。私に対して辛口の評価をする生徒も、評価項目の中の「聞き取りやすい」という項目には最高の評価をしてくれる生徒がとても多いです。先生のお陰です。ご指導頂き、本当にありがとうございます。 


↑頻繁なクリック、よろしくお願い申し上げます。

↓動画 クリスマス
メリークリスマス 猫 1
スポンサーサイト



Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts