FC2ブログ

2365.消費税が存在しなかった30年前の税制度に戻せば今より税収が増える

EIXSGpbXYAAo27B.jpg
↑画像 2019年公共交通機関利用促進キャンペーン・鉄道52 秋田県大館市御成町一丁目 JR東日本・奥羽本線・花輪線 大館駅前 次回、秋田 #ブラタモリ 林田理沙(NHKアナウンサー) タモリ 出典はこちら

(1)秋田県

 今回の冒頭の写真の撮影現場は、秋田県大館市にある大館駅前です。ブラタモリの番宣画像ですね。

2301.ブラタモリは人工災害予告番組 PART7 <阿蘇山と富士山と浅間山 その2>
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-2774.html

2300.ブラタモリは人工災害予告番組 PART6 <阿蘇山と富士山と浅間山 その1>
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-2773.html

1990.ブラタモリは人工災害予告番組 PART5 <阿蘇山大噴火が近いのか? PART4>
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-2411.html

1989.ブラタモリは人工災害予告番組 PART4 <阿蘇山大噴火が近いのか? PART3>  
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-2410.html

1986.ブラタモリは人工災害予告番組 PART3 
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-2407.html

1985.ブラタモリは人工災害予告番組 PART2 <阿蘇山大噴火が近いのか? PART2>
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-2406.html

1984.阿蘇山大噴火が近いのか?<ブラタモリは人工災害予告番組>
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-2404.html

(2)秋田県人のソウルフード「バナナボート」

 2019年10月16日、仕事帰りにJR 大宮駅2F西口イベント催事場で開催されていた「秋田物産展」に立ち寄りました。秋田県人のソウルフード「バナナボート」を購入しました。

2A32DE2A7B78475982AF70F8170B4947_LL.jpg
↑画像 秋田県人のソウルフード「バナナボート」 出典はこちら 

(3)田沢湖高原スキー場(田沢湖高原アッスルスキー場)

 秋田県で1番行った場所は秋田県仙北市にある田沢湖高原スキー場です。秋田県で1番泊まった宿は秋田県仙北市にあるプラザホテル山麓荘です。私がよく行っていた頃は秋田県仙北郡田沢湖町でした。田沢湖高原スキー場もプラザホテル山麓荘も1回を除き、すべて仕事で行ったのですが。

 残念ながら田沢湖高原スキー場(田沢湖高原アッスルスキー場)は、2006年12月に休止され、再開する気配が一向にありませんので、廃止同然となってしまいました。隣接するスキー場より標高が高く、積雪に恵まれていましたので残念に思います。

田沢湖町スキー場マップ
↑画像 秋田県仙北郡田沢湖町時代の地図 出典はこちら 

(4)多くの労働者の所得減→各地のSKI場の閉鎖

 残念な事にここだけではなく、各地のSKI場が閉鎖になっています。消費税が導入された1989年以降現在に至る迄の所謂「失われた30年」の間に、多くの労働者の所得が減った上に、消費税率UPでレジャーにかける金が減ったからです。

(5)消費税が存在しなかった30年前の税制度に戻せば今より税収が増える

 多くの方々は税収を増やす為に消費税を導入したと誤解しています。多くの方々は福祉を充実させる為に消費税を導入したと誤解しています。消費税導入&税率UPは大企業と金持ちどもの減税の為です。

 消費税導入前の方が導入後より税収は多かったのです。そしてその頃の方が多くの日本人は豊かだったのです。だから各地のSKI場が栄えたのです。つまり消費税を廃止すれば潰れた各地のSKI場が復活するかもしれないのです。


異邦人‏ @Narodovlastiye 自分も含めて、生まれた時から「財源がない」という自民党政府のプロパガンダを刷り込まれてきた人は特に、消費税が開闢以来の制度かのように錯覚してしまうけれども、取り敢えず「消費税が存在しなかった30年前の税制度に戻せば今より税収が増える」と聞けば、一気に催眠が解けるでしょうね。
https://twitter.com/Narodovlastiye/status/1190415589006700544

(6)教師のデイリーワークがブラックな上に、修学旅行の引率はそれを上回るブラック!

 (3)に仕事でSKI場に行きHOTELに泊まった事を書きました。教師以外の皆様は羨ましく感じたかもしれません。教師のデイリーワークがブラックである事は、国会でも取り上げられ、マスコミも取り上げたのでご存知の方が多いと拝察致します。

 実は修学旅行の引率はそれを上回るブラックな状況なのです。皆様も高校の修学旅行の際、夜、なかなか眠らなかった方が多かったと拝察致します。生徒が眠らないとこちらも生徒の安全確保の為に生徒のいるゾーンを巡回したりするのです。ですから修学旅行の引率中の平均睡眠時間は3時間くらいになってしまうのです。学校管理下の生徒の安全確保は教師の仕事の一つです。

 1980年代は荒れる元気な高校生が多かったので、昼間SKIをさせてくたくたにさせれば、夜はおとなしく早く寝るだろうという発想で始まったSKI修学旅行が、1980年代から1990年代にかけてトレンドでした。こちらの思惑とは裏腹に生徒はなかなか眠りません。

 1991年の修学旅行ではプラザホテル山麓荘の売店の商品を万引きした生徒が出ました。修学旅行最終日に解散場所の上野駅に該当生徒の保護者に来て頂き、処分の申し渡し<この場合は停学>をしました。処分の申し渡しは普通は校長室で行います。処分対象の生徒とその保護者と校長と当該生徒の担任と生徒代表が立ちあうのが一般的です。

obkc_bw480h360.jpg
↑画像 プラザホテル山麓荘 パブ「ふらふら」(東館) 出典はこちら

 このパブ「ふらふら」が生徒のいるゾーンへの巡回の出陣基地であり、情報交換の場でした。巡回して例えば201号室の2Bの●●が微熱があるみたいな情報を交換しあうのです。宿のサービスで夜食とアルコールが出ました。


↑頻繁なクリック、よろしくお願い申し上げます。

↓動画 Kis-My-Ft2 玉森裕太
tumblr_mjqm2aWo0p1r3442co10_500.gif
スポンサーサイト



Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts