FC2ブログ

2299.海外では人間ドックどころか、そうした考え方そのものがない国が多数です。

八村塁(NBAウィザーズ)
↑画像 八村塁(NBAウィザーズ) 出典はこちら

(1)八村塁

 「2295.不審死製造病院と言われている慶應大学病院に安倍晋三が行った」の続きです。冒頭の写真のモデルである八村塁(はちむらるい)は、1998年2月8日に、ベナン人の父と日本人の母の間に生まれた。

 2019年4月15日、2019年のNBAドラフトにエントリーを表明し、2019年6月20日、ワシントン・ウィザーズから一巡目9位指名を受けた。「皆さんやりました。NBAです」とインタビューに答えた。

 日本人でNBAドラフト指名を受けたのは岡山恭崇以来で、1巡目指名は初の快挙となった。 2019年6月22日、日本人初となるエア・ジョーダンと契約したことが発表された。 2019年10月23日、シーズン開幕戦でスターターとしてデビューし、14得点、10リバウンドのダブルダブルを記録したが、ルカ・ドンチッチクリスタプス・ポルジンギスを主力に置いたダラス・マーベリックスに100-108で破れた。

 「八村塁」の発音は「爬虫類」の発音と似ている。彼も爬虫類人<レプティリアン>なのかもしれない。

(2)NHKスペシャル NBAプレーヤー 八村塁 ~“世界最高峰”への軌跡~

初回放送 総合 2019年10月27日(日) 午後9時00分~9時53分

時53分

 八村塁(21)が、もうすぐバスケットボールの世界最高峰、NBAでデビューを果たす! 選手の平均年棒は、あらゆるプロスポーツの中でも最も高額とされ、およそ5億人の競技人口の中で、その舞台に立てるのはわずか450人だ。さらに“ドラフト一巡目指名”ともなると、世界でわずか30人というエリート中のエリート選手に選ばれた証であり、日本人としては初めての快挙となる。

、その舞台に立

 世界最高峰・NBA入りが決まったその瞬間から、NHKのカメラは等身大の21歳の若者の姿を記録し続けてきた。ベナン出身の父と日本人の母のもとに生まれ、子どもの頃は「自分はいったい何者なのか?」と悩んだという八村。そんな彼を変えたバスケとの出会い。アメリカへの留学で気づいた、日本人としてのアイデンティティーと自らのルーツにも関わる多様性の強み・・・。

 半年間の密着取材とロングインタビュー、そしてかつてのコーチなどの証言から、一人の青年が、世界への扉をこじ開けるまでの知られざる成長の軌跡を描いていく。またマジック・ジョンソンやデニス・ロッドマンなどNBAのレジェンドにも独自インタビューを敢行!八村のプレーの魅力やすごさ、その可能性に迫っていく。

イデンティティ

https://youtu.be/JnSjQf4CC5Q
↑動画 NHKスペシャル NBAプレーヤー 八村塁 |〈1〉NBAへの挑戦 RUI HACHIMURA | NHK 9,363 回視聴

2019/10/27 に公開
八村塁の動画をもっと見たい方はこちらのウェブサイトへ。
「八村塁 軌跡と可能性と」https://sports.nhk.or.jp/dream/specia...
バスケットボール世界最高峰、NBAにかける八村塁選手の思いに迫る!

(3)海外では人間ドックどころか、そうした考え方そのものがない国が多数です。

 2295で不審死製造病院と言われている慶應大学病院に安倍晋三が行き、人間ドックを受けたという情報を伝えました。実は海外では人間ドックどころか、そうした考え方そのものがない国が多数です。

M. Suzuki‏ @cdcreationinc1 欧米に人間ドックはない!洗脳された300万の『信者』 わたしも最初、耳を疑った。何人もの医者に直接会って取材してみた。その答えはみな同じだった。『海外には人間ドックどころか、そうした考え方そのものがない』という。
https://twitter.com/cdcreationinc1/status/1188976467801034752

(4)このツイートの真偽

 このツイートの真偽ですが、調べたら『海外には人間ドックどころか、そうした考え方そのものがない』というツイートはやや正確さに欠ける様です。韓国のある医療施設では、人間ドック受診者はこの15年間で約200万人にのぼり、このうち海外からの受診者は20万人だという。しかし、『海外では人間ドックどころか、そうした考え方そのものがない国が多数です。」とは確実に言える。

 アメリカでは、人間ドックという言葉はなく、専用の施設もない。簡単な定期検診は一部で行われているが、それすら一般的ではなく、ましてや人間ドックのような、精密検査は数千ドルと非常に高額なため、受診者は企業トップなどの一部の富裕層が中心だ。

 今回紹介した八村塁氏は高額所得者なので、アメリカで人間ドックのような精密検査を受ける事が可能ですが、若くて極めて健康な彼にそうした精密検査は必要ないだろう。

(5)そもそも健康診断がない国が多い

 人間ドックに関連して言えば、そもそも健康診断がない国が多い。ほとんどの国々でないと言える。労働安全衛生法という医療利権と結びついた法律によって日本の労働者階級は、事実上、健康診断を受ける事が義務とされています。こうした有様の国は日本だけである可能性が高い。健康診断に関して、世界に200近くある国や地域のすべてを調べるのは難しい。

 医療利権と結びついた健康診断なので、ある程度の人数の不健康とされる労働者を健康診断は生み出す。だから「国民の8割が不健康になる健康診断」と言われたりしている。


↑頻繁なクリック、よろしくお願い申し上げます。

ClearOblongCaiman-size_restricted.gif
スポンサーサイト



Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts