FC2ブログ

2106.京アニ放火で助かった方々の証言がない事がフェイクニュースの証ではないか?<NHKは京都アニメーション放火事件が起きる事を事前に知っていたのではないか? PART21>

63c92697.jpg
↑画像 2019・夏・海30 京都府舞鶴市 AKB48 横山由依

(1)京アニ放火

 2019年8月18日の5本目です。京アニ放火から本日18日でちょうど1か月経ちました。「2057.NHK集金人に暴力団関係者<NHKは京都アニメーション放火事件が起きる事を事前に知っていたのではないか? PART20><ラブライブサンシャインのライブの前後に自然災害に見せかけた人工災害が増えている PART8>」の続きです。

★「ひるまずアニメ作る」 京アニ放火殺人1カ月、負傷の社員は仲間と前へ 最終更新:8/18(日) 11:30 京都新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-00010001-kyt-l26

★「京アニ」放火事件から1か月 献花に訪れる人絶えず 最終更新:8/18(日) 11:45
MBSニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190818-00029178-mbsnewsv-l26

(2)京アニ放火で助かった方々の証言がない事がフェイクニュースの証ではないか?

田代照夫‏ @tashiroteruo 京都アニメーション事件は34人が助かっている。その証言が、確かな証言が、ひとつもないのです。
https://twitter.com/tashiroteruo/status/1158001571768070144

 京アニ放火で助かった方々の証言がない事がフェイクニュースの証ではないか?

Nishiyama ‏ @Shunishi5839 被害者の救助シーンがまったく出てきていない。犠牲者の氏名も発表されていない。建物に火をつけただけのやらせ、偽旗では?
https://twitter.com/Shunishi5839/status/1152334513596334080

↑犠牲者の氏名はその後、公表されましたがすべてではありません。公表された方は今後は地下施設で生活するのかな。

★【不可解】「京アニ放火」と関連付けた凶悪テロ予告をTV局がほとんど報じず!警察も意図的に捜査を放棄?(「表現の不自由展中止」騒動) 2019年8月5日 ゆるねとにゅーす
https://yuruneto.com/teroyokoku-tv/

★フジテレビ、京アニ放火犠牲者に「あんなアホいない」の字幕!→批判殺到で謝罪!「武本監督の名誉を傷つけ、深くお詫び申し上げます」 2019年8月5日 ゆるねとにゅーす
https://yuruneto.com/fuji-kyouani/

(3)青葉真司容疑者と吉田達裕ディレクター

 青葉真司容疑者は1978年春に茨城県で生まれ、幼い頃には両親と茨城県西地域の住宅に住んでいました。実家は茨城県西地域だそうですが、住所は特定されていません。青葉真司容疑者の兄弟は2歳上の兄と1つ下の妹がいて、青葉真司容疑者は真ん中の子であったそうです。青葉真司容疑者の両親は青葉容疑者が小学3年生の頃に離婚しており、その後は転居、父親と一緒に暮らしていたそうです。青葉真司容疑者の父親はタクシーやバスの運転手のようです。元市議会議員の運転手や幼稚園バスの運転手も務めていたといいます。

青葉容疑者
↑画像 青葉真司容疑者 出典はこちら

 青葉容疑者は、引っ越しを繰り返しながらさいたま市内の公立小中学校を卒業した。中学時代は授業を休みがちで目立たない存在だったといい、卒業アルバムのクラスの集合写真にも姿はない。当時の近隣住民は「父、兄、妹と4人暮らしだった。父がタクシー運転手として働きながら、3人の子どもを育てていた」と振り返る。

 青葉真司容疑者の父親は幼稚園で働いていた女性と結婚して6人の子どもをもうけたといいます。しかし、自分の子供を担当していた幼稚園教諭と不倫関係になり、奥さんと子供を捨てて家を出て、再婚しました。その2人の間にできた次男が青葉真司容疑者のようです。

 青葉真司容疑者が21歳の時に、生活苦から父親は自殺で死亡しました。青葉真司容疑者の父親と母親の名前や顔は不明となっています。青葉真司容疑者の兄と妹に関しても名前や顔・職業など一切の情報は不明となっています。

 青葉真司容疑者は小学3年生まで栃木県内の小学校に通っていましたが、両親が離婚したことで埼玉県内の小学校に転向しました。その後、埼玉県内の中学校に通っていたそうですが、学校では友達が少なく、いじめにあっていて引きこもりがちであったそうです。全体的に暗い印象で同級生の印象にも残らない子であったようです。また、いじめにあったことで中学校を1回転校したともいいます。

 青葉真司容疑者は埼玉県内の県立浦和高校の夜間部に通いながら、県の非常勤職員として勤務していました。この定時制高校の卒業は確認されていません。青葉真司容疑者は高校にはきちんと通っていて、一番前の席に座って授業を受ける真面目なタイプであったようです。

 その後、青葉真司容疑者は1995年度から県非常勤職員、新聞配達員、コンビニ数軒と、職を転々としていたようで、その間に父親が死去して家族と疎遠になっていったと言います。家族と疎遠になった青葉真司容疑者はその後、警察沙汰を起こすようになりました。青葉真司容疑者は2006年春に“下着泥棒”で警察沙汰を起こしていたことが文春で報じられています。この下着泥棒で逮捕されましたが、執行猶予判決で社会復帰しています。

 また、青葉真司容疑者は2012年6月に逮捕されています。青葉真司容疑者は2009年には茨城県内の郵便局への勤務を始めましたが、3年後の12年に「金がなかった」とコンビニ強盗を起こしたのです。このコンビニ強盗で懲役3年6月の実刑判決を受け、服役しました。青葉真司容疑者は実刑判決後、栃木県さくら市の刑務所に収監されましたが、刑務所内ではよく暴れていたようで、犯罪者の間でも「危ないヤツ」と思われていたそうです。

 青葉真司容疑者はコンビニ強盗での逮捕で服役後、さいたま市の保護観察施設に入寮しています。その後、2016年7月頃には退寮し、埼玉県さいたま市のアパート(レオパレス)に自宅を移したとされています。

D_4chw7VUAEgiuC.jpg
↑画像 吉田達裕氏 2045から転載

 吉田達裕氏は埼玉県立春日部高校を経て、早稲田大学政治経済学部を卒業後、2015年4月、NHKに入局した。最初の赴任先は長野放送局でした。東京渋谷での研修後、2015年5月に赴任しました。
 
 NHK首都圏ネットワークの吉田達裕ディレクターが、青葉真司容疑者がいた施設を取材したのは2017年6月とされていますので、青葉真司容疑者の退寮時期が本当に2016年7月頃だとすると、青葉真司容疑者と吉田達裕ディレクターは面識がなかったという話になってしまいます。

 ですがこの退寮時期がネットに出る様になったのは、青葉真司容疑者と吉田達裕ディレクターは面識があるとネットで騒がれて以降なので、面識がない事を事実とする為に時期が捏造されている可能性があります。


 なお青葉真司容疑者の現在の自宅の住所は埼玉県さいたま市見沼区大和町1丁目633ー1とネットで特定されています。

 そのさいたま市の更生保護施設に新たに作られたのが「埼玉社会復帰支援ネットワーク」という組織です。ネットワークは、仮釈放中の人も、満期で出所した人も同じように支援できる仕組みを作りました。

 2017年06月、NHK首都圏ネットワークの吉田達裕ディレクターは、「おはよう日本」の中の番組「再犯防止に就職支援は」で埼玉社会復帰支援ネットワークを取材しています。同月それは放送されました。

 2019年7月14日昼ごろ 青葉真司容疑者はさいたま市の自宅アパートの隣人とトラブルを起こしたとされています。7月15日、青葉真司容疑者は新幹線で京都に入ったとされています。7月16日、JR京都駅近くのインターネットカフェに滞在し、鉄道や徒歩で広範囲を移動したとされています。同14:00頃、宇治市の防犯カメラに映っていたとされています(朝日新聞報道)

 7月17日、犯行現場近くのホームセンターで携行ガソリンタンク2個、台車バケツなどを購入したとされています。ところが不思議な事に、その7月17日、さいたま市の青葉真司容疑者の自宅アパートでは、夜まで物音がしていたとという。(隣人の証言)青葉真司容疑者の替え玉がいるのだろうか。一方で犯行現場から約500メートルの地点にある「桃山舟泊公園」で、青葉真司容疑者に似た男が複数の住民に目撃されていたという。

 事件当日の18日朝にも彼は目撃されていた。近くに住む女子中学生は「2回、見た。学校から帰る17日の夕方と登校前の18日の朝。赤い服だったので印象に残っている」と証言した。

防犯カメラに写っていた青葉真司容疑者と思われる男性
↑画像 防犯カメラに写っていた青葉真司容疑者と思われる男性 出典はこちら

 7月18日10:30、NHK取材のためセキュリティーが解除された現場に放火目的で青葉真司容疑者は侵入したとされる。10:35分頃、現場近くをタクシーで通りかかった吉田達裕ディレクターの取材チームが犯人確保をスマホで撮影した。

 その後、吉田達裕ディレクターは、青葉が潜伏していた公園で、何と警察より早く犯人遺留品を発見し、それを隠滅し現場を汚染したといわれている。

 その後、NHKはスマホで撮った決定的瞬間を含む犯人確保記事を引っ込めてしまった。都合が悪くなければ、引っ込める必要はない!


(4)検索エンジンに「吉田達裕」と入れると

 検索エンジンに「吉田達裕」と入れると、1頁の2番目に「2044.NHK首都圏放送センターの吉田達裕ディレクターは、京アニテロの犯人・青葉真司と旧知の仲なのではないか?<NHKは京都アニメーション放火事件が起きる事を事前に知っていたのではないか? PART10>」<拍手+いいね=40>が出てきます。そうです。この記事こそ、7月30日に削除される可能性があった記事です。多くの皆様のお陰で、現在もこの記事は健在です。ありがとうございます。

吉田と
↑画像 検索エンジンに「吉田達裕」と入れると

(5)ガンジス川より汚いお台場周辺の東京湾

zapa‏ @zapa ガンジス川よりお台場周辺の東京湾の方が汚いってツイートを見かけたから調べてみた。
ガンジス川:基準値の最大23倍で危険
東京湾:最大で基準値の142倍
悪天候になると、東京湾はガンジス川の6倍もの大腸菌が検出される危険水域になるようだ。
ECKkWXXUYAAaDIk.jpg
ECKkWXTU8AEwNnM.jpg
https://twitter.com/zapa/status/1162672362082320384


↑頻繁なクリック、よろしくお願い申し上げます。

↓動画 AKB48 横山由依
efb82ccf.gif
スポンサーサイト



Comment

猫山 #-

フェイクニュースで思い出しました。
1999年8月に玄倉川水難事故がおきました。
当時の被害者の態度があんまりだったので
後にドキュンの川流れ事件と呼ばれるようになりました。
今年8月14日。
大分県の渓谷で再び似たような事故が起きるところでした。
こちらは早めの対処で死者や負傷者はいなかったようです。
いずれの事故も被害者の人数は18人だったそうです。
以下まとめのURLです。
https://matome.naver.jp/odai/2156581611860550501
しかし、今年起きたこの事件はその後の続報は無く、助かった方々のことはわかりません。

京都アニメーションの火災の被害者は最初33人と出ていました。
そして、川での事故はいずれも18人の被害者。
1999年の事故は本当だったのかも知れませんが、今年のはフェイクではないか?と思いました。
いずれも出ている数字が怪しい気がします。



2019/08/18 (Sun) 14:36 | URL | 編集 | 返信
追っ払い #SnDjSWkI

ニュースは一方的に情報を垂れ流す物、問題になっている汚水と性質はちがうが、ある意味同じではないか^^;

2019/08/19 (Mon) 09:22 | URL | 編集 | 返信
ネメシス #-

確かな証言がひとつもないだって? じゃあ、これは?

「ひるまずアニメ作る」 京アニ放火殺人1カ月、負傷社員は前へ (京都新聞)
https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190817000133
2019年08月18日 11時30分

 京都市伏見区桃山町因幡のアニメ製作会社「京都アニメーション」(京アニ)第1スタジオが放火され、男女35人が死亡、34人が重軽傷を負った事件は18日、発生から1カ月を迎える。惨劇の現場から脱出した男性社員が京都新聞社の取材に応じ、瞬時に黒煙と熱風が迫ってきた状況を生々しく語った。今は、同僚と「ひるまず作り続けよう」と励まし合い、悲しみの中にも前を向き始めた。

 7月18日朝、男性は普段通りに出勤し、スタジオの2階で同僚と作画に励んでいた。突然、1階から女性の悲鳴や言い争うような声が聞こえた。「火事だ!」と叫び声が上がり、バイクのエンジン音のような「ドッドッドッ」という大きな音も響いた。わずか10秒でらせん階段と屋内階段から猛烈に煙が吹き出し、30秒ほどで「伸ばした手の先が見えないくらい真っ黒になった」。熱風と排ガスのような異臭も一気に押し寄せてきた。

 黒煙で視界が遮られる中、かすかに見える光に向かって、口に手を当て姿勢を低くして進み、必死の思いでベランダまでたどり着いた。既に飛び降りた同僚から「生きるぞ! 降りろ! まだ助かるよ!」と励まされた。地面まで4、5メートル。手すりを乗り越えてぶら下がり、転げながら着地した。周りには気を失った人、服の焼け焦げた人が倒れていた。

 腕と腰を負傷し救急搬送されたが、夜には帰宅できた。ニュースで放火事件だと知った。第1スタジオのほぼ全社員は消火・避難訓練に参加していたが、「消火器も避難経路も全く役に立たなかった」と振り返る。

 第1スタジオは全社員の約半数に当たる70人が働く京アニの中核施設。日常の風景を繊細なタッチで描く作風に憧れ、全国から集まった若者が原画や動画作成に取り組んでいた。亡くなった35人のうち8割近くが20~30代。男性は「次世代を担うクリエーターとして大切な存在。ライバルであり、仲間であり、家族だった」と唇をかむ。

 京アニの重鎮として若手を牽引(けんいん)した監督・作画監督の木上益治(きがみよしじ)さん(61)、人気作品で監督を務めた武本康弘さん(47)ら共に京アニの発展を支えてきた同僚も犠牲になった。「僕の家でよくゲーム大会をした。酒を飲んで夜中まで騒いでね」

 取材に対応する理由は、「僕が話すことで、次に助かる命があれば」との思いがあるからという。今は仕事に復帰し、生き残った同僚と新作の製作に励む。「仕事で手を動かす方が気が晴れる。皆、同じ気持ちでは」とおもんぱかる。「容疑者に対抗する一番の手段は、ひるまずに作ること。従来通りの作品を従来通りのクオリティーで作っていきたい」。自らを奮い立たせるように語った。

2019/08/19 (Mon) 15:08 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts