FC2ブログ

2077.長崎原爆は高度600mで炸裂したとされているのに、標高60m以下でしか被害がないのはなぜ?

DZREgQgUQAEQg3o.jpg
↑画像 2019・夏・海8 長崎県長崎市 長崎港を見下ろす稲佐山をバックに、ワンピース姿の美少女・長濱ねるが柔らかくほほ笑む。出典はこちら

(1)英語も駄目

 2019年8月9日、長崎原爆の日です。この記事2077全体は、「2020.長崎自作自演原爆 地上起爆の場所」の続きです。ですがこの(1)は、低評価の2074の「(5)❤」の続きです。

8月9日6時
↑画像 FC2ブログランキング その他ランキング 2019-08-09 06 時 更新

 ご覧の通り、「2074.'Old Town Road' becomes longest-running No.1 hit on Billboard's Hot 100<山本太郎の正体 PART6>」が、「2074.'Old Town Road' becomes longest-running No.1 hit on Billboard」となっています。この画像は、各記事の下の方にある「↑頻繁なクリック、よろしくお願い申し上げます。」をクリックすると出てくる画面です。どうやらこの画面は英語の解読にも難がある様です。

(2)長崎原爆は高度600mで炸裂したとされているのに、標高60m以下でしか被害がないのはなぜ?

じげもん‏ @DBwiSVhVvoU9IuA 失礼いたします。一度退出したのですが、話題が原爆の話になりましたので、復活しました。小原さん、あなた、なかなかいいところを突いてますね。地上爆発説は以前からあります。添付画像にも書いてありますが、当時の技術で小型の起爆装置は作れなかったんですよ。(続く)
D18bmmyUcAAq5jo.jpg
D18bmm2U8AALpiS.jpg
https://twitter.com/DBwiSVhVvoU9IuA/status/1107634388831862784

↑じげもん‏ @DBwiSVhVvoU9IuA 下のカラー画像は、保存されているB29の爆薬格納庫です。男の人の足元の赤い線の幅に注目してください。長崎原爆は通称ファットマン、直径が60インチだから、1.5メートル少々ですね。カラー画像の幅では、ファットマンは落とせないんです
D18cQZ2UwAAEOG0.jpg
D18cQZPVYAAwpz4.jpg
D18cQZQU0AABwCL.jpg
https://twitter.com/DBwiSVhVvoU9IuA/status/1107635106003316738

↑じげもん‏ @DBwiSVhVvoU9IuA · 3月18日 下の画像は、長崎原爆の被害状況です。オレンジ色の部分が、特に被害が大きかったのですが、原爆は高度600mで炸裂したんですよね? 画像の左下にある稲佐山の標高が333mです。ふつうに考えて、長崎市全土が被害にあってもおかしくないのでは? 標高60m以下でしか被害がないんですよ。
D18dH7wUcAElEM6.jpg
D18dH7yUYAEr12w.jpg
https://twitter.com/DBwiSVhVvoU9IuA/status/1107636060090036224

↑じげもん‏ @DBwiSVhVvoU9IuA Wikipediaによると、長崎原爆は厚い雲の切れ目から一瞬だけ街が見えたので投下したことになっています。https://bit.ly/2wB0brc
しかし、この日の長崎海洋気象台の観測によると、午前11時の天気は『快晴』です。雲なんてないんです。
D18d9e7UkAYeS8L.jpg
https://twitter.com/DBwiSVhVvoU9IuA/status/1107636980991430656

↑じげもん‏ @DBwiSVhVvoU9IuA · 3月18日 小原さんは『きのこ雲なんてできない』とおっしゃっていましたが、はい、そのとおりです。きのこ雲なんてありませんでした。下の写真は、原爆投下15分後に、爆心地から南南西に10㎞ほどの位置にある香焼(こうやぎ)という場所から撮影された雲です。どう見ても地上爆発ではないですか?
D18ehf_UYAATCjW.jpg
https://twitter.com/DBwiSVhVvoU9IuA/status/1107637598892154880

↑じげもん‏ @DBwiSVhVvoU9IuA しかし、実際にたくさんの方が被害に遭われています。長崎市でも、7万4千人もの方々が尊い命を奪われました。許せません。原爆投下だけでもこんなにおかしい点があります。真実を明らかにしていくことが、結果的に人々の目を開き、同じような過ちを繰り返しにくくなるということは理解できますか?
https://twitter.com/DBwiSVhVvoU9IuA/status/1107639176172691463

じげもん‏ @DBwiSVhVvoU9IuA · 3月18日 ちなみに、放射線測定で新しい動画が上がっているようです。私も行ったことがありますが、長崎の爆心地公園は大量の盛り土をして作られています。その一部を掘り下げ、被爆当時の地層が見られるようにした場所があります。風雨にさらされていない箇所の放射線測定ですね。
https://twitter.com/DBwiSVhVvoU9IuA/status/1107640121564684288

https://youtu.be/clKo9INU3sE
↑動画 被爆当時の地層で放射線測定 スカウトガンマ 86 回視聴

(3)反対側から見た稲佐山はどうだったのでしょうか?

>画像の左下にある稲佐山の標高が333mです。

 この333という数字が意味深です。稲佐山は冒頭の写真にも写っていますね。高度600mで炸裂したのならこの稲佐山や爆心地とされる地点から見て稲佐山の先も被害を受けるはずですね。

 1945年8月14日朝、浦上駅から見た稲佐山は緑がかき消されて、すべて茶褐色に焼けただれていたといいますが、反対側から見た稲佐山はどうだったのでしょうか? そこが重要なPOINTです。

(4)稲佐国民学校の被害

 稲佐山から見て少しだけ爆心地とされる場所に近い位置にあった稲佐国民学校は、(2)の途中にある地図に示されている通り、被害を受けました。浦上川の川岸から稲佐山に至る小高い丘の上にあった同校は、8月9日は児童の登校はなく、職員は一人を除いて全員出勤していた。

 原爆の炸裂で南側の木造校舎は倒壊鉄筋コンクリート3階建校舎2棟も窓ガラスが吹き飛び、鉄製の窓枠が破損した。鉄骨トタン造りの講堂(体育館)は大破し、原爆炸裂時に発火したが、初期消火活動で一部を焦がした程度で全焼は免れた。

(5)児童の死亡率の高さ

 1945年10月の長崎市教育会による調査では、同校の1945年7月末の児童在籍870人、原爆による死者105人、職員6月末在籍24人、死者1人となっている。

 職員の死亡率より児童の死亡率が高い。おそらく職員室は鉄筋コンクリート3階建校舎にあったのではないか。だから多くの職員は助かったのではないか。一方、登校していなかった児童は無防備な状態で屋外にいた子が多かったのではないか。

 また、自宅にいても、当時の民家はほとんど木造なので、死亡した子が多かったのではないか。職員で唯一死亡した方はもしかしたらたった一人の当日出勤していなかった方ではないか。その方は児童の場合と同様に死ぬ確率が出勤していた方より高かったと言える。



↑頻繁なクリック、よろしくお願い申し上げます。

↓動画 元欅坂46 長濱ねる
tumblr_p4p8yziScJ1ulbk6to1_500.gif
スポンサーサイト



Comment

ネメシス #-

お久しぶり。

お久しぶり。
毎年、この季節になると否が応でも思い出すので
こちらのブログも序でに覘いてみるのだけど、相変わらずですねえ・・・w

どうせ、「悪意のあるコメント」 として削除されるのでしょうが、
一応、書いておきましょうか。

********************************

この記事の引用元の 「じげもん」氏が何者であるか、僕は知りませんが
先ず最初の、起爆装置云々・・・と言うのは後で触れるとして、

ファットマン (wiki) より
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%B3

中性子点火器
この装置は、プルトニウムが核分裂反応を起こすために必要な
最初の中性子線を出すための装置である。
点火器という名称は燃焼(核分裂反応)を始めるために必要な
火種となる中性子を出すための装置であることに由来している。

構造は重量7グラムのベリリウム球の表面に楔形の溝15本を掘り込んで
厚さ0.1ミリメートルの金メッキを施し、
さらに11ミリグラムのポロニウム210をメッキしたものである。
爆縮によって急速にベリリウムとポロニウムが混合されると、
ポロニウムが放射したアルファ粒子がベリリウム原子に衝突し、
束縛から解き放たれた中性子を放射する。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ファットマンは、通常は最終段階の組み立てを行う前の状態で保管され、
使用する直前になって組立作業を行う。これには2つの理由がある。

安全上の理由
完成状態では火災や搭載機の墜落などの事故により
爆縮レンズが起爆すると核爆発が起こってしまうため。

設計上の理由
起爆装置には極めて大きな電源が必要であり、
完成状態では電池が数日で劣化してしまうため。

保管状態では 「前部外殻」 「後部外殻」 「プルトニウムと爆縮レンズの塊」
「電源装置」 「中性子点火器」 の5つのパーツに分解されている。

中性子発生器を抜き取った空洞には小さな鉄球が詰め込まれている。
これは爆縮レンズが起爆してプルトニウムが爆縮されても
中心に鉄の塊が入っていればそれが邪魔をして爆縮が進まず、
核分裂が起きなくなるからである。

組立作業には48時間を要する。
組み立てたままの状態では電池が数日で劣化するため、
48時間以内に使用されなかった場合は再び分解して電池を交換する必要がある。

********************************

「ボックスカー」 wiki より
ボックスカー(Bockscar)は、第二次世界大戦時のアメリカ軍
第509混成部隊に所属したB-29爆撃機の機名(機体番号44-27297)。
1945年8月9日に長崎県長崎市に
原子爆弾 「ファットマン」 を投下したことで知られる。

(中略)

15機製造された原爆投下作戦用の機体(シルバープレート)の1機で・・・

(後略)

********************************

「シルバープレート」 wiki より
シルバープレート(Silverplate)とは、
第二次世界大戦末期に原子爆弾投下任務を遂行するために
改修を受けた特殊仕様のB-29を指す呼称、及びその計画のコードネームである。

********************************

じげもん氏がファットマンはB29に搭載不可能とした理由の写真は
ここから借用したのであろうが、ひと目見れば、機体の床ではなく
航空博物館の展示用の土台の一部であることが判ります。

USAF Museum 写真集(99/04/30) その1
http://www.warbirds.jp/crazy/jp/wpafb/
http://www.warbirds.jp/crazy/jp/wpafb/990430.htm
http://www.warbirds.jp/crazy/jp/wpafb/990430-1.htm
http://www.warbirds.jp/crazy/images/jpeg/wp03_13.jpg

「B-29 爆弾倉の断面図 黄色いタンクは酸素ボンベ、
爆弾架にくっついているのは 500 ポンド(250Kg)爆弾。(略)」
つまりこのB-29は、原爆投下用の機体ではなく、
通常の爆撃仕様の機体という訳です。
それでも信用出来ないと言うのであれば・・・

オリジナルの NATIONAL MUSEUM OF THE US AIR FORCE サイトの

Boeing B-29 Superfortress
https://www.nationalmuseum.af.mil/Visit/Museum-Exhibits/Fact-Sheets/Display/Article/196252/boeing-b-29-superfortress/

冒頭のスライド画像の24枚目にボックスカーの原爆格納庫の写真があります。
これを見れば、原爆搭載用に改造されたB-29シルバープレート機「ボックスカー」が
長崎型原爆 「ファットマン」 を格納・搭載出来た事が理解できるでしょう。

何故、じげもん氏が、ちょっと調べれば直ぐに判明するような、
こんな次元の低い嘘を吐くのか、僕には正直理解出来ません。

多分、彼は
「どうせ素人相手だし、ドヤ顔で断定口調で喋っておけば相手は信用するw」
といった類の詐欺師(工作員)なのでしょう。

当然の事ながら、
「当時の技術で小型の起爆技術は作れなかった・・・云々」 などという彼の説も、
全く信用が置けるものではないことがお分かりでしょう。

********************************

長崎原爆の被害状況の図では標高60m以下でしか被害がない・・・

長崎は 「坂の町」 として有名な土地ですよ。
標高の低いところに民家が集中しているのは当然のことなのでは?
現在ですら、山腹を少し登れば直ぐに山林に囲まれるのは
航空写真(衛星写真)を見れば一目瞭然でしょう。

https://www.google.it/maps/search/%E9%95%B7%E5%B4%8E%E5%8E%9F%E7%88%86%E7%88%86%E5%BF%83%E5%9C%B0/@32.7747283,129.8613456,9405m/data=!3m1!1e3?hl=it

********************************

>じげもん‏ @DBwiSVhVvoU9IuA
>Wikipediaによると、長崎原爆は厚い雲の切れ目から
>一瞬だけ街が見えたので投下したことになっています。
https://bit.ly/2wB0brc
>しかし、この日の長崎海洋気象台の観測によると、
>午前11時の天気は『快晴』です。
>雲なんてないんです。

これについては、まったく異論はありません。
Wikipedia をはじめとする 「長崎は厚い雲に覆われていて・・・」 という記述は
米国が長崎のキリスト教集落の壊滅が最重要目標であったことを
隠蔽する目的で流した偽情報であったからです。

詳しくは、デイビッド・J・ディオニシ著 「原爆と秘密結社」 に書かれています。

「原爆地上起爆説」 は、この元米陸軍情報将校の暴露本の内容を
隠蔽する為に、慌てて創作されたミスリード情報であると僕は確信しています。

2019/08/10 (Sat) 19:42 | URL | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: お久しぶり。

> どうせ、「悪意のあるコメント」 として削除されるのでしょうが、一応、書いておきましょうか。

 削除しません。ご来訪、ありがとうございます。

2019/08/10 (Sat) 20:02 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts