185.間もなく、マヤ暦の終わりですね。本当に人類は滅亡するのでしょうか?

2012

(1)マヤ暦2012年12月22日と911テロ8時46分は11の倍数

読者の皆様、お早うございます。南米のマヤ文明で用いられていたマヤ暦の1つ長期暦が、2012年12月21日から12月23日頃に1つの区切りを迎えるため、そこで天変地異が起きるのではないか?という終末論が生まれました。

2012年12月22日=20121222=304867×11×2×3で、11の倍数。

■911テロでアメリカン航空11便が110階建てのツインタワー北棟に激突したのは、NY時間の2001年9月11日8時46分です。 2001911846=1504066×11×11×11で、11の倍数。

(2)昨日<2012年12月19日>の株価の動きが示す近日中の人工地震発生

拙ブログ「183.笹子トンネル崩落事故はテロだったのか?」で、311前の東日本ハウスの株価急騰と、笹子トンネル崩落テロ?の前のピーエス三菱の株価急騰についてふれた。

昨日<2012年12月19日>の日経平均株価は、約8カ月ぶりに1万円の大台を回復した。終値は1万160円と高値引け。主力大型銘柄で構成するTOPIXコア30指数は3%超と急伸。東証1部の売買代金は2兆円を超え、SQ算出日を除くと、2011年3月以来、1年9カ月ぶりの活況に沸いた。

「2011年3月以来の活況」と言う点に注目したい。2011年3月、東日本大震災のあった月である。

 昨日<2012年12月19日>の東京株式市場の値上がり率TOP20に、東急建設、世紀東急工業、三井住友建設、浅沼組、不動テトラ、等が入っています。

 これらの銘柄は、3.11テロの直前に仕込まれたものとまったく同じです。加えて今回は、三井住建道路、大林道路、そして麻生フオームクリート等も上がっています。

 特に麻生フオームの値上がりには要注意です。一昨日<2012年12月18日>と昨日<2012年12月19日>、STOP高となりました。この会社は地盤を舗装強化したり修理したり、自然災害<人工地震>の復興で需要が急増する会社です。

ですから株価の動きから、ちょうど、マヤ暦の終わり頃、再び、大地震が起きるかもしれない。

それにしても、笹子テロ前のピーエス三菱の株価の動き、マヤ暦の終わりテロ地震?前の麻生フオームの株価の動きから、額に汗して働かず人の不幸につけ込んでぼろ儲けする人間の屑どもが蠢いているのが感じられます。

2_on.gif
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts