FC2ブログ

1950.第二次大戦で1番日本人を殺した国家は日本、ポルポトが殺した人数より多いよ。

LpByNbTTSmjQ.jpg
↑画像 アメリカ合衆国 ニューヨーク 乃木坂46 生田絵梨花 from 2019年上半期「写真集」売り上げ1位! 生田絵梨花の2nd写真集『インターミッション』(講談社) 出典はこちら

(1)第二次大戦でいちばん日本人を殺した国家は日本国

Kin-ya Oda‏ @odakin 第二次大戦でいちばん日本人を殺した国家は日本国。嫌も応もなく徴兵された日本兵の300万「戦死」の最大の死因は餓死。憲法は国家から国民を守るためのもの。だからこそ、米軍が英語で書いた新憲法の平和条項を国民は歓迎した。まずはこのへんの事実関係をちゃんと押さえとらんと話にもならんよな。
https://twitter.com/odakin/status/1129932084896620544

↑Kin-ya Oda‏ @odakin 十何年かけて大事に育てた日本国民の子供たちを、メシも食わさず100万人単位で飢え死にさせたわけですよ。日本国は。ポルポトが殺した人数より多いよ。一銭五厘のお前らの命は馬より安い、ってリンチして殴っていびりたおしながら。それ出発点だよねこの手の議論の。
https://twitter.com/odakin/status/1129935189377863681

↑applepie‏ @standardpoors80 日本人を一番たくさん殺した日本国のトップが、昭和天皇ヒロヒト。なのに、何の責任も取らずに天皇の身分が保証され、超がつくほどの特権を維持し、国民の税金でのうのうと贅沢な暮らしを続けた極悪人を許せるわけがない。皇室なんて伝統もへったくれもないんですけど‼
https://twitter.com/standardpoors80/status/1130492761084350469

56f007b3.jpg
↑画像 ポル・ポト 出典はこちら

 殺人鬼・ポル・ポト、笑顔が素敵です。ポル・ポト死亡の報道後、当時の職場で冗談交じりに「ポル・ポト同志が逝去された」と同僚に語った私でした。

(2)昭和天皇と岡田有希子さんの名誉回復の記事

 昭和天皇と岡田有希子さんの名誉回復の記事をいずれ書きたいのですが、次々と書きたいテーマが山積みになっていき、なかなか書けずにいます。

1899.地獄の徴兵制
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-2317.html

(3)ハイレ・セラシエ1世

200px-Haile_Selassie_in_full_dress.jpg
↑画像 ハイレ・セラシエ1世 出典はこちら

250px-Ethiopian_Empire_in_1952_svg.png
↑画像 エチオピア帝国(1952年) 出典はこちら

 ハイレ・セラシエ1世は、エチオピア帝国最後の皇帝(在位:1930年11月2日<戴冠式が行われた月日> - 1974年9月12日)でした。アフリカ統一機構初代議長も務めました。

 彼はエチオピア南部のショア地方の貴族の子として生まれました。血縁上はアドワの戦いで名を馳せた英雄メネリク2世の従兄弟の子にあたります。安倍晋三と違い、幼少の頃より極めて聡明で、若くして各地の州知事を歴任しました。記憶力が非常に優れていて、晩年に至っても重要事項について全てを暗記していて、メモの類を一切必要としなかったという逸話が残っています。タファリ侯(ラス・タファリ)を称号としました。

 1916年のクーデター後、メネリク2世の娘で女帝として即位したザウディトゥの皇太子・摂政となり、実権を掌握しました。

 1924年4月にはヨーロッパ外遊をし、安倍晋三のイラン訪問と違い素晴らしい実績を残しました。エチオピアの国際連盟加盟を実現したのです。当時エチオピアに影響力のあったイタリア王国、イギリス、フランスに対抗するため、アメリカ合衆国、日本に接近しました。

 ザウディトゥの死後、1930年4月にエチオピア帝国皇帝に即位し、同年11月2日に戴冠式が行われました。1931年7月16日に大日本帝国憲法を範とし、7章55条から成るエチオピア帝国初の成文憲法たる「エチオピア1931年憲法」を制定しました。これは絶対主義的な欽定憲法でした。ハイレ・セラシエ1世は社会体制そのものの改革には手をつけず、ガバルと呼ばれる小作地制度も温存されました。

 1934年の「ワルワル事件」を経て1935年10月3日にファシスト党のベニート・ムッソリーニ率いるイタリア王国が「アドワの報復」を掲げてエチオピアに進攻、第二次エチオピア戦争が勃発しました。

 国際連盟でエチオピアはイタリアへの強制措置を訴えましたが、イギリスとフランスの対応が誠意を欠いたものであったために限定的な経済制裁しか行われず、翌1936年3月のマイチァウの戦いでイタリア軍は毒ガスを用いて帝国親衛隊を含むエチオピア軍を壊滅させました。その後、皇帝ハイレ・セラシエ1世は5月2日に鉄道でジブチに向かい、ジブチを経由してイギリスのロンドンに亡命しました。その間首都アディスアベバは5月5日に陥落してしまいました。

 1936年から1941年までのエチオピアは、イタリア領東アフリカ帝国としてファシストのイタリアに統治されました。1939年の第二次世界大戦勃発後、東アフリカ戦線にて枢軸国のイタリア軍と連合国のイギリス軍の激戦を経て、1941年にエチオピアはイギリス軍に解放され、5月5日に皇帝ハイレ・セラシエ1世は凱旋帰国しました。

 1945年の第二次世界大戦終結後は、かつて国際連盟で自身が訴えた集団安全保障の実践として朝鮮戦争の国連軍にエチオピア軍を参加させました。またエチオピアは、コンゴ動乱でコンゴ国連軍に真っ先に参加した国の1つでした。

 外交面では朝鮮戦争に参戦するなど冷戦構造の中で西側寄りながら、ソビエト連邦や中華人民共和国のような東側の国々とも国交を築き、1955年のバンドンのアジア・アフリカ会議や1961年のベオグラードの非同盟諸国首脳会議に出席して、非同盟中立を掲げ、1963年にはアディスアベバで西側寄りのアフリカ諸国であるモンロビア・グループと東側寄りのアフリカ諸国であるカサブランカ・グループを汎アフリカ主義に基づいてまとめあげたアフリカ統一機構(OAU、現在のアフリカ連合)の初代議長に就き、アラブ諸国とは同じ第三世界として連携しつつイスラエルとも歴史的な繋がりから軍事協力を行っていました。

 つまりハイレ・セラシエ1世は、八方美人の全方位外交を展開したのです。これが最大の安全保障ですね。ハイレ・セラシエ1世は、この間の1956年に来日して、昭和天皇と会っています。その際、知る人ぞ知る「イルミナティのポーズ」をとっています!

(4)ハイレ・セラシエ1世のイルミナティのポーズ

宇見野三足(3zok)‏ @umino3zok · 5月1日 昭和天皇とハイレセラシェI (1956年) 戦後初めて日本を訪れた国家元首。ハイレセラシェは写真に写る時、このポーズをとることが多い。
D5f12ASUEAAc2qy.jpg
https://twitter.com/umino3zok/status/1123636944951365633

宇見野三足(3zok)‏ @umino3zok
Ethiopian in Israel. イスラエルには14万人くらいエチオピア人が住んでいる。テルアビブのエチオピア人が多く住む地区にて。#Ethiopian #israel https://www.instagram.com/p/ByaHqTQATW8/?igshid=1idzv5f57j8f3
https://twitter.com/umino3zok/status/1136969356997382145

(5)その後のハイレ・セラシエ1世

 国際的に孤立していたラテンアメリカの黒人国家ハイチの独裁者であったフランソワ・デュヴァリエは、外国指導者のハイチ訪問を唯一ハイレ・セラシエ1世にだけ認めました。

 ハイレ・セラシエ1世は、内政面では憲法改正、軍の近代化などの改革を行いましたが、依然として専制政治を続けて権力分立はされず、議会に政党を認めず、封建体制を維持したため、経済面は発展せず国民の生活は悪化の一途を辿り、1960年代の国民一人当たりの年間所得は平均わずか70ドルという世界最貧国の一つに転落するなどさまざまな矛盾を国内に生み出していました。1960年には、皇太子アスファを擁立した陸軍近衛部隊のクーデター未遂事件が発生しました。

 1970年頃からの深刻な飢饉と、スエズ運河閉鎖による原油価格高騰から来るインフレの悪化は国民生活を苦しめ、一部支配層の農作物の隠匿から餓死者が農村部で増加するなど、エチオピア社会は大混乱となりましたが、皇帝ハイレ・セラシエ1世は、何も対応策を取らず、逆に飢饉を隠蔽するなど、国際社会の非難を浴びました。ひどい奴です。

 1973年以降、ストライキやデモが頻発し、エリトリアでは内戦が発生し、事態は悪化の一途を辿りました。皇帝が宮殿内に飼育しているペットのライオンにハイレ・セラシエ1世が肉を与えている写真が発表され、深刻な食糧難に苦しむ国民を激怒させた。1973年9月には皇帝の孫イスカンデル・テスタ海軍副総督が、銃を突きつけて退位を迫る事件が起こり、皇帝の権威は政府内部でも著しく低下しました。

 1974年には皇帝自身による不正が発覚するなど、国内におけるカリスマ性は地に堕ち、同年2月には軍が反乱を起こし、帝政打倒の声が高まった。皇帝はエンデルカチュ・マコンネンを首相に任命し、立憲君主制への移行や土地改革などを公約しましたが、時すでに遅く、民衆によるゼネスト、デモ、若手将校を中心とする改革集団「軍部調整委員会」の成立、軍部による政府要人の拘束などが公然と行われました。

 そんな騒然とした雰囲気の1974年9月2日早朝、皇帝はアディスアベバの宮殿内で陸軍のクーデターにより逮捕・廃位されました。廃位直後に射殺されたという。こうしてエチオピアは、世界の多数派である共和制国家となりました。日本も一刻も早く天皇制を粉砕しエチオピアの様に共和制国家にすべきです。


↑頻繁なクリック、よろしくお願い申し上げます。

↓動画 滝
cb0be79327ff413c41317020047c6bae.gif
スポンサーサイト



Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts