FC2ブログ

1826.2019年3月6日にカルロス・ゴーン被告が保釈されたのはなぜか? PART2

D0psv4AUYAYMqlb.jpg
↑画像 東日本大震災から8年 2 AKB48 横山由依 被災地復興支援活動 宮城県石巻市 2019年3月2日
https://twitter.com/Yui_yoko1208/status/1101812645814951937

(1)極悪・安倍晋三による小西ひろゆき参議院議員に対する恫喝!

konishiishiguro-6.jpg

↑画像 小西ひろゆき議員
http://netgeek.biz/archives/104332

小西ひろゆき (参議院議員)‏認証済みアカウント @konishihiroyuki 本日の予算委。私の追及に根を上げた安倍総理から「勝手にいろんな憶測を。人格的な批判をする。若い議員であられますから、将来を思えば控えられた方がいい。」と人格攻撃を受けた。「今まで愚直に生きてきただけの人間だが、安倍総理に人生説かれるほど私は落ちていない」と冷たく言い放っておいた。
https://twitter.com/konishihiroyuki/status/1103278841013784576

↑岡‏ @gyahapoteto_ 若い議員は大人しくしとかないと将来がなくなるよって総理という権力を有する立場の発言としてかなり危険ですよね。秘書官や官僚たちもそうやって従わせてるんでしょうかね。
https://twitter.com/gyahapoteto_/status/1103285248677175297

↑なつみかん‏ @natsumiccann 小気味いい追及で見入ってしまいました。野党議員の皆さんはよく勉強されているのに、内閣の面々は原稿を読むか、カンニングするかで、今日は一段と話が噛み合わない感じがしました。早めに与野党入れ替わってほしいです。総理の「将来を思えば…」発言は、恫喝?脅し?と呆れてしまいました。
https://twitter.com/natsumiccann/status/1103332566445174784

(2)「福田さんは負けん気が強いから」

>若い議員であられますから、将来を思えば控えられた方がいい。<from(1)>

 1996年3月、11年間も勤務した都立南野高等学校を去る頃、年配の教師からこう言われました。「福田さんは負けん気が強いから、新しい学校に行ったら1年間はおとなしくしているんだよ。」

 共産党支持者のその教師は、安倍晋三による小西ひろゆき参議院議員に対する恫喝と違い、私の事を心配して下さり、そうした言葉を下さったと思われるので、「私の事をご心配下さり、ありがとうございます。」と(*^o^*)でお礼の言葉を述べた。

 この言葉は民主主義の重要性を主張する共産党の考えに反すると思った。内心で思っただけで反論はしなかったが。当然、次の都立小金井北高等学校でも、1年目から職員会議などで思った事をどんどん発言した

(3)カルロス・ゴーン氏の保釈よりも、安倍総理が「法の支配」の対義語の「人の支配」を知らなかった事実の方がはるかに日本社会への重大事件

小西ひろゆき (参議院議員)‏認証済みアカウント @konishihiroyuki カルロス・ゴーン氏の保釈よりも、安倍総理が「法の支配」の対義語の「人の支配」を知らなかった事実の方がはるかに日本社会への重大事件なのだが、テレビ報道は残念な限りだ。
https://twitter.com/konishihiroyuki/status/1103280140216233986

↑Monaka‏ @teruko1206 ネットで小西議員と、アベシのやり取りが話題になっているのにも関わらずNHKは国会中継をしてないとかのツイートがあり!普段はNHK、民放見ないでBSのみ見てるが、ふとBSNHKに回したらワイドショー並みにゴーンさんが留置所から出てくるまで長々中継していた。NHKはアベ大本営チャンネルに!
https://twitter.com/teruko1206/status/1103298121591795713

↑ぺこたん 自由党支持と立憲+共+社を応援‏ @n3siuwp 頭の回転の良さ、切り返しはお見事というしかありません。ゴーン氏の行く末は生温く見守りつつ…今は日本はそれどころじゃないですからね。
https://twitter.com/n3siuwp/status/1103289717481603073

(4)早急に頭の回転の良い首相に交代させるべき

>頭の回転の良さ、切り返しはお見事というしかありません。

 早急に小西ひろゆき議員の様な頭の回転の良い首相に交代させないと、日本の衰退は止まらない。

(5)<社説>ゴーン被告保釈 「人質司法」から脱却を 2019年3月7日 06:01 琉球新報社説

https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-885065.html

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告が保釈された。3回目の請求でようやく認められた。証拠隠滅や逃亡の恐れが大きくないと東京地裁が判断したのである。

 否認すれば勾留が長引く「人質司法」は日本の司法制度の問題点としてかねて批判されてきた。精神的に追い詰められ、早く釈放されたい一心から、やってもいない罪を認めてしまう可能性もある。冤罪を生む温床ともいえる。
 
 国際的な実業家であるゴーン被告の逮捕によって、日本の刑事司法制度の後進性が浮き彫りにされた。否認している限りなかなか保釈が認められない現状は人権上、問題が大きい。「人質司法」からの脱却が急務だ。
 
 会社法違反(特別背任)などの罪で起訴されたゴーン被告は全ての起訴内容を一貫して否認している。身柄拘束は108日に及んだ。保釈保証金は10億円だ。保釈に際し、住居の出入り口への監視カメラの設置と録画映像の提出、携帯電話の使用制限、海外渡航の禁止、日産幹部ら事件関係者との接触禁止といった厳しい条件が付された。
 
 監視カメラの設置など、被告の人権を侵害するような措置は異様に映る。裁判で有罪が確定するまでは罪を犯していないものとして扱う「無罪の推定」原則を思い起こす必要がある。
 
 元外務省主任分析官で作家の佐藤優さんは、北方領土問題に絡む事件で東京地検特捜部に逮捕され、512日間勾留された経験を持つ。その際、自身を非難する情報が大量に報じられ、事実でないものも多かったと、本紙連載「佐藤優のウチナー評論」で指摘している。ゴーン被告も同じような立場に置かれた。
 
 佐藤さんが問題視するように、身柄を拘束されていて、反論したり情報を発信したりするすべがない中で、捜査当局側のリーク等によって事件への一方的な印象が形成されるのは公正とは言い難い。
 
 メディア側も、被疑者・被告側の主張を対等に報道するよう努めるべきだが、勾留されている被告側の発言が伝わりにくいのも事実だ。
 
 ゴーン被告の場合、1月に2度保釈を請求しているが、いずれも却下された。証拠隠滅の恐れがあると判断されたことが理由とみられる。
 
 刑事訴訟法の定めによって、被告人が罪証を隠滅すると疑うに足りる相当な理由があるとき、保釈は認められない。現実には、わずかな可能性でも「疑うに足りる相当な理由」となり得る。そのことが「人質司法」を常態化させた。曖昧な解釈を許さない保釈制度に改めるべきだ。
 
 争点を絞り込む公判前整理手続きが始まらない段階で、否認している被告の保釈が認められるのは異例だという。それが異例であること自体を、異常と見るべきだ。今回の事件を機に「長期勾留」が是正に向かうことを強く望む


↑頻繁なクリック、よろしくお願い申し上げます。

tumblr_lyvhr0BhSF1rojyq9o1_500.gif
スポンサーサイト



Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts