15.引き籠もりの平田信は、なぜ日焼けしているのか?

(1)久々の緊急地震速報

極めて少数の皆様しか訪れない秘境駅のような拙ブログにようこそいらっしゃいました。

思えば、1月12日付けの記事を今日の午前2時頃UPした際は、「2012年1月9日0:30~ 訪問者数 Wカウントなし」の数字は82名様であった。

それが、今日、職場に行っている間に、お陰様で100名を超えたようである。原稿作成をSTARTした現在は、123名様である。

開設以来約半月程が過ぎました。その間、拙ブログにいらしたすべての皆様に厚く御礼申し上げます。

前回のブログ(と言っても今日投稿したのですが)は、男色の話が出てきました。こうした男色の話に難色を示した方もいらっしゃったかもしれませんね。

さて、各地でこの冬1番の冷え込みを記録した今日、久々の緊急地震速報を聞きました。

実は、今年はあの阪神大震災から17年目なのです。陰謀論・人工地震説の立場に立つと、今年の1月17日は、そういう意味で、要注意の日なのです。

・ロサンゼルス地震(ノースリッジ地震):1994年1月17日午前4時30分55秒(太平洋標準時) 死者57名
・阪神・淡路大震災:1995年1月17日(火)午前5時46分52秒 死者6434名

(新)日本の黒い霧 2011年3月13日付けコメント欄

(2)HIT・CHARTでも、韓国に負けている日本。

前回のブログでオリコンの2011年年間シングルランキングを紹介した。今朝のNHKニュースで、「東芝などの日本企業は韓国の企業に負けているぜ」みたいなニュースが流れた。実は日本は、HIT・CHARTでも、韓国に負けている。

 2011年のタイの年間ランキングで、トップ32位までにK-POPがわんさか入っているのである。ハロプロやAKBは圏外なのである。

日本にいるとハロプロなんて当然圏外だと思えてしまうだろう。何しろ、昨年のCHARTを見ると、K-POPを除くと女性アイドルは、秋元康系(AKB系)に一極集中の感があるからね。

取りあえず、昨年のオリコンウィークリーCHARTのNO1HITから、秋元康系(AKB系)と思われる作品をPICK・UPしてみよう。

11/02/28.........[ 1]桜の木になろう _ AKB48

11/03/28.........[ 1]週末Not yet _ Not yet

11/06/06.........[ 1]Everyday、カチューシャ _ AKB48

11/07/04.........[ 1]Flower _ 前田敦子

11/07/18.........[ 1]波乗りかき氷 _ Not yet

波乗りかき氷 _ Not yet

11/07/25.........[ 1]ふいに _ 板野友美

11/08/01.........[ 1]絶滅黒髪少女 _ NMB48

絶滅黒髪少女 _ NMB48

11/08/08.........[ 1]パレオはエメラルド _ SKE48

パレオはエメラルド _ SKE48

11/09/05.........[ 1]フライングゲット _ AKB48

11/10/31.........[ 1]オーマイガー! _ NMB48

11/11/07.........[ 1]風は吹いている _ AKB48

11/11/21.........[ 1]オキドキ _ SKE48

11/12/05.........[ 1]最初のメール _ フレンチ・キス

フレンチキス

最初のメール _ フレンチ・キス

11/12/19.........[ 1]上からマリコ _ AKB48

 何と、14曲もあります。秋元康にとっては、まさに、狂喜乱舞の年であったことが判ります。

それは、おニャン子クラブがブレイクした1985年を凌ぐものだったと推測されます。

おニャン子クラブがブレイクした1985年に、あの日航123便墜落事故がありました。

さしあたり、このブログのコメント欄で、123様が、日航123便墜落事故に関する貴重な分析を寄せて下さっています。ただ、予備知識が無い方は、説明が難しいと思われますので、「(新)日本の黒い霧」と言うブログをお読みになるとよろしいかと思います。

そもそも、1985年は、秋元康系(おニャン子クラブ系)オリコンウィークリーCHARTのNO1HITは1曲もありません。

引き籠もりの平田信は、なぜ日焼けしているのか? PART2 に続く


スポンサーサイト

Comment

123 #mbrkiaZY

日焼けの件でしたら「ガングロ」もお願いします。

日航ジャンボ123便 生存者吉崎さんの熱傷であるが、やけどというよりは「ガングロ」になっている。紫外線を多量に浴びた状態
http://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/921.html

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、

生存者の吉崎さんの熱傷を、よく見ると、やけどというよりは「ガングロ」になっている。
高温やけどや熱線やけどというよりは「紫外線を多量に浴びたやけど」と観察される。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6823.jpg

これは、ジョンタイタン氏の説明するタイムマシン移動時の強い紫外線を受ける状態と酷似している。

また、1985年末に放映されたNHK特集では、JAL123便の残骸が厳重に、日本の「宇宙関連施設」に運ばれていく様子が報道されている。
「航空機事故」では、宇宙施設に機体を運ぶことはまず無い。
当時、科学万博つくばエキスポが行われていた。



<参考>ジョン・タイター
タイムトラベルの方法は以下に示す通りである。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/ジョン・タイター
1.タイムマシンに目的の年月日時刻の座標を入力し、始動させる。
2.重力場が形成され、搭乗者の身体を包む。搭乗者はエレベーターの上昇中のような感覚が継続する。
3.装置が加速するにつれて周囲の光が屈曲し、一定まで達すると紫外線が爆発的に放射されるためサングラスが必須になる。
4.その後、周囲が次第に暗くなっていき、完全に真っ暗になる。
5.景色が元に戻り、タイムトラベルが完了する。


<参考>ガングロ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AD  





日航ジャンボ123便 乗客小川さんの写真の車窓が明かるい時間なのに暗くなっている。生存者落合由美氏も「何時間にも感じる」
ttp://www.asyura2.com/10/lunchbreak42/msg/920.html
投稿者 愉快通快 日時 2012 年 1 月 12 日 10:36:00: aijn0aOFbw4jc


1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、

タイムマシン的な要素が複数見られるので、参考として指摘しておきたい。


・車窓が明るい時間にも関わらず、乗客小川さんが撮影した機外の様子が暗い写真がある。
ttp://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6798.jpg
・生存者の落合さんが『「パーン」から墜落まで、32分間だったといいます。でも、長い時間でした。何時間にも感じる長さです。』
ttp://www.goennet.ne.jp/~hohri/n-ochiai.htm
と述べておられる。実際に、何時間も飛んでいた可能性も考慮しなければならない。
・生存者の落合さんの談話でも「ちょうどエレベーターに乗ったときのような感じ。」というのが出てくる。
ttp://www.goennet.ne.jp/~hohri/n-ochiai.htm
・JAL123便の飛行経路下が、どうみても時空の歪みが発生しておりUFO飛行したとしか想定できない。
ttp://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6799.jpg
・羽咋市(UFOの街)と藤岡市(JAL123便安置所)が1985年12月23日に姉妹都市提携をしている。上野村は「日本のチベット」と言われており、人間牧場日本支店が地下にある。アルザルシャンバラのインナーアースUFOの存在を否定できない。
ttp://www.asyura2.com/10/lunchbreak44/msg/144.html


<参考>タイムトラベルの方法は以下に示す通りである。
1.タイムマシンに目的の年月日時刻の座標を入力し、始動させる。
2.重力場が形成され、搭乗者の身体を包む。搭乗者はエレベーターの上昇中のような感覚が継続する。
3.装置が加速するにつれて周囲の光が屈曲し、一定まで達すると紫外線が爆発的に放射されるためサングラスが必須になる。
4.その後、周囲が次第に暗くなっていき、完全に真っ暗になる。
5.景色が元に戻り、タイムトラベルが完了する。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/ジョン・タイター  

2012/01/13 (Fri) 04:23 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts