FC2ブログ

1766.立派な東洋大生・船橋秀人さんが退学にならなかったのはネットの勝利! PART4

白間美瑠 2019 晴れ着 済み
↑画像 2019年正月・晴れ着<振り袖>特集34 NMB4 白間美瑠 みるるん

(1)東洋大学ってナチスと同じだな

 2019年1月26日の4本目です。「1765.立派な東洋大生・船橋秀人さんが退学にならなかったのはネットの勝利! PART3」の続きです。なお、船橋秀人さんが立て看を立てたのは、東洋大学・川越キャンパスではなくて、東洋大学・白山キャンパスです。

Tokkuns‏ @tokkuns1917 東洋大学ってナチスと同じだな。ミュンヘン大学学内でビラを撒いてゲシュタポに拘束、ギロチンにかけられた白バラ抵抗運動のハンス・ショルを彷彿とさせる。写真がハンスと妹のゾフィーの撒いたビラ、ミュンヘン市内にナチス抵抗運動の記念碑となっている。
DxicONNU8AAT3FB.jpg
https://twitter.com/tokkuns1917/status/1087791083638030336

船橋秀人さんが退学にならなかったニュースは、メジャーな新聞にも掲載される様になった。

(2)東洋大が竹中平蔵氏批判立て看板設置学生に退学勧告 最終更新:1/24(木) 23:16 日刊スポーツ

20190124-00457734-nksports-000-3-view.jpg
↑画像 東洋大から退学の勧告を受けたと訴える船橋秀人さんが校内に立てた、竹中平蔵氏を批判する立て看板(船橋さん提供)

 東洋大学が、元総務大臣でグローバル・イノベーション学科教授の竹中平蔵氏(67)を批判する立て看板を21日に校内に立て、ビラを配った文学部哲学科4年の船橋秀人さん(23)に「退学」を示唆するような発言をしていたことが24日、分かった。

【写真】船橋さんが立て看板を校内に立てた際に配った批判ビラ

 大学側は23日に退学処分としない旨の声明を出したが、その中で、船橋さんがSNSで実名を出して抗議しているにも関わらず、学生を守ることを理由にSNSなどでの流布をやめるよう訴えたことに、インターネット上で「(学生は)発言するなと言うのか」などと批判が高まっている。

 船橋さんは、授業前の21日午前9時に「竹中平蔵による授業反対!」と書いた立て看板を校内に立て、人材派遣会社の取締役だった同氏が、13年の労働者派遣法の規制緩和の旗振り役だったなどと批判するビラを配った。その10分後に大学関係者に撤去された上、学生課の男性職員4、5人に2時間半にわたって事情聴取されたという。

 船橋さんによると、その聴取の中で、立て看板は「校則で認められない」と指摘され、大声で「大学のイメージを下げているんだぞ」と言われたという。さらに「本学の秩序を乱し、その他学生に反した者」など退学に関して規定された学則第57条を示しながら「表現の自由には責任が伴う。何らかの処分で責任を取ってもらう」と追及された。一般企業への就職が内定している中で「内定先で不利な立場に遭う」とも言われたという。

 東洋大学は、日刊スポーツの取材に「退学を勧める勧告はしていない。禁止行為を行うと場合によっては処分となる。処分の中には重いものでは退学もある、という趣旨で説明しています」と答えた。内定先で不利益をこうむると追及した件についても「いろいろな意見が生じやすいネットで記事が残り続けることは、学生本人に不利益が生じないかを案じているという趣旨で説明しています」としている。

(3)竹中氏批判の東洋大学生語る「組織の問題を指摘」 最終更新:1/25(金) 14:59日刊スポーツ

20190124-00457947-nksports-000-2-view.jpg
↑画像 竹中平蔵氏を批判する立て看板を校内に立てたことなどで、東洋大から退学の勧告を受けたと訴える船橋秀人さん(撮影・村上幸将)

 東洋大学が、元総務大臣でグローバル・イノベーション学科教授の竹中平蔵氏(67)を批判する立て看板を21日に校内に立て、ビラを配った文学部哲学科4年の船橋秀人さん(23)に「退学」を示唆するような発言をしていたことが24日、分かった。

【写真】船橋秀人さんが校内に立てた、竹中平蔵氏を批判する立て看板

 船橋さんは授業前の21日午前9時に「竹中平蔵による授業反対!」と書いた立て看板を校内に立て、ビラを配るなどしたが、10分後に大学の関係者に撤去され、学生課の男性職員4、5人に2時間半にわたって事情聴取された。その中で、男性職員から「性行不良で改善の見込みがないと認められる者」「本学の秩序を乱し、その他学生に反した者」など、退学に関して規定された学則第57条を示しながら「表現の自由には責任が伴う。何らかの処分で責任を取ってもらう」などと追及されたという。

 船橋さんは今回の行動を起こした要因として、国際化を進め14年に文部科学省からスーパーグローバル大学に認定され、竹中氏が教授に就任した16年以降、さらに国際化を加速した大学側が、1887年(明20)に「哲学館」として開学した際から専門分野にしてきた、哲学科を統合再編するなど縮小に向かったことへの疑問があったと語った。

 文学部にはインド哲学科と中国哲学文学科があったが、13年度からインド哲学科と中国哲学文学科が統合され、東洋思想文化学科に再編されたという。統廃合で1つの科になったため、教授の数と学生の数がつり合わなくなっており、特にゼミにおいて問題が顕著になっているという。

 船橋さんは「ゼミ生は、せいぜい20人が上限で読書会などをするものですが、今、ゼミには40~50人くらいの学生がいる。ゼミなのに、やっていることは講義。哲学を勉強したくて東洋大に入ったのに、これでいいのかと思った」と首をかしげた。その上で「竹中教授を批判していますが、恨みつらみではなく大学の組織の問題を指摘したかった。大学は最も自由で、議論が進む先導役になるべきだと思う」などと持論を語った。

 また、日本大学のアメフト部の悪質タックル問題で、学生の側から意見を言わない、言えない状況をニュースで目の当たりにして「こんなので良いのかと思ったし、自分も批判されているような気持ちになった」と感じたことも、行動を起こした理由だという。

 大学側は23日に「一部ネット等で散見されるような当該学生に対する退学処分の事実はありません。本件に関して、所属学部では退学としないことを確認しております」と退学処分はないことを発表した。それを受け、船橋さんは今後について「(在籍した)4年間で、校内に立て看板が立つことはなかった。僕は卒業間際まで動くことが出来なかったけれど、単身で声を上げたことで組織の問題などを考えて欲しいし、根本的な議論につなげて欲しい。後輩にも受け継いで欲しい」などと語った。

 東洋大は、日刊スポーツの取材に、国際化の加速化について「2016年の竹中就任以前から本学は国際化に注力する指針は打ち立てています。以前より『哲学教育』『国際化』『キャリア教育』を教学改革の3つの柱として掲げていました」と、竹中氏が教授に就任する以前からの流れだったと指摘した。

 一方で、哲学科については「2013年に定員を50人から100人に倍増させる、インド哲学科と中国哲学文学科を再編し東洋思想文化学科にするなどをしています。『哲学する心を持て』というスローガンをはじめ、全学での哲学教育などを拡充しています」と、再編が縮小にはなっていないことを強調した。

(4)日刊ゲンダイ

東洋大立て看同好会‏ @6N8JeOXEKgmbO21 日刊ゲンダイさんに取材してもらいました。 #立て看 #東洋大学 #退学勧告
DxrJQ1mU0AAFid7.jpg
https://twitter.com/6N8JeOXEKgmbO21/status/1088403774421426177

Norichika Horie‏ @NorichikaHorie 哲学を勉強したくて東洋大学に入ったのに、ゼミが大人数でゼミの体を成していない、これでいいのかという気持ちだったという。彼は4年生で卒業間近。悔しさが痛いほどわかる。大学は違うが同じ人文系の教員として申し訳なく思う。彼は自分自身のためというより後輩と母校のためを思って抗議したのだ
https://twitter.com/NorichikaHorie/status/1088671803512254464

(5)澤藤統一郎の憲法日記 船橋秀人君! 君こそ、東洋大学の希望だ。 転載記事

 東洋大学と竹中平蔵、哲学とゼニの取り合わせ。高邁な理想を掲げる大学に、政治絡みでの儲け方だの節税手口だのを教えようというのだろうか。この違和感に、学内から批判の声が上がったのは真っ当な反応ではないか。

 話題の人、同大学4年生の船橋秀人君は「竹中平蔵による授業反対!」と書いた立て看板を学内に掲げ、ビラを撒いた。船橋君のビラの内容は次のとおりだ。至極真っ当で、立派な意見ではないか。私は全面的に賛意を表する。一人立ち上がった彼に、敬意も表したい。これを大きく拡散しよう。

■この大学はこのままでいいのだろうか? 

 我々の生活が危ない! 

 竹中氏の過悪、その一つは大規模な規制緩和である。特に2003年の労働者派遣法の改悪がこの国にもたらしたものは大きい。それまで限定されていた業種が大幅に拡大されることで、この国には非正規雇用者が増大したのである。「正社員をなくせばいい」や「若者には貧しくなる自由がある」といった発言は、当時の世論を騒がせた。しかしながら、この男まるで反省の素振りを見せない。「朝まで生テレビ!」という番組では、自らの政策の肝であったトリクルダウン(お金持ちが富むことでその富が貧しい者にも浸透するという理論)について、「あり得ない」というある種開き直ったかのような発言をしており、まるで自分がやった責任について無自覚なようだ。また、昨年可決された高度プロフェッショナル制度については、「個人的には、結果的に(対象が)拡大していくことを期待している」などという驚くべき思惑を公言している。つまり、初めは限定的なものだからという理由で可決された労働者派遣法が、今これほどまでに対象を拡大したように、高度プロフェッショナル制度は、今後とも更なる拡大が予想されるのである。無論、我々も例外ではない。労働者はこれから一層使い捨てにされることになるのだ!!

■様々な利権への関与!?

 竹中氏が人材派遣会社のパソナグループの会長を務めているということも忘れてはならない。というのも労働者派遣法の改悪は、自らが会長を務める会社の利権獲得に通じていたからだ。まさに国家の私物化である。また、最近では昨年法案の正当性について全く審議されずに可決された水道法改正案と入管法改正案についても関与していたことが明るみになっている。更に加計学園との関連も取りざたされており、今後ともこの男の暴走を追及する必要がありそうだ。

■今こそ変えよう、この大学を、この国を

 皆さんは恥ずかしくないですか、こんな男がいる大学に在籍していることが。僕は恥ずかしい。そして、将来自分や友達や自分の子どもが使い捨てにされていくのを見ながら、何も行動を起こさなかったことを悔いる自分が、僕は恥ずかしい。意志ある者たちよ、立ち上がれ! 大学の主役は、我々学生なのだ。右も左も前も後も何にも分からない人も、みんな集まれ。民主主義は決して難しいものではない。共に考え、議論し、周りに訴えながら、もう一度みんなでこの社会を立て直そう!!

 船橋君によれば、これに対する大学の対応は、次のようなものだった。「21日朝9時から立て看板を出し、ビラを配り始めたら、10分と経たないうちに学生課の職員がビラ配布の中止と看板の撤去を求めてきました。その後、学生課の部屋に連れていかれ、職員5、6人から約2時間半にわたって詰問されました」

 「職員らは学生生活ハンドブックの条項を示しながら、『大学の秩序を乱す行為』に該当するとし、退学処分をちらつかせてきました。さらに『君には表現の自由があるけど、大学のイメージを損なった責任を取れるのか』と大きな声で言われたり、『入社した会社で立場が危うくなるのでは』とドーカツされたりしました」

 複数の報道では、男性職員から「性行不良で改善の見込みがないと認められる者」「本学の秩序を乱し、その他学生に反した者」など、退学に関して規定された学則第57条を示しながら「表現の自由には責任が伴う。何らかの処分で責任を取ってもらう」などと追及されたという。

 「表現の自由には責任が伴う。何らかの処分で責任を取ってもらう」は、特筆すべき迷言! 要するに、「表現の自由なんてここにはない。だから、ものを言うな。言えば処分が待ってるぞ。」と脅しているわけだ。

 企業は組合幹部にこう言うだろう。「団結権には責任が伴う。何らかの処分で責任を取ってもらう」 防衛省は、「平和には責任が伴う。戦争に行ってもらおう」厚労省にはこう言いたい。「統計には責任が伴う。何らかの形で責任を取ってもらう」

 東洋大のホームページには、こうある「今や11学部44学科、10研究科32専攻、法科大学院を擁し、学生数が約3万人という、大変大きな総合大学となりました。いずれの学部・研究科等においても、建学の精神に基づいて人財養成の目的や教育目標を定め、物事を自ら深く論理的・体系的に考え、判断し、行動することができる、社会に有為な人財の育成に心を砕いています。」とある。その規模には驚かざるを得ない。近時急成長している大学であることには間違いない。

 竹村牧男学長は、そのメッセージで、「物事を自ら深く論理的・体系的に考え、判断し、行動することができる、社会に有為な人財の育成に心を砕いています。」と言っている。船橋秀人君こそ、学長メッセージにピッタリの人物ではないか。

 船橋君は、こうも言っている。「日本大学のアメフト部の悪質タックル問題で、学生の側から意見を言わない、言えない状況をニュースで目の当たりにして「こんなので良いのかと思ったし、自分も批判されているような気持ちになった」と感じたことも、行動を起こした理由」

 「(在籍した)4年間で、校内に立て看板が立つことはなかった。僕は卒業間際まで動くことが出来なかったけれど、単身で声を上げたことで組織の問題などを考えて欲しいし、根本的な議論につなげて欲しい。後輩にも受け継いで欲しい」

 東洋大(白山キャンパス)は、我が家からは散歩圏内。地域との連携も良く、親近感がある。これまでの評判は悪くない。立派になって欲しいと思う。竹中平蔵の採用はともかく、これを批判する人物を育てたのだから、東洋の希望は大いにある。

 大学に望むことを、一言申しあげたい。学内を「学則」が支配する世界だと思い込んではおられないか。大学こそ、最も風通し良く憲法の理念が行き渡る空間であって欲しい。船橋君の憲法上の権利主張を、「学生生活ハンドブック」の細則で押さえ込もうというのは、研究機関や教育機関の発想として貧弱ではないか。どうだろう。この問題、公開の場で真摯な討論をしてみては。(2019年1月25日)

(6)東洋大学職員による船橋秀人さんに対する恫喝

perspective‏ @prspctv 「船橋さんによると…聴取の中で…大声で「大学のイメージを下げているんだぞ」と言われたという。さらに…学則第57条を示しながら「表現の自由には責任が伴う。何らかの処分で責任を取ってもらう」と追及された。一般企業への就職が内定している中で「内定先で不利な立場に遭う」とも言われたという」
https://twitter.com/prspctv/status/1088417586721640448

東洋大学のイメージを下げているのは東洋大学職員です

perspective‏ @prspctv 「就職を控えた4年生への退学勧告は未来を奪うのに等しい。大学側の対応は「やりすぎ」を超え、「卑劣」ですらある。まさか「竹中批判」は絶対に許さないという意思表示なのか」|1/25日刊ゲンダイ:竹中平蔵教授を批判 東洋大4年生「退学」騒動の本人を直撃 
armVt7v6.jpg
https://twitter.com/prspctv/status/1088571226031673346


↑頻繁なクリック、よろしくお願い申し上げます。

↓動画 モーニング娘。 9代目リーダー 譜久村聖(ふくむらみずき)
9523dc27.gif
スポンサーサイト



Comment

ひろ #-

僕は今回のこの報道は、大学と平蔵氏と学生さん(名前失念)が仕組んだ罠だと思っています。めくじらたてるようなニュースではないと思います。
このニュースは当人同士の利害関係の問題であって僕ら庶民にとってはどうでもよいニュースのはずです。このように何か変革が起きているように見せかけて実は何も変わっていないのが現代社会の実情です。僕は人間の本質を問わなければ社会は変わることがないと断言します! 竹中さんがー、だから何?です! まあ、既得権益で人々を馬鹿にしたふざけた人間に間違いはありませんがね。竹中氏は悔しかったら福田氏を始め、竹中氏を批判するSNSに反論してみてはいかがでしょうか。まあできないですよ。だって本当のことを指摘されてるんだから。竹中氏よいしょのテレビ局討論番組で竹中氏本人が持論を展開されても、僕には「何言ってんだ!このおっさん!馬鹿なこと言って!全然心に響かない!」と思わざるを得ません。

2019/01/26 (Sat) 12:44 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

東洋大学竹中氏問題について、追記させてください。僕は普通に竹中氏がどんな講義をされるのか興味ありますし、聴いてみたいと思います。問題なのは竹中氏の講義反対の姿勢です。僕が学生の立場だったら聴いてみてぇ~と思います。だって普通に考えて奇妙な言論を発する(非正規雇用拡大と全く庶民感覚からずれたことを平然と語る)竹中氏がどんな講義を展開されるか、僕は是非聴いてみたいですねwwwwww どうせくだらないことをつらつらと言われるんでしょうけどね。僕は実際に竹中氏の講義を聞いた人の感想とかもありだと思っています。そういう話で酒の席って考えただけでワクワクします。(笑) 20年ほど前にしてなりますが、竹中さんは「わかりやすい経済学」(タイトル忘れましたがそんなタイトルの本です。絵が書いてありましたね。)という本をパラバラ読んでみましたが、さっぱりわかりませんでした。どこが「わかりやすい経済学」かよ(笑)背表紙の挿し絵に騙されんなと笑ったものでした。

2019/01/26 (Sat) 16:25 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts