FC2ブログ

1710.トランプがクリエイトする平和の流れ

Yajima Maimi-430396
↑画像 2018クリスマスシリーズ21 矢島舞美

(1)地下勢力にとって早く忘れてほしい話題 札幌爆発火災

 2018年12月22日の2本目です。「1708.札幌爆発火災の原因は地下原発の爆発ではないか? PART4」の続きです。続きですが、今回は札幌爆発火災の話題はほとんど出てこないと思います。このシリーズはまだ完結していません。全国ニュースで札幌爆発火災の話題はめっきり出てこなくなりました。地下勢力にとって早く忘れてほしい話題なのでしょうか。ネットでも余り話題にならなくなりましたね。北海道のローカルニュースではまだ札幌爆発火災の話題が流れているのでしょうか?

(2)トランプがクリエイトする平和の流れ

 米軍のシリア撤退に反対していたマティス国防長官が、来年2019年2月末に辞任することになりました。トランプを悪者扱いしている日本のマスコミは、マティスの国防長官辞任は残念であるみたいな報道をしていますが、世界平和の観点から言えば好ましい傾向と言える。

 ドナルド・トランプ米大統領はシリアから軍隊を撤退させる準備をしていると伝えられている。ダーイッシュ(IS、ISIS、ISIL、イスラム国とも表記)の殲滅を完了したからだという。トランプ大統領が米軍をシリアから撤退させるという情報が事実ならクルドは苦境に立たされるという。


 シリア政府との関係を修復する国が増える中、スーダンの大統領が先日シリアを訪問した。戦争屋の手先といわれているマクロンがイエローベスト革命で揺さぶれている中、まともな国家指導者は世界平和の流れに乗ろうとしている。トランプがクリエイトする平和の流れに。

(3)IS<イスラム国>の真実 PART2 <PART1はこちら

 なお、「615.報道の不公正を乗り越えて判断する事ができる人々を増やすにはどうすれば良いか?」の(14)に書いた通り、イスラム国はアメリカの管理下で生まれた。シリアのアサド大統領もそう述べています。

 「547.フランスの秋葉原事件も自作自演テロか?」の(5)に書いた通り、「IS<イスラム国>❤西側諸国」です。イスラム国(IS)は元々、米国情報機関によって作られたアルカイダ系列の機関です。

(4)マティスの考え

 トランプ大統領は、選挙での公約をこれまで次々と実行に移してきました。ですから、シリアからの米軍撤退も当然本気だったのです。しかしこれまでは、マティス米国防長官らに阻止されてきました。

 マティス長官は、所謂「ハザールマフィア」側の人間ではありませんが、ハザールの偽旗科学兵器攻撃で、ホワイトヘルメットの演じる茶番劇を利用してまで、米軍のシリア駐留を継続していました。マティス長官にすれば、シリアの油田を手放すわけにはいかないという思いが強かったといわれています。そのシリアの油田は米帝の侵略によって獲得したのです。

(5)アフガニスタンからの撤退

 シリア撤退に続きアフガニスタンからの撤退という話も出ている。更に韓国駐留の米軍撤退もあるのではないかと、本日2018年12月22日にリチャードコシミズ氏は北九州市で述べた。その先には在日米軍の撤退という話が出てくるだろう。

(6)櫻井ジャーナル 2018.12.21 シリアから米軍を撤退させるという決定に反対していたマティス国防長官が辞任へ 転載記事

https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201812210000/

 アメリカのジェームズ・マティス国防長官が来年(2019年)2月一杯で辞任するという。この人物は好戦派と見られ、そのあだ名は「狂犬」。そうした情報が流れる直前、ドナルド・トランプ大統領はシリアからアメリカ軍を撤退させる決断をしたと伝えられている。ジョン・ボルトン国家安全保障補佐官やマイク・ポンペオ国務長官と同じで、大統領にマティスは反対していた。

 かつて、トランプ大統領は傭兵会社のブラックウォーター(2009年にXE、11年にアカデミへ名称変更)の創設者、エリック・プリンスに情報活動を任せようとしているとする噂が流れたこともある。シリアへ傭兵を入れるという推測もあるが、今のところそうした兆候はないようだ。

 大統領選挙の際、トランプは安全保障問題についてのアドバイスをマイケル・フリン元DIA局長から得ていた。そうしたアドバイスに従い、ロシアとの関係修復を訴えたわけだ。

 バラク・オバマ政権は中東や北アフリカでジハード傭兵を使った侵略戦争を開始、ロシアとの軍事的な緊張を高め、ヒラリー・クリントンはその政策を継承する姿勢を見せていた。

 こうした経緯を考えれば、トランプがフリンを国家安全保障補佐官に任命することは必然だったが、ヒラリー・クリントンを担いでいた戦争ビジネス、巨大金融資本、ネオコンは強く反発する。

 フリンが局長だった時代のDIAはオバマ政権の武装勢力を支援するという政策はサラフィ主義者(ワッハーブ派、タクフィール主義者)の支配地域をシリアの東部(ハサカやデリゾール)に作られる可能性があると警告していた。戦争ビジネス、巨大金融資本、ネオコンにとって都合の悪い情報をフリンは握っていた。

 この警告は2014年に入ると「ダーイッシュ(IS、ISIS、ISIL、イスラム国とも表記)という形で現実になる。この戦闘集団は2014年1月にイラクのファルージャで「イスラム首長国」の建国を宣言、6月にモスルを制圧、その際にトヨタ製小型トラック「ハイラックス」の新車を連ねた「パレード」を行った。

 このパレードの様子を撮影した写真が世界に伝えられ、ダーイッシュは売り出される。当然、アメリカの軍や情報機関は偵察衛星、無人機、通信傍受、人間による情報活動などで武装集団の動きを知っていたはずだが、何もしていない。

 ちなみに、このトヨタ車はアメリカ政府がFSA(自由シリア軍)、つまりシリア侵略のために送り込まれた傭兵部隊へ提供したものだと言われている。

 ここにきてボルトン、ポンペオ、マティス、そしてマイク・ペンス副大統領らとトランプ大統領の関係は良くない。中国の大手通信機器メーカー、ファーウェイ・テクノロジーズのCFO(最高財務責任者)で同社の創業者である任正非の娘、孟晩舟が12月1日にアメリカ当局の要請でカナダ当局が逮捕した際、トランプ大統領は中国の習近平習近平国家主席と貿易問題について話し合っている最中だった。アメリカと中国との関係を修復しようという動きを潰そうとしている勢力がいるように見える。

 すでにシリアではロシアを中心に再建計画が練られ、動き始めている。当然、アメリカ、イスラエル、サウジアラビアといった国々は排除されるだろう。


 勿論、アメリカ軍はイラクを制圧している状態で、イスラエルやアメリカといった「同盟国」も存在している。今後、何をしでかすかわからないが、それ以上に懸念されているのがウクライナ情勢。現政権は崩壊寸前だが、それだけに危険な状態だと考えられている。​ウクライナ軍はさらなる軍艦をアゾフ海へ派遣する​と言われている。そうした状況を反映し、ロシアはクリミアの防衛力を増強中だ。<転載終了>

>このトヨタ車はアメリカ政府がFSA(自由シリア軍)、つまりシリア侵略のために送り込まれた傭兵部隊へ提供したもの

 ★(新) 日本の黒い霧 日産はトヨタか

(7)リテラ ローラも辺野古基地反対署名を呼びかけ! バッシングに屈することなく社会問題にコミットし続けるローラの勇気と信念 転載記事

rola_01_20181219.png
↑画像 ローラのインスタグラム

 辺野古の新基地建設で日本政府が14日から海に土砂を投入する作業を強行したことに対し、反対の声が高まっている。なかでも注目を集めているのは、市民がそれぞれの問題意識に基づいてアメリカ政府に直接提言・請願するためのホワイトハウスの請願書サイト「We The People」でおこなわれている、辺野古新基地建設の作業を来年2月24日の県民投票まで停止することを求める署名活動だ。

 この署名には、先日、本サイトでも紹介した沖縄出身のタレント・りゅうちぇるをはじめ、ウーマンラッシュアワーの村本大輔、ミュージシャンであるASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文や七尾旅人、Base Ball Bearの小出祐介、ソウル・フラワー・ユニオン、俳優のうじきつよしやラサール石井、東ちづる、作家の平野啓一郎、映画監督である塚本晋也や想田和弘など、数多くの芸能人や文化人も協力。

 しかし、こうしたなかでも強い影響力を発揮したと思われるのが、ローラの署名呼びかけだ。

 ローラは18日の朝、インスタグラム内のストーリーにこう投稿した。

〈We the people Okinawa で検索してみて。美しい沖縄の埋め立てをみんなの声が集まれば止めることができるかもしれないの。名前とアドレスを登録するだけでできちゃうから、ホワイトハウスにこの声を届けよう

 ローラのインスタグラムのフォロワーは520万人で、国内では渡辺直美に次ぐ発信力をもっている。そんなローラが署名を呼びかけたことの影響は計り知れず、実際、18日15時ごろに署名はホワイトハウスが対応することになっている10万を突破。本日20時時点で12万8000を超え、いま現在も増え続けている。

 こうした動きに、玉城デニー・沖縄県知事も反応。昨晩、自身のTwitterで〈りゅうちぇるさん、ラッシュ村本さん、ローラさん、たくさんの方々。(すみません)繋がっている嬉しさを多くの皆さんが誇りに感じていると思います。深く感謝です〉とメッセージを発信した。

 だが、このローラの署名呼びかけに対して、案の定、バッシングも起こっている。〈ローラは反日〉〈ローラも化けの皮剥がれたな。反日左翼芸能人に成り下がったか〉〈タレントが政治的発言したらオワコン〉といった非難の声のほか、“ネトウヨジャーナリスト”である石井孝明氏も〈この人、日本人でなかったら、内政干渉行為と普通の国では騒ぎになりますけど〉などと投稿した(現在は削除)。

 「内政干渉」って、いつからローラは国になったのか(苦笑)。中学生の教科書にも載っているような言葉の意味もわかっていないこのような人物がジャーナリストを自称していることにも驚くが、〈この人、日本人でなかったら〉という物言いは、ローラがミックスルーツであることを指して差別的な視点からも非難していることはあきらかだ。

 しかも、ローラがこうした批判に晒されるのは、これがはじめてではない。熊本地震で炊き出しボランティアをおこなったり、ユニセフのイベントに参加し1000万円の寄付をおこなったことをインスタグラムで報告した際などには、SNS上では〈偽善者〉〈売名行為〉というバッシングが起こり、ユニセフへの寄付の件では夕刊フジ(ZAKZAK)が「これまでのキャラとは一変」「セレブ気取り」「ほかにやることがあるのでは」などと言及。ハリウッド作品に出演するなど海外での活動が広がるローラが、海外スターの社会貢献活動に「感化されている」と非難したのだ。

 仮にローラが海外の仕事をしていくなかでノブレス・オブリージュの意識が浸透している海外セレブの姿勢を見習ったとして、一体それの何が悪いのか。たとえ海外セレブを真似してのファッションだったとしても、何もやらないよりはよっぽどいい。

■バッシングに晒されても信念を曲げず貧困や環境問題を発信し続けるローラ

 社会問題に目を向けるたびに必ず起きる、こうした足を引っ張ろうとする卑劣なバッシング。しかし、それでもローラは行動をやめることはなかった。以前から強い関心をもってきたプラスチックごみによる海洋汚染問題の発信をつづけ、〈少しずつみんなで使い捨てプラスチックをなくしていこう〉(10月28日のインスタグラム投稿)と呼びかけてきた。

 バッシングに晒されてもけっして曲げない信念。そもそも、ローラの社会貢献に対する意識は、最近「海外セレブを意識」してというようなものではまったくない。もちろん「迷走」などではなく、むしろ強い意志に基づいたものだ。それも、バラエティ番組で「オッケー」とお茶の間を沸かせてブレイクするよりはるかに前からもちつづけている確固たるものなのである。

 本サイトではたびたび紹介してきたが、ローラは「ViVi」(講談社)2016年1月号に掲載されたロングインタビューで、自身が長年抱いてきた夢について、こう語っている。

 「事務所に入った時に社長さんに話した夢というか、最終的な目標があって――。お金がなくて勉強できない子供たちってまだ世界にたくさんいて、その気持ちは私もすごくよくわかる。自分が苦労してきた部分でもあって、私にとってはすごく現実的なことだから。そういう人たちの役に立ちたいの。ずっとその想いは変わってなくて、これからはもっと積極的にやっていきたい

 ローラはバングラデシュ人の父と、日本人とロシア人の親をもつ母親とのあいだに日本で生まれた。ローラは1歳でバングラデシュへ渡り、6歳で帰国するのだが、その後、両親は離婚。父は再婚するが、「女性自身」(光文社)の記事によれば、ローラと双子の弟、継母と父のあいだに生まれた双子、継母の両親という家族8人でアパートに暮らしていた時期もあった。ローラは働く父と継母に代わって、小さな双子のきょうだいにごはんを食べさせたり、オムツを変えたりとよく面倒を見ていたという。

 そうした苦労をローラは自ら語らない。だが、ただひとつ、こんな話をしている。

「中学2年の時に、友達にすごく一生懸命説明したのに『ちょっと何を言ってるのか分からなかった』って言われたのがすごくショックで、そこからかなり頑張って中3の頃には普通に会話も出来てたと思う」(前述インタビュー、以下同)

 高校時代はホームセンターでアルバイトし、渋谷でスカウトされモデルの世界に飛び込んで一躍“タメ口キャラ”でブレイク。だが、いまもローラには“もっと勉強をしたかった”という思いが強いのかもしれない。事実、ローラは地道に英語の勉強をつづけてハリウッドデビューを射止めたが、学ぶことが自分の可能性を広げるということを、彼女は身をもって知っているのだろう。

■ユニセフで語ったローラの思い「リスクがあっても人と地球の幸せのために」

 家庭が貧しいために勉強ができない、進学できないという子どもたちの存在は、なにも発展途上国だけの話ではない。日本では7人に1人が貧困といわれているにもかかわらず、国立大も授業料を大幅値上げしたり、奨学金返済の金利は異常に高いままだ。だが、社会では「貧しいことを理由に進学できないと言うのは努力が足りないから」「貧乏でも努力をすればのし上がれる」などと自己責任論をぶつ人は相変わらず多い。

 しかし、子どものころから苦労を背負い、努力によって道を切り拓いてきたローラは、そんなことは言わない。

今こうして私がここに居られるのは、差し伸べてくれる手があったり、諦めないでいてくれた人たちがいたから――。私も誰かのそういう手になりたいし、そのことを諦めたりもしたくない」(同前)

 そして、今年8月にユニセフに寄付したのは、こうしたローラの思いがあってこその行動だった。ユニセフのイベントに参加したことを報告したインスタグラムへの投稿で、ローラはこう綴っていた。

〈わたしはいま頭の中が子供達や動物の幸せと地球をまもることでいっぱいです。それと調べるほど許せないこともたくさんあり、悲しい気持ちになります。今回は自分ができる事として1000万円を寄付する事にしました。まだまだ足りないです。何をするために生きているか何をしないといけないか冷静に考えて自分の感情を信じて生きて行こうと思います。リスクがあっても嘘のない、人にとっても地球にとっても幸せが続くことに精一杯力を注いで頑張っていきたいです

 今回、辺野古の海を守るために署名を呼びかけたことも、「リスクがあっても嘘のない、人にとっても地球にとっても幸せが続くこと」に力を注いでいきたいというローラの思いからの行動だったのだろう。

 自分のことだけではなく弱い存在の人たちに心を寄せ、バッシングを受けても怯むことなく社会の問題を考えつづけ、行動する。そんなローラに「反日」「偽善者」「政治的発言はやめろ」などという言葉を投げつけて邪魔をしようとする輩たちはいかに卑劣なことか。だが、きっとこれからもローラは、そんな浅ましい非難に負けることはないはずだ。ローラの行動に、大きな拍手を送りたい。(編集部)

★リテラ 百田尚樹がローラを「牝ガエル」呼ばわり! 辺野古反対署名めぐり安倍応援団がデマと詐術だらけのローラ攻撃 2018.12.22.
https://lite-ra.com/2018/12/post-4443.html


↑頻繁なクリック、よろしくお願い申し上げます。

↓動画 ローラ
ローラ-2
スポンサーサイト



Comment

ひろ #-

「反日」という言葉でふと思ったことですが、利権私利私欲の拡大に勤しみ、差別化、格差をもうけることで同国民(日本国民)を蔑み、蔑ろにする人々は「反日」とは呼ばないのでしょうか?非正規雇用の拡大を推し進める日本政府は反日政策ではないですか?「反日」についてご教示いただけるとありがたいです。

2018/12/22 (Sat) 23:15 | URL | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: タイトルなし

>「反日」についてご教示いただけるとありがたいです。

 「反日」とは反日政策を推進する支配層に不満を向けさせない為に、反日政策を推進する支配層に抵抗する人々を罵る言葉です。

2018/12/23 (Sun) 00:53 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

福田さん、「反日」についてのご教示ありがとうございます。僕は「反日」という言葉とともに「常識」、「一般常識」、「常識外れ」という言葉にも違和感を感じていました。そもそも「常識」とは何なのか?(多岐に渡る世間で起きていることにたいしての人々の認識であろうことはわかりますが、僕に言わせれば「森友学園」や「加計学園」の問題、辺野古移設に伴う埋め立て事業、河野大臣の記者の質問に対する対応等は完全に「常識外れ」の範疇に入ると思いますし、誰が見ても常識外れだと思っているんですけどね。)といつも思っていました。そういう言葉はすべて政府正確には為政者に対して異を唱える人々に対しての侮蔑発言だといつも思っています。河野大臣の発現ならびに政治家の発言は自発的な発言というより誰か上の人間によって言わされているケースが多いと思いますが(本当のところはどうでしょうね。笑)、仮に本心を発言しているとしたら、国会議員に常識外れな人がたくさんいることになり、「常識」、「常識」という人々はそこは突っ込まないのかといつも思います。昔、こんな歌詞の歌がありましたね。「あんた、俺のいったい何なのさ」→確か宇崎竜童さんの港のヨーコ、横浜横須賀というフレーズの歌だったと思いますが、僕は本当その通りだよねと思っていました。
僕は、以前宗教は必要ないとコメントしましたが、心のよりどころとしての信仰教え(ただし他人様に迷惑をかけない範囲での)はありだと考えています。特定の宗派を信仰する人々の中にも良識的な考えをお持ちな人はたくさんいらっしゃると思います。僕がコメントにあげる「集団ストーカー」まがいの行為、「不審車両」についても本心では「こんなことやりたくない」と思っている人たちがたくさんいるはずだ、と僕は考えています。僕はこれまで「不審車両」にたくさん遭遇してきましたが、「目があってお辞儀する人」や車列に入り込んで奇妙な車の流れをたちきってくれた車にも幾度となく遭遇しています。ですから、福田さんや日月土さんたちの記事の内容に思い当たるふしが多々あるのですが、同時に福田さんや日月土さんたちに敬意を表しています。僕は福田さんの僕のコメントに対する「判りません」という返答は嫌だとは感じていません。当事者にしかわからないはずですし、仮にわかっていても「解らない」と回答せざるをえない場合も多々あることは承知しています。(僕も確信に近い感触は得ていても話せないことはありますから。ですが、コメントしていることは手心加えていませんし、聞いた見たありのままのことをもとにコメントしていることをご理解いただけたら幸いです。)


2018/12/23 (Sun) 05:17 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

私は新興宗教に居た頃に、集団ストーカーに近い行為が出来るように教育をされていました。
その過程で変だと思い、活動に行かなくなりました。
私の所属教団は手かざし系ですが、しばらく参拝や青年部の行事に来れない方の家に電話をかけたり、訪ねて行く事を親切だと教えられていました。
しかも、同居の家族に反対をされている方で参拝や行事に出られない方の家の外周に行って皆んなで手かざしをするように指導をされました。

私はいずれも実行しませんでした、
それが神様のお手伝いであって、自分も相手も救われると言われても、相手が嫌がって参加しないのをわかり切っているのに訪ねて行く理由も無いし、外から手かざしなんて親切の押し付けですからね。

自分が嫌になり行かなくなった時にも電話が来たり、酷い方は私が勤務先がお店であるのをいいことに訪ねて来られたりと最悪でした。
道ですれ違った日には呼び止められて、なぜ最近来なくなったのか?と問われたり。
完全なストーカーとも類いは違うみたいですが、精神的な圧力はかなりなものでした。

救われたくて信仰をしている気持ちはよくわかります。
しかし、どうにかしてやめてみて思いました。
国も、会社や学校、地域、家庭などにおいても過度なルールや決まり、バチが当たるなどと言う言葉で縛ることはどうかと思いました。

2018/12/23 (Sun) 12:58 | URL | 編集 | 返信
匿名希望の1読者 #6urEx/7U

呼応記事、呼応ニュース

こんにちは

宗教団体などは信者は減らしたくない思いが強いですね。

ところで、話は変わりますが、福田さんや日月土さんなどのブログの記事に対する、ニュースサイトなどの呼応記事や呼応ニュースなどは結構ありますが、ブログのコメントに対する支配層の呼応記事や呼応ニュースなどはあり得ますか?

2018/12/23 (Sun) 13:09 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー猫山さんのコメントについてのご返答はのちほどコメントしたいと思います。取り急ぎご容赦ください。m(__)m

匿名希望の1読者さんへー匿名希望の1読者さんのコメントをかいつまんでコメントさせていただきますことをお許しください。

ところで、話は変わりますが、福田さんや日月土さんなどのブログ記事に対するニュースサイトなどの呼応記事や呼応ニュースなどは結構ありますが、ブログのコメントに対する支配層の呼応記事や呼応ニュースなどはあり得ますか?→匿名希望の1読者さんが想像されている「支配層」がどんなイメージをいだかれているかはかりかねますが、僕の「支配層」に対する考えをまずコメントさせてください。「支配層」と聞くと一見武力や権力を兼ね備えたヤバイ存在をイメージしがちだと思いますが、僕は違う(違わないんですが、えっ?この人が?という人が実質的に世界を動かしている)と考えています。ちまたで言われるロックフェラー家やロスチャイルド家を凌ぐ存在です。本当に世界を動かしている存在は武力や権力といった概念と無縁の暮らしをしていると考えています。ただし一見普通に見えても強面の人々が威恐する存在ですから、特別な能力者であることは間違いないと思います。問題はそういう「支配層(最終的には数名もしくは1名に限定されると思いますが)」がどこにいらっしゃるのか?という話になりますが、あくまでも私見ですが(誇大妄想ととらえられても構いません。)『日本』にいらっしゃるのではないか?と考えています。レプティリアン研究家のデビッド・アイク氏は「究極の存在はモンゴルのゴビ砂漠の地下にいるのではないか?」ということを著作で語られていますが、その可能性もあるでしょう。僕は『日本』だと考えています。[地下に世界中に繋がるトンネル網や都市機能が存在していることは確実だと思います。いざとなったら(例えば氷河期到来や隕石衝突など地球的大厄災が発生したら)そこへ避難する人たちもいると思います。ですが、大多数の人々は事実を知らないからなすすべなしです。]僕は、ネットサーフィンしながら様々な記事やブログを閲覧していますが、福田さんや日月土さんたちの記事には思い当たることが多々あります。同時に「支配層」は僕らの身近で会っているんではないか?と考えています。僕は『ブログのコメントに対する支配層の呼応記事や呼応ニュースなどは"あり得る"というより"ある"』と考えています。(僕の中では確信がありますが。)

2018/12/23 (Sun) 15:17 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー猫山さんのコメントをかいつまんでコメントさせていただきますことをお許しください。
猫山さんへ、数々の壮絶な体験をされていますね・・・・・僕は猫山さんに直接お会いして色々お話を聞きたいです。(僕自身、今現在、遠出する時間もゆとりもないですけど、一度お会いしてみたい方です。) 思えば、福田さんのブログの存在をつい数ヵ月前には知りませんでしたから、今こうブログ管理人の福田さん、ならびに猫山さんをはじめ多くの読者の方々とコミュニケーションをとっていることが不思議に思えますが、世の中は「偶然」の積み重ねで成り立っているんだなと感慨深い気持ちになります。

国も、会社や学校、地域、家庭などにおいても過度なルールや決まり、バチが当たるなどと言う言葉で縛ることはどうかと思いました。→まさしく僕も同じことを思います。根拠のないルールに縛られっぱなしですよ、この世の中は。よくオカルトなコメントに対して「根拠を示せ」と噛みつくコメントが散見されますが、僕はこう思います。『「根拠を示せ」と噛みつく前に先ずはご自身で調べられてください。「根拠を示せ」とはあなたは何様ですか、失礼ではありませんか、先ずは「根拠がない」という根拠を私(たち)に示していただけませんか?』

2018/12/23 (Sun) 16:05 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

福田さんのコメント欄に書いている事は全て自分が体験したことになります。
本人には自覚が無かったのですが、いつの頃からか「平凡に暮らしていたら到底考えることもなかったような事」を考えながら生活をするようになっていました。
それらについて追究しながら生きる事になるような出来事に遭遇するようになっていました。
若い頃は、自分の親を含めてその世代の方々に私の生き様に対して「不幸だね」と度々言われて参りました。
自身も、多少は「バツゲームみたい。」と思っていました。(苦笑)

しかし、ひろさんは私如きのお話しに関心を持って下さったのですね。
ありがとうございます。
私自身もこちらのコメント欄に自身の体験談を書かせて頂ける事に感謝をしております。
以前、豊橋駅周辺で見た事を書かせて頂きましたが、あの出来事に関しては社会人になってから出来た友人には打ち明けました。
不思議な事には動じない方でしたが、「1970年代に地下と地上を往き来するのに豊橋駅前通りの歩道にいくつもエスカレーターは存在しないだろw」と笑い飛ばされてしまいました。
もう二度と口外するのはよそうと思っておりましたが、福田さんのコメント欄に書かせて頂く事で段々と豊橋が特殊な場所と言うのがわかって参りました。
この件一つとっても類似の体験談をお聞かせ頂けた事などを含めて有難いと思っております。

お会い出来る時が来るかはわかりませんが、今後ともよろしくお願い申し上げます。

2018/12/23 (Sun) 20:21 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー猫山さんのコメントをかいつまんでコメントさせていただきますことをお許しください。

しかし、ひろさんは私如きのお話しに関心を持って下さったのですね。→関心大有りです。僕自身、人々が眉ひそめるような不可思議体験がありますので猫山さんのお話しする内容は興味津々です。僕は幽体離脱体験があります。こんな話すると「こいつおかしいんじゃね?(笑)」とお思いの方もいるでしょう。(実際に体験したんですけどね。20060126です。www) 幽体離脱を体験したことない方々からすれば与太話ほら話にしか聞こえませんし、超常現象に関心ある人の中には僕の話を嘘だろと両断する方々もいることでしょう。僕は実際に体験しましたから話せますし、話して人々から非難を受ける覚悟で話をしています。猫山さん、「如き」という言葉は極力使うのを止めましょう。猫山さんのコメントを愛読している読者さんがいらっしゃることは事実ですし、僕は猫山さんの体験談は純粋にすごいと思っています。

僕は島倉千代子さんの「人生いろいろ」(https://youtu.be/F2JaJF02o0M)がお気に入りの曲ですが、島倉千代子さん自身の実体験を唄った曲だと聞いています。(占い師の細木数子さんが島倉さんの借金を肩代わりしたとかしないとか数年前そんな記事を読んだ記憶があります。あやふやな記憶ですみません。)
島倉さんの「人生いろいろ」の動画を観ようとYouTubeの検索画面を開きましたら、思わず「えっ!?www」と思いました。YouTube検索画面はいくつかおすすめ動画が掲載されていますが、こんな動画が掲載されていました。

https://youtu.be/_YDEz6q0q3Y
岡田有希子 Dreaming Girl 恋はじめまして

https://youtu.be/08xlf_4gVGQ
Juice=Juice 宮本 宮崎 海外ドラマ「V」の世界に迫る

上記にあげた島倉さんの動画の次に流れた動画がこの動画でした。
https://youtu.be/_GrhwErRKMg 秋桜
山口百恵さんが第一線で活躍されていた頃、僕が生まれているか生まれていないかの境界線だった頃だと思いますが、今こうして聴くと良い歌ですね。山口百恵さんといえば、俳優の三浦友和さんを思い出しますが、僕の知人は忌野清志郎さんの大ファンで(僕も知人に影響されていくつかお気に入りの曲がありますが)確か三浦友和さんは忌野清志郎さんと同級生友人だったと記憶しています。(僕の記憶違いでしたらすみません。)長文コメント失礼致しました。

2018/12/23 (Sun) 21:44 | URL | 編集 | 返信
ヒデ #-

匿名さんへ

呼応に関連して。トヨタ批判の記事が載った時は、数日と経たずに社長自ら出演のトヨタ上げのドキュメントだったり、トラックを作る為に苦労した創業者のドラマだったり。徳川の記事が出れば、徳川偉いと言わんばかりの時代劇だったりと、記事の内容は嘘っぱちだよと言いたげに上げ上げ番組を放送しているのには笑えます。黒霧や福田さんのブログの読者は数が限られていますが、TVの視聴者の数は多く鵜呑みにする人も多い事でしょう。番宣もバンバンやるし(笑)まぁ逆に考えると、痛い所を突かれているので称賛ドラマのお涙頂戴で自画自賛している訳ですよ。結果的に考察すれば、地下組織の連中もブログ読者で、組織に不味い内容の時は、マスゴミを利用して印象上げしてますね。もっとヤバイ時は、暗号報道みたいですが、洗ってけば呼応ニュースとかは、いくつか探せると思いますよ。

2018/12/23 (Sun) 21:53 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

上記のコメントに載せた秋桜の動画が再生できなかったと思います。再度掲載致します。→https://youtu.be/_GrhwErRkMg 正しくは小文字のkでしたが、大文字のKを入力してました。失礼致しました。

2018/12/23 (Sun) 21:53 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

コメントをありがとうございます。
島倉千代子さんも亡くなってしまいました。
高校の時にまだ20代なのに、人生いろいろが大好きな先生がいまして遠足のバスの中でみんなで歌いましたらw

動画の岡田有希子さんは恐らくこの前の三枝さんとのトーク番組の方と同一ですね。
おばさん顔の方よりも華があるように見えました。

ひろさんも臨死体験があるのですね。
私もあります。
ひろさんは臨死体験後に何か変わったこととかありましたか?

2018/12/23 (Sun) 22:22 | URL | 編集 | 返信
匿名希望の1読者 #6urEx/7U

人質司法

こんばんは

お返事ありがとうございます。

話は変わりますが、カルロス・ゴーン容疑者は東京地裁が勾留の延長の検察側の準抗告を却下した途端に特別背任容疑での身柄の拘束となりましたが、まさに人質司法という感じがしますね。

日本が国際的な人権水準から大きく遅れをとっている刑事司法の分野の問題点(特に問題なのが人質司法と言われる長期の身柄拘束、代用監獄、取り調べに弁護士を立ち会わせないなどだと思います。)が解決され、冤罪防止や推定無罪の原則が徹底されるようになって欲しいです。

2018/12/23 (Sun) 22:36 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー今、動画に観入ってました。少々返答が遅れまして失礼致しました。猫山さんのコメントを一部引用させていただきますことをお許しください。

僕の場合、臨死体験ではありません。寝ていて、幽体離脱しました。詳細は長くなりますので割愛させてください。(別の機会にお話できればと思います。)僕の幽体離脱体験はある超常現象研究家のブログに体験談としてコメントしました。ちなみに「ある超常現象研究家」は先日放送されました。たけしさんの番組にご出演されてました。www

動画の岡田有希子さんは恐らくこの前の三枝さんとのトーク番組の方と同一ですね。→そうですね。三枝さんの番組に出演されていた岡田さん(佐藤佳代さん)その人だと思います。替え玉さんではないです。僕は岡田さんが着用している衣装に注目しました。僕が数年前に観た記憶違いの1985年8月12日放送の「ザ・トップテン」のフルバージョン動画の「スタジオ内」で着用していた衣装と同一と言ってよいほど酷似していました・・・
1985年8月12日の「ザ・トップテン」に出演していた(?)チェッカーズは当時、西武球場でライブを行っていて、ライブ会場からの中継だったそうで、ちょうどライブが行われていた最中に、まさにその時日本航空123便が西武球場の上空を飛行していたという記事をつい最近読みました。やはり「ザ・トップテン」の関係者が日本航空123便事件に深く関わっていることは確実だと思います。

島倉さんの曲を聴いたのは小学生の頃でしたが、子供心に良い曲だな、と思いました。ほぼ同じ時期だと思いますが、高橋真梨子さんの「桃色吐息」を聴きましたが、「桃色吐息」も僕のお気に入りの曲です。(https://youtu.be/sYKbHSqWg-I)
僕は、島倉さんの動画を観ていて気になったことがありました。(歌詞の字幕で気になる歌詞がありました。) 「希望の中に若さがいっぱい」です。
僕は若さから若狭→若狭湾を連想しました。若狭湾といえば福井県の原発群を思い出しました。僕はこう思いました。「希望の中に若さがいっぱい」→「希望の中に若狭(湾)がいっぱい」→「希望の中に原発がいっぱい」 単なるこじつけかもしれません。暗に原発推進あるいは原発の実態を歌詞に込めたのではないか?と思いました。僕は希望という言葉で「きぼう」(人工衛星)を連想しました。人工衛星や探査機は原子力で動きますよね? 「きぼうの中に原発(原子力)がいっぱい」とも読めるような気がしました。(繰り返しますが、単なるこじつけかもしれません。僕にはそうとは思えない部分があるんですけどね。)

皆様が話題にされている中森明菜さんのDESIRE(https://youtu.be/MaMhp6PeOOg)の動画は意味深だと思いました。僕は動画から古墳時代あるいは卑弥呼時代に執り行われたかもしれない祭事を連想しました。

やはりサンミュージックといえば、酒井法子さんをあげないわけにはいかないと思います。ちなみに僕は酒井法子さんの「碧いうさぎ」がお気に入りの曲です。(https://youtu.be/rGIM2P9CTbo)
今聞いても良い曲だと思います。

2018/12/24 (Mon) 00:23 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんのコメント返答で質問に答えていなかった部分がありましたので追記させていただきますことをお許しください。その前に、コメントに訂正があります。「・・・先日放送されました。たけしさんの番組にご出演されてました。www」の部分ですが、「。」が不要です。(投稿する前に確認しましたが・・・(^_^;) ) 正しくは「・・・先日放送されました"たけしさん"の番組にご出演されてました。www」です。失礼致しました。(なお、文章をみてわかりにくいかもしれないと思いましたので、名前部分に""を加筆しました。)
幽体離脱体験後、僕自身に特に大きな変化はありませんが、思えばあの日以降、僕が超常現象に対してさらに興味を示し世界陰謀などに更に興味を示すようになった気がしています。当時僕は「ジュセリーノさんの予言本」に興味があり、読んでいた頃です。その年に霊感の強い沖縄県で10年ほど暮らしていた函館出身の方(以降、"彼"で統一)と知人となりました。(のちに連絡とれなくなってしまいましたが・・・)彼の話も興味深い話が多々あり、いろいろ会話しましたね。ロマノフ王朝の隠し財産の話や北海道の岩盤崩落事故にまつわる話(亡くなった高校生は彼の知人だったそうです。)や彼の数々の心霊体験談や日常の体験談などなどです。ちなみに沖縄県には霊が多いと語っていました。戦時中決戦地だったことも関係している、戦没者の霊が多いということを語っていました。彼は沖縄県で暮らしていた頃その時知り合われた静岡県出身の女性と結婚されましたがしばらく○○県(僕が住んでる自治体の県です) で暮らすよ、とは言われてました。(現在も暮らしているかもしれません。) 僕が度々コメントで話すメール友達もその頃メール友達になりましたから、もしかしたら意味があるかもしれません。国内外の出来事でいえば、2008年5月12日の四川省大地震、2008年6月14日の東北地震(この地震については個人的なエピソードがあります。割愛で)、2011年2月22日のニュージーランド地震、2011年3月11日の東日本大地震など世界的な出来事が多く発生しました。(実は幽体離脱中、僕は未来に瞬間移動したのですが、その時、僕が見た知らない日本の都市は地震か有事が起きた後のようで破壊された建物が多くありました。ちなみに僕が見た知らない日本の都市はかなりの都会でした。僕は記憶を手がかりにその都市がどこなのか探している最中です。少なくとも東日本大地震時の被災地の映像画像では該当する建物や街並みは確認していません。) はっきり覚えているのは、学校(小学校です。)内に聖母マリア像が安置されていたこと、その体験中に出会った小学生らしき少年に「今、何年?」とたずねましたら、「2009年」と答えていたことです。「2009年」がその少年の生まれ年なのか僕が瞬間移動した未来が「2009年」なのか定かではないですが。

2018/12/24 (Mon) 03:52 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

幽体離脱と臨死体験の違いを教えて下さいましてありがとうございました。
そのような現象が起こる頃には自分にも何か転換期のようなものが起きているんですね。
その知人さんとの関わりで何らかの回路が開いたのでしょうか?

私も東日本大震災の数週間前に妙な夢を見ました。
富士山の頂上に複数の自衛隊員と自衛隊の車輌と特大パラボラアンテナが立っていて富士山の火口に爆薬を仕掛けて噴火をさせようとしている夢でした。
夢の中では富士山は噴火して自衛隊員は、自分達だけ富士山の中腹にある地下に向かう大きな穴に隠れて難を逃れるという内容でした。
当時は宇宙への旅立ちブログというものは無く、自衛隊という組織についての詳細は知りもしませんでした。

911の9年前にも妙な夢を見ました。
確か1992年6月だったと思います。
飛行機に乗れない私が何故か、ニューヨークのツインタワーの下に立っていました。
そこには当時飼っていた犬がいました。
暑かったので夢の中でも多分、季節は夏で晴天でした。
2機の戦闘機(機体は白に近いシルバーで垂直尾翼がオレンジ)が、ビルに沿って縦向きで空に向かって飛んでいました。
その戦闘機が突然ミサイルを撃ち始めました。
同時に姿なき声で「ダイサンジセカイタイセン」と聞こえてきました。
犬は落ちてきた瓦礫で死んでしまいました。
リアルに犬は夢を見た二ヶ月後に死にました。
この夢に関しては、当時学校の国語の授業で「最近見たリアルな夢」という題材で作文を書くことになり書いて提出をしたら先生から「臨場感あふれる夢だけど、面白味も無く絶望感しか無いから書き換えて」と言われて書き換えましたw
当時は、飼い犬が死ぬことに対しての予知夢程度に思っていましたが
2001年9月11日にテレビで見たツインタワーが崩落していく様を見て絶句しました。

ひろさんが体験した幽体離脱は夢ですか?
それとも普通にしていて白昼夢のような感じでしたか?
ひろさんのお話を基に考察すると私は一回だけ幽体離脱をしたことがあるかもしれません。

ひろさんが見たという以下の件。
SNSで知り合い、一時的にリア友だった女性も同じようなことを話していました。2014年初頭のことです。
彼女は、2014年~2020年のオリンピックくらいに東京から静岡県くらいまでの広域範囲で大震災が起きて、核爆発が起きる。
その後に土壌が改善された後で日本は天空の城ラピュタのようになると言っていました。
私も途中まで同一の夢を見ていたために驚きました。
私が見たのは地震で首都圏が跡形もなくなっているところまででした。
>>僕が見た知らない日本の都市は地震か有事が起きた後のようで破壊された建物が多くありました。ちなみに僕が見た知らない日本の都市はかなりの都会でした。僕は記憶を手がかりにその都市がどこなのか探している最中です。

ザ・トップテンの1985年8月12日はかなり意味が深い気がします。
チェッカーズがライブ中に日航機を目撃しているというのはひろさんの書き込みを見るまで知りませんでした。
榊原郁恵さんも、堺正章さんも今も尚現役で芸能界にいらっしゃいますが、精神的に保っていられると思いました。
芸能人生を保証されたのか、お金を積まれたのか?謎ですが。

中森明菜さんのDESIREは曲と衣装が斬新ですね。
古墳時代や卑弥呼までは連想したことはありませんでした。
しかし、当時はあのぱっつんとさせた髪の毛を見て母が「埴輪みたい」って言っていましたが、気にも止めませんでした。

酒井法子さんの歌では、なぜかのりピー音頭が大好きで中学時代によく友達と歌っていました(汗)。
個人的には中学時代に酒井法子さんが好きな一時期があり、美容室に行って「のりピーみたいにしてください」ってオーダーもしていました。
しかし、今思うと後ろ暗い事務所だったのですね。




2018/12/24 (Mon) 12:18 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

沖縄は戦没者様の魂が癒えずに滞っておられると聞いた事があります。

飛行機が苦手な私が今のところ最初で最後の飛行機で行った場所は沖縄でした。
学校の行事で仕方なく参加しました。
行く前に所属していた宗教で、沖縄の慰霊の碑などに黙祷をするなと釘を刺されました。
黙祷により取り憑かれると言う説明でした。

クラスには私の他に2名ほど同等の理由で黙祷をしませんでした。
その日の夜から、沖縄を離れる数日ほど研修旅行期間中、私達を除く同行者に戦没者の霊が憑いて無言の精神的に圧力をかけられました。
当然、信仰を鵜呑みにした私達がいけないのですが。
しかし、沖縄を離れて飛行機本州に差し掛かったあたりで急にみんなが私達に話しかけてきました。
落ち着いた頃に学校でみんなに話しを聞いたら、
「旅行1日目にガラス村であなたと話したまでは覚えているけどそれ以降記憶ガラス村無い。」と言われました。

まだまだ戦没者の怒りや悲しみが癒えていないとまざまざと感じた出来事でした。

2018/12/24 (Mon) 14:27 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー幽体離脱した時の状況をお話します。僕は2006年1月26日この日はたまたま仕事休みの日でしたが、風邪で高熱を出して寝込んでしまいました。夜寝ていましたら、目をつぶっていたのですが、何か身体が回転しているような感覚があって目を開けましたら目の前に部屋の窓ガラスがあってそのまますり抜けました。ふと下を見ると眼下に自宅の屋根を見下ろすかたちで自宅が見えました。ただこの時違っていたのは、自宅周りが更地でした。実際は僕の家の周辺には家が建ち並んでいます。ただし当時生えていた庭木の位置や塀の位置は全く同じでした。「これって幽体離脱?」と思いながらウルトラマンの飛行のような姿勢で浮いていて、僕は「幽体離脱すると、念じればどこへでも行けた」という幽体離脱体験した人の話を思い出して、「未来に行きたい!」と念じた瞬間、場面が変わって小学校の校庭のような更地に立っていました。ふと足元を見ましたら、小学校3,4年生くらいの少年が何か地面に書いているような姿勢でしゃがんでいました。
すみません。所用がありましてまた続きを後ほど書き込みさせてください。一旦失礼致します。

2018/12/24 (Mon) 16:44 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ✴︎訂正です。

》落ち着いた頃に学校でみんなに話しを聞いたら、
「旅行1日目にガラス村であなたと話したまでは覚えているけどそれ以降記憶ガラス村無い。」と言われました。

それ以降、記憶が無い
の、間違いでした。
申し訳ありませんでした。

2018/12/24 (Mon) 17:29 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

続き、です。しゃがみこんで地面に何かを描いているような仕草の小学校3、4年生くらいの少年に、僕はたずねました。「今、何年?」(僕は、少年に今何年生というニュアンスでたずねたつもりでしたが)、うつむいていた少年は、うつむいたままこちらも見ず、こう呟きました。「2009年」
(少年については後日談があるのですが後述いたします。) ふと前方を見ると、学校の校舎のような建物があり(建物にはヒビが入っていました。)、建物に入れば何か解るかな、と思い建物に向かいました。建物内に入ると、下駄箱、建物の上階に繋がる階段が見え、階段には校庭のような更地でしゃがんでいた少年と同学年くらいの少年少女(ざっと見、100人はいましたね。)がいて、頭には防空頭巾のようなものを被り、階段のたもとには教員らしき男女数名(もしくは少年少女たちの保護者かもしれません。20代後半から30代くらいの男女数名 当時の僕の年齢とさほど変わらない感じの)が立っていて、男女数名のうちの男性一人が、なにやら号令(なんと言っていたか思い出せません。)を発したと同時に階段にいた少年少女が階下にかけ降りる階段ダッシュのさながら訓練のような光景が展開されました。(少年少女たちが防空頭巾のような被り物を被っていたことは覚えています。ちなみに号令を発した男性は黒っぽい上下のジャージ姿で、生活指導の体育教員を思わせる出で立ちでした。) 僕はとっさに「避難訓練」だと思いました。前述していませんでしたが、僕は瞬間移動して校庭に立った時、あたりを見回しました。多くの建物が破壊されていて(以前、テレビで観た破壊されたサラエボの街を連想しました。建物のならびからみてかなり都会だと思いました。多分関東近郊の街並みくらいの規模は確実にあったであろう痕跡がみてとれました。どの建物もヒビが入っていたり、破壊されていたり僕が見た限りでは無傷の建物はありませんでした。遠くでドラム缶に火を焚いて暖を取っている人たち数名が見えました。季節は春です。(遠くで桜の花が咲いているのが見えましたから。) 何か“有事“が起きて数ヵ月経っているような印象を受けました。僕は当時「ジュセリーノさんの予言本」を読んでいたと前出のコメントでコメントしました。その予言本に「2008年9月13日にアジアのある国で巨大地震が発生して100万人が犠牲になる」という予言を思い出して、「もしかしてこれか?」とその時は思いました。(幸いにして起きませんでしたが。ちなみに僕はジュセリーノさんの能力は本物だと考えています。ジュセリーノさんは日本に来日して予言が当たらなくなったと興味深いコメントをされています。) 校庭のような更地にしゃがんでいた少年は白っぽいトレンチコートに黒髪、青いジーパンにスニーカーを着用していました。話を建物内に入った場面に戻します。僕は、建物内にいた数名の男女と少年少女たちのただならぬ雰囲気に圧倒され建物内を見て回ることにしました。(今思えば無理を承知で話しかければよかったですし、もっと周辺を見回るべきだったと後悔しています。) 建物内の部屋(部屋には何もありませんでしたが、教室のような雰囲気でした。職員室のような部屋もありました。やはり学校だと思います。それなりの規模の建物でした。玄関下駄箱入ってすぐに上階に繋がる階段があり、玄関から少し歩くとちょうど階段真下あたりに職員室のような部屋がありました。僕は階段を上がった記憶はないですが、多分2階以上の部屋も観ています。いずれの部屋ももぬけの殻でした。校舎らしき建物は吹き抜けになっていて中庭があり、小さな池があった記憶があります。玄関から結構奥行きがありました。しばらく建物内を歩き回っていると急に元にもどらないといけない(幽体離脱してますから当然そう思います。瞬間移動した場所では普通に歩いてました。)と思い、「元に戻れ」と念じましたが、戻れず、仕方ないですからさらにしばらく建物内を歩いていると、聖母マリア像が安置してあるロビーのようなところに着きました。僕は聖母マリア像(白い聖母マリア像でした。)をながめながら、「あー、どうしよう。」と思いながらふと目を閉じた瞬間目覚めでした。前日まで高熱だった熱がすっかり下がり全快していました。校庭らしき更地でしゃがんでいた少年について後日談がある、と前述しましたが、2006年6月号の月刊誌ムーの表紙の挿し絵を見て思わず「あっ!」と声をあげました。服装髪の毛の色は違いますが、僕が幽体離脱中に見た校庭らしき更地でしゃがんでいた少年と瓜二つの挿し絵が描かれていました。見た角度もそのままです。
https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=2006%E5%B9%B46%E6%9C%88%E3%80%8C%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%80%8D

酒井法子さんもミステリアスな方だと思います。案外麻薬使用報道は嘘(酒井さんは使用していない。)なのではないか、と僕はふと思いました。「碧いうさぎ」は酒井さんあっての曲だと思います。(酒井さん以上の適任者がいないと思います。) 僕は歌詞の字幕を見てもしかしたら佐藤佳代さん(岡田有希子さん)についての思いを歌った曲ではないか、と思いました。
猫山さんへー途中、中断してしまい申し訳ありませんでした。コメント失礼致します。よいクリスマスを。

2018/12/24 (Mon) 21:48 | URL | 編集 | 返信
 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/12/24 (Mon) 22:22 |  | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

幽体離脱について詳しく書いて下さいましてありがとうございました。

2009年の世界に行かれたという解釈でよろしいのでしょうか?
まず、ジュセリーノさんの予言が当たらなくなった背景には集合意識が絡んでくるとどなたか様がネットに書かれておられました。
そもそも予言と言うものは、避難場所や食料を確保をしたりと備える為の物だったそうです。
いわば天気予報的ですね。
それがいつの頃からか、お金儲けや支配をする為の脅しに使われるようになり、おかしな方向に向かったそうです。
最近は、予言を聞いて脅えたり翻弄をする方がいる傍で、信じない方や潜在意識の法則やタイムラインの越え方を学んだりさとったりした方が増えたために予言が現実化し難くなったらしいです。

2008年に地震が来ると言われていたのは確か東海地方で、名古屋市か岡崎市か?などと言われていた覚えがあります。
ひろさんが見た世界はどこかは特定出来ませんが、SNSで知り合った女性もキーワードに防災頭巾が出ていました。

ひろさんは熱を出した時に幽体離脱をしたのですか。
私は中学一年生の時に一度だけ万里の長城に幽体離脱で行った事があります。
体調は良好でした。
ただし、そこに行きたいと思ったわけではなく漠然とでした。
学校に行く時間が近づいて来た時に、帰らないとって思ったら自分の家の屋根の上に戻っていました。

幽体離脱も奥が深いと思いました。
意図的に時空間を超えられることには興味があります。

2018/12/25 (Tue) 00:41 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー猫山さんのコメントをかいつまんでコメントさせていただきます。お許しください。

芸能人生を保証されたのか、お金を積まれたのか?謎ですね。→僕はあり得ると考えています。確か"徹さん"は石原軍団ではありませんでしたか?違っていましたらすみません。

今思うと後ろ暗い事務所だったのですね。→その通りですとお答えします。そうとしか言いようがないですよね。そもそも芸能界は様々な人々の思惑が渦巻く世界ですよ。僕はそう思います。

まだまだ戦没者の怒りや悲しみが癒えていないとまざまざと感じた出来事でした。→僕も同様なことを思います。前出のコメントの知人を「彼」と表記していましたが以降Tさんで統一します。
Tさんは僕に数々の心霊体験を語ってくれました。ある夜、Tさんが寝ていると白い服を着た(いわいる白装束ですね)女性の霊に首を絞められたそうで、その時見た女性の霊の冷たい視線は今も忘れられない(同時に非常に悲しい目だったそうです。)と語っていました。(Tさんの沖縄県でのエピソードは興味深い話が多々ありました。)

2009年の世界に行かれたという解釈でよろしいのでしょうか?→僕は少年が呟いた「2009年」という意味をずっと考えていました。僕が見た日本のとある都市がパラレルワールドでなければ、「2009年」は件の少年の生まれた西暦ではないかと思います。仮にパラレルワールドに瞬間移動したとすると、「2009年のパラレルワールドの日本のとある都市の光景」を見たのかもしれません。ですから、今のところ答えは見つかっていません。(ですから、今記憶をたよりに僕があの時見た光景に合致する場所を探しています。)

ひろさんは熱を出した時に幽体離脱をしたのですか。→その通りです。寝ていて突然回転するような感覚に見舞われ、気づくと上空から自宅を見たわけですから幽体離脱だと解釈しています。

意図的に時間を越えられることには興味があります。→僕も興味があります。僕は木内さんの体験だと思いますが、「ムー」だったと思いますが、行きたいところを念じたら瞬時に行きたいところに行けたという体験談を読んだことを思い出してやってみたら本当に瞬間知らない更地に立っていました。実は僕は自分の身に起きたことが何か追及したいという思いから超常現象を取り扱う出版社に電話したことがあります。ですが電話の対応から他人事のような事務的なような雰囲気を感じましたので体験談を寄稿することを止めました。前にもコメントしましたが、僕の関心事はただ一つ「この世の真相を解明したい、明らかにしたい」その思いです。

2018/12/26 (Wed) 12:57 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

調べたら渡辺徹さんは元石原軍団でした。
岡田有希子さんの自殺どころか、日航機撃墜事件にも石原軍団とサンミュージックは大いに関わっていますね。

私が沖縄に行った時に、沖縄のホテルでクラスの一人が少年兵の霊が取り憑いたようで、クラスで一番小心者の方を連れてホテルの廊下の突き当たりの自販機と壁の隙間に入り込み、「ここなら安全だ。」と言いながら小心者の方を抱きしめていました。
小心者の方の悲鳴を聞き、助けに行った私達を見て「来るな。殺す気だろ。」と震えていたのが印象的でした。
窓の外には人魂が飛んでいました。
小心者の方と私と一緒に居た方が恐怖で気絶をしてしまいました。
ひろさんの知人さんの方のお話、そして沖縄の戦没者の魂のお気持ちが伝わって参りました。
どれほど怖い思いの中、殺されたのだろう?と。

ひろさんは熱で幽体離脱をされたのですね。
私は20年前に水銀の体温計の目盛りが飛ぶほどの高熱を出した二週間ほどがありました。
普通ならば死に至るらしいですが、なぜか脳障害も無く生きております。
その高熱の際に臨死体験をしました。
だけど、何者かに足を引っ張られて「まだやることがある。」と言われて肉体に戻されました。
熱を帯びると幽体離脱や臨死体験など、魂が身体から離れやすいのか?と思いました。

ムーの出版社さんはじめ、連絡をすると塩対応と言うところは昔からありますね。
今から20年近く前まで、ムーの出版社さんではエルフィ◯という名前の女性向けの占いや心霊現象を扱う雑誌がありました。
その雑誌でも聞きたい事があり出版社に電話をしましたが似たような対応でした。

2018/12/26 (Wed) 14:21 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー猫山さんのコメントをかいつまんでコメントさせていただきます。ご容赦ください。

調べたら渡辺徹さんは元石原軍団でした。岡田有希子さんの自殺どころか日航機撃墜事件にも石原軍団とサンミュージックは大いに関わっていますね。→石原軍団とサンミュージックもそうですが(というより)芸能界全体、マスコミ報道関係者も大いに関わっている、と僕は思います。(確信していますが。)後者は、日本航空123便事件を「事故」と偽って報道している、人々に事故という「大嘘」を広め認知させたという点で日本航空123便事件と少なからず関わりがある、と僕は主張します。ちなみに僕は、岡田有希子さんには替え玉が存在していて1986年4月8日の岡田有希子さんの「自殺報道」は他殺で、亡くなられたのは「岡田有希子さんの替え玉」だと考えています。(佐藤佳代さん本人である可能性も否定していません。ちなみに「イグアナの娘」は暗に日本航空123便事件のヒントとなる描写を劇中に取り入れていると考えています。

どれほど怖い思いの中、殺されたのだろう?と。→本当その通りです。その言葉を日本航空123便事件の犠牲者に重ね合わせてみてください。僕は日本航空123便事件の犠牲者の無念な思いが痛いほど伝わってきます・・・ならびに福田さん、日月土さん、123さんならびにお三方の関係者協力者賛同者の方々に心から敬意を表しています。

熱を帯びると幽体離脱や臨死体験など魂が身体から離れやすいのか?と思いました。→その可能性はあると思います。実は僕は一度平熱時に幽体離脱しかかった(幽体離脱未遂な)出来事があるのですが、割愛で。

超常現象を取り扱う出版社、ならびに視聴者から寄せられた心霊現象やUFO現象、未確認生物の映像を多く保有しているマスコミ報道局関係者の方々に申し上げたいことがあります。→超常現象やUFO現象、心霊現象など世の中で起きている不可思議現象を嘲笑しバカにするのはやめてくれ!それらを笑いのネタにするな!超常現象を肯定的にとらえている人々を蔑ろにするな!もう一度言います。『事実を報道してください!お願いします!』 超常現象を取り扱う出版社にも同じことが言えます。彼らはさらに『超常現象本』を世に出し現金収入を得ているわけで、仮に虚構を世に出していたとしたら、それは立派な詐欺に当たります。僕は気づいてましたがあえて言及しません。これからは『事実を伝えてください!お願いします!』

本日、昼のドラマだと思いますが、テレビが点いてましたので観ていましたら、そのドラマで令状なしで強制捜査に入る私服警察官の場面が流れました。(すみません。その場面しか観ていません。)僕はこの場面をテレビで観て、「令状なしの家宅捜索」という強制捜査が一般家庭一般市民に及ぶ時代はそう遠くない、いやもうすでに起きているかもしれない、と思いました・・・。数年前の知人の「日本は世界が驚くような法案を次々と可決していますよ。真面目にヤバイですよ。」という言葉を痛感しています・・・

2018/12/26 (Wed) 17:41 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

1985年8月12日のトップテンの白々しさが物語っていたのかもしれません。
その日の私は夕方にテレビで銀河鉄道999だけしか見ませんでした。
当時、あのトップテンを見ていたら不自然さに気付いたのか?と思いました。
確かWikiか何かに、あの日のトップテンで10位だったLOOKのボーカルさんも未だに細々と活動をしているところを見ると、案外あの隠蔽工作に加担をしたら何らかの形で将来を保障される?と感じました。
大体からして撃墜事件の丁度一ヶ月前にいきなりランクアップとか怪し過ぎます。

昔から、超常現象を面白半分に放送する番組はありましたね。
1980年代中期頃だったと思いますが、お盆や年末や春休みの昼時に数日間ほど放送されていた、怪奇現象あなたの知らない世界とい番組がありました。
故宜保愛子さんや新倉イワオさんがコメンテーターで真面目な番組だったと思いますが、スタジオでは
番組終了後の怪奇現象が絶えなかったと言われていた。
真面目な番組でもそうなのですから、怪奇現象や超常現象を扱う際には覚悟を持って報道して欲しいですね。
読者や視聴者の質問を蔑ろにするのはもっての他のように思います。

1990年代に故大橋巨泉が司会のギミアぶれいくという番組で徳川埋蔵金を掘り当てると言う企画で暫くの期間、大きな穴を掘っていました。
あの企画も本当は埋蔵金なんてなかったんじゃないかと思うようになりました。勿論、福田さんのブログを拝読をさせて頂いてからです。
今も陰ながら世に蔓延る徳川家。
「明治維新で権力が無くなりました」メディアでもって盲目な私どものさらなる目潰しをするつもりだったのか?と思いました。
私は、賢く無いのであの番組を鵜呑みにして、「徳川家は跡形もないんだなあ。」と感慨深く本気で信じていました。

2018/12/26 (Wed) 19:07 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー猫山さんのコメントをかいつまんで私見ならびにコメントさせていただきますことをお許しください。
1985年8月12日のトップテンの白々しさを物語っていたのかもしれません。→お言葉返すようで申し訳ないですが、僕はあの番組は関係者にはわかるよう放映された明確な犯行声明と見ています。[一般市民に対してはどうせテメーらにはわからねぇーだろ(笑)的なメッセージも含めた"非常に悪質な犯行声明番組"だと僕は考えています。正直現代社会に至るまでこんなことの繰り返しです。]ほとほと悲しくなります・・・やはり日本航空123便事件で亡くなられた方々の無念さは計り知れないです・・・

大体からして撃墜事件の丁度、一ヶ月前にいきなりランクアップとか怪しすぎます。→その通りですね。「疑惑の総合庁舎」とおっしゃった誰か様のお言葉通り怪しさ倍増です。芸能界は怪しい世界です。僕はそう考えています。

故宜保愛子さんや新倉イワオさんがコメンテーターで真面目な番組だったと思いますが、・・・→僕はこの番組を観てましたよ。僕が超常現象に関心を抱く上ではずせないきっかけとなった番組です。夏休みとかやってましたね。ホンコワが到底及ばない領域ですよ。イワコデジマを逆から読んでみてください。"マジデコワイ"→マジでこわい ふざけんな!!ですよ。
そうです。「あなたの知らない世界」は製作時にリアルに怪奇現象が起きていたという伝聞がありますね。お祓いにも行かれていたと聞いています。ふと大地喜和子さんとことを思い出しました。

1990年代に故大橋巨泉が司会のギミアぶれいくという番組で徳川埋蔵金を堀り当てるという企画で暫くの期間、大きな穴を掘っていました。・・・→懐かしいですね!観てましたよ。水野家が管理するとかしないとか言われてましたね。糸井重里さんが出演されてましたね。僕は徳川埋蔵金は実在すると考えています。(数年前にやりとりしていたメール友達のある方も言及されていました。)
徳川埋蔵金の舞台は群馬県でしたね。日本航空123便事件の舞台は群馬県上野村です。僕は少なからず関係あると考えます。武田家の埋蔵金伝説ももしかして・・・と思わざるをえません。
地下原発とも関連あるかもしれません。よもやの徳川埋蔵金、毎度思うことですが猫山さんは鋭いご指摘されますね。尊敬します。

2018/12/27 (Thu) 11:15 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

あのトップテンが犯行声明文と仰られると腑に落ちます。
多分、小学5年生の自分が見ていたら
「飛行機が?それは大変だ!」くらいにしか思わなかったと目に浮かびます。

しかもLOOKのボーカルさんは掛川市の方のようです。
日航機撃墜事件の10年後に勤務した地元の会社の有線放送では
かなりの頻度で「シャイニオン君が哀しい」が流れていましたが、誰も指摘する方はいませんでした。
伊東◯朗さんが掛川市出身のことは結構話題に上がっていたのに。

あなたの知らない世界は私も随分影響を受けました。
ホンコワは知りません。
最近の番組でしょうか?
そうやって心霊や超常現象を茶化してほしくないと思います。
私の中では、1986年夏にジプシークイーンを歌う中森明菜さんの後ろに岡田有希子さんの霊が!!!っていうのも子供ながらに「カーテンの影みたいなのになんでこんなに霊だ、霊だと騒ぐんだ?」と思ったものです。

徳川埋蔵金の発掘調査場所は群馬県だったのですね。
確か、当初は発掘場所を伏せて発掘をしていた気がします。
その後に情報を開示したのですね。聞き逃していたかもしれません。
今、wikiで気になる記事を見かけました。
>>都市伝説の一つに童謡「かごめかごめ」の歌詞中に埋蔵金の在り処を示すとしているものがある。詳細は「かごめかごめ」の項目を参照。

徳川埋蔵金は地下原発で稼いだお金だったのか?と憶測をしてしまいました。
随分と昔に聞いた話だと、浜松城は家康にとってはプレハブ的存在だったと言ってる方がおりました。
それをメンテナンスしながら観光資源として今も残している辺りを見ると地下原発があるんじゃないかと思います。
昨年、大河ドラマで井伊直虎が放送をされていた頃に、九州から来た知人が浜松城を見て無言で「w」っていう顔をしたのがわかりました。
そして熊本城と比較をしていました。
直虎の影響で浜松市の映像が出たときには凄く大きく感じたとも言っていました。
ですので、プレハブと比喩されてもおかしくないのかなと思いました。

あと温泉と地下原発の関係ですが、浜松市に舘山寺温泉という小さな温泉街があります。
そこにも堀江城という小さなお城が有ったそうです。
>>堀江城/堀江陣屋(ほりえじょう/ほりえじんや)は、静岡県浜松市西区舘山寺町堀江(遠江国敷知郡)にあった日本の城。江戸時代は高家大沢氏の陣屋となった。

その温泉街に堀江の庄というホテルがあったのでそこが堀江城の跡地だと思っていたのですが、本当にお城が有った場所は◯重という名前のホテルに土地ごと吸収されたという件をネットで読みました。
昨年、温泉街を散策した際にそこの源泉が◯重の敷地内であるような表記を見かけました。
気になって調べてみたところ

天然療養温泉「◯重の湯」
源泉名 堀江城址 水神の湯
当館の西側の敷地内にある「水神の松」の地に湧出した湯量豊富な温泉です。
湯温 26.8℃、液性:pH7.13(中性)
湯量 72t/日
泉質 ナトリウムカルシウム塩化物温泉(食塩泉)、等張性・中性・低温泉
※お子様も安心してご利用頂けます。

【療養温泉とは】
有効成分の基準をクリアして指定された「温泉」を、さらに厳しいふるいにかけ認定される呼称で、医療効果が期待できます。保湿・保温バツグン!皮膚についた塩分が、汗の蒸発を妨げるため、体の中から強く温まります。
※皮膚疾患のあるお客様につきましては、多少刺激がある場合がございますので、予めご了承下さいませ。
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復 等
泉別適応症 きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病
※温泉は天然温泉ですが、「昇温循環、一部ろ過加水」をしております。

>>源泉名 堀江城址

やはりお城の下には地下原発があるかもしれないというのは本当かもと確信を持ちました。
そのホテルの主は、浜松市界隈で有名な鉄道会社です。
業態を分けていますが、不動産、遊園地、ホテル、バス、飲食店、スーパー、デパート、私鉄、一律100円バス、タクシーなどなど手広にやっている会社です。

最後に大橋巨泉さんの名前に「さん」を付けるのを忘れておりました。
失礼いたしました。

2018/12/27 (Thu) 13:03 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー猫山さんのコメントを引用しますことをお許しください。

ホンコワは知りません。最近の番組でしょうか?→はい、現在進行形の番組ですよ。吾郎さんご出演の番組で、「はい、吾郎さん!」の台詞が印象的(個人雑感)な心霊(?)番組です。「ほんとにあった怖い話」と言われたら解られるかもです。略して"ホンコワ"です。タレント、児童の御遊戯番組だと僕は見てますが。

確か当初は発掘場所を伏せて発掘をしていた気がします。→そうでしたか。いつからご覧になられているかはかりかねますが、僕は比較的初期から観ていて群馬県赤城山近辺だと当時認識していました。参考までに→http://gakkenmu.jp/archive/6647/を御覧ください。

堀江城という言葉で僕はあることをふと思いました。"堀江"と聞いて何か連想しませんか?僕は「堀江貴史(ほりえたかふみ)」さんを連想しました。ライブドアの創業者で実業家タレントのホリエモンさんです。今、ふと思ったのですが、「ライブドア」って名前何か意味深に僕にはおもいます。ライブ=生中継、ドア=扉 ライブドア=生中継扉→どこでもドア→ジャンプルーム 単なるこじつけかもしれません。

2018/12/27 (Thu) 14:41 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー追記コメントです。お堀の水は地下原発に必要な水を貯める場所かもしれません。同時にあることを思い出しました。地球内部には地表の二倍の水が存在するそうです。(数年前記事で読みました。) 地下原発は地球内部の豊富な水も利用しているのではないか?と僕は考えました。数百年前に地下原発を建造する技術があるなら、地球内部、地下の豊富な水源を汲み上げる技術も確立されていても不思議ではないと思います。「井戸」などがありますよね。お岩さんの伝承はもしかしたら被爆ではないか?(そんなことはないでしょうけど。)と思わせます。
確か徳川幕府は灌漑事業に積極的でしたよね。お堀はその名残だと思います。
堀江という言葉でふと思いました。お"堀""江"戸城あるいはお"堀"入り"江"、入り江は入り江です。 入り江→https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A5%E3%82%8A%E6%B1%9F 入り江とは海岸や湖の一部が陸側にえぐるように入り込んでできた地形のことである。とあります。
『入り江の奥にある漁村佐賀県玄海町です。』
玄海町は言わずと知れた玄海原子力発電所の立地自治体です。

2018/12/27 (Thu) 15:10 | URL | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: タイトルなし

>お堀の水は地下原発に必要な水を貯める場所かもしれません。

1538.参勤交代=地下原発のエネルギー運搬
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-1897.html

の(1)に次の通り書きました。

実は参勤交代は地下原発のエネルギーを運ぶ為に実施されたという。そして城の地下には地下原発があったという。冷却水はお堀の水を利用するのです。

2018/12/27 (Thu) 16:56 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

福田さん、ご指摘ありがとうございます。僕は以前コメントしたと思いますが、記事を読む際、一度ざっと目を通して、後日読むという方法で読む癖があります。(これは僕の悪癖かもしれませんが、とコメントに書きました。多分書いています。書いた記憶がありますから。) 福田さんのご指摘を受けて今一度記事を読ませていただきました。失礼致しました。m(__)m コメントと関係ない話で申し訳ないですが、スマトラ沖地震から14年が経ちましたね・・・先日、ラジオで言われていました。夜外出中にカーラジオ(この時も不可解なことが起きましたが割愛します。車で出発時に起きたほんの奇妙な出来事です。)を聞いていましたら、角川博さんと瀬川瑛子さんがラジオ出演されていまして、角川博さんが今年一番聞いた曲がSEKAI NO OWARIの「RPG」という曲だそうで、曲について語られていましたが、僕は角川博さんはさすが一世を風靡した歌い手だなと思いました。「RPG」は以前聞いたことがある曲でした。ただ元々SEKAI NO OWARIには興味がなかった(ファンの方々申し訳ありません。)ですから、曲名までは知りませんでした。先日のラジオの角川博さんのコメントで初めて曲名を知りましたが、ラジオで「RPG」が流れましたが、いい曲だと思いました。以前、猫山さんがコメントで話されていたAKB48の「UZA(ウザ)」ですが、僕は猫山さんのコメントを通じて初めて知りました。紹介されていたURLを開いて初めて聴きましたが、確かにシンボリックな曲に間違いないですが僕はこの曲は個人的によい曲だと思いました。AKB48の曲でお気に入りの曲は「風は吹いている」と「ポニーテールとシュシュ」ですが(僕はAKB48のファンではありません。)新たに「UZA」がお気に入りの曲となりました。DA PUMPの「U.S.A」より断然良いです。(DA PUMPのファンの方々、ご気分悪くされましたら申し訳ありません。僕はDA PUMPの曲では「if...」がお気に入りの曲です。) コメントを通じて「UZA」を教えてくださいました猫山さんに感謝申し上げます。(福田さんの過去の記事を読んでいましたら、福田さんは「UZA」を取り上げられていましたね。つい最近記事を読ませていただきました。) 皆様にはただただ感謝です。

2018/12/27 (Thu) 18:02 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

歴史の教科書に書いてあるお堀の役割とはかけ離れていますね。
小学生の時にふっと思い、
「お堀は舟とか泳いで渡ることも出来る気がするんだけど?
忍者なんかそんなこと朝飯前だよ。」
と、母に話したら「屁理屈にも程がある。教科書さえ丸暗記しとけばレベルが高い学校に行ける。」と言われしまいました。
お堀の水が地下原発に必要なものと言われたらその方が腑に落ちたように感じています。
そういえば静岡スタ◯アムの建築予定地の周りに大きな池が三個ありました。

お岩さんの井戸のお話って類似の話が全国にいくつかありましたね。
確か、番長皿屋敷のお菊さんも井戸に投げ込まれました。
以下は、私がリアルさんに提供させて頂いた情報ですが
https://reptilianisrealcopipe.blogspot.com/2018/06/blog-post_64.html?m=1
井戸は地下の基地に繋がっているとリアルさんが教えて下さいました。

堀江城と書きながらホリエモンさんが浮かびました。(苦笑)。
ライブドアでどこでもドアまでは考えが及びませんでした。

ほん怖は最近の番組でしたか。
私の中では国文太一さんのUSO!?ジャパンでとまっていました。f^_^;。

2018/12/27 (Thu) 19:43 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー僕は、「ライブドア」という名前をずっと前から不思議に思っていました。猫山さんの堀江城の話からふと思いついた部分が多々あります。ですから、妄言ととらえられても構いませんが不思議と符号することが多々あるんですよね。堀江さんが福岡県八女市の出身であることも引っ掛かっています。ライブドア時代、沖縄県で幹部の野口さん変死事件が報道されましたね。堀江さんは「ホリエモン」という愛称で言われています。多分ドラえもんから命名された愛称だと思いますが、僕は堀江さんがドラえもんに似ているなんて考えたことがありません。僕は別の意味でホリエモンと言われているような気がしています。ここからは僕の妄言ととらえてもらって結構です。僕の思い付きを述べさせていただきますことをお許しください。堀江さんは東京大学出身であることは有名な話です。在学中に起業経営的なことをされたことは知られたエピソードです。もしかして堀江さんは「ドラえもんのどこでもドアのような装置の開発を本気で考えていたのではないか?」あるいは実際に「ジャンプルーム」のような施設装置を目撃していたのではないか?とふと思いました。堀江さんは斬新的な考えを持っていらっしゃっていて既存の東大生のイメージとかけ離れた方だと僕は勝手に解釈していますが(社会で起きている広く様々なことに興味を示されるという点でです。)、「ライブドア」という会社名は堀江さんの思いが込められてつけられた名前「どこでもドア、瞬間移動装置、ジャンプルームの実現」という壮大な夢・目標を念頭に命名された名前ではないか?、と僕は考えました。堀江さんはコストカットなど企業経営に関するそういう類いの本も出されてましたよね?僕の勘違いでしたらすみません。堀江さんは莫大な利益を元に本気でどこでもドアのような装置の開発、実用化を本気で考えていたのではないか?と僕はふと思いました。確実に言えることは堀江さんは裏人脈との繋がり人々の想定にも及ばない領域の一端を見てきているということです。もしかしたら堀江さんはこのブログならびに日月土さん、明日香さんのブログなどを読んでいるかもしれない、ネット社会ですから、可能性はゼロではないと思います。
USOジャパンをよくみてください。USO→ウソ→嘘と読めます。同時期放映された「これマジ?」という番組と同時間に放送された裏番組であることは知られたエピソードです。同時に確実に「これマジ?」の潰しにかかった番組であることは確実です。事実番組は「これマジ?」と放送終了と同時期に終了しています。(僕は並行して観てましたよ。) USOジャパンの出演者に滝沢秀朗さんがいらっしゃったらことは興味深い事実ですが。案外嘘ジャパン、嘘日本と警告された可能性もゼロではないと考えています。すみません。今出先です。取り急ぎ失礼致します。

2018/12/27 (Thu) 23:06 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

6年くらい前にSNSで一時期やり取りがあった元同級生が長い浪人生活を送って居た時期があったそうです。
その時に予備校でのちに2chのひろゆき(=うまい棒のキャラみたいな人)と呼ばれる方と同じクラスになったそうです。
その同級生が言うには、彼は当時からうまい棒のキャラみたいな印象深いお顔立ちだったそうです。
一方、ホリエモンと言うあだ名の由来は若い時の彼の体型からそう呼ばれるようになったとのことです。
うまい棒のキャラとドラえもんの雰囲気が似ていることから、対談や共演の機会が多いお二人をかけて堀江さんをドラえもんと呼んでいる説があると教えてくれました。

堀江さんとジャンピングルームなどの開発はわかりませんが、もしかしたら地下原発と関係があるのかもしれないと思う節は以前からありました。
詳しい事は個人情報に触れる事がありますので、こちらには書く事が出来ません申し訳ございません。
地下の組織に関わりそちらの方でワープやジャンピングルームなどの研究に携わっているのかもしれないと思いました。
勿論、ひろさんのコメントを拝読をさせて頂きましたところでそのような考えに至った次第です。

2018/12/28 (Fri) 00:29 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー皆様に公開できない情報は「管理者のみ閲覧可能」投稿で公開してみてはいかがでしょうか? 今出先で暇になりましたのでつかの間の投稿をさせていただきました。夜分遅くに申し訳ございません。失礼致します。

2018/12/28 (Fri) 02:25 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

失礼致しました。何故か「管理者のみ閲覧可能投稿で公開してみては・・・」なんて書いてました。(僕は書いた覚えないですが・・・・・読み返して気付きました。) 『個人情報など広く公開できないことは「管理者のみ閲覧可能可能投稿」で投稿してみてはいかがでしょうか?」取り急ぎ失礼致しました。

2018/12/28 (Fri) 02:33 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

折角、アドバイスを頂いたのですが
この件に関しましては
私の幼馴染みのプライバシーが多分に含まれますので全体に公開される事なくひろさんにだけ伝わるように出来るのならばお伝えしたい次第であります。
申し訳ございません。

2018/12/28 (Fri) 07:58 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへーお気持ちは嬉しいですが、コメント人のみの秘密投稿が不可能ですから仕方ないですね・・・。管理人(福田さん)のみ秘密投稿をすすめたのはそのためでした。僕が猫山さんにお会いしてみたいと以前投稿したのはそういう意味からの投稿でした。直接お会いできる日が来るかどうか確定的なことは言えませんが、いつか会えるとしたら会っていろいろお話しましょう。

2018/12/28 (Fri) 08:08 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへーちなみに僕は以前コメントしたように「宗教は要らない」と考えている人間です。変な勧誘とか絶対にないし、僕は自分自身が個人主義者一匹狼的な人間ですから、相手の個人的主張を聞く分には分け隔てなく聞くよう心がけています。その点はご安心ください。(思想の違い、考え方の違いは人それぞれあるでしょうし、僕にも独自の考え方があります。ただ猫山さんと会話するときっと楽しいだろうなぁという確信はあります。(^-^) )

2018/12/28 (Fri) 08:18 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

私は普通に生活をしたいと思いつつ、何故か子供の頃から何故か色々と遭遇をしてしまいましてf^_^;。

宗教につきましては幼少期に毎日、お仏壇に手を合わせる事を教えられました。
近所にある小さな山寺の高齢の住職さんや、その奥様の優しさに随分と癒されて参りました。
そして非常に自分中心な性分の私も、たまには誰かに親切をして差上げようと思う事が増えました。
子どもながらに宗教と言うものは、そのようなものかな?と思っていました。

しかし、中学生になってから母に連れられて入信した新興宗教は違いました。
親切に見せかけた営業に過ぎませんでした。
最近は一部のスピリチュアルでもそのような思想が見受けられます。
あるSNSで個人的にあるニュースについての理不尽さと疑問点を呟きを投稿したところ、
「そのように思う事事態、天国言葉ではありません。世の中で起きている事に目を向ける事自体が、自分を生きる事から遠ざかっています。そんなことはおやめなさい。」
などと言うコメントを頂きました。
天国言葉とは斎藤一人さんが唱えたものらしいですが、そのように良いものでも盲信してしまうと新興宗教と大差無いと思いました。

ひろさんと実際にお会い出来るか?は現状はわかりませんが今後とも宜しくお願い申し上げます。

2018/12/28 (Fri) 08:54 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへーどうやら僕は運営者から書き込み制限を受けたようです。猫山さんにお聞きしたいことがありましたが仕方ないです。(ちょっと気になったことがありまして、その意味で質問付きでコメント入力しましたが、"書き込み制限されています"という表示が出て猫山さんへの質問が書き込めませんでした。

2018/12/28 (Fri) 09:56 | URL | 編集 | 返信
ひろ #Gema80Qc

猫山さんへー猫山さんは見た目より若く見られる、女性としては背がやや高め、髪の毛を部分的に染めていらっしゃるのではないか?と思いました。そう思うのには理由がありまして、先日ちょっとした出来事がありました。
ちなみに僕は、若い頃、歌手の藤重政孝さんに雰囲気似てるねと言われたことがあります。ちなみに藤重さんの曲「愛してるなんて言葉より」は僕のお気に入りの曲の一つです。当時、僕は藤重さんの存在を知っていたため「いやいやそれはないだろう(笑)」と思いましたが(当時も今も変わらず「俺は俺」、「芸能人は芸能人」という思考に変わりはなく、悪い気はしませんが、全力否定します。僕は芸能人の誰々似という言葉は意味を成さないと考えています。)、当時の服装は黒を基調とした服装でした。今も服装の傾向は当時とさほど変わりないです。

2018/12/28 (Fri) 10:39 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー書き込み制限の理由がわかりました。藤重さんの「愛してるなんて言葉より」のYouTube動画のURLを載せると「書き込みが制限されています。」と表示されました。他のURLも試してみましたが、やはり「書き込みが制限されています」と表示されました。(笑)

2018/12/28 (Fri) 10:52 | URL | 編集 | 返信
 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/12/28 (Fri) 11:09 |  | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

私は、背は背は高くないんですよf^_^;
髪はヘナ染めなので白髪がオレンジに染まってます。確かに部分的に染まってますね。(苦笑)
私は若い頃によく言われたのは、藤◯美貴さんのデビュー当時に似てると言うのが多かったです。

しかし、芸能人の◯さんに似てると言うのは話の種としては嫌じゃありませんが、その芸能人さんのイメージまで被せられてしまうのは微妙でした(笑)。

2018/12/28 (Fri) 15:05 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー猫山さんのご返信コメントを見て、僕は猫山さんのお顔を垣間見たかもしれないとふと思いました。実は先日(12月27日)、昼間と夕方にそれぞれ30,40分程仮眠を撮りましたが、その時見た夢のいずれに知らないお会いしたことない女性が現れました。昼間見た夢に現れた女性は見た感じ30代半ばの女性でした。昔コギャルが流行った時の影響を受けられたような倖田來未さん、押切もえさんのギャル時代を思わせるような髪型でサーフィンされていても不思議ではないサーファー系の女性でした。その女性は座っていて、背後から僕が話しかけましたら振り返られたんですが、やはりかつてコギャル系の女性だったんだろうなぁと思わせました。夢の中でその女性の部屋に招かれ部屋に入った時の様子の情景でしたが、振り返られた時にこやかな笑顔を見せられていました。(顔ははっきり見ましたので覚えています。) 立ち上がると160後半(167,8㎝)は多分あるだろうという感じです。(今は背が高い女性が増えたかも知れませんが、僕が今までお会いした女性で僕より背が高いという女性は数えるほどの記憶です。明確に僕より背が高いと認識した女性は記憶する限りでは一人です。) 夕方に見た夢に現れた女性は背は小柄で(154㎝あるかないかです。)、その方も顔を見ましたが、色白でどことなくさびしい表情をされていたのが印象的でした。多分見た感じの印象ですが30代後半の女性です。繋ぎっぽい濃い青色のズボンを着用されていて上着は灰色っぽいパーカー(?)を着用されていました。その方とも親しく話している場面でしたが、肝心の会話の内容の記憶がありません。ふとこの2つの夢に現れた女性のうち一人は猫山さんではないか?とふと思いましたので聞いてみました。後者の色白で小柄な女性は髪の毛染めていました。顔の印象としては芸能人に該当する人はいませんね。ただどこかテレビで拝見されたことあるような顔立ちです。(上原あずみさんに少し似た印象かな、と思います。ちなみに僕は上原あずみさんの「無色」という曲がお気に入りです。)昼間の 夢に現れた女性は、顔立ちはコギャル時代の押切もえさん、が印象として思い出した顔です。読者モデルに出てきそうな感じの女性です。
取り急ぎ一旦ここで投稿致します。(残念ながら、僕は前出のコメントで書いた通り投稿規制されてしまいましたので、URL付の記事や写真を元に説明ができなくなってしまいました。ですから、YouTubeの動画も載せることができません。仕方ないです。最も僕はこんなことには慣れてますから特段影響はありませんが。)

2018/12/28 (Fri) 16:31 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

仮眠を撮りましたが→仮眠をとりましたが、です。やはり、FC2ブログは変です。失礼致しました。

2018/12/28 (Fri) 16:36 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

私も以前、規制にかかりコメント出来なくなりました。
書いた記事は、昨日辺りにひろさんが123さんと福田さんに当てたコメントを書いておられた記事のコメント欄に私がの残したコメントがそれです。
何度かトライしてやっと送信出来た次第であります。

実はいつかひろさん宛てにこのような事をお伝えする日がくるのではないかな?と予感していました。
長くなりますがどうぞお付き合い下さいませ。

まず私の容姿ですが、年代的にギャルである頃は黒髪にボブカットでした。(後に、ロングヘアにしました。その頃に似ていると言われていたのは悪魔のキスに出ていた常盤◯子さんでした。)
パッと見は堅物で真面目そうと言われていました。
その頃は、家族や宗教のガチガチに監視された状況におりました。
ですので、なるべく地味に慎ましくがモットーでした。

しかし、そんな私は20歳で精神疾患にかかりました。
福田さんのブログのコメント欄でも時折触れさせて頂いておりますが、精神疾患の薬を止める際にカラオケと運動を始めました。
最初はウォーキングをしておりましたが、元々好きだったサイクリングと水泳を始めました。
サイクリングは仕事の通勤を兼ね週五日最低20キロは走ってました。
水泳がきっかけで夏は海でボディボーやプールの監視員のアルバイトもしていました。
おかげですっかり真っ黒になってしまいました。
真っ黒になると地味な服が似合わなくなり、ギャル服とかロコガール系のファッションが馴染むようになりました。
髪も直射日光の当たりすぎでオレンジに染めていたものがやや金髪になっておりました。
お陰で?当時は中学生〜高校生くらいに間違われる始末でした。
確かに、ひろさんが書いておられたようにギャル時代の押切もえさん風なところはありました。
しかし、元々敏感肌の為に肌と頭皮、髪を傷めた為に数年でやめました。
ちなみに身長は160センチありません。

私にも数年前にひろさんと同様に夢の中で出会った女性に実際に出会うことになった事があります。
※私はこの件をひろさんにお伝えする時が来るように感じておりました。

1990年代終わりくらいから2000年代の間に繰り返し見る夢がありました。
毎回、西◯デパートの屋上が舞台でした。
毎回、そこで私は白いスーツを着た女性の飛び降り自殺現場に遭遇します。
止めようとするのですが、彼女は飛び降りてしまうのです。
その西◯デパートは段々と池袋駅付近の西◯デパートだとわかってきました。
そのうちにその夢を見なくなってきました。
その頃に私は、あるSNSである女性と意気投合をするようになりました。
彼女は都内に住んでいました。
数年間、サイト内でメールをして実際にお会いする事になりました。
彼女とハチ公前で待ち合わせて喫茶店で話しているうちに、彼女が「あたし、若い頃に自殺したくてよく池袋のある場所に行っていたんだよね。でも、いつも誰かが止めるの。」と。
私は「西◯デパートの屋上?白いスーツにストレートの黒髪にシルバーのバレッタを付けていたね。」と返しました。
彼女は、「もしかしたら止めてくれた方?」と言いました。
私は、「生きて会えて良かったあ(*⁰▿⁰*)」と安堵をしました。

その彼女とは数年後に会えなくなってしまいました。
しかし、またSNSで別の女性と個人的にやり取りを始めました。
数年後にその女性と都内で待ち合わせて食事に行きました。
彼女は私に、「ね?貴女よく池袋の西◯デパートの屋上にいたでしょ。夢の中で。」と切り出して来ました。
私は唖然としました。
彼女は、「今日、貴女に会ってやっぱりって思ったの。会えて良かった。」と笑っていました。
その彼女もそのうちに音信不通になってしまいました。

ネットという場所は実に不思議な場所で、私は過去に白いスーツの彼女とは別に二件ほど似たような事がありました。
また、福田さんのブログに出会う少し前に電車の夢を沢山見るようになりました。
地元を走るみかんカラーの東海道線他、乗った事の無い地方のローカル線などなど。
後に、福田さんのブログに出会い拝読をさせて頂いていくうちに福田さんに電車の旅のご趣味がお有りだと知り大変驚いた事があります。

恐らく集合意識の領域でこのような事が起きるのかな?と思っております。
自分の事ばかり書いてしまいまして申し訳ございませんでした。

2018/12/28 (Fri) 20:06 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー僕は以前鶴ヶ島市に5年ほど暮らしたことがある、とコメントしました。鶴ヶ島市で暮らしていた頃僕はよく東武東上線を利用していました。(365日ほぼ毎日と言ってよいほど利用していました。たまには川越市駅で下車して西武新宿線も利用しましたけどね。メインは東武東上線です。ちなみに当時、川越市駅と川越駅がありました。今もあるか定かではないですが、若葉駅や霞ヶ関駅にもよく行きましたよ。若葉駅は知人が鶴ヶ島市の果てに住んでいたことと坂戸市に知人がいましたのでよく利用していました。越生線という路線もありました。ニ、三度乗車しました。ですがやはり、メインは東武東上線です。一応当時の東武東上線の各駅には一通り全駅下車して(寄居駅も含)駅周辺の街を散策しました。高坂駅から東京電機大学にもよく行きました。知人がいましたから。僕は個人的に東京電機大学から眼下にのぞむ夜景がおすすめです。本当に綺麗でした。僕は夜景眺めるのが好きです。) 猫山さんのコメントを読み、少しビックリしている自分がいます。僕は池袋にもよく行きました。なぜなら東武東上線の始発は池袋でした。池袋には仕事の通勤にも使っていました(まあ、アルバイトでしたけどね。駅から程近い書店で働いたことがあります。今は存在しない書店です。支店は存在します。) 池袋駅にはある時期毎日と言ってよいほど行ってましたよ。今思えば池袋はシンボリックな街ですよ。イケフクロウなんてオブジェもありますし、石井衣良さんの小説「池袋ウエストゲートパーク」(略して通称IWGPです)の舞台にもなりましたね。思えばあの小説も社会の闇を描いたら作品です。後年長瀬智也さん佐藤隆太さん妻夫木聡さん坂口憲二さん山下智久さん窪塚洋介さん加藤愛さんなど豪華キャスト陣でドラマ化されました。僕はこのドラマは社会の闇を知る上で是非観ていただきたいおすすめのドラマです。渡辺謙さんも出演されてましたね。話を戻します。当時の知人に女優志望で日本大学芸術学部に在籍されていた女性がいました。(舞台活動もされていたそうです。女優志望とあって目がパッチリしたかわいいお顔立ちの女性でした。ちなみに以降S穂さんと表記します。S穂さんは静岡県出身で両親に女優業反対されていたそうです。いろいろ話を聞きました。一度S穂さんを交えた女性数名と食事に行ったことがありますが楽しい思い出です。)前出のN君もその時知り合った知人です。もう一人静岡県富士宮市出身の女の子の知人がいました。その子もかわいい子でした。今懐かしい話です。よもや猫山さんが池袋についてコメントされるとは思いもしませんでした。いや本当にビックリです。僕が鶴ヶ島市で暮らしてた頃池袋サンシャイン60の屋上から投身自殺をはかった21歳の女性の事件がありました。僕は当時サンシャイン60の警備員の知人がいましたが(M君です。同年代です。)その方からもいろいろなエピソードを聞いています。お話できるかどうかわかりませんが、機会があればコメントついでに引用するかもしれません。ちなみに池袋東急ハンズで起きた連続殺傷事件の現場はよく僕が散策していた場所でした。事件発生当時(1999年9月)は鶴ヶ島市からいなくなって(鶴ヶ島市での暮らしを終えて関東からいなくなって)数ヶ月後でした。犯人の造田被告は報道によれば1999年4月に岡山から上京してきて池袋のゲームセンターによく立ち寄っていたと報道されていました。ちなみに僕も池袋のゲームセンターにはよく立ち寄ってました。上記の報道を聞いてうすら寒さを覚えたことを覚えています。話が長くなりました。分けて投稿したいと思います。猫山さんとは何か不思議な縁を感じてしまいます。(本当に数ヶ月前まで猫山さんの存在、福田さんのブログの存在を知りませんでした。偶然とは思えない自分がいます。僕が投稿始めたのもほんの2ヶ月位ですよ。不思議としか言いようがないです。) 僕は池袋には地下原発ジャンプルームが存在すると確信しています。池袋駅に程近い場所にゴミ焼却場がありましたよね。もしかしたら・・・「ゴミ焼却場」は表向きで・・・ということはないですか??

2018/12/28 (Fri) 21:59 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

僕は「反日」という言葉でふと思いました。『間違った、本質的に間違った政策を行う政府官僚ならびにこれらの政策を支持する人々は反日では無いのですか?』ご教示いただけるとありがたいです。

猫山さんへー猫山さんのコメントの情報で非常に符号することを発見しました。猫山さんが記事で取り上げられていた温泉の説明書きで発見しました。猫山さんへのご返答を含め後程コメントさせてください。年末年始、皆様が穏やかに過ごせますことを心から願っています。(個人的に年末年始違った意味で忙しくなります。年末年始くらい穏やかに過ごしたいよ、と思う方々が多数いらっしゃると思いますし僕もそうです。「趣味が真相究明、ネットサーフィン」の僕ですが、たまには小休止します。(笑) 駄文コメント失礼致します。ちなみに僕は1市民です。)

2018/12/29 (Sat) 00:45 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

池袋ウエストゲートパークというドラマはリアルタイムは人気を博していたらしいですね。
私はその当時、精神疾患悪化でドラマや音楽番組に殆ど興味を持つ事なく過ごしていました。
奥が深い作品だったのですね。

池袋のサンシャインで飛び降り。
1999年9月に起きた事件においてはあまり記事を見かけません。
私の探し方が甘いかも知れませんが。

池袋はこのかた、10回程度しか行った事がありません。
しかし、たまに行ってはただならぬ街という印象を持つ様になりました。

特に1999年3月に行った時にサンシャインの地階に近付く程に、血液によく似た匂いがしていて気持ちが悪くなりました。
霊感が強い友人曰く、巣鴨プリズンで処刑された霊臭だろうとの事でした。
1986年10月に小学校の修学旅行でサンシャインに夜景を見に行った時にはそんな匂いは無かったので、異臭に驚きました。

確か、1988年ごろに今は亡き友人が
「サンシャインて意外に人が亡くなってるらしいよ?」と言っていました。
私はサンシャインと言えば投身自殺しか思い浮かばず、「あんなところで飛び降り自殺すれば目立つし社会問題じゃん。」と返しました。
友人は、「亡くなるって投身自殺だけじゃないよ。あと、知られてないだけで案外亡くなってる。ニュースにさせないだけで。」と言っていました。

ひろさんが仰る通り私も池袋には時空間を超越する場所が存在している場所が存在していると思います。
西◯デパートの辺りがそうではないかと…

2018/12/29 (Sat) 09:03 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー猫山さんのコメントを読み、「開口一番「えっ??!!!www」と思いました。1999年3月に池袋を訪れたとおっしゃいましたよね!!! 僕はその頃はまだ鶴ヶ島市にいて池袋にもリアルにいました!!! 東口から降りられましたか?(サンシャイン60がある駅口です。)僕は池袋東口に程近い書店で働いてましたよ!!! その頃「だんご三兄弟が流行っていて、店のすぐ正面で「だんご三兄弟」の音楽流しながら店頭でCDを売ってました!!! 同時に道行く人に売り込んでいました。
勤務中でなくても昼間夕方以降も池袋界隈にいた時期です。しかも、猫山さんは池袋は血の匂いがする、とおっしゃいましたよね!!!僕にははたと思い当たることがあります。僕が体験した話をお話させてください。僕は池袋界隈をよく散策していました。東口はもとより西口も散策していましたが、ある日の夜(1999年3月初旬中旬頃だったと思います。この出来事の後、しばらくして起きたとある出来事(事件と言ってもさしつかえないですが)に起因する出来事だと当時解釈していましたので、1999年3月の出来事に間違いはないです。)僕はサンシャイン60に程近い公園のベンチで一服ついでに座っていました。ふと前方を見ると公園の境界線を示す石の台座と鎖が見えたのですが、石の台座に血痕が飛び散ったような(よく時代劇で刀で切られて血しぶきが飛び散る時に障子などに付着する場面をイメージしていただけるとありがたいです。)ものが付着しているのが見えました。「えっ??」と思い目を凝らしましたら普通の石の台座でしたが、僕は「これは嫌な予感がするな。」とその時思いました。ちなみにサンシャイン60は刑場跡に建てられた高層ビルであることは有名な話です。前出のサンシャイン60の警備員をしていた知人M君も言ってましたから。刑場だったことを示す石碑も実際に見ました。僕は当時すでに(と言っては語弊がありますが)心霊現象肯定派でした。(というより心霊現象は現実にあるものとしてとらえていました。) [M君の話は興味深い話が多々ありました。いつかお話できたら良いと思っています。] ちなみにサンシャイン60の屋上からの飛び降り自殺事件は1998年8月だったと記憶しています。話を進めます、3月末になると花見シーズンになりますね。N君を含めたアルバイト先の知人数名と池袋東口界隈の公園で花見をしました。(僕が血しぶきを見た公園とは別の場所です。) 途中別の花見客男女5、6人が僕らのグループに一緒に飲みましょうと絡んできました。(当時、僕は酒には強いほうでした。すぐ赤面しますが、意識ははっきりとしており、記憶も鮮明、酔うことはなく何杯でもいけるたちでした。今は全く飲めないですが、嗜む程度なら大丈夫かな)その花見の時は何故か酒が進まず缶ビールを少し飲んだくらいでもちろん酔っていません。意識もはっきりしています。多分潜在的につい直近で起きた違う公園での出来事を思い出していたのかもしれません。僕は件の別の花見客グループが絡んできた時、嫌な予感がしました。なんか起きるぞ、と直感していました。しばらくすると絡んできた男女のうちのリーダー格まとめ役っぽい男性(多分同年代くらいです。)が悪酔いして、僕らのグループの知人女性の服にビールを頭からかけました。あとはご想像の通り喧嘩勃発です。正義感の強いN君はビールをかけた男性に詰め寄り二人は取っ組み合いになりました。はっきり言ってN君の圧勝でした。ビールかけた男性は数発殴られました。多分あのままやってたら彼(ビールかけた男性)はノックアウトでした。N君は一発も殴られていません。(この時、N君つえ~と思いました。普段の彼(N君)は激昂するような人ではありませんでしたので、あまりのギャップにビックリしました。) しばらくすると警官数人がやって来て騒ぎが沈静化しましたが、殴られたことに納得していないN君に殴られた男性は悪あがきしていました。警察が仲裁している間に、不意にリーダー格の男性の連れの男女数人のうちの一人の男性(Bとします。)が手にしていたイイチコみたいな硬い焼酎瓶がありますよね、その瓶でN君の頭を殴り、飲酒で血流の流が速くなっていたN君はみるみる流血しました。ちょうど目撃していた僕は警察官に「殴ったのはこいつです。」とBを指差しBはあえなく御用となったことはいうまでもありません。N君は救急車で病院に搬送されましたが、無事でした。(このとき、前出のコメントに登場した富士宮市出身の女の子(Iさん)がN君のことが好きであることが判明しましたが云々割愛で) 話を猫山さんの血生臭い匂いに戻しますと、猫山さんと僕はもしかしたら当時池袋のどこかですれ違っていたのかもしれませんね。猫山さんのおっしゃる通り、池袋は様々な人々の想いが交錯する街ならびに因縁ある土地だと思います。(書店激戦区でした。)ちなみに僕は池袋から川越市まで歩いて帰ったことがあります。全然終電まで余裕ありましたし、電車に乗れたのですが、散策しているうちに歩いて帰ろうとなり、川越市まで歩いて帰ったことがあります。川越市まで来たらそのまま当時暮らしてた鶴ヶ島市まで帰ったと思います。(電車に乗った記憶がないですから。) 確か通称川越街道をつたって池袋から川越市はたまた鶴ヶ島市まで歩いたと記憶しています。猫山さん、もし1999年3月に猫山さんが池袋に来られた時に知らず知らず僕とすれ違っていたのかもしれませんね。なんかそんな気がしています。長くなりました。駄文コメント失礼致しました。

2018/12/29 (Sat) 11:22 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

私が池袋に行ったのは1999年3月17日です。
青春18きっぷで始発の東海道本線で東京に向かいました。

何故その日の日付を記憶していたのかと申しますと、
東京についてから山手線で渋谷に向かいました。
渋谷の交差点でふっとビルに付けられた大きな画面を見たら
「安室奈美恵の母、殺害される。」
という趣旨のニュースが流れていました。
二度見、三度見するほどの衝撃でした。
それでこの日に東京に行ったことはよく覚えています。
確か、天気は曇りだったと思います。

渋谷での用事を済ませて再び山手線に乗り、池袋に向かいました。
池袋に着き何かデパートがあるって思いましたが、そこが西◯百貨店とは思わず暫く地下道を歩いてサンシャインに行った覚えがあります。
サンシャインでは、地下の鉄道グッズのお店に行きました。
「鉄道ファン」という雑誌に載っていたお店でした。

ひろさんがいらっしゃった書店さんは、東池袋の方でしょうか?
あの頃、だんご3兄弟は凄く流行っていましたね。
当時はインターネットよりもまだまだ本から情報を仕入れる時代でした。
私は雑誌が好きで、あの当時は電車で遠出をする度に必ず駅などの書店に寄っていました。
しかし、その日に限り私は駅などの書店を覗くこと無く足早にサンシャインに向かいました。

サンシャイン、池袋周辺は不思議な街ですね。
そう言えば子供の頃から、池袋にいると良いことも嫌なことも心なしか具現化が早くなるという不思議な現象が幾つかありました。

ひろさんが見た血しぶきがついたような石というのは今もあるのでしょうか?
もしかすると池袋と言う場所にサンシャイン60を建てて氣の流れを滞らせてるのか?と思ってしまいました。
サンシャインで思い出しましたが、ラブライブサンシャインのサンシャインはこの池袋のサンシャインとも何らかの関係があるのかな?と。
巣鴨プリズンといえばA級戦犯者。
やはり軍需や戦争関係と関わりがあるから、ラブライブサンシャインなのかと。
最近の駿河湾事情なども含めてですけどね。

2018/12/29 (Sat) 19:00 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー僕が勤めていた書店は、池袋駅東口の交差点を渡ってすぐにありました。実はサンシャイン内にも視点があるんです。(笑) 多分この投稿を見ていて池袋に所縁ある方々がいらっしゃいましたら書店名が判明します。(笑) (名前を明かしても良いですが、一応割愛で(笑) ヒントは新△堂です。ちなみに池袋西口には芳△堂という書店がありました。www 関係者が見ていたら多分僕が誰か解ります。www 真面目に実話です。)ちなみに僕はレジしてましたよ。この書店には会長、社長、店長、常務という役職の方がいらっしゃいました。僕はこの四お方を尊敬しています。常務は一見強面で無愛想な方でしたが、バイトである僕たちにたいしても○○君、△○さん、と分け隔てなく話しかけられイメージと違い温厚な方でした。僕は世の経営者の方々は僕の勤めていた書店の役職ご四お方を参考にすべきだと真面目に思います。(本当に尊敬しています。) 数年前、ネットで僕が勤めていた新△堂の支店、ならびにライバル店(?)の芳△堂が閉店していたことを知り、ショックでした。同時にサンシャイン内の支店の新△堂が存続していることを知り、一度訪れたいと考えているところです。(ここ数年、何故かまた関東に住みたいと思うようになってきました。多分懐かしさもありますが、違う意味でもかもしれません。実は2017年6月に一度関東に数日間遊びに行くゆとりができて、天使と交信できる北区在住のTさんと会おう、という話になっていたんです。実現しませんでしたが・・・実はあの後連絡できない事態に陥ってしまいまして・・・詳細は割愛いたします。)実はサンシャイン60の警備員をしていたM君は僕が勤めていた書店の返品作業係を副業でされていまして屋上に作業場がありましたが、常務は度々訪れ「M君、返品作業頼むよ。」とお声をかけられていたのを僕は何度も見ています。本当に尊敬する方々に恵まれていました。(真面目にそう思います。) M君はどことなく僕の弟に似ているところがあり、同学年ということもあり自然と会話が弾みました。N君もレジをされていて、シフト上入れ替わりみたいな感じが多々ありましたが、時折同じレジに入ることもあり、会話していました。いや本当に懐かしいです。書店に関するエピソードはおいおい話していけたらと思います。(個人名が特定されかねないですので多くは話せませんが。北区在住で福島県出身のT原さんも尊敬しています。) 猫山さんは1999年3月17日に訪れられたんですか!当時のシフトは記憶ないですが、1999年3月17日は確実に池袋にいました!なぜなら定期を買っていて自由に往き来できましたから、池袋には連日訪れていました。東上線の下り方面にもよく行きましたが、当時は定期があったこともあり電車での散策が非番の時の楽しみでした。多分知らず知らずすれ違っていたかもしれませんね。件の石の台座(?)は公園が存続していれば当然あると思います。僕はその公園の位置を記憶しています。現場(池袋)に行けば、解ります。確か近くにハローワークがあったような記憶があります。多分新木場線だと思いますが、地下鉄の駅が近くにあった記憶があります。駅名は失念しました。(新木場線と地下鉄はほぼほぼ利用した記憶がないです。)都営荒川線は二、三度乗車しましたよ。多分、1999年3月17日は出動していたと思います。(安室奈美恵のお母さん亡くなったね、と話題にされてた記憶がありますから。) その10日後俳優の沖田浩之さんの自殺報道がありました。僕はこの2つの事件は相当闇深い事件だと思っています。本当にマスコミ通りの報道なのか?少なくとも沖田浩之さんの自殺報道には当時疑念をいだいていました。沖田さんの面倒を見ていた(とされる)津川雅彦さんも今年鬼籍に入られましたね・・・ 僕は「風少女」を観ていましたから、津川雅彦さんは印象深い俳優さんです。実際、ふとした偶然から本人様を拝見したことがあります。(地名や施設名を含みますので割愛で、いつかお話できたらと思います。) 自分語りを含め話が長くなりました。猫山さん、読者の皆様申し訳ございません。猫山さんの記事に対するコメントはのちほどコメントさせてください。駄文コメント失礼致します。

2018/12/29 (Sat) 20:56 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

視点→支店です。失礼致しました。やはり投稿が監視改竄されているようです・・・

2018/12/29 (Sat) 21:00 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

本日の朝、ヤフーのニュース記事でキテレツ大百科の声優さんが亡くなられたことが報じられましたね・・・・・思えばジャンピングルームか原発の温排水のくだりのコメント投稿だったと思いますが、キテレツ大百科について書きました。(書いた記憶があります。)ニュース記事のURLが貼れないですが、僕はこの訃報記事が呼応報道だと考えています。

2018/12/29 (Sat) 21:33 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

その書店名(検索は)していませんが、聞いたことのない店名です。

1999年3月17日、ひろさんも池袋にいらした可能性があるのですねえ。
私は、都内に滞在出来る時間が正味六時間しか無かったのでバタバタと走って移動をしていた記憶があります。
東京駅、渋谷、池袋、日暮里、東京タワー
こんな感じのルートでした。

石碑がある公園は行ったことが無いと思います。
その後に池袋に行ったのは2000年1月、2002年10月、2014年6月でした。

ひろさんのいらっしゃった本屋さんは上司に恵まれていらしたのですね。
サンシャインの中は残念ながらゆっくりと散策をした事がありません。
洋服屋さんが沢山あるように感じました。

1999年3月17日。
東京タワーに立ち寄りましたが、ここでは大展望内の階段でスーッと消える白いロングのワンピースの女性を見かけました。
東京タワーに立ち寄ったのは、1997年くらいからタワーが出てくる妙な夢をしょっちゅう見るようになったので、高い場所に行くのは怖かったですが見に行きました。
その時は情報は仕入れられませんでした。
しかし、のちにインターネット導入後に自分の見ていた夢と合致する情報を得る事が出来ました。
https://amaru.me/trivia/tokyotower-tank/
更にその後に知人より、恐らく戦車内で亡くなったた方のご遺体や瀕死の方をそのままスクラップにしていたなどと教えて頂き、涙が出て来ました。
なぜ、自分の夢に戦車の中に生存した兵士を乗せたまま東京タワーにプレスされるシーンが度々出てきていたのか?よくわかりました。
それがわかってからその夢を見なくなりました。

戦車を東京タワーに使った理由はネットで多分に見かけましたが、理由はそれ以外にもあるような気がします。
福田さんのブログに書いてあった陰陽師による呪詛なんじゃないかなあ?と。
福田さんは以前、送電線は霊魂を運ぶ装置ではないか?とブログに書いておられました。
東京タワーは送電線ではありませんが電波に乗せて、兵士の嘆きや悲しみの念を拡散する為に戦車を使用したのではないか?という考えに至りました。

2018/12/29 (Sat) 22:12 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー1999年3月17日にサンシャイン60に行かれていたとしたら多分僕が勤めていた書店の前の道を通られている可能性は大いにあります。なぜなら、僕が勤めていた書店の前の歩道を通過するルートは僕が知りうる「サンシャイン60へ向かう最短ルートだからです。」僕は猫山さんが池袋にいらっしゃた時間帯に同じ池袋に僕がいた、ことを確信しています。(間違いなく状況的にそうですよ。)しかもサンシャイン60に行かれているなら警備員のM君にも知らず知らず遭遇しているはずです。そう考えると不思議ではありませんか?同時に人々が存在する意味ってあるんだなと考えさせられます。僕はAKB48の「風は吹いている」という曲がお気に入りですが、「たしかに私はここに存在する」、「それでも未来へ愛は続いてる人と人とが求めあっている」というフレーズがお気に入りです。(その通りだと思います。)
ちなみに僕は欅坂46の「月曜日の朝スカートを切られた」という曲もお気に入りの曲です。
1999年初頭は僕は浜崎あゆみさんの曲や今は解散して存在していない音楽グループ「プールビットボーイズ(pool bit boys 略してPBB)」の曲がお気に入りでした。あと八反安未果さんの曲もお気に入りでした。
猫山さんが貼り付けられた東京タワーにまつわる話は僕も知ってますよ。戦時中生じた瓦礫の鋼材を溶かして使用したとかしないとかそんな記事を数年前に読みました。笑えない話ですよね。東京タワーには秘密の部屋がある、という話を聞いたことがあります。(高さ333メートル、長崎県の稲佐山と同じ高さ、33でフリーメイソン想起(フリーメイソンは33位階)、稲佐山と言えば福山雅治さんの野外コンサートを思い出します。まあ、何でしょう、関係ないのかな?(笑)) 多分猫山さんは僕、N君、M君とすれ違っている、少なくとも同じ街にいた可能性はほぼほぼ100%です。独り語り失礼致しました。僕は個人主義者です、ご容赦いただけると幸いです。お目汚しコメント失礼致しました。

2018/12/29 (Sat) 22:56 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

あの日、サンシャインの地下が殺風景に見えて閉塞感も感じました。
しかも鉄道グッズ屋さんへ行くのに館内で迷いました。
血液臭で吐きそうになりながら歩いているところに警備員さんが通りかかりました。
警備員さんに教えて貰ったのにまた迷う始末でした。
その警備員さんはご年輩の方でした。
Mさんではないと思います。
それでもここでひろさんとやりとりをしているのが不思議なご縁だと思えたのは、その日の日付を覚てしまう程に衝撃的な事件が起きた事です。
安室奈美恵さんのお母様が殺害をされてしまった事です。
この事件が無ければ私はいつ東京に行ったなんて忘れていたと思います。

東京タワーの秘密の部屋は初めて聞きました。
単なる都市伝説だとは思いますが、サンシャインの42階は全体的にコンクリートで固めてありエレベーターが止まらないと聞いた事はあります。

あとジャンピングルームですが、私は池袋の西◯デパートの屋上に存在をするんじゃないか?と感じています。

2018/12/30 (Sun) 00:23 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー実はつい最近(1ヶ月ほど前)のことですが、安室奈美恵さんのお母様が従兄弟の男性に殺害された事件をふと思いだし(当初、僕は2000年3月と記憶違いしていました。なぜなら亡くなられてほどなく5月に開かれた沖縄サミットで安室さんが「ネバーエンド」を歌われていた明確な記憶が記憶があったためです。小渕首相が確か4月に亡くなられていますよね?その直前に安室さんの事件が起きたという認識でいました。)調べた経緯がありました。猫山さんが1999年3月17日が安室奈美恵さんの母が亡くなった日と言われ、改めて1999年3月に起きた出来事だったんだと気づかされた次第です。猫山さんのコメントを受けて、僕は当時の記憶を頼りに1999年3月17日時の記憶を可能な限りたどりました。そういえば「安室奈美恵のお母さんが亡くなったね」とスタッフさん数名(僕がアルバイトしていた書店には声優養成所に通われていた女性スタッフさんがいらっしゃいました。K脇さん(www 半分ぶっちゃけてますね。www)という方で「おじゃまドレミ」とかそんな名前のアニメで声優デビューされました。K脇さんともよく会話しましたが人間味溢れる方でしたよ。はっきり言って僕が勤めていたアルバイト先の書店のスタッフさん[前出のコメントで書店名一部公開(笑)]は皆様人間味溢れる方々でした。前出の女優志望のS穂さんは諸事情で辞められたのですが、辞めるときに非常に名残惜しそうにされていたことを覚えています。話を戻します。K脇さん含めたスタッフさん同士でそういえばそんな話されてたっけなというおぼろげな記憶が甦りました。おぼろげな記憶ですから前出のコメントで(安室奈美恵のお母さん亡くなったね、と話題にされてた記憶がありますから、とぼかしてコメントしました。) 1ヶ月ほど前にウィキペディアで安室奈美恵さんのお母様が殺害された事件の年月日を見た時、「えっ?」と思ったくらいです。その認識のまま猫山さんとのコメントで安室奈美恵さんのお母様殺害事件の話題が出るとはよもや思いませんでしたので不思議に感じています。(と同時に猫山さんとのコメントのやり取りに至る経緯はなんだかただならない不思議なものを感じてしまいます。) 僕はコメントで1985年8月12日の「ザ・トップテン」の映像の記憶の相違についても言及しましたが、僕の記憶の相違の違いは本当に「勘違いなのか?」という疑念がわいてきました。(もしかしたら2006年1月26日に起きた自身の幽体離脱体験と関係があるのかもしれないと今ふと思いました。
猫山さんがサンシャイン60でご年配の警備員の方に助けられた、というようなコメントを読んだとき、M君のあるエピソードを想起しました(以下、M君の話です。実話です。)→1998年3月のある日(僕がM君からこの話を聞いたのは1998年の冬でした。M君は"今年"の3月の出来事と言われていましたので1998年3月に間違いないと思います。)M君と"ご年配の先輩警備員"が夜の警備に当たられて、M君が警備巡回されている時に、トイレから「女性のうめき声」が聞こえたそうです。サンシャイン野外のトイレから聞こえたそうで一応件の野外トイレを確認されたそうですが、特に異常は無かったそうです。その日は特段異常がなく勤務を終え、翌勤務した時に「朝、トイレで女性(多分ホームレスの女性です)が亡くなっていた」ことを聞かされた、と僕に語っていました。もしかしたらその日、M君と夜警をされていた「ご年配の先輩警備員」さんは猫山さんを助けられた警備員さんと同一ではないか?とふと思いました。
M君は顔立ちがスガシカオさんに少し似てらっしゃいました。(M君は眼鏡を着用されてました。それなりにイケメンでしたよ。) スガシカオさんを初めてテレビで拝見した時。「M君に顔が似てる。」と思いました。M君は同僚警備員に対してこんなことも話されていました。『警備員の制服を着ると「俺は偉くなった」と勘違いする警備員は実際にいる』僕はこの言葉をいつも考えています。(警備員に限った話ではなく戒めとしてこの言葉を胸に秘めて現在に至ります。) M君のお話は興味深い話が多々ありました。いつかコメントの際にかいつまんで話せたらと考えています。猫山さんのコメントに沿った僕の考えをコメントさせていただきますと、猫山さんのご指摘通り西武百貨店の地下には地下原発やジャンピングルームなど秘密の施設がある、と僕は考えています。多分池袋東口の交差点下にまたがるでしょう(僕の妄想ととらえられても構いません。)。僕は同様の施設がサンシャイン60にもあると考えています。僕は前出のコメントで僕が奇妙な体験をした公園近くに地下鉄の駅があった記憶がある、とコメントしました。僕が記憶する限りその地下鉄の駅の出入り口は一見、地下鉄の駅の出入り口とは思えない感じでひっそりと存在していたことを覚えています。散策の過程で「こんなところに地下鉄の駅の出入り口があったんだ!」と感動すら覚えたことを覚えています。僕は池袋駅とサンシャイン60は地下で繋がっていると考えていますが、地下鉄の存在がまさに裏付けていると思います。夜半に駄文コメント失礼致しました。一旦コメント致します。失礼致します。

2018/12/30 (Sun) 04:07 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

警備員さんのお顔立ちは覚えておりませんでしたが、凄く絶妙なタイミングで私の近くを歩いていらした記憶があります。

昨日、私は池袋にいると具現化が早くなる気がすると書きました。
その事について掘り下げて触れたいと思います。
初めて小学校の修学旅行でサンシャインに行った時、私はクラスの女子陣に誤解が原因に仲間はずれにされていました。
サンシャインの展望台で自由行動をしている際も一人でした。
展望台でデートをしていた何組かのカップルを見て、
「良いなあ。私にも好きな人が話しかけて来ないかなあ?一緒に夜景でも見ないか?って言われてみたいかも…(照れ)」
と、思った直後に現実化。

1999年3月にはサンシャインの中で気持ち悪くなり迷っている際に、
「誰かヘルプ…」
と思った直後に警備員さんが歩いてきました。
更には鉄道グッズ屋さんで買い物をした際に、
「ヘッドマークのマップ(子どもの頃に持っていたものと同じもの)は無いよね?」
とレジでふっと思った途端に、店主さんがヘッドマークのマップのポスター版を袋に同封してくれました。
「古いものだけど。」
と言いながら。

2002年3月には友人とキティちゃんグッズの限定商品を買いに都内及び千葉に行きました。
池袋のサンシャイン付近のサ◯リオショップに入りました。
お店に向かう途中に友人に、
「多分、ブクロ店には無い気がした。速やかに別のお店に行った方が…。」
と、言いました。
友人は、
「出たばかりの雑誌に書いてあったから確かだよ。」
と自信満々でしたが、店頭には無く売り切れでした。

2002年10月には別の友人と池袋に行きました。
この時はサンシャインの近くに宿を取り都内の散策をしました。
この時は散策を終えて池袋の駅で山手線を降りる直前に、
「チーマーとか居る気がする。駅前付近ヤバイかも?迂回路を考えた方が良い。」
と、咄嗟に過りました。
案の定でした。駅付近の薬局付近でチーマーが乱闘騒ぎをしていました。

そして2014年。
SNSで知り合った友人を訪ねました。
友人と二人で食事をする為に池袋の駅に行きました。
歩きながら友人が
「あなたの話題に出て来る親友さんはどんな容姿だったの?」
と聞いてきました。
有名人の誰とも例えようも無く困っていると、親友と生き写しのような女性が歩いて参りました。
親友は若くして亡くなっています。
だから、親友が生き返ったのか?と思うほどに驚きました。

その日の宿泊場所は友人宅に近い池袋にしました。
そのホテルに向かう為に池袋の駅近くを歩いているうちに、
「母から間も無く電話が来る気がする。」
と、過った直後に携帯が点滅し始めました。
母からの電話を終えた後、
「明日、友人は待ち合わせ場所に来ないか、大幅に遅れる。後に彼女がどんな人物かが判明する。
彼女と連絡を取り合うのはこれで最後かも。」
とふっと思いました。
翌日、ふっと思った事は全て現実になりました。
彼女は大幅に待ち合わせ場所に遅れました。
そして彼女と出掛けた先で、彼女がとんでもない人物だったと判明する事象を目の当たりにしました。

大体このような事が起きた場所は、池袋駅からサンシャイン周辺でした。
ひろさんが仰る通り、池袋駅周辺からサンシャインの地下辺りまで原発があるのは確かのような気がします。
福田さんのブログに豊橋のほの国デパートなどと言う凄く小さなデパートの地下にも原発が存在しているようなので、池袋の駅とデパートなどが兼ね揃った場所なので至極当然な気がします。
ジャンピングルームの存在と併せて伏せたいことの可能性のように思います。

2018/12/30 (Sun) 10:54 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー「チーマー」懐かしい言葉ですね!
久しぶりに聞きました。(リアルに)
僕は「チーマー」ファッションに拘る知人がいましたが、話してみると面白い少年でしたよ。(年下でした。)耳ピアスに腰パンですね。懐かしいです。M君も少しチーマーファッションっぽい服装で仕事されてました。
ふと、思い出したことですが、以前、猫山さんと通行人さんが「ラブライブサンシャイン」についてコメントのやり取りされていましたが、僕はふと思ったことがあります。「ラブライブサンシャイン」の「サンシャイン」はもしかして池袋の「サンシャイン60」を指しているのではないか?と。 あわせて気になっていることがあります。最近、通行人さんがコメントされていないですが、もし今コメントを読まれていて、僕に原因があるとしたら謝罪します。「通行人さん、申し訳ありません。m(_ _)m 」僕は通行人さんのコメントをいつもお待ちしています。猫山さんと通行人さんの会話の流れを断ち切ったような形になりずっと気になっています・・・コメント失礼致します。

2018/12/30 (Sun) 11:51 | URL | 編集 | 返信
 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/12/30 (Sun) 12:04 |  | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

20年くらい前はギャル、ギャル男、ヤンキー、チーマーなどなど
いらっしゃいましたね。

私もラブライブサンシャインのサンシャインは海軍の旗とともに巣鴨プリズン跡地を連想しました。

確かラブライブサンシャインの第一部の作中に名古屋駅前が出てくるそうです。
名古屋駅にはツインタワーというものがあります。
その名前から911を連想しました。
その辺りからも第三次世界大戦を意識している可能性があるように感じました。

また名古屋市の栄というところにはサンシャインという観覧車付きのお店があります。
こちらは作中には出てこなかったかもしれませんが、何故か名古屋に進出という辺りが徳川家と関係を更に濃厚にしているように思えます。

2018/12/30 (Sun) 12:34 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー懐かしい「チーマー」ついでに池袋での楽しみのひとつがアーケードゲームでした。いわゆる「プチゲーマー」ですかね。(そんな言葉があるかどうか知りまテンですが(注:帰れまテン?から引用させていただきました。) ) 「プッチモニ」と言われたグループが存在しましたね。(多分2000年前後と思われます。) 確か1998年1999年頃にモーニング娘。がデビューしましたね。(曖昧な記憶ですみません。1998年だったような気がします。初期メンバーの福田さんがいたことは記憶しています。個人的に福田明日香さんは好感もてるアイドルさんでした。芸能界引退されましたが。速水もこみちさんの親友だったようなあやふやな記憶があります。) 福田明日香さんはパッと見た感じ「真面目な女の子」に見えました。芸能界引退は本当に残念だと思いました。(もしかしたら正解だったかもしれません。)
チーマーという言葉でふと思ったのですが、teamer(チームの一員?)からきてる言葉だと漠然と思いました。僕は「チーマー」文化は"ある勢力"がクリエイトしたと考えています。(偶発的に起きた文化カルチャーではない!と考えています。) 「チーマー」と呼ばれた少年たちはある意味被害者です。(僕はそう考えています。) どの分野にもいい奴悪い奴はいます。ただその悪い奴が本当に心底悪い奴かといったら「そうではありません!」と僕は言いきれます。本当の「心底悪い奴」は二極化(いい奴悪い奴)を推し進め、表向きの"悪い奴"を悪者扱いして両者を影でコントロールする存在が「心底悪い奴」だと考えています。僕は「心底悪い奴」は存在すると確信しています。僕が気づいていても彼ら(心底悪い奴ら)は痕跡証拠を残さぬよう立ち振る舞いますから、「陰謀論者」、「基地外」といったレイシスト紛いの論調が展開されているのが現状です。(僕はそう考えてますし確信してる) 日本は真面目にレイシスト国家ですよ。
話を戻します。徳川家は現在においても多大な影響力を行使していると思います。(実は本日の朝、ちょっと外出しましたが、尾張小牧ナンバーの車を見かけました。先日は豊田ナンバーの車を目撃しました。僕の住む街では珍しいナンバーです。単なる偶然かもしれませんが。(~_~;) )
駄文コメント失礼致します。猫山さんに対して僕は尊敬します。同様に読者様に対してもです。繰り返し申し訳ありません、皆様よい年越しを!僕は早くも大晦日モードであります。

2018/12/30 (Sun) 14:10 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

ひろさんは視野がお広いですね。
私はどちらかと言うと井の中の蛙タイプ(苦笑)ですので、視野がせまいです。
ですので、ひろさんのお話は身につまされます。

福田さんも以前、1980年代の不良(ツッパリ)ブームは意図して作られたと言うような記事を書いておられた記憶があります。
うろ覚えですが。

チーマーやギャルは服装などを見ると似たような感じなので右に習えに見えていましたが、個人的に接触をした際に、「私達が中高生の頃よりもキチンと自分の意見を持っていて、目上の方々にも発言が出来る辺り立派。」と思っていました。

しかし、私には彼らの全て悪い人達だと思った事はありません。
私ごとで申し訳ありませんが、今は亡き私の親友はヤンキーで元暴走族でした。
私が中学生だった頃、母は学年主任に呼び出されて「彼女との交友関係を断ち切らせて下さい。」
と注意を受けました。
彼女は私が新興宗教の信者である事を知っても、仲良くしてくれていました。
10代の頃にお付き合いをしていた男性もヤンキーでしたが、私の事を「何も言わなくても苦しんでいる事くらい目を見ればわかる。」と言ってくれていました。
いずれも10代のうちに親が手を回し、疎遠になってしまいました。
このお二人以外にも、ヤンキーや暴走族の友人は何人かおりましたが殆どが繊細で優しい方々が多かったです。

社会がそのような方々の事を「悪い人達」と決め付けてレッテルを貼ったに過ぎないと私は感じています。

世の中や学校や親などの放つエゴに対して正直な反応を見せているだけだと感じる節が多々ありました。
そんな彼らを悪い達と呼ぶことで、支配者(私は子供の精神状態や人生を蝕む毒親も含めて考えております。)の悪事を煙にまいたり、濁しているように感じてなりません。

福田明日香さんは確か、早々にモー娘。を抜けた方でしたね。
記憶が乏しくて申し訳ありません。

ひろさんは、すでに年越しモードなんですね。
良き、締め括りでありますよう祈っております。


2018/12/30 (Sun) 15:30 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

ひろさんは視野がお広いですね。
私はどちらかと言うと井の中の蛙タイプ(苦笑)ですので、視野がせまいです。
ですので、ひろさんのお話は身につまされます。

福田さんも以前、1980年代の不良(ツッパリ)ブームは意図して作られたと言うような記事を書いておられた記憶があります。
うろ覚えですが。

チーマーやギャルは服装などを見ると似たような感じなので右に習えに見えていましたが、個人的に接触をした際に、「私達が中高生の頃よりもキチンと自分の意見を持っていて、目上の方々にも発言が出来る辺り立派。」と思っていました。

しかし、私には彼らの全て悪い人達だと思った事はありません。
私ごとで申し訳ありませんが、今は亡き私の親友はヤンキーで元暴走族でした。
私が中学生だった頃、母は学年主任に呼び出されて「彼女との交友関係を断ち切らせて下さい。」
と注意を受けました。
彼女は私が新興宗教の信者である事を知っても、仲良くしてくれていました。
10代の頃にお付き合いをしていた男性もヤンキーでしたが、私の事を「何も言わなくても苦しんでいる事くらい目を見ればわかる。」と言ってくれていました。
いずれも10代のうちに親が手を回し、疎遠になってしまいました。
このお二人以外にも、ヤンキーや暴走族の友人は何人かおりましたが殆どが繊細で優しい方々が多かったです。

社会がそのような方々の事を「悪い人達」と決め付けてレッテルを貼ったに過ぎないと私は感じています。

世の中や学校や親などの放つエゴに対して正直な反応を見せているだけだと感じる節が多々ありました。
そんな彼らを悪い達と呼ぶことで、支配者(私は子供の精神状態や人生を蝕む毒親も含めて考えております。)の悪事を煙にまいたり、濁しているように感じてなりません。

福田明日香さんは確か、早々にモー娘。を抜けた方でしたね。
記憶が乏しくて申し訳ありません。

ひろさんは、すでに年越しモードなんですね。
良き、締め括りでありますよう祈っております。


2018/12/30 (Sun) 15:30 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー 僕の身の上話にお付き合いいただきありがとうございます。本当はこんなことをコメントするとブログの趣旨に逸脱していて申し訳ないですし、不快に思われる(思われてる)読者さんも多くいらっしゃると思います。(申し訳ございません。) 僕は学生時代、「不良」とか「非行」とかレッテルはるはりたがる"大人"に対して違和感感じてました。普通に考えたらそれって「差別」だよね、といつも思ってました。素行の悪い生徒は実際にたくさんいましたし、彼らからちょっかい出されたことも多々あります。でも彼らを嫌いと思ったことは一度もありませんでした。むしろケンカ強い人を「スゲー」と思ってました。(^_^;) 僕自身は自分からケンカ仕掛けることはありませんでしたし、元々暴力反対のスタンスでしたのでケンカしたこともありません、ですが、相手が執拗にケンカを吹き掛けてどうしようもない状況に陥ったら当たって砕けろケンカの相手になったるわ的なオーラを発してましたので、誰も僕に喧嘩を吹っ掛けてきませんでした。(今もそのスタンスです。) 僕が思いますに、日本社会は"社会悪"、"カモ"を生み出したがる傾向にあるように感じています。(多分それが日本の本質だと思いますし、僕はそう考えています。) 僕が日本はレイシスト国家ですよ、と主張するのは「社会悪を作りたがる日本社会」を感じ取っているからです。超能力者の秋山さんが「馬鹿馬鹿しい、帰る!」と途中退席された場面は僕は賛同します。だって本当に馬鹿馬鹿しいですから。ちなみに秋山さんは静岡県出身ですね。(あの場面がリアルかどうかはさ・て・お・い・てですけどね。)
僕は知識が乏しい一般人ですよ。ネットサーフィンが趣味、超常現象が趣味の微妙な奴です。(履歴書の趣味欄に超常現象なんて書きません。一応社会的体裁はわきまえないといけませんから。)
真面目な話、本当に平和であるなら、履歴書や経歴なんて気にしないはずです。だから現在は平和ではない、平和を装っているだけ、というのが僕の考えです。(人の痛みを知らない人々が人の痛みを語れるわけないです。)
福田明日香さんについては全く関連性なしですが、僕はある時ナンパして女の子と喫茶店に入ったことがあります。(僕のナンパは女の子と会話したいという思いつきからのナンパでした。下心ないと言えば嘘になります。ですが、女の子と会話したいというのが主体でした。) 1998年5月の出来事です。喫茶店に入ってお互いの話をするわけですが、その子(Aさん 名前知らずのため)は二十歳になったばかりで出身は宮城県、歯科衛生師をしていると話していました。「去年上京したけどここ(東京)で就職したい。」と話していました。向かい合って話していますと少しぽっちゃり目の体型でしたが、色白で可愛らしい顔(一応ナンパした時、顔立ちが直感的に好みの女性のタイプの女性に声かけてます。(~_~;) )の女性でした。この時僕は正直下心がありました。40分ほど色々な会話をしていましたが、ふとAさんが淋しそうな目をされた時、僕は下心が消えてしまいました。あの淋しそうな目は今も鮮明に記憶しています。喫茶店を出るときのAさんの言葉も意味深でした。「こういうのはあり、また会話したい」当時、携帯電話を所持していませんでした。まだ携帯電話が普及していない頃です。固定電話番号聞くという発想すら思い付きませんでした。おそらく思い付いたとしても見ず知らずの男に番号教えるわけないでしょうから。僕はある時、テレビ番組で福田明日香さんを拝見し、福田明日香さんがAさんと同じような淋しそうな目をされたのを見て、Aさんのことをフラッシュバックしました。2011年3月11日 東日本大地震が起きました。Aさんは宮城県出身と言われていました、咄嗟にあの時の記憶が甦りました。Aさんは無事だろうか。東京で暮らしていたらきっと無事だろう、もし・・・帰郷していたら・・・今でも考えます。Aさんが家庭を築かれていて無事であることを僕は今も願っています。
すみません、なんじゃこれ~コメント申し訳ありません。猫山さん、僕は至って普通の1市民です。(笑) 特別な知識は本当に無いですよ。(>_<) 福田さんの記事、猫山さん、ならびに皆様のコメントには気づかされること多々あります。みたび独りがたりコメント失礼致しました。(コメント内容は実話です。) よい年越しを!失礼致します。

2018/12/30 (Sun) 17:01 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

僕は、この時少し話しすぎたと思いました。

2019/01/31 (Thu) 17:01 | URL | 編集 | 返信
 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/01/31 (Thu) 17:49 |  | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts