FC2ブログ

1704.ルイス・バルブエナ選手とホセ・カスティーヨ選手は、口封じの為に殺害されたのではないか?<大谷翔平の正体 PART4 FINAL>

赤のおリボン 緑のクリスマスワンピ 矢島舞美
↑画像 2018クリスマスシリーズ17 矢島舞美

(1)大谷翔平の元同僚バルブエナ、元横浜カスティーヨが事故死 元燕リベロは生存確認 転載記事

 2018年12月19日の2本目です。「1702.アメリカで大谷翔平が逮捕されたのか?<大谷翔平の正体 PART3>」の続きです。

 <転載開始>ベネズエラでまさかの悲劇が起こった。今シーズン、エンゼルスで大谷翔平投手の同僚だったルイス・バルブエナ内野手、ロッテ、横浜(現DeNA)でプレーしていたホセ・カスティーヨ元内野手が交通事故で亡くなったと米メディアが報じた。

20181207_valbuena_gi-560x373.jpg
↑画像 今季、エンゼルスで大谷翔平(左)と同僚だったルイス・バルブエナ【写真:Getty Images】

■バルブエナ、カスティーヨ、リベロが乗車する車が交通事故

 ベネズエラでまさかの悲劇が起こった。今シーズン、エンゼルスで大谷翔平投手の同僚だったルイス・バルブエナ内野手、ロッテ、横浜(現DeNA)でプレーしていたホセ・カスティーヨ元内野手が交通事故で亡くなったと米メディアが報じている。

 アメリカのテレビ局ユニビジョンスポーツのマルコス・グランフェルド記者は自身のツイッターで「元エンゼルスのルイス・バルブエナ内野手が、元パイレーツのホセ・カスティーヨ二塁手と共に交通事故で亡くなった」とツイートし訃報を伝えている。

 またエンゼルスの地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」では事故を起こした車にはバルブエナ、カスティーヨ、そして元ヤクルトのカルロス・リベロ内野手が乗車しており、リベロの無事は確認されているという。

 記事では6日(日本時間7日)の夜に3人が乗っていた車が交通事故に遭遇し「彼らが所属するベネズエラの球団の広報担当が認めた」と報じている。バルブエナとカスティーヨは共に当日のナイターゲームでプレーしていたと報じている。(Full-Count編集部)<転載終了>

(2)バルブエナの死亡事故は殺人 大谷翔平とエンゼルスで仲良しMLB選手 転載記事

 大谷翔平とともにエンゼルスでプレイしていたルイス・バルブエナ選手がお亡くなりになったことが明らかになりました。事故と報道されていますが、事件性(後述します)もあるので今後強盗殺人として調査されるかもしれません。

Yahoo!ニュース‏認証済みアカウント @YahooNewsTopics
元横浜 カスティーヨら事故死
https://yahoo.jp/clcD6n
エンゼルス大谷翔平投手の同僚だったルイス・バルブエナ内野手が母国ベネズエラで交通事故死した。同乗していた横浜、ロッテにも所属したホセ・カスティーヨ元内野手も亡くなった。

 バルブエナだけでなく、同乗していた野球選手のホセ・カスティーヨ(ロッテと横浜に所属)も亡くなってしまい、オフのニュースとしては一番聞きたくない野球関連のニュースとなってしまいました。

(元ヤクルトのカルロス・リベロ選手も同乗してましたが、その選手は生存)

■大谷翔平と仲良し

 バルブエナは大谷とかなり仲が良かったので、大谷も相当ショックを受けていると思います。~中略~

 ただ今回の事故はどうもただの交通事故ではないとも言われてます。

■ベネズエラの強盗

Homero Boscan‏ @homeroboscan La agresividad y veteranía de los ahora fallecidos Luis Balvuena y José ''El Hacha'' Castillo, mantiene a Cardenales de Lara en el primer lugar del campeonato de béisbol profesional de Venezuela con record de 27 ganados y 19 perdidos. Le siguen Navegantes, Tiburones y Leones.
Dt0E0nUWsAEeLRF.jpg
https://twitter.com/homeroboscan/status/1071017594210213888

 どうも母国ベネズエラで襲われたようです。通常治安の悪い地域でも大人しく現金や金目の物を渡すことで対処できますが、ベネズエラではそれも通用しないぐらい治安が悪い地域があるらしく襲われたと言っています。

 「ミゲルロイト」を使用したとのことですが、検索するとこういったまきびしのような兵器が出てきました。 

ミゲルロイド
↑画像 ミゲルロイト

 車を止めるという目的で使用されているのかもしれませんが、今回は故意の落石が関係しているようなので、あの手この手で手段を選ばず走る車を止め、生死を気にしない殺人強盗が横行している酷い治安の悪さのようです。

(3)ルイス・バルブエナ選手とホセ・カスティーヨ選手は、口封じの為に殺害されたのではないか?

>強盗殺人 バルブエナは大谷とかなり仲が良かった今回の事故はどうもただの交通事故ではない 故意の落石が関係している

 交通事故ではなく、大谷翔平の正体を知っている可能性が高いルイス・バルブエナ選手を、口封じの為に殺害する目的で引き起こされた事件ではないか。

(4)「1646.抽選で2名に中核ヘルメットをプレゼントします!<中核派特集4>」へのコメント

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-2023.html#comment3908

匿名希望の1読者 #6urEx/7U

★極悪勢力のお仲間

 こんばんは。福田さんの記事では中○派は極悪勢力のお仲間とありましたが、新左翼全体が極悪勢力のお仲間の可能性があると思います。中○派と革○○派との内ゲバがありましたが、もしかしたら、一般国民を左翼から遠ざけるために行われた可能性もあります。もっとも、それぞれの末端はただ利用されただけでだと思います。

 新左翼はフェミニズム運動などに積極的で、極悪勢力の目標である、人口削減・男女の分断統治に利する活動をしています。なので、新左翼全体が極悪勢力とお仲間の可能性が高いと思います。

 またアメリカのヒ○リー一派もフェミニズム運動に積極的に関わり日本の新左翼と主張が近い感じだと思います。このあたりが、ヒ○リー一派と真性左翼であるサ○ダース支持者との対立の原因かも知れません。

 また、LGBTの運動がかなりアグレッシブな運動になってきたのも、女性の同性愛の活動をするフェミニスト出身者が運動の中心に携わるようになってからと、知り合いのLGBT当事者の男性が言っていました。

 中○派の記事を見てふと思いました。

2018/11/17 (Sat) 21:33 | URL | 編集 | 返信

(5)コメントを拝読して

>福田さんの記事では中○派は極悪勢力のお仲間とありましたが、新左翼全体が極悪勢力のお仲間の可能性があると思います。

 その可能性がありますね。ところで、私がクリエイトした「極悪勢力」と言う言葉をお使い頂き、ありがとうございます。「クロカモ」の主力は加茂族ではないので、「クロカモ」という言葉は不適切ではないかと言うご意見を受けて、「クロカモ」に代わる言葉として「極悪勢力」と言う言葉を使い始めました

 とは言え最近の私は、123便事件の首謀者側を表す言葉として、ネット上で最もポピュラーな「クロカモ」を多用していて、「極悪勢力」と言う言葉を余り使わなくなっていたので、「極悪勢力」と言う言葉を、匿名希望の1読者さんはよく使って下さるので感激しています。


↑頻繁なクリック、よろしくお願い申し上げます。

↓動画 HKT48卒業を発表した指原莉乃
t02200124_0250014112048176299.gif
スポンサーサイト

Comment

妨害行為

こんにちは

極悪勢力からの妨害行為についてですが、福田さんのようなブロガーだけでなく、コメントをしている読者に対しても妨害行為のようなことはあり得るでしょうか?


僕の周りでは明確な集ストのような行為は確認できないですが、いたずらのような行為、例えばドアの来訪者を確認するための魚眼レンズのところが黒いテープで塞がれようなことがありました。

魚眼レンズを黒いテープで塞ぐというのは、単なるいたずらを超えて呪詛的な感じがします。


10年ぐらい前には当時住んでいたアパートの入り口の目の前に鳩の死体が置いてあったこともあります。これは非常に呪詛的な感じがして、当時はすぐに引っ越しました。


もし、これらの行為に呪詛的な内容が含まれていた場合、何か対処法はありますか?

2018/12/19 (Wed) 15:26 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

匿名希望の1読者さんへー匿名希望の1読者さんの求めるご回答、ご返答に沿えているかはかりかねますが、匿名希望の1読者さんのコメントをかいつまんでコメントさせていただきますことをお許しください。

ブロガーだけでなく、コメントしている読者に対しても妨害行為のようなことはあり得るでしょうか?→あり得ます、というよりありますよ。「陰謀サイトを読んだ」というだけで上記の行為と思わしきことがあります。個人的なエピソード(実話ですが)をお話させてください。 僕はかつて勤めていた職場のパソコンでスタッフさんに「このサイトを読むとしばらくするとパトカーがきますよ。」と"とあるサイト"を開いてみせたことがあります。スタッフはそんなことはないという風情でしたが、僕には確信がありました。案の定しばらくしてパトカーが職場の前の国道を走り去りました。(スタッフさんは驚いてましたが)

10年ぐらい前には当時住んでいたアパートの入り口の目の前に鳩の死体が置いてあったこともあります。→僕に言わせれば、それは悪質な嫌がらせ犯罪です。鳩を殺害していたら動物愛護法違反のれっきとした犯罪です。当時の匿名希望の1読者さんのご趣味や信念、ご活動など僕には知るよしはありませんが、お心当たりになられることがあれば関連性あると思います。

心の持ち方一つではないでしょうか。僕は正直「呪詛」は詳しくありません。(ただし呪いや祟りは現実にあると確信しています。そうではないかという事案にも遭遇しています。) 「エナジーバンパイア」というお言葉をご存知でしょうか?もし存じなければネットのキーワード検索で調べられてみるとよいかと思います。匿名希望の1読者さんの求めるご回答に沿えなかったとしたら申し訳ありません。コメント失礼致しました。

2018/12/19 (Wed) 21:13 | URL | 編集 | 返信

ありがとうございます。

ありがとうございます。

鳩の件ですが、当時は今よりも、若干、右派的な感じでした。しかし、若干、反権力的な考えは当時からありました。

鳩の件の前後には、いたずらで、僕が呼んでもいないタクシーが呼ばれていたり、デ○ヘルが呼ばれたりしました。
それらの前後に鳩の件があったのでかなり恐怖心を感じました。正確に言えば当時は対立している相手に心当たりはなかったから余計に恐怖心を感じました。
しかしながら、鳩の件はおっしゃる通り、単なるいたずらではすまされないレベルでした。
僕も若干法律には詳しい方なので、動物愛護法で刑事告発も考えましたが、対立している相手が分からないので、そのままにしていました。

その後、そのアパートにはいたくなくなったので、しばらくしてから引っ越しました。

冷静に考えれば極悪勢力の人々は呪詛のために動物を生け贄にしていると聞きましたが(しかも、生け贄の場合は故意に動物に苦痛を与えているみたいですね。)、これは動物愛護法には完全に引っかかる行為ですね。彼らは治外法権だから動物を生け贄にしているのかもしれませんね。

今は動物を食肉加工する際も極力、動物に苦痛を与えないようにしていると聞きましたが、生け贄のために故意に苦痛を与えて惨殺するような彼らの行為は論外だと思います。

2018/12/19 (Wed) 21:42 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

匿名希望の1読者さんへーコメントを読ませていただきました。僕はこう思いました。当時住まわれていたアパートは引っ越して間もないということはありませんでしたか?だとしたら、匿名希望の1読者さんの前の入居者だった人に対して(正確には匿名希望の1読者さんが新しく入居していることを知らずに前の入居者さんに対して)の嫌がらせの可能性もあるのではないか、と思いました。いずれにしても引っ越されて正解だと思います。今出先から合間ぬってコメントしているのですが、車で走行中、怪しい車やゾロ目、意味深なナンバーの車に多く遭遇しました。(笑) (予想されたことですけどね。) 食肉産業関連の話は僕の弟が体験した話がありますが、明日以降のご返答になりますことをお許しください。

猫山さんへー今出先です。コメント返しは明日以降になりますことをお許しください。取り急ぎ失礼致します。

2018/12/19 (Wed) 23:46 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

匿名希望の1読者さんへー先日の夜半遅くに返答として僕の弟が体験した食肉産業関連の話と匿名希望の1読者さんのコメントをかいつまんで私見を述べさせていただきますことをお許しください。
12年ほど前になりますが、僕の弟は年末期間限定の食肉配送のアルバイトをしたことがありますが、その時弟が体験した話です。(僕が言うのもなんですが、弟が嘘をついているのを僕は見たことがありません。小さな嘘でさえです。弟の心の寛大さに関しては僕は敬意を表しています。)
食肉配送ですから、当然畜産センター(いわいる“食肉となる豚や牛の「と殺場」です。)に出向いて畜産センターからアルバイト先へ食肉を運ぶ仕事ですが、畜産センターで目撃した話を僕に語っていました。以下、弟の話ですー
畜産センターにはたくさんの豚や牛が集められます。弟は、職員さんが豚の背中(ここが急所だそうです。)に長い牛刀を次々突き刺してと殺するところを見たそうです。朝畜産センター内にたくさんいた牛や豚たちが夕方になると全くいなくなってしまう(と殺されたからです)様子を僕にしみじみと話していました。「と殺している職員さん」たちは何か雰囲気が違うんだよね・・・と話していました。(この話を載せることも躊躇しました。関係者の方もいらっしゃると思いましたので・・・ですが、僕は意を決してお話することにしました。僕は食肉については思うところ多々あります。グルメ番組に対して多々思うところがあります。)ちなみに元来真面目な弟の働きぶりにアルバイト先の業者さんが契約延長を打診したそうですが弟が断ったことはいうまでもありません。
極悪勢力(クロカモのことでしょうか?)の人々は呪詛のために動物を生け贄にしていると聞きましたが・・・・→僕は動物のみならず人身供与の生け贄儀式が現代社会においても実際に執り行われている、と考えています。
コメントと前後しますが、牛の脳天を銃撃する"公務員"が存在するとネットの記事で読んだ記憶があります。コメント失礼致します。

2018/12/20 (Thu) 12:00 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

その弟さんのお話は本当だと思います。
知人の実家が九州で畜産をしています。
ゆえに知人の兄弟も畜産関係の勉強で、屠殺場などに仕事で行ったと話していましたが、ひろさんの書いていたことと似たような体験をしたそうです。
そして家業の畜産を継ぐのはやめたそうです。

2018/12/20 (Thu) 12:28 | URL | 編集 | 返信
匿名希望の1読者 #6urEx/7U

食肉関連

こんにちは

ありがとうございます。

僕は決してベジタリアンではないですが、普段はあまり肉は食べない方かもしれません。健康などのために普段は野菜は多く食べています。

勿論、友達などとの会食では普通に肉は食べます。12月は忘年会などの関連で普段よりも肉は多く食べているかもしれません。

食肉関連の仕事は、やりたくない人も多いかもしれません。
しかし、それは部○差別などの原因にもなった部分でもあり、非常に複雑な問題かもしれません。

海外だと一種の宗教的な感じのベジタリアンが結構いると聞いたことはあります。
日本だと宗教的な理由は一部の僧侶などで、他は健康的な理由が多いイメージがあります。

僕は決してベジタリアンではないので、肉を食べたい人は食べればいいと思っています。
しかしながら、食肉産業の実態は知った上で、食べたい人は食べればいいと思います。

2018/12/20 (Thu) 12:46 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー知人の方が畜産関係のお仕事をされていたんですね。弟は二度とこの配送の仕事はしないと僕に語っていました。牛や豚が「と殺」される現場を実際に見て非常にショックを受けていました。(動物が殺される、ということに悲しみを込めた感じで話していました。)

匿名希望の1読者さんへー食肉関連の仕事は、やりたくない人も多いかもしれません。→多くのかたがそうだと思います。弟はこうも言ってました。「毎日“と殺"している職員の中には、エスカレートして殺人に走る人もいるかもしれない、"と殺"の仕事に従事している人の中には前科者(犯罪を犯して刑務所に収監された人いわいる務所帰りの人もいるのではないか、俺(弟です)が見た"と殺"の仕事をしている人たちの目はそういう目をしていた。」と語っていました。ちなみに弟が体験した話に興味深い話(この話も実話です。食肉産業とは無関係です。)がもう1つあるのですが、機会があればコメントとしてお話できればと考えています。

2018/12/20 (Thu) 14:39 | URL | 編集 | 返信
匿名希望の1読者 #6urEx/7U

歴史

ありがとうございます。

近代以前は、大陸では特に基本的に動物の飼育から食肉用の解体まで一貫して住民が自ら行っていて、自分たちが生き延びるために肉を食べるという意識は強かったと思います。

しかしながら現代人がそうした意識を持たず肉を食べているのは近代以降の分業の弊害なのかもしれません。

2018/12/20 (Thu) 15:50 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

匿名希望の1読者さんへ

60代後半の私の母は小学生の頃に、ある日のお昼ご飯の食卓の鳥の煮付けに鶏冠が入っていたそうです。
驚いて食事を作った、母から見て祖母に当たる者に
聞いたら庭で飼っていた鶏がたまごを産まなくなったからしめて煮付けたと言ったそうです。

昔、実家の近所には駄菓子屋さんが一軒しかなく買える食材は豆腐、こんにゃく、数日に一度入荷する僅かな種類のパンしか買えず、あとは自給自足だったそうです。

母が、鶏をしめた祖母に苦言を申したら「こうしなければ私達が生きられない。」と言われたそうです。

また私の父の実家も畜産をしていました。
よって父は肉を一切食べません。
両親の若い時の体験やおいたちが物を言っていたのか、私は小学生に上がって学校の給食を頂くようになるまで殆ど家の食卓でお肉を見る事は殆どありませんでした。

食肉を加工する上での過程を知ると、あまりお肉は食べたくなくなるそうです。

2018/12/20 (Thu) 17:08 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

食肉について、僕の思うところをコメントさせていただきますことをお許しください。

13年ほど前になります。僕は国道(国道名は割愛させてください。)を走行中(当時僕は原付バイクを使用していました。)、前方を走る牛たちを乗せた運搬トラックが目に入りました。途中高速道路のインターチェンジがありまして、前方を走る牛たちを乗せた運搬トラックが右折した際に中にいた牛たちのうちの一頭と目があったのですが、目があった牛の非常に悲しい目を僕は今も覚えています。その牛は確実に僕に視線を送ってきました。目があった瞬間、僕は牛たちが食肉としてトラックに運搬されているのだと悟りました。同時に涙が溢れてきました。(僕は幼少期から男は涙を見せるな、という考えを親から言われ育ちました。だから人前では涙を見せないようにしています。弟や父はほとんど涙を見せたことがありません。) 心の中で僕は「なにも力になってあげられなくて本当にごめん・・・・君たちが生まれかわったらいつかどこかで会おう、生まれ変わってくることを本当に願っている、本当にごめんね・・・」と語りかけてバイクを走らせました・・・同時に非常にやるせない気持ちになりました・・・僕は好き好んで肉を食しません。鶴ヶ島市で暮らし始めた頃、僕は二年ほど肉魚を一切口にしませんでした。その影響もあってか極力肉や魚を食しない生活を今も続けています。(忘年会や人との付き合いで食すことはありますが、食す前に心の中ですみません、いただきますと語りかけて食しています。)
ここ数年グルメ番組が増えましたが、僕はこの類いの番組に対して思うところ多々あります。

2018/12/20 (Thu) 17:51 | URL | 編集 | 返信
匿名希望の1読者 #6urEx/7U

工場畜産と放牧畜産

こんばんは

東洋経済の記事に工場畜産と放牧畜産の記事がありました。
日本などで主流の工場畜産には問題点があるみたいですね。
https://toyokeizai.net/articles/amp/46919?display=b

記事によるとEUは放牧畜産をメインにしているみたいですね。
放牧畜産というとイベリコ豚などが有名ですが、放牧畜産がメインになると肉は値上がりしそうですね。

考えさせられる記事でした。

2018/12/20 (Thu) 19:59 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

先日の食肉産業に関する弟の話で追記させていただきますことをお許しください。
弟の話によれば、職員さんたちは無表情に次々と的確に急所に刺していたそうです。急所を刺し違えると味が落ちるらしく、「ああいう"と殺"は、本来機械がやればいいんだろうけど、刺し加減等人間じゃないといけない理由があるんだろうね。」と僕に語っていました。何より施設内(畜産センター、"と殺場")に朝にはたくさんいた牛や豚が夕方には全くいなくなる、ということをしみじみと語っていたことを覚えています。その出来事が毎日続いている、とも強調していました。弟も仕事として割りきってやってるだろうけど、本心ではやりたくないと思っている職員は絶対いるはずだとあわせて強調していたことはいうまでもありません。

2018/12/21 (Fri) 12:13 | URL | 編集 | 返信
匿名希望の1読者 #6urEx/7U

海外のベジタリアン

おはようございます。

僕は普段はあまり肉はたべませんが、友人達とのつきあいで食べている感じです。

ベジタリアンの人の信念や実践は尊重しますが、どうも特に海外のベジタリアンは好きになれない部分があります。
海外のベジタリアンは一種のイデオロギーみたいな感じで、ベジタリアン的な価値観を他人に押し付けている部分があると思います。

最近の研究では、豚とかも結構、知能が高いということが分かってきました。
しかし、知能が高いから豚は食べるなという主張では、反捕鯨団体の知能が高いから鯨は食べるなという主張と全く同じになってしまいます。

もしかすると海外のベジタリアン運動にも支配層の工作員が紛れ込んでいるのかもしれません。

しかし、個人の実践としてのベジタリアンの人にはリスペクトの念があります。

2018/12/22 (Sat) 11:07 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

匿名希望の1読者さんへー匿名希望の1読者さんのコメントをかいつまんでコメントさせていただきますことをお許しください。

海外のベジタリアンは一種のイデオロギーみたいな感じでベジタリアン的な価値観を他人に押し付けている部分があると思います。→僕もそう思います。僕は映画に興味あるのですが、ホアキン・フェニックスさんという俳優さんとリブ・タイラーさんという女優さん(エアロスミスのスティーブン・タイラーさんの娘)が交際していて、リブ・タイラーさんがホアキン・フェニックスさんのベジタリアンに影響されて私もベジタリアンでいます、ということを語られている映画の雑誌記事で読んだことがあります。(のちに二人は別れたようですが。) ホアキン・フェニックスさんは故リバー・フェニックスさん(僕はリバー・フェニックスさんは暗殺されたと考えています。僕自身、リバー・フェニックスさんにまつわる不思議体験がありますが、割愛させてください。)の弟で、フェニックス兄弟姉妹は徹底したベジタリアンであることは知る人は知る有名なエピソードです。つい、最近知ったことですが、故リバー・フェニックスさんは1991年の雲仙普賢岳噴火後に極秘に被災地を訪れ慰問されていたそうです。

もしかすると海外のベジタリアン運動にも支配層の工作員が紛れ込んでいるのかもしれません。→実に鋭いご指摘ですね。同意します。種々の社会運動に体制よりの工作員が紛れ込んでいることは疑いようがないですね。僕は反原発集会にも同じことが言えると確信しています。

2018/12/23 (Sun) 10:07 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts