FC2ブログ

1703.アメリカで大谷翔平が逮捕されたのか?<大谷翔平の正体 PART3>

2018 クリスマス セクゾ
↑画像 2018クリスマスシリーズ16 セクゾ SexyZone

(1)1120大谷翔平凱旋帰国

 2018年12月19日の1本目です。「1701.大谷翔平の正体 PART2」の続きです。

1120大谷翔平凱旋帰国
何も無いのは
↑画像 1230時事研修会から転載

(2)大谷逮捕 司法取引

1122JFK暗殺の

大谷逮捕 司法取引
大谷逮捕 司法取引 1
大谷逮捕 司法取引 2
大谷逮捕 司法取引 3
↑画像 1230時事研修会から転載

(3)アメリカで大谷翔平が逮捕されたのか?

 2018年11月、アメリカで大谷翔平が逮捕されたという情報が既に入っています。しかし日本国内でも米国でも公式には何処も報じません。組織がマスコミを買収したのではないかといわれています。

 大谷翔平は1994年7月5日に、現在の岩手県奥州市に該当するエリアで生まれた。岩手県は小沢一郎のエリアです。口封じの為の資金は小沢一郎が出したのではないかといわれています。

(4)創価学会の旗=フランス&ベルギー国旗のパクリ

敵視構図
http://1230jijiken.com/6219

(5)「976.日本は世界最悪の人口減少国家ではないか?」へのコメント

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-1263.html#comment4001

猫山 #-

★あらゆる手段で減らされているのかも?しれません。

 こんな記事を見ました。実は、大正時代には50代の妊娠出産が多かったようです。

》平成24年と大正14年を比較すると、50歳代の出産は実に114倍もの違いがあったのです。

 大正時代といえば、戦前に子供がポンポン生まれた時期よりもずっと前で、人口も現代よりもずっと少なかったはずです。無論、体外受精や卵子提供といった高度生殖医療が存在すらしていなかった。にもかかわらず、毎年2000人以上の方が50歳代で出産されていたのです!

》戦後、昭和47年には一桁にまで減少し、現代では超高齢出産として、非常に可能性の薄い例外だと認知されてしまっているのです。

 高度生殖医療に関する補助金も原則42歳までという指針が出され、それ以上の年齢で妊娠を望んでいる方にとっては肩身の狭い風潮に感じてしまうのです。

 一方で、大正時代は高齢出産が社会的にそれほど注目もされてはいなかったのです。ちなみに、大正14年当時の40歳以上の出生数は、平成24年時の20歳代前半の出生数95,805人を大きく上回る132,433人もいたのですよ。

 今は、食べ物・就寝時間・運動量などが大正時代に比べて栄養面や時間、量が減ったり変動している為に早くから妊娠率が下がるようです。

 また、昨今はニュースなどで卵子や精子の劣化に高齢化が唱えられ、不妊治療の年齢制限などが設けられています。女性に家庭に入るように促すことが、あたかも性差別のように唱えられています。そう言われるようになってからは、専業主婦が叩かれるようになりました。

 私は、それは一種の呪詛ではないか?と思います。本来、女性には月一回の生理があります。軽い方もいれば重い方もいます。どちらにせよ、本来は男性のような働き方が出来る体質では無いと思います。なのに、男性のように働いて家事や育児、介護などまで出来るように求められているような気にさせられます。

 こうしたことも人口削減につながっている気がします。

2018/11/25 (Sun) 11:51 | URL | 編集 | 返信


↑頻繁なクリック、よろしくお願い申し上げます。

↓動画 HKT48卒業を発表した指原莉乃
t02200165_0400030011387494970.gif
スポンサーサイト

Comment

匿名希望の1読者 #6urEx/7U

陰謀、またはフェイクニュースの可能性

こんばんは

このニュースは容疑者の職業などを考えれば、権力者に都合の悪い研究をしていて、嵌められたか、このニュース自体がフェイクニュースの可能性がありますね。

なので、国家権力の濫用の可能性があると思います。

しかも、権力者は裸に対してマイナスイメージを植え付けようとしています。
また、権力者は猥褻の概念を都合よく設定してきたと思います。

これは、人口削減、男女の分断、表現の規制などのために、国家権力が濫用された事件だと思います。

裸や性器に対してのマイナスイメージや権力者が勝手にクリエイトした猥褻という概念自体を、払拭して表現の自由のために何かスピリチュアル的な手段や呪詛解除などの手段があるといいなあと思います。

2018/12/19 (Wed) 22:01 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts