FC2ブログ

1687.ファーウェイの孟晩舟最高財務責任者 保釈!

akb48_china_tieba20170928a.jpg
↑画像 AKB48中国姉妹グループ公式サイト画像とHTMLソースコードのニセ情報が漏えい まゆゆ 渡辺麻友
https://snh48.info/2017/09/15419/

(1)ファーウェイの孟晩舟最高財務責任者 保釈!

 今回は中国の話題がメインなので、冒頭の写真はこれにしました。

China Xinhua News‏認証済みアカウント @XHJapanese カナダの裁判所は現地時間11日、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟(もう・ばんしゅう)最高財務責任者(CFO)の保釈請求を許可することを決定した。
DuLSSZWXgAI2P7B.jpg
https://twitter.com/XHJapanese/status/1072650900324397056

★ネットゲリラ シェアを伸ばした中国を潰そうってだけ 2018年12月12日 11:54
http://my.shadowcity.jp/2018/12/post-14450.html

★ずくなしの冷や水 2018年12月12日 世界のIT業界が恐れる中国の実力
http://inventsolitude.sblo.jp/article/185185150.html

(2)ファーウェイ 2 <1はこちら

★Electronic Journal 2018年12月12日 ●「ファーウェーにのみ半導体を提供」(EJ第4909号)
http://electronic-journal.seesaa.net/article/463170735.html

★『文殊菩薩』 ファーウェイCFO逮捕で一石三鳥を狙う米国
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-9231.html

★ネットゲリラ やられたらやりかえす、世界の常識 2018年12月12日 01:43
http://my.shadowcity.jp/2018/12/post-14448.html

 <↑の記事から一部抜粋>中国がファーウェイへいじめへの報復としてカナダ人を捕まえたというんだが、このカナダ人、元外交官で北京大使館勤務経験があり、今はなんだか正体不明のシンクタンクのアドバイザーというので、まぁ、典型的なスパイだw 現役の外交官を捕まえるわけには行かないので、イザという時にはコイツを捕まえようと、以前からマークされていたと思う。~中略~

 アメリカは、IT技術でアメリカ以外の国が先行するのを許さない。日本がトロンOSを開発し、アメリカを追い越そうとしていた時には、技術者が乗った日航機を撃墜してまで、トロンOSを阻止した。今回は、次世代通信5G開発が絡んでいて、コレは中国が先行しているんですね。アメリカは、トロンOSを潰したように、ファーウェイの5G開発を潰したいのだろう。<抜粋終了>

 どのくらいいらっしゃるか判りませんが、熱心な拙ブログの読者はこの抜粋した部分に誤りがある事にお気づきの事と拝察致します。この文章ですとまるでアメリカが123便を撃墜したかの様な書き方ですが、まったく違います。残念な事にネットではこうした話が跳梁跋扈しています。

>トロンOSを潰したように、

 最近の記事に書いた通り、トロンは潰れていません。これまた残念な事にトロンは潰れた誤解している人々が多数派の様です。

★板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」 カナダは、中国の通信機器大手「ファーウェイ」の副会長・孟晩舟容疑者を拘束し、拷問、その指示を出したのは、他でもない新機軸派だった
https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/660a823a63f782e1ba56505997603f7b

★スピリチャル9条の会〜〜boosuka-asuka’s blog 神代ってどうよ?(5)・通信会社はなくなります。
http://boosuka-asuka.hatenablog.com/entry/2018/12/11/161910

★逝きし世の面影 中国ファーウェイとソフトバンクの提携
https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/1e52d24c35022cdd7fab7148781fc788

★弁財天 アフリカ進出とIBMのコンサルで拡大したファーウェイ update6
http://benzaiten.dyndns.org/roller/ugya/entry/huawei-africa-ibm

★ファーウェイとHSBCの連携プレイ 日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52035015.html

mko‏ @trappedsoldier アメリカがネットを使い世界中、すべてのメール・会話を盗聴している事実を日本のサイバーセキュリティ担当大臣が理解することは無理。だからファーウェイ問題も5Gも理解しないまま、米国に追随。なんと米国にとって都合のいい桜田大臣!
https://twitter.com/trappedsoldier/status/1072453996588228610

★逝きし世の面影 2020年に始まる次世代5G(第5世代通信)ヘゲモニー戦争(資料)
https://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/939f0a917d60ae91b5a442e1aac92fd2

(3)中国・朝鮮半島

★マスコミに載らない海外記事 中国とアメリカを比較する:経済は分化、警察国家は収束
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/12/post-131f.html

インドア派キャンパー 📣ⒻⒸⓀⓁⒹⓅ 🔥‏ @I_hate_camp 今の中国の経済力からすると、日本なんて武力侵攻なんか全く必要ない相手なんだよ。日本より良いモノを安く売るだけでいい。そしてそれは成功している。日本の半導体が韓国に壊滅されて久しいけど、それを全産業に対してやれるのが今の中国の国力。ミサイルどころか石を投げる必要もない。
https://twitter.com/I_hate_camp/status/1071694342526394368

よーすけ‏ @yoshimichi0409 カレイドスコープが米英支配層に依拠して反中国宣伝に忙しい模様。本性みたりという印象を受ける。米国一極支配の終焉が露わになり中露を軸とする多極的世界に移行しつつある現状を認めたくないのかも。フルフォード氏にしてもそうだがネオコンを批判するが本質は欧米支配の擁護者とみるべきだろう
https://twitter.com/yoshimichi0409/status/1071692000674476032

よーすけ‏ @yoshimichi0409 これ以上、日本は米国債を買い増しすべきではない。中国が大量に米国債を売却するとかサウジが米国離れを本格化させペトロダラーのシステムが崩壊すれば、一挙にそれは紙屑と化す。そうなれば円の大暴落を招くだろう。既に対米従属がリスクであるのは確か
https://twitter.com/yoshimichi0409/status/1071689304668168192

★中国で仕事する日本人が素直に感じた「このままだと日本ヤバい」
https://www.mag2.com/p/news/376210

★ソウルでは2021年から市内すべての小・中・高校で“オーガニック無償給食”施行、無料給食はすでに推進中
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=180201&pk_campaign=201301-blog-to-twitter

↑日本は見習うべきです

★黄金の金玉を知らないか? 日本を選んで後悔した中国人と1940年のシンクロ
https://golden-tamatama.com/blog-entry-1940-synchronicity.html

ᴹ ⁰ ₁ ⁷‏ @q_MW_p 中国人民解放軍のオペラ
http://kabanehosi.seesaa.net/article/187020701.html
母校の学習院大学の構内で中国人民解放軍総政治部歌舞団による中国オペラの特別公演を鑑賞された。宮内庁東宮職によると公務ではなく、私的ご活動との位置づけであった。中国人民解放軍は中国共産党の軍事部門であり、事実上の国軍
Dro-rnWVsAUoUb7.jpg
https://twitter.com/q_MW_p/status/1061230883632369665

(4)「1645.緊急投稿 ラブライブサンシャインのライブの前後に自然災害に見せかけた人工災害が増えている PART2」へのコメント46本の6~10

通行人 #-

★No title

 猫山さんへ。集団でのストーキングに関しては、様々な方々が参加(加担)している様ですね。新興宗教団体等は、全てではないにしても、洗脳されている方々は多いかと思います。

 静岡県東部は、割りと新興宗教団体が多いような感じもしており、伊豆半島ですと○光、伊豆の国市には○ールドメ○トもあります。最近話題の日本会議も、メンバーは様々な宗教者だらけですよね…。

 沼津市では日本会議系の国会議員に渡辺周氏がおりますが、Wikiによると渡辺周氏は前原グループ、前原誠司氏は天理教信者(日刊ゲンダイ・2011年11月29日記事参照)、前原誠司氏の妻(創価女子短期大学卒)、日本会議系の麻生太郎副総理はイエズス会、…と、権力側の方々が様々な宗教団体と繋がりがある様ですので、宗教系の洗脳手段が社会に及んでいても、不思議ではない状態なのかと思います。

 天理教に関しても、戦時中は旧日本軍と協力関係にあったそうで、アマチュア無線クラブという電波系組織が教団内にあるようですので、ストーキング系は可能ですね…。

 公安等の公務員の方々も、監視活動という名のストーキングをしている状態の様ですので、こういう方々にも税金が使われる為に、消費税がどんどん上がって行くのかなと思います。

 ラブライブサンシャインに登場する「ある○○店」の御親戚(創価)なんかは、創価本部からの指示で組織犯罪(集団ストーカー系)の指示を出している家ですので(傷害事件等の被害者が多数出ている状態)、同店が何故アニメに登場しているのか…さっぱり理解出来ずにおります。

2018/11/17 (Sat) 23:33 | URL | 編集 | 返信

猫山 #-

★通行人さんへ

 当時は集◯ストーカーなんて微塵も思いませんでした。当時は恐らく2ちゃんねるなどの大きな掲示板に義弟の情報を流されて、それを見た方々が面白半分でやっているのだろうと思っていました。

 私は福田さんのブログのコメント欄に幾度か書き込みをさせて頂きましたが、中学生時代に母親が入信した事で岐阜に本山を持つ◯光教に入信をさせられました。そこは通行人さんのコメントにあります、伊豆の◯光と分裂をした教団で、分教時の教祖は旧陸軍の方でした。

 本山は岐阜でしたが、教祖の死後の教団を継いだ書類上養女の妾は熱海に住んでおりました。そこも岐阜に続き、信者にとっての聖地でした。伊豆には宗教の施設が多いのは否めませんね。

 私は入信して数年後から、教団が嫌になり逃げ出すまでの約10年程、教団内の青年隊に志願入隊をするよう指導(大人から命令された…。が、正しいと思います。)を受けました。そこで、軍隊紛いの訓練と右寄り教育を受けました。年に一度、日本を守る会の奉仕活動もしていました。逃げるように脱会した後で調べましたら、それが日本会議の前身だとわかり愕然と致しました。

 こうした意味では、宗教に洗脳をされた立場も味わっているので集◯ストーカーになってしまう方の状況や心理状態もわからなくはありません。私の居た教団でも、脱会をしようとした信者の職場や自宅に押しかけてくると言う事がありました。私も現役時代に、命令をされましたが人が嫌がる事はしたくなかったので命令に背きました。それに対して、精神的に追い詰めるような事を言われましたし、自分の勤務先にも話をしに来ました。

 職場の方から変な目で見られました。瀕死の病気を患い退職をしましたが、自宅療養で回復して表に出られるようになった時に、町ですれ違いざまに声を掛けられ教団施設に来るように言われたり、夜自宅に電話が来るようになりました。執拗な振る舞いをすると思いました。長い冬眠期間を経て、おおよそ20年程在籍していましたが、母を説得してどうにか脱会して今に至ります。

 イエズ◯会と癒着があるのは麻生さんですか。確か、東北の人工地震にも関わる教団だったと何かの本で読んだ事があります。安倍首相は、表向き統◯教会との関係を指摘されていますが、岐阜の◯光と癒着があります。岐阜の◯光では信者に自民党に票を入れるように、指導をしておりました。

 天◯教も旧日本軍と関係があるのですか。それは知りませんでした。袋井市に天◯教の本山のような大きな建物があり、小学生時代にそこの幹部の娘さんに、おぢばがえりに誘われました。私の所属していた教団よりも善良な扱いを受けましたが、宗教なんて実は元ひとつなのか?と思いました。教えてくださりありがとうございました。

 日本の政治と新興宗教は強力な癒着があるように思います。よって、沼津のあるお店の御親類の◯◯か学会の方が集◯ストーカーの指示をするのなんて朝飯前なのかもしれませんね。そのお店、私には察しも付きませんがそんな曰く付きなお店までアニメ化なんて後ろ暗すぎます。そんなお店にまでお金を落とすファンが気の毒です。

2018/11/18 (Sun) 01:08 | URL | 編集 | 返信

ひろ #-

 「スチュワーデス物語」は当時ヒットしましたが、今振り返ると掘ちえみさん演じるスチュワーデスは自虐的で、教官に絶対服従的な視点で描かれてますね。まさに日本航空の体質そのものだったのではないでしょうか。教官とスチュワーデス実習生の色恋沙汰も日常的であったと推察されます。ちなみにスチュワーデス物語の主人公を演じた当時17歳の掘ちえみさんは確か大阪府出身でしたね。やはり、「スチュワーデス物語」は日本航空123便事件の犯行予告ドラマだと思います。

2018/11/18 (Sun) 03:16 | URL | 編集 | 返信

通行人 #-

★No title

 猫山さんへ。新興宗教団体は多数ありますが、○光も随分強引な対応をする団体との事、ヒドイです…。長い間、大変お辛い思いをされたんですね…

 一般的に、宗教団体は多数存在しますが、「ラブライブサンシャインと人工災害」の関係で、ポイントになっているのかなと私個人として推測している団体が、有名な「CSIS=戦略国際問題研究所」です。同研究所は、WiKiによると、イエズス会の神父が作った学院が元になっている研究所のようでして、東京財団=日本財団の下部組織と協力関係にあるそうです。

 ラブライブサンシャインというアニメで使用されている「ハンドサイン」は、バチカン(イエズス会)のメンバーが使用する「ハンドサイン」同じかな…と考えておりますが、まず、この点が人工災害との関係で臭います。

 同研究所(CSIS)は、防衛省や公安調査庁の職員の方々も関係している組織という事でして、安倍晋三氏(現総理)、麻生太郎氏(現副総理・イエズス会・純粋ではないアニオタ)、前原誠司氏(天理教信者・妻=創価)も関係の深い組織だそうです。因みにですが、多数の被害者を出してしまった「子宮痙癌ワクチン」を奨めたのも、CSISだそうです(同ワクチン接種を実現したのが、公明党=創価)。

 日本財団は「ちきゅう号」と関係している団体
ですので、「CSISや宗教柄み」と「ラブライブサンシャイン」が何等かの繋がりがある様でしたら、「ラブライブサンシャインと人工災害」とも具体的な繋がりが出て来そうな感じはしております。

2018/11/18 (Sun) 21:52 | URL | 編集 | 返信

猫山 #-

★通行人さんへ

 コメントをありがとうございます。ラブライブサンシャインとちきゅう号の関係性をありがとうございます。やけにラブライブサンシャインのイベントの前後に災害があると思ったら、そんな因果関係があるのですか。

 ラブライブサンシャインだけでなく、前作のラブライブで使われているハンドサインは恐らくイエズス会と同じではないか?と見ております。以前、どなたか様がブログで指摘をされておりました。無知な私には、CSIS=戦略国際問題研究所などと言う機関について知る由もなかったのですが、公安や政治家、防衛庁などの方々までが関連した機関だったのですね。

 NHKのラジオ番組で、10時間くらいのラブライブ特集をやったり、紅白に出場が決まるなど。深夜アニメ枠なのにやけにNHKにピックアップされていると不思議に思っておりました。また、それだけの組織がバックについていたら沼津市のラブライブサンシャインのマンホールに傷を付けたり、チケット偽造事件を捏造するなんて朝飯前かもしれないと勘繰りました。

 また、ラブライブサンシャインは献血キャンペーンもたまにしています。献血をするとラブライブサンシャイングッズが貰えるそうです。確か今秋も何かやっていました。何故か?と疑問視しておりましたが、ちきゅう号と日本財団が関係があったからなんですね。

 最近思っているのですが、ラブライブサンシャインに出て来る、黒澤ダイヤと黒澤ルビィの苗字は長野県の上野村の村長さんだった黒澤丈夫氏から取ったのではないか?と考えています。彼が大日本帝国海軍の方だったのですね。何かに付けて日航機撃墜事件を結び付けてキャラクターを作っているような気がしました。

 通行人さんのお陰で、ラブライブサンシャインのイベントの前後に災害がある理由が大変よくわかりました。ありがとうございました。

 2019年4月13日と14日に千葉県の幕張メッセ、2019年6月8日と9日に埼玉県のメットライフドーム、あとは後ほど追加公演発表ありでコンサートが予定されています。

 4月14日は2016年に熊本の大震災のあった日付です。4+14=18=666

 6月9日 6と9の公倍数は18=666 数字を逆にすると、2018年の北海道大地震の9月6日になります。何かしらの意図でその日付を選んだ可能性もあるように思います。

 ファンの友人の話によれば、東京ドームをコンサートの為におさえるのに1年〜1年半以上。メットライフドームは、西武電鉄グループでラブライブサンシャンのスポンサーゆえに比較的会場は取り易いと言われているようです。幕張メッセも比較的会場を取り易いとのことです。ゆえに日付を選んで次のコンサート会場を選んだ可能性もあるように感じています。

 ラブライブサンシャインの声優陣の解散予定が2020年頃だそうです。それまでに、横浜の味の素スタジアムや日産スタジアムでコンサートをするかもしれないと言う噂も出ております。南海トラフ大地震の他に、首都圏直下型地震や横浜大地震などの予想も流れています。長文にて失礼致しました。

2018/11/18 (Sun) 23:41 | URL | 編集 | 返信

(5)コメントを拝読して

>静岡県東部は、割りと新興宗教団体が多い

 これが「伊豆半島は新兵器の実験場」という状況と関連しているかもしれません。

>伊豆の国市には○ールドメ○ト
>有名な「CSIS=戦略国際問題研究所」です。

 ワールドメイトとCSISの関連について述べた記事を1687の(2)に再掲します。

>私の居た教団でも、脱会をしようとした信者の職場や自宅に押しかけてくると言う事がありました。

 創価学会でよくあるパターンですね

>長い間、大変お辛い思いをされたんですね…

 そのお辛い思いは、その後の人生で大きな力になっているのではないかと勝手ながら拝察致します。

>長野県の上野村

 →「群馬県の上野村」です

(6)絶望国家・日本

★晴天とら日和 (SEITEN TORA BIYORI) 【備忘録】「憤怒!森ゆうこ議員」参議院農林水産委員会.堂故茂委員長解任決議案 ("漁業法"審議中に重大な瑕疵が有った)趣旨説明! 動画&全文書き起こしました!
http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/52324301.html

★simatyan2のブログ 日本の<不都合な真実>
https://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-12425252440.html

★リテラ 池松壮亮主演、塚本晋也監督の時代劇『斬、』が訴えたかったもの! 日本の右傾化への無力感と警告が  
https://lite-ra.com/2018/12/post-4421.html

よあやゆ‏ @yoayayui このまま安倍政権が続いて、無法国家になり、軍事国家になりお子様は徴兵され、人権は失い奴隷となり、消費税20%、年金も無くなり、財産は没収され、気が付いたらあの程度の政治家に日本を支配されたと後悔してもいいなら、今後も冷やかに生きれば良い事。私は絶対に嫌です。日本が無くなるのは。
https://twitter.com/yoayayui/status/1072408150807060481

★「大学生を見たことがない」子どもたち…日本が抱える貧困問題 貧困家庭の子どもを低学力にする本当の理由 三木いずみ
https://media.moneyforward.com/articles/2291


↑頻繁なクリック、よろしくお願い申し上げます。

↓動画 山下智久
f6a8151c5edf8c1cab46ff0eb4184.gif
スポンサーサイト

Comment

猫山 #-

崇◯真◯と安◯◯三首相。

https://blog.goo.ne.jp/omitamacrash/e/262b9aa141f53f85ca27eb709d1837d9

 近頃、森友学園や加計学園問題で野党から追及されている安倍首相。あまり知られていませんが、彼は崇教真光の組み手(信徒)です。
 立教50周年大祭(2009年)の際に寄せられた安倍首相からの祝辞が機関誌に掲載されているのですが、その中でこの様に言っていました。

「私は今から十年程前に、今日もご出席の石原伸晃先生と山本有二先生にお導きを頂き初級研修を受講し、神組み手の末席に名を連ねさせていただきました」

 お導きというのは勧誘のことです。
 これによると安倍首相は現在内閣府特命担当大臣・経済財政政策担当の石原伸晃氏と、農林水産大臣の山本有二氏に誘われて真光に入信したようです。安倍首相はあちこちの宗教団体と仲良しの様なので、真光も票集めの一つなのでしょうか。

 祝辞ではこの様なことも言っていました。

「今、私達は世界的な試練を迎えています。今後も困難は続いていくと思います。しかし、そういう時こそ精神世界の重要性に目を向けなければならないと思うところでございます。昨年の秋季大祭におきまして、教え主様は『物質文明から精神文明へ』というお話をされました。正にその通りで、精神の世界が栄えていけば、様々な困難も乗り越えられ、荒んだ世にならずに済むのではないかと思う次第であります」

 安倍首相は崇教真光が目指している精神文明世界を“正にその通り”と肯定していますが、真光でいうところの精神文明とは「霊主文明」のことです。物事を全て霊的に捉え、神理正法(真光の教え)を生活の中心に据えた心霊を主体とする文明世界のことをいいます。
 真光でいうところの意味を知らずに、“物事に対する心の持ち方”という一般的な“精神”の意味だと勘違いしてうっかり言っちゃったのかな……。
 もし、本当の意味を理解した上で“正にその通り”と本気で思っているとしたら、安倍さんはこの日本を国民全員真光信者でオカルト文明栄える美しい国にしたいと思っているということでしょうか。ゾッとします。

真◯誌という教団誌に載った安倍首相
https://pbs.twimg.com/media/C8rifcYV0AAVgzt.jpg:small
https://pbs.twimg.com/media/C8ril-tUQAAKQHZ.jpg:small
2016年に亡くなった2代目教祖にお悔やみの言葉も捧げていたようです。
https://pbs.twimg.com/media/C8rinarUMAAitVu.jpg:small

https://togetter.com/li/1100851?page=3

この岐阜の◯光の本山の地下にも地下原発があると思います。
私は1988年に入信をさせられましたが、この本山は
ノアの箱舟をイメージして作られたと説明をうけています。
災害時にここに避難できた信者は神様のご加護で助けて貰えると言っていました。
当時の話だと、食料や生活必需品の備蓄、電力も蓄えられるシステムだと聞いております。
今、思うと電力を蓄えるではなく発電しているんじゃないか?と思っています。

また、本山とは別に市の公認の水力発電所も所持しているようです。
http://www.city.takayama.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/001/988/117719.pdf
以下がその発電所の画像です。
https://search.yahoo.co.jp/amp/s/kunishima.hida-ch.com/a654158.html%3Fusqp%3Dmq331AQJCAEoAVgBgAEB



2018/12/12 (Wed) 23:04 | URL | 編集 | 返信
高脂血症 #yHhoyxGM

BSで映画バックツーザフーチャーを見て思った事なのですが、

JAL123便の事件については私も大変印象が深く、33年たっても真実が国民に解明されない事を歯がゆく感じます。

12月10日、21時にNHK BS で映画バックツーザフーチャー1が放送されていて、見たのですが、

この映画は、1985年(JAL123便撃墜事件の年)に公開されていて、プルトニウムを燃料にして大きなエネルギーを使って30年後の未来へ科学者のドクが行く予定が、プルトニウムをいんちき兵器と交換した事がアラブのテロリストにばれて、怒り狂ったテロリストに、出発直前に攻撃されて、本来、科学者のドクが30年後の未来へ行く予定が、マイケルJフォックス演じる高校生のマーティが30年前の過去へ行って戻ってくると言う話なわけです、

(帰りはプルトニウムがないため、稲妻のエネルギーで1985年に戻る話なわけですが・・・・、)

プルトニウム(核燃料)、稲妻(JAL123便が自衛隊の戦闘機からのミサイル攻撃を思わせる)、次元転換装置(過去、未来へ行ける)、この映画は1985年の時点で、そういうテクノロジーは実はもう存在しているんだよ、と言う遠回しのメッセージなような気がします。

一般庶民には公表できないけど、でも、そういう技術は実はもう1985年の時点で実用化しているんだよ、と遠回しに伝えようとしているのでは、と。

映画の最初と最後に日本製のパナソニックのロゴの入った時計が出てくるのですが、その実験、技術に日本は関わっていると言う事を日本製の商品を出す事によって良識のある製作者が一般市民にも伝えたいのではないかと・・・・(私の考え過ぎかもしれませんが)。

後、フレディマーキュリーさんの現在公開されている映画を映画館で観ましたが、この映画も、クィーンは日本と関わりがあると言うような事を小道具を通して伝えているのではないかと思います。

最初のツアーは日本だとエージェントが売り出し始めのクィーンのメンバーに伝える所、ボーカルのフレディさんの室内でくつろぐ時の格好が日本の襦袢である事、室内の壁に赤い豪華な振袖をインテリアとして飾っていること、

それと玄関に日本のお札を貼っている所。(フレディが室内でくつろぐ日本の襦袢も赤系統のもので、豪華な室内の壁にインテリアとして掛けている刺繍のかなりほどこした豪華な振袖の色も赤)

後、フレディさんが曲作りに専念するためにイギリスの田舎にメンバーとともに引きこもるのですが、その際に花瓶に飾った青い沢山の花が作曲に専念するフレディの横顔の対比として置かれているのですが、

わざと青い花がぼかされていて、正直に私の意見を言いますが、クィーンの曲作り、作詞作曲、編曲、ファッションや演出にかなり多くの人間が関わっている事を表しているような気がします。

無名の人間として表に出る事は決してない人達(ゴーストライターなど)がクィーンの曲作り、ファッション、演出に関わっていて、その人達の存在を青い花として表しているのではないかと(比喩、メタファーとして表現しているような気がします)。

クィーンの方達はスーパースターの時期も飛行機は一番安いエコノミー、搭乗手続きも自分達で行い、かなり謙虚で控えめな人達だったそうで、あれだけ売れれば天狗になってもいいのに、売れている間もかなり地に足のついた人達であった理由は、人柄がいいだけではなく、会社で言うと受付、営業の立場であって、曲作りなど、そういう部分は他の部署の方達が請け負っていたからではないか等と私は勘ぐってしまっています(クィーンファンの皆さま、ゴメンナサイです)。

映画ではエージェントにかなり生意気な口をきいているのですが、現実は、そうではなく、かなり従順に上の人達からの指示を忠実に遂行していたのではないかと。

スーパースターと言うよりも真面目なサラリーマンのような感じだったのではないかな~と・・・・・。

私の考え過ぎかもしれませんが・・・・・。

2018/12/13 (Thu) 00:12 | URL | 編集 | 返信
高脂血症 #yHhoyxGM

BSで映画 バックツーザフーチャーを見て思った事なのですが2

後、フレディさんの子どもの頃の写真が出てくるのですが、父親が、フレディさんがあまりにもきかない子どもだったために寄宿舎のある学校へ入れたけど、全然態度が改まらなかった事を嘆く場面があって、ちょうどその時にエージェントから電話が来て、その場面から、フレディさんが父親の所から、スーパースターとして、大きな体制側に取り込まれる流れが出てくるのですが、

私は寄宿舎で、フレディさんはかなり大きなトラウマを負ったのではないかと思います。

性的嗜好に関しては個人差があるわけですけど、フレディさんの場合は、子ども時代にもしかしたら性的被害を受けた可能性もあるのではないかと(イギリスの歌手のピート・パーンズさんがそうで、ピートさんも最初は女性と暮らしていましたが、最初の妻と離婚後は男性と付き合っていた)。

フレディさんの場合は最初のGFと籍は入れていないようですが、でも、母国の問題がなければ(インドとパキスタン)、多分イギリスへ来る事はなく、イギリスでアイデンティティーを確立するためには極端な方法を取らざるおえなかったのではないかと・・・・。

クイーンのメンバーの方達は、フレディさんも含めて税務署や会社に真面目に勤める勤勉なサラリーマン、公務員のように上からの指示を忠実にもくもくとこなしていただけなような気も・・・・・。

一般庶民の子弟がそれなりの成功、豊かな生活を送るための妥協として、その辺りは大人として対応されていたのではないかと。

フレディさんは家族の所から離れて最後は家族の所へ(父親の所へ)帰ってくるわけですが、フレディさんが早死にしたのも、仕事よりも家族や恋人を優先したからではないかとも。

バンドよりも家族を優先したのが気に入らない人がいて、それが早死にした理由のひとつではないかとも。

フレディさんの玄関に多分高野山のお札ではないかと思います、そのお札を中間にフレディさんとフレディさんの(その当時の)BFが言い争いをする場面があるのですが、

フレディさんのBFは、フレディさんの人生の指示者として、かなりフレディさんの人生、人間関係に干渉していて、お札はフレディさんとBFとの個人の関係(痴話喧嘩)ではなく、クィーンと言うバンドの所有者の方がかなりメンバーの人間関係にも干渉していた事を(多分)高野山のお札が表しているのではないかとも。私の想像の域は超えない話なわけですが・・・・・。

ある人の存在を写真や名前(クレジット)として映画に出すわけにはいかない、でもクィーンと言うバンドの成り立ちに重要な役割を果たしている、指示を出している、協力している人達も入れたい場合は、じゃあ、どうするか、その人を思わせるようなものを置けばいいわけです。豪華な赤の細かい刺繍の沢山入った振袖とか、お札とか、青い花などに。でもこれはあくまで私の想像の話で、私の思い違いかもしれません。

青い花も日本のお札も豪華な振袖のディスプレイもインテリアのひとつで、私の考え過ぎだよな~とも。

2018/12/13 (Thu) 01:05 | URL | 編集 | 返信
高脂血症 #yHhoyxGM

BSで映画を観て思った事なのですが、3(訂正)

私の勝手な頭の中の妄想な話なのですが、

バックツーザーフーチャー1は、1985年8月26日、深夜01時35分に、科学者ドクが30年後ではなく、25年後の世界を見に行く予定だったのですが、アクシデントがあって、科学者のドクではなく、ドクの友達である高校生のマーティーが、30年前の過去へ時間旅行をする話でした。

無事元の世界(1985年)へ戻って、科学者のドクは、切りがいい数字だからと25年後の未来ではなく、30年後の未来へ旅立って、またすぐに1985年の時間へ戻ってきて、マーティーとそのGFとともに、さらに先の未来へ、時間旅行へ行く所で映画1は終わります。

映画1の中でパナソニックのデジタル目覚まし時計、AIWAのポータブルウォークマン、SONYのビデオカメラなど、日本の製品が出てくるのですが、もしかしたら次元転換装置に表された高度なテクノロジーは1985年には存在していて、日本、または日本の企業(パナソニック、ソニー、AIWA)も関わっているんだよ、と良心のある製作者のひとりが映画を通して一般庶民にも伝えようとしているのかもな~とも思います。

1955年に洗面所でおでこをぶつけて、そこで次元転換装置がひらめいたと科学者ドクは話していましたが、私はもしかしたら1955年の時点で、基本となるものは出来ていたんじゃないかとも思います。1985年に帰る時に、1955年のドクが、デジタルの時計の隣にアナログの時計を置いて、アラームが鳴ったらスタートしろと高校生のマーティに指示するわけですが、実は1955年には、構想ではなく、基本は出来て活用していたんだよ、とも言っているような気がしました。(アナログの時計とデジタルの時計を横並びに揃える=タイムマシーンは基礎的なものは1955年に完成していると言う表現、比喩?)

映画とJAL123便を無理にこじつけていると言われても仕方がないかもしれませんが・・・・・。

映画の中で、常に3Dの眼鏡をかけた悪役ビフの取り巻き、バルカン星から来たダースベーダー、地球上の人の言う事はきく気はないと、宣言するマーティの父親、

魅惑の深海パーティ、落ちぶれたビフが、車のワックスを2回かけますと、2回を繰り返して言う所、目標時間、現在時間、出発時間が揃わないと時間旅行には行けない事、落雷までの時間は約7分22秒、140キロでタイムワープが出来るのに、マーティーは150キロ出してみせると言うセリフ、帰りのプルトニウムを忘れる所だった、これがないと帰ってこれないと言うセリフ。

デロリアンに車体に粒子分散できる成分を吹き付ける事により時間旅行が可能になると言う話、47歳の自分を見に行って欲しいとダグに頼むマーティ、車内にいる人は時間旅行を意識していないと言う話、目標時間をアメリカ建国記念日、イエス・キリストの誕生、そして、25年後の未来へ設定する理由。

SF小説、宇宙からの訪問者と言うフィクション雑誌に夢中なマーティの父親、過去に干渉する事により、ルーザーだったマーティーの家族が、勝ち組として豊かな生活、高等教育も修了し、教養のある家族と変化していた事、ビフの家であるタネン家とマックフライ家との攻防。

映画ではタイムマシーンの技術を使い、過去や未来へ干渉し、お互いの家を盛り立てるためのパワーゲームとなっているわけですが、ただの映画とは言えない話も、もしかしたら盛り込まれているのかも、とこちらのHPやコメントを読むと、そううがった見方をしてしまっています。

2018/12/13 (Thu) 15:59 | URL | 編集 | 返信
高脂血症 #yHhoyxGM

人類最初のタイムトラベルは1985年8月26日01時20分0秒。

書き忘れた事なのですが、映画の中で、科学者のドクが、愛犬のアインシュタインを車に乗せて、遠隔操作を使い、人類最初のタイムトラベルの実験をして成功した時間が、1985年8月26日、01時20分0秒で、1分後の01時21分0秒に戻ってくるのですが、ドク博士は乗客はタイムトラベルを意識していないと(今の旅を意識していないと)叫びながら最初のタイムトラベルの成功を喜びます。

01時20分と言う表現は分かるのですが、0秒まで入れなくてもいいと思うんです、書かなくても0秒なんだ、ちょうどぴったりの時間なんだろうと観客も思いますから。

1分後の01時21分0秒と言う時間も、微妙な時間だな~と思うんですよ、私だったら1分後ではなく3分後とか15分後とかにするかな~なんて・・・・・。

01200 01210

分を足すと3になりますから 123便を思わせる数字の羅列だと思うのは私の考え過ぎかもな~とも思います。

映画の中のドクの、遠隔操作と言うセリフを聞いて、JAL123便は自衛隊機からの威嚇や威嚇射撃、実際のミサイル攻撃からだけでなく、遠隔操作により、かなり運転の自由が制限されていたとしたら、とこちらのHPを読んで考え込む事もあったので、映画とJAL123便の事件との共通点を私は無理やりこじつけているかもしれませんが、一応、こういう映画がありましたよ、と聞いて欲しくて投稿しました。

(後、よく投稿されている猫山さんの投稿が大好きです。私の実家も男尊女卑の傾向の強い田舎の地域ですので、猫山さんの鬱屈感は分かるような気がします、

普通は平均寿命は女性の方が男性より長いですが、こちらの方では、女性の方が早く亡くなる場合が多いです、お墓参りなどへ行って、お墓を読んでいると、4世代前から現在、つい最近まで妻の方が全員先に亡くなっているなど、田舎はきついです。ナイナイのお見合い番組を見ると、早死にするよと抗議の手紙を書きたくなりますよ、田舎は女性や子どもは大事にされないよと事実をきちんと伝えたいです)。

2018/12/14 (Fri) 12:09 | URL | 編集 | 返信
高脂血症 #yHhoyxGM

デロリアンがタイムワープする後に続く2つの炎の軌道。

タイムマシーンであるデロリアンがタイムワープした後に続く2つの炎の軌道は、私は、デロリアンのカッコよさを引き立てるための演出、と考えていましたが、JAL123便に追尾していたファントム機2機、またはファントム機から発射された複数(2発以上)のミサイル攻撃(または核兵器などの最新兵器の使用)を思わせます。

JAL123便の被害者の方で、兵庫県から東京ディズニーランドとつくば科学万博を観光、帰りの飛行機であるJAL123便に乗っていた3姉妹の遺体は、父親はこんなの人間の遺体じゃない!と叫ばせる程、ひどかったそうです。

私は3姉妹の座っていた座席が、ミサイル攻撃の際、かなり近い所にいたために、遺体自体がありえない位の惨状になってしまったんじゃないかと思っています。

言いづらいのですが、ミサイル攻撃の直撃と言うか、ミサイルの当たった部分のかなり近い座席だったのではと。

映画では、デロリアン(タイムマシーン)が消えた後に続く2つの炎の軌道は、デロリアンの格好良さを協調するためと思っていましたが、2つの戦闘機、2つ(以上の)ミサイル攻撃、を表現しているんじゃないかと思います(←私の考え過ぎだよ、と言われればそれまでなのですが)。

後、スーパースターである売れっ子のクィーンのメンバー達が空港で、自分で自分の荷物であるトランクを引いて、自分達で(お付きの人もなし)搭乗手続きをしていたと言う話は、 自由気ままな地球人の今日も良い日な毎日、レッツゴーさんのHPに載っていて、レッツゴーさんがイギリスに住んでいた時に、イギリスの空港でクィーンのメンバー達が他の乗客の人達と一緒に手続きをしていて、クィーンのボーカルの方が赤ちゃんを抱いていたレッツゴーさんの赤ちゃんに優しく微笑みかけてくれたそうです。

スーパースターではなく、真面目で謙虚な、大人しい静かな感じの人達だったそうです。

レッツゴーさんのHPにもJAL123便についていくつか記事が挙がっています。

JAL123便の真実が一般市民にも公開される事を私は・・・・・・。

2018/12/14 (Fri) 15:00 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

高脂血症さんへ

私に対しますコメントをありがとうございます。
私の実家の方では旦那様が先に他界するケースが多いです。
大体のお家が、夫の家に同居になります。
先に旦那様が逝ってしまうお家は大体が、旦那様方の親と小姑対奥様(あまり使いたくない言葉ですが、お嫁さん)と言うパターンで板挟みになり心身を病み無くなると言うケースが多く見られます。
仮に奥様が長生きをしておられても、若いうちに精神を病んで精神科通いをしていたというお話は多分に聞きます。

子どもも、跡を継ぐ立場の子は持ち上げられます。
しかし、その跡を継ぐ立場は親・親族らから精神的な圧力を受けます。
跡を継ぐ立場でなければ、性別などで虐げられます。

何れにしても、田舎は優しくないというのが私の印象です。
みんなと同じでないと八分にされてしまいます。

高脂血症さんが書いて下さっていたタイムトラベルのお話、興味深く拝読をさせて頂きました。
恥ずかしいですが、私はバックトゥーザフューチャーを見たことがありません。
しかし、高脂血症さんの書いて下さっていることからストーリーなどを想像をしては映画でもって伝えようとしている事はあるように感じました。

2018/12/14 (Fri) 16:06 | URL | 編集 | 返信
高脂血症 #yHhoyxGM

猫山さんへ

返信ありがとうございます、私の周囲は農家が多く、女性(お嫁さん)の労働量が半端じゃなく多いんですね、これじゃあ、早死にするよな~って・・・・・。

農作業もきついけど、女性は家に帰っても休めず子どもの世話、夫の世話、夫の両親のお世話(介護)など、気が休まる暇があっただろうか?、と思います(お墓参りの時、墓石を読みながらそんな事を考えてしまいました)。

食事の支度だけでも大変なのに、昔の女性はすごかったとも言えますが、でもやはり体を使い果たして夫よりも先に亡くなる人が、ここら辺では割合多いような気がします(統計を取ったわけではないのですが)。

私の住んでいる地域は東北の太平洋側で、半世紀前までは、凶作でも娘は売らなかったと言うのが自慢になる地域で、衣食足りて礼節を知るではないのですが、宗教にはまる余裕もない感じです(でも家族仲いいかと言うとそうでもない・・・・・)。

後、私の身内でもひどい結婚生活で精神科へ通う女性が3人もいて、夫の方は知らんぷりと言う感じです。

嫁=家畜と言う感じなのかもな~と思います。または、壊れない家事ロボットと思っているのかな~・・・・・。

愛情や信頼があって結びついたカップルではなく、世間体、外聞を取り繕うためだけの関係と言うのは言い過ぎかもしれませんが、それに近いかもしれないです。

親が世間体や外聞と一体化しているので、もうお前なんか親じゃないって感じですよ(そういう意味では猫山さんの所と似ているかな~)。

後、バックツーザーフーチャー と言う映画はアメリカで1985年7月3日公開、日本では同年12月7日に公開された映画で、123便の事件とは関係ないと言われればそれまでなのですが、

事件が起こる何年も前から、計画されていたと言う内容の記事をこちらのHPで読んで、もしかしたら、こういう事故や事件を事前に知っている人が、真相を映画の中に、しのばせたかったのかな~とも思ってしまいました(私の気のせいと言われればそれまでですが・・・)。

バックツーザフーチャーは地上波でも時々再放送されるので、もし機会があったら観てみて下さい、単純に娯楽としても楽しめる内容だと思います。

後、主人公マーティーのライバル、ビフはトランプ大統領をモデルにしたそうです。

それと、タイムマシーンであるデロリアンの操作の方法を、科学者のドクが高校生のマーティに教える時に、目標時間の例として、アメリカ建国記念日、イエス・キリストの誕生、そして1985年から25年後の2010年後の未来へ、と数字を入れる場面があるのですが、

アメリカ建国記念日、イエス・キリストの誕生と同じ位のビッグイベントが1985年から25年後の2010年に起きる予定なんだよ、と言いたい気がするんですよ。

映画の最後では25年後は止めて切りのいい数字、30年後、2015年の未来旅行へ行ってくるね、と科学者ドクはマーティの元を去っていくわけですが(その後すぐに戻ってきちゃうのですが・・・・)。

もしかしたら東日本大震災レベルの出来事を2011年ではなく、2010年に持っていきたかったのではないか、と思う時があります。

ペリマリさんのプラプラ講義と言うHPの中で、東日本大震災の前の年、2010年夏に、スカイツリーを中心とした人工地震と核爆発を起こして日本を終了させる予定だったのでは?、と言う記事を読んだのですが(その予定を翌年の東日本大震災へ変更した)、もしそれが本当だとしたら、為政者の考える事は庶民である私にはとうてい理解できない話です。

HP、自由気ままな地球人の今日も良い日な毎日レッツゴーさんの記事の中で、マックス・イーガンさんとマーク・パッシオさんのインタビュー記事の中で、そういう方達の理屈、ものの見方などが紹介されていて(YOU TUBEで見れます)、早速見て嫌になってしまいました。

何が事実で、何がウソなのか、それに対しての思考力、判断力が奪われた、自分で判断する自信を持てない教育を受けてしまった人間の哀れさを、私は私自身に感じる事が多いです。

猫山さんも、かなり勇気を出してものを言っているんだと思います。正直に自分の気持ちを言う、書く事による弊害やデメリットを覚悟されてそれをしている、私は猫山さんのような人がいるだけで、かなり違うし、私も猫山さんのようになれたらいいな~と思います(私の場合は、その場から逃げるとか、消極的な態度しか取れないんですよ、でもベトナム戦争でアメリカが負けた要因のひとつが、アメリカ人の若者がカナダやメキシコへ逃げて、兵隊になれる人が徹底的に不足した事も大きかったそうなので、イエスと言えない、肯定できない場合はその場から逃げるだけでも違うよな~とも思います)。

身内や親しい人の間では、出来る限り自分の今の気持ちを正直に話すようにしているんですよ、取り繕っても仕方がないし、世間体や外聞は大事だけど、でも私の目の前にいる生きている人間の方が大事です。

長くなりましたが、猫山さんの幸せを願っています。

2018/12/15 (Sat) 15:52 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

高脂血症さんへ

お返事をありがとうございました。

今、お年を召されて亡くなってゆく私の実家付近に住むお年寄りの殆どが政略結婚やお見合い結婚だったと聞きます。
私の祖母は、18くらいの時に一人で野良仕事に出て、帰りにすれ違った方に「結婚おめでとう。」と言われて、なんのことやらわからずに帰宅したら近所の家に連れて行かれて、「今日からおまえは、この家の人。」と言われたそうです。

そんな形で結婚を強いられた祖母ゆえに、自分の子や孫の感情を汲もうとする姿勢に欠けていたように感じます。
亡くなってしまったので、良い人として語り注がれています。(苦笑)
私は祖母に対する恨みや憎しみはありませんが、生前の祖母が自身の経験上良かれとして私にやってきた事に対して許し難い事も多少あります。
祖母云々というよりは、祖母が若い頃の国の方針や地域のしきたりに腹が立つと言うのが本音です。

母も婿養子を迎えて結婚をしましたが、その夫はDVをするような人間でした。
父は今だったら虐待と呼ばれる行為をしながら私を育てました。
それでも祖父母は娘を離婚させずに同居生活をしていました。
母は、心の拠り所が欲しかったようで娘の学力不振と粗悪な素行不良を理由に新興宗教に入信をしました。
その新興宗教も元軍人が開祖した為に、戦前や戦中の国家の方針をそのまま教えに組み込んでいたので、結局DVを振るう夫でも家長と見立てて妻や子はひれ伏さなければならないというものでした。
その為に、信仰はしていなかったけれど父は踏ん反り返っておりました。
父は戦後世代ですが、軍歌や戦争映画を好み男尊女卑を賞賛を唱えるような人物ですのでその方針にはすぐに順応しました。
その為に、子である私にはプライバシーはほぼ皆無でした。
親の意に反する事をすれば、暴力と詰問が待っていました。

恐らく、奥様が病気や早死にをするお家はこんな風にストレスがかかるお家だったのだと察します。
私の元夫を含め、私が知るご夫婦の旦那様の中にも奥様が病気でも放置の家庭はたまに見掛けます。
私の親の世代から上の世代の方の中には、それに対して「奥さんが弱すぎる。甘えてる。」などと言う方が多く見受けられました。
その逆のパターンも然りですが。
いつか自分が苦を味合わされたからと、後世の方が苦しんでいても同じ事に耐えろと言う方がいます。
支配をされている事に気付かないと、人としての感情を奪われてしまうのだと感じます。

私の家にはテレビが無いのでDVDを借りてこないといけないです^_^;。
バックトゥーザフューチャーもずいぶん昔に友達からストーリーを聞いて興味を持ちましたが、見る事が出来ていない作品の一つです。
バックトゥーザフューチャーの中にも仄めかしが多分にありそうですね。

たまに、福田さんのコメント欄に書かせて頂いた事がありましたが、2009年8月11日に駿河湾沖で震度6くらいの地震が起きました。
学説では、南海トラフ大地震とか東海地震だとか色々言われていました。
実際は人工地震だったと言う説もあります。
密かに811と呼ばれています。
もっと巨大地震にするつもりが失敗に終わったようです。

そう考えると、候補の中には2010年に大きな災害を起こす計画もあったのかもしれません。
1985年の10年後の1995年に阪神淡路大震災を起こしていますので。
ちなみに、ネット上のうわさですが2020年のオリンピック前に南海トラフ大地震が起きるとも書かれておりました。

私に対して励ましのお言葉をありがとうございました。
匿名であっても書く時には覚悟は要するものです。
ただのおばさんで、自分では穏便に生きたいと思っていましたが何故か幼稚園に上がる前くらいから、大人の事情に巻き込まれるようになりました。
まわり道のような生き方をしているうちに、何かと体験をすることになりました。
二十歳くらいで、おかしいと思うことを実名投稿厳守の新聞のオピニオンコーナーに投稿をするようにもなりました。
(新聞社が世に出したくない内容は却下されておりました。)
親には「おまえは子供の頃から頭が悪かったから、世間様を斜めに見るようになった。普通に生きていたらそんなことは考えない。不器用過ぎて憐れむw(←皮肉な笑い方)」と言われていました。
離婚で再び実家の姓に戻った事で「見苦しいから投稿しないで。」とキツく言われたことで投稿をしなくなりました。(苦笑)
しかし、どんな形でも声を上げなければ世の中は変わらないと思い、自分が体験した事などで理不尽と思えた事はネット上で書かせて頂くようになりました。

高脂血症さんには、私が知らなかったバックトゥーザフューチャーから見える1985年の事を教えて頂きましたこと、感謝申し上げます。

2018/12/16 (Sun) 17:51 | URL | 編集 | 返信
高脂血症 #-

猫山さん、返信ありがとうございます。

丁重な返信ありがとうございます、こちらこそ、猫山さんの記事からいろいろと勉強させていただいて、私の頭の悪さが、猫山さん達のお陰でかなり薄まったと思います。ありがとうございます。

あとゼメキス監督の作品は外れがないと思います、どの作品も面白いと思います(私が見ていない作品で駄作もあるかもしれませんが・・・・・)。

同じ監督作品で永遠に美しく(英語では彼女には死がお似合い)という作品も面白いので、もし機会があったら観てみて下さい、こちらは単純にコメディとして楽しめるものだと思います。

私はバックトゥーザ フゥチャーは地上波で何回か見ていて、その時はただ単純にコメディとして楽しんで観ていたのですが、今回は録画したので繰り返し見ることが出来ます。

2,3はまだ見ていないのですが、3は2018年12月24日、NHK BS、クリスマスイブの21時に放送する予定です。

クリスマスイブの24日に3を放送することに何か作為的なものを感じてしまうのは、私の考え過ぎかもな~とも思うのですが・・・・。

昨夜、見直してみたら、ドク博士が右腕と左腕にそれぞれ違う腕時計をつけている事、これは右が未来、左は過去と、時間旅行はもう最初の段階で(映画の始めの段階で)やっているんだよ、と伝えたい気がするんですよね(過去や未来は操作できると言う比喩?)。

後、映画の最後の方で、主人公の高校生マーティが1955年から1985年に戻る際、10分早く戻るよう設定し直すのですが、その際、1985年、01時23分の深夜に主人公のマーティにとって本来の時間軸に戻る事が出来ます。

123便を思わせる数字、 123 の羅列がところどころに出ている気がするんですよ。

マーティが過去の自分の父親に深夜、バルカン星から来た宇宙人、ダースベーダーに扮して、ロレイン(マーティの母親)をパーティに誘わないと脳を溶かすぞ!と脅す場面があるのですが、ぐっすり眠る父親の横のアナログ時計が01時23分を指していて、ここでも123 。

私が気付かない部分でも、いろいろと隠されたメッセージがあるような気がします。

映画1では、マーティのGF が2では姿形はかなり似ているのですが、違う女優さんを起用していて、ひとりの女性をふたりが短時間ですが演じているんですよね(1に出ていた女優さんは家族の看病という個人的理由で降板)。

映画の主人公マーティ役も最初は違う俳優さんだったそうですが、どうしても監督のイメージとは合わないと言う事で、マイケル・j・フォックスさんが再起用されたと言う経緯があるそうです。

ひとりの人間をふたりの人間が演じる、これも、影武者がいるんだよ、ひとりの人間をかなり似ている複数の人間が演じているんだよ、と言うメッセージじゃないか?、こちら側にいろいろと楽屋裏を教えたい人が映画製作者側にいるんじゃないか、と思います。

後、ドク博士はテロリストから、使い物にならないパチンコを改造したインチキ兵器とプルトニウム12本を交換して、それで時間旅行をするわけですが、1955年に戻った時に1本は使いましたが、あと11本、プルトニウムは残っているわけです。後、11回、過去や未来へ行けると理屈としては言えるわけです。

ドク博士の演技がエイリアン・コヴァメント に出てくるデヴィットとよく似ているな~と思うんですよね、目の動きとか、話し方とか、動作とか手振りとかが・・・・・。

基本、目の瞳孔が常に開いている感じがします。戦争や空襲などで強度のストレス状態を長い間受けた民間人や兵士の人と同じ表情に近い人間のしぐさ、動作、顔の表情だと私は感じます。

ドク博士をユーモラスに演じてはいるのですが、モデルにしている人物がいて、複数の俳優さんに、その人物の写真、動画、実際に会ってもらう等して、かなりそのモデルに近い、表情、仕草、体の動きや使い方、体の部分部分の硬直の具合も含めた演技(物真似)が出来た俳優さんを起用したんじゃないかと個人的には思います。

後、稲妻のエネルギーを使って未来へ戻るシュミレーションを模型を使って行う場面があるのですが、タイムマシーンであるデロリアンを123便に見立てて、稲妻を通すとデロリアンは火だるまになって、模型の外からゴミを積み重ねている山へ向かって飛び込みゴミ山もろとも燃えちゃう場面が出てくるのですが、大丈夫かな~、未来へ帰れるの?と心配するマーティに大丈夫だよとドク博士は答えるのですが、これって、稲妻、ミサイルなどが123便に撃ち込まれたんだよ、と言えなくもない話だな~とも思います。

1985年に日本では12月7日に公開されていますが、逆の数字、7月12日は真珠湾攻撃の日になります。

私が無理に話をこじつけていると言えますし、123便の事故のあった年にシンクロシティとも言える映画が出来た事は偶然とも言えなくはないわけですが・・・・・・・。

他の優秀の方達の考察、推察など、あったらぜひご教授お願いします。

2018/12/23 (Sun) 13:02 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

高脂血症さんへ

コメントありがとうございます。

バックトゥーザフィーチャーという作品は実に奥深い作品だという事が伝わって参りました。
12月7日と言う日付。
何かひっかかると思いましたら
1944年に昭和東南海地震があった日でした。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/昭和東南海地震でした。
この地震も人工地震と言われています。

高脂血症さんが仰る、1985年の世界に戻る時間もわざとその時間に設定していたんじゃないか?と思います。
123は親しみ深い数字ではありますが、果たしてそれだけの理由にとどまらないように感じます。
インパクトだけならば11時11時や4時44分などのゾロ目でも良いようにも感じました。

先程、貼らせて頂きました東南海地震を含めた地震の死亡人数もひっかかります。
1945年前後にかけて4年連続で1000名を超える死者を出した4大地震(鳥取地震、三河地震、南海地震)の一つである(#震源域も参照)。一般に死者・行方不明者数は1223名を数えたとされる[4]。
1223の中に123が見受けられる気がします。
バックトゥーザフィーチャーの中にこれらの数字を組み込んであるような気がします。
上映日がそれらを物語っているように思います。

また、影武者の件ですが高脂血症さんが仰る通りだと思います。
一人の二人を演じるのはそう訴えているのかもしれません。
日本でも1985年の4月から7月まで放送をされていた、うちの子にかぎって…2と言うドラマが放送されておりました。
そのドラマでも、故・菅井きんさんが演じていた役も一人二役でした。
田村正和さん演じる石橋先生の実母役と石橋先生の勤務先の学校の荒巻先生役。
先日からひろさんに対してのコメントとして、うちの子にかぎってに含まれている仄めかしに触れておりましたが、一人二役のことまでは考えも寄りませんでした。

高脂血症さんのコメントで1985年にメディアで流していた日航機事件の仄めかしについて知る事が出来た気がします。
また、面白そうな映画の作品なども教えてくださいましてありがとうございました。

2018/12/23 (Sun) 19:22 | URL | 編集 | 返信
高脂血症 #yHhoyxGM

猫山さんへ

コメントありがとうございます。

同じ年に上映された映画と、同じ年に起きた航空機最大の事件(撃墜事件、犯罪事件)を重ねて考える事は間違っているのかもしれません。

でも私は製作者側の方で、事実を伝えたいと言う良識のある方がいろいろと小物や時計等からメッセージとしてこちら側へ伝えたいのでは?、と言うのは、苦しいでしょうか?。

人麻呂の暗号と言う本を昔読んだ事があるのですが、為政者の理不尽さ、おかしさ、犯罪について和歌の中に一見分かりづらいように、しのばせて、将来、未来の人達へ伝えようとした人麻呂という宮廷歌人は、流形、処刑と言う形で亡くなってしまったわけですが、もしかしたら、そういう良識のある方は昔も今も一定数存在しているのでは?、と思います。

後、同監督作品、永遠に美しく と言う映画は ふたりの女性がひとりの男性を取り合う話なわけですが、不老不死になるために、不思議な館へ行き、ミステリアスな女性から不老不死になる薬をもらって、そこで不老不死になるわけですが、でも・・・・・・、と言うお話です。

映画の中でマリリン・モンローや、エルビス・プレスリー、アンディ・ウオホールなど、亡くなったはずの著名人、有名人が生きていて、パーティを楽しんでいたり、

有能な美容外科でもある夫も、不老不死の薬を飲ませてこちら側(不死の人達)の仲間へしようと、妻と元GFが画策するわけですが、美容外科である男性は、不老不死の薬を捨てて、不死の仲間になる事を拒否して袂を分かつ・・・・・、と言う話でした。

漫画家の萩尾もと さんの作品、 ポーの一族と共通するテーマだな~とも書いていて、思います。

私は不老不死になる事を頑なに拒んだ美容外科医の考えがイマイチよく分からなかったのですが、不老不死になる = 人外の生き物となる と言う事を直感的に分かって、それなら人間として死んだ方がまし、と言う決断をしたのかな~と思います。

美容外科医が命を架して断る事にしたのは、今目の前にいる妻や元GFが人間ではなくなっていた事、妖怪、もののけ化していたからだと思います。
美容外科医は最初は、不老不死となった妻を神の恩寵ととらえて、私達夫婦は神の恩寵に選ばれた名誉ある夫婦だと喜ぶのですが、

途中からこれは神ではなく悪魔からの誘惑であって、最後は破滅でしかない事を元妻、元GFの妖怪じみた姿、言動から気づくわけです。

悪魔と取引した結果については書かなくても想像できると思うので書きませんが、

悪魔の闊歩する世界から人間の世界への脱出に成功したひとりの男の物語と、人間の世界を捨て悪魔の世界へ身を投じたふたりの女性の物語、とも言えるかも、です。

英語のタイトルは、彼女には死がお似合いと 言う タイトルなのですが、死んでも生きてゾンビ化する人生について監督、製作者はかなり皮肉、嫌味を言いたいのかな~と思いました。

千と千尋の神隠しはひとりの人間の女の子を命を賭けて元の人間の世界へ戻すために孤軍奮闘するハクと言う少年、若者(川の神?)の物語なわけですが、千と~とは違い、自分達もののけ の世界へ役に立ちそうな人間を引きずり込もうとする、救いのない物語だな~と思います。

後、バックツーザー・・・・のドク博士の演技は目のまたたきが異常に少ない事から、かなり強いショック状態を受けて回復していない人間の特徴を表しているような気がします。

人為的に強いトラウマを与えられた人間はああいうドク博士のような表情になるのでは?、と思います(浦沢直樹さんのモンスターと言う漫画にも同じテーマが出てきます)。

後、主人公のビフは、トランプ大統領をモデルにしたそうですが、身振りや手の振り方、話し方や唇の動かし方がかなり似ているような気がします。

それとアラブのテロリストにパチンコを改造したおもちゃ兵器をプルトニウムと交換したと嬉しそうにドクはマーティに話すのですが、私は日本のパチンコ産業の利益がかなり原子力の会社と連携している、関わりがある、とも言いたいような気もします。

アラブのテロリスト、日本を含むパチンコ産業(賭博産業)、原子力産業、この3つは取引しているんだよ、連動しているんだよ、と言うのは考え過ぎでしょうか?。

マーティがビフとその仲間たちと大立ち回りをした際、マーティの着ていたシャツが日本の着物である絞りをイメージさせる柄だな~とも思いました。

あと、マーティの両親が初めてキスした魅惑の深海パーティの会場の様子は、海に囲まれた、海の中にいるような会場作りをしていて、これも四方が海に囲まれている日本を表しているのかも、とも。

マーティの取り巻きの常に3Dの眼鏡をかけている若者は、私はこれは日本を表しているような気がします、演じた俳優さんはアメリカ人の方ですが、髪の色や、肌、骨格はアジア人を思わせます。

ビフの取り巻きとも言えますが、ビフ(トランプ大統領)の監視者である事を普通の眼鏡ではなく3Dの眼鏡をかける事で、普通の取り巻きではないよ、と強調しているような気がします(最新のテクノロジーを通して人を見ている=監視していますよと)。

物語の真の舞台は日本、物語の真の立役者は一般には出回らない最新テクノロジーを駆使している(決して表には顔を出さない無名の)日本人。

3Dの若者が本を読んでいて、その本の表紙のアルファベットは私はよく読めなかったのですが worad 単語かな~、クロスパードパズルの一種の雑誌かな~と思いましたが、世界と言う英単語かもしれないな~とも思います。

私が無理に話をこじつけていると言われたら、否定は出来ません。無理に話をつなぎ合わせているだけかもしれないです。





























2018/12/24 (Mon) 00:41 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

高脂血症さんへー猫山さんとのコメントのやり取りに横やり入れるようなコメント失礼致します。お許しください。

僕はバックトゥザフューチャーシリーズ三部作をすべて観ましたが、高脂血症さんのコメント内容に知らなかったこと気づかなかったことが多々あり、興味深く読ませていただいています。物語の整合性が見事にとられた作品ですよね。タイムパラドックスが描かれていたり、僕はこの作品を観ていつも思いますが、実際にタイムトラベルした人の体験談をもとに作品が作られたのではないか?と前々から考えていました。よもや福田さんや日月土さんの記事にもバックトゥザフューチャーシリーズについて言及されるとは思いもしませんでしたが、この映画は色々な意味ですごい作品だと思います。2018年12月24日にバックトゥザフューチャー3が放送される話は高脂血症さんのコメントを通じて初めて知りました。(最近はテレビをほとんど観ていませんので、どんな番組が放送されるのか、されているのか追い付いていない状況ですが (^_^;) )『あとゼメキス監督の作品は外れがないと思います。』というコメントは僕も同感同意です。「フォレストガンプ」もロバート・ゼメキス監督作品ですね。僕は「411」を映画館で観たかったですが行けずしまいまだDVDすら観ていません。高脂血症さんのコメントでよもや萩尾望都さんの話が出るとは思いもしませんでした。実は、萩尾望都さんについてコメントしようと考えていたところなんです。萩尾望都さんの作品に「イグアナの娘」という作品があることはご存知かと思いますが(菅野美穂さん主演でドラマ化されました。https://youtu.be/ybdNc5ANgzE)、僕は前々から爬虫類人(レプティリアン)を描いた作品だと考えていて、いつかコメントしたいと考えていたところでした。同時に萩尾望都さんの「イグアナの娘」和田さんの「スケバン刑事」を始め少女漫画や昔の漫画作品を読んでみようと考えていたところでした。別の記事のコメントで「ガラスの仮面」についてさらに高脂血症さんが作品を紹介されてましたね。興味深いストーリーの漫画をご教示いただき感謝致します。(近いうち古本屋に立ち寄ってみたいと考えています。) ちなみに萩尾望都さんは大牟田市出身です。僕は大牟田イオンモールの映画館によく映画を観に行きますが、奇遇とは思えない自分がいます。
僕は、あるコメントで「フレディ」についてコメントしていましたが、僕が数ヵ月前に映画館で映画を観た際に、フレディ・マーキュリーさんの自伝映画「フレディ」近日公開という広告を目にしたため、「フレディ」というタイトルで公開されているものと勘違いしてました。「ボヘミアンラプソディー」でしたね。失礼致しました。ちなみにフレディ・マーキュリーさんについてこんな記事が配信されていました。→https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181223-00000006-pseven-ent

2018/12/24 (Mon) 04:52 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

高脂血症さんへ

高脂血症さんが書いてくださった映画のお話し、大変興味を持ちました。
私は、沢山のドラマや映画を見る事はありませんでした。
恥ずかしながら、幼稚園時代に母に連れて行かれて見た、あゝ野麦峠と言う映画の自殺のシーンを見て以来映画館と言う場所が苦手になり意を決さないと
映画館に行けなくなりまして(苦笑)。
ちなみにそれが映画館デビューになりました。

ですので、高脂血症さんの書いて下さっているお話が大変興味深いです。
ひろさんとのやりとりで、日航機の墜落事件は日本だけの問題ではなく、世界の様々な国が加担して起こされた可能性があると知りました。
故に高脂血症さんが書いて下さっているお話は、こじつけではないように感じます。

私は殆ど映画は見ません。
大体はお人様に誘って頂いて映画館に行っている有り様です。
タイタニックやディープインパクトやシックスセンスなどを見に行きました。
タイタニックは1912年4月14日に沈没しています。
日本では2016年4月14日に熊本大震災が起きています。
ディープインパクトにはこのような描写がありました。
》政府はメサイア計画の失敗を伝えるとともに、戒厳令、第2作戦となる核ミサイルでの迎撃による「タイタン作戦」、そしてその失敗に備えて各国が「ノアの方舟」となる地下居住施設をすでに建設していることを公表。アメリカは100万人収容可能な巨大な地下施設をミズーリ州内の洞窟に建設していたが、つまり国民の大半は見捨てられたも同然だった。

地下施設の仄めかしかもしれません。
一方で日本では、◯教◯光が1980年代に岐阜県に建てた世界総本山の事をノアの箱舟を意識をしていると教団側が言っておりました。
そうした施設が地下施設と繋がっているという事を指しているのか?
見方は色々あるのかしら?と思っています。

こじつけと見る方が居たとしても、私は高脂血症さんが見た映画の中のサインは的をついていると感じています。
私が知らない事を色々教えて下さいましてありがとうございます。

2018/12/24 (Mon) 09:50 | URL | 編集 | 返信
高脂血症 #yHhoyxGM

猫山さんへ、ひろさんへ。

返信ありがとうございます、和田慎二さんの書いたスケバン刑事は、私も読んでいて、子ども向けの本にしては、けっこう、えぐい内容だな~と思いながら読んでいました。

物語としては完成度が高く、大変面白いとは思うのですが、残酷な場面も多いですよね。

私はスケバン刑事は、(こじつけと言われるとそれまでなのですが)、3人の女性(3姉妹)が大きな権力を持っているんだよ、と言いたいような気がします。

猫山さんは地下施設のお話をされてくれましたが、スケバン刑事にも地下施設の話が出てきて、そこで、奴隷労働させられたり、庶民の見えない場所で、かなり非人道的な事が行われている様子が描かれているのですが、

和田慎二さんと言う漫画家の方は、私は元々こういう、えぐいマンガを描く人ではないと思うんですよね。

和田さんが本当に書きたい話はピグマリオとか、児童文学に近い、子どものための本を描きたい人ではないかと初期の作品や絵のタッチから、そう感じる時があります(最近、ベストセラーになった大家さんとぼく の 矢部太郎さん寄りでは?と)。

スケバン刑事は、出版社の人からこういう物語を書いてと指示されて、渋々書いていたんじゃないか、最近はそう思います。

和田さんは出版社から決別して、自分の原稿を引き揚げる等、自分の本当に書きたい漫画を描こうとしていたような気がするんです、61歳の若さで亡くなってしまいましたが・・・・。

漫画家の中には、もしかしたら自分の作品ではなく、上からの指示でこういう漫画を描いてと言われて描いている方が現在もいるんじゃないかと思います(デスノートの方とか)。

後、野麦峠は確か明石家さんまの元奥さんが主演されていた映画でしょうか?、私もその映画は見た事があって、かなりしんどい話ですよね。

若くて花も実もある女性が、生殖年齢の高い、健康な赤ちゃんが産める女性が、紡績工業などで酷使されて結核になって早死にすると言う話だったと思うのですが、大人でもきついわけですから、子どもであった猫山さん、ショックだったろうな~と思います。

私が子どもの頃、ショックを受けた映画は学校で見せられた はだしのゲン で、あの広島の原爆投下後の世界がすごく怖かったです。

出来たらああいう映画は大人になってからの方がいいと思いますね、理解が追い付きませんし。恐怖心をただ植え付けただけだよな~とも思います。

後、私は、萩尾もと さんの漫画が大好きで、初期の作品が特に大好きです。

萩尾さんのエッセイで私のビーズ物語 と言う本も買って読みましたが、読んで私が思った事は、この人は作者じゃないんじゃないかと。

この人があの作品を描いた人ではないのでは?、と。

ペリマリさんと言う方がHPで、萩尾さんの作品は萩尾さんのアシスタント (金沢出身の)花郁 悠紀子さんが描かれているとおっしゃっていて、花郁 さんが亡くなった後は、佐藤史生さんと言うアシスタントの方が萩尾さんの作品を描かれていて、佐藤さんが亡くなった後は、別の方が萩尾さんの代わりに描いているとおっしゃっていたのですが、絵と言うか、線が違い過ぎて、萩尾さんは描いていないんじゃ・・・・、と言うのは、かなり可能性として高いと思います(イグアナの娘は私は単純に母娘の軋轢 と単純に読んでいました)。

2018/12/24 (Mon) 11:07 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

高脂血症さんへ

コメントをありがとうございます。
スケバン刑事は、斉藤由貴さん、南野陽子さんの作品と、確か浅香唯さんが出ていた風間三姉妹などがありましたね。
小学生までは、親にドラマを見るのを禁じられていたので見たことがありませんでした。
風間三姉妹は中学時代に流行りましたが塾の時間とかぶり見ていませんでした。
確か女子高生がヨーヨーを振り回していたような…?
そのドラマにそんな地下施設の描写があったのですね。
南野陽子さんと風間三姉妹の作品の時はバブル期だったように思います。

はだしのゲンは、アニメ版の2を学校指定の公民館に有志の方だけ見に行きました。
1を公民館で上映する頃に、五十嵐いずみさんが主演の「せんせい」という長崎の原爆の被爆者をテーマにした作品も上映することになりました。
当時、母が「小学二年生以降はアニメを見るな。」という教育方針だったのでゲンは見に連れて行ってもらえませんでした(苦笑)。
ゲンの1を見たクラスメイトが、原爆投下後に焼け落ちる家屋にゲンの家族が下敷きになり焼け死んで行くシーンが見るに耐えられなかったと言っていました。
一方、「せんせい」https://search.yahoo.co.jp/amp/s/eiga.com/amp/movie/37527/%3Fusqp%3Dmq331AQGCAEoAVgBは、五十嵐いずみさんが扮する快活な先生が幼少期に受けた原爆の放射能により白血病にかかり、亡くなってしまうまでのお話しでした。
どちらも見ていて言葉に出来ないほど切ない作品だと思いました。

あゝ野麦峠に出ていたのは大竹しのぶさんでしたね。
その映画を見てからおおよそ7年後に小学校の社会科で習い、「その時代のお話しだったのか…」と腑に落ちました。


話しが前後して申し訳ありませんが、高脂血症さんが見たはだしのゲンは実写版ですか?
実写版はアニメ版の10年近く前の作品になりますが、原作に忠実に描かれていました。
故・三国蓮太郎さんが演じていたお父さんが印象に残りました。
三国蓮太郎さんは亡くなるまで反戦を訴えておられました。
故に、迫真に迫るものがありました。

私は小学校一年生の頃に、ヒロシマのピカという絵本で原爆と言うものを知りました。
先生が朗読をしてくださいました。
読み終えた先生が、「広島では今の瞬間にも、原爆の影響で亡くなっている方がおられます。」と仰っておられました。
「30数年前に落ちた爆弾で今も亡くなる人が出るって一体どんな爆弾なんだろう?」と思い、原爆について書かれた本を少しずつ読んでいました。
多少はどのようなものか、察しはついていてもいざ映像として見ると子どもには堪えますね…。

2018/12/25 (Tue) 08:28 | URL | 編集 | 返信
高脂血症 #yHhoyxGM

猫山さん、返信ありがとうございます。

私が観た はだしのゲンはアニメの方で、実写ではありませんでしたが、かなり怖い描写でした。

アメリカのB24から原子爆弾が白い落下傘がついて市民が普通に生活している広島市に投下されて、その後のシーンがもう・・・・・・・。

後、スケバン刑事はドラマではなく漫画の方の話で、ドラマは漫画からあまりにもかけ離れていたため、私は途中で観るのは止めました。

後、長崎の原爆で被爆した肥田瞬太郎医師と、永井隆博士の原爆の体験記を読まれてみたらどうでしょうか?、図書館に置いてあると思います。
後、広島で被爆者治療に奔走した秋月辰一郎氏の広島が消えた日 も機会があったらぜひ読んでみて欲しいです。

東日本大震災が起きる前の年に本屋さんで広島が消えた日が復刊されて大喜びで買った翌年に震災が起きて、秋月氏が広島の被爆の治療の体験を出して、福島の低線被爆について懸念の記事を書いたのを読んだのですが、

福島出身のジャーナリスト、竹野内真理さんは、広島はウラン型、長崎はプルトニウム型、そして現在福島で低線被爆の人体実験をしていると言う抗議の記事を読んで、

私達は大変恐ろしい世界に生きていると言う事を実感しました。

123便もプルトニウムの搬送が撃墜事件の主要な要因なようですし・・・・。

被爆治療については、肥田舜太郎先生の本が私には理解しやすかったです。

永井隆博士は広島の原爆で愛妻を亡くし、キリスト教への信仰の強化が進んだため、

原爆は神の恩寵とか言い出して、弟子の秋月氏が呆れたそうですが、教会のミサで、原爆は神の恩寵、被爆で亡くなった人、被爆で現在苦しんでいる人達は、聖なる生贄として神に選ばれた、誇りに思わなきゃって、ミサで話したそうですが、そういう内容の本を私が長崎原爆資料館に置いてあったロザリオの鎖(永井隆著)を買って読んで、びっくりしましたよ。

長崎市の方全員がキリスト教ではないわけで、こんな神経逆なでする本置いていいわけ?と。

後、被爆の実態については、竹野内真理さんの翻訳した本や、チェルノブイリの祈り と言うロシア人ジャーナリストが書いた本も参考になるかもしれないです。

機会があったらぜひ読んでみて下さい。

2018/12/25 (Tue) 18:18 | URL | 編集 | 返信
荒野鷹虎 #-

福田元昭さんへ!!

今年一年大変楽しく拝見させていただきありがとうございます。!
株も暴落し、世界経済も不安に包まれていますが、戦争にだけは発展しないでほしいですね^^。
簡単ですがお礼のご挨拶とかえさせていただきます。
良い正月をお迎えされます様にお祈りいたします。☆

2018/12/25 (Tue) 18:34 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

高脂血症さんへた

スケバン刑事に漫画があった事に驚きました。
色々な本のことを教えてくださいましてありがとうございました。
忘れないように日記帳にメモしました。
図書館、近くに無いのですぐには無理ですが
読んでみたいと思います。

2018/12/25 (Tue) 21:45 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

高脂血症さんへー25日はクリスマスで返答いたしませんでした、というより夜用事がありまして返答そびれました。萩尾望都さんの漫画に代筆者がいたとは(笑)初めて聴くエピソードでしたので思わずwwwと思いました。20数年ぶりに「イグアナの娘」を観ました。懐かしい俳優さん女優さんが出演されてました。今は亡き(?)川島なおみさんも出演されていました。岡田徳義さんも出演されてました。今観返して当時考え気づかなかったことが多々あったことを知らされました。(第2話だけを観ましたが、マジかよ(笑)と思うようなシーンが随所に観られました。例えば主人公の通う高校名は「向陽学園」でした。さらに主人公に仲良くなろうと接近した転校してきた女学友さん役は「佐藤仁美」さんが演じていました。(佐藤仁美さんは本名だと聞いています。)岡田有希子さんの本名は「佐藤佳代さん」です。佐藤仁美さんは確か名古屋のご出身でした。川島さんも名古屋だった記憶があります。もしかしたら、佐藤佳代さんと佐藤仁美さんは関係者(親戚)ではないか?と思ってしまいました。さらに僕が着目したのが、主人公の志望する大学名「東都大学」です。僕は漫画「白竜レジェンド 原発マフィア編」を数年前読みましたが、漫画で問題になった電力会社名は「東都電力」でした。(当時、僕は東京電力がモデルの電力会社として描かれた架空の電力会社名だと思っていました。) 「イグアナの娘」には実在の大学名が出ます。(早稲田大学) 「白竜レジェンド 原発マフィア編」にも実在の地名が出てきます。(新潟県など) もしかしたら、ですが「東都大大学」、「東都電力」は実在するのではないか?と思いました。では、どこに存在するのか?と言いますとこれは僕の独断的憶測ですが、「地下」に存在しているのではないか?と思ってしまいました。ちなみに「スケバン刑事」の原作者を和田さんと僕は書いてましたが、下の名前を失念して和田さんと書いてました。(^_^;) そうでした、和田慎二さんでした。高脂血症さんのコメントで思い出しました。ありがとうございます!和田慎二さんは61歳で2011年7月に亡くなられていますね・・・ (僕は当時「スケバン刑事」の原作者だと知ってましたのでもしかしたら暗殺されたのではないか?と勘ぐっていました。同時期「日本沈没」の原作者小松左京さんも亡くなられています・・・。時系列的に311から程近い時期ですね。) 僕は、「スケバン刑事」にはレプティリアンが描かれているとネットの記事で読んでいて、原作を是非読みたいと思っていたところでした。まだ実現していませんが、矢張読むべき漫画だと改めて気づかされました。近いうち読んでみます! 僕が鶴ヶ島市で暮らしていた頃の知人で練馬区在住の知人がいました。(彼とは同学年でいろいろ話が合いました。"彼"というと何か変な表記ですのでN君で以下、統一します。)N君は堀越学園高校出身で同学年の芸能コースに「草彅剛さん」がいたと教えてくれました。(草彅剛さんが堀越学園高校出身であることをN君に教えてもらいこの時初めて知りました。)ちなみに「草彅剛さん」は数年前、「慎吾~!」と全裸で叫んで(テレビ報道では)お茶の間の視聴者様方々を震撼させたニュースが記憶に新しいですが、N君は「俺はあいつが嫌いだ!」ときっぱり発言されていたことを思い出します。ちなみにN君は専門学校卒業後、「ジョジョの奇妙な冒険」の漫画家アシスタントの仕事をされたことがあったそうで、「漫画の早描きの方法があるんだよ。」と僕に語っていました。

2018/12/26 (Wed) 11:14 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

コメントを読み返して訂正があります。「東都大大学」(誤)→「東都大学」(正)です。失礼致しました。追伸:高脂血症さんのコメントで新たな発見が多々ありましたことに感謝申し上げます。

2018/12/26 (Wed) 11:24 | URL | 編集 | 返信
高脂血症 #yHhoyxGM

猫山さん、ひろさん、返信ありがとうございます。

間違えていたので訂正しますね、

長崎の原爆で医師として立ち会ったのが永井隆博士、秋月辰一郎医師 で(秋月さんは永井さんの弟子です)、

広島の原爆に医師として立ち会ったのが 肥田舜太郎医師 です。

広島が消えた日 肥田舜太郎 さんの本が2010年12月だったと思います、復刊されて、喜んで買って、こんな事はもう二度と起こってはいけないと読んで強く思ったのですが、翌年に大震災、福島原発の爆発ですから、かなり印象に残っていて、記憶違いではないと思います。

スケバン刑事は、ドラマはみみっちいです。漫画の方がスケールが大変大きいです(バックツーザーフーチャーのように)。

後、バック~3を観ましたが、地下(炭鉱)にデロリアン(タイムマシーン)を隠した事や、故障の原因は、この小さなICチップの故障によるものだ、メイドインジャパンだと言うドク博士に、ドク、日本製は最高だよ、と言い返すマーティ。

2回繰り返す言葉、場面は、日本、コペルニクス、ドク博士の自宅の1604番地(ジョン・F・ケネディ通り)等です。

後、漫画、スケバン刑事では、アイドル歌手を起用して人心の荒廃に一役買わせる場面があります。AKBなど、アイドル歌手を社会現象にまで押し上げる現在とかぶる部分があるな~と思いました。

それと和田慎二さんの短編で、給食など、食事に毒を入れて人間の知能を低下させることを秘密裏に行う話があって、その事に気づいた一部の人が、家族に(妹に)学校で出される給食は食べるな、と忠告する場面があるのですが、

水道水に塩素やフッ素を入れたり、給食の食材にかなり添加物が入っていたり、30年以上前の短編ですが、ある程度、こういう政策で人民の知能を低下させたいと言う計画はかなり綿密に時間をかけて秘密裡に行っているんだよ、と遠回しにですが、伝えたい人がいるんじゃないかと・・・・・。

和田さんは元々そういうエログロの漫画を描く人ではなかったと思うんです、上の人から、原案を渡されて、こういう漫画を描きなさいと言われて渋々書いた作品も多いような気がします(私の推測ですが)。

2018/12/26 (Wed) 14:44 | URL | 編集 | 返信
高脂血症 #yHhoyxGM

付け足しですが、

1985年出版、ヒロシマの空に開いた落下傘 河内朗 さんの著書もオススメです。

永井隆博士、秋月辰一郎医師、肥田舜太郎医師は原爆投下時は医師として現場で動いていたわけですが(大人の目線で見ている)

河内さんの場合は子どもの目線で広島の原爆を見ています。

河内さんは父親の安否を確かめるために入市禁止になっていた広島市内を川に潜って市内へ入って、そこで一夜を過ごしたわけですが、その後、壮絶な被爆症状に苦しめられ急死に一生を得ます。

庶民、社会的弱者である子ども(女性など)の目線で原爆投下前後の広島と、原爆投下後、終戦後の庶民への心無い市当局の対応などが克明に書かれてあると思います。

2015年に続編が書かれてありますが、正直・・・・・だな~と思いました。

ぜひ1985年出版の本を読んでみて下さい。

2018/12/26 (Wed) 16:55 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

高脂血症さんへ

訂正などで更に詳しく教えて下さいましてありがとうございます。
市町村の合併に伴いまして図書館も不便になりました。
前は、福祉が充実している町の図書館に行けば大体の本は即日借りられたけれど図書館も合併した先の市の方針に沿い、書籍も市の共有物になりなかなかすぐに借りられなくなりました。
市町村の合併、本当に必要だったのか?と思っています。

スケバン刑事は漫画の方が内容が濃いのですね。
小学生時代の私は、アイドルいや芸能界に殆ど興味がありませんでした。
なのでリアルタイムでは南野陽子さんがスケバン刑事をやっていたのを知りませんでした。
いや、南野陽子さん自体知らなかった程です。
その頃に、故ダン池田さんが書いた芸能界の暴露本を読み、芸能界は嘘ばかり?と少しばかり思ったものでした。

給食の毒とは食品添加物のことでしょうか?
1980年代に故郡司篤孝さんが書いた食品添加物について書かれた本で市販の食品の添加物保有量を知りました。
》郡司篤孝 ぐんじ-あつたか

1914-1990 昭和時代後期の食品評論家。
大正3年12月13日生まれ。昭和43年「危険な食品」を刊行し,防腐剤や着色料など食品添加物の危険性を指摘した。平成2年3月1日死去。75歳。茨城県出身。早大卒。著作はほかに「安全食品1000種」「健康食品の選び方」「危険な学校給食」など。

危険な学校給食はうちに本はありませんでしたが、親が借りてきた物を拝読しました。
当時、小学校卒業間際でしたが給食が怖くなりました。

きっと、昔から漫画や映画やドラマなどの作品の中で仄めかしていたのかもしれませんね。
色々、教えて下さいましてありがとうございました。


2018/12/26 (Wed) 16:56 | URL | 編集 | 返信
福田元昭 #-

Re: 福田元昭さんへ!!

荒野鷹虎さん、今年も拙ブログにたくさんご来訪頂き、ありがとうございます。

よいお年をお迎えください。

2018/12/31 (Mon) 19:19 | URL | 編集 | 返信
高脂血症 #yHhoyxGM

こちらこそ、いろいろ情報ありがとうございます。

同調圧力の強い中、NOと言える人ってゼロか少数でしょう、いたとしてもものすごい大馬鹿ですよ。でもそういう人が世界を支えているんだと思います。

1月4日、21時から映画ナウシカ が放送されていましたが、

私は高畑勲さんのお別れ会へ行ってきました。

行った感想ですが、昔、宮崎駿監督作品は高畑勲さんが絵コンテを書いている(宮崎駿監督作品=高畑勲さん)と聞いた事があって、まさかそんな事あるわけないと思いましたが、お別れ会へ行って、そうかもしれないと思いました。

お別れ会はジブリの森美術館で行われたのですが、写真しかなくて、高畑さんの直筆のものが1枚も、一文字もなかったです。

普通は、亡くなった方の、この場合は高畑さん直筆のメモや絵コンテ、草稿、などが展示されるのが普通ですが、一枚もなく、仙台市民文学館で行われてロシア語通訳者で作家でもある米原万里さんの時は、沢山の米原さん直筆の原稿、落書きなど、ふんだんに展示されていたのに、高畑さんの時は写真のみで、奇異に感じました。

今回の映画もCMのあいま あいま に宮崎駿監督作品 と言うテロップをいちいち入れていて、正直そこまでテロップを入れる必要があるのか?、と思いました。

後、東京オリンピックでは なかだやすたか さんが音楽を担当しているそうですが、私は なかだ さんではなく、石野卓球さん、または石野卓球さんレベルの方がかなり陰で手伝っているような気がします。

なかだやすたか さんが全く音を作っていないとは言いませんが・・・・。

申し訳ないのですが、私は石野卓球さんが東京オリンピックの音楽を担当されているような気がします。

私の考え過ぎだ、杞憂だと言われたらそれまでですが・・・・。

ただ、高畑さんが亡くなった以上、ナウシカ、もののけ姫、千と千尋、ラピュタレベルと同じ物、それ以上のものは出てこないと思います。

宮崎さんの息子さんの吾郎さんが出した作品が宮崎駿さんの作品ではないでしょうか?。

かぐや姫で、あえて作品の中の線をぼやかしたのは、宮崎さんの作品が高畑さんだとばれないため と いうのも あるような気がします。

後、話は変わりますが、ぜひ猫山さんのオススメの本なども教えて下さいね。


2019/01/05 (Sat) 00:35 | URL | 編集 | 返信
高脂血症 #yHhoyxGM

バックツーザフューチャーは2は録画できませんでした・・・・。

1,3しか録画できませんでしたよ・・・・、2は途中で切れていて、家族の誰かが、リモコンをいじったようです。

3では、ドクがクララと言うパートナーを見つけて、ふたりは多分月へ行くような描写で映画は終わっていました(映画の中盤で、ふたりがお祭りの後にふたり、望遠鏡で月を見る場面があったので、多分、未来へ行った後に今度は月へ行くと言う流れなような気がします)。

科学者ドクは過去や未来へ干渉してはいけないとは何回も言っていますが・・・、=ばりばり干渉している、

ドクは、地球だけではなく(多分)月まで行っている。

クララと言う女性が若く見えたり、年相応に見えたり差が激しいので多分老化の解明も済んでいる(クララはけっこう年配なのに、息子をふたり授かっている)。

3では蒸気機関車に見せつつ(多分)月まで(大気圏を超せる)行けるロケット(過去未来ももちろんいける)多機能のものがデロリアンの最終形態と言う事でしょうか?。

過去や未来へ行って地球の状態(人類)をしっちゃかめっちゃかにした後、自分達だけで地球から月へ避難、とも言えるような気がします。

マーティは嫌な言い方ですが、使い捨てでしょうか?。

2019/01/05 (Sat) 00:47 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

高脂血症さんへ

コメントをありがとうございます。
宮崎駿さん=高畑勲さんと言うことだったのでしょうか?

テレビを捨てて間も無く13年になりますが、ジブリの作品も私の中では「ポニョ」で時代が止まってます^_^;。

職場の方とジブリの作品について語った日がありましたが、もののけ姫辺りから作風がガラリと変わり見るのが嫌になった方って意外に多かった事を知りました。

もののけ姫の1作品前の作品になると思いますが、耳をすませばと言う映画がありました。
この作品の原作は、柊あおいさんがりぼんという少女雑誌で連載をしていました。
私は、連載初回に絵を見て柊さんが宮崎駿さんの世界観で書いたのか?はたまた、原作は宮崎駿さんか?と思った程でした。
あまり人気が無かったらしく、早々に連載終了になりました。
1995年に映画化をされた時に、「やっぱりなあ」と思いました。
噂では、宮崎駿さんのネタ切れ説が囁かれていました。

私は、最近はインターネットをよく見る事で本を読む量が減ってしまいました。
自分の中のお勧めの書ですが、血流を良くする事で多くの病気を緩和するマッサージ系の本です。
これを実践することで薬に頼らなくなりました。
世の中は、極めてシンプルなんだなあ。最低限のもので生活できるんだなあ。と思うようになりました。

2019/01/05 (Sat) 01:23 | URL | 編集 | 返信
高脂血症 #yHhoyxGM

高畑さんの葬儀はテレビで観ましたが・・・・・、

異常だと思いました、高畑さんんの妻、息子よりも宮崎駿さん、鈴木プロデューサーが高畑さんの家族よりも前に出ていて。

鈴木さんの存在理由って宮崎さんが記者やファンから映画についていろいろ質問された際に、宮崎さんが詰まったり返答に困った際の補助としての役割なような気がします。

宮崎さんが自分の作品について質問されても答える事が出来ない、宮崎さんの代わりに鈴木プロデューサーが答えるのは宮崎さんが監督ではないからでしょう。

私の勘違いだこのバカ! と言われても仕方がない事を私は言っているのかもしれませんが、でも多分、ナウシカ、千と千尋、後、ルパン三世のかりおすとろ の城レベルのものは、出てこない(出てこれない)と思います。

宮崎さんが監督ではないんだよ、高畑さんなんだよ、と言うのが時間の経過とともにはっきりするのでは?、JAL123便は事故ではなく撃墜事件、民間人の大量虐殺だったのだと分かったように。

123便の遺族の小田周二さんを亡くなった家族からひき離す事を出来る人はいないと私は思っているのですが、それと同じようにウソはどうやったってばれるでしょう。

沖縄の地上戦もアメリカ側だけでなく日本側の意図的なジェノサイドであった事がいろいろな資料から分かってきているわけですし。

後、ナウシカって今見ると、中世のヨーロッパに生まれていたら魔女として火あぶりにされていたような気がします。

後、ナウシカの魂のパートナーってユパさまなのかな~とも思うのですが、年が離れ過ぎですよね・・・・。アステルは若過ぎだな~と思います。





2019/01/05 (Sat) 01:27 | URL | 編集 | 返信
高脂血症 #-

返答ありがとうございます。

早速の返答ありがとうございます、私の意見で、実はそうではないかもしれませんが・・・・・。

千と千尋~は私は徳間書店から出ているムック(本)を買いましたが、宮崎さんのインタビュー記事、正直変ですよ。宮崎さんは千尋や千尋と年の近い女性にあなたは大丈夫だと言う肯定感を与えたくて作品を描いたような事を言っていましたが(←私の記憶、解釈ではそうで、実際読んでみて欲しいです)、そういう作品なのかな~と・・・・・。

映画はそれぞれ人によって見方や解釈が違いますから、こういう映画だ!とは断言できないです。

千と千尋~の場合は、主人公千尋は自分の意思ではなく大人や大人の社会の都合に合わせざるおえない弱者の立場であるわけで、周囲の助けやサポート、気遣いが必要な存在ですから正直宮崎さんの話している内容は私は変だと思いました。

断言は出来ませんが、私は宮崎さんが監督脚本と言うのは無理があると思います。

後、パフュームなどの作曲、編曲をしている なかだやすたか さんは電気グルーブの曲の感じと似ているな~と思う時があるのですが、もしかしたら、なかだ さんではなく 石野さんなどが・・・・・と思うんですよ、猫山さん、一度石野さんのアルバムなど聞いてみて欲しいです。



2019/01/05 (Sat) 01:38 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts