FC2ブログ

1669.岡田有希子さんは殺されたのではないか? PART6

DhhGtxVV4AAdyGh.jpg
↑画像 北海道川上郡弟子屈町 摩周湖 堀越学園修学旅行 田中久美 岡田有希子 南野陽子 宮崎ますみ
https://twitter.com/kakanshi/status/1015639592446275584?lang=fi

(1)摩周湖

 冒頭の写真の撮影現場である摩周湖は、日本で最も透明度の高い湖です。世界ランキングは、ロシアバイカル湖についでNO2です。 

 2018年12月3日の2本目です。「1664.乗鞍高原地下原発爆発事故!<岡田有希子さんは殺されたのではないか? PART5>」の続きです。

(2)窪塚洋介さんとの差

 「1661.岡田有希子さんからお願い<岡田有希子さんは殺されたのではないか? PART2>」の(5)に「窪塚洋介はマンションの9階からの転落事故で死亡しませんでした。」と書きました。岡田有希子さんはビルの7階からで即死、窪塚洋介さんは9階からでピンピン生きている。この差は岡田有希子さんが誰かに殺された傍証と言えるのではないか。

(3)2ちゃんねるから抜粋

182: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/04/09(木) 10:06:55.71 et

サンミュージック社長の家に下宿していたのは、
桜田淳子→松田聖子→岡田有希子→酒井法子

すごいな、いろんな意味で。
http://idol.ne.jp/news/entertainment/11174.html

187: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/04/09(木) 10:12:02.20 et

岡田有希子が自殺した日に沢尻エリカが生まれてる
http://idol.ne.jp/news/entertainment/11174.html

岡田有希子  ステキの国からやってきたリトル・プリンセス
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1523268605

禁じられたマリコは今もスカパーでも再放送は禁じられている
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1523268605

145 :名無しさん@恐縮です:2018/04/09(月) 20:28:00.57 ID:P3r/iX9Q0.net[1/2]やはり

岡田有希子と言えば名曲「WONDER TRIP LOVER」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1523268605

(4)「1615.御巣鷹の尾根のトイレが、紙を箱にいれる中国韓国式なのはなぜか?」へのコメント計57本の49~57

ヒデ #-

 演技の力は恐ろしいもの=演者=役者 役者と言うのは役小角から由来すると読みましたが、修験道の祖であり、うばそくを束ねる長、情報収集はもとより、類い稀なる霊力。芸能に隠されたパワーの由来が、そこに有ると言うのは、いい憑り代を選別して贄にすると言うのは、頷けます。

 昨今の芸能界は在日支配が完成したと言われて久しいですが、確かに呪詛メンバーの中にもいます。表側の支配構造と裏の支配構造が密接に絡み、機能しているのが今の芸能界である気がします。3S政策にも寄与していますから支配のツールとして多くの人間に知らしめるには、もってこいなですね。もっともTVを見ないネットで真実を発信する人々も増えましたが、芸能人の不審死は大杉てもとい多すぎてそれだけ、活用するのに都合がいいんでしょうね。

2018/11/11 (Sun) 02:16 | URL | 編集 | 返信

猫山 #-

★ヒデさんのコメントを拝読させて頂きまして。

 演技も一種の呪詛なんですね。今はだいぶそのような事は減りましたが、幼い頃の私は、ドラマやアニメに良くも悪くも感化をされるタイプでした。小学生の頃は、私が勉強をしなかったので親がなるべく見せないようにしていました。しかしたまにテレビを見て、病気で死ぬとか、斬りつけられるシーンを見ていると急に苦しくなったり、痛くなったり、身体から力が抜けてしまうことがありました。こんな事が生涯続けば、間違いなく生気を奪われてしまっていたのかも?と考えさせられました。

2018/11/11 (Sun) 16:10 | URL | 編集 | 返信

ヒデ #-

★猫山さんへ

 物語を読んで、涙したり感動したりしますよね、それが映像化されれば、更に感情移入がしやすくなり、心に作用しますよね。作者が意図的に作品にメッセージを込めて放送すれば、人気作なら尚更影響力が強いと思うのです。知らず知らずに呪詛が込められたものをみて、気分が悪くなったり、違和感があったりするのは、感性の鋭い方や悪いものへの拒否反応だと思うのです。専門家ではないので、個人的な意見しか言えませんが、言霊をもてあそぶと自身が汚れる気がします。

2018/11/11 (Sun) 17:40 | URL | 編集 | 返信

猫山 #-

★ヒデさんへ

 教えて下さってありがとうございます。周りからは私の演技だと見られていたようで、「か弱いふりをするのはよせ」と叱られました。しかし、わざとではなくて本当に具合が悪くなっておりました。映像化をするというのは、それなりにインパクトを人々に与えるということですね。だから、原爆「投下」のシーンや、スピンニュースを映像化したりするのですね。テレビを家に置かなくなり10年以上が過ぎました。昔ほど、良くも悪くも感化しなくなった理由がわかりました。

2018/11/11 (Sun) 18:21 | URL | 編集 | 返信

ヒデ #-

★猫山さんへ

 情報が溢れていますからね。TVの話題で盛り上がる程、面白い番組もないし。最近では、キリスト者=神を葬る名を冠した番組が捏造疑惑でニュースになっていますが、それとて僕は観ていないです。普通にニュースをつけても、偽期だのヤラセだの偏向報道が鼻につき、嗚呼言ってる事の逆の事が興っているのだなと思ったりします。昔、師が鵜呑みにせず考えてから行動しろと、よく言っていましたが、流行りに流されず、立ち止まって考えるのも悪くないと思います。種々のコメントを拝見するに老婆心ながら嫌な思い出したくない昔の話しは、無理にしなくてもいいと思いますよ。

2018/11/11 (Sun) 20:03 | URL | 編集 | 返信

猫山 #-

★ヒデさんへ

 自分の感覚に忠実に、そして省みながら…。そう感じました。今まで、何故そんな感覚に苛まれていたのだろうと思いつつ疑いの眼差しを自己に向けておりました。心配をして下さいましてありがとうございました。

2018/11/11 (Sun) 20:55 | URL | 編集 | 返信

ヒデ #-

★猫山さんへ

 自己への疑問が解決に至っているのならば、頂上です。ただ、内省とか内観とかって、一歩間違うと、精神的にやられる罠見たいなものなので、程よい落とし所で止めておくのが無難かと。僕も福田さんや日月土さんの手掛かりになるようなコメントが出来ればいいですけどね(笑)

2018/11/11 (Sun) 21:35 | URL | 編集 | 返信

猫山 #-

★ヒデさんへ

 自己内観と言うものは、やはり行きすぎるとそうなるのですね。気を付けなければいけませんね。教えて下さいましてありがとうございました。

2018/11/11 (Sun) 22:16 | URL | 編集 | 返信

お伽噺 #-

★何用あって作詞家起用?

 管理人さまへ。多少スピンアウトした内容なので公開されなくともよろしゅうございます。福田さまのお力添えになれば、との見解から何点か申し上げます。

①尾崎亜美・松任谷由美両氏とも詞・曲双方を以ての楽曲制作姿勢を基本とされる方々です。にも関わらず、わざわざ作詞を別の人に依頼するのは当時から違和感を感じておりました。ユーミンの場合は松田聖子(歌)&松本隆(詞)で、岡田有希子ほどではないにせよ、僅かですが呪詛的要素の詞が散見されます。(風立ちぬ等)

②中森明菜が岡田有希子をたいへん可愛がっていたのは、当時の明菜ファンの多くが知る所です。

③岡田有希子の所属事務所であるサンミュージックは、怪しさを疑わずに考えられないでしょう。

 現社長の森田健作が幸福の科学の支持を得ることで千葉県知事の当選を果たしたり、看板タレントの酒井法子が覚醒剤逮捕されたり、そしてそれらが適度(?)な俎上にあがる当たり、渡辺プロやホリプロとは異なった役目を受けているように見えます。

2018/11/23 (Fri) 17:08 | URL | 編集 | 返信

(5)コメントを拝読して

>活用するのに都合がいい

 悲しい事ですが、岡田有希子さんの死も活用されてしまいましたね。

>僕も福田さんや日月土さんの手掛かりになるようなコメントが出来ればいいですけどね(笑)

 たくさん手掛かりを頂いています。ありがとうございます。

>多少スピンアウトした内容なので公開されなくともよろしゅうございます。

 拙ブログはコメント投稿の際、公開コメントを選べばすぐに公開されます。

(6)お礼のコメントについて

 先日、友人から「福田さんは一人一人に対してお礼のコメントを書いていて、誠実な福田さんの人柄が表れているんだけど、あれがどっと出るとコメントを読もうと思ってもすぐに読めないので・・・。」と言われました。そこで今後は基本的にはお礼のコメントは割愛させて頂きます。ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 以下の様なコメントを割愛させて頂く事になります。

福田元昭 #-

Re: タイトルなし

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-2037.html

↑記事本文に掲載させて頂きました。ありがとうございます。

2018/11/23 (Fri) 09:24 | URL | 編集 | 返信


↑頻繁なクリック、よろしくお願い申し上げます。

↓動画 岡田有希子
ユッコの愛情
スポンサーサイト



Comment

ひろ #-

岡田有希子さん(佐藤佳代さん)主演の「禁じられたマリコ」、薬師丸ひろ子さん主演の「セーラー服と機関銃」(以前、福田さんと日月土さんのブログで指摘されていましたよね。)、以前僕がコメントで触れた「風少女」の脚本は今井詔二さんが手掛けているそうです。僕は、この今井詔二さんが作品を通じて日本航空123便事件を伝えているような気がしています。(名前の詔二さんの詔は陰陽師を思わせるような名前に思えます。Wikipediaによれば、今井さんの今はラではなく、マだと注釈があります。今井さんが手掛けた作品に田宮二郎さん主演のドラマ「白い滑走路」があるそうですが、「白い滑走路」はボーイング747型機が使用されたそうです。偶然とは思えないです。)
僕は今井と聞いて、俳優の今井雅之さんを思い浮かべます。今井雅之さんといえば、元自衛隊員であることは有名ですが、日本航空123便事件の際に救助活動をされたという話を聞いたことがあります。今井詔二さん、今井雅之さんについて福田さん、日月土さん、皆様のご見解をお聞かせいただけるとありがたいです。

2018/12/04 (Tue) 14:48 | URL | 編集 | 返信
明日香 #-

ニコニコ動画

ザトップテン 1985年
で検索したところ、ニコニコ動画で視聴可能でした。
http://nico.ms/sm8114267?ref=share_others_spweb

ユーチューブは、削除された模様です。
以上

2018/12/05 (Wed) 14:01 | URL | 編集 | 返信
 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/12/07 (Fri) 23:24 |  | 編集 | 返信
ひろ #-

岡田有希子さん(岡田有希子さんの替え玉)は殺害されたと思います。僕は1986年4月8日以降も岡田有希子さん(佐藤佳代さん)は生存している(生存していた)と考えています。

2018/12/14 (Fri) 15:25 | URL | 編集 | 返信
 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/12/14 (Fri) 15:58 |  | 編集 | 返信
ひろ #-

僕は岡田有希子さん(佐藤佳代さん)とダイアナさんは無関係ではないと考えています。(岡田有希子さんの自殺報道の翌月にダイアナ妃チャールズ皇太子ご夫妻が来日されています。時系列的に無関係ではないような気がしています。) 「岡田有希子さん ダイアナさん」についてネットサーフィンしているときに、こんな記事を見つけました。→https://taki-zawa.net/index.html 輝の会

2018/12/17 (Mon) 09:49 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

岡田有希子さんが憧れていたという松田聖子さんの存在も
岡田有希子という名前のアイドルの死から外せないと思っています。

昔から松田聖子さんは故・石原裕次郎さんの彼女か愛人かと言われていました。
その傍らで郷ひろみさんとお付き合いをされていた等と色々な説が流れておりました。
情弱な小学生の頃にクラスで流れる噂話を聞きかじっただけの話なので、真相は不明で申し訳ありませんが。

その松田聖子さんと郷ひろみさんの破局の日が1985年1月23日だったのですね。
>>1985年1月23日、交際を公にしていた歌手・郷ひろみと破局。東宝スタジオの食堂にて涙の破局会見を行い、聖子は「生まれ変わったら一緒になろうねと話し合った」と語ったが、後に郷は「会見することも知らなかった。あんなセリフも言っていない。僕が生まれ変わって虫だったらどうする気だろう?」とジョークを交じえて否定した[11]

そして同じ年の6月に神田正輝さんとご結婚をされております。
>>6月24日、神田正輝と東京都目黒区サレジオ教会で結婚。2人の結婚は、世紀の結婚をもじって「聖輝の結婚」と呼ばれた[11]。結婚式・披露宴の独占放送権を獲得したテレビ朝日は、約10時間に亘りこの模様を放送。ゴールデンタイムの平均視聴率は34.9%(ビデオリサーチ・関東地区)を記録した[11]。司会を務めたのは当時日本テレビアナウンサーの徳光和夫[注釈 3]。

これについては情弱な小学生であった私でもニュースか何かで見て割と記憶は鮮明でした。
郷さんと別れて5ヶ月と一日で神田さんとご結婚。
これも何かの意図が働いていたように感じてなりません。

確か、1985年の紅白歌合戦で産休に入ると宣言をしていた覚えがあります。
それから約四ヶ月後、岡田さんは亡くなりました。
関係がないわけじゃない気がするのは私だけでしょうか。

2018/12/17 (Mon) 11:22 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー岡田有希子さんが憧れていたという松田聖子さんの存在も岡田有希子という名前のアイドルの死から外せないと思っています。→その通りですね。松田聖子さん(ならびに酒井法子さん)は関係大ありだと考えています。のちほどとある動画をご紹介しますが、是非その動画をご覧になられることをおすすめします。是非御覧になられてください、と強くおすすめします。ちなみに岡田有希子さん(佐藤佳代さん)は河合奈保子さんにも憧れていたそうです。

郷ひろみさんと松田聖子さんの破局会見が1985年1月23日というのは猫山さんのコメントで初めて知りました。貴重な情報ありがとうございます。何か見えてきませんか?僕は、とっさに1月23日→123→日本航空123便を思い浮かべました。もしかしたら、ですが、松田さんと郷さんの破局も日本航空123便事件と無関係ではないのではないか(関連性がある)と思いました。

昔から松田聖子さんは故・石原裕次郎さんの彼女か愛人かと言われていました。→実は、どの記事のコメントか忘れましたが、松田聖子さんと故・石原裕次郎さんに関するエピソードを投稿しました。ヒントは杏林大学です。(笑)

「聖輝の結婚」は当時ワイドショーで大々的に報じられましたね。当時僕は小学生でしたが、担任の女性教諭が授業中にも関わらず、授業そっちのけで教室に備え付けてあったテレビを点けられ、生徒たち(僕も含む)と見せられるはめになり、子供心に嫌な思いをしたことを覚えています。(授業後の休憩時間ならともかく授業時間中に点けるなんて、ちゃんと授業してくださいよ、と思いました。若い女性教諭なら解らなくもないですが、40代半ばの先生でしたから余計腹立たしく感じました。) 岡田有希子さんが亡くなったとされる4月8日について、あらたにわかったことがありました。歌手のDAIGOさんは1978年4月8日生まれです。

確か、1985年の紅白歌合戦で産休に入ると宣言をしていた覚えがあります。それから約四ヶ月後、岡田さんはなくなりました。関係がないわけじゃない気がするのは私だけでしょうか。→冒頭で述べた通り関係大ありだと思います。こういう見方もできませんか?神田さんと聖子さんの結婚は1985年6月24日ですね。この時点で岡田さん(佐藤さん)は二人がいずれ子供を授かることを悟るはずです。そもそも岡田さんは神田さんに恋心を抱いていたようには見えません。(舘ひろしさんのことはタイプと言われていたようですが、真偽は定かではありません。) 1986年4月8日の聖子さんの妊娠発表は神田さんとの関係を苦に自殺した、という伝聞(嘘)を強調するために意図的に報道された可能性があると僕は考えています。(神田さんとの関係、噂も4月8日以前には聞かれていないと思います。峰岸さんとの噂もそうです。すべて4月8日以降です。) 僕は、以前のコメントでも話しましたが、岡田さん(佐藤佳代さん)の替え玉が存在していて、1986年4月8日に亡くなった岡田有希子さんとされる女性は岡田さんの替え玉で他殺であるのではないかと考えています。[もちろん岡田さん(佐藤佳代さん)があの日亡くなった可能性も排除していません。ただし自殺ではなく他殺だと考えています。] これからご紹介する動画を是非御覧になられることをおすすめします。→https://youtu.be/LymbLgPA_0c 三枝の爆笑美女対談 岡田有希子
映像の冒頭で岡田さん(佐藤佳代さん)の身体的特徴が語られます。耳に関するエピソードです。岡田さんの曲「口びるネットワーク」のジャケットの写真を御覧になられることをおすすめします。僕が言わんとすることが見えてくるのではないでしょうか。実はもうひとつ岡田さん(佐藤佳代さん)に関することで気になることがありますが、今回は割愛させてください。とにかく紹介したURLの映像をご覧になられることをおすすめします。僕は岡田さんの本名佐藤佳代さんと同姓同名出身地が名古屋市出身の男性タレント(? (^_^;) )佐藤佳代さん(本名だと聞いています。)も気になります・・・

2018/12/17 (Mon) 13:32 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

動画を見て参りました。
1986年3月の彼岸前のベストテンで私は初めて岡田有希子さんを見ました。
私はその時の彼女の顔は小5の私には「おばさんみたいなお顔立ち。」に見えました。
ひろさんが貼って下さった画像の子が本物の岡田有希子さんですよね?
知人の50代男性は、私が初めて岡田有希子さんを見た頃の彼女を「自殺を前に老け込んだ時期。」と言っていました。
確か、1986年春に発売された明◯と言う雑誌に載っていた有希子さんの写真は「禁じられたマリコ」の撮影中期から末期のものが掲載されておりました。
私が初めてテレビで岡田さんを見た時と同じ方だったと記憶しています。
ひろさんが貼って下さった動画の岡田さん(本物のお方)は、本当に30年以上の前に実在した方?と思える程、斬新に見えました。

さて、松田聖子さんですが…。
可愛くて歌が上手で…。
と、言われていて学校でも彼女を好む方は多分におりました。
1981年1982年頃に突然人気に拍車がかかったような記憶もあります。
1984年頃でしたが、小学◯年生と言う雑誌に一冊丸々松田聖子さんの自伝漫画と言うものが付いていました。
それだけ彼女に憧れる小学生が多かったからかもしれませんが。
子供目線にも何故、こんなに彼女を「ヨイショ」するのだろう?と不自然に思えておりました。
その冊子には、恋愛的な部分には触れておりませんでした。
だから、当時の私は松田聖子さんと郷ひろみさんがお付き合いをしていたのは知りませんでした。
今、こうして日航機事件と岡田有希子さんの死の関係性を考えているうちに、当初は松田聖子さんが生贄に予定されていたのか?と思うようになりました。
郷さんとのお別れの際に
「生まれ変わったら一緒になろうね。」
と言っていたとネット上に書かれていました。
まだ、お若い二人がまるで今生の別れのような言葉でもって終わりにしたのは不思議に思いました。
そして松田聖子さんは神田正輝さんと御成婚。
神田正輝さんとご結婚をすることで命を落とさずに済むような何かが有ったのか?とも思いました。

その後、岡田有希子さんが徐々にブレイクしてゆく。
そして岡田有希子さん亡き後は酒井法子さんがブレイクしてゆく。

私の遠縁の親類の者が、岡田有希子さんとほぼ同じ時期に芸能界に入りました。鳴かず飛ばずでしたが…(苦笑)。
そんな彼女より数年あとで芸能界入りをしたの酒井法子さんがいきなり売れ始めたことと、テレビ局で高慢ちきな態度をしてきた酒井法子さんに大変驚いていたことを思い出します。

日航機事変はただの飛行機事故ではなく、岡田有希子さんの自殺もただの自殺ではなく、色々が絡み合って起きた事変なんだとまざまざと感じました。

2018/12/17 (Mon) 15:25 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー動画の岡田有希子さん(佐藤佳代さん)はおっちょこちょいだけど聡明で意志が強くて自分の意見をはっきり言う人で愛嬌があってちゃんと会話ができる、この動画を知ったのはつい最近ですが岡田有希子さん(佐藤佳代さん)は素敵な方だと思いました。少なくともこの動画の少女は自殺するような子では断じてないと言えます。(実はもっと大きな秘密があるのですが) 桂さんは途中身を乗り出して岡田さんの話を聞き入っています。話術もありますし、芸能界ならずとも大成される方だと思います。僕は映像を見ていて気になったのですが、元々はショートヘアーで耳の部分の髪は付け毛ではないか?と思いました。「禁じられたマリ子」の1話目と2話目の杉浦麻里子役の岡田有希子さん(佐藤佳代さん)は確実に本人だと思います。多分、本人と替え玉(影武者)が各番組に交互に出演していたと思います。紹介した動画に途中物音が倒れるようなラップ音のような音が入りますよね。演出でなければ霊現象(ポルターガイスト現象)ではないでしょうか。岡田さん(佐藤佳代さん)に霊能力があることを示す場面のようにも思えます。確実に言えることは日本航空123便事件と岡田有希子さん(佐藤佳代さん)ひいてはサンミュージックは関連性があるということです。本日の配信記事に確実に福田さんのブログを意識したと思える記事が配信されていました。→https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00000008-mnet-musi マキシマムザ亮君(マキシマムザホルモン)地上波バラエティのルールがわからずに大暴走

2018/12/17 (Mon) 16:18 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

追伸です。
芸能人さんが髪型や服装を大幅に変えたときは
整形が疑われるそうです。
岡田さんの場合は髪型を変えた頃に替え玉登場かもしれませんね。

ちなみにひろさんの貼ってくださった動画が本物の有希子さんならば
小学生の私は、本物の岡田有希子さんを一度も見たことが無いことになります。

2018/12/17 (Mon) 16:24 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

マキシマムザホルモンって確か今、活動を小さめにしていませんでしたっけ?
ダイスケはんの手術などもあって。
それでも話題に出すというのはやはり勢力者の中には福田さんや、日月土さんのブログを見ていらっしゃる方がいるのですね。
私は、本物の岡田有希子さんは能力者であり未来から来た方?のようにも感じました。
その岡田さんにはもう既に、見えていたのかもしれないと感じました。
日航機が落とされた後の日本のこと、世界のことなどなど。
多分、小学生の時に見た岡田さんが本物の岡田さんだったら間違いなくファンになっていたと思います。
残念ながら、私がブラウン管で見た最初で最後の岡田有希子さんは別人だったようです。(´・ω・`)ショボーン

2018/12/17 (Mon) 16:45 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー僕なんて小学校の頃は時代劇や漫画やアニメくらいしか観た記憶がないです。(^_^;)歌番組は夜のヒットスタジオを数回チラッと観た記憶があるくらいです。歌番組はそんな観た記憶が無いんですが岡田さんの「くちびるネットワーク」や「サマービーチ」は聞いたことあるんですよね。あとはスケバン刑事とか観ていました。80年代の歌も聞き覚えありますので、多分記憶にないだけで音楽番組を観ていたのかもしれません。「必殺仕事人」は漫画「ブラックエンジェルズ」のパクリみたいな感じですね。小学校時代アイドルに本当興味がなかったですから、同級生たちが「浅香唯(さん)がいい!」とか「中山美穂(さん)がいい!」と言ってるのを傍らで「へぇ~」と聞いてるような子でした。多分岡田さんもそういう範疇に入る人物です。当時は日本航空123便事件を悲惨な航空事故という認識でしか見てませんでし、当時の日本社会がこんなに闇深いものだとはつゆほどにも思っていませんでした。

2018/12/17 (Mon) 17:12 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへーマキシマムザホルモンは元々大々的に活動してないバンドでしたね。僕もこの記事は非常に不自然に思いました。ここ数日、福田さんや日月土さんのブログを明らかに意識した記事が増えたような気がします。

2018/12/17 (Mon) 17:24 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

小学生の頃の私は時代劇は怖くて見る事が出来ませんでした。
斬りつけられるシーンがダメでした。
刑事物の撃たれるのも直視出来ませんでした。

岡田有希子さんの自殺については、担任の先生が学級会の一コマ(45分間)を自殺と言うものはどのようなものか?存分に話し合いたいと言い出した事が印象的でした。
確か、その担任の先生が学校の近くの墓場の管理人さんに許可を受け、お墓の前での授業になりました。
その時は、「一人の芸能人さんが自殺した事件」と思っていました。
それと同じく、チャレンジャー号の空中爆発「ただの事故。」だと思っていました。
ただ、日航機の墜落についてはただの事故にしては放って置けない何かを感じる部分がありました。
理由は以下に記します。

日航機墜落に関しては墜落後から残りの夏休みは家族が仕事で留守になるとテレビを見ていました。
不思議な点は、墜落した場所の山肌の雰囲気が違って見えたりする時があり「思った程酷くなかった?」と思える物がたまにブラウン管に映る事でした。
山肌の土が殆ど焦げていないのが特徴的な場面でした。
夜、家族が揃いニュースを見ていて斜面がなだらかに見える山肌と転がってる飛行機のタイヤの位置と向きを見て「この前映った現場と本当に同じ場所?」などと口にして、「馬鹿、変な事言うな。」などと叱られていました。
福田さんのブログで、1機目と2機目の飛行機の存在を知り30年来の謎が漸く解けたような思いです。

あともう一つ。
これも以前、福田さんのブログのコメント欄に書かせて頂きました。
日航機事件についてのニュースが流れる時、1987年初秋くらいまでは「日航機の撃墜事件」と放送している局がありました。
ハッキリ覚えているのはNH◯で言っていたことでした。
他にも民放の局でも幾度か聞いた事がありました。
小学校六年生にもなって、墜落と撃墜の違いがわからず親に意味を聞いたりもしていたので覚えていました。
また、学校でもクラスの男子が休み時間に「日航機の撃墜ごっこ」と言う下劣な遊びをしていたので、私以外にも「撃墜」と聞いた方は存在したと思ってます。

※撃墜ごっこと言うのは飛行機役の一人が両手を広げてブーン⊂二二二( ^ω^)二⊃ってやりながら走りまわりそこに先生に内緒で持ってきたカラーボールをぶつけて遊ぶと言うものでした。
あとは後ろからタックルして転ばせたりとか。

1987年秋以降、墜落で統一されたようで撃墜と言う言葉は日航機のニュースの報道で聞かなくなりました。
そう言った部分でも奥が深い墜落事故だと思っていました。

2018/12/17 (Mon) 18:27 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー僕は小中学校時代、社会情勢に全く興味なく「日本航空123便事件」に全く関心がありませんでした。ただ心霊話はすごく流行っていてそういう本を学校に持ってきて読んでる同級生がいましたので、一緒に読んだりしてました。「はだしのゲン」は小学校時代、学校の図書館で同級生の間で人気の漫画でしたので休憩時間になると「我先に」と図書館直行したものでした。「はだしのゲン」を無くそうとする動きが現在実際にあることに対して、僕は小中学生に対して「是非読んでほしい。」と思います。小学校時代、ゲームが流行りましたけど、そういえば1985年86年あたりはシューティングゲームが流行っていましたね。北斗の拳を始め戦闘シーンの多い漫画が多かったような気がします。現在もそうですが漫画自体戦闘ものが多いですね。(案外意図されてそういう潮流にされているのかもしれません。)
「撃墜」という言葉が事変後しばらく使われていたんですね。全く気付きませんでした。85年にランボー2や86年にデルタフォースシリーズやトップガンなどの映画が放映されましたが、123便事件と少なからず関連があるのかもしれません。

2018/12/17 (Mon) 19:37 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー動画を観て何か気づかれませんでしたか? 岡田さん(佐藤佳代さん)の仕草や表情に注目してみてください。ヒントは「宇宙への旅立ち」です。(笑)

2018/12/17 (Mon) 19:48 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

動画の岡田有希子さんですが、瞬きが多いと言うところでしょうか?
あとは、話しながらジェスチャーのように手を動かされているように感じました。
それ以外は見付ける事が出来ませんでした。
やはり、レプと言うことでしょうか。

私がはだしのゲンの原作漫画があるのを知ったのは、25歳の時でした。
私が通っていた小中学校と高校にはありませんでした。
1983年と1986年にアニメで映画化をされた時に学校からチラシを貰いました。
「◯◇公民館で◯月×日に上映会をするから見たい人は見て下さい。」と書いてありました。
母により、小学二年生以降五年生の半ば迄は9割くらいのアニメを見るのを禁じていた為に、残念ながらはだしのゲンの映画の1は見に行けませんでした。
はだしのゲンの2は、母がアニメに理解を示してくれた事で見に行けました。
会場に行ったら同じクラスの男子が3人程見に来ていました。
ちょうど、卒業文集の作文を書く時期でもあったので私を含めた4人で示し合わせて「はだしのゲン」か「チェルノブイリの原発事故」をテーマに核や原発の恐ろしさについて書くことにしました。
そのくらいはだしのゲンは私にとって影響があったと思っています。

私は、ファミコン含めコンピュータゲームを買って貰った事もなかったので1985年くらいのゲームの作品についてもさっぱりです(苦笑)。
ですが、北斗の拳のゲームは同い年の再従兄弟がやっているのを見ていましたが、ゲームの野蛮さについていけませんでした。
ランボーは中学一年の時の担任が好きな作品らしくてフリートークの時間にあらすじを話していました。
ゲームや映画の作品などでも野蛮だったり、猟奇的な物が増えてきた時期も日航機事件の頃と重なっている可能性があるのですね。
「戦争はまず、隣にいる人を押し退けたり突き飛ばす事をなんでも無いことになることから始まる。」と書いてる方がおりました。
満員電車、受験戦争、仕事・育児・家事などで自分に構えなくなる日々が個々の心を荒ませて、他人なんてどうでも良くなってしまえば支配者の思惑通りのようです。
更には、早いうちから野蛮なゲームをする事で更に心は麻痺すると見られているそうです。
恐らく長年かけて戦争を何でもないものと思えるような人間を作ろうとしているように感じております。

2018/12/17 (Mon) 22:22 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー"やはり、レプと言うことでしょうか" この言葉に答えがあります。動画の13分10秒~13分14秒あたりになると思いますが、この辺りのシーンをよくご覧ください。とくに口元に注目してご覧ください。ちなみに僕はレプことレプティリアンの存在を確信しています。(僕自身、レプティリアン遭遇と思われる事案に遭遇しています。今回のコメントでは割愛させてください。)レプティリアンに憑依されたケース、本人がレプティリアンと認識していないケースもあると考えています。

『満員電車、受験戦争、仕事・育児・家事などで自分に構えなくなる日々が個々の心を荒ませて、他人なんてどうでも良くなってしまえば支配者の思惑通りのようです。更には、早いうちから野蛮なゲームをする事で更に心は麻痺すると見られているそうです。恐らく長年かけて戦争を何でもないものと思えるような人間を作ろうとしているように感じております。』→猫山さんのこのお言葉は全くその通りだと思います。年間3万人をこえる自殺者(他殺者も多数含まれるでしょう、もしかしたらこの数字は潜在的な数字かもしれません。)が出ると言われる日本社会は果たして正しいのか?と僕はずっと前から考えていました。政府は真剣に向き合っていないとさえ感じます。政府の方々は企図してこういう社会に誘導しているのではないか?という疑念をずっと前からいだいていました。戦時中お国のためと半ば強制的に戦場に駆り出された若者たちが現代社会を見た時どう思われるのだろうか?と考えることがあります。僕は写真屋に勤めたことがある、と以前コメントしましたが、あるお客様が知覧特攻隊の記念館に展示されている零戦(復元模型でしょうか)を撮影したお写真を持って来られて、「この写真はね、元々こういう赤い染みがついてなかったんだけど、日が経つにつれて、写真に浮き上がってきてね、特攻隊の若者たちの無念な思いなのでしょうかね。」と写真を見せていただいたことがありますが、確かに零戦(飛行機模型)の部分だけ赤い斑点のような模様がついているのを目にして、なんとも言えない気持ちになりましたとともに、特攻隊で亡くなった方々は本当はもっと長生きしたくて人生を謳歌したかったんだろうなぁと悲しい気持ちになったことを覚えています。(僕は戦争断固反対です。)

2018/12/17 (Mon) 23:22 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

動画を見たら舌出しがありました。
以前、リアルさんが芸能界などの世界はレプで無いとほぼ入れて貰えないと書いておられました。
彼女は憑依をされていたのでしょうか…。

今の世の中では、特に新興宗教などの教えに見られますが、常に自分より他人や組織に対して気を配ることを推奨されます。
私は、10代前半から10年ほどそのように説く新興宗教におりました。
そのように自分より他者を優先をする事を、利他愛と教え込まれました。
一緒に信仰をしていた母はこれが正しい教えと思い込んでいました。
当時、反抗期だった私は親とか教団のやり方を疑問に思い異議を唱える事がありました。
その度に、利他愛に欠ける発言・屁理屈・霊障などと言われて参りました。
開祖が元軍人だったこともあり、青少年や成人でもお若い層の方を「教団内の隊」に志願をさせていました。
当時の隊での教えは、「教祖に死ねと言われたら死ぬのが美徳。」でした。
高校三年生の時の私はそれに対して異議を唱えました。
しかし「死ねる。」と言えるまで同じことを問われました。
これは極端過ぎる例ですが、こうして常に自分以外の方を優先させると言う教えも自尊心を欠く行為だと体感致しました。
自尊心を欠くとおかしなもので、みんなが自分よりも長けた存在に感じて来て、お人様に好かれるにはまずは、相手が望むことを出来得る限りしなければ…と思うようになります。
今、思うとそれが教団のやり口だったのでしょう。

ひろさんが、神風特攻隊について書いて下さっておりました。
自身の体験は戦時に軍に志願・召集をさせられた男性達に比べたら大した事じゃありませんが、「国の為、自分の大切な人の為。」と建て前を押し付けられて戦場送りにさせられた当時のお若い方々のお気持ちがわかる気がし致しました。
自分より国などの組織や他人を優先する事で強制的に死の淵に若しくは死後の世界にやられるのですかいたたまれないと思います。
今の世でもその体制は形を変えながらずっと残っています。

私ごとですが、今年昔の友人が自死致しました。
彼は、私の実家同様に昔のお家制度を引きずる家の方でした。
若い頃には言ってもわからない親に反発して家を飛び出したりしていましたが、最終的には親、親族、ご近所様の目を気にして長いものに巻かれました。
十数年、それらの圧力を堪えつつ生きていたようですが、最後は親友に「家庭と言う狭い檻に閉じ込められた自分を。病気で思うようにならなくなった身体でこれ以上はこの環境を覆すのは無理。」と遺し、自らこの世を去りました。
彼もまた、かつて国が作った制度の被害者だったと私は見ています。

少々オカルト的なお話になりますことお許しくださいませ。
魂には、再生転生があります。
二次大戦の時に亡くなった方の多くは、比較的早くに日本に転生をして来ると聞きました。
理由は大まかに、平和な世の中を体感をしたいの方と今のような世の中になることを魂が予測を立てて来る方がおられるそうです。
後者は、根本的に世直しをしたくて来た魂であるようです。
いずれも、日本と言う国に蔓延る支配層に殺された魂には変わりないと私は思っております。
転生を選ばずに写真を赤く染める事で過去の悲惨な出来事を後世に伝えようとする存在がいても不思議ではないと私は思っています。

2018/12/18 (Tue) 10:08 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー前出の猫山さんのコメントと前後するかたちでコメントさせていただきます。

動画の岡田さん(本物のお方)は、本当に30年以上の前に実在した方?と思える程、斬新に見えました。→僕も同様なことを思いました。当時としては、前衛的だと思いました。

当初は松田聖子さんが生け贄に予定されていたのか?と思うようになりました。→僕はそう考えています。 岡田有希子さん(佐藤佳代さん)は実は実際に123便に搭乗していて、ザ・トップテンに出演していた岡田有希子さんは替え玉ではないか?という可能性はゼロではないと考えています。

私は、本物の岡田有希子さんは能力者であり未来から来た方?のようにも感じました。→可能性はゼロではないと考えています。「事実は小説より奇なり」という言葉があります。

私ごとですが、今年昔の友人が自死致しました。→直接存じませんが、亡くなられた猫山さんのご友人の方にお悔やみを申し上げます・・・
僕の同級生で少なくとも二名の同級生が自ら命を絶っています。二人とも言葉交わしたことある同級生でしたので、人づてに訃報を聞いた時は深い悲しみを感じたことを覚えています。2018年7月に奈良のとある女子高生がツイキャスで自殺の様子を配信した動画を実際に観たことありますが、自殺について僕は思うところ多々あります。「死ぬ勇気死ぬ覚悟があるなら生きる勇気生きる覚悟も絶対にある」というのが僕の持論です。僕には病気で若くして亡くなった後輩がいますが母伝に聞いた話ですが、件の後輩は「僕はまだ死にたくない。」と周囲に話していたそうです。僕はこの話を聞いた時、どんな困難なことがあっても強く生きていかないといけないと心に誓って現在に至ります。

僕は、レプティリアンには邪悪な存在と善良な存在がいると確信しています。岡田有希子さん(佐藤佳代さん)が仮にレプティリアンだと仮定するなら、後者だと思います。僕は、中学時代、アメリカのテレビシリーズ「V(ビジター)」を観ました。「V」は人工皮膜を被った爬虫類型宇宙人と地球に訪れた宇宙人(人工皮膜を被った爬虫類型宇宙人)の真の目的を知った地球人が結成したレジスタンス軍の戦いを描いた作品です。僕は、この作品は是非観られることをおすすめします。ちなみに地球人と友好的な関係を望むバトラー司令官(爬虫類型宇宙人のトップ)の考えを快く思わない副司令官(ナンバー2)の名前は"ダイアナ"で、バトラー司令官を殺害してトップに君臨するシーンが描かれています。ダイアナの考えを快く思わない(人工皮膜を被った)爬虫類型宇宙人の中にはレジスタンス軍に協力する内通者も描かれています。是非「V(ビジター)」を御覧になられることをおすすめします。

2018/12/18 (Tue) 14:21 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

上記のコメントに訂正があります。司令官名が間違っていました。コメントした後読み返して気づきました。バトラー司令官(誤)→ジョン司令官(正)です。ちなみに"ダイアナ"を演じた女優さんはジェーン・バトラーさんです。記憶が混同していました。失礼致しました。「V(ビジター)」のWikipediaの記事です。→https://ja.wikipedia.org/wiki/V_(1983%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)

2018/12/18 (Tue) 14:47 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

度々失礼致します

今、僕はたしかに記入漏れなく「V(ビジター)」のWikipediaの記事のURLを入力しましたが、なぜか「V」のみのWikipediaの記事のURLが表示されていました。再度、掲載致します。
https://ja.wikipedia.org/wiki/V_(1983%E5%B9%B4%E3%81%AE%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)

2018/12/18 (Tue) 14:57 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

https://ja.wikipedia.org/wiki/V_(%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E)

リメイク版に関する記事のURLです。
http://wwws.warnerbros.co.jp/v-visitor-dvd/sm/introduction.html

https://matome.naver.jp/odai/2143077290210669701

2018/12/18 (Tue) 15:19 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC

「V(ビジター)」でレジスタンスのリーダー役を演じたマーク・シンガーさんのWikipediaの記事のURLです。もしかするとパソコンではURLがきちんと表示されているかもしれません。重複していましたら申し訳ございません。(少なくとも僕の携帯電話では表示されないです。)度々失礼致しました。

2018/12/18 (Tue) 15:55 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

レプティリアンは色んな方がいると思います。
否定派も多いと思いますが、スターピープルと呼ばれる存在も同じくと思います。
本物の岡田有希子さんがレプティリアンでも安倍某首相のタイプとは全くの異種だと思います。

ひろさんの同級生でも自死をされた方がいらっしゃいましたか。
自殺をする時には大体、我を失ってしまうと聞きます。
覚悟もそれなりにあるのでしょうけど。
自身も小学5年で自殺をしようとして失敗をしています。
自殺をするまでは、「これで全て終わる。」としか考えられなくなるものでした。
しかし、死ぬのも楽じゃありませんでした。
思った以上に痛いし、熱いしで「私はまだ本気で死ぬ気じゃないんだなあ。」と思いました。
生きる覚悟を持つ事にしました。

私の中学時代に一番仲が良かった友人二人が31歳までに病気で他界しました。
一人の友人に対しては私の家庭の事情が許す限り会いに行っておりました。
彼女は最後まで生きる為の望みを失いませんでした。

岡田有希子さんの話し方は2000年代くらいの芸能人さんのトークを聞いているように感じました。
彼女自身が未来人なのか、はたまた未来人がウォークインをしたのか?と多々考えさせられました。

岡田有希子さんが1985年8月12日の日航機に…。
そこまでは考えもしませんでした。
やはり、昭和天皇同様に荷物に詰められて…?でしょうか?
禁じられたマリコのロケは確か1985年9月上旬からだったとネットのどこかに書いてありました。
ロケについての記載がカムフラージュならば、本物の岡田有希子さんは既に1985年8時12日にお亡くなりになっている可能性もあるのですね。
ただ、最初の頃のマリコ役の岡田さんが本物とニセモノが交互に出ていたように見えていたと言うと、クローン存在でしょうか…?

岡田有希子さんはポスト松田聖子と呼ばれていたらしいですね。当時。
アイドルとしての傾向としては聖子さんとはあまり似ていなかったらしくて、「それは違う。」と思った方が多かったとネットに書いてありました。
まさか、「(生け贄としての)ポスト」と言う呪詛が込められていたという事でしょうか…。

ビジターと言うのはDVDで見る作品ですか?
名前は聞きかじった事がありましたが、内容までは知りませんでした。
教えてくださいましてありがとうございます。
忘れないようにメモっておきます。

2018/12/18 (Tue) 16:28 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー猫山さんのコメントをかいつまんで、コメントさせていただきますことをお許しください。

彼女自身が未来人なのか はたまた未来人がウォークインをしたのか?と多々考えさせられました。→岡田有希子さん(佐藤佳代さん)が未来人、未来人がウォークイン、あるいはワンダラーの可能性はゼロではないと考えています。岡田さん(佐藤佳代さん)が想像以上にミステリアスな方だとはほんの数ヶ月前までは思いもよりませんでした。

本物の岡田有希子さんは既に1985年8時(月)12日にお亡くなりになっている可能性もあるのですね。→仮に、あの日1985年8月12日に岡田有希子さん(佐藤佳代さん)が実際に極秘に搭乗していたとしたら可能性の一つとして亡くなっている可能性はあるでしょう。僕はこう考えます。日本航空123便は不時着したのですよね。その時点では誰も亡くなっていない、塚原教授をはじめとする権威ある技術者、学者数十名は現在もご健在であるとするなら彼らと一緒に佐藤佳代さんがご健在である可能性があるのではないか、僕はその可能性はゼロではないと考えています。

まさか、「(生け贄としての)ポスト」と言う呪詛が込められていたという事でしょうか...。→可能性はゼロではないと考えています。むしろそう考えたほうが自然ですよね。

ビジターと言うのはDVDで見る作品ですか?→はい、リメイク版はDVDで視聴できます。この作品もおすすめしますが、僕が是非観ていただきたいのは1983年版の「V(ビジター)」と「V2」です。こちらはビデオとして販売されていました。DVD化は...すみません。未確認です。もしDVD化されていましたら是非ご視聴ください。

本当のことを申しますと、岡田有希子さん(佐藤佳代さん)の替え玉(影武者)の存在の可能性、岡田有希子さん(佐藤佳代さん)がレプティリアンである可能性についてはコメントとして出すことに躊躇いがありました。無用な憶測が福田さんや日月土さんや123さんならびに皆様の調査の妨げになると懸念したからです。僕自身、とある超常現象研究家に情報を提供して全くの作り話で世に出された経験がありますのでコメントとして発信することに躊躇しました。ですが、僕は前にコメントした通り、「世の中の真相が知りたい」という想いに変わりはありません。僕のコメントにせせら笑っている人々もいることでしょう。僕自身が笑われたってバカにされたっても構わない、だけど日本航空123便事件で亡くなられた方々の無念は僕には計り知れない深い悲しみとして現実にある、亡くなられた方々の無念な思いは決して蔑ろにしてはいけないですし、明らかにすべきだと僕は強く主張します。

2018/12/18 (Tue) 18:11 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

岡田有希子さんの替え玉説は信憑性があると思いました。
昔、まだインターネットと言うものが出来て数年の頃にどなたかがネットに書いておられました。
岡田有希子と言う芸名は希と言う文字があまり良く無いと。
希望の希と読みますが、まれとも読みます。
そのまれと言うのがあまりよろしくないそうです。
多分、芸名そのものが何らかの呪詛だったのかもしれません。
最初から替え玉と入れ替えるつもりだったのかもしれません。

日航機は最初は不時着でしたね。
もし、岡田有希子さんが乗っていたら恐らく殺さないで拉致をすると思います。
生きているとしたら、やはり霊的な儀式に利用をされてしまったのでしょうか。

松田聖子さんは、生け贄から解放される代わりに郷ひろみさんと破局と言う感じだったのか?と考えました。
そうすると、芸能界ではサンミュージックや石原軍団などが関わっているとも考えられますね。

1985年8月12日のトップテンの動画に岡田有希子さんの動画が残っていたら替え玉かどうか識別つかないものでしょうか?

2018/12/18 (Tue) 22:11 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー猫山さんのコメントに対して、個人的見解を述べさせていただきますことをお許しください。

そのまれと言うのがあまりよろしくないそうです。→僕はこの文言であることを思い出しました。女優の土屋太鳳さん主演の映画に「まれ」というタイトルの映画がありましたよね。(僕はまだこの映画を観ていませんが。ちなみに土屋太鳳さんは個人的にお気に入りの女優さんの一人です。)ふと思い出しました。猫山さんの「まれ」に関するコメントは初耳でした。貴重なコメントありがとうございます。

松田聖子さんは、生け贄から解放される代わりに郷ひろみさんと破局という感じだったのか?と考えました。→そういう見方ありですね。(あり得ると思います。) 僕はこう思いました。1985年1月23日に破局会見ということを猫山さんから教えていただきました。日付を見て、僕は123を連想しました。1月23日→123→日本航空123便と連想しました。1月23日破局→日本航空123便破局(飛行機に破局という言葉は適切ではないかもしれませんが)→日本航空123便事件 とふと思いました。(あくまで個人的見解です。こじつけと思われても構いません。)

そうすると、芸能界ではサンミュージックや石原軍団が関わっているとも考えられますね。→あり得ると思います。石原軍団と聞いて僕はドラマ「西部警察」を思い出しました。渡哲也さん演じる大門刑事でしたよね。あのドラマは出演俳優さん(石原軍団所属俳優さんたち)の体当たり演技だと聞いています。「西部警察」でふと思いましたが、彼らは制服を着ていない私服警官ですよね。犯人を躊躇なく殴るシーンや銃撃シーンなど一般の警察官とかけ離れた警察官たちの物語ですが、案外実在する秘密警官を描いた作品かもしれないとふと思いました。

1985年8月12日のトップテンの動画に岡田有希子さんの動画が残っていたら替え玉かどうか識別つかないものでしょうか?→実は、先日ご紹介した動画の冒頭にヒントがあります。 動画の冒頭で岡田さん(佐藤佳代さん)の耳についての会話のやり取りがあります。桂さんが「あなた(岡田さん)の耳は大きくて、ふつう耳は寝てますけど立ってますね。」ということを言われます。岡田さんは「わかりました?おおきい耳がコンプレックスで髪の毛で隠しているんです。最初は自分でも気づかなかったんですけど、小学校時代、友達からわぁーダンボの耳みたいだと言われたんです。」ということを話されます。(会話の詳細は間違っているかもしれませんが、概ね言われたことを綴りました。) 岡田さん(佐藤佳代さん)の特徴は「耳が立っていて大きい」ことです。(再度動画を御覧になられることをおすすめします。) その特徴をもとに岡田有希子さんの画像を見ていくと、「くちびるネットワーク」のジャケットに写っている"岡田有希子さん“は特徴に合致していないような気がします。(僕はそう思います。) 特徴が合致していない=替え玉です。前のコメントでも述べましたが、岡田有希子さんの替え玉の存在の可能性、岡田有希子さんがレプティリアンである可能性をコメントとして出すことに躊躇いました。(僕は福田さん、日月土さん、123さん、皆様の調査ご活動に敬意を表しています。) ですから一ネットユーザーの戯言、ネットサーファーの妄言妄想と捉えられたって構いませんし、非難を覚悟の上でコメントしました。ですが、これだけは言えます。「日本航空123便事件の真相が知りたい、この世の中の真相が知りたい。是非明らかにしないといけない。」いつわざる本心です。

2018/12/19 (Wed) 10:50 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

すみません。土屋太鳳さん主演のドラマ「まれ」でした。コメントで映画と書いてました。失礼致しました。

2018/12/19 (Wed) 11:01 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

石原裕次郎さんが日航機事件の約2年後の7月に亡くなっています。
もう10年以上も前にネットに、口封じの為に殺されたかもしれないと書いている方がいました。
口を封じるのも松田聖子さんとの関係が云々らしいですが、奥が深いようです。

石原裕次郎さんの主な作品です。
映画
『太陽の季節』
『狂った果実』
『嵐を呼ぶ男』
『銀座の恋の物語』
テレビドラマ
『太陽にほえろ!』
『大都会』シリーズ
『西部警察』シリーズ

太陽や大都会や西部警察など
タイトル暗号を感じます。
サンミュージックに福岡の地下。
ひろさんが書いていらした私服刑事の件。

裕次郎さんも、有希子さんと、峰岸さんなどと同じように口封じで殺されてしまったのか?と考えました。

2018/12/19 (Wed) 14:04 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー僕は石原裕次郎さんは病気に見せかけて暗殺されたと考えています。美空ひばりさんも同様だと考えています。オズワルド殺害のジャック・ルビーを思い出していただけると幸いです。興味深いことにジョン・F・ケネディ大統領暗殺犯とされたオズワルドは若い頃日本の米軍基地に所属していました。ロシアとの関連性も指摘されています。もしかしたら、ケネディ大統領暗殺と日本航空123便事件は無関係ではないのではないか?と思いました。(ジョン・F・ケネディ大統領暗殺に日本のある勢力が絡んでいるかもしれません。その勢力は日本航空123便事件を画策実行した勢力と同一かもしれませんし違うかもしれません。ちなみにケネディ大統領は第三次世界大戦の危機を救った大統領とも言われていますね。)
1662.のコメントもあわせて見ていただけるとありがたいです。日月土さんは以前、「禁じられたマリコ」のマリコのモデルに当たるであろう人物にお心当たりがあり、その方(マリ子さんと日月土さんは言われていました。)は日月土さんの見立てでは世界有数の霊能力者で、マリコに仮託された杉浦麻里子役の岡田有希子さん(佐藤佳代さん)は相当な霊能力者ではないかとおっしゃっていました。(1662.のコメントを今一度閲読されることをおすすめします。) 僕はこう思いました。マリ子さんに仮託された岡田有希子さん(佐藤佳代さん)は潜在的に世界有数の霊能力者ではないか?だとしたら時の勢力者は岡田有希子さん(佐藤佳代さん)の能力をさらに開眼させるために日本航空123便事件で極秘に生存している塚原教授の極秘研究プロジェクトのモニター要員として極秘にリクルートされたのではないか?と僕は思いました。その事を象徴するシーンが「禁じられたマリコ」の一話二話に描かれていると僕は思いました。ちなみに岡田有希子さん(佐藤佳代さん)の替え玉(影武者)が存在した可能性(僕は数年前から岡田有希子さんには替え玉影武者が存在すると思っていました。)は僕の中では確信に近いものを感じています。

2018/12/19 (Wed) 16:21 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

石原裕次郎さんは、お酒の飲みすぎで臓器を悪くして亡くなった説の反面で梅毒説があるのも気になります。

美空ひばりさんは確か表向きは癌で亡くなられましたが彼女もですか。考えもしませんでした。

私は飯島愛さんは他殺を考えました。
しかし、彼女についても数年前にネット内で替え玉殺害ではないか?と書いている方がおられました。
私も飯島愛さんについては、まだどこかでご存命のように感じています。

ひろさんの見解から、やはり日航機事件は日本だけのみでなく他国も関わりあって起こされた事件なのですね。
その後に徐々に世界はグローバル化してきたと感じていますが、それが引き金だったのかもしれませんね。

私は、恐らくリアルタイムにテレビで本物の岡田有希子さんを見たことが無いかもしれないと書きました。
本物らしき有希子さんと比べて、ショートカットの老けた印象の替え玉の有希子さん。
当時の本物の有希子さんを知る方は何も疑問に思わなかったのでしょうか?
私の知人の50代男性は自殺前に気持ちが病んで老けたからと言いました。
当時はそのくらいにしか感じなかったのかもしれませんね。

もし、本物の岡田有希子さんが今もご存命だとしたらやはり霊力は良く無い事に使われているのでしょうか?

2018/12/19 (Wed) 21:50 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

スレチな話題、お許しくださいませ。
先のコメントに飯島愛さんについて書かせて頂きました。

彼女は亡くなる2年近く前に、ホイチョイの映画のバブルへgoと言う作品にちょい役で出ていました。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/バブルへGO!!_タイムマシンはドラム式

この映画は主役は広末涼子さんなのです。
その役名は真弓でした。
真弓の母親役は薬師丸ひろ子さんで、役名が真理子でした。
ストーリーはウィキをコピー致しました。
―2007年3月、800兆円の借金を抱え破綻の危機に瀕した日本経済。財務官僚の下川路功は諸悪の根元を、1990年に大蔵省から通達された総量規制の行政指導をきっかけとするバブル崩壊にあると考え、タイムマシンで歴史を遡りバブル崩壊を阻止しようと計画する。

彼は偶然から洗濯機型タイムマシンを発明した昔の恋人・田中真理子を1990年3月の東京に送り込むがほどなくして彼女は消息を絶った。死亡として処理された真理子の葬儀の席で、下川路は彼女の娘・真弓と出会う。

事実を知った真弓は母を捜すため1990年の東京にタイムトラベルするが、そこには2007年の感覚からすると想像を絶するようなバブル景気に浮かれる人々がいた。


確か、日航機事件がバブル景気の始まりだと言われています。
その後に、バブル景気が終わり日本が衰退の一途を辿ります。
この映画のラストは、2007年もバブル景気が存続をしていたと言うオチで終わります。

バブル景気にマリコという名前。
タイムマシーン(岡田有希子さんの魂が未来人と仮定した場合)
などなど…。
もしかしたら、日航機事件と岡田有希子さんの関係をほのめかした映画だったんじゃないか?と思いました。

2018/12/19 (Wed) 22:13 | URL | 編集 | 返信
ガチョウ #-

福田さんこんばんは。
初めてコメントします。
福田さんはドラマを見られますか?
今期のドラマで、晶という主人公が出てくるドラマが2本ありました。
獣になれない私たちの女性深海晶と
中学聖日記の男の子黒岩晶です。
タイトルも名前もなんだか気になり、思わずコメントしてしまいました。
たぶん、どこかのブログでクリスタルキング大都会の分析を見たせいだと思いますが、そのブログが探せません。
クリスタルキングは地下の水晶を、
大都会は福岡を暗示しているといった
内容だったと思うのですが…
とりとめのない内容ですみません。
こちらの記事の後、日月土さんの記事もよみ、なんだか気になり勢いで投稿してしまいました。
卒業ソングだけじゃなく、桜ソングばかりリリースされる時、そういえばあるなぁとか色々考えてしまいますね。
お二人のように中々思考が進まず、自分にイライラしますが、いつも興味深く読ませていただいております。これからもがんばって下さい。

2018/12/20 (Thu) 00:30 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

やはり関係者は確実に福田さんのブログを見てますね。
松田聖子さんの記事がヤフーニュースに出ていました。
先日、福田さんのブログのコメント欄にてひろさんとやり取りをしたばかりでしたね。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181220-00010001-jisin-ent
松田聖子 断絶母が付き人に!56歳挑戦にあった5年目の和解

2018/12/20 (Thu) 08:01 | URL | 編集 | 返信

少なくともふたり?

初めまして。
岡田有希子さんの映像ご紹介があがってたので、
拝見した後、岡田有希子さんの画像をネットで検索してみました。

明らかに別人と思えるグラビア写真(水着姿)多数。。

本人承諾の影武者なのか、途中で入れ替わったのかわかりませんが、
少なくとも「岡田有希子」さんは2人いますね。
もしかすると3人かもしれませんが。

松田聖子さんも、“天使のウィンク”からお顔が劇的に変わりました。
周囲の同級生達皆、整形したのだろうと揶揄してましたが、(当時女子高生でした。)
別人と思えるくらい顔が変わっても、世間は受け入れたのですよね。
“天使のウィンク”は尾崎亜美さんの作詞ではなかったでしょうか?

サンミュージックのサンはもちろん太陽ですよね。
太川陽介さんもそれに因んでの芸名と思いますが。
それプラス123の3もかけてるのでしょうか。

謎の多いサンミュージックですね。

2018/12/20 (Thu) 13:39 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー猫山さんのコメントをかいつまんで、コメントさせていただきますことをお許しください。

石原裕次郎さんは、お酒の飲みすぎで臓器を悪くして亡くなった説の反面で梅毒説があるのも気になります。→実に鋭いですね。猫山さんの鋭いご指摘に僕は多々驚きますとともに敬意を表します。ヒントは「杏林大学」です。(笑)

私は飯島愛さんは他殺を考えました。→僕も同様なことを思います。可能性はおおいにあると思います。

飯島愛さんについては、まだどこかでご存命のように感じています。→可能性はゼロではないと思います。そう思えますよね。僕も思います。
飯島愛さんといえば「プラトニックセックス」(映画化されましたね。)を思い出しますが、飯島愛さん役を演じた女優さん(名前を失念しました。)が現在どうされているか気になります。

やはり日航機事件は日本だけのみなく他国も関わりあって起こされた事件なのですね。→その通りです。(と僕は断言します。)福田さん、日月土さん、123さん、皆様そう説明されてます。
嘘だらけの公式発表でも少なくともアメリカが出ます。国家のみならず、巨大企業や協力企業、団体(宗教団体等)、財団等多岐にわたる、国家の枠をとうに越えた大事件(超重大事件と言っても過言ではありません。)であることはいうまでもありませんよね。

当時の本物の有希子さんを知る方は何も疑問に思わなかったのでしょうか?→疑問に思わなかったというより、当事者の方々は真相を知っているはずです。僕は岡田有希子さん(佐藤佳代さん)には替え玉影武者がいたと考えています。仮に替え玉影武者が事実だとしたら、関係者は承知済みでしょう。(相沢さん、福田時雄さん、溝口さんは承知済みでしょう。もしかしたら既に鬼籍に入られた梨元さんや峰岸さんもご存知だったかもしれません。)

もし、本物の岡田有希子さんが今もご存命だとしたら、やはり霊力は良く無い事に使われているのでしょうか?→仮に事実であれば、そうとらえるべきでしょうね。岡田さん(佐藤佳代さん)の望まない処遇を受けているかもしれません。もしかしたら北朝鮮に極秘に渡っているかもしれないとふと思いました。もしかしたら、拉致問題と無関係ではないかもしれません。

スレチな話題、お許しくださいませ・・・以下文章(すみません。長文ですから 以下文章と書かせていただきました。)→非常に興味深いコメントで猫山さんの鋭いご指摘コメントにただただ敬意を表します。おおいに関係あると思います。もしかしたら実話を元に創られた作品ではないかと思いました。

もしかしたら、日航機事件と岡田有希子さんの関係をほのめかした映画だったんじゃないか?と思いました。→僕もそう思いました。同時に「禁じられたマリコ」、以前猫山さんがコメントでご指摘された「M」と非常に関係あると思いました。この映画、僕は是非観てみたいです。非常に貴重なコメントありがとうございます!!
猫山さん、もし「禁じられたマリコ」を御覧になられていらっしゃらなければ是非御覧になられてください。強くおすすめします!
1662.の僕のコメントに「禁じられたマリコ」が断片的ですが、観れる記事のURLを載せています。「禁じられたマリコ」を御覧になられましたら是非ご感想いただけるとありがたいです。(僕はいつでも気長にコメントお待ちしています。)

やはり関係者は確実に福田さんのブログを見てますね。→その通りだと思いますし、間違いないです。そうとしか思えないです。猫山さんご自身がファンの著名人が福田さんのブログならびに猫山さんのコメントを読まれてることは確実だと思います。

長文コメント失礼致しました。コメント失礼致します。

2018/12/20 (Thu) 13:49 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

今日の松田聖子さんについて書かれた記事には驚きました。
やはり無関係では無いのかもしれませんね。

石原裕次郎さんは、ご存命ならば12月28日がお誕生日です。
確か亡くなった次の月、1987年8月に石原裕次郎さんの追悼番組をN◯Kで放送されておりました。
その時は確か、亡くなる数ヶ月前の秘蔵映像という感じで激太りの裕次郎さんがブラウン管に映ったのを見た覚えがあります。
杏林大学と書いて下さってあり鈍感な私も少し察するに至りました。
ありがとうございました。

飯島愛さんは女子高生コンクリート事件と関わりがあったと言う噂が流れていた時期がありました。
カムフラージュでは無いか?と見ています。
バブルへgoの飯島愛さんのシーンは大変短かかったのですが、私は「愛ちゃん、どこか身体を悪くしてる?」と思いました。
あと、そのシーンの後から私自身が少々具合を悪くして気分的にモヤモヤするようになりました。
それから一年ほど後で、突然タイムリープのような事が起き1988年頃に引き戻されてしまう出来事に見舞われました。
もしかしたら、愛さんに何らかの霊能力があったのか?作品に呪詛が仕掛けてあったのか?と思いました。

また、飯島愛さんも二人存在をしたのでは無いかと思います。
彼女は、デビュー当時に確かもう少し上の年齢を公表をしていたと記憶しています。
自身の記憶違いかと思いましたが、ネット上にも同じような見解がありました。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q113985126?query=飯島愛+年齢
愛さんも、またWikiの享年の横に数え歳が添えてありました。
岡田有希子さん、上原美優さんもそのように書かれています。
不審死をされた方に対して書かれるのか?と勘ぐってしまいます。

禁じられたマリコはDVD化されて無いのですよね。
見れるサイトがあれば見て見たいです。

2018/12/20 (Thu) 16:37 | URL | 編集 | 返信
 #-

岡田有希子さんは Wikipedia を見るところ、「スター誕生」でサンミュージックと剣音に指名されたらしいですが、もし、研音に入っていたら、「岡田有希子 」ではない、芸名だったかもしれないですけど、中森明菜 失脚後の、山口智子、唐沢寿明ブレイク 研音の次世代を担っていたかも知れません。
ところで、岡田有希子さんは名古屋出身ながら、巨人ファンらしいですが、福田さんも巨人ファンですか。東京出身で、巨人V9を幼少期にもろにた世代ですよね。

2018/12/20 (Thu) 17:42 | URL | 編集 | 返信
 #-

岡田有希子さんは Wikipedia を見るところ、「スター誕生」でサンミュージックと剣音に指名されたらしいですが、もし、研音に入っていたら、「岡田有希子 」ではない、芸名だったかもしれないですけど、中森明菜 失脚後の、山口智子、唐沢寿明ブレイク 研音の次世代を担っていたかも知れません。
ところで、岡田有希子さんは名古屋出身ながら、巨人ファンらしいですが、福田さんも巨人ファンですか。東京出身で、巨人V9を幼少期にもろにた世代ですよね。

2018/12/20 (Thu) 17:43 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

みさごさんへ

私は、天使のウィンクリリース当時は小学5年生でした。
芸能界には全く関心がありませんでした。

まだ小学校の低学年の頃に、友達に「これからは聖子ちゃんの時代だから、聖子ちゃんの歌を覚えた方が良い。」と言われて、一時期音楽番組を見て歌を練習しました。
だから少し印象に残ってます。

一緒に見ていた母が、松田聖子さんを見て
「音痴。」と言っていました。
私には上手に聞こえていましたが…。
中学生の頃にクラスメイトから聞いたのですが、あの当時の松田聖子さんの滑舌や歌唱力では、サントリーのペンギンズバーのCMを歌うのには無理があったらしいです。
https://m.youtube.com/watch?v=99sx9bEkc-Q&ebc=ANyPxKov_4C20ldNh57JLuuB6BGxxbCkQML7ZSOutaAKGri1bEUABr-9aK8LX4rA0Nr5ZdzVF0PaQpvf0Q_SentHRHrbCAD-GQ

みさごさんの書き込みを拝読をして松田聖子さんも、ある時期から影武者と交互に出ていたのではないのか?と思いました。
サントリーのCMの楽曲のリリース、岡田有希子さんや尾崎豊さんの活動期、北斗の拳の連載開始期は1983年でした。

2018/12/20 (Thu) 18:36 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ…。連投申し訳ありません。

飯島愛さんの命日についての件です。

》08年12月24日、都内の自宅マンションで遺体となって発見された愛さん。死亡は6日前の18日と推定され、死因は肺炎だったという。彼女のブログ『飯島愛のポルノ・ホスピタル』には死後も多くのファンが訪れ、やがて日々の悩みを語りかけるように。いつしかブログは、彼らにとっての“心のよりどころ”となっていた。

死亡推定日
12月=6+6
18日=6+6+6

遺体発見日
12月=6+6
24日=6+6+6+6

死亡推定日から6日後の遺体発見。
やたら6が連なり怪しさを否めない気が致します。

しかもクリスマスイブ。
24日
2+4=6

2018/12/20 (Thu) 18:56 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー猫山さんのコメントをかいつまんでコメントさせていただきますことをお許しください。
今日の松田聖子さんについて書かれた記事には驚きました。やはり無関係では無いのかもしれません。→お言葉返すようで申し訳ないですが、僕は呼応報道に関しましては、特に驚いていません。数年前、僕は数名のメール友達とメールのやり取りをしていました。その頃にも似たようなことがありました。ですから、特に驚いていません。彼ら(マスコミ関係者)は大衆に悟られないように暗号的にメッセージを発信することがあると考えています。(僕は確信していますが)
同時にマスコミ関係者、日本航空123便事件の関係者の中にも、世の中で起きていることを快く思われていない方々(著名人も含めて)がたくさんいらっしゃると考えています。(絶対にいる、と僕は確信しています。) ですから、福田さん、日月土さん、123さんを始め、福田さんたちに繋がるブロガーさんたちの共感者に著名人がいることは確実だと確信しています。
Wikipediaの数え年についてー僕も不審死された方という意味の暗号だと考えています。これは僕の勝手な憶測ですが、数え年=替え玉影武者となる人物の年齢 ということはないだろうか?とふと思いました。無用な詮索は混乱を招きますので、一ネットサーファーの戯言と軽く流されても構いません。ですが、何度も言います。「事実は小説より奇なり」です。

ひろさんへ...。連投申し訳ありません。・・・の猫山さんのコメントについて→実に鋭いご指摘です。「6」ならびに「獣の数字」を連想しますよね。 コメント中の08年12月24日 よく見ると連想しませんか? 08年12月→0812→日本航空123便事件は1985年"8月12日"に起きましたね。さらに、08年12月から昭和8年12月→平成天皇の誕生年月を連想しました。
12月24日→12×24=288→2+8+8=18=6+6+6 ですね。

みさごさんへ→僕も松田聖子さんの替え玉影武者がいる可能性を考えています。同時に芸能界芸能人には替え玉がたくさんいらっしゃると考えています。「イルミナティ 悪魔の13血流」という本があります。(僕はこの本を十数年前に買って読んでいます。) この本にアメリカの大富豪「ハワード・ヒューズ氏」の替え玉影武者についての記述があります。ちなみに著者のフリッツ・スプリングマイヤーさんは無実の罪で投獄されて現在も収監中だったはずです。監修の太田龍さんは2009年に亡くなられています・・・僕は太田さんの監修書籍を愛読していました。(今も時々読み返します。)
猫山さんへ、僕は先日(20日)のコメントで、『1662.の僕のコメントに、「禁じられたマリコ」が断片的ですが、見れる記事のURLを載せています。』と綴りました。非常に申し訳ありません。「1615.のコメント」でした。おわび致します。載せておきます。→https://search.yahoo.co.jp/video/search?p=%E7%A6%81%E3%81%98%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%9F8&rkf=2&dd=1 です。
年末になり、僕自身繁忙期に突入して猫山さんへの返答コメントが遅れてしまうことが多々あると思います。ご了承ください。可能な限り早めにご返答したいと思います。 コメント失礼致しました。

2018/12/21 (Fri) 13:52 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー僕は、僕の携帯電話に表示されている1615.のコメントのURLをそのまま書き写しましたが、こちらが正しいURLです。失礼致しました→https://search.yahoo.co.jp/video/search?p=%E7%A6%81%E3%81%98%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%B3&tid=ccd521a27358cefa992426ebb1d63960&ei=UTF-8&rkf=2&dd=1 です。失礼致しました。ちなみに本日12月21日は南海トラフ地震が発生した日(僕はこの地震は人工地だと考えています。1946年12月21日)、ソビエト連邦解体の日(1991年12月21日)だそうです。(朝のラジオで言われていました。) 失礼致します。

2018/12/21 (Fri) 14:25 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

禁じられたマリコのURLを貼ってくださいましてありがとうございます。
素人目線の見解で申し訳ありません。
岡田有希子さん本人じゃない気がします。
目が大きく感じます。
確か本物の岡田有希子さんは、もう少し渡辺麻友さんに近いお顔立ちと表情をされておるように見えます。
あと、この前のトーク番組の映像に比べてしなやかさに欠けるような…?
このドラマは1985年9月くらいからロケが始まったと言う記述をどこかで読みました。
だとしたら、本物の岡田有希子さんはひろさんが仰るように8月12日に日航機に乗せられてしまっていたのかもしれませんね。
そうすると、「あの日同じ飛行機に乗る予定だった。」と言っていた田原俊彦さんの言動は正しかったのかもしれません。
その田原俊彦さんも、ビッグ発言をして数年間干されました。口封じだったのかも?と思いました。

今日は、昭和南海地震の日だったのですね。
恐らく人工地震でしょう。
私は時々思うのですが、東海地方は地震が起きやすいと言われて育ってきました。
しかし、元々はそんなに地震が起きる土地じゃなかったのかも?と。
人々を恐怖に陥れる為にしばし歴史を改竄して伝えているんじゃないか?と感じました。

2018/12/21 (Fri) 16:40 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー僕は、「禁じられたマリコ」1話2話は佐藤佳代さん本人が出演していると考えています。ただところどころ佐藤佳代さん本人でない「岡田有希子さん」(替え玉・影武者)が出演していますね。(僕はそう思っています。)僕は1話2話4話12話をかいつまんで観ましたが、最終話の「岡田有希子」さんは佐藤佳代さんではないと感じています。(途中できりかわっているように思います。)僕は、もう1点顎に着目しました。1話目の岡田有希子さん(佐藤佳代さん)は顎の特徴も備えています。9月に撮影が開始されたと公式では言われていますが、僕は「禁じられたマリコ」の撮影開始は9月以前だと考えています。(撮影開始はテレビ局の都合で嘘でも何でも言えます。今も1985年時点もテレビ局の体質はさして変わらないでしょうから。むしろ昔のほうがひどかった可能性すらあります。)仮に「マリコ」に仮託された岡田有希子さんことがあります佐藤佳代さんが実年齢だとすると9月時点では、18歳ですよね。(岡田有希子さんこと佐藤佳代さんは1967年8月22日生まれです。) 日本航空123便発生時点の岡田有希子さんこと佐藤佳代さんの年齢はやがて18歳の誕生日を迎える17歳です。(1985年8月12日時点で誕生日を"10日後"に控えた17歳です。)
1話目の終わりに第2話の予告編が流れます。第二話のタイトルは「17歳だから戦う」です。僕はこのタイトルは非常に意味深だと思いました。(僕には2話撮影時に「マリコ」に仮託された岡田有希子さんは17歳ですと言ってるようにも聞こえます。) もう1つの可能性としてふと思ったことですが、佐藤佳代さんは実生活で実は双子ではないか?とふと思いました。(多分違うでしょうけど。)

2018/12/21 (Fri) 18:02 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

そのような見方があるというのは考えも付きませんでした(汗)。
すっかりメディアに洗脳されきってますね。私。(汗)
教科書にデタラメを書くような世の中ですから、テレビの世界なんて尚の事改竄なんて容易いことかもしれませんね。
日航機墜落事件を「墜落」と「撃墜」と言っていた時代でしたからなんでもアリだったと言われればそうですね。
岡田さんの双子説はわからないのですが、17歳の岡田さんに何か意味を持って撮影をしたとしたら、もっと9月より前に撮影をされていてもおかしくなかったかもしれません。
私は1話と8話を見ましたが、8話は岡田さん御本人では無いように感じました。
もしかして、撮影も細かくシーンごとの場合があるのでご本人と影武者が交互に演じていたのかもしれませんね。
しかも呪詛的な意味からして、そのように影武者と本人をすり替えるのも何らかの計算の上ですり替えが行われていたかもしれません。
最終的には岡田さん御本人が出演しなくなっていたと思うのです。

岡田さん御本人は目が凄く悪かったと何かに書いてありました。
しかもコンタクトレンズが苦手だったそうです。
私が、コメント上に書かせていただいております「おばさん顔」の有希子さんはコンタクトを入れたようなパッチリお目々に見えるのですが、気の所為でしょうか。

2018/12/22 (Sat) 09:16 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

まず、訂正させていただきますことをお許しください。12月19日の投稿で、(1662.のコメントを今一度閲読されることをおすすめします。)と表記した文があります。読み返していて間違っている部分があったことに気づきました。正しくは、(1615.のコメントを・・・)です。失礼致しました。もう一点、12月21日の投稿で、「岡田有希子さんことがあります佐藤佳代さん・・・」は「岡田有希子さんこと佐藤佳代さん・・・」です。(僕は「岡田有希子さんことあります・・」なんて記入した記憶は無いですが、なぜかそう表記されていました。あわせて訂正致します。失礼致しました。

猫山さんへー猫山さんのコメントをかいつまんでコメントさせていただきますことをお許しください。
すっかりメディアに洗脳されきってますね。私。(汗)→僕はそう思ってませんよ。猫山さんのコメントに気づかされたことが多々ありました。非常に感謝しています。

もしかして、撮影も細かくシーンごとの場合があるのでご本人と影武者が交互に演じていたのかもしれませんね。→僕も同意同感です。

しかも呪詛的な意味からして、そのように影武者と本人をすり替えるのも何らかの計算の上ですり替えが行われていたのかもしれません。→僕も同意です。「呪詛」について、以前コメントしましたが、なんとなく意味はわかるのですが「呪詛」に詳しくありません。猫山さんのご認識の範囲で構いません、ご教示いただけるとありがたいです。

私がコメント上に書かせていただいております「おばさん顔」の有希子さんはコンタクトを入れたようなパッチリお目々に見えるのですが気の所為でしょうか。→猫山さんの気の所為ではないと思いますよ。実は先日、9話を少し観たのですが、超能力を酷使した杉浦麻里子が目が見えなくなるシーンが描かれていました。これは岡田有希子さん(佐藤佳代さん)そのものの視力ですよね。それと中尾彬さん演じる前田が超能力を発現するシーンで明らかに特殊効果なしで中尾彬さんの目が輝くシーンがあります。もしかして、中尾彬さんは本物の能力者ではないか?と思いました。それとベトナム戦争について語るシーンがありました。麻薬組織とベトナム戦争というくだりだったと思います。やはり「禁じられたマリコ」は社会の実相を描いた作品だと確信しました。「禁じられたマリコ」では実際に超能力が使われていると思います。数話かいつまんで観ましたが、絶対に超能力を使用したシーンがあると僕は思います。
僕は竜雷太さんと赤座美代子さんの演技を是非観ていただきたいと思います。実の子ではない子を育てる杉浦夫婦のシーンは世の家族の方々に是非観ていただきたいです。こんな良作(「禁じられたマリコ」)が封印されるなんて絶対おかしいと僕は思います。

日月土さんにお聞きしたいことがあります。先日、日月土さんのブログの投稿で質問した「熊本地震に関する質問」とあわせてご回答いただけるとありがたいです。
日月土さんの知人の「禁じられたマリコ」のモデルであろう「まり子さん」は国内のみならず海外(例えばアメリカやアジア、アフリカ、ヨーロッパ諸国など)の国から「オファー」がありましたか?お答えできないこともあると思います。その場合、「ノーコメント」という回答でも構いません。ご返答いただけるとありがたいです。

2018/12/22 (Sat) 12:34 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

「禁じられたマリコ」について、追記させていただきますことをお許しください。第4話で女性霊能力者のアンダーソンさん(だったと思います。)と杉浦麻里子がセッション(対面する)する場面があります。このシーンはいろいろな意味で意味深だと思いました。(原発を想起させます。) 三井先生役の広岡瞬さんと麻里子の育ての母親(杉浦かなえ)役の岩井友美さんの演技も観ていただきたいです。

日月土さんへーブログ(「(真)日本の黒い霧」)に掲載されていた倉沢淳美さんのジャケットの写真ですが、僕は倉沢さんが手に持っている花に着目しました。

2018/12/22 (Sat) 13:07 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

10年前くらいにSNSで知り合った方が
平成の世に平安時代の陰陽師の術を蘇らせたいと言っておりました。
私とその方は共通の前世の記憶が残っていたようで、会話に辻褄が合うのでその方を信じていました。

ところがある時にその方が別人のようになってしまいました。
彼が自分の前世が安倍晴明の5代孫の泰親とわかった辺りから意味不明なことを言うようになりました。

その方が言うには明治維新とともに平安時代から続く陰陽道が政府により禁じられたとそうです。
理由は、平安時代の陰陽道というのは万能で除霊や病気治し以外にも人まで殺せるくらい凄かったかららしいです。
それを政府が危惧して陰陽道を封鎖したととのことです。
恐らく、徳川家の存続を兼ねての茶番の明治維新を起こしている政府ですから、その本物の陰陽道を封鎖してその力を使って支配をしようとしたのかもしれません。

その方は、お寺さんにお願いをして座禅を組むなどをして前世の業をこの世に出そうとしたのですが、ある時に坐禅中に出てきた「鬼」と契約をしたことで前世の技とは別の形の能力を与えられ、その後に徐々に本人の魂と別の人霊がすり替わってしまったのでした。
この時点で私は彼と連絡が取りにくくなりました。
彼の携帯に着信を付けようとすると凄まじい死臭が漂ってきて、電話を鳴らしておれないのです。
言葉で書くと「オエー!!!!!ゲホゲホ!!!」って言う感じで数日間食欲が無くなりました。
その方のお名前は、伏せさせて頂きますがたまにSNSにブログをされています。
彼を知る人は「まだ、平安陰陽師を復活させたいと言っていたあの方じゃないね。」と言っています。

さて、私が思う呪詛というのは
本物の岡田有希子さんの本質的な部分を、影武者に移し替えたりもしくは能力を転写するということを感じています。
もしくは、本物の日月土さんのお知り合いのマリコさんの能力を本物の岡田有希子さんに移し、マリコさん+岡田有希子さんの能力を影武者に移したのか、もしくは半分転写させたのか?という考えも持ちました。
以前、ガラスの仮面という少女漫画がありましたがその主人公の北島マヤみみたいなものかと思いました。
wikiから引っ張ってきました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E5%B3%B6%E3%83%9E%E3%83%A4
>>彼女の演技の資質は類を見ない天才である。役になりきるためにはどんな苦労もいとわず、一度舞台に立つと、役柄と完全に同一化する「憑依型」女優。型破りな演技は見る者に新鮮な印象を与え、強いインパクトを残す。またテレビや映画などで一度見た演劇を完璧に記憶し、台詞を一字一句間違えずに暗誦でき、その動きもある程度ならば再現できる。

漫画は表現的にわかりやすいかな?と思い引き合いに出しましたが
こんな感じで、肉体はそのままで中の魂をすり替えてゆく儀式的なものが禁じられたマリコのロケ中に行われたのか?と感じました。
演じることでマリコさんの本質を岡田さんに移し、更には影武者にと言った形で。
最終的には、マリコさんと岡田さんの能力が影武者に念写されて岡田さんと影武者の方をどこかで生かしながらその能力を悪い方に使ったのか?という考えに至りました。
そして1986年4月8日に殺されたのは、岡田さんと影武者によく似た特徴を持つ別の女性の可能性があるように思いました。

自身の体験談を書いて申し訳ありませんが、前世を安倍泰親と名乗る方との接触をしていた時期に妙な夢を見ました。
その夢というのは、昭和30年代位の病院の洗面所鏡の前に立っていた私に、背後からミスターオクレさんそっくりな男性が近づいて来るのが見えました。
彼は私の身体に入り込もうとしましたが、夢の中なのに吐きそうなくらいの死臭を感じて自分の悲鳴で目が覚めたというものでした。

案外、人の魂を誰かの肉体と入れ替えるのは陰陽道と関わるとそのようなことは容易いのかとも思っています。
うまく説明できなくてごめんなさい。

2018/12/22 (Sat) 13:51 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ。補足です。

サンミュージックのビルの下でうつ伏せになっていた岡田有希子さんの御遺体を蹴っ飛ばして仰向けにして写真を撮った記者が死亡したと言う噂が流れた事がありました。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1181108776?__ysp=5bKh55Sw5pyJ5biM5a2QIOmBuuS9kyDoubTjgos%3D

この方も口封じの為に殺された?と言う考えに至りました。

2018/12/22 (Sat) 14:08 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー猫山さんの陰陽師のお話を興味深く読ませていただきました。実は、僕は9年ほど前に短い期間ですが、とある霊能力者の方とメールのやり取りをしたことがあります。件の霊能力者の詳細は身元が判明する可能性があるため、省きますが、浅間山の噴火を予言したり(当時、噴火前にメールのやり取りをしていた自称超常現象研究家(笑)に情報を提供しましたら、後日実際に噴火して驚いてましたがwww)、色々興味深いお話を聞きました。(関東地方にお住まいの方です。) その方が語っていたことですが、一部の地縛霊は、亡くなる瞬間に「思い出深い場所や思い入れのある場所」などに瞬時に移動して「思い出深い場所や思い入れのある場所」で地縛霊となっているケースがあるそうです。(彼は地縛化と表現していました。) 『平成の世に平安時代の陰陽師の術を蘇らせたい』と考える人がやはり実際にいるんですね。猫山さんのメール友達のみがそう考えているとは思えないですので実際にこの現代社会に禁忌を破って平安時代の陰陽道を実践している人たちが絶対にいる、と強く思いました。(すみません。後でまたコメントしてよろしいですか?繁忙期でまる1日以上起きています。一旦落ちます。失礼致します。)

2018/12/22 (Sat) 18:22 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへーすみません、先ほどは途中でコメントを中断してしまい申し訳ございませんでした。
続きです。前出のコメントの陰陽師の話ついでに僕が鶴ヶ島市で暮らしていた頃のとある出来事(といいますか、体験談)をお話させてください。猫山さんのコメントで陰陽道で人を殺せる術について言及されていた、と思います。そのお話と繋がるかどうかわかりませんが、はたと思い当たることがありましたので、お話させてください。鶴ヶ島市で暮らしていた頃、僕は中国人留学生の方と知り合いになりました。(△ォンさんと僕は呼んでいました。△ォンさんは前出のコメントの尾張旭市出身の知人でもありました。) △ォンさんは元々中国で大学卒業して建設関係の仕事をされていた方(本人談)で当時の僕の年齢より幾分か上の方でしたが、日本語も流暢でよく会話していました。映画に興味がおありで僕も趣味の一つが映画観賞でしたので何度か一緒に映画館で映画を観に行ったことがあります。ある時、△ォンさんがこんな話をされました。「中国人の警察官は気功で人殺せるんだよ。(一部の警察官はできるようです。)」「嘘じゃないって、ほんとだよ!」と強調されていました。(△ォンさんは冗談は言われますが、嘘を言われるような方ではありませんでした。ちなみに中国にはたくさんの方言があって共通の中国語でないと会話が通じないとも教わりました。△ォンさんは上海のご出身だそうですが、北京出身の同胞と会話するとき、北京の方言で話されたら何言ってるかわからない、もちろん北京出身の方も上海の方言はさっぱりわからない、そうです。北と南では言葉がまるっきり違う、と言われていました。) 猫山さんのコメントを読み、「もしかしたら陰陽道と気功はルーツが同じではないか??」とふと思いました。猫山さんの「ガラスの仮面」に関するお話で僕はふと、女優:土屋太鳳さんの直近主演の映画「累(かさね) 」(字が違っているかもしれません。すみません。)を連想しました。
猫山さんの夢の話で僕はあることを思い出しました。猫山さんは「This man(ディスマン)」をご存じですか?ご存知でなければ検索してみてください。もしかしたら関連性あるのではと思いました。
岡田有希子さん(とされる女性)の自殺報道は社会の実相を集約したような事件だと個人的に考えています。ファンの方々の後追い自殺は「ユッコシンドローム」と命名されましたが、僕から言わせれば、「自殺を軽んじて見ている社会の本音が見えたような気がしています。」2000年頃だったと思います、 音楽ユニット「野猿」の解散が理由で自殺された少女二人の事件は正直笑えないです。(この事件は深い闇があるように感じています。)

2018/12/22 (Sat) 21:21 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

激務の中でコメントを下さりありがとうございました。

まず、陰陽道と気功のルーツは似ているか、同じかもしれませんね。
SNSで知り合った方曰くですが、陰陽道では人型を使って技をかけるそうです。
当時、ブログで人型を披露してました。
人殺しの術ではなくあくまで人型のみですけどね。
人型は式神様と言うそうです。
だから、気功と似て非なるルーツ?かと思いました。
違ったらごめんなさい。

地縛霊とは不慮の死を遂げた場所に留まる霊ではないのですね。
初耳でした。

This Manは初めて聞いた名前でした。
気持ち悪いですね…^^;。
This Manはあのままのお顔で出てくるのでしょうか?
それとも容姿を変えて出てくるのでしょうか?
私の夢に出て来た男性は、明らかにお顔立ちが若い頃のミスターオクレさんでした。

SNSの知人曰く、陰陽師と言う映画がある。それを見ると安倍清明や陰陽師が何なのか、多少はわかると言っていました。
しかし、明治時代以降に政府が平安時代の陰陽道の記録を流出させないように徹底をしている為に肝心な描写は無いとの事です。
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81PYTYWb7ZL._SY550_.jpg

野猿の解散を苦にして、自殺をした事件もありましたね。
その頃の私は、自身が精神的に病んでいた時期と重なる為に記憶が乏しいです。
確か、朝のワイドショーで岡田有希子さんの後追い自殺の話題を引き合いにして談議してた覚えがあります。
今思うと、岡田有希子さんの自殺を引き合いにする為にクリエイトされたニュースかしら?と思いました。
私の中では、野猿のBee Coo!!!が印象的な曲です。
この歌の歌詞って、クリエイトニュースや今の世の中が支配をされていて生きにくくなっているのに、殆どの人が声を上げずに従っていることを歌っているのか?と感じました。
開けてはいけない扉とは、支配層が隠蔽したい事か?と思いました。
https://sp.uta-net.com/song/11121/

ひろさん、くれぐれもご自愛くださいませ。

2018/12/22 (Sat) 22:56 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへー映画「死国」はご存知かと思いますが、四国を題材にした映画で確か人のよみがえりをテーマにしてましたね。(実はまだこの映画を見たことがありません。あやふやな記憶で申し訳ないですが、四国88ヵ所霊場を逆回りに行脚すると死者が甦る、そういう話だったような気がします。) 昔の陰陽道は死者を蘇らせることも可能だったとネットの記事で読んだ記憶があります。確か、平将門を陰陽道の儀式で蘇らせようとしたんですよね。首塚伝承は確か陰陽道が関わっていたような気がします。(僕のあやふやな記憶で申し訳ないです。) 野猿はなぜか(というか僕の解釈ですが)スマッシュヒットしましたね。現在でいうところのDA PUMPのリバイバルヒット「U.S.A」を思わせますが。(ちなみにDA PUMPの歌では「if...」がお気に入りの曲ですが。) 野猿は「とんねるず」のスタッフさんで固めた音楽ユニットでしたね。「Be Cool!」は知ってましたが発売日までは知りませんでした。(というより興味なかったんですけどね。) 猫山さんが貼りつけていただいたURLで初めて知りましたが、発売日を見て「マジかよwww」と思いました。1999年3月10日 僕は否応なしに311を思い出しました。音楽ユニットのレミオロメンの代表曲に「3月9日」という曲がありましたね。(ちなみにレミオロメンの曲では僕の中で代表曲といえば「粉雪」です。)
やはり311は予告されていたような気がしています。若い頃のミスターオクレさんにそっくりな男性は猫山さんに何を訴えかけたかったのでしょうか?謎ですね。ちなみに僕は瞬間移動らしき(? ジャンプルーム、異次元トンネル)夢を二度見ています。地名も記憶しています。コメントの流れに反すると思いますので、割愛させてください。本日テレビタックルの超常現象バトルが放映されていましたね。僕は少し仮眠をとって何気なくテレビを観ましたら放映されていました。(ちなみに某研究家さんもご出演でした。)

2018/12/22 (Sat) 23:57 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

すみません。コメントで訂正させてください。「・・△ォンさんは尾張旭市出身の知人でもありました。」の部分ですが、文字が抜けていました。「・・△ォンさんは尾張旭市出身の知人の知人でもありました。」が正しいです。失礼致しました。(コメントを読み返すと、あれっ?こんなこと書いたはずないのに、や、確かに入力したのに文字が欠落していたり・・・もしかしたら投稿自体運営主に管理改竄されているかもしれません・・・。)

2018/12/23 (Sun) 00:09 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

四国は聞いた事あります。
陰陽道で人を生き返らせる事が出来るのも初めてしりました。

ちなみに、私とそのSNSの男性は共通の前世の記憶を持っていますが、私の前世は陰陽師ではありません。(苦笑)
なので、陰陽師のことはさっぱりです。

私がBee Coo!!!を初めて聞いたのは1999年の紅白歌合戦でした。
歌詞を聴いていて、大晦日に流すような歌か?と思いながら聴いていました。
既にこの時、私は鬱病と境界性人格障害の症状が出ていた時期で、音楽一曲すら重いと感じていた時期でした。
発売日が3月10日と言う事。
3月17日に安室奈美恵さんのお母様が殺害をされました。
私自身、その日はたまたま東京にいました。
渋谷の街角の大画面にニュースが出た為に印象に残りました。
Bee Coo!!!は、支配層がこれから世の中をどんどん暗くすると言う暗示の一曲だったのかもしれません。
「偽物のあの預言者が指を指すのさ
明るい未来」
この言葉に深い意味を感じてなりません。

2001年くらいから2003年頃にこちらでまことしやかに流れていた噂では2003年頃に東海大震災が起きると言われていました。

2003年か2004年の春先にバイトに向かう途中で、道ですれ違う時は必ずと挨拶を交わすおばあさんに引き留められました。
そしてこんな話をしてきました。
「今年の春は暖か過ぎる。こりゃ大震災が起きるかもしれんよ。」
そのおばあさんは、昭和東南海地震で被災をされたそうです。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/昭和東南海地震
※これは人工地震と言われていますね。

おばあさんの話しによれば、昭和東南海地震の前はやけに温かい日が続いたそうです。

多分、2003年前後に南海トラフ地震を起こそうとして失敗をしたんじゃないか?と感じています。
その2003年前後二、三年で浜松市内にスーパー銭湯や温泉が急に増えたのも気になります。
それだけではなく、浜松市界隈の市町村でもゴルフ場や海岸沿い辺りや、ゴルフ場を兼ねた某リゾート施設で温泉が湧いたりもしていたのでその頃に地下原発の動きが活発化したのか?とも見ています。

2018/12/23 (Sun) 08:30 | URL | 編集 | 返信

知識追いつかずですが。

ブログ主様、猫山様、ひろ様、皆様の知識はスゴイですね。

私も記憶を探って、、、
①岡田有希子さんのファンではなかったのですが、
最後の方の2~3曲で、それまでとは別人のように踊りながら歌ってましたね。
振り付けが結構ハードと言いますか。
(でも、カクカクとした固い踊り=振り付けで、踊らされてる感もありました。)
歌番組でも共演者の方達が、「事務所の方針だろうけど、有希子ちゃんどうしちゃった??」と冗談とも本気ともつかないトークを展開してましたね。

②松田聖子さんのSweetMemorys、確かに、CMが流れた最初は名前を伏せていて、「誰?」と思ってました。
それくらい声の印象が違ってたのかもしれませんね。
洋楽を歌っているシーンばかりを集めた動画をたまたま見つけまして聞いてましたら、どれも松田聖子さんなのですが(表現おかしい?!)、
低音部の時の声の伸びがものすごく良い聖子さんと、
低音部は出るけれど、甘えるようにかすれる聖子さんが居ました。
低音部の声がものすごく良い聖子さんは、整形前(と思われる)聖子さんの映像がわかりやすいです。
単に声量が凄かったのを、ボイストレーニングでウィスパーボイスも出るようになっただけかもしれませんが。
セーラー服で聖子ちゃんカットの頃の松田聖子さんの「声量」は、ハンパ無かったです。

③コメントにたまたま例えとして名前のあがっていた漫画家の美内すずえさんは、検索するとわかりますが、不思議なものが見えたり聞こえたりされる方のようです。
「ガラスの仮面」が有名ですが、
「日本列島1万年」とか、少女マンガでは珍しく地下世界を描いてたり、
「聖アリス帝国」なども裏読みすると、
洗脳や学校と言う狭い空間を信じるなということはメッセージがあったり(と、私は勝手に思ってます。)、
カトリック教会内での人身売買や密輸問題めいたものを描いたマンガもあります。
後、題名は忘れましたが、かつて人類の肌は5色であった‥‥とか。
ただこれは、ハンセン病の事も書いてるので、今は発行出来てないかもしれません。
(昭和40~50年代の頃。)
検索してみたら、
美内すずえさんの不思議な能力についてちょうど良い記事がありましたので、
お暇な時に覗いてみて下さい。
https://ameblo.jp/uneco-niconico/entry-12327602173.html
読み進めて、“アマテラス”と言う作品のシーンには、
漫画でここまで行っていたか!!と感動すらしました。 よく掲載できたなぁ~と。
霊能者の方が見えるものとは違うかもしれませんが、
今、この時期だから波動や光のエネルギー、
石にも波動がある‥‥なんてことがしっくりきます。

スレチなコメントで、、、失礼致しました。

2018/12/23 (Sun) 11:04 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

みさごさんへ

色々と教えて下さいましてありがとうございました。

私が初めて岡田有希子さんを見たのは1986年の春分の日の前のベストテンでした。
学校でみんなが可愛い可愛いと絶賛していたから、どんな方か見てみたら、おばさん顔の女性ではありませんか。
やはり、リアルタイムでも岡田有希子の事を不審に思った方はいらっしゃったのですね。

松田聖子さんのSweetMemorysについては、私はペンギンズバーのグッズから入りました。
CMより先にアパレル系で働く父が会社から持ってきて見せてくれたTシャツでそのキャラクターの存在を知り、その後に文具などを集め始めました。
たまたまテレビを見ていた母が「あんたが持ってるキャラクターのペンギンが歌っている」と言っていました。
母ですらあの声が松田聖子さんと気付きませんでした。
中学時代に聞いた話しによれば、松田聖子さんは当時猛烈な練習をしてあの歌を歌えるようになったらしいです。
その後に結婚、出産を経て復帰。
確か全米デビューもありましたね。
もしかしたらペンギンズバーCMで最初の松田聖子さんを封印して替え玉にしたのでしょうか。
やはり、当時から何か不自然だったのですね。

美内すずえさんのことが詳しく書かれたURLを貼って下さいましてありがとうございました。
私はガラスの仮面はドラマしか見た事がありませんでした。
彼女の作品はアマテラスと言う本を読みました。
ただ残念な事に完結していなかった記憶があります。
当時、中学生で新興宗教で神界について詰め込まれていました為にどちらが本当の事だろう?と思いながら読みました。
アマテラスは三巻が最終巻だと聞いていましたが、なかなか出ない辺りを見ると支配層に不利な描写があり圧力をかけられているのか?と思いました。

2018/12/23 (Sun) 14:43 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

みさごさんへー猫山さんの知識は驚きますが、僕の知識はそんな大したことないですよ。政治にも詳しくありません。(そもそも政治学者ではないのに政治的見解を求める意味不明なことを言われるよそ様のブログのコメントをたまに見ますが、元々政府は一般市民に広く情報を開示していないのに政治的見解を求める時点で筋違いです。僕はそう考えています。まずは政府がすべての政治関連の情報を開示してから政治的見解を議論しないといけないと僕は考えています。) 数年前、「朝まで生討論」が収録番組であることがばれましたが、政治の世界も似たようなものだと考えています。僕は元々UFOに関心があり、「UFO=宇宙人の乗り物 グレイ=宇宙人」と頑なに信じていた時期がありました。ある時ふと疑問が湧きました。「UFO=宇宙人の乗り物って変じゃないか。そもそも宇宙人否定がはびこる世論の中、UFO=宇宙人の乗り物って変な話ではないか?そもそも宇宙人の乗り物っていう情報の出所は何だろう?それに宇宙人グレイは地球の酸素を呼吸で取り入れてるよね。(ちょうど映画「宇宙戦争」(1950年代の映画で公開年は記憶していません。すみません。)を観た時期と重なっていましたので)変ではないか?」という疑問が沸き上がり、陰謀論(僕は「陰謀論」という言葉に違和感があります。「陰謀」です。)から自然と政府動向世の中のトレンドに関心が向かい現在に至ります。ですから、みさごさんがご承知なことでも僕が知らないことはたくさんあります。正直「美内すずえさん」のお名前はみさごさんのコメントを通じて初めて知りました。同時に感謝しています。(あっ、この描画を描かれていたのは美内すずえさんなのか、と感動すら覚えてますよ。) 一つ楽しみが増えました。読んでみたい漫画が増えました。改めて感謝申し上げます。コメント失礼致しました。

2018/12/24 (Mon) 10:01 | URL | 編集 | 返信
 #

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/01/08 (Tue) 05:50 |  | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts