FC2ブログ

1658.岡田有希子さんと123便事件 PART1

125040588704816214754.jpg
↑画像 岡田有希子
https://to-yukko-from36.at.webry.info/200908/article_17.html

(1)「1615.御巣鷹の尾根のトイレが、紙を箱にいれる中国韓国式なのはなぜか? 」<拍手+いいね=30>へのコメント計56本の1~5

ひろ #-

★日航機123便事件について

 コメント失礼致します。僕は、日航機123便事件と1986年4月8日の岡田有希子さんの自殺(僕は岡田有希子さんの自殺は自殺に見せかけた他殺だと考えています。)は少なからず関連性があると考えています。1985年8月12日の日航機123便に田原俊彦さんと岡田有希子さんが搭乗する予定だったという話を聞いたことがあります。

 岡田有希子さんの自殺報道について福田さんと日月土さんのご見解をご教示いただけるとありがたいです。 僕が日航機123便事件と岡田有希子さんの死に関連性があると思ったきっかけであります1985年8月12日放送の「ザ・トップテン」の日航機123便事件の速報映像[https://youtu.be/Z7U4Z_wbjgM]と2016年12月2日放送の「爆報!THEフライデー 岡田有希子 山岡久乃 12月2日」の関連記事を挙げます。→http://youtubeowaraitv.blog32.fc2.com/blog-entry-103299.html

2018/11/05 (Mon) 07:24 | URL | 編集 | 返信

日月土 #-

★ひろさんへ ー 岡田有希子さんと123便事件

 岡田有希子さん、好きでしたね。それほどアイドル系に興味がなかった私でも、友人に誰のファンかと聞かれれば、迷わず岡田有希子さんの名前をあげていましたっけ。

 さて、ひろさんのご洞察は合っていると思います。1985年の8月12日以前の彼女の曲を書き出すと

 1)二人だけのセレモニー(1985年1月16日)
 2)Summer Beach (1985年4月17日)
 3)哀しい予感 (1985年7月17日)

となります。この3曲に共通しているのは「別れ」ですが、1)については「甘いセレモニー」と発展解消型のまだ希望がある内容ですが、3)に至っては「風に散った」と完全に墜落モードです。

 そして気になるのが、2)は4月の発売にもかかわらず、「Summer」と夏をテーマにしていること。そして「さよなら言いたい」とやや未練がましい内容。

 しかし、極めつけは、1)の歌詞でしょう。少し長くなりますが歌詞全文を掲載します。

  作調:更目純
  作:尾崎亜美

  あ.. 重ねた指の十字かでも1
  キラキラする.. なせ?
  ねえ.. 3本きりの花束でもときめいてる
  キャンパスのお別れに約束してたの
  パ一ティーは2人だけともしたキャンドル

  ※誘われて踊るのはあなたが最初 決めてた
  とまどいも卒業よ
  あふれるほどにあなたが好き
  目を閉じていい?
  そして甘いセレモニー※
  (※くり返し)

  あ.. 背中に届く私の指
  ドキドキする.. なせ?
  ねえ.. 言えない言葉あなたの背に書いてもいい?
  キャンパスのお別れに小さなお願い
  パ一ティーは2人だけ 見ないで星空
  夢ならばさめないで 心の鍵をわたすの
  お願いよこのままで よりもっとあなたが好き
  もう怖くない
  そして甘いセレモニー※
  (※くり返し)

特に最初のパラグラフに注目です。出てくる数字は何でしょうか?

 1、3本、2人 → 123

です。1の意味が曖昧であり、なおかつ花束が3本である必然性が無いことから、明らかに123の並びを意識して歌詞に織り込んでいます。そしてその意図を更に強調するのが

 十字か

の部分です。十字架と書かないのがミソで、これは「十の字」すなわち「十」そのものを表します。

 十=火(縦に昇る)+水(横に広がる)=火水(かみ)=神

となり、これは一般的な「神」の他、キリスト、天皇の意味と置き換えられます。歌詞全体のトーンからこのメッセージを読み解くと次の様になります。

 "裕仁(昭和天皇)よ、お前とお別れの時(123便撃墜計画の決行日)は近い、二人で最後の話(セレモニー)をしようではないか、我らに屈せよ(とまいどいからの卒業)"

 この解釈の精度は2)、3)の歌詞を分析するとより強固になります。

 岡田有希子さんの自殺については、123便撃墜計画が予定通りの結果(第3次世界大戦の勃発)を生み出せなかったこともありますが、基本的に用済みとなり、呪いの生贄として、最後に死をもって役割を完遂させたのだろうと考えられます。

2018/11/05 (Mon) 12:39 | URL | 編集 | 返信

日月土 #-

★先の歌詞分析を訂正

 歌詞に現れた「1」は参照元の誤植のようですね。よって分析内容は少し変わります。取り急ぎ。

2018/11/05 (Mon) 13:32 | URL | 編集 | 返信

日月土 #-

★二人だけのセレモニー再解釈

 1の字が誤植だとすると、123便という意味は弱くなります。この曲のリリース月が1月であることから1の数字を当てはめるという考えもありますが、それもちょっと弱いですね。その代わり

 3本きりの花束

の意味がより強調されることになります。これは

 3本"桐の"花束

と置き換えられ、現日本政府が使っている五七桐の紋章を指していると思われます。日本の象徴する家紋の一つで、元来、天皇家だけが使用を許されていたと言われています。よって、十の字の解釈を「昭和天皇=日本」とするのでほぼ間違いないと思われます。

 この歌詞が123便絡みと断定できる要素は、この後にリリースされる2つの楽曲にちりばめられた各種キーワードが決め手となります。

「Summer Beach」4月リリース
 ・Summer
 ・I miss you
 ・空がブロンズ色に染まる
 ・終わった恋
 ・さよなら言いたい

「哀しい予感」7月リリース
 ・ほんとのこと打ち明けてほしい
 ・二度目の夏が過ぎた頃
 ・突然変わった
 ・不安な気持ち
 ・淋しい季節の始まり
 ・風に散った

 123の数字は現れないものの、抽象表現の中に123便撃墜計画への含意が認められます。特徴的なのが、空の色の変化を表す「ブロンズ色に染まる」でしょうか。続いてその決行日ですが、おそらく一度目の夏とは「Summer~」の出た4月であり、「二度目の夏」とは「哀しい~」が出た7月を指すのでしょう。

 そして、二度目の夏が過ぎた頃、8月を指すと思われますが、事態が突然変わり(交渉期限の終了)、淋しい季節(対立)が始まると同時に、風に散って(計画実行)しまうのです。これは123便撃墜計画の決行宣言と考えてよいでしょう。

 * * *

 歌詞は

http://j-lyric.net/artist/a002606/l005f4b.html

を参照しましたが、ちょっと引っ掛かるのは、著作権にうるさい音楽業界が、こんなミスをするのかなぁ?という疑問です。コピペが出来ないようにコピーブロックまで掛けていながら、この誤植の「1」に気付かないはずがないと思うのですが・・・・

 また数字の「1」を表す象徴として歌詞中の「キャンドル」を使ったのではないかとも考えられます。歌詞にメッセージを紛れ込ます目的は心象の操作ですから、必ずしも数字の1を書く必要はありません。ただし「キャンドル」の本数がこの歌詞では明確でなく、もしかしたら、それを補強するために1の字をこっそり添えた?と疑ったりもしています。そうであれば、123便事件との絡みはもはや明白かつ作為的であると言えるでしょう。

 最後に作詞の「更目純」さんは誤りで、正しくは「夏目純」さんです。また「作:尾崎亜美」は「作曲:尾崎亜美」に訂正します。

2018/11/05 (Mon) 14:45 | URL | 編集 | 返信

(2)岡田有希子さんは殺された

>1985年8月12日の日航機123便に田原俊彦さんと岡田有希子さんが搭乗する予定だったという話を聞いたことがあります。

 ネット上にはそういう話が出ていますねその話は信憑性に乏しいという意見が出ています

>岡田有希子さんの自殺報道について福田さんと日月土さんのご見解をご教示いただけるとありがたいです。

 私も自殺ではなく殺害されたと考えています。ですから自殺報道はフェイクニュースと考えています。

 <wikiより引用>視力は左右ともに0.1以下のため、プライベートではかなり度の強い眼鏡を使用していた。<引用終了>

 90度の角度で立ちはだかるクリナップの看板をものともせず、ビルの中央よりちょっと右寄りの地点に倒れるように落ちる事は、眼鏡をかけていなかった岡田有希子さんには無理です。しかもその地点<花壇の近く>はビルから少し離れていて不自然。死体の写真に眼鏡が写っていない。

伝説のアイドル岡田有希
↑画像 東京都新宿区四谷4-28 岡田有希子さんが飛び降り自殺を決行したとされる大木戸ビル 1986年4月
https://matome.naver.jp/odai/2148075695157136101

>1985年8月12日放送の「ザ・トップテン」の日航機123便事件の速報映像[https://youtu.be/Z7U4Z_wbjgM]

 上の動画は「この動画は再生できません。」となってしまいました。123便首謀者側がこの1615のコメント欄を読んで対応した可能性があります。

>パ一ティーは2人だけともしたキャンドル

 キャンドル=ろうそく、死を意味していますね。

>パ一ティーは2人だけ 見ないで星空

 123便の乗客・乗員には星空を見せない。つまり殺すという事でしょうか。

(3)「1615.御巣鷹の尾根のトイレが、紙を箱にいれる中国韓国式なのはなぜか?」への<拍手+いいね=30>へのコメント計56本の6~11

猫山 #-

 岡田有希子さん、やはり他殺と見られる節があるのですね。当時、たまに明◯と言う雑誌を読んでいたのですが、子どもながらに岡田有希子さんの表情に陰りを感じていました。確か、亡くなった前後の月に出た明◯で彼女の年齢を知ったのですが、まだ10代?と思ってしまう程、疲れ切った顔の写真が何枚か載っていました。

 岡田有希子さんご本人は、ご自身が日航機撃墜事件から起こる事件の生け贄的な存在と言う事。ご存知だったのでしょうか。

 当時、小学生だった私達の間では岡田有希子さんが自殺した年に中森明菜さんが歌っていたジプシークイーンに岡田有希子さんの死の真相が隠されていると言う噂がありました。

http://j-lyric.net/artist/a000575/l003d85.html

2018/11/05 (Mon) 16:29 | URL | 編集 | 返信

日月土 #-

★猫山さんへ - ジプシークイーン

 どちらかと言うと、有希子さんの死の真相と言うより、有希子さんの歌の続編と読み解けますね。その意味では真相の一端を語っているとも言えますが。

 前にも書きましたが、この手のメッセージの多くは、日本・天皇・神・キリストを蔑むものです。この歌もその例外ではありません。

 実は、中森明菜さんの歌は同様のメッセージが多く見られるのです。1985年前後のアイドルですから、当然利用対象にされているでしょう。これについても、近々私のブログでお知らせします。

 同時代の歌はとにかく呪詛で真っ黒です。この時代に多感な時期を生きてきた者として、きっちり清算を済ませないといけないと思っています。

2018/11/05 (Mon) 17:47 | URL | 編集 | 返信

猫山 #-

★日月土さんへ

 ジプシークイーンは元々、岡田さんが歌う予定の楽曲だったとインターネットに書かれておりました。

 小学生の時のクラスの男子が、中森明菜さんの「DESIREって「真っ逆さまに落ちて」「炎のように燃えて」って、去年墜落した飛行機とかチャレンジャーみたいでなんか嫌な歌。」と言っておりました。当時、言われてみれば…と思いながら、気のせいくらいに片付けておりました。

 日月土さんの見解を拝読させて頂きまして、気のせいでは無かったんだと思いました。気づかせて下さいましてありがとうございました。

2018/11/05 (Mon) 18:32 | URL | 編集 | 返信

ヒデ #-

★素朴な質問

1・歌の歌詞に込められた予告や呪詛が集団的無意識に働きかけ社会的風潮を作り、醜い時代を形成したと、捉えてもよいのか?
2・クロカモ等の呪術(カバラ)を駆使する集団は人を呪殺する能力が有るのか?
3・人を呪わば、穴二つといいますが、呪詛返しで相手に打撃を与え、穴ひとつで済むのか?
ご教示頂けますと幸いです。

2018/11/05 (Mon) 22:18 | URL | 編集 | 返信

rika #-

★岡田有希子と中森明菜

 ジプシークイーンの歌詞の 125ページ(自殺時刻12時5分)、アスファルトのベッド なんて、露骨に岡田有希子の投身自殺をイメージさせますよね。当時、明菜が歌っている後ろに岡田有希子の血まみれの幽霊が見えたと言ってテレビで大騒ぎが起きていたのも、中森明菜を岡田有希子に関連付ける(または岡田有希子の死を強調する?)ためのイメージ操作だったのかもしれないですね。

2018/11/05 (Mon) 23:23 | URL | 編集 | 返信

日月土 #-

★ヒデさんへ - 私の体験から

1. Yes. ただし醜い美しいは相対的なもの。今の社会を極楽だと思っている人もいるでしょう。

2. Yes. 殺傷レベルの術者はいますよ。変死した政治家などにそのケースが見られます。私も何度か仕掛けられ危なかったことがあります。

3. No.意図的に反撃すれば自分にも返ります。基本は渦を避けることと専守防衛です。

2018/11/05 (Mon) 23:34 | URL | 編集 | 返信

rika #-

 自殺時刻12時5分 → 15分 に訂正します。失礼しました。

2018/11/05 (Mon) 23:34 | URL | 編集 | 返信

(4)日本・天皇・神・キリストを蔑む

>岡田有希子さんご本人は、ご自身が日航機撃墜事件から起こる事件の生け贄的な存在と言う事。ご存知だったのでしょうか。

 岡田有希子さんの霊体<御霊>に聞いてみるしかないですね。殺される際に何かを悟ったかもしれません

>この手のメッセージの多くは、日本・天皇・神・キリストを蔑むものです。この歌もその例外ではありません。

 彼女のデビューシングル「ファースト・デイト」の作詞作曲は竹内まりやです。

 彼女のセカンドシングルは、「リトル プリンセス」です。

 <1647の(3)から引用>例えばキリストの12使徒の魂を受け継いだ方々とか。<引用終了>

>小学生の時のクラスの男子が、中森明菜さんの「DESIREって「真っ逆さまに落ちて」「炎のように燃えて」って、去年墜落した飛行機とかチャレンジャーみたいでなんか嫌な歌。」と言っておりました。

 実に鋭い男子児童ですね

>ジプシークイーンの歌詞の 125ページ(自殺時刻12時5分)、アスファルトのベッド なんて、露骨に岡田有希子の投身自殺をイメージさせますよね。

 rikaさん、鋭いですね。

 「1658.岡田有希子さんと123便事件 PART2」に続きます。


↑頻繁なクリック、よろしくお願い申し上げます。

↓動画 モー娘。
tumblr_nfgqyvwp7p1t3c0tdo2_r1_400.gif
スポンサーサイト



Comment

猫山 #-

>>小学生の時のクラスの男子が、中森明菜さんの「DESIREって「真っ逆さまに落ちて」「炎のように燃えて」って、去年墜落した飛行機とかチャレンジャーみたいでなんか嫌な歌。」と言っておりました。当時、言われてみれば…と思いながら、気のせいくらいに片付けておりました。

この男子は時々皮肉を言うことがありました。
社会科の授業で二次大戦について習ってる時に
「皇居とか京都の重要文化財は狙わないって時点でおかしくないか?
戦争ならばそんなこと言ってないで、やっておしまいな気がするけど?
重要文化財とかその国の大切な場所を破壊して打撃を与えないようにしていることで本当に戦争だったのか?って思うね。」
などとも言っていました。
彼の影響で、単純な私も物事は多面的に見るものだと思うようになりました。

2018/11/23 (Fri) 11:50 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

コメント失礼致します。岡田有希子さん(佐藤佳代さん)の死ですが、やはり他殺だと思います。(僕は岡田有希子さんは暗殺殺害されたと確信しています。) 岡田有希子さんの遺体現場の写真を見る限りでは、飛び降りたというより、頭部を銃撃されたような印象が強いです。頭から飛び降りたとするならもっと広範に遺骸が飛散していてもおかしくないと思います。飛び降りであるなら、足から飛び降りるケースが多いため、頭部は意外なほどダメージが少ない、という解剖学の上野教授が語っていたことを思い出しました。(上野教授は自殺と呼ばれる死の9割は他殺、という持論を展開されていた、と記憶しています。) 僕は、岡田有希子さんの死はジバ神の生け贄だと前々から考えていましたが、よもやコメント欄に生け贄について言及されるとは思いもよりませんでしたので、矢張岡田有希子さんの死は他殺かと確信に至っています。[ジバ神の生け贄という考えに至った経緯は、命日の4月8日→4/8→四八→音読みでシバ、現場の四谷→四谷→谷はヤと音読みするため、八(ヤ)に置き換えて四八(シバ、ヨツヤとも読めなくもないです。)→シバ というところから岡田有希子さんはシバ神の生け贄だったのではないかという考えに至っています。ちなみに1986年4月8日は女優の沢尻エリカさんの誕生日、元AKB48のメンバー 高橋みなみさんは1991年"4月8日"生誕ですね。] 2016年12月2日放送の爆報・ザ・フライデー 岡田有希子さん放送回を観た感想ですが、番組に登場する自称岡田有希子さんの熱烈なファンというオーストラリア人男性のリチャードさんは実は日本航空123便事件を調査するために派遣された調査員で日本航空123便事件の調査資料として岡田有希子さんの資料を持ち出した(?)可能性はないでしょうか? 福田さん、日月土さんはどうお考えかご見解をいただけるとありがたいです。ちなみに2016年12月2日放送の爆報・ザ・フライデー は岡田有希子さんのコーナーの直後のコーナーは「君の名は。」に関するエピソードです。(「君の名は。」は福田さん、日月土さんがブログで言及されていましたね!)
福田さんの記事に言及されるまで気づきませんでしたが、1985年8月12日放送の「ザ・トップテン」のYouTube動画が観れなくなっていましたね! 僕は最近観ていませんでしたので、驚きました! 福田さんのご指摘通り、動画が観れなくなった背景に日本航空123便事件の首謀者が絡んでいることは間違いないと思います。 日本航空123便事件と岡田有希子さんの死は僕の想像以上に関連性があることに改めて気づかされました。福田時雄さん(現サンミュージック名誉顧問)が福田さんの「桜の木になろう」の記事を閲覧されていることは確実だと思います。願わくは福田時雄さんは"真実"を語っていただきたいと切に願います。

2018/11/23 (Fri) 16:55 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ

前に、1985年8月12日に撃墜させられた日航機に、田原俊彦さんと岡田有希子さんが乗る予定だったと言うコメントを見かけました。
しかし、当時。
岡田有希子さんは大阪でライブをしておりました。

田原俊彦さんと岡田有希子さんが日航機に乗る予定だったと言う噂が出たのは、岡田有希子さんの死後の田原俊彦さんのコメントの内容に由来したようです。
田原俊彦さんは、「1985年8月12日に自分と岡田さんも日航機に乗る予定だった。」と仰ったそうですが、岡田さんのライブは前から決まっていたようで、その日に撃墜させられた日航機に乗る予定は無かったとの事です。
単に、田原俊彦さんが注目を浴びたくて言ったのか?わかりませんが、彼もまた明石家さんまさんみたいな何らかの後ろ盾があって乗らなくて済んだ一人かもしれませんね。

2018/11/23 (Fri) 17:21 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

猫山さんへーご指摘ありがとうございます。僕の記憶が正しければ、田原俊彦さんと岡田有希子さんが日航機123便に搭乗予定だったという話を聞いたことがあります、とコメントしていたと思います。ちなみに、https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14109741499?_ysp=5bKh55Sw5pyJ5biM5a2Q44GV44KT44Gv5pel6Iiq5qmfMTIz5L6%2F44Gr5pCt5LmX5LqI5a6a44Gg44Gj44Gf をご参照いただけるとありがたいです。
僕は以前、1985年8月12日放送「ザ・トップテン」のフルバージョンをYouTubeで観たのですが、「スタジオ内」で出演者の皆さんと岡田有希子さんが心配そうに日本航空123便事故(公式では、です)の速報を聞き入る場面を観た記憶があり、岡田有希子さんについてネットサーフィンしている過程で、その時観た動画をもう一回観ようと再度検索しましたが、その動画が見つからず、福田さんの記事1615.のコメントで僕が以前観た動画とは違う「ザ・トップテン」の動画(フルバージョンではないです。)を載せましたが、その動画を観た時、岡田有希子さんは大阪でコンサートで、「ん?? 俺の記憶違いだったかな??」と気づき、猫山さんのコメントでその日が岡田有希子さんの大阪でのコンサートであることを教えていただき今に至ります。(僕があの時コメントした時はまだ動画を視聴しておらず、URLのみを載せていました。)
一ネットサーファーの戯言と捉えられても構いませんし、僕の記憶違いだったと自分の中で言い聞かせていますが、渋谷公会堂(でしたか)のスタジオ内で岡田有希子さんが白い上下のドレス(スカートはミニスカートでした。)を着用して、出演者の人々と一緒に心配そうに日本航空123便事件の途中経過を聞き入っている映像が鮮明に記憶があるんです・・・

2018/11/23 (Fri) 18:34 | URL | 編集 | 返信
猫山 #-

ひろさんへ。コメントをありがとうございます。

私はひろさんのコメントから、なぜ岡田さんと田原さんはあの日の日航機に乗らずに済んだのか?と思い、当日の岡田さんのスケジュールを検索したら大阪でコンサートをされておりました。

ネットサーフィンをしている時に、「何故田原さんは、明らかに岡田さんが乗るはずも無い日航機に乗る予定だったなんて、何故、追悼の言葉を述べながらそれを言ったのか?謎。」と言う書き込みを見たので、気になりました。

岡田さんのライブが急遽決まったものなのか?
誰かが田原さんを助ける為に助言をしたのか?
はたまた、田原さんが注目を浴びたくて言ったのか?
不思議に思いました。



2018/11/23 (Fri) 20:49 | URL | 編集 | 返信
rika #-

1985年8月12日放送の「ザ・トップテン」の日航機123便事件の速報映像

動画が消される前に見たのですが、ニュース速報のアナウンサーが 、「お子さん12人を含む」という部分を何度も(多分3回くらい)繰り返していたので、そこはそんなに繰り返す必要があるのか? とちょっと引っかかったのですが、他にそう感じた方はいらっしゃいますか?
ちなみに、桜の木になろう記事753の乗客名簿をさっと見たところでは、11歳以下のお子さんは12人より多かったです。

2018/11/24 (Sat) 19:09 | URL | 編集 | 返信
 #-

英国のエリザベス女王がシェイプシフトしたら、3メートルぐらいになるとどこかのブログで見たことがありますが、日本航空123便のグランドピアノに入れられていた昭和天皇が、再び、沼津方面に姿を現し、昭和天皇が、真相を知ったときは、ぶち切れて、ドラゴニアンにシェイプシフトしたら、ソ連機スホーイや、クロカモはひとたまりもないでしょう。
日航機が群馬県の山中に落ちたとき、昭和天皇は何も、気づかなかったのでしょうか。気づいたら、ドラゴニアンは一個師団に相当する能力があるらしいので、特殊工作隊を全滅させるぐらい、たやすいことのように思えます。

2018/11/28 (Wed) 16:07 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

「サマービーチ」について思ったことを追記させていただきますことをお許しください。
「サマービーチ」と岡田有希子さんが歌う場面ですが、「ウサマービーチ」と聞こえます。(多分、ウッ、サマービーチという感じで歌われているんだと思いますが。) ウサマといえば、911テロの首謀者とされたウサマビンラディン容疑者(僕は911テロの首謀者はウサマビンラディン氏ではないと考えています。名前を使われただけ、あるいは犯人役に仕立てあげられたカモだと考えています。ただウサマビンラディン氏が911テロと無関係とは考えていません。)を思い出します。

2018/11/29 (Thu) 20:21 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

rikaさんへー僕も同じ事を思いました。墜落現場を“北相木村“と強調している点も明らかにおかしいです。ザ・トップテンの“冒頭“で(確か19時放送でしたね。)「子供12名を含む」とあたかも既に乗客名簿の詳細がわかっていたかのような報道も不思議ですね。(笑) 「ザ・トップテン」の関係者・日本テレビは確実に日本航空123便事件が決行されることを知っていたはずです。19時過ぎに墜落とも伝えてました。僕は前出のコメントで、以前、1985年8月12日「ザ・トップテン」のフルバージョンの動画を観たとコメントしました。記憶する限りですが、その時観たフルバージョンの「ザ・トップテン」の内容と視聴不可になってしまいましたがショートバージョンの動画の「ザ・トップテン」の内容が異なっていました・・・。僕は数年前、1985年8月12日の「ザ・トップテン」のフルバージョンを観ました。その時観た「ザ・トップテン」で岡田有希子さんがスタジオ内の出演者が座る椅子に座って緊急速報を心配そうに聞き入る場面の記憶が残っています。ショートバージョンでは大阪のコンサート会場から、でしたね。観た時「あれっ?」と思いました。それに僕が観たフルバージョンでは、冒頭から緊急速報ではありませんでした。記憶をたどるとルックは出演してました。チューブの姿も見ました。岡田有希子さんもスタジオにいるのを観ました。番組中に緊急速報が入り、以降日本航空123便事件報道で番組が終わってしまった記憶です。ですから安全地帯も出てませんし、中森明菜さんも観ていません。多分スタジオにいたのは司会者(堺さん、榊原さん)、ルックのメンバー、岡田有希子さん、チューブのメンバー、他一人女性歌手がいたような記憶がありますが名前を思い出せません。僕が記憶する限りでは数年前に観た1985年8月12日「ザ・トップテン」のフルバージョンには小泉今日子さんはいなかったと思います。明らかにこの前コメントで挙げたショートバージョンとの相違があり、不思議に感じています・・・

2018/11/30 (Fri) 11:09 | URL | 編集 | 返信
rika #-

To ひろさん

そうですよね。
「お子さん12人を含む」を、ニュース速報の時点で繰り返しているので、(妙に強調しているように感じましたが)どこから分かった数字かと思いました。しかも12人ではないですし。(今は11歳以下が子供運賃なので取りあえずそれで数えてみたのですが、全然数が合いません。何歳以下をもってお子さんなのか不明です)
ただ、テレビ局のトップも、123便事変を起こすことを知っていたのかは、わからないと思います。このような重大な犯罪計画は、必要最小限の人間にしか知らせなかったと思いますので、指示された内容をただ、読み上げさせただけではないかという気がします。
1985年8月12日の「ザ・トップテン」は、ひろさんの貼ってくれた動画で初めて見ましたので、それ以外のバージョンは残念ながら見ておりません。

2018/11/30 (Fri) 12:34 | URL | 編集 | 返信
ひろ #-

rikaさんへー僕が数年前(4、5年前だと記憶しています。)に観た1985年8月12日「ザ・トップテン」のフルバージョン動画を再度観ようとその動画を再度検索しましたが見つかりませんでした。僕が観たフルバージョン動画ではっきりと記憶していることは、「番組冒頭から緊急速報ではなかったこと」と「スタジオ内に岡田有希子さんがいたこと」です。つい最近、岡田有希子さんについて調べる過程で数年前に観た1985年8月12日の「ザ・トップテン」のフルバージョン動画のことを思いだし、再度観てみようと検索かけましたが見つけることができませんでした。(僕は「岡田有希子」について調べるというより、尾崎豊さんと岡田有希子さんが親友だったという話を聞いたことがありましたのでネットでそのことについて調べてみようという理由でネットサーフィンする過程でふと思い出して再度検索しました。ちなみに僕は個人的に尾崎豊さんについての不可思議体験がありますが、割愛させてください。)
1615.のコメントで載せたショートバージョンの「ザ・トップテン」の内容と僕が数年前に観た「ザ・トップテン」の内容(記憶する限りですが)に相違があったことは事実です。

2018/11/30 (Fri) 15:52 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts