FC2ブログ

1652.八幡製鐵所の高炉が敗戦まで空襲で破壊されることがなかったのはなぜか? PART5

7Ckvt6_cWR4TylRgND33Uk60WQ5vWRozMpN-CgHUZeI.jpg
↑画像 2016年10月9日(日) 北九州市小倉北区浅野3丁目8-1 アジア太平洋インポートマート(AIM)ビル展示場棟 西日本総合展示場新館 『takagi presents TGC KITAKYUSHU 2016 by TOKYO GIRLS COLLECTION』 「TGC北九州2016」で大トリを務めた乃木坂46 西野七瀬 (C)モデルプレス
出典:乃木坂46「TGC」「ガルアワ」2日連続“大トリ”アーティスト&モデルで2大ファッションショーを席巻!女の子の歓声が鳴り止まず モデルプレス
https://mdpr.jp/news/detail/1622446

(1)優秀な遺伝子

 2018年11月19日の5本目です。「1651.八幡製鐵所の高炉が敗戦まで空襲で破壊されることがなかったのはなぜか? PART4」の続きです。

 「未開の地区の人はヨーロッパ系白人等の白人より遺伝子が劣っているので征服された。」という考えがあります。それに対する反論として、「先進国の人たちは生存力が低くても社会的インフラが整っているので質の良くない遺伝子でも残せる。しかしニューギニア等の部族の人たちは優秀でない=即死という環境で生きているので優秀な遺伝子しか残せない。」という内容の話が『銃・病原菌・鉄(上・下)』に出ています

(2)安倍晋三がニューギニアに生まれたら

 これは安倍晋三がニューギニアに生まれたら生存できないという話ですね。日本でも岸信介の孫でなければ努力が大嫌いで低脳の安倍晋三はホームレスになっているだろうという話に近いですね。

(3)日清戦争の賠償金

 近代における日本のアジア侵略への第一歩となった日清戦争(1894~1895)に勝利した日本は、当時の国際常識を逸脱する巨額の賠償金を分捕った。分捕られた清国は深刻な打撃を受け、より衰退し滅亡へ向かっていった。日本はその賠償金をベースに金本位制を確立し、八幡製鉄所を建設しました。

(4)官営八幡製鉄所建設の目的

 官営八幡製鉄所建設の目的は、軍事産業の更なる育成と兵器の国産化実現でした。1901年に完成した官営八幡製鉄所は日本最大の製鉄所でした。完成してしばらくは、「八幡製鉄所」とは呼ばれていなかった。単に「製鐵所」と呼ばれていた ここで生産される鉄鋼によって、日本は本格的なアジアへの侵略戦争に突き進みました。

(5)弱者の視点が欠落しているwikiの「八幡製鉄所」の記述

 wikiの「八幡製鉄所」の記述は、弱者の視点が欠落している! まったくもってひどい有様だ!

 1850年代以降、ヨーロッパ、アメリカなどの労働者は、8時間労働制を求めて闘い、1886年のアメリカのメーデーは8時間労働をメインに掲げた。1914年の第1次世界大戦を経て、八幡製鉄所はどんどん増築された。

 1917年のロシア革命は全労働者を対象にした8時間労働制を宣言した。八幡製鉄所の劣悪極まりない労働条件に対して、労働者の不満と怒りが蓄積していた。1918年には西田健太郎らのよびかけで、1万人がサボタージュをおこなった。1919年1月24日に、溶鉱炉鉱石運搬作業の朝鮮人82名が待遇改善要求して2日間のストライキ、また8月24日にも工事現場臨時職夫33人がストライキを起こした。

 1919年に創設された国際労働機関(ILO)の第1号条約が結ばれ、「8時間労働制」が確立した。浅原健三は1919年8月30日に八幡市<現在の北九州市の八幡東区と八幡西区>内で「労働問題公開演説会」を計画したが、警察によって禁止命令が出された。

 10月16日に、日本労友会の発会式が開かれ、八幡製鉄所、旭ガラス、安川電気、安田製釘など八幡市の大工場を網羅する鉄工場労働者600人が結集した。戦時手当の本給繰入による賃金の値上げ、8時間労働制の実施などが中心的要求だった。
 
 12月頃から闘う体制を構築し始め、1920年2月12日の給料日の翌日にストライキ突入する計画を立てたが、労働者は早期の決起を望み、1920年2月5日突入が決まった。

 八幡製鉄所ではかなり早い時期から、朝鮮人労働者を使役していた。日本の朝鮮侵略・植民地化で、土地を奪われ、追いつめられた朝鮮人が続々と渡日し、八幡製鉄所でも多数働いていたのである。内務省警保局調査によれば、1920年には全国で30,149人の朝鮮人が働いていた。浅原はこの現実を決して見失わず、朝鮮侵略・植民地化の中で苦闘する朝鮮人労働者との一体感をもって、ともに闘っていたのです。

 1920年2月5日にストライキ(罷工)に突入し、1901年以来19年間燃え続け、労働者を支配してきた溶鉱炉の火は消えた。八幡製鉄の主人公が誰なのかを明確にした瞬間だった。

 しかし、浅原を始め、中心メンバーの検束(逮捕)が相継ぎ、指導部を失った労友会は急速に力を失っていった。ストライキ(罷工)6日目には大半の職工が「極度に憤懣を抱きながら、不承無精に」職場に就いた。

 製鉄所当局と警察の暴力で、労働者の怒りと闘いを沈黙させたが、ストライキの力を自覚した約2万5000の労働者がいるかぎり、製鉄所も警察も枕を高くして寝ることはできなかった。

 1920年4月上旬、製鉄所は「優遇案」を発表した。労働者を優遇する案です。二交代十二時間労働は三交代八時間労働制となり、労働賃金率は職工の要求に近い率に改定された。つまり労働者の要求のほとんどは実現したのである!!!

 現在の日本も劣悪極まりない労働条件の職場が多く、過労死が多発している。それなのにストライキは昔に比べて激減している。労働基本権がない時代に権力と闘い、要求を実現した当時の八幡製鐵所の労働者階級に、現在の労働者階級はしっかりと学び闘うべきだ!!!

参考文献:『溶鉱炉の火は消えたり』(浅原健三著)を読む
https://blog.goo.ne.jp/aehshinnya3/e/ae384896e14daae9b159ee298673a6d4


↑頻繁なクリック、よろしくお願い申し上げます。

tumblr_neir9pD5XA1t3c0tdo1_r1_400.gif
スポンサーサイト



Comment

ひろ #-

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6303784 徴用工「戦略的放置」の首相 この記事に書かれている安倍総理大臣の姿勢は福田さんの記事に書かれていることを見事に象徴していますね。自身に都合の悪いことは無視・放置を決め込む、「戦略的放置」と言葉では着飾っていますが、端的に「放置」でしょ、と僕は思います。日本航空123便事件後の日本政府の姿勢そのものだ、と記事を読んで思いました。僕は、神様の声が聞けるという霊能力者の方(かなりご高齢の女性です。)と会話したことありますが、彼女曰く「神様から旧日本軍が戦時中やってきたことはそりゃ~ここでは言えないくらい酷いことやってきた、と聞かされた」そうです。

2018/11/19 (Mon) 19:18 | URL | 編集 | 返信
匿名希望の1読者 #6urEx/7U

徴用工判決などについて

こんにちは

徴用工の判決ですが、感じた違和感としては元徴用工と企業との訴訟なのにやたら政府が表に出てくるところが違和感があった気がします。
国家賠償ではないので日韓基本条約の請求権放棄の項目の直接適用の対象ではなかったような気がします。

韓国の判決も極悪勢力の存在にまで踏み込んでくれたらよかったのになあ、と思いました。

戦時中、日本軍の残虐行為の多くは正規の指揮系統に属していない部隊などによるものが多いと思います。
なので、この場合は謝罪を求める先は極悪勢力だと思います。

特に新左翼系のフェミニストは慰安婦の件などに肩入れしていますが、どうもこれは、謝罪と補償を求める先を表の日本政府に誘導している気がします。
新左翼が極悪勢力とお仲間ならば、極悪勢力に矛先が向かないようにしていると思います。
そして、日本人被害者のことを覆い隠し、ネトウヨに漬け込む隙を敢えて与えながら新左翼系は運動をしている気がします。極悪勢力に矛先が向かないようにするために。

ただ、徴用工を使用していた企業はかなりあると思います。今後はそれらへの責任追及も盛んになってくるかもしれません。そして、日本人被害者の件も話題に上ってくるかもしれません。
多くの日本人はあの戦争で極悪勢力に騙された被害者だと思います。なのでそこも重要だと思います。

2018/11/20 (Tue) 17:39 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts