FC2ブログ

1636.アメリカが横田空域を手放さないのはなぜか? PART1

DrLDJriVYAEplR4.jpg
↑画像 大阪市中央区難波千日前12-7 YES NAMBAビルB1 NMB48劇場 NMB48の山本彩 卒業公演『目撃者』 記念撮影 集合写真
https://twitter.com/hiropon_SY/status/1059123626765516800

(1)山本彩、涙で8年間のNMB48生活に幕「アイドル・山本彩の完結」 11/4(日) 19:50配信 ORICON NEWS

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00000334-oric-ent

20181104-00000334-oric-000-view.jpg
↑画像 大阪市中央区難波千日前12-7 YES NAMBAビルB1 NMB48劇場 卒業公演で涙をみせた山本彩 卒業公演『目撃者』 

 NMB48の山本彩(25)が4日、大阪・なんばのNMB48劇場で卒業公演『目撃者』に出演。8年間のアイドル生活に幕を降ろした。

【写真】卒業公演で涙ぐむ山本彩 壁掛け写真を外す場面も

 公演前のアナウンスで山本は「ついに、きょうでアイドル・山本彩が完結します」と宣言し、「みなさんは、その最後の“目撃者”です。一緒に最高の思い出、作ってくれますか?」と公演タイトルにかけて呼びかけると大きな歓声が起きた。公演の冒頭のあいさつで山本が自己紹介すると、会場が割れんばかりの声援が。「すご~い」と驚きながらも「きょうは最後までよろしくお願いします」と笑顔を見せた。

 アンコールでは卒業シングルの「僕だって泣いちゃうよ」など5曲、ダブルアンコールではチームN結成当初に歌っていた楽曲「約束よ」と、グループ初期の人気曲「青春のラップタイム」の2曲を歌唱した。

 卒業のあいさつで山本は「入った当初、高校生だった私は目まぐるしい日々に、予期せぬ出来事たちに、そして誰かと比べて悩む自分に一喜一憂していました。悔しい涙も悲しい涙もたくさん流しました。でも、その分、強くなることができました。今、思えば、それを青春って呼ぶのかなって思っています」としみじみ。「本当に、この8年間いろんなことがありましたけど、胸を張ってアイドル人生は楽しかったと言えます。メンバーに、みなさんに会えて本当によかったです」と涙ながらに胸の内を明かした。

 今後はシンガー・ソングライターとして活動する。独り立ちし、さらなる飛躍を誓った山本は「決して簡単な道ではないとわかっています。でも、あきらめるつもりはありません。次、みなさんに会うときは今以上の私で帰ってこられるように、これからも自分に厳しくやっていきます」と約束。そして「なので、みなさん、私のことを忘れないでください」とファンに語りかけていた。

 また、山本卒業後のNMB48のキャプテンには、5期生の小嶋花梨を大抜てきした。任命には悩んだことを明かしながら、加入前から自身のファンだった小嶋に託した。「私自身は人としても成長させてもらえた。本当にやりがいのある役目」と話し、加入からわずか2年でキャプテンになる小嶋は「彩さんがNMB48に残してくださったものを、しっかりと受け継いで、私にしかできないキャプテンになります」と涙ながらに宣言した。

 さや姉の愛称で親しまれる山本は、2010年10月9日に誕生したNMB48結成当初からの絶対的エース。シングル全19作の選抜メンバーで、センターは卒業シングルとなる「僕だって泣いちゃうよ」(10月17日発売)を含む13回(Wセンター含む)。15年にはNHK連続テレビ小説『あさが来た』の主題歌に採用されたAKB48「365日の紙飛行機」のセンターに抜てきされた。16年10月に1stアルバム『Rainbow』でソロデビュー。同年末の『NHK紅白歌合戦』の視聴者投票企画「夢の紅白選抜」では1位に輝いた。総選挙最高位は第8回の4位で、ここ2年は参加を辞退していた。

 先月27日には卒業コンサート『SAYAKA SONIC ~さやか、ささやか、さよなら、さやか~』を開催。1度は失った音楽への夢をNMB48加入で取り戻したことを明かし「この8年はNMB48に全てを捧げて生きてきました。NMB48に入ってよかったです。心からそう思っています」と心境を語っていた。

【関連記事】
【写真】山本彩、キレイに引き締まった腹筋披露
【貴重ショット】CDデビュー前の…ビーチではしゃぐ初々しい山本彩ら
【写真】NMB山本彩、“秘書スタイル”で美脚あらわ タイトなスーツ姿を披露
【写真】白肌眩しい! さや姉&みるきーの水着写真集対決
【写真】NMB48デビュー、「絶滅黒髪少女」へそ出しさや姉&みるきー
最終更新:11/5(月) 6:25 オリコン

(2)山本彩のお礼

山本彩‏@SayakaNeon 8年間、本当にありがとうございました☺️
DrLAZQIU8AAsHrR.jpg
https://twitter.com/SayakaNeon/status/1059120413383393280

(3)横田空域の管制権、一部日本移譲…米軍と合意へ

 昨日2018年11月4日の読売新聞の朝刊の1面に次の記事が掲載された。

https://www.yomiuri.co.jp/politics/20181103-OYT1T50136.html

■横田空域の管制権、一部日本移譲…米軍と合意へ 2018年11月04日 11時15分

 米軍横田基地(東京都福生市など)が管制権を持つ横田空域について、日本政府と米軍が、空域を通る一部旅客機の管制を日本側が行うことで合意する見通しとなった。2020年東京五輪・パラリンピックまでの実現を目指す。

 これにより、羽田空港に着陸する新ルート運用のめどが立った。月内にも日米地位協定の運用を協議する日米合同委員会を開き、合意内容を確認する。

 日本側にとっては、東京五輪に向けて羽田空港の国際線発着枠を広げるうえで、横田空域が障害となっていた。米軍が管制権を掌握しており、旅客機を自由に飛ばせないためだ。政府は合意が得られれば、大会期間中の20年夏までに発着枠を拡大したい考えだ。

 東京五輪では訪日客の増加が見込まれ、国土交通省は、羽田空港の国際線の年間発着回数(昼時間帯)を現在の6万回から9・9万回に増やす計画だ。それに合わせ、旅客機が東京湾上を通るルートに加え、都心上空を通る新ルート案をまとめた。

 新ルート案は国際線の発着が集中する夕方の約4時間、南風の場合は都心上空を通る。使用する滑走路や天候などによって旅客機が横田空域に数分間入るため、日米合同委員会が管制のあり方を協議してきた。

 米軍側は旅客機の通過を認める一方で、管制の混乱防止を理由に「米軍が引き続き管制を担うべきだ」と主張してきた。日本側は「旅客機の円滑な着陸のため、日本側による管制が必要だ」と訴えていた。

 協議の結果、米軍は旅客機の通過時間帯を午後の短い時間に限ることなどを条件に、日本側の管制を容認する方向となった。五輪終了後も、日本側が管制を続ける見通しだ。

**************************

1493.jpg
↑画像 米軍横田基地の管制空域 (横田空域) 羽田空港着陸時(南風) の新ルート
http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/874.html

(4)海兵隊の撤退を考えた米軍を日本政府が沖縄に引き留めた

 横田空域を考える事は、123便事件の真相解明に繋がります。横田空域を考える上で沖縄の基地問題を考える事はとても大切です。

 「海兵隊の撤退を考えた米軍を日本政府が沖縄に引き留めた」という話は
拙ブログでは何回か記述していますが、残念ながら沖縄県民以外の多くの人々の認識にはなっていません。

 そもそも第三海兵遠征隊のグアム移転は日米間で2014年完了と合意されていたのです。「1460.辺野古に新基地を作らなくても、普天間飛行場の返還は可能。」に掲載したumekichi‏氏のツイートにある通り、オバマ氏は沖縄の海兵隊をグアムに持っていくと発言したのに、普天間返還と新基地を無理やり結びつけたのは日本政府なのです。

第3海兵遠征軍 (アメリカ軍)wiki

umekichi‏ @umekichkun 米軍、海外70基地を削減。世界41カ国に517。海外で最も多いのは日本の121で、資産評価額は8兆6114億円。辺野古に新基地を作らなくても、普天間飛行場の返還は可能。オバマ氏はグアムに持っていくと発言したのに、普天間返還と新基地を無理やり結びつけたのは日本政府。
FDMLCfLk.jpg
https://twitter.com/umekichkun/status/1039339502148284417

海兵隊のグアム移転 関連キーワード 朝日新聞

 2018年1月には、「沖縄の海兵隊を一日も早く受け入れたい」とグアム知事が、当時の翁長沖縄県知事に述べているんですよ。所謂「本土」のマスコミがこれをほとんど報道しなかったので、沖縄県民以外の皆様はご存知ないかもしれませんが。

▼改正された在沖縄海兵隊のグアム移転に係る協定に基づく日本国政府による資金の提供等に関する書簡の交換 2018年9月18日 外務省

(5)辺野古HISTORY<「496.沖縄県名護市辺野古沖の埋め立て承認を巡り国が沖縄県を訴えた裁判で、沖縄県が先に裁判所の和解案受け入れを表明したのに、安倍政権が先に裁判所の和解案受け入れを表明したと誤解している人々が多いのはなぜか?」(07 March 2016 04:17UP)から転載>

 辺野古への移設が唯一の解決策なのだろうか? 06年、米軍再編合意で海兵隊のグアム移転と辺野古新基地建設がセットにされた。辺野古への移設が進まずグアム移転を進めるため、12年にセットが切り離された。14年から安倍政権が辺野古新基地建設を実現するために暴力を伴う強行手段に打って出た。

(6)クロカモから日本を守る為

 「1495.佐喜真は詐欺魔 PART3」に記載されている通り、海兵隊は日本の防衛の為にいるわけではありません、「殴り込み部隊」と言われ侵略の為の部隊です。また、沖縄県議会は自民党含め全会一致で海兵隊の全面撤退を求めています。

 そうした中で、海兵隊の撤退を考えた米軍を日本政府が沖縄に引き留めているのです。それだけで日本は侵略戦争に加担する可能性があります。

 ネットでは日本政府が沖縄の米軍基地を望んでいる理由として、天皇が望んでいるとか、天皇を守る為との主張を見た事があります。

 日本の支配層が「国体(天皇制)護持」のために沖縄を「捨て石」に、凄惨極まりない沖縄戦を強いられ、戦後も昭和天皇のメッセージ通り、アメリカによる沖縄の長期占領と復帰後のアメリカの横暴が続いた歴史が影響しているのかもしれません。

 1947年、昭和天皇は、側近の寺崎英成氏を通じGHQのシーボルト外交局長に対し、「私は沖縄の軍事占領の継続を希望します。そして、沖縄が日本に復帰したあと、アメリカによる沖縄統治を希望します。」という趣旨のメッセージを送った


 日本政府が沖縄の米軍基地を望んでいる理由は、天皇を守る為という要素を含めて、クロカモから日本を守る為ではないかと私は考えています。

 1971年のアメリカ政府の機密文書に、『在日米軍は日本を守るために駐留してはいない。日本防衛は、日本の責任だ』との記述があるのですが。一般的には在日米軍は日本を守るためではなく、西太平洋、インド洋に出動するため待機しているといわれています。


 「日米防衛協力のための指針」によれば、尖閣諸島防衛に海兵隊が参加することはない。それなのに米軍駐留経費の過半は日本が負担しています。米軍は日本にいる方が安上がりだから駐留が続いているといわれています。


↑頻繁なクリック、よろしくお願い申し上げます。

↓動画 山本彩
2524b80a.gif
スポンサーサイト



Comment

ひろ #-

コメント失礼致します

山本彩さん(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E5%BD%A9)は哀愁を感じさせる表情が印象的な個人的に気になるアイドルさんです。(卒業公演の記事を掲載いただきありがとうございます。) 沖縄県で10年暮らした函館出身の知人(現在は連絡を取り合っていません。)が僕に語っていたことですが、現地(沖縄県)の人から「戦時中、内地(沖縄県以北の九州・四国・本州・北海道を含めた日本)の人は我々に何したさね!?」と絡まれることが多々あったそうです。第二次世界大戦後も変わらず、高天原事変(日本航空123便事件)、東日本大地震後の復興事業(福島第一原子力発電所事故を含めて)、沖縄県の米軍基地問題などを蔑ろにして、東京オリンピック招致や政府官僚(闇権力者)に都合の良い法整備、隠蔽に邁進する為政者にあえてきりこむ福田さん、日月土さんに敬意を表します。僕は日本航空123便事件当時小学生でしたが、隣クラスの担任の先生が当時新婚で件の日本航空123便に予約しようとしましたが、満席で搭乗できず結果的に日本航空123便事件を回避した経緯があって少なからず日本航空123便事件に関心がありましたが、日本航空123便事件がこんなに闇深くあまりにも理不尽な事件であることを知るにつれ絶句し、同時に何の罪もない多くの一般市民を巻き込んだ闇権力者の傍若無人な振る舞いが果たして赦されるのか、という強い憤りがあります。(1985年8月12日の日本航空123便事件で亡くなられた方々の無念な思いや第二次世界大戦末期から現在に至るまで基地問題等で蹂躙されてきた沖縄県民の思い、東日本大地震から7年が経過した現在も復興がままならない被災者の方々の無念な思いなどを想像すると益々その思いが強くなります。

2018/11/07 (Wed) 13:35 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts