148.昨日<2012年7月8日>、神戸市灘区の神戸製鋼で爆発が起き、きのこ雲が上がったことを、多くの神戸市民は目撃しているが、TVがほとんど報道しないのはなぜか?

神戸製鋼 爆発

(1)神戸製鋼で爆発 キノコ雲が上がる!

昨日<2012年7月8日>、神戸市灘区の神戸製鋼で爆発が起き、きのこ雲が上がった。

近隣住民の証言によれば、窓が揺れるくらいの爆発音だったと言う。また、瞬間、大気が震えたも言う。

 神戸製鋼から2.7km離れた神戸大学でも、かなりの爆発音だったと言う。

 救急車や消防車も出動した。マスコミがほとんど報道しないので、死傷者が出たのか、どの程度の規模の災害かはさっぱり判らない。

パンダについて報道する時間があったら、こちらを報道すべきではないだろうか?

当時、現場上空をヘリが旋回した。マスコミのヘリだろうか? そうだとしたら、なぜほとんど報道がないのだろう?

神戸製鋼 爆発 1
神戸製鋼 爆発 2
神戸製鋼 爆発 3

(2)神戸製鋼の“自家発電装置”

 神戸製鋼所は、原発1基分の電力を昨年、関電に売却した。しかし、今年はその要請がないと言う。神戸製鋼所は、関電から依頼があれば供給を検討すると主張している。

昨年同様、神戸製鋼所から、原発1基分の電力を関電が購入すれば、大飯原発再稼働は必要ないとは言えないだろうか?

昨年同様、神戸製鋼所から、原発1基分の電力を関電が購入すれば、計画停電など必要ないとは言えないだろうか?

もしかしたら、原発マフィア<原発殺人鬼>どもにとって、神戸製鋼所のような企業は気にくわない企業なのではないだろうか?

(3)自家発電による全国の『埋蔵電力』、東北電力1社分を超える

自家発電設備を導入している企業は相当数ある。独立系発電事業者(IPP)†や特定規模電気事業者(PPS)†という形で、その余剰電力を東京電力などの一般電気事業者†や電力の取引市場に販売している例も多い。それらの発電規模の合計は、一般電気事業者の発電規模に匹敵するほど大きく「埋蔵電力」などとも呼ばれる。

大型の自家発電設備を持つ企業の代表例の一つが「大口自家発電施設者懇話会」という業界団体を構成する会員企業群である。同懇話会は、1973年の第一次石油ショックをきっかけに結成された。現在の会員数は各種メーカー52社と1団体(日本工業協会)の全53組織。中心となるのは、王子製紙や日本製紙などの製紙業大手、新日本製鐵やJFEスチール、神戸製鋼所などの鉄鋼メーカー大手、三菱化学や帝人、昭和電工、チッソなどの化学大手、石油/ガス系のエネルギー企業などだ。自動車大手として唯一、トヨタ自動車も参加している。

†独立系発電事業者(IPP)=自社で保有する発電設備によって発電した電力を卸販売する事業者。

†特定規模電気事業者(PPS)=一般電気事業者以外で、企業など契約電力が50kW以上の電力の需要家に電力を販売する事業者。2011年6月時点で46社が登録されている。その内の半数は2009年以後に事業を始めたか、あるいはこれから始める予定である。IPPや一般電気事業者などから電力を購入し、顧客となる需要家に販売するのが主な事業形態だが、販売の際には、送配電網の使用料となる「託送料」などを一般電気事業者に支払う必要がある。

†一般電気事業者=東京電力や関西電力など、これまで10の地域ごとに発電から電力販売までを事実上独占してきた電力会社10社を指す。1995年以降の電力自由化で、発電事業や大口需要家に対する独占は崩れたが、個人の需要家や送配電網の独占は続いている

(4)神戸製鋼・爆発の真相

 7月8日12時40分過ぎの神戸製鋼における爆発について電話確認しました(鉄鋼事業部)。敷地内に積んであったスラグ(まだ熱いもの)に水分が付着していたようでその上から物をかぶせた事による「水蒸気破裂」だということです。消防、警察引き上げ済。

 この爆発による火災や化学物質の漏えい等は一切ないと言う話です。一瞬の爆発(水蒸気)で終わったとの話。

 確認電話した先は 株式会社神戸製鋼所 鉄鋼事業部.078-882-8030 です。

(追加確認で神戸市灘消防署にも電話しました)

 中村係長対応。説明内容は神戸製鋼のものと同じでした。神戸製鋼ではあまり事故という認識がなかったようで 消防が駆け付けた時も日常業務をしていたそう。そこで消防からは厳重に注意をしたそうです。心配ないとのこと

追加情報 今回の事故は製鉄過程で発生する熱いスラグを空気で冷やす際に重機で作業していたところ、大きな塊が混じっていてそれが飛んでしまった先で水分と接触してしまったものであると。(私は素人なので先方の言い分のみ)

(追加その2) それが非常に高温だったために 触れた水分が急激に水蒸気になり「水蒸気破裂」という現象を引き起こし、水蒸気の雲を発生させた…という説明でした。

************************

電話の内容を鵜呑みにしてよいのだろうか?

(5)アジアで化学工場爆発の多発

最近、アジアで化学工場爆発が多発している。

① 2011.11.13 東ソー爆発事故、塩ビ生産に影響

総合化学メーカー、東ソーの南陽事業所(山口県周南市)で2011年11月13日午後、塩化ビニールモノマー製造設備の爆発火災が起きた。

② 2012.2.28 [中国] 化学工場爆発、13人死亡 中国、40人以上負傷

 新華社電によると、中国河北省石家荘市趙県の化学工場で2012年2月28日、爆発があり、従業員ら13人が死亡、40人以上が負傷した。爆発は大規模で、工場の建物が全壊状態となり、周囲2キロ以内の家屋に窓ガラスが割れる被害が出た。

③ 2012.3.27 [中国] 中国でバイオ工場爆発、2人死亡、26人負傷、

新華社電によると、中国湖北省武漢市にあるバイオ薬品製造工場で2012年3月27日、爆発があり、2人が死亡、26人が負傷した。

④ 2012.4.22 「三井化学」の岩国大竹工場で爆発

⑤ 2012.5.5 [タイ] タイ東部の工業団地で爆発 9人死亡、100人超負傷

タイ東部ラヨーン県のマプタプット工業団地内にある石油化学工場で2012年5月5日午後、爆発があり、タイの病院当局者は5月6日、少なくとも9人が死亡、100人以上が負傷したことを明らかにした。

⑥ 2012.6.27 「大竹明新化学」工場爆発

塗料用の合成樹脂を作る円筒形の釜で発生。作業中だった10~30代の男性社員2人が重傷、1人が軽傷のやけどを負った。

*******************************

他にもたくさんあるが、きりがないので、これくらいにしよう。

(6)7月8日が終わり、危機は去ったのか?

311東北地震には海底掘削船「ちきゅう」が深く関わっていると言われている。

 最近、イギリスからドイツの潜水艦で100kの核爆弾が日本に運ばれているという情報がネット上にある。

(7)7月9日<本日>大地震説

 東海地震が予測されていた7月8日というのは、日本時間では7月9日のことではないだろうか?というのは、元のブログの記事は全てアメリカ時間で統一されているからだ。とすると、7月9日というのは、いろいろな予言、予測が重なる特異点となるのではないだろうか。

(8)7月11日<あさって>大地震説

太陽フレアの活動は、昨日<7月8日>付けの拙ブログでふれた通り、落ち着きました。

ですが、一昨日あたりまでは、フレアの数は311の直前よりも多くなっていたとのことです。

太陽黒点数も多い。

2011年3月上旬の黒点数
↑2011年3月上旬の黒点数(日付から右に2列目)

 あくまでも統計的な話ではありますが、一般的に『黒点100個以上が連続5日以上+大規模太陽フレアの発生』が大きな地震発生の1つのサインだとも言われています。

 事実311の直前は、2011年の3月4日(104個)~ 3月9日(132個)までの6日間連続で黒点は100個を超えており、一時下がった3月10日に「Xクラスの大規模フレア」が発生して、翌日に東日本大震災が発生しました。

太陽フレアの影響がもし地球にやってきて影響が出るとしたら、7月9日〜7月11日の期間であり、特に11日は防災の警戒を強める必要があると言われている。

 地震兵器組織は、天体の状況に合わせて地震兵器を使う様である。



ちなみに、この日は、小沢一郎が新党を結成する日である。権力側の謀略に虐められている小沢一郎の新党結成も、大地震が起きれば、ほとんど報道されないだろう。

もちろん、起きてほしくないが。

(9)国が認める人工地震!2011年7月11日衆議院復興特別委員会で浜田政務官

1年前の浜田政務官の発言を拝聴しましょう!



(10)実は、神戸製鋼は1月にも、きのこ雲を発生させていた!

1月のきのこ雲 1
1月のきのこ雲 2
1月のきのこ雲 3

(11)最新のHIT・CHART

本日<12/07/09>付けのオリコン週間シングルランキングのNO1は、 KAT-TUNの「TO THE LIMIT」でした。

Billboard Hot 100の12/07/07付けNO1は、3週目の全米NO1となった「CALL ME MAYBE」BY Carly Rae Jepsen でした。

そして、Week of July 14, 2012<2012年7月14日付け>でも、この曲が1位となりますので、4週連続全米NO1ということになります。

下の動画は、℃-uteのリーダー・矢島舞美と℃-uteの鈴木愛理
tumblr_m66uw3L1kz1qhgk0fo5_250.gif
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Latest posts