FC2ブログ

1515.ゴルフを断ったのはトランプか安倍晋三か?

DnyF2mrXgAASjsQ.jpg
↑画像 オーストリア共和国の首都・ウィーン 中山忍 相内優香
https://twitter.com/yuuka_aiuchi/status/1043856410465964033

(1)ゴルフを断ったのはトランプか安倍晋三か?

 2018年9月25日の7本目です。

zuiun‏ @amax_0329 海外メディアは安倍の無脳、無能ぶりと認識違い、時代錯誤、"言うだけ番長"の様を忖度無く客観的に伝えている。日本のメディアも少しは見習え!
https://twitter.com/amax_0329/status/1044180048264060928

 このツイートに関連して、「ゴルフを断ったのはトランプか安倍晋三か?」という話。日本のマスコミはトランプが国連総会に合わせた日米首脳会談の前後にゴルフをしようと安倍晋三首相を誘ったが、安倍晋三が断ったと報道している。私は安倍晋三の犬と言われているNHKの岩田からそう聞いた。

 ところが以前見たネット情報だと外国の報道機関は、その逆で報道しているという。つまり安倍晋三がトランプをゴルフに誘ったがトランプが断ったという。ゴルフを断ったのはトランプか安倍晋三か?

(2)安倍晋三改憲阻止!

 私は天皇制廃止論者故、改憲論者です。しかし安倍晋三の改憲案は断固阻止しなければいけないと考えています。安倍晋三の改憲案といえば9条ばかりが注目されがちですが、人権を大幅に制限する事を企んでいる事も知った方が良いと思います。現行憲法のもとでも日本の人権状況は世界水準といえません。ですから安倍晋三の改憲案が実現したら世界最悪レベルの人権状況になるでしょう。

 男女平等指数は世界114位。報道の自由は67位。lLO1号条約も個人通報制度も全て未批准。教育への公的支出(GDP比)はOECD中、日本は最下位です。昨年の国連UPR審査では世界各国から日本の人権への注文が殺到し、その数は210を超えました。
日本の人権状況は国際的に大きな遅れをとっています。この安倍晋三政権で大幅に後退したのです。

http://wind.ap.teacup.com/people/13252.html

https://youtu.be/3BxjQ5kOurA
↑動画 古館伊知郎が訴える緊急事態条項の危うさ 満雄中村 視聴回数 17,366 回

(3)支配階級

yutaka (通知不具合中 リプ漏れごめんなさい)‏ @yutakaozaki85 戦争を煽る人たちは、戦争に行かない人たち 増税を言い出す人たちは、税金を搾取する側 「食べて応援」と言い出した人達は食べていない 「ただちに健康に害は無い」と言ってた人は自分の家族はシンガポールに避難させていた タダボラを募集している五輪役員の報酬は年間2400万円 テレビの盲信は禁物
DncUnnRVsAAenE5.jpg
https://twitter.com/yutakaozaki85/status/1042324512241410049

(4)パワー・トゥ・ザ・ピープル!! パート2 2018/9/20 「我が国の学校は明治の学制発布以来の民主的かつ平等」訂正要求陳情 Ⅸ増田の部屋 転載記事

http://wind.ap.teacup.com/people/13247.html

 皆さま、こんばんは。増田です。これはBCCでお知らせしています。重複・長文ご容赦を! 以下、超長文で申し訳ありませんが、私の超私的感想(笑)も交えた報告です!

****************************
=2018年9月18日(火)都議会文教委員会=◆ 「『チーム学校』報告書にある誤記載の訂正要求」陳情の審議についてのご報告

 「都教委を訴える会」(共同代表:高嶋伸欣琉球大学名誉教授)が中心となって提出したこの陳情は4本ある陳情の最後になりました。このうち2本の陳情は、3月都議会で、あの3悪都議の唯一の生き残り、古賀俊昭都議(日野市選出)が足立区の学校のが区教委と相談しながら行った人権教育としての真っ当な性教育に干渉したことに関するもので、即座に同調した都教委を厳しく批判するものでした。

 いずれも共産党の池川友一都議&米倉春奈都議の鋭い素晴らしい追及があり、都教委は防戦一方でしたが、古賀都議と自民党は見苦しく正当化に努めました。この2本で2時間近くかかりましたので…いずれも都民ファースト・公明・自民の反対で不採択…ここでは詳細は報告できません。議事録が公開されましたらご紹介しますので、お楽しみに!

 ところで、文教委員会の始まる午後1時ちょっと前、私がエレベーターを降りた時、バッタリと古賀都議に出くわしました。双方「オーッ!?」(笑)と声が出ました。何しろ、私の中学校社会科教員として当然の平和教育・民主教育を「偏向」教育として他の既に消えた2都議(土屋たかゆき・田代ひろし)ともに「3悪都議」(私の命名)として産経紙とつるんで攻撃してきたヤツで約10年デスマッチ、裁判でも闘いました…彼らの応援団…後の在特会の系列…など東京地裁の前で「増田都子は北朝鮮に帰れー」!? なんて意味不明なシュプレヒコールをしやがりました((笑)。

 で、これはちょうどいい(笑)と思って古賀都議に言ってやりました。「あんた、まだ、生きてたの~? 相変わらずワルばっか、やってるみたいだねー。純潔教育なんて、古くさ~い、不純教育だよ。時代に遅れてるよー。」 古賀都議、ニヤケた顔して…あのアベのニヤケ顔みたいな感じ…委員会室に入っていきましたけど。

 さて、肝心の私たちの陳情の審議では、共産党の米倉都議が奮闘してくれました。米倉都議の追及は以下です(私の脳みそ記憶ですから正確ではありません)。 「複数の教育史専門家に聞きましたが『民主的かつ平等な』という言葉が、明治の学制発布以来の教育行政において肯定的に使われたことは一度もない、ということでした。特に教育勅語は天皇の命令で『一旦 緩急あれば義勇公に奉じ』というもので『民主的かつ平等な』学校文化など有り得ません。ともかく、この記載は常識からして成り立ちません。そこで質問します。戦前の法律や公文書に『民主的かつ平等な』という言葉を使ったものがありましたか。」

※都教委答弁「それは承知しておりません。これは『明治以来、学校の中では教員たちが専門職として相互に尊敬し合う組織風土があった』ということを言っているものでございます。いずれにしましても、『チーム学校』報告書の趣旨を踏まえまして(学校の中の職員組織をピラミッドの上意下達に)整備、実行しております(ので、そんな誤りなんかどうでもいい!?)。」

※米倉都議「陳情者は先ず、都教委に対して請願を出したということですが、その請願は『チーム学校』報告書の検討委員には伝えられたんですか。教育委員には伝えられましたか」

※都教委「検討委員には伝えました。請願は2002年の請願取扱要綱の改訂により、効率化・迅速化を図るため、教育委員会の議決事項でないものについては課長・部長が処理することになっています。」
 
あらら…検討委員たちに、私たちの請願が「伝えられていた」というのは初耳です。検討委員は以下の6人。
  小川正人(放送大学教養学部教授・東大名誉教授)、
  加藤崇英(茨城大学教育学部准教授)、
  笹井宏益(国立教育政策研究所 総括客員研究員)、
  井出覦臓平翅区教育委

(5)オリンピック

★リテラ 加藤浩次が『スッキリ』で東京五輪ボランティア批判に「外野がウダウダ言うな」…“五輪無罪”同調圧力の典型
https://lite-ra.com/2018/09/post-4273.html

 ↑私は同調圧力に極力抵抗して生きてきました。都立高校在職中は、普段は大嫌いなネクタイを着用せず、ジーンズで出勤した日が頗る多かった。ネクタイをした日は式典の日と保護者の日と学校説明会の司会をやった日など特別の日だけ。同調圧力に屈服しまくりの方は、マスコミとか学校教育の嘘が見抜きにくいかも。


↑頻繁なクリック、よろしくお願い申し上げます。

tumblr_n5haq0QEj41shvaeko3_r1_250.gif
スポンサーサイト



Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts