FC2ブログ

1416.新型鬱病<新型うつ病>と不正選挙

前田敦子 2018 水着
↑画像 2018水着シリーズ50 前田敦子

(1)「1414.安倍晋三は日本の大きな存在感を取り戻すことができたのか?」への公開コメント

http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-1758.html#comment3177

猫山 #-

 おかしい事をおかしいと訴えて、変えて行くきっかけを作っていかないと私達国民は無駄死にさせられると感じています。

 最近、お若い方を中心に新型鬱病に苛まれて学校や仕事に行けなくなる方が増えているそうです。精神科に行ってすぐに新型鬱病と診断をされる事は無く、鬱病、パニック障害、不安障害、統合失調症などなど様々な病名学校や付けられます。そして、抗うつ剤や安定剤、睡眠薬などといった薬を出されます。多くの方は、薬の副作用や離脱症状で苦しむようです。

 新型鬱病と言うのは、人格障害や双極性障害や統合失調症にもよく似ていて医師の誤診も多いそうです。その間に出された薬によって、脳が悪影響を受けて心身を壊して動けなくなることもあるそうです。

 糖分の摂りすぎで糖尿病や低血糖になると言われていますが、炭水化物の摂りすぎでもなるそうです。近年、研究が進められているようですが新型鬱病=低血糖症と見られているようです。

 多くの精神科では、低血糖症とは言いません。散々、様々な精神疾患の薬を出して心身を病ませておいて、「ここまで来ると、本人と本人が育った環境が問題でしょう。(一理ありますが)薬も出せない事はないですが、はたしてそれが適合するか…?」などと言って突き放す事もあるようです。

漫画で見る新型鬱病のURLになります。
https://yusn.net/man/427.html

 これらの症状が出たら低血糖や人格障害を疑って、自己の食事、生活サイクル、物の考え方の癖、家庭環境、生い立ちなどを見直し改善を図ることで精神科の薬を飲まされなくて済むかもしれません。

 低血糖症はビタミンB群が欠けている場合が多いようです。気分障害や従来の鬱のような症状などもあるならばビタミンCや鉄分不足の疑いもあるかもしれません。

 このまま不況が続けば生活のバランスが崩れたり、まだまだ親と過ごす時間が必要な幼子を預けて、働かなければならない御家庭も増えるかもしれません。

2018/08/27 (Mon) 09:39 | URL | 編集 | 返信

(2)新型うつ病

 <wikiより一部抜粋>新型うつ病、あるいは、現代型うつ病とは、従前からの典型的なうつ病とは異なる特徴を持つものの総称であり、正式な用語でもないが意味が独り歩きし、専門家の間でも一致した見解が得られていない。<一部抜粋終了>
 
1247.精神疾患は薬では治らない!!! PART2
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-1565.html

1202.精神疾患は薬では治らない!!!
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-1508.html

844.日本が精神病院数世界NO1であるのはなぜか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-1111.html

599.イタリアに精神病院がないのはなぜか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-822.html

(3)「ジャーナリスト同盟」通信 2013年01月09 日本澤二郎の「日本の風景」(1248) 転載記事

http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52016747.html

<「ムサシ」の筆頭株主>
 
 「ムサシ」という胡散臭い選挙屋をネットで調べてゆくと、だんだん不気味な会社であることが判明してくるだろう。知らぬは国民・市民ばかりだ。元在京政治部長会の知り合いに聞いてみると、彼は名前だけを知っていた。筆者同様、選挙の投開票の現場を知らない。いわんや、この日本で不正選挙が横行しているとの確証が手に入らないためだ。それこそが「ムサシ」の強みといえるが、それでも今回は様相が大きく異なる。旧体制・自民党復活のための大がかりな不正が断行された可能性を否定できない?「ムサシ」の筆頭株主にスポットを当てると、上毛実業株式会社が現れてきた。

<上毛実業>
 
 「ムサシ」もそうだが、この上毛実業もルーツは群馬のようだ。不正選挙関連で、現在はネット上で大変話題になっている。改めて新聞テレビの時代の終わりを告げている。新聞は1行も書いていないし、テレビは全く触れていない。回避している。グルなのだろうか?
 
 新聞記者経験から言うと、日本の新聞テレビは必ずしも弱者・国民の味方ではない。“弱きを助け、強きをくじく”という本来のマスコミは存在しない、と言ってもいいくらいだ。お上にひれ伏すことを当たり前にしている。長年の経験則から学ばされた結論である。日本マスコミの悲しい真実である。
 
 近隣国の言論の自由など批判する資格などない。依然として、多くの国民は「ムサシ」も上毛実業も知らない。民主主義の根幹である民意の反映であるはずの選挙が、1民間企業の独占ビジネスになっているという事実さえも。その筆頭株主の会社が、世界経済をコントロールしているロックフェラー傘下ともいうのである。
 
 なんということか。呆れてモノも言えない。自民党復活はまやかし・詐術・魔法の成果なのか?頭がくらくらしてくるような話しではないか。

<小さな不正はこれまでも>
 
 「ムサシは一部の人にとってよく知られている。不正選挙のことも。選挙担当の役人や政治家も知っていることだ」と事情通は公然と言った。現状では、事情通の固有名詞は残念ながら書けない。彼の生命身体に危害が加えられるからだ。
 
 日本での安心安全は、市民として何もしない場合だけのことである。権力に楯突く日本人は、決して安全とはいえない。特に陰で、こそこそする人物は要注意であろう。しかし、ジャーナリストはそれでは失格である。
 
 事情通は「小沢も知っている」と言った。筆者の推測は当たっていた。
 
 過去に筆者は「千葉県明るい選挙推進協議会」の委員を務めたことがある。もちろんのこと、かの選挙屋が活躍を始めていたころである。しかし、投開票が機械によって処理されていることなど知らなかった。委員の全ても?選管職員がせっせと数えているものとばかり思っていた。

<富士通が開発?>
 
 事情通は「プログラムは富士通が開発したものだ」とさりげなく言った。「どうしてわかるのか」と尋ねてみた。即座に「自分も間接的に関係していた」というのである。
 
 これは驚いた。これはガセネタではない。自信を持って公表出来る情報であろう。いい人物に出会えたものだ。運命のいたずらなのか。
 
 「いま植草一秀がわかりやすく書いている。そのうちに公開されるだろう」とも付け加えた。一時、よくテレビで経済予測をしていたエコノミストのことだ。当局にチクられた後、正義のエコノミストに変身しているようだ。「彼は小沢と近いのではないか。小沢の指示か」と問いかけてみた。彼は首を横に振った。「小沢は決して自分から、何かを頼んだり、言い出したりすることはしない。言いたいことがあっても、秘書など第3者を使う」と釈明した。
 
 さすがは小沢だ。CIAと戦ってきている人物の対応なのであろう。周辺にもしっぽを出すことなどしないのだろう。大いに理解できる。結果として、彼はますます力を蓄えてきている。敵も1000人、味方も1000人だ。

 それにしてもこの事情通は、さすがである、小沢のこと、政界・霞が関のことにも詳しい。筆者などは、その点で小学生並みである。当たり前だが、最近は森が見えても、1本の木々に疎くなってきている。
 
 「ムサシ」用の選挙投開票プログラムを作った技術者は、恐らく大変なご褒美が出ているであろう。海外で優雅な生活を送っているのだろうか。しかし、その道のものであれば、彼らを容易に特定出来るだろう。国会に召喚して真実を聞く機会が欲しい。いまどんな思いをしているのだろうか。
 
 彼らには、不正不可能なプログラムを作らせればいい。2度とイカサマが出来ないようなプログラムを、である。むろん、それには公正さを担保できる制度・人材が必要になるかもしれない。いずれにしてもインチキが可能な「ムサシ」任せの選挙投開票事務は、直ちに止めさせるべきだろう。
 
 このまま参院選・都議選に突っ込むことになると、たとえ公正に行われても、その結果について有権者の疑念が生まれることになる。

 事情通は「中曽根・鳩山邦夫もかんでいる」とも明言した。疑惑は深まるばかりである。
 2013年1月9日8時00分記<転載終了>

 この文章がweb上にUPされて5年半以上経つが、未だに「ムサシ」とか「不正選挙」をご存知ない方が多数派の様な感じがする。拙ブログも何度も「ムサシ」とか「不正選挙」について綴っていますが、そうした現状に無力感を感じます。

508.衆院補選の池田真紀候補の陣営には、日本の不正選挙の実態を知っている人が誰もいないのか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-724.html

997.ムサシの中身を暴露しようとした青年は殺されたのではないか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-1284.html

 日本人の多数を占めるマスコミ報道を絶対視しネット情報を胡散臭いと切り捨てる人々が劇的に減らない限り、この国はよくならないかもしれません。アメリカはそうした人々が劇的に減ったから、マスコミから叩かれまくったにもかかわらず、トランプが大統領になれたのです。

610.極悪マスコミのデマ報道によるトランプバッシングの中、ドナルド・トランプがアメリカ大統領選挙に勝利できたのはなぜか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-834.html

594.ドナルド・トランプは世界平和を実現するか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-817.html

593.約1%のスーパーリッチどもの覇権を終了させるにはどうすれば良いか?<拍手+いいね=30>
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-816.html

 拙ブログでは現在、拍手+いいね=OVER30を高評価とさせて頂いています。

591.2016年・アメリカ大統領選挙、共和党のドナルド・トランプが当選したのはなぜか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-814.html

573.世論調査でドナルド・トランプの支持率がヒラリー・クリントンの支持率を抜いたのはなぜか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-795.html

>その筆頭株主の会社が、世界経済をコントロールしているロックフェラー傘下ともいうのである。

652.デービッド・ロックフェラー死去の影響は?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-882.html

(4)日刊ゲンダイ 文化放送<28 June 2016 05:07にUPした「538.日本のマスコミや野党がほとんど不正選挙に言及しないのはなぜか?」から転載>

 日本のマスコミが不正選挙に言及する事はほとんどない。例外は2013年の日刊ゲンダイと文化放送くらいでしょうか。

207.日刊ゲンダイと文化放送が不正選挙を取り上げたのは、創価学会や聖教新聞がこの2社に宣伝広告費をだしていないからか?
http://ab5730.blog.fc2.com/blog-entry-280.html

(5)『まんが・わたしたちの平和憲法』<538から転載>

 創価学会と言えば、1988年に創価学会婦人部平和委員会の編纂で第三文明社から出版された『まんが・わたしたちの平和憲法』と言う作品があります。現在、改憲右翼路線の自民党に引きずられている公明党の有様からしたら隔世の感があります。

 主人公の男の子たちが旅に行っている1年あまりの間に、自覚のない国民が選挙で憲法改正に同意してしまい、その後に起こる悲劇を描いています。ほんの一部を抜粋しご覧頂きます。

b7d84b80-s.jpg
2589950c-s.jpg
784aee97-s.jpg
e6c51366-s.jpg
↑画像 創価学会婦人部平和委員会編『まんが・わたしたちの平和憲法』 1988年 もっとご覧になりたい方は次のリンク先をクリックして下さい。 http://seoul-life.blog.jp/archives/62149212.html

 敗戦前は「徴兵検査」と言ったのですが、自公政権のもとでは「兵隊検査」と言うのでしょうか。

 2013年8月13日、地元の後援会主催の会合で、安倍晋三は「徴兵制度の復活」は私の歴史的使命と語った。徴兵制度が実現したら、自民党に投票した国民は、本人&自分の息子や娘や孫を真っ先に戦争に行かせるべきである! なお、安倍晋三には子供がいない。多くの国民は安倍晋三がこのような発言をしている事を知らない。とは言え、自民党の源流は侵略戦争を推進した奴らなのだ。ドイツと違い、侵略戦争を推進した奴らが公職復帰してしまったのが日本なのだ。そうした歴史をきちんと学べば、放っておくと自民党は改憲をして徴兵制を復活し侵略戦争を推進する可能性がある政党だと言う事が解る。そうした事が解らず徴兵制復活を許してしまった有権者本人は当然戦場に行くべきだし、自分の息子や娘や孫を真っ先に戦争に行かせるべき事も自明の理である。なぜなら自民党程世襲を肯定している政党はないから。自民党議員の世襲率は極めて高い! おいしい所だけ世襲し苦しみは世襲しないと言う話は通らない。第2次安倍内閣世襲議員率は何と50%だった。

http://31634308.at.webry.info/201308/article_11.html

1943409420_232.jpg
↑画像 2013年8月13日 「徴兵制度の復活は私の歴史的使命」 安倍晋三said

カンファレンスバナー

(6)2016年6月27日の東京株式市場<538から転載 一部修正>

 ニュースで「買い戻しで上昇」と報道された。「買い戻しで上昇」と言う事は、<537.「安倍晋三が先週金曜日だけで消費税一年分の年金を消した」と言う言い方は不正確ではないか?>で綴った通り、大量の空売りが入ったと言う事である。537はこちら

 先週金曜日、日本の知識が不足している多くの投資家は、「イギリスEU離脱SHOCK」とか言われて狼狽売り<空売りではない普通の売り>をしたのだろう。地球人の約1%の支配層・超大金持ちのいい鴨である。多くの鴨が狼狽売りしてくれれば、空売りをしかけた支配層・超大金持ちは笑いが止まらない。

 中には、「アベノミクスで株価上昇」とか言われて、年金を株につぎ込み先週金曜日に狼狽売りした高齢者もいるかもしれない。哀れで愚かな高齢者である。権力者の言う事なんか信じるからそうなるんです!

 さて、「買い戻しで上昇」とは言え、我々の年金資金は極悪・安倍晋三によって大損している現状はまったく変わらない!

 <536.本当に「改憲勢力」が3分の2に迫る勢いなのか?>の(4)で、2016年6月24日のNEWS23の党首討論において、山本太郎代表が安倍首相がガリガリ君というアイスを政治資金で買っていた事を取りあげた。「山本太郎、ナイス!」である。とは言え、ガリガリ君より我々の年金資金の損失の方がはるかに巨額なので、こちらを徹底的に追及して頂きたい! 536はこちら

 ところで、週明けのニューヨーク株式市場は先週末に続き下落した。

(7)不正選挙システムを請け負っている疑惑の会社「ムサシ」<538から転載>

 本澤二郎によれば、ムサシが政治に関与しだしたのは1970年代で、ムサシの拠点である群馬県の雄・福田赳夫の台頭と軌を一にしていると言う。そして福田は岸の派閥を継承し、岸の孫に安倍があたることから、安倍政権においてムサシが活躍していると言われている。

 ムサシは自民党から共産党まで、選挙カーなどの選挙の7つ道具一切を政治家に貸して利益を上げている。「選挙前にムサシ株を買うと必ず値上りする」と言われている。政治関係者の多くがムサシ株で儲けていたと言われている。共産党もムサシを利用しているので、赤旗ですら「ムサシの闇について知っていても書けない」と言われている。

 「484.2016年は想像を絶する年となるのか? PART1」の(3)で綴った通り、「与野党とも同じ穴の狢」です! この484の<(5)「美人過ぎる政治学者」と言われている三浦瑠麗氏は、徴兵制肯定論者!>で写真入り紹介した三浦瑠麗も484の(5)の写真の歯を見ると、爬虫類人<レプティリアン>のようだ。484はこちら

 安倍晋三の実父・晋太郎は、不正選挙屋ムサシの株主だった。富士通が製造した不正選挙機器は、既に米国で使用され大統領選挙でインチキ投開票機器であることが判明している。「コンピューター操作によって、当落を逆転することが可能」と専門家も指摘している。残念な事に、いまだに民間企業の選挙屋「ムサシ」が、国や多くの自治体の選挙の投開票など一切を独占しているという事実を、知らない日本人が多い。

 とは言え、近年、ネットで「ムサシ」とか「不正選挙」と言う言葉を知る人々が少しずつ増えている。その為、「不正選挙」が発覚すると、選管などのミスにする例が出てきている。

 「480.パリ同時多発テロ事件の首謀者とされたベルギー人・アブデルアミド・アバウド容疑者は、厳格なイスラム教徒のはずなのになぜ酒を飲むのか?」の「(15)不正選挙! やっぱり、大阪ダブル選挙でも発生したトラブル!」で、「不正選挙の追及が厳しくなってから、ミス報道がされる様になりました。」と綴った。480はこちら

(8)あっぱれ テレビ朝日<538から転載>

 2016年6月23日、テレビ朝日の「羽島慎一モーニングショー」でムサシが紹介された。

https://twitter.com/kamezuki/status/745881430039879680

781efba8dbcbc4474fadb5951544fa6a.jpg
↑画像 2016年6月23日 テレビ朝日「羽島慎一モーニングショー」

(9)ムサシはユダヤ資本と露骨につながっている<538から転載>

 ムサシの筆頭株主は「上毛実業株式会社」です。これはマンションの一室が所在地のペーパーカンパニーです。奥の奥まで調べると、ムサシはユダヤ資本と露骨につながっていると言う。日本の国政選挙を一手に引き受ける選挙管理委員会の実務を担っている会社が、「外国資本」に乗っ取られている。その乗っ取りに協力してきたのが「安倍一族」です。まさに、この面でも売国奴!

http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-3d31.html

(10)「ムサシ」は、自民党への献金企業!<538から転載>

 「ムサシ」は、自民党への献金企業なのである。特定の政党や政治家に献金していることは大問題である! 各マスコミは、テレビ朝日を見習い「ムサシ」をきちんと取りあげ、更に、「ムサシ」の自民党への献金を追及すべきである!

(11)「離脱票が認識できない票読みコンピューターが設置されていました」<538から転載>

 イギリスのEU離脱の賛否を問う投票も極悪勢力により不正が行われるところでした。「離脱票が認識できない票読みコンピューターが設置されていました」と言う事で、集計方法が手作業となった為、正しい集計が行われたので、EU離脱派が勝てたのです!

http://blog.goo.ne.jp/zabuyamato/e/7e4efbe4bca55b8dd4de53b54e805e48

 不正を指示していた極悪勢力は世界の支配層です。不正を実際に行う実行部隊はその手先です。日本の不正選挙も同じです。世界の支配層は、不正をしなければEU残留派が勝てない事を正確に把握していました。 

 だから開票が手作業と決まった段階で、<537.「安倍晋三が先週金曜日だけで消費税一年分の年金を消した」と言う言い方は不正確ではないか?>の(1)で綴った通り、東京STOCK・MARKETなどで空売りを仕掛けたのです。537はこちら

 「離脱票が認識できない票読みコンピューターが設置されていました」を7月10日の参院選に当てはめると、「野党票が認識できない票読みコンピューターが設置されていました」と言う話になるのだろうか。もちろん、それを断固阻止し、屑勢力の野望を粉砕する!

(12)日本の不正選挙を推進している悪党ども!<538から転載>

 一連の「不正選挙」は、選挙集票独占企業のムサシや電通とマスコミ、創価学会や自民党の清和会<清和政策研究会>、選挙管理委員会などによって推進されていると考えられている。

(13)日本のマスコミや野党がほとんど不正選挙に言及しないのはなぜか?<538から転載>

 上の(12)に書いてある通り、マスコミも不正選挙推進勢力の一つと考えられている。それが正しいとすれば、マスコミが不正選挙に言及すると言う事は内部告発と言う事にもなる。不正選挙に言及しても、「悪いのはムサシだけ、自分達は正義。」みたいに報道するのだろうか。いずれにしても、マスコミも不正選挙推進勢力の一つだったら、それは言及しにくいでしょうね。なお、選挙の夜の報道特別番組で余りにも早く当選確実が出る事も、マスコミが不正選挙推進勢力の一つであるとする説の傍証とされている。

 そして、この記事の(7)で紹介した通り、「確かな野党」と自称する日本共産党ですら、ムサシを利用しているので言及しにくいと言う背景があります。

 ですが、私は日本のマスコミや野党がほとんど不正選挙に言及しない大きな理由は、言及すると殺されるかもしれないと言う恐怖感があるからではないかと考えています。その根拠は実例とともに別な記事で綴っていきます。不正選挙に言及すると、下の動画のように転落死するかもしれないのです!


↑頻繁なクリック、よろしくお願い申し上げます。

tumblr_mzr9r2Yr3z1si1cnxo1_250.gif
↑動画 嗣永桃子(つぐながももこ)
スポンサーサイト



Comment

猫山 #-

覚醒剤の原材料入りの新薬

ADHD新薬を厚労省承認へ=覚せい剤原料含有「厳重管理を」
2/21(木) 22:43配信
152
時事通信
 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会部会は21日、塩野義製薬が申請していた小児期の注意欠陥・多動性障害(ADHD)治療薬「ビバンセカプセル」の国内製造販売の承認を了承した。

 近く正式承認される見通し。

 同社の申請後、含有される新有効成分の「リスデキサンフェタミンメシル酸塩」が覚せい剤原料(覚せい剤の原料になり得る物質)に指定されており、部会は厳重管理を承認条件とした。 


この10年程前からでしょうか?
ネットやテレビなどで、発達障害と言う障害名をやたら耳にするようになり、不自然さを感じていました。

最近、発達障害の原因について以下のように言われておるようです。
生後の各種予防接種、妊娠前に母親が摂取をしていた市販の頭痛薬に含まれる成分が原因だと。
それだけでは無く、知らず知らずに頂いている食品に含まれる合成添加物や農薬、遺伝子組み換え作物、放射能汚染の食品、電磁波、医薬部品、ケムトレイル…。
などなど、探したらキリが無いくらい人体を汚染をさせる要因はあると思います。
ワクチンや頭痛薬だけが原因の全てでも無いと考えております。

ただ、代表的な要因がワクチンだとしたらわざと発達障害になるような薬を処方をして、病気を作り出して予防や治療だと言って別の薬を売りつけて更に脳や精神に異常を来すようにしていると思います。

今、現状。
日本で使われている精神科の薬の多くは、何年も前から覚醒剤と似たような作用をするものがあると指摘をされています。
実際に投薬治療を進めた結果、悪化したという事を見聞きすることがあります。

一方で、幼少期に発達障害だと診断された子供さんが、母親もしくはご両親と認知行動療法を続けた結果、小学校中学年以降、大学を卒業する年齢くらいまでの間に克服をしたと言う例がネット上に書かれています。
昨年辺りから、声高になってきている7040、8050問題の一部の中年及び熟年無職の引きこもりの方の中にも発達障害と診断を受けた方も居られたようです。
しかし、その年齢でも親がこれまでの子に対する接し方を省みて変えた事で良い意味での変化も出ているそうです。
これらの例からも、発達障害と診断をされても親と周囲の方々の理解の下で認知や行動を変えて行けば、症状は緩和していく見方もされているそうです。

薬を飲まなければな治らない、薬を飲んで治すものと思い込まされているだけに過ぎないと思います。
洗脳であることに気付かないと、これからは厚生労働省が認めた覚醒剤の材料が含まれた薬を飲まされるようになるかもしれません。
恐ろしいです。



2019/02/22 (Fri) 09:46 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts