128.今日<2012年6月3日>、オウム真理教の菊地直子と見られる女性が、相模原市で身柄を確保されたのはなぜか?

ec.jpg

(1)菊地直子容疑者か 女の身柄確保

警視庁によりますと、地下鉄サリン事件で特別手配されていたオウム真理教の菊地直子容疑者とみられる女が神奈川県の相模原市内で身柄を確保されました。

 身柄を確保されたのは、オウム真理教の信者だった菊地直子容疑者(40歳)とみられる女です。

 菊地容疑者は1995年3月に起きた地下鉄サリン事件で別の信者らとともに犯行に使われたサリンの製造に関わったとして、殺人の疑いで全国に特別手配されていましたが、今日<6月3日>、神奈川県相模原市内で身柄を確保されました。菊地容疑者はその後身柄を警視庁に移された。

 菊地直子容疑者とみられる女が身柄を確保されたことについて、教団の野田成人元幹部は「逃亡してからまったく足取りが分からなかったので非常に驚いた。今後は、できるかぎり知っていることを話してほしいと思う」と話しています。   

(2)福田元昭のあれこれ

NHKの8:45からのニュースの中で、ニュース速報の形で、上記タイトルのニュースが飛び込んできた。

既に拙ブログで何回か綴った通り、相模原市は私が2004年夏迄住んでいた地方自治体である。私が引っ越してから、政令指定都市になった。

先週のこの日、仕事に追われていた私は、日曜日だというのに職場にいた。基本的には、部活動があったから休日出勤したのだが、中間TESTの採点も終わらなかったので、日付が替わる頃迄職場にいた。

21時からは「NHKスペシャル 未解決事件 オウム真理教」を、職員室で見た。

それにしても、話ができすぎている気がする。あの番組からちょうど1週間後に、見事に身柄を確保されるなんて。

思えば、今日<6月3日>、オウム真理教の主流派「アレフ」の活動拠点となっている東京・足立区で、住民らが 教団の立ち退きなどを求めるデモ行進を行ったりしている。

日付が替わって今日<6月3日>になってしばらくしたら、「NHKスペシャル 未解決事件 オウム真理教」の再放送をしていた。そのような日に身柄確保とは。

平田の場合は自首だったが、今回は身柄確保である。

NHKがあれだけの番組<とは言え、私に言わせれば、私が抱く数多くの疑問にはほとんど応えていない番組であったが。いずれ、私の数多くの疑問を拙ブログに書きたい。>を放送したのだから、捜査当局としてもかなりの情報をつかんでいたのだろう。

私はこれからの1週間でかなりいろいろな出来事<内閣改造、株価下落?、地震、台風3号の上陸による被害、AKBの総選挙、ダウンロード罰則化6月6日「採決」の動き ETC>があると思っている。

それらと今回の身柄確保は関係があるのだろうか?

(3)陸援隊の弁護士4人が辞任「やれることない」

群馬県の関越自動車道で7人が死亡したツアーバス事故で、道路運送法違反(名義貸し)容疑で社長が逮捕されたバス運行会社「陸援隊」(千葉県印西市)の代理人弁護士4人が辞任したことが、弁護士への取材でわかった。

 代理人を務める山本至弁護士によると、同社社長の針生(はりう)裕美秀(ゆみひで)容疑者(55)が5月28日に逮捕されたことを受けての辞任。補償問題については保険会社が示談代行を受任しており、「民事の代理人として十分に打ち合わせができず、やれることはなくなった」としている。5月31日に前橋署で針生容疑者に伝え、被害者にも文書で知らせた。

 5月の被害者説明会では、弁護士は針生容疑者が逮捕されても2回目の説明会を開催する意思を示していたが、事故で孫娘(当時17歳)を亡くした富山県の女性(69)は「針生容疑者も陸援隊の弁護士もいなくなると不安」と話した。

(4)千葉市中央区新宿1 台湾料理「崑崙山飯店」

今日は、拙ブログ初のグルメレポートです。

今日は久しぶりに千葉県にやってきました。私は、1983年4月から1985年3月迄の2年間、千葉県民でした。野田佳彦首相の出身地である千葉県船橋市に住んでいました。

船橋市市民の野田佳彦が早稲田大学政治経済学部政治学科を卒業し、松下政経塾に第1期生として入塾した1980年、野田佳彦より2歳年上の麻原彰晃こと松本智津夫も船橋市市民であった。更に、志位和夫<現・日本共産党委員長>も当時既に船橋市民であった。

千葉県の日本共産党西部地区委員会は、2012年6月1日、志位和夫委員長を招いた演説会を船橋市(千葉4区)で開き、会場は2階席まで人が入りました。

 ところで、1980年8月25日、25歳の麻原は、新興宗教団体阿含宗に入信し、以後3年ほど在籍した。1980年12月、麻原は船橋市新高根に新居を購入し移住した。それまでは、船橋市内の別な場所に住んでいた。新居の最寄り駅は、新京成電鉄の高根公団駅だった。

 麻原が新京成沿線住民になって約2年4ヶ月後、私も新京成沿線住民になった。新京成電鉄二和向台駅から10分少々のアパートに住んでいました。

 千葉県民だった当時と東京都府中市に引っ越してから更には神奈川県相模原市に引っ越してからも、千葉県歴史教育者協議会日本史部会の学習会に参加するために、千葉市内によく足を運んだ。

今日はその懐かしの千葉市内にやってきました。千葉中央駅から歩いて10分ちょっとの崑崙山飯店 (コンリンサンハンテン)にお邪魔しました。

千葉市中央区 中華 map

150x150_square_6992930.jpg

 カウンター8人位に、テーブル席3セットのこじんまりした店内です。何やら中華街の味が千葉でも・・のようなポスターが貼ってあります。

定食系を頼んでいるお客様が多いようです。セットで800円前後がいくつかあります。

Bランチ(油淋鶏) 750円

Bランチの「油淋鶏」は表面はパリッと揚がり、ネギと酢の利いたソースがちょうど良くかかっていておいしい。

450円の青島ビールを飲みながら食べた。

などと空想で文章を書いていると、本当にプチツアーをした気になる。極めて多忙で現地には残念ながら行けない。

ここはあの河野化山の店である。

3821327c.gif
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

Latest posts